ぱたぱたぱたごにあさんのマイ★ベストレストラン 2014

良い脂で太ろう!

メッセージを送る

ぱたぱたぱたごにあ (40代前半・男性・奈良県) 認証済

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

コメント


2回目のベストレストラン。今回のテーマは4つでした。

【奈良メインのレビュアーへ】
地元奈良の良いお店を紹介するため、奈良の口コミ数を無理やり増やしました。
その中でもお気に入りが以下の4店。

・奈良にも旨い寿司屋があった!「ゆう座」さん

・ならまちで最高の和菓子「萬御菓子誂処 樫舎」さん

・富雄はラーメンだけじゃない!うなぎも素敵!「うなぎの豊川」さん

・生駒山の絶景スリランカ「ラッキーガーデン」さん

(次点)
「折衷旬菜 香月」さん 近鉄奈良


【スパイスカレーから南アジアのカレーが好みに】
昨年までは良くスパイスカレースパイスカレー言ってましたが、
今年はスリランカと南インドのカレーが熱かった!

・南インド料理のニューウェーブ「ゼロワンカレー」さん

・大阪スリランカ料理の牽引役「ロッダグループ」さん

(次点)
「カラピンチャ」さん 王子公園
「タリカロ」さん 近鉄奈良
「インド食堂TADKA」さん 烏丸御池
「ナーガカリー」さん 天神橋筋六丁目


【同年代の寿司職人が素晴らしい】
やっぱりこれから長くお付き合いできることを考えると同年代の方が良いですよね。
同年代の寿司職人さんが頑張られていて、これから通わせてもらいます~。

・奈良にも旨い寿司屋があった!「ゆう座」さん(再登場、ちょっと年上ですが)

・福島の素晴らしい和食寿司職人「あま野」さん

・博多 美しい赤酢使いの「すし、太郎。」さん


【懐かしいお店に再訪しました】
食べログはじめる前はかなり通っていた好きだったお店。。
食べログ初めて新しいお店へと・・・足が少し遠のいていましたが、今年は再訪しました。

・天然鳥獣山菜魚料理「山女庵」さん

・その仕込みが素晴らしい和食居酒屋「ながほり」さん

(次点)
「またぎ」さん 東京、西麻布


来年も良いお店に巡り合えますように。。

マイ★ベストレストラン

1位

あま野 (新福島、福島、中之島 / 寿司)

1回

  • 夜の点数: 4.2

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.3
    • | 酒・ドリンク 4.1 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999 -

2015/11訪問 2015/12/16

【あま野】和食の繊細さも感じられる素晴らしい鮨の新店です。


大阪 福島のあまり何もなかった裏路地に2013年オープンした鮨屋 あま野さん。リーズナブルに本格的な鮨が頂ける名店です。和食のような多彩な優しいアテと2種類の赤酢を使用したふんわりとした握りは絶品です。日本酒の品揃えも豊富なのでそちらも楽しめますよ。


ーーーーーーーーーーー
2015/11再々訪
ーーーーーーーーーーー

友人との忘年会、メインのお店は福島の鮨 あま野さん。
超お気に入りのお店でしたが、ミシュラン獲得後、何故か少し疎遠になってたんですよね〜。1年4ヶ月ぶりの訪問です。

すでに酔っ払いなので日本酒スタート。
小左衛門 播州山田錦

再訪なので簡単に〜。


・沖縄もずく
・煮アワビ
・煮蛸
・石鯛 腹身と背と
・明石オコゼのぶつ切り
・のどぐろ
・甘海老昆布締め
・筋子味噌漬け炙り(握り途中に)

素材を活かす優しい味わいの和食のような肴とパンチのある肴の両方が味わえるのが嬉しいところなんですよ。

群馬泉 淡緑
三千盛 小仕込純米
と酒が進みもはやベロベロです。

握りスタート。
・けんいか
・さより
・漬け
・大間トロ
・コハダ
・煮はまぐり
・馬糞雲丹
・煮穴子

やはりあま野さんはシャリがイイ!シャープなシャリで米の固さ、ほぐれ具合もなんとも言えず・・・ばっちり好みです。

肴、シャリ、居心地の良さ。
どれを取っても素敵なお鮨屋さんですね。

ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/07再訪
ーーーーーーーーーーー

あま野さんへ再訪。前回気に入ってしまったので、早く再訪したくてたまりませんでした。

沖縄のもずくから始まり、
煮鮑
煮蛸
真鯛の刺身
甘海老昆布締め
白甘鯛の焼き物
半生ばちこ
賀茂茄子を干しえびのお出汁
と肴が続きます。

いづれも、和食のような優しさがある肴で絶品。そして、出汁が上品で素晴らしいです。やはり間違いなかった。

握りは、
烏賊
キス
ヅケ
トロ
真子
煮蛤
雲丹

煮穴子
玉子
と全10貫+〆にかんぴょう巻きを。

クセのない赤酢を使ったシャリは、本当に好み。口の中で粒を感じながらほどける絶妙な握りが良いですね。仕事された握りが多いのも素晴らしいです。

そして、日本酒のセレクトがやはり良いので、飲みすぎてしまいました。

今回は細かく書きませんでしたが、間違いのないお寿司屋さん。本来ちょっと尖ったお店が好きなんですが、この優しさを感じる握りも好みです。

ごちそうさまでした。また、行きます。


ーーーーーーーーーーー
2014/04訪問
ーーーーーーーーーーー

沖縄から帰ってきたら、きっと鮨と日本酒が恋しいだろうなーと思い、ずっと行きたかったあま野さんを予約してから沖縄へ。ワレながら素晴らしいヨミでした。

大将の前に座りまずは日本酒をお願いします。群馬県 淡緑、あまり耳馴染みのない銘柄ですが、旨い酒です。こういう品揃えが好きなんです。

・沖縄のもずく
このもずくのために京都まで買い出しに行かれているとのこと。ねっとりとした食感が良いですね。

・小芋
ん?これもねっとり。

・煮あわび
優しい味付けで好みです。

・いいだこ
生きてる状態で仕入れ、"いい"を半生で出して頂けます。新しい食感、記憶に残る一品ですね。

お酒のペースがすごく早いです。。岐阜県 房島屋 おりがらみを。これも耳馴染みのないお酒です。

・明石の真鯛(背と腹)
綺麗な皮付きの白身で、良い歯ごたえ。腹の脂のノリは抜群ですね。

・とりがい炙り

・きんきとホワイトアスパラと花山椒
割烹に来ているかのようなアテです。季節感もありこれはウマイ!

神奈川県 残草蓬莱を。

・からすみ

キャベツの酢漬けと蓮根 甘酢漬けをガリのかわりに。握りがスタートです。

・剣先いか

・鱚
甘酢で〆てあります。良い〆具合です。

シャリはクセが強くない赤酢を2種類使っているとのこと。赤酢ばっちりのクセのあるシャリも好きですが、まろやかなこちらも捨てがたいです。(要はなんでも旨けりゃいいってこと!)

・中とろ漬け
・大とろ
和歌山の勝浦の生マグロとのこと。やはり旨味が違います。素晴らしいマグロに酒が進んじゃいます。

静岡県 波瀬正吉を。さらっとこのような良い酒が出てくるところがすごいです。鮨屋でこの銘柄は値段にビビッてしまいますが。。

・こはだ
シンプルに旨いこはだです。

・煮蛤
大好きな煮蛤、甘めのつめも美味しい~。

・車海老

・芽ねぎのお吸い物
真鯛のあらのキンキでとった出汁が優しい味ですね。芽ねぎの食感も面白い。

・雲丹
とろっとした雲丹で素晴らしい!

