ken1tnk1958さんが投稿した瓦そば と 珈琲と シガ食堂(愛知/美合)の口コミ詳細

食彩品館がゆく

メッセージを送る

ken1tnk1958 (男性・愛知県) 認証済

この口コミは、ken1tnk1958さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

瓦そば と 珈琲と シガ食堂美合、藤川、男川/そば、カフェ

1

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味3.3
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2019/12 訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味3.3
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ¥1,000~¥1,999

気取っていないところが気に入った。シガ食堂(愛知県岡崎市小美町)で定番の「瓦そば」をいただく。広島焼もあるカフェ。ちなみに私は「〇〇映え」は嫌いだが、今回は・・。

「小美」を「おい」と初見で読める人は少ないと思う。
私が読めるのは知人が小美町に住んでいるから。

親戚を含め、知人・友人が岡崎市に多く、さらにここ数年はバンド練習や趣味の革クラフト材料の購入訪問で月に2~3回は岡崎市で食事します。
仕事としても豊田・岡崎市周辺での用事が増え、さらに岡崎・幸田・安城等西三河中央北部周辺での食事機会が増えました。
参考書は各地で販売されている「ぴあ」の地域別飲食店紹介本や岡崎市周辺の店舗を紹介するフリーペーパーの「chaoo」なんかの料理画像資料。

理由としては食べログやその他のネットでの評価が若者が行く店中心に高くなりがちな傾向にあり、私のような後期中年男性の評価と異なるためです。

そこで点数とか人気とか関係のないフリーペーパーや情報誌で嗜好に合いそうな店を探しては喫食しています。

 今回は珍しく、料理の見た目で選んでしまいました。

当方、一番嫌いなコトやモノが「○○映え」目的商品。

見た目の綺麗さや鮮やかさで選ぶことはまず皆無ながら、さすがにこの瓦そばのルックスには興味津々。

45年ぶりの小美町へ、いや、子供と一緒にホタル狩り(眺めるだけです)しているので20年ぶりか。

店の前に3.5台分程度の駐車場があるが、その他にもあるようだ。

11時の開店時間前に3組待機。

11時30分までには平日でも店内満席になる人気店です。

当日の客は私以外女性100%。

先月の丸長(岡崎市)の時も私以外の女性率100%でしたが、今回も従業員を含めて女性率100%。

ただし、年齢層は丸長と違い、私より年下か同年代の方がメイン。

 店の周りの樹木も興味深いが、店外にも客席が設けられ、夏はフルオープンで、冬は写真の通り、簡易囲いに覆われ、ストープも設置。

外席は「ペット同伴可能」という表示。飲食店登録は母屋建物内のみなんでしょうか?。ちょっと気になりますね。

夏の暑い時期は外席も良いかも知れませんね。虫が飛んでくることも一興かと。

 店内は程よくノスタルジックに装飾され、嫌味のない素朴感を演出。
これは良いですね。

やたら気取ったコメントや「私、センス良いでしょ」的な印象がないのが素晴らしい。

店主のお人柄なんでしょうねぇ。

 メニューは焼物がメイン。

コーヒーや飲料もなかなかのこだわりで品揃え。

好印象なのは「(非認証なのに)オーガニック」とか「ロハス」「マクロビ」「スローフード」「ナチュラル」とか表示していないこと。

雰囲気重視の表示を見るとその場にいたたまれなくなるが、ここは違いますね。

当日の客層の年代もあわせて浮ついた印象がない。

グッドです。

この店の内装の特徴はただのセンスアピールではない。

古い時計もそうだし、古いレジもそう。

アンティークでもヴィンテージでもなく、ただ「古い」。

使い倒した経年劣化感が良い。

 さっそく瓦そばを注文しました。

飲物なし。麺の量は普通で。

西尾産抹茶の茶蕎麦を瓦の上に乗せててあるだけと思っていたが、さにあらず。

瓦は熱せられていて、鉄板スパのように熱い。

よってぐずぐすしていると麺がカリカリになってしまう。

瓦は食品衛生に配慮して作られた料理用の瓦食器。

これについては謂れと出所が紹介されていました。

~山口県下関市の郷土料理として有名な「瓦そば」。明治10年西南の役で、熊本城を囲む薩軍の兵士たちは、長い野戦の間に瓦を焼いて野草、肉などを焼いて食べた。この事をヒントに瓦そばは生まれたのです。 山口県下関市で瓦そばを知らない人はいない、最も親しまれている郷土料理です。~


 さっさと混ぜないといけません。

熱々の瓦の上で焼かれた蕎麦が香ばしい香りを醸し出しはじめた。

つゆは普通の蕎麦と同じく「かえし」タイプ。

瓦の上で加熱されつづける茶そばがだんだんと焼き茶そばに変化してカリカリに。

この店は焼物を提供する店だということを改めて感じた次第。

肉は「あいち牛」。
黒毛和種とホルスとの交雑牛、F1ですが、これが味付けの妙で旨い。
この味付けだったらわざわざ黒毛和種である「みかわ牛」を使わなくても良いかもしれません。

 当初は単なる「○○映え」アピール目的のメニューかと思いましたが、食後の感想としては結構、イケル。

広島焼も食べたくなった。

 反省点としてはいつもの一眼レフに大三元広角ズームではなく、コンデジのCyber-shot DSC-RX100しか持参しなかったこと。
1型センサーでF値1.8とはいえ、折角なので余所行きカメラを持ってくれば良かったなぁと反省。

慌てて撮影したのでブレているし、ピントも・・・・・。

もうそろそろコンパクトタイプも新機種に変更しなくちゃ。

===================
・シガ食堂(愛知県岡崎市小美町)
愛知県岡崎市小美町入山手98
営業時間
〔火~金〕
  11:00~15:00 (L.O.14:00)
〔土〕
 11:00~15:00(L.O.14:00)
 18:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日   日曜日、月曜日
==============================
◇ラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ
◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
============================

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • 瓦そば。シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • 瓦そば。シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • 瓦そば。シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • 瓦そば。シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

  • シガ食堂(愛知県岡崎市)食彩品館.jp撮影

2020/01/12 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