ヒーリングタイムさんの日記一覧

ヒーリングタイムの外食日記

メッセージを送る

ヒーリングタイム (60代後半・男性・東京都) 認証済

日記一覧

並び替え

120 件を表示 109

表示件数:
表示形式:
2020年5月上旬。
昨日、午前中、板橋の帝京大学病院耳鼻科から退院して初めての朝。結局、8日間入院。

「めまいの無いメニエール病」。もともと、17年前、49歳の時、左耳が聞こえなくなり「突発性難聴」で左耳1000ヘルツが95デシベルまで落ち込んだのを谷底系に聴力が落ち、即、こちらの旧院に入院。幸い、3週間、ステロイドと血流増進剤の点滴を朝夕4時間づつ1日8時間行い、奇跡的に寛解した。後遺...
天皇誕生日。12月23日は巣鴨プリズンで大東亜戦争A級戦犯7名の処刑が行われた日でもある。
以下、東条英機の遺言を「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」様より遺言全文を引用させていただきます。

東条英機の遺言(全文)

 開戦の時のことを思い起こすと実に断腸の思いがある。今回の処刑は個人的には慰められるところがあるけれども、国内的の自分の責任は、死をもって償えるものでは...
今回の平昌五輪も終わりに近づいた。

20年ほど前に韓国旅行を頻繁にしていた時に、現地ガイド氏に興味があるなら「犬肉料理店」へ連れていってあげますよと言われたことが有ったが、結局、時間的に無理になった。そのガイドさんも、一度も食べた事が無いので、興味が有るといっていた。

やはり、国際的に、犬肉料理は、イメージが悪く、韓国では、ソウルオリンピック以来、あまり、目立たない場所で、細々と営業...
「東大を優勝させよう会」(略称・東優会)は、東京6大学野球リーグの東京大学硬式野球部を応援するファンクラブとして昭和49年2月23日に結成。今年で43年の歴史を誇る。

東大卒業生や東大関係者だけでなく東大野球部を応援するファンならばだれでも入会できる。年会費3000円で年4回会報発行、随時、東大野球部関係者を招いて激励会を行ったりしている。

ホームページがないので、外部に、なかなか...
今年のプロ野球ドラフト会議、北海道日本ハムファイターズが東大の宮台を7位指名。もう少し上位であれば、なお良かったのだが、とりあえず、指名されたので良かった。

日本ハムも東大野球部の先輩で現在、GM補佐の遠藤氏がいるし、遠藤氏の他、もう1人の東大OBである松家氏も一時在籍していたので良いのではないか。

宮台が一番良かったのは昨年の春季。その後、肩を痛めたりフォーム改造が上手く行かず制球力...
4月10日多臓器不全で80歳で逝去された、元東京スポーツ編集局長で最古参プロレス評論家、櫻井康雄氏の葬儀が行われた。私は一昨日の通夜に参列させていただいた。神奈川県本厚木の厚木市民病院前にあるJAの斎場で約500人程の参列者が参列。斎場入口には、プロレス関係の品々が展示され多くの花輪が飾られていた。櫻井先生とは先生が晩年、講師をされていたルミネ荻窪にある「よみうりカルチャー」で行われていた「昭和プ...
昨日は、朝から神宮球場で東京6大学野球観戦。今季から始まった「フレッシュリーグ」。早い話、新人戦が今までのトーナメント戦から、総当たりリーグ戦になったもの。試合開始が午前8時。地下鉄巣鴨駅に着くと信濃町駅で人身事故があって中央総武線が不通だとか。おいおいおい、話題の40歳の東大投手伊藤一志投手が先発するというので見に行くのに、遅れたら降板してしまうじゃないかと慌てて、地下鉄乗り継ぎルートへ変更。か...
ルミネ荻窪で「昭和プロレス講座」を長年教えていただいていた元東京スポーツ取締役編集局長で元テレビ朝日「ワールドプロレスリング」解説者の櫻井康雄先生が2017年4月10日午後10時42分、多臓器不全でご逝去された。享年80歳。

今年1月中旬から闘病生活を送られていたが残念。3月上旬、病院へお見舞いに伺った時「僕は、まだ死にません」と元気におっしゃられていたのが記憶に残っている。

おそ...
昨日は午後、自由が丘にある「産業能率大学」通信教育課程の学位授与式、つまり卒業式に出席。63歳での卒業式となった。

卒業式は2年前「自由が丘産業能率短期大学」通信課程の卒業式以来。当時は、五反田の会場で通学制と通信制短大の合同卒業式だったので通学課程の若い女子学生が多かった。大学も通学、通信課程合同で渋谷公会堂で行われたと記憶している。

その後、短大の通学課程が無くなったので卒業式も通...
現在、大学スポーツは昔に比べて人気が無い。その中でも東京6大学野球は随一の花形種目だろう。その6大学野球も昔日の人気は無いが、それでも毎試合1万人程度の観客は動員する。

6大学野球に欠かせないのが応援団の存在。しかしながら応援団でも吹奏楽部やチアリーダー部は人気があるがリーダー部、いわゆる応援部は練習や人間関係の厳しさからどこも部員難だ。