・穴子
裏面を見せた握り方が面白いですね。ふわっと崩れる身も抜群です。

・玉子

大将の距離感も良く、程よく色々なお話をして頂けました。居心地も非常に良いお店ですね。

以上で、お酒も入れて15000円ジャスト。・・・えっ!?1万5000円??安くないですか?お酒も良いものが入ってましたよ?と、久しぶりに価格でもびっくりしました。

近々再訪したいと思います。ごちそうさまでした。

  • (表紙用) 半生のいいだこ
  • (表紙用)勝浦生マグロ大とろ
  • 201511再訪 のどぐろ
  • 201511再訪 筋子味噌漬け炙り71

もっと見る

2位

ゆう座 (高の原 / 寿司)

1回

  • 夜の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 4.1
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 3.6 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999 -

2014/12訪問 2014/12/27

【ゆう座】正統派、そして技が光る寿司


ならやま大通り沿い、高の原駅近くにある鮨屋 ゆう座さん。金沢のみつ川さんと同じ修業先ということで、銀座久兵衛さんご出身だと思います。奈良では珍しい本格的・正統派な江戸前寿司、丁寧な仕事が好感のもてるお勧めのお店です。


ーーーーーーーーーーー
2014/12再訪
ーーーーーーーーーーー

久しぶりのゆう座さん。子供達が急遽実家に帰ったので、嫁とたまには寿司でもと当日予約で滑り込めました。

前回同様新政を頂きながら、アテからおまかせでお願いします。

・あん肝
このあん肝ねっとりと旨いです。開幕からテンション上がるアテですねぇ。

・鯛
白身もかなりハイレベル。寝かせ具合と食感が素晴らしい。鯛は店の良さが伝わりやすいですね。

・たいらぎ貝

・鰤
炙って大根おろしを巻いて頂きます。鰤の脂がさっぱりと頂け絶品。

・鱈白子 醤油焼き

・からすみ
これはねっとりとした旨味が最大限に。塩加減はかなり薄めなのも嬉しいところです。

・かますの焼き物

・牡蠣 おろしポン酢

ここから握りで
ヒラメの昆布締め
しまあじ
中トロ
あおりいか
しめ鯖
車海老
雲丹
トロ炙り
赤貝
ヅケ
煮蛤
穴子(タレと塩で)

今回はアテが多めでしたのでかなり満腹に。そして寿司は素晴らしい仕事です。すっきりしたシャリ具合、丸みを帯びたフォルムと底の凹み、はらりと解けて完璧。魚も旨味がしっかりとしているものが多い気がします。

そもそも嫁は寿司がそれほど好きではなく、初めは「えー、お寿司よりオシャレな店がいい〜」とか文句言って来たのですが、帰り際には「お鮨美味しかった〜!また何かの記念に来ようね。」と大喜びしてました。

また是非寄りたい奈良の名店ですね!ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/07訪問
ーーーーーーーーーーー

食べログ始めたころからずーっとBMしていたゆう座さんへ。場所が意外にめんどくさかったり、予約が満員でできなかったりと、行く機会がなかったのですが、行きたい気持ちが募りやっと訪問できました。

高の原駅から少し迷ったりしながら歩くこと徒歩20分ほど。ならやま大通り沿いにお店はあります。外観も雰囲気良く、内装も少し深みのある木の色で好みですね。落ち着いた感じが漂います。

とりあえず喉が渇いたので瓶ビールと新政を頂き、アテからでコースをお願いします。

新政は廃番の酒瓶に300mlほど酒を注いで頂きます。この瓶めっちゃ可愛いですね!

・つきだし
じゅんさいです。夏らしく良いですね。

・お刺身
しまあじとあいなめ。
しまあじは腹身でサクッとした歯ごたえと脂のノリが完璧。あいなめはこりっとした食感が本当に素晴らしい。このお刺身は大ヒットです。

・たいらぎ
海苔で巻いて頂きます。福岡では何度か頂いてますが、まさか奈良で食べるとは思わなかったw

・よこわ しょうが醤油
・まながつお 西京漬
この辺りは普通ですかね。美味しいんですけど。まながつおのほっこりした身、浅い漬け具合はたまりません。

・煮蛸酢
煮蛸をきゅうりの酢の物と和えた一品。煮蛸自体もゼラチン部分がしっかり旨味がありで素晴らしいのですが、酢と合わせることでさっぱり頂けるという夏らしいアテに変わります。これは新鮮でした。

ここからお寿司を。

あこう昆布〆
とろ
けんいか
小鯵
海老
雲丹
炙りとろ
まぐろ漬け
煮蛤
煮穴子(煮詰めと塩で)

昆布〆は良い塩梅、海老も中はほんのりレアさを残した絶品、トロも間違いない一品です。
基本的には、正統派なお寿司なのですが、どれも丁寧な仕事で素晴らしく感じます。

追加で巻物と握りを一つお願いしました。
いわし
干瓢巻き

以上に、新政おかわりと常温のお酒(名前失念)をコップ1杯頂き、16000円。コストパフォーマンスはまずまずだと思います。

この日は、店内もゆったりしており、店主と色々御話をさせて頂き、楽しい時間を過ごすことができました。是非、再訪して色んなゆう座さんを味わいたいと思います。

ごちそうさまでした。

  • (表紙用)トロ
  • (表紙用)あこう昆布〆
  • 再訪 あん肝
  • 再訪 鯛46

もっと見る

3位

ゼロワンカレー (谷町四丁目、堺筋本町、天満橋 / インドカレー、インド料理)

2回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2018/08訪問 2018/08/17

【ゼロワンカレー】南インドなミクスチャーカレーはもはや貫禄すら感じるひと皿

【ゼロワンカレー】大阪らしい南インドなミクスチャーカレー

谷町四丁目と堺筋本町の間、雑居ビルB1Fにあるゼロワンカレーさん。独特のサイケな雰囲気ながらケララな風を感じる本格ミールスが楽しめるお店です。
ホールスパイスも具材もたっぷりなマサラはやっぱり格別!?たっぷりおかずと混ぜまぜするとこれまた美味いんですよね。ちょっとミクスチャーな大阪風ミールスが楽しめますよ〜。

ランチを谷町四丁目で食べる機会があり、かなり久しぶりにゼロワンカレーさんへ。約2年ぶりですね。

最近は11時半オープン?土日のみこの時間??
ちょっと前に店前に到着すると3人ほど並ばれていてすぐにお店を開けてくれました。
オープンすぐで満席、12時ごろにはかなりの待ち行列ができてましたよ。今こんなに並ぶんや・・・。

ってことで、早速あいがけカレーをオーダー。
多分ですが、以下の内容で1600円くらいでしょうか。

メインあいがけ
・マトンサーグ
・シマイサキのマンゴーフィッシュカレー
トッピング
・日向南瓜と空芯菜のサンバル +200円
・干し海老入り南インド屋台オムレツ +200円(写真は友人とシェアでハーフサイズ)
おかず
・トマトラッサム
・ダールタルカ
・旬野菜のかき揚げパコラ
・季節野菜ココナッツ和え
・ハイデラバーディ ベルプリ
・ミックスアチャール

暫く来ない内に皿も、配膳方法もなんか変わってますね〜。
ちょっとおかずのボリュームが減った??
まぁ、前が多過ぎただけやと思いますけどw

結果、やはり美味いんですよね。
しっかりと季節の野菜を使ったおかず、サンバルなんかもレベル高いですし、にんにくとトマトの酸味効かせた爽やかなラッサムも逸品。

若いマンゴーの酸味が効いたケララなフィッシュカレー。
マトンのコクを活かした絶妙なグレービーのマトンサーグ。
大阪らしいスパイスカレーと南インドの香りもしっかりと漂わせるあたりがさすが。

もう、関西は色んなカレーが出過ぎて良くわからんことになってますが、ゼロワンカレーさんの南インドなミクスチャーカレーはもう貫禄すら感じさせるひと皿ですね。店主もなんか貫禄出てきてますしw
やはり好きなカレーです。

ごちそうさまでした。



ーーーーーーーーーーー
2016/12再訪多数
ーーーーーーーーーーー

振り返ると、今年はゼロワンカレーさん2回しか訪問してなかったんですね。。
っていうか、ゼロワンカレーさんが移転オープンしてもう3年になるってのにも驚きました。歳とったなぁ・・・。

というわけで、淀屋橋で打ち合わせを終えたら急にカレーが食べたくなったので、びゅーんと向かいます、徒歩で。

ちょっと訪問が遅くなり14時近くでしたが、7割ほどお席の埋まる人気ぶりですよ。

この日のカレーは、
・マトンマサラ
・海老とアサリのマサラ
おかず
・鳴門金時と春キャベツのサンバル
・南瓜とパプリカのアヴィヤル
・ほうれん草となめこのクートゥ
・和歌山みかんとラズベリーのチャツネ
・大根の漬け物
で、トッピングのレモンライス、カード(相変わらず無料)をいただきましたよ~。
残念なことにししゃものスパイスフライトッピングは売り切れ。あれはランチタイムオンリーですかね。

結果としては、今日もまた美味かった!
久しぶりだから余計にそう感じるのか!?

