シナさんが投稿した俺のラーメン あっぱれ屋(京都/山城青谷)の口コミ詳細

シナの麺一杯

メッセージを送る

この口コミは、シナさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

俺のラーメン あっぱれ屋山城青谷、山城多賀、長池/ラーメン、つけ麺

1

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999¥1,000~¥1,999
1回目

2015/12 訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ~¥999
  • lunch:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ¥1,000~¥1,999

あっぱれ屋:年末限定営業(京都府城陽市)

(平成27年12月27日)
昨年に引き続き、今年も特別限定での年末営業がありました。
寒い中、開店2時間前に250人の整理券が完売!
恐ろしい人気ですね。

本日の限定はあっぱれ屋初の清湯ラーメン
スーパー中華そば~メイラード反応の場合~
醤油がキリっと立った清湯はバランスがよく
旨みが後までくっきり残る美味さ。
麺は麺屋棣鄂さんのコシのある麺。
相性良かったですね~。

この日限りの特別サイドメニューも話題になっていましたね。
レア他人丼。
有名ホテルのコック出身の店主が作るローストビーフがどっさりのった
超得なサイドメニュー。
限定100だったのですぐに完売していました。

寒い日のラーメンはやっぱり美味しいなって改めて思いましたね。

・僕のラーメンブログ「麺一杯」:http://blog.livedoor.jp/kimono72/
--------------------------------
(平成27年4月)

閉店間際で7割ほどの入り。
すぐに座れたのなんて何年ぶりかな?

注文したのは濁とろ塩チャーシューメン
最近、こくろま塩ばかり食べてたので
濁とろ塩は久しぶりです。
この日は急に寒くなったので濃い~のが食べたい気分だったんです。

 濃厚豚骨魚介に、モチモチ自家製平打ち麺。
チャーシューやメンマも含めて、文句のつけようがない一杯ですね。
全国各地からラーメンファンが食べに来る人気店ですが
最近は外国人客が増えているようです。
観光の時間を少なくしても、京都No.1の店に来たくなるラーメンファン心ってのは
万国共通なんですね。
僕も中国やアイルランド、イギリスとかで観光より
ラーメン屋を探してるのに時間をかなり使ってたし。。笑

日本中でラーメンを食べていて、コチラへ来ると感じることなんですが
一杯の持つパワーが桁外れ。
そしてフロアーの全てをこなす女将さんの動き!
涼しい顔をしながらの無駄のない素早い動きが本当に凄い。
いろいろ観察してて気付く点がまだまだ多いです。
-----------------------------------------------
(平成26年2月3日)

2月2日で5周年を迎えたあっぱれ屋さん。
最近、重大発表をしたところですね。

2月3日よりあっぱれ屋第2章として
塩とんこつ魚介ラーメン専門店として営業します。

ということで、平日なのに物凄い行列~。
13時過ぎ頃に行ったんですが、帰る時まで
ずっと外待ちも続いていましたね。
新しい暖簾もちゃんと日付が記されています。

新メニュー。
醤油がメニュー落ちして、一番人気の塩
そして新メニューが加わっています。
つけ麺はそのまま、数量限定(20食)で継続。

 注文したのは、濁とろ塩チャーシューメン

 本日から提供開始した新メニュー。
器の色が新メニューが赤、こくまろ塩が白。
カウンター上にはズラッと赤い器が並んでいましたね。
やはり大半の方が新メニューを注文してたようですね。

 メニューに書いてるように、
濁とろ塩は濃い~のでマニア向け。
濃厚魚介豚骨スープに、弾力あるもっちり自家製平打ち麺。
濃い~といっても、口当たりはまろやかで
全然大丈夫でしたよ。
そしてお馴染みのトッピングがのっています。

 僕の総合評価は、5
お祝いの評価じゃなくて、ホントに美味かった。
5周年を迎えて、更なる進化を形として生み出した名店。
今後、5年、そして10年と僕たちを楽しませてくれるでしょうね。
次回の訪問も濁とろ塩を食べるだろうな~。
--------------------------------------
(平成25年11月)

