waineさんが投稿したエグ・ヴィヴ(北海道/蘭島)の口コミ詳細

waineのレストランガイド

メッセージを送る

waine (女性・北海道) 認証済

この口コミは、waineさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

エグ・ヴィヴ蘭島/パン

1

  • 昼の点数:4.3

    • ¥1,000~¥1,999 / 1人
      • 料理・味 4.5
      • |サービス 4.0
      • |雰囲気 4.5
      • |CP 3.5
      • |酒・ドリンク -
1回目

2017/11 訪問

  • 昼の点数:4.3

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

素朴ながらも気高く、気品ある味わいのパン

ニセコからの帰り道は余市まわり。

札幌に戻るには国道5号線で小樽市内経由がわかりやすいが、信号待ち等を考えるとフルーツ街道を抜けて市内中心部を通らないルートが近道であり、そのフルーツ街道からちょっと逸れ、その評判から一度食べてみたかったパン屋さんへ。

でも、この道が狭くてわかりにくい。

初めて来る人は迷って当然だし、この道でホントに大丈夫か??と不安に思いながら対向車が来ませんように、と祈りながら狭く弱い路肩の道を抜けて行く。

でも、ちゃんとその道の先にそのお店はあった。

『エグ・ヴィヴ』

日本海を眺める絶好のロケーションにある人気のパン屋さんだ。

11時30分過ぎ、まだ開店前。
だがもう既に駐車場は埋まっている。

みな店の前では並んでいないので、どんな仕組みかわからずとりあえず店内へ。

お店の方に声をかけると、準備ができたら車のほうに声をかけにいきます、とのことでしばし待つことに。

10分くらいすると先程の女性の方が駐車場に声をかけに。

駐車場に入れられずに路駐だったので、この辺は非常に道幅が狭く駐禁のため私一人でお店に向かい、端広い道まで戻り時間を潰してもらうことに。

駐車場に入れていた先客のあとに並ぶ。
店の中には入れず傘をさして外で待ちます。

1組買い終わり出てきたので、連絡を入れ駐車場に無事駐車。

もう1組帰りようやく店内へ。
その瞬間、芳醇な香りが。
焼けたパンの香ばしい香りが店いっぱいに充満している。
えてして、パン屋さんは良い香りがするが、余計な香りが混じっていない、焼けた小麦の香ばしさが漂っている。

狭い店内にはカウンター。

そのカウンターと後方の棚にパンが並んでいる。
ハード系やデニッシュ類のパンが見てとれる。

どうやらカウンター前で注文しとってもらうようだ。

厳かなミサ曲?が流れている。
カウンターでの注文方式、古めかしい秤を使って計量するものもあるので、どこかヨーロッパの片田舎のお店に来たような雰囲気。

順番が来たので注文する。
やはり一番人気のクロワッサンは外せない。

ハード系はチーズとほうれん草入りのパンとドライフルーツがたっぷりのパン、それから栗の粉で練った栗パン
を。

まだカウンターには並んでいなかったが、前客がたずねるとキッシュも焼き上がっていたようで、迷わず二種類とも注文。
ひとつはチーズのキッシュであったが、店員さんが「ヤギのチーズですが大丈夫ですか?」と聞いてくれる。

確かに、ヤギのチーズはクセがあり苦手な人も多くいるので、このアナウンスはありがたい。
かくいう私も苦手な一人なのだが、こちらのものならば食べてみたいと思わせるキッシュだったので、もちろん購入。

パンは量り売りのものもあり、一つひとつの正確な値段は覚えていないが、これらで3,000円強と決して安くはない。

並んでからお店を出るまでに40分程の時間を要したが、店内に入ってからはどれにしようかとパンを眺めているだけで楽しかったし、店員さんもそうなのだがBGMといい、何だか清らかな雰囲気が醸し出されていて、イライラせずに待つことが出来た。


晩御飯はもちろんこれらと赤ワイン。

・ほうれん草とチーズ
パリッとした生地にたっぷりのほうれん草とチーズ

・ヤギのチーズのキッシュ
タルトのようなしっかり生地と濃厚なチーズがベストマッチ

・エビとホタテとブロッコリーのキッシュ
こちらの生地はサクサクパイのタイプで、海鮮の風味とベシャメルソース、ブロッコリーのバランスが素晴らしい
パン屋の域を越え、フレンチの前菜として出てきてもおかしくない逸品

・ロデヴのフルーツパン
パン生地の外側の香ばしさ、散りばめられたドライフルーツと内側の柔らかな生地のバランス、噛むと一体になりたまらない味わい

・栗のパン
生地自体に栗の粉が練り込まれており、ほんのりとした甘さは格別

・クロワッサン
焼直しをしたが、サックサク!
中の層は美しく、噛むと中からバターの風味が

特にキッシュとドライフルーツのパンは赤ワインによく合う!

どれもこれも、素朴ながらも気品のある味わい。
素材そのものの味で余計な味は全くしない。
自分が今まで食べた同じ類いのパンの中では群を抜いて最高の味わいだ。

これからの時期はなかなか伺うのは難しそうだが、また是非訪れて買いたくたくなる至高のパンであった。

  • 店舗外観(駐車場から)

  • ロデヴ・栗・ほうれん草のパン

  • キッシュ

  • ヤギのチーズのキッシュ

  • ホタテ・エビ・カニとブロッコリーのキッシュ

  • ロデヴのフルーツパン

  • クロワッサン

  • パンの袋

2017/11/23 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