マトンはしっかりその香りを残していて超好み。海老とアサリのマサラは魚介の風味がぶわーっとやってきてかなり美味い。アサリの風味がこんな風に楽しめるカレー、すごいなーと素直に思います。

面白いのは和歌山みかんとラズベリーのチャツネ。初めはめっちゃラズベリー。単体やおかずとだけと混ぜるとラズベリーが強過ぎてちょっと辛い感じ。でもこれにカードとマサラと混ぜまぜすると、良い感じの甘い優しい後口になるから不思議。混ぜまぜのバランス感覚はやはり素晴らしいですわ。

やっぱ好きやわw さ、来年も通いますかね。

ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2016/09再訪多数
ーーーーーーーーーーー

そういや最近行けてなかったなーと久しぶりにゼロワンカレーさんへ。一度食べたくなるとどうにも止まりませんよ。

オープンすぐくらいかな?入店~。
良い感じの混み具合、流行りでワッと押し寄せてるでもなく、固定客で混んでる感じですかね。好みです。

相変わらずサイケな店内。2周年記念Tシャツなんかも販売されて、更にサイケ。そして初見な可愛い店員さんが!?こちらも好みですw

この日のカレーはこんな感じ。
・豚肩ロースのマサラ
・カレイのマサラ
おかず
・冬瓜とお麩のサンバル
・キャベツのココナッツ炒め
・ほうれん草とポテトのクートゥ
・柿と早生みかんのチャツネ
・大根の漬物
トッピング
・せせりのスパイスフライ
・レモンライス
・カード

といつも通りあいがけにトッピングの豪華版で。
ここのお店は具材を惜しみなく使っておられて、肉も魚も野菜もスパイスまでもモリモリなんです。

まずはちょっとずつカレーとサンバルを。
ここの豚肩のマサラ好きなんですよ。ぐわっとやってくるスパイスの香りがなんともたまらんのですよ。しっかりクミンに、ふわーっとクローブも香り、これだけで心安らぎます。

カレイはトマトベースかな。酸味は控えめで優しい味。ちゃんと骨を取り除いてくれてる優しさも♡魚も間違い無いんです。

サンバルにお麩!?これ、いーですねー。いっぱい旨味を吸い込んだお麩♪ 美味いですよ。

で、ようやく混ぜまぜ~。
ココナッツの香り、野菜の旨味、色んな味が混ざり合って美味しいんですよ。
そして、私はゼロワンさんの柿の使い方が大好き!?たまに感じる柿の優しい甘みが素晴らしいバランスなのです。

美味しいなーと食べているとなくなっちゃいました。。ここは物凄いボリュームなのでお腹いっぱい。
次は久しぶりにビリヤニとか食べてみたいなー。

また来ます!ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2016/02再訪多数
ーーーーーーーーーーー

カレー巡りをしていると、なんだかんだでゼロワンさんが食べたくなります。というわけでしつこいようですが投稿~。
今回は同僚からも食べたいの声があがったので仕事の予定を変更しての訪問です。え?

13時頃の訪問でゆったりとされており、このくらいの雰囲気がちょうど良いですね。

・豚肩ロースのマサラ
・鮭ハラスのマサラ
もちろんあいがけで。
おかずは、以下の5種類がついてきます。
・ムング豆のカレー
・新じゃがと菜の花のココナッツ煮
・トマトとオクラの和え物
・バナナと和歌山ネーブルのチャツネ
・大根の漬物

これに、
・ホタテのスパイスフライ +200円
・レッドチリのチャツネ +100円
をトッピングして豪勢に。

まず具材ゴロゴロかつ南インド+大阪スパイスな素敵ビジュアルにノックアウト。そしてスパイスの抜群な香り。

単体で食べてもかなり旨いのですが、混ぜまぜした時のバナナの甘みだったりココナッツの風味だったりが程良く刺激に。色んな香りと味・食感が、身体と脳を刺激しますよ。

今回初トッピングのレッドチリのチャツネは、辛さだけでなく、旨味もぎっちりつまってます。そのまんまバスマティライスと食べても旨いんですよ。
何やろ??これ。かなりオススメ。
※レッドチリは冬季のトッピングメニュー。時期によっては青唐になるようです。

そして、ホタテのスパイスフライ。このスパイスフライシリーズも進化を遂げてます。かなり酒が進みそうなスパイス感がたまりません。
これもオススメトッピングです。

やっぱり旨いなー。もう食べ慣れて身体に馴染んできた味ですね。定期的に通いたい素敵なお店です。

ごちそうさまでした。


↓↓↓これ以前の訪問については、古い口コミは長々としてて読みにくいので、写真だけ残して削除しました〜。

2014年08月 オープンした3日目に訪問、9月すぐに再訪
2014年09月 南インド定食スタイルに変更→ここでお気に入りになり10月2回訪問w
2014年12月 初ビリヤニ!今のトッピングスタイルとは違うビリヤニ
2015年02月 インド修行から帰ってきたところを直撃!→2015年は4月、9月とこの後訪問。

  • (説明なし)
  • 南インド定食全景
  • おかずとバスマティライス
  • マトンサーグ28

もっと見る

4位

山女庵 (天下茶屋、岸里、北天下茶屋 / その他肉料理、魚介料理・海鮮料理、うなぎ)

2回

  • 夜の点数: 3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.9
    • | 酒・ドリンク 3.4 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999 -

2017/03訪問 2017/03/31

【山女庵】天然鳥獣山菜魚料理


大阪 天下茶屋にある天然鳥獣山菜魚料理 山女庵さん。その名の通り、春は山菜・川魚、夏はすっぽん・うなぎ~鱧へと、秋はきのこ、冬は雉・鹿・猪と、天然の食材をいただけます。
料理は完全おまかせの予約制。食べきるのが難しいボリュームに、ドリンクは瓶ビールに焼酎・日本酒などが飲み放題で9500円とその素晴らしいコストパフォーマンスにも驚き!天然の食材をめいっぱい楽しめる素敵なお店ですよ〜。


ーーーーーーーーーーー
2017/03再訪多数
ーーーーーーーーーーー

初代大将が引退されてから訪問頻度が落ちていましたが、東京の飲み仲間の来阪に合わせて久しぶりの訪問。
約3年ぶりの訪問ですね。前回はすっぽんの季節でしたので、猪・鹿を食べるのは6年ぶり。

相変わらずな渋い外観で店内は囲炉裏を囲むテーブルが4卓。今回は9名でお店の半分を利用させていただきました。
残りの半分は遅い時間みたいなので、ある意味貸切ですね。

思い思いの飲み物を入れてかんぱーい。
もうハイボール2杯に日本酒2杯飲んできてるので、芋ロック一本で進めます。お店に置いてあるお酒は適当に飲み放題できます。

この日のメニューはこちら。
・若ごぼう
・初鰹
・骨付き鹿肉のボイル
・新玉ねぎと奈良県椎茸
・鹿ステーキ
・猪鍋

まずはつきだしの若ごぼう。これが良いんですよ。ピリ辛でゴボウの風味もしっかりとあり美味いです。

で、初鰹。ちょうどこの日から丁度メニューでスタートしたらしいのですが、3月末〜4月にかけて山女庵さんに来たい理由の一つなんです。
皮目は軽く炙ってありますが、皮付きの鰹の刺身。ニンニクと塩でシンプルに頂くとめっちゃ美味しいんですよ。

続く骨付き鹿肉のボイルは圧巻のボリューム。
めっちゃ太い腿の骨?が付いて、周りに少し軟骨部分もついた鹿肉の身。これをごそっと取ってかぶりついて頂く。
若干の臭みはありますが、これはこれで鹿らしさが楽しめる一品なのです。

ちゃんと美味しい野菜を挟んで・・・
(玉葱は激甘で素晴らしく、椎茸は大ぶりで肉汁ならぬ茸汁が溢れます。)

個人的に一番好きなのが鹿肉のステーキ。
分厚い鹿肉に塩コショウをしてレアに焼き上げた鹿ステーキ。ここにバターをたっぷり乗せてかぶりつくわけです。
レアにしあげることにより溢れる鹿肉本来の美味さ、絶妙に味付けされていてバターのコクがぶわーっと。かなり大ぶりなのですがペロリと食べれてしまいますね。
ちなみに、以前はトラピストバターが付いたのですが、今はトラピストバターが手に入りにくくなったとのことでやめているそうです。残念...

