ken1tnk1958さんが投稿した小布施堂本店(長野/小布施)の口コミ詳細

食彩品館+TMGP

メッセージを送る

この口コミは、ken1tnk1958さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

小布施堂本店小布施/甘味処、和菓子、郷土料理

1

  • 昼の点数:3.3

    • ¥2,000~¥2,999 / 1人
      • 料理・味 3.2
      • |サービス 3.5
      • |雰囲気 3.5
      • |CP 3.0
      • |酒・ドリンク -
1回目

2023/09 訪問

  • 昼の点数:3.3

    • [ 料理・味3.2
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
    ¥2,000~¥2,999
    / 1人

2023年の栗味はイマイチ(私見)ながらルックスはグッジョブ。栗の点心朱雀2000円をいただく。栗15個プラスアルファ

まずは結論から。「栗の点心朱雀」の魅力は採れたての新栗を使っているということ。店の方に教えていただいたが、栗の品質やその年の出来によって味が左右されるらしい。
今年はどうか。
流通組織で栗を含む青果バイヤーや食品調達部門統括責任者を務めた職体験があるものの、仕事を通して知っている栗の味よりも、母の実家の栗の木畑で収穫した新栗を幼い頃より毎年食した採れたての味。
新栗を茹でたり蒸かしたりして食べる味は今でも覚えている。栗は収穫後1日経つと鮮度劣化・味劣化することも。
「栗の点心朱雀」は和菓子として加工されているので単純な比較はできないが、少々、甘さが弱いように感じた。
自然な味と言ってしまえばそれまでだが、栗そのものの味として比較するとそういった印象。

=========
 長野県渋温泉の帰り道、湯田中駅からの車窓は天気も良く、北信五岳(飯綱山、戸隠山、黒姫山、斑尾山、妙高山)の山並みを眺めながらの電車旅。

夜間瀬付近では30年以上前に宿泊した「北志賀高原信州よませ温泉ホテルセラン」が見えた。その時、ホテル併設の露天風呂遠見乃湯から眺めた景色。そして今回は下から眺める景色。

 途中、妻の要望で「栗の点心朱雀(すざく)」をいただくため長野電鉄小布施駅で下車。
小布施駅には「ながでん電車の広場」があり、長野電鉄オリジナル車両である「りんご電車(通称)」が展示され先頭車両に入場できる。

  小布施駅から10分程歩くと目指す店がある中心部に到着。
予約時間まで周辺店舗や北斎館を訪れた。
(この記事は別途アップ予定)

 予約時間通りに到着。すでに提供が始まっていて、私達が最後の客。
↓ 正門
(この部分画像参照)

↓ 正門から本宅方面へ向かう
(この部分画像参照)

★栗の点心朱雀
(この部分画像参照)

 2023年の提供は2023年9月6日~2023年10月15日まででオンラインで事前予約するか、当日券を確保するかのどちらか。
当然、事前オンライン予約をしたが、予約開始が「モンブラン朱雀」が8月1日から、「栗の点心朱雀」が8月3日から、「本店朱雀コース」が8月5日となっている。

 さて、何を食べるか妻と予約時に相談。
お昼を兼ねて「本店朱雀コース」にするかという私の提案は価格面で妻から却下。私が支払うからと言っても却下。
本店朱雀コースは8000円と7000円(雁の山無し)。

 オンラインショップで秋から冬まで販売されている「朱雀モンブラン」。
カフェえんとつで通年提供される「モンブラン朱雀」もある。
いろいろと「朱雀」があるので要注意。

↓ 長野駅の小布施堂で販売されているモンブラン
(この部分画像参照)

と、いうことで当然、収穫期限定の「栗の点心朱雀2,000円」を予約することに。

 座席は「本宅」「広場(庭のテント)」「えんとつ」とあり、それぞれ席を自分で選んで予約する。
どの場所でも価格は同じだが、「本宅」から予約は埋まる。

↓ 本宅
(この部分画像参照)

↓ えんとつ
(この部分画像参照)

「栗の点心朱雀」の魅力は採れたての新栗を使っているということ。
そして中にも採りたての新栗使った栗餡が入っている。というか、蒸して裏ごしして何も加えずに、そのまま栗あんの上に盛りつけている。
盛り付ける量は15個分の栗を使っているという。
店の方に教えていただいたが、栗の品質やその年の出来によって味が左右されるらしい。
今年はどうか。
流通組織で栗を含む青果バイヤーや食品調達部門統括責任者を務めた職体験があるものの、仕事を通して知っている栗の味よりも、母の実家の栗の木畑で収穫した新栗を幼い頃より毎年食した採れたての味。
新栗を茹でたり蒸かしたりして食べる味は今でも覚えている。栗は収穫後1日経つと鮮度劣化・味劣化することも。
「栗の点心朱雀」は和菓子として加工されているので単純な比較はできないが、少々、甘さが弱いように感じた。
自然な味と言ってしまえばそれまでだが、栗そのものの味として比較するとそういった印象。

 それでは和菓子としてとらえるとどうか。
栗には砂糖もトレハロースも増粘多糖類も乳化剤も入っていない。
自然な旨味を活かして且つ、粉感も残している。
中の栗餡と一緒にいただく。
美味しいねぇ。
中の栗餡とバランス良く食べないと後でちょっと困ることになる。

↓ 本宅の庭の風景
(この部分画像参照)

==============
●小布施堂本店
長野県小布施町808
℡026-247-2027
営業時間 9:00〜17:00
年中無休
==========
===============

◇全国のラーメンに関する記事一覧
https://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタ
https://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-5NK
◇和食(ランチ含む)に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-9hQ
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-5NK
◇食べログ記事一覧
https://tabelog.com/rvwr/shokusaihinkan/visited_restaurants/list/
==========

★食彩品館.jp直近記事一覧32,000超記事
https://wp.me/P66ssl-2O9

===========

  • 長野駅の小布施堂店舗で販売されている朱雀モンブラン。栗の点心朱雀との違いを確認。TMGP撮影

  • 敷地内にある「えんとつ」,小布施堂本店,栗の点心朱雀(すざく)TMGP撮影

  • 小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 正門から入る。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 正門から入り本宅方面に向かう。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 本宅。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 栗の点心朱雀。2023年。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 栗の点心朱雀。2023年。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 栗の点心朱雀。2023年。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 栗の点心朱雀。2023年。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

  • 栗の点心朱雀。2023年。小布施堂本店(長野県小布施市)TMGP撮影

2023/10/01 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