non_ismさんが投稿した日本酒バル YODARE 蒲田店(東京/蒲田)の口コミ詳細

食べロック

メッセージを送る

この口コミは、non_ismさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

日本酒バル YODARE 蒲田店蒲田、京急蒲田、蓮沼/居酒屋、日本酒バー、洋食

13

  • 夜の点数:4.1

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
おすすめポイント

あなたが気に入っているこのお店のポイント(おすすめメニューやお店の概要、料理人の方のプロフィールなど)を紹介してください。
おすすめポイントはあなたの口コミの一番上に表示されます。

例:渋谷駅から徒歩10分の閑静な住宅街の中にある一軒家のお店。隣町の「○○○○」で修行したシェフの作る絶品料理と、マダムのあたたかいもてなしが嬉しい。

日本酒の種類が多いく、料理も美味しい。
日本酒は少量から頼めるので、飲み比べも楽しい。

2018/07/02 更新

13回目

2018/10訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年8回目

久しぶりにお邪魔しました。
とはいっても、注文する方向性は変わらず・・・(笑)

まずはオムレツから注文します。まあ自分のリクエストではないのですが。
今回のオムレツは「コンビーフとネギの熱々オムレツ」。これも初めてのメニュー。
見た目からわかりやすく、コーンビーフの線が外から見えます。
味もその通りなのですが、オムレツとコーンビーフ、ネギを同時に食べた記憶がない。このバランスはおもしろかった。
特別驚く事はなかったのですが、無難に美味しくいただけました。

10月という事で、日本酒にもハロウィンの並。限定品が2つありました。
それらを飲みながら注文したのが「牛スジ味噌煮込み」。
これは味が濃く、チビチビ飲みながらチビチビつまむにはいいメニュー。
一気に食べるとしょっぱいです。チビチビがいい感じ。

そして今回のチャレンジといっていいメニューが「洋風ふろふき大根」。
これがね・・・大根の水分とチーズが合わないというか。
やはり大根は定番の食べ方が一番!と思う一品でした。普通におでんとかね。

またお邪魔します!

  • コンビーフとネギの熱々オムレツ

  • 牛スジ味噌煮込み

  • 洋風ふろふき大根

  • 煮玉子

  • 秋櫻

  • たかちよ(ハロウィン Ver)

  • 始禄(ハロウィン Ver)

  • 深山霞

  • 本日のよだれ飯メニュー(2018.10.3現在)

  • よだれのタパスメニュー(2018.10.3現在)

  • 秋の味覚とひやおろしメニュー(2018.10.3現在)

2018/10/19 更新

12回目

2018/08訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年7回目

夏休み前最後の訪問。
少し間が空いてしまったな。梅雨明け手前以来。
お邪魔します!

木曜日ではあったものの、お店はそこそこ賑わっている。
というか、空いているところを見たことがない。
まずはビールを飲みながら、いつものタパスメニューを注文する。

恒例となっている「オムレツ」を注文する。こちらが言う前に、すでに店員さんはわかっている。
以前から書いているが、このオムレツは時期で具が変わるので、飽きないのだ。
今は穴子のオムレツ。楽しみだ。
そして同時に頼んだのが「おつまみハンバーグ」。
久々に頼んだけど、そこそこの大きさの和風おろしハンバーグ。
これがボソボソ固めのハンバーグで、個人的に好み。

まずはオムレツ。ふわっとした卵の中に穴子発見!あまり見ない光景だ。
肝心の味は・・・穴子好きな自分ですがビミョーです。もちろん、不味いわけではない。
歴代のオムレツと比べるとね、って感じ。
穴子の苦味がオムレツとぶつかってしまっている・・・かな。こればっかりは個人の好みなので。
おつまみハンバーグはレギュラーメニューだけあって安定の美味しさ。

そして初挑戦したメニューもあった。
「炙り〆サバ スモーク塩」と「大山鶏のハム」。
個人的には「YODARE」のイメージにないメニュー。楽しみだ。
最初は〆サバ。もう見た目が美味しそう。
うーん、おいしい。肉厚で食べごたえもあり、〆サバ特有のクセが後を引く。
それと軽く振られているブラックペッパー。この黒い粒が、和の中に洋の要素を感じさせる。
いいですね〜日本酒にも合うし。さすがって思った。
次は大山鶏のハム。〆サバとは違い、見た目同様、淡白な味。
鶏だけにさっぱりとしているので、女性に人気があるっぽい。
個人的に酒の肴としては弱いかな。

日本酒は「ゆきつばき」を始め、「庭のうぐいす いなびかり」などの夏酒を楽しんだ。
名前やラベルから来るプラシーボもあるだろうけど、夏の酒ってどことなく涼しげ。
冬のイメージが強い日本酒の、夏の楽しみ方。

  • 穴子とネギの熱々オムレツ

  • 穴子とネギの熱々オムレツ 断面

  • おつまみハンバーグ

  • 炙り〆サバ スモーク塩

  • 大山鶏のハム

  • ガーリックトースト

  • ゆきつばき

  • 綾花 (夏あやか)と庭のうぐい (いなびかり)