最後は猪鍋。
こちらの猪鍋はごろごろ野菜にごろごろと大きく切られた猪肉も入っていて食べ応え充分なのです。
濃い目のみそ味でしっかり煮込まれた猪鍋。こういうのをすすりながら根菜・鹿肉を噛み締めていると日本人に産まれて幸せだな〜と実感出来ますね。〆のうどんまでしっかり頂いて大満足です。

今回もお腹いっぱい鹿やら猪を食べて、なんでも日本酒に焼酎、ワインにビールまで飲み放題で9500円とはかなりお得だと思います。やはり間違いのないお店です。

ただ、先代の時と比べると、サービス面・雰囲気が変わったように感じます。そして今でも充分なのですが料理のボリュームが落ちていますね。今回初めて〆のうどんまでたどり着けましたw
懐古主義なのか、本当にそうなのか分かりませんが、少しさみしい気持ちになったのは事実です。すいません。
まぁ、なんやかんや言っても美味くて雰囲気良くて安いので、これからも通うのは間違いありませんが。。

ごちそうさまでした。



ーーーーーーーーーーー
2014/06訪問
ーーーーーーーーーーー

久しぶりの山女庵さん。丁度転職する前は会社メンバーで季節ごとに訪問していたのですが、少し遠ざかっていました。今回は新しい会社で有志を募り、8人で座敷半分を借り切っての訪問です。

この季節は丁度、天然のすっぽんもうなぎも頂ける素晴らしい季節。予約の電話をすると、鰻ももう取れてるよーとのこと。楽しみです~。

当日無事全員揃って入店~。早速、すっぽんの生血 焼酎割りでかんぱーい。
飲み放題の瓶ビールやら日本酒やらをついで宴会スタートです。

・つきだし
ずいき、加賀太きゅうり。ずいきの旨さにちょっとびっくりです。

・すっぽんの卵(殻なし、殻つき)、肝、心臓
濃厚な卵です。ちょうど6月は出産時期とのことで、卵がたくさんあるみたいですね。
肝もクセは少ないながら、ちゃんと肝の風味が。心臓はコリコリさっぱりで旨い!

・かつお皮付き刺身
私の中で、山女庵さんでしかいただけないと思っているメニューの一つです。新鮮な皮付きのかつおはお刺身で頂いてもクセはなく、肉の旨味がしっかりなんですよね。

・鹿肉のボイル
定番品ですね。この時期は冷凍なので、味はそこそこかな。

ここら辺で序盤です。既にお腹いっぱいな方も出てきてますけど、これからですよ~。

・子鮎、万願寺、えんどう、茄子の天ぷら

・天然うなぎ
一匹はちょっとサイズが小さかったみたいですが、天然なので仕方なし。うなぎ自体は、肉厚ながら脂っこ過ぎず良い塩梅。旨いんだけど、タレがちょっと濃すぎるんですよね。

・すっぽん鍋
ようやくメインのすっぽん鍋です。すっぽんのお肉と甲羅のゼラチン部分を全部鍋に投入しお出汁をとります。
このすっぽんのお肉・・・おいしーーい!濃厚な肉の味がします。やはりすっぽんに関しては、養殖と天然ものでは大きな差があるように感じます。

そして、このすっぽんから出たお出汁。これほんとうに旨いです。ベースに昆布と鰹があるものの、すっぽんが入ることで全くの別物。すごいです。

最後は、このお出汁で生米から作る雑炊。時間がかかりますが、少し芯を残すくらいの固さで、濃厚な出汁を吸い込んで、超絶品です。今回の中で一番旨いのではないかと思えるくらい。

これでお酒飲み放題、9500円なんて驚きの価格だと思います。天然の食材をこの価格で頂けるお店は他には絶対にないと思います。

お店は息子さん夫婦の運営に変わっていましたが、その接客もアットホームで常に気配りを頂き大満足!そして、大将も元気に猟に出ているとのこと、安心ですね。

次は、きのこの季節にきのこ鍋を楽しみに来たいですね!ごちそうさまでした。

  • (説明なし)
  • 初鰹
  • 骨付き鹿肉のボイル
  • 鹿ステーキ28

もっと見る

5位

ロッダグループ (ドーム前千代崎、ドーム前、九条(阪神) / スリランカ料理、カレーライス、アジア・エスニック料理(その他))

3回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.1
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2019/05訪問 2019/05/13

【ロッダグループ】GWスペシャルは山羊ギャミラサ!!

【ロッダグループ】大阪スリランカシーンを牽引してきた絶品ギャミラサ。濃厚な旨味とスパイス感はここならでは!?

大阪 九条は松島新地そばにある、素晴らしいスリランカ料理のお店 ロッダグループさん。関西スリランカブームのきっかけとなった先駆け的お店です。
濃厚な旨味とスパイス感のスリランカプレートギャミラサは間違いなく絶品。ちょいディープな雰囲気の店内に、フレンドリーな店主との会話も楽しく居心地良しなんですよね〜。大阪でスリランカをまず楽しむならココで間違いなしですよ!!


GWはカレー屋さんがスペシャルメニューをされています。
もちろん暇だから食べに行くよね!?

ってことで、こちらも安定のロッダグループさんへ。
ドーム前千代崎まで行くのはこんな時じゃないとね!?

11時オープンまで入店出来なくなってたw
5年前は10時でも入れたけど、まぁこれだけ人気出たら仕方ないよね。

ってことで、入店。
本日のスペシャルは、鹿、猪、山羊。悩むわ〜。
スナギモと豚なんこつもあって、この辺りは単品でも楽しめそうなので次回に持ち越し。

・ギャミラサ 山羊 1700円 バナナなしでw

迷った結果、山羊を注文〜。

オォォォォォォ。
今回は山羊カレーモリモリかかっててなんとも言えない素敵なビジュアル。

早速混ぜまぜしていただきますよ〜。
ビーツのピンクやパリップの薄緑が映えて混ぜまぜしても素敵なビジュアルです。

山羊はやっぱりロッダの中でも超スパイシー&濃厚。
骨もたっぷりついてるワイルド仕上げだけど、この骨周りの肉が美味いんですよね〜。

食べ進めると、ビーツの食感やダイスカットのカチュンバルの食感がまた活きてきます。
サンボル系の香りもしっかり加わって、でも肉の荒々しさが強くって、やっぱり美味いですね!!

久しぶりに食べたロッダグループさん。大阪スリランカブームを作った先駆者としての貫禄十分ですね。
この濃厚な肉肉したスリランカはロッダグループさんでしか味わえないと思います。文句なしですね。

ごちそうさまでした。



なんだか2年半ぶりの訪問。合間にヌワラカデさんに行ってるとは言え、かなーり久しぶりですわ。

GWに福岡のへんた・・・いや、飲み仲間が来阪されたので、まずはカレーでもと突撃です。

相変わらずディープな雰囲気はカッコ良いですね。お兄さんのヌワラカデよりこの雰囲気があって千代崎のお店の方が好みなんです。
そしてさすがGW混み合ってます。。

この日は毎年のことながらGWスペシャル。バスマティライスのギャミラサに山羊カレーとポークリブが選べるとのことで、迷わず山羊を選択です。

この日のギャミラサ 1600円はこんな感じ〜
・山羊カリー
・パリップ
・大根カリー
・ビーツ
・小海老のカリー
・水菜のマッルン
・パイナップルときゅうりのカチュンバル
・ゆで玉子
・パパド

相変わらずもりもり盛られたギャミラサでテンション上がりますね〜。山羊肉もでかい肉塊がごろごろ入ってますよ。
忙しそうな店主の目を盗んで(混ぜまぜ強制されます)、ちょっとずつ味見してから混ぜまぜ〜。

山羊の荒々しい風味とかなりスパイシーな味わいで濃厚なスリランカプレート。この濃厚な風味と辛さがロッダさんって感じでしょうか。
たまに感じるパイナップルの爽やかな風味がかなり良いアクセントになってますね。やっぱおいしーーい!

大根もココナッツとスパイスが染み込んで美味いですし、パリップも豆の風味がきっちり。ベースもしっかりしてます。

食後は定番の午後の紅茶ロイヤルミルクティーでクールダウン。
「バナナは食べさせるのは好きだけど食べるのは...」とか言いながら福岡のへんた・・・いや、飲み仲間が結局2つ食べてました。そっちも好きなんや。

久しぶりに食べたロッダさんでしたが、関西スリランカブームを作った先駆者としての貫禄充分な素敵な味。私はここの濃厚なスリランカプレートが好きなので、他のお店だと若干の物足りなさも感じちゃうんですよね〜。

スリランカならやはりここが1番好きな味です。

ごちそうさまでした。



ーーーーーーーーーーー
2014/11再訪多数
ーーーーーーーーーーー

バナナリーフパックかぁ・・・、よし!ちょっと出掛けるか!?

どーしても食べたかったバナナリーフでくるんだカレー&バスメティギーライス。

ロッダグループさん、10:15頃到着。早く行ってもいつもお店オープンしてるんですよねぇ。すかさず入店!一番乗り?既に先客もあったみたいですねぇ。早いw

最近来てなかったねぇとシェフも覚えていてくれたみたい。久しぶりでも、こういうコミュニケーションがあるのは大切ですよね。

チキンかフィッシュとのことで、今日の気分はチキン。バナナの葉にくるまれたカレーはやはり雰囲気ありますねぇ。

パイナップルの酸味と辛さがベストマッチ。普段のギャミラサのほうが旨味とか強いけど、雰囲気あってバナナリーフパックも好き。スパイスが普段より効いてるように思うのも雰囲気のせいか!?

