ken1tnk1958さんが投稿した桂城(和歌山/紀伊勝浦)の口コミ詳細

食彩品館がゆく

メッセージを送る

ken1tnk1958 (男性・愛知県) 認証済

この口コミは、ken1tnk1958さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

桂城紀伊勝浦/郷土料理(その他)、くじら料理、魚介料理・海鮮料理

1

  • 昼の点数:3.3

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2019/08 訪問

  • lunch:3.3

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ¥1,000~¥1,999

刺身盛りとライス。くじら,メバチマグロ,カンパチ,黒皮カジキの刺身盛り合わせ。桂城(和歌山県那智勝浦町)

 那智勝浦で刺身が美味しい店三選は、「竹原」、「まぐろ三昧那智」、「桂城」。竹原は前回、食しているので今回は桂城。開店時間直前に到着。
店前にはすでに5~6組待機。玄関に置かれた順番待ちノートに名前を記入しようとしたところ、2組の名前しか記入されていない。私が記入するのを見て、前待ち客があわててノートの場所に集合。

 申し訳ないが、ノートに記入した順番通りに店内へ案内された。

 さて、何にしようか。観光客用のまぐろメニューではなくて、生メバチマグロと太地・串本・宇久井等、東紀州南部の漁港周辺の地魚を盛り合わせた料理を食べたいということで刺身の単品メニュー「本日のおすすめ」に注目。
ネタが紹介されていて、その中にカツオ発見。もしや“しょらさんカツオ”もしくは“ケンケンカツオ”?と思って産地を伺うが、やはり県外産。そりゃそうだ。ブランドか旬の時期は3月から5月。時期が遅い。
とはいえ、今年はカツオ漁に異変があり、例年、6月を過ぎると三陸沖に北上するカツオが、静岡県沖の西向きの暖流発生の影響で、今年のカツオは紀伊半島周辺にいるらしい。
その影響で三重県尾鷲市の水揚げが前年の1.7倍にったとかの報道があっただけに、紀州水揚げに期待したのですが。残念。
なんにしても、前日までの盆期間の市場休日と台風通過の影響が厳しいところ。に、しても、しっかりと刺身メニューを提供しているのはサスガですね。
定食メニューの「刺身定食1300円」は「マグロなし」という表示。これはマグロメニューを別途注文する客のためのメニューか。
さすが、生マグロ水揚げ日本一漁港近くのお店だけあって、マグロメニューが本当に豊富。心臓の刺身から皮湯引き、腹ワタまであります。
もちろん隣接の太地漁港にも近く、クジラメニューも豊富。
「おばけ(さらし鯨)」「ほねはぎ(鯨ほね身)」なんて初耳。鯨は食文化を感じさせます。良いですね。
迷った結果、「造り盛り合わせ(まぐろ、その他地魚)1500円~1800円」を選択。
「本日の地魚は表示をご覧ください」と表記されているので、前掲の「本日のおすすめ」メニューが盛り付けられると推測されたが、気になったのは量。
ということで「カン数」を尋ねると「まぐろ2カン」と答えが返ってきました。千鳥のギャグの「イカ2カン」じゃなくて「まぐろ2カン」。私の聞き方が悪かった。「総カン数」を聞きたかったのですが、これ以上、聞くと雰囲気が悪くなりそうなので、単品でライスと造り盛り合わせを注文。
★造り盛り合わせと単品ライス
この店を訪れる前に寄った漁港市場の店で、今日はマグロの水揚げがなかったと聞いていたのでマグロは期待しておりませんでしたが、さすが産地の料理店。美味です。モッチリ。そこら中を走り回って大喜びするほどの逸品ではないが満足です。
中央に鎮座の鯨はおそらく解凍。当日の昼食は太地漁協直営食堂で史上最高の鯨尾肉をいただいていたので、この鯨は感動レベルには至らず。
・2019/10/17道の駅たいじ(和歌山県)
https://wp.me/p66ssl-pDX
気になるのはカンパチか。天然なのか養殖なのか、天然ならば産地も知りたいが、ショッピングセンターに出店している鮮魚料理店でネタを聞いて怒られて以来、聞くのが怖い(^ー^)。
おすすめメニューに記載されているシマアジではないと思う。
右側はお勧めメニューには掲載されていなかったが、おそらく、当日水揚げのあった黒皮カジキか。
間違っていても知~らないっと。
黒皮カジキ(推測)はグッドでした。カンパチ(?)は普通。
「ここまで来た甲斐があった」を実感する程ではないにせよ、盆市場休日明けだが台風通過後の影響を考慮すると、産地漁港メニューとしては及第点と思います。、

それよりも、産地ならではの珍メニューや鯨は日本の食文化であることを感じさせるメニューには感服いたしました。
ここまで来た甲斐があった。
=======================
・桂城
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦398−11
℡0735-52-1845
=====================

★那智勝浦の2019年夏旅行
https://wp.me/p66ssl-qrl
・2019/11/09桂城(那智勝浦町)刺身盛り
・2019/11/01流し台の湯と那智山
・2019/10/17道の駅たいじ(和歌山県)
・2019/10/15海乃湯、鮪乃湯(勝浦漁港)
・2019/10/10ゆりの山温泉(湯川温泉)
・2019/09/24四季の郷温泉(湯川温泉)
・201909/16ホテル浦島山上館宿泊と温泉
・2019/08/30はまゆ(和歌山県那智勝浦町)湯の鮮度

★・2019/09/10温泉の法律と表示,温泉の定義

======================
==============================
◆食事についての記事
◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ


◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
============================

★食彩品館.jp直近記事一覧 20,000超記事
http://goo.gl/S6anZc

===============================

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 刺身盛りとライス。桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

  • 刺身盛りとライス。桂城(和歌山県那智勝浦)食彩品館.jp撮影

2019/11/09 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