その中で東大応援部を描いたノンフィクション作品...
文京区春日にある「文京シビックホール」大ホールで東大応援部の年1回のイベント「第41回淡青祭」を見てきた。見るのは初めて。東大応援部が毎年11月に行う応援部、年度総決算兼卒業生送別会的なイベント。

例年、日比谷公会堂を使うらしいが老朽化の為の改装工事で、今年は、こちらになった。前売り券を買っていなかったのでパンフレット付き当日券1200円を購入。午後4時半開場だったが地下1階まで行列が続いた...
昨日は神宮球場で明治神宮外苑創建90年記念奉納試合「ヤクルト対東京6大学選抜戦」を観戦。午後1時からの試合前にも午前10時20分頃から場外特設ステージで様々なイベントが行われた。

特に法政OBで元プロ野球選手の江本孟紀氏のトークショーが面白かった。彼の法政時代は田淵、山本浩二、富田、山中などがいた黄金時代。明治に高田繁、星野仙一、早稲田に谷沢健一、荒川などがいた、まさに6大学黄金時代。

...
今日から11月。昨日はハロウィン。週末の金曜日、東京は雨で盛り上がらなかったが土曜、日曜日、月曜日と繁華街は盛り上がったようだ。

経済効果的にはバレンタインデーを抜き、クリスマスを抜くもの時間の問題。日本でハロウィンが、こんなに盛り上がるようになったのは最近。

もともとクリスチャンは少ないが、誰もが主役気分になれるのが盛り上がりの原因だと思っている。普段、目立つ機会が無い一般人でも...
先日、荻窪のよみうりカルチャーでの元東京スポーツ編集局長桜井康雄氏の昭和プロレス講座に出席。席上、桜井先生から「今日の夜、後楽園ホールでの新間寿氏のイベントに君は行くの」と尋ねられた。

すっかり忘れていたが、そう言えば先月の講座の時に、そんなお話がチラッとでてメモにも書き留めてあった。桜井先生もトークショーに招かれているそうなので、急遽、行くことにした。

午後6時半から9時半までの3時...
東大野球部ファンの集まりである「東大を優勝させよう会」が発足したのは昭和49年2月23日。平成28年現在、発足して41年になる。

私も2年前に定年退職して昨季あたりから再び神宮球場通いを再開。「東大を優勝させよう会」にも再入会した。

私が東大野球部ファンになったのは45年ほど前。その後、この会の存在を知って入会した。当時は初代会長さんの時代。15、6年間入会していた。

その後、仕...
貴方はプロ野球に興味がありますか。

私はON全盛時から江川の引退まで興味があった。現在は、全く興味なし。巨人のレギュラー選手や12球団の監督も知らない。そんな私でも「高橋ユニオンズ」の名前は知っていた。

もっとも私が生まれた1954年から3年間で消滅した個人経営の弱小球団なのでリアルタイムでは知らない。

私の子供の頃、テレビの野球解説者は現役時代、実績のある者でないと、なかなかな...
岡村甫氏は東大野球ファンにとってリーグ戦通算17勝を挙げた伝説の大投手。

活躍した時代も立教に長嶋茂雄、杉浦忠などの大選手がいた黄金時代。
さすがに彼の現役時代は知らないが彼の監督時代は知っている。

私が東大野球部ファンになって直ぐに彼は事実上2回目の野球部監督になった。

戦力不足で最下位脱出は出来なかったが采配の見事さは今でも、はっきり覚えている。

その後、後任の岡田...
一昨日、私が35年間お世話をしてきた96歳の伯母が亡くなった。看取り介護に入って約1カ月強。胃ろうだったのだが、水分補給を断ってから10日間。大往生だと思う。

死に顔も綺麗。施設の方にエンジェルケアをしていただき薄化粧をした顔は非常に若く見えた。まさに安らかな死に顔と言った感じだ。

人間、水だけ飲めば10日間、水も飲まなければ3日間で亡くなると聞いていたが伯母の場合、飲まず食わずで10...
ネタばれ有り。

昨日、渋谷の「ユーロスペース2」という映画館で森達也監督の新作「FEKE」を見た。2年前に騒動になった佐村河内守氏を追った映画。面白かった。

当初、この映画のことをネットで見た時にフッと頭に「プロレス」という言葉が浮かんだ。森監督も以前、岩波新書から「悪役レスラーは笑う」という日系悪役レスラー、グレート東郷を追った作品も書いている。

フェイクをひっくり返した「ケ...
事務局から「ホテル・ピュリッツァー自由が丘」のレビューが掲載趣旨に合わないとの理由で削除されるので、こちらに転載しました。
2016年1月中旬。
本日は東京でも雪。起床時から雪が積もっている。昨日で今回の3日間通信制大学のスクーリングが終了。疲れた。最終テストは、そこそこできたと思うがこれで不合格なら頭が痛い。幸い、これまでのスクーリング、科目修得試験では、まだ不合格はない。
今回、思い切っ...
ページの先頭へ