一度味わってみたかったので大満足。
また来ますね~。ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/07再訪多数
ーーーーーーーーーーー

またまた訪問。しつこい?いやいや、旨いからこれでいーんです。

この日は、ゴーヤカレーとフィッシュカレーのギャミラサを。混ぜまぜすると綺麗なピンク色が浮かび上がって食欲増進!
ゴーヤも◎、フィッシュもたっぷり入って良い感じですよ。色んな食材が混ざりあうことで現れる素晴らしい旨味と、ロッダさんらしいスパイス感が最高です。仕事への活力になります。

もっともっと通いたくなるお店ですね!ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/07再訪多数
ーーーーーーーーーーー

朝から予定がありミナミへ。ついでにロッダグループさんへ。

今日はなんと月1回のビリヤニの日!!
ギャミラサ以外を頂くのがそもそも初めてなので、めっちゃ楽しみです。

11時ポールを目指して突撃~。10時50分到着で入れてもらえました。

早速チキンブリヤニ1500円を注文。今回は初の手食べにチャレンジですよ。
セットは、ブリヤニにフライドエッグとフライドチキン、ミントサラダ、ライタサラダ、チキンマサラが付いてます。

「いつも通りぐちゃぐちゃに混ぜてね~」と言われるので、サラダ2種もマサラもぶっかけて、混ぜまぜしていただきまーす。

手で食べるといつもの食事に感触が加わり、色んな食材を頂いてる感じが伝わって良いですね。でも、チキンマサラはちょっと熱い。。

そして、口に入れると明らかに他店とは違うスパイス感。これがロッダさんなんですよね~。素晴らしい。

ビリヤニの単体としては、シンズさんのほうがスゴいかもしれませんが、トータルバランスはロッダさんに軍配。(ごめんなさい。)そして、毎日食べられるギャミラサの素晴らしさも再確認。

ますます夜の訪問をしてみたくなりました。ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/06再々訪
ーーーーーーーーーーー

最近行ってないなぁとロッダグループさんへ。

火曜日はカレーヌードルの日!ギャミラサ以外のメニュー食べるぞーと意気込んで訪問するも、「今日はバスメティライスあります」の一言で方針変更。バスメティ、マトンでお願いします。

まぁ、ここのギャミラサ旨いのは言うまでもなく。マトンは骨ごとごろごろ、結構なスパイシーさで本当にたまりません。

次回こそギャミラサ以外のメニューを。

ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/03再訪
ーーーーーーーーーーー

ロッダグループさんの3周年記念、最終日になんとか訪問することが出来ました~。

この日のスペシャルは、バスマティ米のギャミラサです。マンゴー、ジャックフルーツのカレーは何とも面白い。特にマンゴーカレーはまぜまぜして頂くと素晴らしい食感で◎。やっぱりこういうご飯はバスマティ米が合いますねー。

絶対にまた来ます。今一番のお気に入りです。ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/01訪問
ーーーーーーーーーーー

ずーっと行きたくて、なかなかタイミングが合わず諦めてきたロッダグループさん。場所的に、何かのついでとはならないんですよね。
今日も時間ギリギリながら、現地45分ほど時間がとれそうです。少し迷いましたが突撃することに。

オープン10分ほど前に現地到着です。何やら既に看板が出ています。のぞきこむと、「OK~」と優しく迎え入れてくれました。
街に溶け込んだ良い雰囲気の外観、内装もこじんまりながらスリランカ+スナックな感じで雰囲気抜群です。

フレンドリーな店主がお勧めするギャミラサセットを。この日は、鹿カレーが1500円であるよとのことなので、お願いします。

ギャミラサ=田舎のお母さんの味との意味、良いですね~。「混ぜまぜしながら食べてねー」と5分ほどで到着。

一番上から時計回りに
ココナッツサンボル
ラディッシュ葉っぱ
ビーツ(赤かぶ)
豆カリー
ビーンズ(長い豆)カリー
そして真ん中には鹿カリー、パパドをのせて完成です。

一つずつ味わいたい欲求を抑えて、すぐに混ぜまぜしながら頂きました。適当に混ぜるので、色んな組み合わせが楽しめます。ラディッシュに鹿カレーがウマー。ビーツとビーンズにサンボルも旨い。パパドも崩したりしながら楽しみます。

予想外のボリュームで、ほんとにお腹いっぱいです。鹿肉もたっぷり楽しみがいがありましたよ。辛さもなかなか良い感じで、体ぽかぽか。
最後に、アイスチャイを頂き大満足です。

店主は、超フレンドリー。色々話しかけてこられます。

店「どこから?どうやって知ったの?」
ぱ「奈良から。もう有名でしょ?」
と言うと、ニヤリ。

店「おいしかった?」
ぱ「最高!」と返すと、
シェフとともに素敵な笑顔で返してくれました。素敵なお店です。

最終的にはFacebook友達に。週末には、ビリヤニなどの限定メニューもあるようです。これで限定メニューをチェックだ!

3月には3周年記念イベントも。これも楽しみですね。

ごちそうさまでした。また寄らせて貰います。

  • ギャミラサ 山羊
  • ギャミラサ 山羊 上から
  • ギャミラサ山羊混ぜまぜ〜
  • 午後の紅茶ロイヤルミルクティw34

もっと見る

6位

ながほり (玉造(大阪市営)、玉造(JR)、谷町六丁目 / 居酒屋、創作料理、割烹・小料理)

1回

  • 夜の点数: 4.1

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 3.7
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999 -

2014/04訪問 2015/06/27

【ながほり】最高の居酒屋


大阪 玉造にある和食居酒屋 ながほりさん。島之内の頃から何度も通わせて頂いているお店です。手の込んだ創作の肴が日本酒を進めてくれます。
2008年に玉造に移転されてから、日本酒の種類も肴の種類もレベルも格段にアップしてます。もちろん定番のかにみそコロッケ、旨い野菜の山椒あんかけも健在!素晴らしいお店ですね。


ーーーーーーーーーーー
2014/04訪問
ーーーーーーーーーーー

熊本の客人を連れてようやくの1次会。メインに選んだお店は、今までの雰囲気から一変、ながほりさんです~。皆さん酔っ払いですが姿勢を正して入店です。

まずは、東洋美人から。山口でほんとに旨い酒はこれですよ!

・水なすの旨煮
すぐに出てくる肴としてお願いしました。美味しい水なすと美味しい出汁が良いですね。

・たけのこの香り揚げ 海老塩
たけのこがちゃんと調理されています。歯ごたえとそのクセのなさに感動しますね。

・お造り盛り合わせ
しろえび、さより、鯛、鯵、蛸、あまがれい、ヨコワ、はりいか、赤貝、とりがいが入っています。
久しぶりに美しい赤貝に出会いました。鯛も間違いない味、ヨコワは脂がのった大トロですね。
後から煮アワビの肝ソースかけもやってまいりました~。

甘くなく米の旨味がしっかりしたお酒をとお願いします。松の司 生酒です。

・里芋の唐揚げ 鳥の肝味噌
この里芋大きくて、ねっとりおいしーね。

・穴子と豆腐のはさみ揚げ、湯葉で巻いて揚げ、えんどう豆のソース
和食のような料理ですね。面白い一品。(なのですが、味を覚えておらず。。)

・かにみそコロッケ
名物ですよね?かにみその風味がかなり濃厚なコロッケ。昔これを食べていっぱつでながほりさん好きになったんですよね。

・旨い野菜の山椒あんかけ
これも名物、野菜の旨味もしっかりなのですが、かなりの山椒が攻めてきます。そのバランスがたまらないんですよね。

全く同じ日本酒の注文を。磯自慢。

・比内地鶏のつくね
これも名物、かにみそコロッケと並んで、昔大好きだったメニューです。ぷっくり黄身の見た目がたまりません。

昔と比べると店員さんの数もかなり増え(メインの料理人の数は変わらず?)、威勢が良い感じのお店になったなぁと思います。店内も広々と綺麗になったことも良いですね。予約がかなり取りにくくなったのが唯一の難点ですかね。。

そして、19歳の店員さんの写真をみんなでパシャリ。こんなところでその若さで働き始めたら、将来すごい人になってるんじゃないの?お店出したら教えてもらおーっと。

・酒粕を使ったパンナコッタ ブラックオレンジ
で、その店員さんが可愛い笑顔で、デザートもはじめたんです。とオススメしてくれたので思わず注文です。パンナコッタに酒粕の風味が~。ながほりさんらしいデザートでした。

