ken1tnk1958さんが投稿した麺やOK(愛知/安城)の口コミ詳細

食彩品館がゆく

メッセージを送る

ken1tnk1958 (男性・愛知県) 認証済

この口コミは、ken1tnk1958さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

麺やOK北安城、安城/ラーメン

2

  • 夜の点数:-

      • 料理・味 -
      • |サービス -
      • |雰囲気 -
      • |CP -
      • |酒・ドリンク -
  • 昼の点数:3.5

    • ~¥999 / 1人
      • 料理・味 3.5
      • |サービス 3.0
      • |雰囲気 3.0
      • |CP 3.0
      • |酒・ドリンク -
2回目

2020/04 訪問

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
    ~¥999
    / 1人

良い仕事されています。煮干し塩,煮たまごトッピングで880円。麺やOK(愛知県安城市)

開店直後に入店。

店前に先客がいたが、店外で一服してから入店したので当方が当日の最初の客。

以前は店内喫煙可だったように記憶していて、それが理由で再訪することがなかった。

店外喫煙は店のルールなのかその客の配慮なのかは不明だが、常連らしきその客に拍手。

注文は入店前から決めていた。

「煮干し塩」

煮干しで塩ってなかなか見つからないので嬉しい組み合わせ。

これに煮たまごをトッピングして880円。

メンマは味も太さも食感も素晴らしい。良くできていると思う。

チャーシューもトロッタイプで好印象。

このラーメンというか、この店に低温チャーシューは似合わない。
しっかり高温加熱したと思しきトロホロ感が嬉しい。

低温チャーシューや田舎のビーガンはミシュラン受け狙いを想像してしまうのです。(私見)

何よりも麺が美味しい。これは今までの実食ではスープに隠れて気づかなかった。素晴らしい。

そして煮干しの効いた塩スープ。

塩スープとしては濃い色。

ゴマが浮かんでいるのがなんとも微笑ましい。サッポロ一番が思い浮かんだ

看板の味噌よりもこっちの方が好みだ。
・2015/11/21麺やOK(安城市)味噌

美味しいラーメンを食べた日はなんとなく充実した一日に思えてくる。

体に良くないとは思いつつ飲み干してしまった。

塩が美味しい店は貴重だ。

=======================
・麺やOK(愛知県安城市)
愛知県安城市明治本町15-4
℡0566-72-3630
営業時間
 11:30~LO14:00
 18:30~LO22:00
 (日曜のみLO21:00)
定休日 月曜
・2015/11/21麺やOK(安城市)味噌
http://goo.gl/3ZabIY
・2020/05/30麺やOK(安城市)煮干し塩
https://wp.me/p66ssl-vbi
======================


◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタ
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK


◇和食(ランチ含む)に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-9hQ
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ


◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
===================

★食彩品館.jp直近記事一覧22,000超記事
http://goo.gl/S6anZc

=========================


  • 麺やOK(愛知県安城市)食彩品館.jp撮影

  • 煮干し 塩 卵トッピング880円,麺やOK(愛知県安城市)食彩品館.jp撮影

  • 煮干し 塩 卵トッピング880円,麺やOK(愛知県安城市)食彩品館.jp撮影

2020/05/29 更新

1回目

2015/11 訪問

  • 夜の点数:-

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:3.2

    • [ 料理・味3.3
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-

西京味噌の甘さが気になるものの、豚骨ベースのスープとの相性は良い。コクうま味噌。アイデアたっぷりの濃い系味の麺メニューが豊富。麺やOK(愛知県安城市)

確か3回目と記憶しています。記録を見ると2008/01/24が最終。ということは7年半ぶりか。その時の画像が残っています。

一回目、おそらく2007年以前、もしかするとオープン直後の2006年かもしれないが、その時の実食で「ほぉっ」と感心したものの、2回目の実食(2008 年)で「あれ?」と思い、それ以来、ご無沙汰。当初は夜のみの営業であったり、駐車場が夜は場所がわかりにくかったこともあり、ご無沙汰期間が長くなった のです。
近年、実力にますます磨きがかかって有名店としての評価も高まってからはさらに敷居が高くなっていたのですが、たまたま安城市に所用があり、尚且つ、昼食タイムということでの再々訪と相成った次第。

メニューを見ていると「第1回あいちカレーラーメンコンテスト優勝メニュー」が目に止まるが、カレー味のうどんやラーメンが苦手なのでスルー。
ちなみに第2回以降の入賞店は以下の通り
  
◆あいちカレーラーメンコンテスト
◇第3回 
・らーめん部門
 1位 親孝行(名古屋市)
 2位 あっ晴れ(大府市)
 3位 麺の匠和み(蒲郡市)
・カレーつけ麺、まぜそば部門
 1位 kibun.de.sachio(岡崎市)
 2位 風見鶏(稲沢市)
 3位 ばーばら(幸田町)
◇第2回(2014年) 結果pdf
・カレーラーメン部門
 1位 中華そば親孝行(名古屋市)
 2位 男そば連獅子(名古屋市)
 3位 麺やOK(安城市)
・カレーつけ麺・まぜそば部門
 1位 麺の匠和み(蒲郡市)
 2位 ぎん晴れ55総本店(名古屋市)
 3位 kibun.de.sachio(岡崎市)
◇第1回pdf  
http://goo.gl/RvuQXd
おおっ。食彩品館.jpでもお馴染みの有名店がずらりと登場。
カレーに限らずこういったコラボ企画は嫌いではありません。話題作りにトライしたり、コラボ同士で力を合わせた相乗効果を商売に利用することは決して悪いことではありません。
頑張って店名なり社名を広く知っていただき繁盛店として継続し、その稼いだ分をメニュー開発、商品の原材料改善、従業員の給与・福利厚生向上に充てていただきたいと思います。