 前日に店のブログ&店内告知のみの突発限定が登場。
11/13~11/16のみ期間限定です。
ずっと前から試作を重ねてたものらしい。

こくまろタイプⅢ 新たな刺客 ちょっとカッコつけちゃった
大盛り&チャーシュー増しでね。

 スープを一口飲むと、まったり~豚骨魚介。
そして生姜~。
塩、醤油に次ぐ第3の味なので想像はつくと思いますが
店主曰く「従来の・・とは全く違うものを目指してるので、食べてみてのお楽しみ」ってこと。
なので・・味とは書かないでおきますね。

 麺もこれ用にちょっと変化を加えてます。
もっちりで、スープがしっかり絡みます。

 トッピングも旨い。
ナッツのようなのが凄く食感が良かった。

 限定専用のジンジャーオールも。。(ジンジャーオイルじゃなくww)

 僕の総合評価は、4.5
----------------------------------------------------
(3回目:平成21年7月)

こくまろ塩チャーシューを注文。
「あっぱれ飯」もね。

 こくまろ塩チャーシュー来ました。
メッチャ旨そう!
まずは店の入口隣りの製麺室で作ってる自家製平打ち麺を味見。。
モチモチしていて、ズルズルって口に運べて、
それでいてスープをしっかり絡めて持ち上げてくれる。
ココの麺に似てる麺って他の店では思い浮かばないですよねー。
ホントに個性的な麺です。
次はスープを。。
濃厚なスープ、ちょっととろみがあり、飲むとまろやか。。。
旨いですねー。 深い味わいが感じられます。
で、お待ちかねのレアチャーシュー。
初訪問時から「今まで食べたレアチャーシュー中でNo.1」
って書いてますが、あれからいろいろ食べても
やっぱりココのが一番ですよねー。
噛み応えがホントにたまらん。。。
極太のメンマも味付け玉子も旨い、旨い。
食べてる内に「やっぱり麺、旨いよなー」って思い、
また写真を。。。。(笑)
バター風味のメンマ飯「あっぱれ飯」も相変わらずの旨さです。

 僕の総合評価は、5
-----------------------------------------
(2回目:平成21年5月)

店内に入ると、一番客でした。
相変わらずすっきりした、清潔感溢れる店内です。
今日はつけ麺が目当てなので、すぐにつけ麺(300g)を注文。
驚きなのは150g、300g、450gから麺の量を選べるんですが
同じ料金なんです。 スゲ-!!
前回美味しかった「あっぱれ飯」も注文しました。
すぐにどんどんと客が入ってきて、席が埋まっていきます。
人気ありますねー。

つけ麺が来ました。
旨そうですね-。
まずは、自家製の平打ち麺だけを味見。。
おー、、、相変わらず噛み応えもしっかりあって旨いですねー。
ラーメンと同じ麺を使用してるんですが
前回より水水しさが増してる感じで、旨くなってる気がしました。
つけ汁もちょっと味見。
まろやかなスープ、濃厚で旨いですねー。
この自家製麺を濃厚つけ汁につけて食べると。。
旨いですねー。
モチモチした麺が濃厚つけ汁をしっかり持ち上げて
口の中に運んでくれます。
噛んでると、麺の歯応えと、つけ汁の旨味が溢れて。。たまらん(幸)
加えて、僕が関西一って評価してるレアチャーシュー、
これはホントに一品料理で出てても、食べに来たくなる旨さ!
極太メンマもつけ汁につけて食べると、旨い、旨い。。。
あっぱれ飯、これは逆にホッと落ちつく味ですね。
胡椒がほのかに効いてるメンマ飯なんですが、
基本的に味はまろやか系。。
ココの白湯スープと相性がホントにいいって感じます。
最後はスープ割りで
しっかり極上スープを味わって終了。