メニューも味も進化し続けていますね。素晴らしい居酒屋さんだと思います。ごちそうさまでした。


どうでも良い話ですが・・・

その昔島之内時代にながほりさんで飲んでいると、隣に星付き店の有名シェフ ドミニクコルビさんが来られました。何故か気が合い話ながら飲んでいると、
「この店のジャンルはなんだと思う?」
との質問が。和食と言えば良さそうな雰囲気でしたがそう答えるのも癪だったので、
「居酒屋さんでしょ?」
と答えました。すると、違うな~な感じのジェスチャーで返されてしまいました。

それ以来、私はながほりさんを最高の居酒屋さんと呼ぶようにしています。

  • お刺身盛り合わせ
  • 水なすの旨煮
  • たけのこの香り揚げ withえび塩
  • 刺身盛り合わせ15

もっと見る

7位

すし、太郎。 (呉服町、祇園、中洲川端 / 寿司)

2回

  • 夜の点数: 4.2

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.9
    • | 酒・ドリンク 3.9 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999 -

2017/06訪問 2017/06/29

【すし、太郎。】創作な肴と美しく美味しい握りが酒を飲ませる鮨店


福岡 呉服町 冷泉通り沿いにあるすし、太郎。さん。オープン1年でミシュランを獲得という期待のお店、そここら3年やばいくらい進化してます。
かなり創作な肴は酒が進みますし、赤酢と米酢の印象深い2種の握りは美しさと美味しさがものすごく印象に残ります。やはり好みな鮨でしたよ〜。


ーーーーーーーーーーー
2017/06再訪多数
ーーーーーーーーーーー

福岡出張での仕事をササっと終え、鮨屋に向かいますよ。もちろん中洲の彼女と♡

・・・また奈良の御人が付いてきた。チッ。

かなり久しぶりのすし、太郎。さん。なんと前回訪問から3年ほど経っちゃってましたね。
大博通りを一本入ったところにある何やら凛とした空気漂う外観。店内は静かでかなり落ち着いたシックな雰囲気。カッコいいお店なんですよね〜。

早速日本酒を頂いてお鮨スタート。
この日の内容はこんな感じですよ。


・穴子冷製
・きゅうりとと漬け
・玄海蛸
・エツ卵からすみ
・オコゼ 皮、真子、辛味大根と
・まじゃくの白和え チーズと
・めひかり 風干し

握り
・槍烏賊
・こはだ 芝海老のそぼろを間に
・甘海老
・沖縄本鮪
・唐津赤雲丹
・対馬 鯵
・九十九里煮蛤
・対馬 のどぐろ
・志賀島 車海老
・煮穴子
・お味噌汁
・玉

日本酒
・福島 写楽
・広島 宝剣 2合
・山口 貴 2合
・福岡 美田 2合

まずは冷製穴子から。
冷製なのにかなりパリッとした仕上がりでおぉっ!てなりますね。面白い。
続く玄海の蛸は甘いツメととろんとした蛸のゼラチンが美味しいです。うん。なんか酒が進むわw

この後の創作系な肴がまた面白くって、、、
エツという魚の卵をからすみにした一品で、臭みはなく魚の良い香りがふんわりやってきて塩分控えめ。
オコゼに皮と真子を混ぜて辛味大根と和えたアテも、ぶりぶり食感がたまりませんし、真子の風味で酒が飲める味。
まじゃくは白和えにしてチーズをまぶした超創作系。味的には私は好みでありませんでしたが、こういう冒険も面白いですよね〜。
肴の〆のめひかりは瀬戸内で食べられる魚で、ぱりっからのじゅわーと脂が溢れてきて、旨味がほんとに濃い。これ相当美味いですよ。

かなり飲めるアテで、結構創作系なアテも織り交ぜながら、飽きさせず楽しませてくれますね〜。

で、ここから握り。
シャープな赤酢と米酢の2種のシャリを使い分けてあります。ネタの邪魔はせず、でも存在感のあるシャリが良い感じなんですよね〜。そして、何より美しいビジュアルがたまりません。

スタートの槍烏賊は細切りにしたものを纏めて。固めの赤酢シャリと絡んで美味しいですね。
こはだの三つ編みは江戸前の伝統技法。間に芝海老のそぼろを挟んで香ばしさを加えるひと工夫が素敵。
丁度季節が始まった唐津の赤雲丹もたっぷり雲丹が乗っかって、濃厚な風味がたまりません。

うん、やっぱ太郎さんのお鮨は美しくて、しっかり美味しく、印象に残りますね。

この後の九十九里の煮蛤はなんとも大ぶりな蛤で味が濃厚、当然美味いよね〜な対馬ののどぐろは脂のノリが良いんですよ。
〆の煮穴子は、よう握るわ!って思えるくらいとろとろwこんなとろとろの煮穴子他では頂けないと思いますよ。

まぁ、そんな感じで、ビールやらハイボールも軽く飲んで、日本酒3人で7合ほどしっかりと。
上記で1人15000円ですから文句なしなお値段ですよね〜。

今回久しぶりに伺いましたが、アテの創作性、にぎりの存在感、かなり印象に残るネタの多い素敵な鮨屋さんです。前回訪問時よりもかなり進化してます。
私はやっぱりこういう飲ませる鮨が好きなんだなぁと素直に思えましたよ〜。

ごちそうさまでした。



ーーーーーーーーーーー
2014/08再々訪
ーーーーーーーーーーー

早くも三度目の訪問。
今回は気に入った写真のみアップしました。

鯵と凍りこんにゃくとゴボウを和えた夏らしい肴、初物のいくらなど、辛口の酒が進みます。
握りについても、同じ食材でもネタの切り方・食べさせ方に変化があり、どんどん進化しています。
素晴らしい茹で加減の車海老は歯応えと甘味の両方を感じられ、鱧は子を乗せた美しい見た目にもテンションがあがります。

やっぱ鮨屋は通わないとダメですね。次は冬かな?楽しみです

(追記)
マイレビュアー様のコメントで知りましたが、ミシュラン一つ星取られていたようですね。
チェックしてなかったので、知りませんでした・・・w
おめでとうございます。
好きなお店の評価が上がるのは嬉しい限りです!


ーーーーーーーーーーー
2014/04再訪
ーーーーーーーーーーー

間をおかずしての再訪。口コミ書いてると食べたくなっちゃったんですよね~。今回はGW直前の福岡出張の合間で訪問です。

サッポロ黒ラベルで喉を潤してからの宝剣。やっぱ鮨には日本酒でしょ?

アテも前回と全く違いました。
・こち 梅塩昆布
1日ねかせたこちの身は、ぶりぶりしていて旨味が増して最高です。

・蛍いか塩辛 オリーブオイルと
素敵な盛り付けですね。味ももちろん◎。

・有明べー貝

東洋美人を。最近ひいきにしています。

・鱈の白子
まぁ、旨いに決まってますよね。

・せこがに
北海道産ズワイのメスです。蟹味噌や卵など下にたーっぷり入っていて、これは素晴らしいアテです。

・くちこ

貴を。好きな酒です。そして、ここから握りを。

赤貝、鯵、中トロ、車海老と続きます。
やっぱり綺麗な赤酢の握り。うっとりしちゃいます。鯵が美味しくてびっくり。
中とろは済州のものとのこと。済州のマグロにびっくり。
車えびは塩をかけるとぶりぶり動いてきます。これにもびっくり。

墨廼江を飲みます。
煮蛤、こはだ、桜鱒、煮いか、のどぐろと続きます。

京都 松本をオススメ頂きました。これも最近良く飲みますね。

唐津 黒雲丹、穴子、玉子で一通り。雲丹は前回の雪辱をはらしちゃんと写真に納めました。が、シャリが赤酢じゃなかったのでそれは次回に持ち越し~。

この日は、飲む気まんたん。0次会もせず、次の店もあまり考えずに突撃していますからね。アテをお願いします。

あげまき貝に巻物(鯵)を頂きます。
お酒ももちろん追加~、新政を頂きました。あかはたの煮付けとあわせて〆ます。って飲みすぎじゃない?

