ken1tnk1958さんが投稿した鶏白湯SOBAとよだれ鶏の店 虎舎(愛知/三河豊田)の口コミ詳細

食彩品館がゆく

メッセージを送る

ken1tnk1958 (男性・愛知県) 認証済

この口コミは、ken1tnk1958さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

2

  • 昼の点数:3.4

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.4
    • | CP2.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
2回目

2018/11 訪問

  • lunch:3.4

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.4
    • | CP2.5
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ¥1,000~¥1,999

よだれ鶏(口水鶏:郭沫若)と担々麺白湯。虎舎(愛知県豊田市)セブンズハート。鶏白湯SOBAとよだれ鶏の店TORAJYA。こじき鶏(叫化),

前回は「鶏白湯SOBA」実食。なかなかハイレベルな商品作り(見栄え)に感嘆したものだが、今回は3回分の実食記事を一気にアップ。11月に豊田市周辺の仕事が何件かあり、集中的に訪れたため短期間で連続実食。

・初回 2018/7/12鶏白湯SOBA実食↓ 
・2018/07/14虎舎(トラジャ)(豊田市)鶏白湯
 https://wp.me/p66ssl-hAG
 まずは「よだれ鶏」。
この料理に興味を持ったのは数回の中国本土出張時に料理の名前を聞いていたこと。
最初に出張した1989年(!天安門事件の1ケ月前!)の時は上海~杭州~衢州と移動するのに、外国人立入禁止地域への許可申請とかの停滞があったりして目的地にたどり着くのに3日かかりました。その間、時間があるので上海や杭州の老舗料理店へ連れて行ってもらったのですが、その時に「こじき鶏(叫化)」という料理を食し、その名称の由来を案内していただいたベテラン大手商社マンの方から聞いたのです。
すなわち、こじきが手に入れた鶏を調理器具がないため、しかたなく泥の中に埋め、その上で焚き火したところ、取り出した鶏が美味しく蒸しあがっていたという由来話。
その時に「四川料理には『よだれ鶏』というのがある」ということも教えてもらったのです。残念ながら中国本土の南部へは福州までしか行ったことがないため、本格的な「よだれ鶏」は食べておりませんでした。
その時の印象的な料理名が記憶に残っていて、こちら(虎舎)を最初に来たときから気になっていました。
 「よだれ鶏」は四川料理の一種で四川省周辺の郷土料理。
茹でた鶏肉に唐辛子、花椒、ラー油等の辛いタレをかけて食べる冷製料理。
口水(和訳:よだれ)の由来は虎舎店頭でも紹介されている通り、中国四川省楽山県出身の政治家であり、文学者でもある郭沫若(かく まつじゃく;Guō Mòruò)の「故郷四川のこの料理の味を思い出すとよだれが出てくる」に因る。
郭沫若は戦前の中国の国共合作に参加したり、戦後は政務院副総理、全人代常務副委員長、中日友好協会名誉会長等を歴任した古参の革命家でもあります。日本留学の経験もあり、九州大学医学部を卒業、2番目の妻は日本人でした。

 という30年前に若き食彩品館.jpが思った「どんな料理だろうか」の疑問がようやく解決(笑)
蒸した若鶏の腿肉に少し辛めに味付け虎舎自家製のタレをかけて提供。食べやすいように骨を抜いてくれている。
確かに美味しい。美味しいが思い出すだけでよだれ(口水)が出るというほどではないような・・・・。
ソウルフード的郷土料理は出身者じゃないと本質は理解できないのかも知れません。
特に皮の部分がだんだんくどくなってきて・・・。
2回実食したのは、初回実食時の画像を保管していたハードディスクが壊れたので、写真撮影のための再実食。その後、クラウドに初回撮影画像を保管していたのを思い出したのでした~。
ということで、
・二回目 2018/11/05よだれ鶏実食
・四回目 2018/11/30 よだれ鶏 実食
続いて、担々麺白湯。最初が鶏白湯SOBAだったので、麺メニュー二回目は担々麺白湯を選択。
・三回目 2018/11/14担々麺白湯 実食
 ピリ辛で食べやすく、月替わりの野菜トッピングも見栄えよく、大変、よく出来たメニューですが、私的には鶏白湯SOBAの方がお気に入り。
==============================

