『意外に初めての参拝。』M・N・ドラッカーさんの日記

記憶と記録による食べものガイド。

メッセージを送る

日記詳細

京都を数回訪れている自分にとっても、
平安神宮を参拝するのが初めてというのは意外な感じがする。

朱塗りの大きな鳥居。
鮮やかな色彩の山門をくぐれば、広い敷地の向こうに本殿が威容を誇っている。
京の都を模した境内の荘厳さは、
ある意味歴史ある寺院と比較しても引けを取らない。

薄暗い中、神殿の神々しい燈明の灯りが厳かである。
ページの先頭へ