そう、スシタロウさん、飲んじゃうんですよね。素晴らしいお店です。次回は夏ごろになりそうです。これもまた楽しみ。

ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/03訪問
ーーーーーーーーーーー

マイレビューアーさんの口コミと、博多のお寿司屋さんで少し噂をうかがい、居てもたってもいられなくなり訪問です。友人との待ち合わせを少し遅らせ1週間前に急きょ予定を変更して予約してしまいました。

春吉の定宿から徒歩15分ほど。大博通りを越えると、何やらかっこ良い雰囲気のお店が現れました。外観、名前のない暖簾、ちょっと暗めの店内。どれも好みのお店です。

早速山口の貴を注文しておまかせに入ります。

・渡りがにの味噌
かに味噌に酒や生姜を混ぜて濃厚なアテっぽく。酒進みますね。と言うと狙ってますと笑いながら。よーし、飲んじゃうぞ。

・ひらめ刺身
ねっとりとして美味しい。

・ホヤの塩辛
ほんまに呑ませる気やな。ホヤの香りが柔らかく食べやすいですね。

・煮蛸

ここで、岐阜の蓬莱を。蔵元の隠し酒。新聞紙の上に貼られたラベルが面白いですね。好みの日本酒です。

・しったか
貝をちゃんと剥けるように細工して渡してくれます。自分で剥くと美味しく感じますね。

・蟹の卵の塩辛
初めての食感でした。何とも柔らかくねっとりしていて濃厚な蟹の旨味。今回の肴は蟹メインですね。

・春野菜と蟹のむしもの

ここから握りに入ります。

・さより
この握りほんまに美しいですね。ここまで赤くしたシャリは見たことがないです。さよりの光具合とばっちり合ってますね。味も、しゃりは結構固め、口の中でぱらっとほどける好みの握りです。

・赤貝

・すみいか
この2貫は赤酢の握りではありませんが、この握りも好きです。

・こはだ
三つ編みにされて出てきます。江戸前の昔からの技法とのこと。昆布をのせてあるのも面白いです。

・甘エビ
海老の殻を間に挟んで。エビの風味が良くなりますね。

・ヨコワの漬け
久しぶりに美味しいヨコワを頂きました。濃厚な味と食感が素晴らしいです。

・たいらぎ貝
相性が良いでしょ?と海苔を間に挟んだ握り。面白いですね。色々仕事をされた握りが続き、非常に楽しめます。

休憩に玉子に辛味大根を乗せたものを。ここでお酒を追加します。先程の蓬莱 伝統の辛口を。

・〆鯖

・車えび
昆布と金柑を乗せて。一仕事がかなり独創的ですね。

・のどぐろ
今回のTOP写真はこれにしました。さよりやこはだも捨てがたかったのですが、こののどぐろと赤酢というのが面白く。

・鹿児島雲丹
写真撮れてなかったー。これも素晴らしい見た目だったんですよね。雲丹とこの赤酢のシャリは物凄く相性良いですね。

・煮穴子

ここで一通りです。もう少し飲みたい気分だったので、なにかアテと巻物をお願いします。お酒は山口の東洋美人 新酒とのことです。

・からすみ
まぁ、これがまたお酒を進めますね。完璧なからすみです。

・ヒモきゅう
赤貝のヒモときゅうりの食感が面白い一品です。

酒を進めてくれる肴と、美しい好みの握りに大満足です。今回は肴が蟹中心だったので、他にどんなものがあるのかと非常に気になるところ。季節を変えて訪問させてもらいたいお店ですね。

ごちそうさまでした。

  • 唐津赤雲丹
  • こはだ 芝海老のそぼろを間に
  • 対馬 のどぐろ
  • まじゃくの白和え チーズと73

もっと見る

8位

うなぎの豊川 (富雄 / うなぎ)

2回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥6,000~¥7,999

2017/07訪問 2017/08/01

【うなぎの豊川】鰻の名店が完全復活!?リーズナブルに美味い鰻を楽しむなら間違いなしです。


奈良 富雄、とりみ通り沿いにある うなぎの豊川さん。東大阪の豊川さんご出身の大将が営む昼でも予約必須な大人気の鰻屋さんです。
中サイズの鰻は本当に驚きの旨さ。パリっとふわふわで脂のノリが絶妙。そして驚くほどリーズナブルにいただけるのも人気の秘密。奈良が全国に誇る鰻の名店ですよ〜。

・特上うな重(1.5匹) 3600円
・うな重(1匹) 2500円
・白焼き 2200円
・鰻コース 5700円  など


ーーーーーーーーーーー
2017/07再訪多数
ーーーーーーーーーーー

久しぶりの豊川さんへ。

病気での長期休暇から復帰されたと聞いてましたが、当初昼営業のみだったらしく行く機会が。現在は体調も万全になり夜営業もスタートされてるようです。

この日は嫁と2人でランチデート。
っていうか、飲むので車の運転してもらわなあかんから連れて行きました。

というわけで、オープン同時に入店〜。
続々と予約のお客さんが来られて店内満席。そして、予約の電話もバンバン鳴り響き(繁忙時間に電話するなよ...)、変わらない人気ぶりに安心しますね。

というわけで、とりあえずの瓶ビールをいただき色々注文。アテを食べ終わったらうな重くださいとお願いしたら、絶妙なタイミングで出していただけました。

・う巻き 750円
・きも焼き(2本) 800円
・鰻のうす造り 1100円
・うな重(1尾) 2500円

まずはう巻き。鰻は細かく切られたものがたっぷり入っています。特にすごいのはこのふわふわな仕上がりの出汁巻き。これは酒が進みますね〜。

ってことで、風の森をお願いしますよ。

きも焼きは柔らかく肉厚な焼き具合。さっぱりめのタレの焦げがまた良い味を出していて、相当美味い。これが2本で800円はお得過ぎますね。

で、食べられる店の少ない鰻の湯引きも楽しめちゃうのがここの特徴。ぶりんとした力強さと脂の弾力が美味いんですよ。たっぷりねぎを巻いたり、添えられた皮も合わせたりしていただくと・・・これも酒が進み過ぎます。

風の森をお代わりして更に篠峯へと。
昼からベロベロコースですね。
このどっしりした奈良の酒がここの鰻にぴったり合うんですよ。

そして、良いタイミングでうな重着皿〜。
ここの鰻は中ぶりなのですが、これくらいのサイズが一番美味いんだと思いますよ。

鰻は関西風。
パリっと焼かれて肉厚で、脂の甘さとジューシーさがたまりませんね。この1匹入ったうな重が2500円でいただけるってのはほんとに驚きですわ。

ご飯はタレと混ぜられたタイプ。これは好き嫌いが別れるところですが、変なべちゃっとした感じがありませんし、タレもすっきりした仕上がりなので私は結構好きですかね。

ふぅ。かなりお腹いっぱいになって2人で9000円ほど。鰻で酒も飲んでアテも食べてと考えると相当安いですね。
もちろん安いだけでなくアテも全て美味いので文句なしですわ。美味しい鰻をリーズナブルに楽しんでもらおうという気概が伝わってきます。奈良が誇る関西風鰻の名店だと思いますよ。

ごちそうさまでした。



ーーーーーーーーーーー
2015/08再訪
ーーーーーーーーーーー

ずっと再訪したかった豊川さんへ、お盆の家族会合第2弾で訪問。うちは結構家族みんな仲が良いのです。

生小でかんぱい。
久しぶりのうなぎだ〜。食べるぞ〜。

待ってる期待値だけでビールを飲み干したので、風の森下さいな。

・う巻き 750円
・うざく 900円
・うなぎのうす造り 1100円
・白焼き 2200円
・肝焼き(2串) 800円

うなぎアテの(自分で勝手に)フルコースを頼んじゃいましたw

ふわふわう巻きに始まり、肉厚なうなぎの入ったうざくは酒が進みます。
うす造りは、ピリッと口内の痺れと食感が絶品♪ここで白焼きでうなぎの旨みを堪能ですよ。肝焼きも大きな肝で美しく、箸休めのゴーヤの苦味も良い感じ。

さすがフルコースなうなぎのアテの流れ。
風の森ここまでで4杯ほど。良い感じですわ。

〆は特上うな重。ごはん少な目で。
やっちゃいました。特上ですよ。1.5匹入りですが、肝吸い付きで3500円とリーズナブルなんです。

ここの鰻は肉厚。ふわふわに焼き上げてあり、脂のノリも素敵。タレも甘ったるくなくすっきりめて、最高に美味いと思います。

奈良北部でうなぎなら、やはりここで間違いないと思います。

ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/07訪問
ーーーーーーーーーーー

夏だ!鰻だ!と、最近は鰻が食べたくてどうしようもありませんでした。

というわけで、嫁子供が実家に帰ったすきに、富雄に向かい店前に到着~。なんと、オープンの11:30には行列ができており、話を聞くとすでに予約でいっぱいとのこと。12:30に予約をしなおして、暫くフラフラすることに。

フラフラ

45分ほどで戻ってきましたよ~。よーし、飲むぞーと、風の森 グラス 500円を注文です。お腹空いた状態でどっしり風の森はさすがにこたえますね。。

まずは、アテに2品注文。

・鰻のうす造り 1100円
目についた瞬間、注文していましたよ。刺身で食べられない鰻をうす造りとは!?と気になってしまいました。

まぁ、表面をさっとゆがいたタイプでしたね。それでも、中のレアな色合いは興味深いです。早速頂きます。

・・・旨い!
しっかりつまった身と脂のノリが絶品です。これがたっぷり入ってこの値段は驚きですね。鰻の腹皮の湯引きもついていて食感を楽しめます。鰻ってこんなに脂のってたんだぁと分からせる歯ごたえに大満足です。風の森おかわり~。

