『最近、無性に食いたいもの』WingKnightsさんの日記

日々是好食

メッセージを送る

日記詳細

最近、無性に食いたいものがある。・・・あるんだけれど、こればっかりは絶対に食べられない、と思う。
箱根は宮の下の富士屋ホテルのビーフシチューのちょっとさまりかけている奴を、熱々のどんぶり飯の上に、ぶちまけて、かっこみたいのだ。
これねぇ、無茶苦茶旨いよ。いや、まぢで。

ただし、これは正規のメニューにも裏メニューにも存在しない。宮の下の料飲部門で働いていて、宴会の後片付けとかしないとありつけなかった、ゴチソウだったのだ。まだ若かりし20代になりたてのころ、宮の下でホテル屋としての修行を始めたわけなんだけど、そのときに出会った幻の味なんである。
つまりね、宴会の後片付けをする際に、手つかずで残されたビーフシチューを見つけたら、すかさず横へ取りのけておいて。和食の厨房へ熱々のご飯をもらいに(かっぱらいに)行って、で、そのご飯の上にビーフシチューをぶちまけて食う訳ですよ。もう涙が出るほど、旨かった。本当に旨いビーフシチューってのは、さめても旨いもんなんです。

ちなみに宮の下は料理長が百鳥さんから代替わりして久しいけれど、残念ながら私の舌には今の料理長の味付けは合わない。つか、あんなの認めねぇ。百鳥さんの下で何を修行してきたんだろ。理解できない。
文句だけ言っていても仕方ないので、最近は箱根ホテルでメシ食うほうが美味しく感じます。少なくても、箱根ホテルのほうには、百鳥料理長の味は継承されていると思う。

蛇足だけれど、伊勢志摩観光ホテルの厨房は、宮の下の富士屋ホテルのそれを参考に作られています。機会があれば見学させてもらうと言っている意味が良くわかると思います。

ページの先頭へ