 僕の総合評価は、4
---------------------------------------------------------
(初訪問:平成21年4月)

 11時15分頃に到着したんですが、
店のご主人が店内に入れてくれました。
2月オープンしたばかりみたいで綺麗な店内ですねー。
カウンター席のみですが、禁煙だし
席の間も充分とっていて食べやすい雰囲気です。
僕の後にすぐに客がどんどんと入ってきました。
人気ありますねー。
メニューを見ます。
こくまろの醤油or塩、それにつけ麺があります。
醤油or塩でちょっと迷いましたが、
「こくまろ塩チャーシューメン」と「あっぱれ飯」を注文しました。
カウンターから厨房が全て見えるので安心です。
食への安心感が薄れてきてる今の時代、
見えないところでゴソゴソ調理してるより
こういう全て見えるオープンな方が客は安心できますよねー。

 こくまろ塩チャーシュー来ました。
旨そうですねー。
まずはスープを味見。。
クリ−ミーなス−プ、まず感じたのは「まろやか」ってこと。
こってり感はほどほどで僕にはちょうどよく
(某店のはこってり過ぎて僕には無理)、
スープが飲みやすい。。
ちょっと胡椒が効いていて、いいアクセントになってますね。
店の入口隣にある製麺室で作ってる自家製の太めの平打ち麺、
これは初めての食感でしたねー。
モチッとしていてコシもあり、喉越しが凄くいい麺です。
この太麺がクリ−ミーなス−プにしっかり絡みます。
各具もかなりレベル高いです。
まず見た目ですぐわかるレアチャーシュー、、、
これは旨い!! 
歯応えもよく、味もしっかりしていて
今まで食べた綿麺や一徳のレアチャーシューより、僕の好みですねー。
チャーシューメンにしておいてよかった!
加えて、極太メンマ、これも歯応えが凄くあり、いい仕事してるなー。
ご主人が「ウチのイチオシです!」って勧めてくれた
香辛料を途中で少し加えます。
まろやかだったスープにちょっと辛味が加わり
これもイケますねー。 
スープの味が変わり、食が更にすすみますね。
あっぱれ飯、バター風味?のごはんにメンマが入った一品。
素朴な味で、こってりラーメンとの相性もいいです。
よく考えられたサイドメニューですね。

 僕の総合評価は、4

  • スーパー中華そば~メイラード反応の場合~

  • 濁とろ塩チャーシューメン

  • 期間限定:こくまろタイプⅢ 新たな刺客 ちょっとカッコつけちゃった

  • 期間限定:こくまろタイプⅢ 新たな刺客 ちょっとカッコつけちゃった

  • こくまろ塩チャーシュー

  • 塩チャーシュー

  • こくまろ塩チャーシュー

  • 道路沿いの目印

  • 外観

  • 外観

  • メニュー

  • メニュー

  • モチってした自家製麺

  • 絶品レアチャーシュー

  • 極太メンマ

  • いろいろ

  • クリ-ミーなス-プ

  • あっぱれ飯

  • 製麺室

  • 5月の定休日

  • 営業時間

  • つけ麺

  • 入口

  • 店のロゴ

  • 自家製平打ち麺

  • この麺が旨いんです。

  • メニュー

  • つけ麺

  • 6月の休み

  • スープ割り

  • スープ割り

  • 外観

  • こくまろ塩チャーシュー

  • 自家製平打ち麺

  • レアチャーシュー

  • 旨い濃厚スープ

  • 7・8月の休み

  • あっぱれ飯

  • 味付け玉子

  • こくまろ醤油チャーシュー

  • 平成21年9月の休み

  • こくまろ醤油

  • 3・19裏あっぱれ屋 告知

  • スーパーつけ麺(中)チャーシュー増し

  • あっぱれ夜支店の暖簾

  • 夜のメニュー

  • こくまろしょうゆチャーシュー

2015/12/29 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