北篠サキさんが投稿した紫 くろ喜(東京/秋葉原)の口コミ詳細

北篠サキのレストランガイド

メッセージを送る

北篠サキ

この口コミは、北篠サキさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

紫 くろ喜浅草橋、岩本町、秋葉原/ラーメン

1

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999 ~¥999
1回目

2016/12訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ~¥999
  • lunch:4.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ~¥999

本年最後の「紫」

再訪(2016.12)

「プレミアム鴨白湯そば+鴨牛蒡そぼろ飯(1500円)」

今年最後となる「紫」の日、
12月23日の金曜日。
この日は「裏紫」としての特別営業でした。

年に数回しか提供されない「鴨白湯そば」、
それのプレミアムバージョンです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月16日(金)から、
「紫 くろ㐂」の営業が再開されました。

食べログの「掲載保留」も解除。
今週は「鴨白湯つけそば」の提供があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再び、「全国味の逸品会」へ。

25日から28日まで提供、
「鴨和えそば(1000円)」を頂きました。

何と言っても印象に残るのは、
「麺屋 棣鄂」特注、断面がT字のウィング麺。

歯を押し返す強い弾力、
口内を満たす官能的なもちもち感、
茹で具合は申し分無く、タレとの絡みも凄い。

この麺を味わうだけでも、充分価値のある一品。

タレは濃厚な鴨の旨味。
鴨チャーシューは滑らかで、臭み・癖が一切無く。
春菊・刻み玉葱も、しっかり仕事をしています。

「塩そば」も素晴らしかったですが、
この「和えそば」も文句の付け様がない完成度。
絶賛の声が彼方此方で上がっていますが、それも納得です。

催事は木曜日まで。
未食の「鴨そば」は是非頂きたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再訪(2016.4)

4月22日から28日まで、
西武池袋「全国味の逸品会」にて、
「紫 くろ㐂」として出店しています。

22、23、24日は、
各日限定150食で「鴨とあさりの塩そば(1000円)」を提供。

大将の説明によると、
「鴨の骨太なコクのあるスープに、
浅蜊の剥き身とたっぷりの羅臼昆布でとった浅蜊出汁を合わせて、
更に浅蜊の剥き身の浅蜊餡、そして浅蜊塩だれで、
鴨のコクに海のコクを合わせに合わせた一杯」

「でも、あさり~みたいな一杯ではなく、
鴨と浅蜊のマリアージュ的な一杯に仕上げました」と。

そして、今回使用する麺は、
京都の製麺所「麺屋棣鄂」の特注麺。
麺に練り込む「ふすま」は「熊本製粉」のもの。

催事ということで、
(お店で出すものに比べてクオリティはどうか?)と、
失礼ながら鳥渡思ってしまいましたが、
そんな心配は全く以って杞憂でありました。

麺の質もスープの出来栄えも文句無し。
具の仕込みも完璧で抜かり無し。
大将の思い入れの深さが存分に感じられました。

普段の「紫 くろ㐂」とは違い、通しでの営業。
席数は3倍くらいで、回転も勿論早い。
お時間のある方は、是非この機会に西武池袋へ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再訪(2016.1)

「鴨白湯つけそば(900円)」

年が明けて、始めての「紫」訪問です。
今回は(基本的に)隔週で提供されている「鴨白湯つけそば」を。

具に関しては、
つけ汁に少量入っている焦がし葱以外、「鴨そば」と同じです。

麺は牛蒡を練り込んだ「牛蒡麺」、
珍しい茶色の麺で、クニュクニュっとした食感を楽しめます。
つけそばの麺というより、細いきしめんの様な感じでしょうか?
店主は「土の香り」と形容していますが、独特な風味も面白いです。
ただ、麺が一本一本長くて、持ち上げ辛いのは、鳥渡苛々させられます。

つけ汁は粘度が無く、さらっとしています。
しかし、鴨の濃厚な甘味・旨味はしっかりと。
それでいて、鴨の「癖・臭み・しつこさ」を感じさせないのは、流石「くろ㐂」

「鴨そば」は「醤油の素晴らしさを味わう一杯だ」と書きましたが、
「鴨白湯つけそば」は醤油が印象に残らず、飽くまで鴨が主役ですね。
同じ「紫」でも、方向性が違う点は興味深いと思います。

最後、スープ割りをしてもらい、完飲・完食。

好みは分かれると思いますが、
「鴨白湯つけそば」も抜群の完成度で、中毒性がありますね。

(「紫」で「鴨そば」だけ食すのは勿体無い、、、)
そう思わせる、奥深い一品と言えるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再訪(2015.11)

「鴨そば・手もみ麺(900円)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金曜日限定営業の「紫 くろ㐂」
醤油味の「鴨そば」「鴨つけそば」が提供される。
寿司屋では醤油のことを隠語で「むらさき」と言うので、
そこから「紫 くろ㐂」にしたのかと推測。

