satotsujiさんが投稿した鎌倉 以ず美(神奈川/長谷)の口コミ詳細

satotsujiのレストランガイド

メッセージを送る

この口コミは、satotsujiさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

鎌倉 以ず美長谷、由比ケ浜、極楽寺/寿司

1

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999
1回目

2011/01訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

【最高の風味が味わえる】

2012年 1月24日 夜 訪問。

あまりに素晴らしい寿司の数々に言葉を失いました。
最初、鮭の軟骨の酢の物からスタート。
この一品で心を掴まれました。
そして、ホヤの酢の物。
先の軟骨とはまたちょっと違った、風味と酸味。
ホヤの旨さや歯ごたえを最大限満喫できる味に。
そして、白子の揚げもの。
バター風味で外はカリッと、中はとろーり。
冬の味覚の王様です。

そんなこんなで、美味なる寿司に移ります。
ご主人も50代半ばだそうですが、一番油が乗っている時期かも知れません。
最初、白身の魚、光物が続きます。
これらの魚が徹底的に仕事がされています。

以前のレビューにも記載しましたが、それぞれの魚の風味と旨味と歯応えが最大限よく出るように
工夫されています。

漬けの赤身や、おおとろ、明石ダコ、ヤリイカ、馬糞ウニとイクラの漬け、全て見事としか表現できません。

この寿司は、世界トップクラスの寿司と言わずして、どう表現出来るでしょうか。
ミシュランで3つ星にならないのが不思議です。
他の3つ星店と比較しても全く遜色ありません。

今回は夜は私達だけでしたので、ご主人と奥様とゆっくり語らいながら、食事が出来ました。
ウィークデーはゆっくりできるので、ご主人も私達のためだけに握っていただけるので、
最高レベルの寿司が食べられます。

本当に感謝、感謝です。
また今年もよろしくお願いいたします。

2011年 新春 今年の初訪問。
昨年の末訪問時に、年明けの予約を取った。

今回も素晴らしい寿司の数々。
子持ち昆布、牡蠣、お刺身などのおつまみからスタート。
握りのスタート早々、白身の魚4貫を続けて出してもらった。
それぞれの白身の魚の風味の違いを感じて欲しい、ということでしょう。
いきなりここから始まるあたり、ご主人の勝負心を感じますね。
こんな具合に始まった今宵のおまかせ握り。

中でも、今回は鮭児(けいじ)を食べさせてもらった。
鮭1万本に1本あるかないか、と言われる鮭児(けいじ)。
舌の上で、とろけるような味。
私は生まれて初めて食べた。

鮭児を生で食べられるのは、海で捕らえられるからだそうだ。
オスかメスかもまだ分からない子供の鮭。
普段食べている鮭とは似ても似つかぬ味。
良かった。

それ以外もいつもの季節・漁場で最高のものを出してくれる。
今回は五島列島の魚が多かった。
聞くところによると一番いいものが手に入る時期らしい。
以ず美さんの場合、常に最高の仕事をしている。

また、季節が変わったら伺おう。

(今回、一見さんのお客様のマナーについて、話した。
 約束の時間に遅れてくる人が後を立たないようだ。
 とくに一見さんで、かつネットユーザーが多いようだ。
 こういう一流のお店に行く場合、マナーはしっかりわきまえたいですね。)
------------------------------------------------
素材の最高の風味が出るように作られているお寿司です。
おつまみでお腹が一杯にならないよう夜でも握りだけを供されることもあるようです。
このクラスの料理になるとどれが本当の一番か甲乙つけがたくなります。
ただ風味という点ではこちらは私の経験したお寿司の中では最高でした。
全ての鮨種の一つ一つの風味をあじわうことが出来ます。
口に入れ、ニギリを噛んだ瞬間に、口の中に風味が広がります。
そして再度噛むときに口の中に空気が入るとともに、その風味が口腔中に広がります。
こうして、例えば”あおやぎ”と”ばかがい”などの違いも繊細に感じることができます。
正直、圧倒されました。

ご主人は以前宮中にもお寿司を納められていたお店で修行されたようです。
当然、こういうお店ですからお寿司をにぎってくださるご主人との間で真剣勝負が発生します。
食べ物で真剣勝負することが苦手な方には当店は向かないでしょう。
ほかの分野でも真剣勝負というのをやられてこなかった方には、この場はあまり楽しくないと思います。
ですので、こういうプロ中のプロと対峙する勇気がある方のみ、ウェルカムなのだと思います。
なおこういうお店ですので写真は一枚もとっておりません。悪しからず。

  • 店内写真はご法度なので、外観のみ・・・・(笑)

2013/10/15 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