・虎舎(愛知県豊田市)
愛知県豊田市山之手8-15-2
 セブンセンターA2
℡0565-41-8238
営業時間
 11:30〜14:00
 18:00〜22:00
定休日 水曜日
======================
◇関連記事
・【NEW】・2018/12/30虎舎よだれ鶏と担々麺白湯
https://wp.me/p66ssl-jbm
・2018/07/14虎舎(トラジャ)(豊田市)鶏白湯
・2012/05/26山之手 虎玄で“塩”(豊田市)
・2011/10/01二代目虎玄でつけ麺(豊田市)
・2011/02/20山の手虎玄で担担麺(豊田市)

====================================


◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタ記事
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK

◇和食(ランチ含む)に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-9hQ
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
============================

★食彩品館.jp直近記事一覧 17,000記事程
http://goo.gl/S6anZc

===============================

  • 虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • よだれ鶏,虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 担々麺白湯,

  • よだれ鶏,虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • よだれ鶏,虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • よだれ鶏,虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 担々麺白湯,虎舎(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

2018/12/30 更新

1回目

2018/07 訪問

  • lunch:3.6

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP2.5
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ~¥999

鶏白湯そば。旨いっ。虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)。「よだれ鶏」、「鶏白湯つけSOBA」,「担担鶏白湯SOBA」。虎玄近隣に出店。隣は「頑固家」



 虎玄(豊田市)は美味しいけどサラリーマンの昼食にはちょっと香りが強すぎるかなぁとか思っていたが、すぐ近隣に鶏白湯ラーメンの店舗を出されたという話を伺い、豊田市まで行く予定をみつけて仕事ついでの平日実食。
世界的に有名な自動車会社の本社へ続くメイン道路から少し裏道に入るとラーメン店が2店並んで出店しています。
虎舎の本家である虎玄はすぐ近くにあります。
 鶏白湯SOBAがメイン。そして、鶏白湯つけSOBA,担担鶏白湯SOBA。これにリゾットライス用の追い飯250円をつけるかどうか。そして、この店のもう一つのウリである「よだれ鶏800円」を頼むのも可。ランチタイムは追い飯が100円になります。
とろりと濁ったスープ。ありがちな加工食品で味を作ったスープをただ温めなおしただけのようなものではなく、しっかりと原材料から作りこまれた味。
こりゃ旨いっとばかりに食べ進める。
ちょいと気になるのはトッピングの鶏ムネ肉の温度が冷たいため、付近の温度が低くなっていること。
ただし、これは製造後のチャーシューの温度管理をしっかりとしていることが理由と推測。おそらく、製造後に危険温度帯(60℃~5℃:WHO)と病原菌の発育至適(20℃~50℃:厚生労働省)をすみやかに通過するように冷却し、且つ、適正な品音管理で保管されているのでしょう。
チャーシューは熱を通しているという安心感からか、冷凍で保管する以外は常温で放置されていることが多いのですが、虎舎は冷却して保管していることがわかります。トッピングのズッキーニ等野菜の品温に合わせているだけかも知れませんが、こういったところからこの店の食品衛生管理のレベルがわかりますね。
店内の整理・整頓・清掃・清潔感、従業員の服装等、食べる側から見えています。
きっちりとした仕事を見ると安心して飲食ができますね。
安心して食べると、味も良くなるような気がします。
 他の客は追い飯を追加する人が多く、「バターを使った美味しい食べ方」も案内されていて、このあたりも単価アップに貢献しています。

 メインの通りから少し入った場所で、且つ隣もラーメン店という立地ながら、平日の11時45分到着時はほぼ満席。オープンしてしばらく経過していますが、まだまだ人気が継続。
料金を支払い店を出ようとすると、出入口まで従業員の方がお見送りしてくれました。
良い店だと思います。
===========================
●虎舎(トラジャ)
愛知県豊田市山之手8-25-2
営業時間 11:30~14:00 18:00~22:00
定休日 水曜日
開店日2017年8月22日
◇関連記事
・2018/07/14虎舎(トラジャ)(豊田市)鶏白湯
  https://wp.me/p66ssl-hAG
・2012/05/26山之手 虎玄で“塩”(豊田市)
  http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=6717
・2011/10/01二代目虎玄でつけ麺(豊田市)
  http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=5795
・2011/02/20山の手虎玄で担担麺(豊田市)
  http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=5266
====================================


◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタ記事
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK

◇和食(ランチ含む)に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-9hQ
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
============================

★食彩品館.jp直近記事一覧 約17,000記事
http://goo.gl/S6anZc

===============================

  • 虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 鶏白湯SOBA。虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 隣は頑虎家。虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

  • 鶏白湯SOBA。虎舎(トラジャ)(愛知県豊田市)食彩品館.jp撮影

2018/09/24 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