金曜日の午前10時30分、
開店30分前に伺うと既に先客8名。
その後どんどん列は伸びて行き、11時には30名近い並び。

券売機で「鴨そば・細麺(900円)」を購入。
他に「鴨そば・手もみ麺」「鴨つけそば」「鴨白湯つけそば」とある。

相変わらず、店主をはじめとして皆手際の良い作業。
厨房内の緊張感は眺めていて気が引き締まる。

5、6分で着丼。
スープを一口啜ると、強い酸味が、、、
(ん?)と顔を顰めるが、これは表面の「香母酢」の為。
一旦スープをレンゲで掻き混ぜるが、その時ぶわっと湯気が立ち上る。
この視覚効果は実に見事。

卓上の説明によると、
鴨出汁は、
「首ガラ・胴ガラ・もみじ・香味野菜を、温度・時間を徹底的に管理し、
鴨の旨味、香りを抽出し熟成した出汁」

醤油は、
「杉樽で作る昔ながらの製法を守る小豆島の醤油を使用」
・正金醤油「くろきと小豆島の一軒の宿にしか卸されない」
・ヤマヒサ醤油「国産の有機栽培の大豆・小麦から作られる奥深い本生醤油」
・ヤマロク醤油「二倍の原料を使い、4年の歳月をかけてつくられる再仕込み醤油」

兎に角、醤油が素晴らしい。この一言に尽きる。
嘗て味わったことの無い醤油、異次元の醤油、唯一無二の醤油。
これ以上濃くすると、これ以上手を加えると、全てが崩れる。
そんな際どい処を、危うい一線を狙っている様、、、

鴨出汁は、飽くまで醤油の旨味を際立たせる為の下支え。
店主は、この醤油の力を、最も引き出してくれる材料として鴨を選択したのだろう。
中には、鴨が弱い、前面に出て来ないと不満を漏らす人もある。
しかし、その様な批判は短絡的で的外れだろう。
この一杯の主役は「鴨」では無く、飽くまで「醤油」に違いない。

麺は、
「小麦香るパン用粉をメインにブレンド」
自家製麺の細いストレート、低加水で固めの茹で具合。
蕎麦の様な色合いで、豊かな小麦の風味、強いコシ。

メンマは、
「完全発酵の極太乾燥メンマを5日間かけてじっくり戻し、
たっぷりの鰹だしを2日間かけて含ませた」と。

太いメンマであるのに、歯切れの良さに目を見張る。
そして、鰹出汁がしっかりと染み込んで美味。
これ以上の「太メンマ」が他で味わえるだろうか?
これ程丹精込めて作られたメンマは、過去の記憶に無い。

鴨ロースは、
「生揚げ醤油・味醂・酒を合わせた特製のタレで、低温調理」
臭みは一切無く、しっとり滑らかな口当たり。
噛み締めるほどに鴨の旨味が口の中に広がる。

玉葱は、
「淡路島の玉葱を綿実油・にんにくでコンフィ」
甘味・食感共に良し。

春菊も、麺・スープとの相性が見事。
他の具材は考えられないという程に、調和を保っている。

途中、卓上の柚子胡椒を少し投入し、完食。


圧巻の一杯。
これこそ「至高の醤油」「究極の醤油」なのかもしれません。
美味しいとか、完成度が高いとか、満足出来たとか、
そんな安易な誉め言葉では片付けられませんね。

一般人が評価することは憚られる様な、批評することは許されない様な、
単に技のみならず、単に拘りのみならず、単に労力のみならず、
上手さ・美味しさ云々よりも、心揺さぶる「凄み」を感じます。

この一杯に対峙すると、活目せざるを得ない。
襟を正さざるを得ない。敬意を表さざるを得ない。
「らーめんをらーめんで終わらせはしない。
立派な料理として、日本料理として、世に知らしめん」
そんな店主の気迫・執念が、味わう者の琴線に触れる一杯。

「中毒性がある」「嵌る味だ」「個性的だ」、そんな安っぽい形容は失礼でしょう。
食す度に、新たな驚きと発見と感動がありそうな、
底知れぬ魅力と奥深さを秘めた、これは正に他を凌駕する高尚たる一杯。

並ぶ価値は間違い無くあるでしょう。
1000円払う価値は勿論あるでしょう。
「紫 くろ㐂」の暖簾を潜る者誰しもが、或る種の感慨を覚えることと思います。

  • プレミアム鴨白湯そば+鴨牛蒡そぼろ飯 1500円

  • 鴨そば(細麺)  900円

  • 鴨白湯つけそば  900円

  • 鴨とあさりの塩そば 1000円

  • 鴨和えそば 1000円

  • 鴨そば(手もみ麺)900円

  • 鴨そば(細麺)900円

2016/12/25 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