 基本はラーメン専門店ながらメニュー構成は結構幅広く、味噌、醤油、塩、つけ麺、台湾、担々麺(“坦”ではなく“担”)、まぜそば。これにサイドメニューとしてミニ丼が提供されています。

 メニューから選択したのは定番人気の「コクうま味噌750円」。

 炒めた野菜をラーメンの上に乗せるのは申し訳ないですが嫌いです。でも野菜の味付けは良い。これは好印象。野菜の味付けにはスープの出汁を使っているのでしょうか。そうだとしたらスープに対する悪影響は少ない。
麺は少し固めたが、食べ進めるうちに柔らかく変化。これも計算されたものでしょうか。柔らかくなる理由はスープがアツアツだから。麺がやわらかくなるのは嫌いだが、アツアツスープは好印象。
一 点だけ残念だったのは味噌が甘いこと。間違いでなければ西京味噌の甘さですね。そう思って帰ってから調べると「西京味噌と信州味噌のブレンド」ということ を知りました。白×赤ではなく、白×白の合わせ。西京味噌の甘味が信州味噌の少しの辛味によってより強調されているかなという印象でした。
今井醸造とのコラボメニューが頭にあったので、てっきり豆味噌系を使った「コクうま味噌」と思い込んでいたのが、残念と思った理由。甘い味噌は苦手です(-.-)。
苦手の甘い味噌ながら、豚骨スープの雑味を隠すには最適の感。この店の豚骨スープは少しクセがあり、若干の魚介と前述の合わせ味噌をブレンドしてもしっかりとスープの豚骨味のアピールを感じます。これが好き嫌いを分けるのかなぁ。
  最初、一口すすった時の味の印象が良い程、食べ進めると好感度が減少するのですが、今回の「コクうま味噌」も最初一口目が一番好印象で、その後、徐々に旨 味成分が口の中で飽和状態になり、そうなると前述の少しクセのある豚骨味が気になりだす・・・という感じで印象が変化しました。
とはいえ、美味しいラーメンでした。食彩品館.jpの苦手なニンニクが結構入っているので、平日のサラリーマンの昼食としては少し遠慮しておきたい・・・・という感想で終わると悪い印象を与えてしまうので、以下のように〆たい。

  西京味噌の甘さが気になるものの、豚骨ベースのスープとの相性は良い。「クセが少しある」と言ったが、それもこの店のウリの味。このままの味でも良いと思 います。この店の魅力はこのメニューだけでなく、アイデアたっぷりの濃い系味の麺メニューが豊富なことが魅力だと思います。
機会があれば担々麺→煮干し醤油→煮干し塩とトライしたい。
*************************************
●麺やOK
愛知県安城市明治本町15-4
℡0566-72-3630
営業時間
11:30~LO14:00
18:30~LO22:30
定休日 月曜日
===============================

◇西三河(豊田・岡崎除く)のラーメン店記事
 以下の記事のリンクはhttp://goo.gl/lL8Wie
・2008/10/08ラーメン横綱通りかがりに寄った店
・2010/03/13麺の坊晴天(みよし市)
・2010/07/11ばーばら(幸田町)
・2010/12/11麺の坊 晴レル屋(大府市)と五月晴れ
・2011/01/09らーめん家(安城市)と家系ラーメン話
・2011/07/16麺の樹ぼだい(西尾市)和風豚骨
・2011/07/30柳麺極っ庵(安城市)
・2012/01/15大岩亭で豚骨醤油(安城市)
・2012/02/26博多ラーメン本丸亭安城店(安城市)
・2012/04/01麺の坊晴れやか(刈谷市)
・2012/07/14マルナカ中国麺飯食堂ラーメン(蒲郡市)
・2012/07/21ラーメン屋 ばーばらで油そば(幸田町)
・2012/08/25嵐丸(安城市)
・2012/09/01ラーメン 柳屋 濃厚味噌(安城市)
・2012/10/20らーめん嵐が如く(刈谷市)
・2012/12/29ちゃいなぽーと三好店(みよし市)
・2013/01/20三河中村屋(安城市)
・2013/03/02麺の樹ぼだい(西尾市)柚子かおル中華そば
・2013/04/06麺びより まるやす(刈谷市)
・2013/06/01麺びより まるやす再訪問(刈谷市)
・2013/06/02本丸亭安城店で豚骨担担麺(安城市)
・2013/06/21ラーメン横綱刈谷ハイウェイオアシス店(刈谷市)
・2014/07/05麺屋しずる刈谷店(刈谷市)
・2014/08/02つけめん舎一輝Anjyo(安城市)
・2014/08/03玉響(たまゆら)竹燻製麺(刈谷市)
・2014/08/10麺屋 久兵衛(高浜市)醤油
・2014/11/08我流(がりゅう)(西尾市)
・2015/03/07手もみラーメン来楽軒(愛知県みよし市)
・2015/03/15博多ラーメン丸山(愛知県安城市)
・2015/03/20拉麺みやち家(安城市)黒担担麺
・2015/03/28松葉屋(西尾市一色町)中華そば
・2015/04/11博多 一風堂 刈谷店(愛知県刈谷市)
・2015/05/23博多ラーメン鶴亀堂安城店(安城市)
・2015/07/12ラーメン横綱安城店(愛知県)
・2015/1121麺やOK(愛知県安城市)味噌
http://goo.gl/lL8Wie
=================================
◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
============================

★食彩品館.jp直近記事一覧 8000記事以上
http://goo.gl/S6anZc

2015/11/21 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