・う巻き 750円
これも、出汁巻きの旨さにびっくりしました。ふわふわでじゅわーっと出汁が染み出てきて、細かくした鰻と口の中で混ざり合い。。

で、〆のうな重ください。と〆に入ったところ、カウンターに座る別の方から、肝焼き!と注文の声が聞こえてきました。。
しまった!肝焼き頼むの忘れてた!!うなぎをそれほど食べに行かない自分は重要なこのアイテムを頼むの忘れていたようですね。

あのー、ご飯少な目で、代わりと言っちゃなんですが、肝焼きもください。で、風の森おかわりも。。と控えめに追加オーダー。

そんなわけで、まずはうな重が到着~。

たっぷりご飯が隠れるくらいに入った鰻、これはたまりません、早速口にほおばります。

おいしーーい!
パリッと焼かれたこうばしい表面に、脂ののった肉厚な身、そして鰻の旨さを邪魔しない優しいタレ。完璧と言っても過言ではない気がします。

暫くして、肝焼きも到着。これも絶品。肝の歯ごたえをしっかり残しつつ、タレの香ばしさと甘さが程よい感じです。

ここの鰻、ほんまに旨いですね。ただ一つ気になることがあったのですが、確認できていないのでそれは次回に。。まぁ、そんなこと問題じゃないくらい鰻が素晴らしいんです。

是非、うす造りとうな重、両方試してみて欲しい名店です。

ごちそうさまでした。

  • うな重アップ
  • きも焼き
  • 鰻のうす造り
  • (説明なし)22

もっと見る

9位

樫舎 (近鉄奈良、京終 / 和菓子、甘味処、かき氷)

1回

  • 昼の点数: 3.9

    • [ 料理・味 3.7
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2014/12訪問 2015/01/16

【萬御菓子誂処 樫舎】ならまちにある上質な和菓子屋さん


ならまちにある和菓子屋 萬御菓子誂処 樫舎さん。お隣は大和野菜を使ったお料理で有名な粟さんですね。お持ち帰りの生菓子、店内で抹茶や煎茶とともに楽しむことが出来ます。夏は絶品の樫舎の氷(カキ氷)も楽しめますよ。


ーーーーーーーーーーー
2014/12再訪
ーーーーーーーーーーー

折角奈良に出てきたんだから実家に帰るお土産でもと樫舎さんへ。生菓子を8個、3250円(箱代150円)を購入〜。

ここの生菓子はほんまに美味しい。手間暇かけて作られるからこその優しい食感、結構甘いんだけど上品でしつこさのない甘さ、素材の風味を活かしたつくり。どれをとっても最高の生菓子なんです。
かき氷がかなり有名ですが、是非生菓子も試して頂きたいです。

ごちそうさまでした。


ーーーーーーーーーーー
2014/06訪問
ーーーーーーーーーーー

ならまち散策に出掛けます(まだ、仕事は終わってませんが)。

最近嫁が痩せてきたのではないかと私の両親が心配していましたので、太らせよーと思い立ち(それを理由に自分が食べたいから)、和菓子を買って帰ることにしたんです。

ならまちで和菓子と言えば、樫舎さんですよね!?

駅から徒歩10分ちょっとで到着~。なかなかの暑い日でダウンしかけました。

ならまちの雰囲気と樫舎さんの雰囲気がぴったり合っていて、かなり良い感じです。お店の外にあるショーケースで本日の生菓子を確認して、中で注文するスタイル。

購入したのは以下の3種類(4つ)。全部で1500円ちょっとしました。

・蕨餅
わらび餅ですね。これは嫁の大好物ですから2つ購入。きな粉は別添えになります。ねっとーりしたわらび餅、上品な甘さが餅についていて、きな粉は豆の香りがしっかりするタイプ。めっちゃおいしい(けど高い)わらび餅です。

・葛嶺饅頭
じょうよう饅頭です。好きなんですよねー。ほんとはもっと可愛らしい生菓子を買えば良いのですが、どうしても外せませんでした。。中はこし餡。しっとりとした優しい餡子で美味しいです。

・枇杷餅
綺麗な枇杷の色した和菓子です。これが一番好みだったかも知れません。柔らかい餅の食感と上品な餡が絶妙です。

久しぶりにこんなに美味しい和菓子を頂きました。他の生菓子も試したくなる上品な美味しさ、ならまちに溶け込んだ雰囲気も素晴らしいお店で、その人気に納得です。次は店内でカキ氷も素敵ですね。

ごちそうさまでした。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • 蕨餅11

もっと見る

10位

ラッキーガーデン (生駒山上、霞ケ丘、宝山寺 / スリランカ料理、カフェ、カレー(その他))

1回

  • 昼の点数: 3.9

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 3.4
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥2,000~¥2,999

2014/05訪問 2014/06/08

【ラッキーガーデン】雰囲気だけじゃない!本格スリランカ料理の名店


生駒山の奥地にあるスリランカ料理の名店 ラッキーガーデンさん。山中の良い雰囲気でスリランカ料理を楽しむことが出来るお店です。
10時からカフェオープン、11時から予約制のスリランカ料理コースがいただける桜エリアと、軽食っぽくスリランカカレーを楽しめる羊エリア(本当に羊が居るので子連れに最適!)があります。

桜エリアのメニューは以下の3種類です。
・Aコース 1700円
朝採れサラダ、本日の2品、カレー2種、イエローライス、ナン、紅茶
・Bコース 2700円
野菜のスープ、本日の一品、朝採れサラダ、パパダンとブリヤニ、海老のグリルとタンドリー、カレー3種、ナン、デザート、紅茶
・Cコース 3800円(ランチは要予約のスペシャルメニュー)


ーーーーーーーーーーー
2014/05訪問
ーーーーーーーーーーー

森の中のお洒落Cafe。この時点で観光客向けっぽさを感じてなかなか足が向かなかったお店です。車も相当ややこしいみたいですし。。
でも、有馬温泉にあるリトルランカさんで、本格的なスパイス使いのスリランカ料理ですよ~、との推薦を受けて遂に訪問することにしました。子供が羊を見たがってたというのも一つの理由です。

当日電話で11時に予約をして、50分ほど前に到着。羊エリアで羊を見たりしながらゆったり待たせてもらいました。迷惑かけてすいません。。

Bランチ2700円を2つと、子供用にお子様プレートを注文!11時を過ぎるとお客さんが続々と集まりだして、駐車場も満員に。桜エリア、羊エリアともに大人気でした。

15分ほど待って、前菜的なプレートが到着~。
新玉ねぎのスープ、レンズ豆の揚げたの、ラッキーガーデン自家菜園のサラダが入ってます。サラダはラディッシュが甘くておいしーい!まぁ、ここまではお洒落Cafe的な感じですね。

続いて、メイン到着です。
ブリヤニ(炒飯系)、パパド、タンドリーチキン、大海老のグリルが乗ったプレート。そして、カレーは3種類(写真は2人前ずつ)で、ポークカレー、人参カレー、キノコカレー。
これに、ロティ(写真失念)もつきます。メニューはナンになってましたが、ロティでした。

・ブリヤニ、ちゃんと長米でパラッと良い感じ、そして、スパイシーで旨い!
・ポークカレーも肉がごろごろ、スリランカ本場なスパイスの風味がします。
・人参はココナッツの甘み、人参自体もかなり甘みが出ており◎。
・きのこのカレーは汁なし系ですね。これも結構スパイシー。
・海老もチキンもぶりっとしておいしーい。
・ロティは焼きたてでパイのような食感+もっちり食感で最高。

どれも本格的に旨いんですよねー。参りました。

そして、定番の全部かけて混ぜていただくと・・・やっぱこれが一番うまーーい!色んなスパイスが混ざって、ほんまにほんまに旨いんです。

嫁は少し全体的に辛かったようですが、私はもっと辛いのが好みですね。辛増しできないのが残念なところ。次回はマイレビューアー様の真似をして、マイハバネロならぬマイ島唐辛子持参でしょうか。

〆のデザートは大和のイチゴを使ったゼリーのようなもの。そして、甘いホットミルクティーを。ゆったりと素敵な時間が過ごせました。

本当に本格的なスパイス使いの、そして雰囲気も良いカレーとなると、人気なのも分かりますね。

生駒が誇る素晴らしいお店でした。ごちそうさまでした。

  • 全部かけてスリランカプレートに
  • 前菜的なプレートから
  • ブリヤニ、タンドリー、パパド
  • (説明なし)17

もっと見る

ページの先頭へ