  • Kagiya Nine 9 -Dry Taste-

  • よだれのタパス

  • 本日のよだれ飯

2018/08/31 更新

11回目

2018/06訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年6回目

珍しく月曜日にお邪魔した。
週の働き始めの方も多いと思いますが、今日もお店は賑わっている。

今日は定番のメニューを頼みつつ、初めて「焼きレンコン明太バター」を注文。
一口大に切られたレンコンにバターと明太子が絡まっている。
これはやめられない止まらない系。派手な味ではないが、癖になる。
オムレツと同じく、女性に人気らしい。まぁ自分もこういうの好きだけど。

純米酒の「三連星」を頼んだ。
もしかして・・・と裏のラベルを見ると、やはり(笑)
自分より少し年上の人はリアルタイムで見ていたでしょう。
自分は再放送を見てました。そして何体もプラモを作りました。そう、Gです。GのDです。
別にイニシャルにしなくても問題はないが、なんとなく。
味は、あまり好みではありませんでした。どちらかというと話題性かな。
今日頼んだ中では「ゆきの美人」が好きだった。癖がなくて飲みやすい。

またお邪魔します。

  • 焼きレンコン明太バター

  • ちりめん山椒の熱々オムレツ

  • 庭のうぐいす

  • 白岳仙とゆきの美人

  • 三連星

  • 三連星 裏

2018/07/02 更新

10回目

2018/06訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年5回目

本日も二軒目でお邪魔しました。
最近、食事を摂ってから飲みに来ることが多い。気がする。

まず日本酒のメニューを見て少し驚く。
獺祭の「試」があるじゃん。見たことあるけど飲んだことなかった。
話によると、旭酒造は来年、アメリカに酒蔵を造り酒造りを始めるらしい。
それに先駆けて、アメリカの米で試しに造ってみた酒、それが「試」。
さっそく注文すると、なんと試だけでなく、サービスで獺祭50も注いでくれた。
う・・・なんというサービス。ありがたい。感謝。
感謝と感動のなか、飲み比べてみた。
あれ、美味しいぞ、試。深みは50の方があるけど、試しはスッキリしている。それが良さ。
アメリカだけに、アメリカンコーヒーの様な薄い美味しさみたいな。味が似ているって訳じゃないよ。

そんなスタートを切った今日、やっぱりオムレツが頼まれた(笑)
前回も書いたが、すっかりオムレツで記憶してもらっている。
そして今日のオムレツは、前回と変わっていて「ちりめん山椒の熱々オムレツ」です。
果たしてどんなオムレツか・・・個人的に、現時点では桜エビのオムレツがトップ。
その結果は・・・うまい!とってもうまい!
基本、オムレツといえど甘い方向ではなく、お酒に合う味。
そして今回の肝は山椒だ。粒の山椒がそのまま入っている。これがじゃこの香ばしさと卵の甘さと複雑に絡み合い・・・と説明すると難しいが、とにかく美味しかった。
性格には比べなきゃわからないけど、桜エビのオムレツと同レベルかそれ以上に感じた。

と、酒も進み、最後はソーセージで占める。満足満足。
今日もごちそうさまでした。

  • ちりめん山椒の熱々オムレツ

  • 燻製ソーセージ

  • 獺祭 試 と 獺祭50

  • 喜楽長と尾瀬の雪どけ

  • 今日の日本酒1

  • 今日の日本酒2

  • タパスメニュー

  • 飯メニュー

2018/06/21 更新

9回目

2018/05訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年4回目

本日は二軒目でお邪魔しました。
とはいっても、一軒目は普通の食事。要するに呑みに来た!

お腹は満たされているのでつまみ程度。
でもやはり、オムレツは外さない。
最近、店員の方にはオムレツの人たちとして見られている(笑)

毎回注文しているオムレツ。よく飽きないな、と思われるかもしれないけど、理由がある。
具がある程度の期間で変わるのだ。これがちょっと掛け部分もあって楽しい。
前回のオムレツ美味しかったな・・・と思っても、今日は無いかもしれない。具が変わったら次いつ食べられるかわからないのだ。

今日のオムレツはタケノコだった。
前回の桜エビに比べると優しいく、インパクトが少ない。
歯ごたえはいいんだけど・・・ちょっと物足りなかった。

それと、定番メニューらしいが、初めて枝豆を注文した。
醤油が掛けてあり、山椒も使われている。味付けがされている枝豆。卵も付いてくる。
この枝豆、やっぱりビールより日本酒に合う。というかそういうアレンジなんだろう。
癖になる味でした。

今日もごちそうさまでした。

  • タケノコ熱々オムレツ

  • 枝豆

  • ゆきつばき

  • 紀土 夏ノ疾風

  • 夜明け前

  • 2018.5.28現在 メニュー1

  • 2018.5.28現在 メニュー2

2018/06/15 更新

8回目

2018/05訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年3回目

今日の〆はこちらのお店。
数えてみると・・・今日一日で飲食店5軒目。よく回ったな(笑)

食事も済ませたし、お酒もそこそこ飲んでいる。
今日は軽くお邪魔します。

前回頼んでハマった「空豆と桜えびの熱々オムレツ」を再度頼む。
やっぱり美味しい。桜えびの香ばしさがなんともいえない。
そしてオムレツなのに日本酒に合う。まあそうなるように考えられているのだろう。

結局、日本酒はミニを二杯。
最後は谷川岳で〆た。群馬の香りがした。

今日はこんな感じで。またお邪魔します。

  • 空豆と桜えびの熱々オムレツ

  • 春鹿と嬉長 純米吟醸 夏限定酒

  • 谷川岳

2018/05/14 更新

7回目

2018/04訪問

  • dinner:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.1
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

2018年2回目

今日は他で食事をしてからの訪問。
軽く飲んで帰ろう。

木曜日の夜だけど混んでいた。
到着とほぼ同時に一組帰り、テーブルセットの時間を待っただけで入れた。

食べ物は二品。今日は軽く。
お酒のツマミになるソーセージの盛り合わせと、タパスの中からオムレツを選んだ。
タパスのオムレツは、季節によって変化があっていい。4/19現在は「空豆と桜えびの熱々オムレツ」。

このオムレツがやけに美味かった。
桜えびの程よい甘みと香ばしさが、やけにオムレツの合っていた。
そこに空豆が歯応えで存在感を現す。軽い気持ちで頼んだけど・・・これ名作。

ソーセージの盛り合わせは、ご想像どおり安定の味。
今日は日本酒だけど、どんなお酒にも合う。
ソーセージの種類で若干違う味と歯応えを楽しめる。

日本酒の話をしよう。
英君・・・B君・・・暴君・・・特に意味はない。本日の赤字覚悟商品。ミニで270円は安い。
ちょっと個性的で軽い感じを受けた。

次に雪男。昨年、新潟で見つけたお酒。こんな所で出会うとは(笑)。人型では純米を飲んだけど、今回は本醸造。醸造アルコールの味、これはこれで純米とは違う美味しさがある。

それと中々外で見ない春鹿も飲んだ。最近人気ありますよね。フルーティーで飲みやすい。女性好みの味。まぁ男が飲んでも美味いけど。

最後に我が故郷群馬のお酒「RYUJIN WEST」。このお酒は店頭販売せず、飲食店にしか降ろさないらしい。味は個性的。好き嫌いが別れると思う。スッキリしている。

日本酒を飲んで満足していると、お店からのサービスで「尾瀬の雪どけ」の桃色かな、、を頂いた。
昨年ここで飲んだな。ピンク色をしたにごり酒。酸味が強く、ジュース感覚。
そもそもにごり酒が好きなので、なんの問題もなく美味しく頂けた。

今日もごちそうさまでした。
また来ます。

  • 空豆と桜えびの熱々オムレツ

  • ソーセージ盛り合わせ

  • 英君

  • 雪男

  • 春鹿

  • RYUJIN WEST

  • タパスメニュー

  • 外観

2018/04/27 更新

6回目

2018/03訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気3.1
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.7
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

ことよろ(遅)

昨年、頻繁に訪れたお店。
気づいたら今年も3月だけど、今回が初めてになる。
実は今年に入ってからも、何回か満席で入れなかったんだけどね(笑)

いつものおねーさんに迎えられ、店内へ。
かろうじて一席だけ空いていた。ラッキー♪
久々にお邪魔したけど、変わっていなくって良かった。
ただ、昔より混んでるな・・・まぁいいことだ(笑)

もう今まで色々と書いてきたので、特別新しい事はない。
美味しい料理と多種多様な日本酒。メニューの選択でいくらでも楽しめる、飽きの来ないお店。
今回も色々と注文させてもらい、ハズレはなかったな。
特にタパスのオムレツと、おつまみハンバーグは良かった。空腹時、最初に頼んだということもあるかもしれないけど。
やっぱり、普通のそれらと違って、日本酒に合う味付にしてある。気がする。

日本酒も数種類楽しんだ。春のサービスで一杯目のグラスには桜の花が入ってくる。
この日飲んだ日本酒の中で、特に驚いたのが「天青 3/8 搾りたて」。
通常版の天青より雑味が無くて飲みやすいお酒。でもそのことより、今日(この日は3月8日)出来たばかりのお酒らしい。これは貴重。

今回も美味しい時間を過ごす事が出来ました。
またお邪魔します。

  • ニラたっぷり熱々オムレツ

  • おつまみハンバーグ

  • 燻製ソーセージ

  • プリプリエビガーリック焼き飯

  • 生ハム ハモンセラーノとガーリックトースト

  • よだれのタパス メニュー

  • 本日のよだれ飯 メニュー

  • 春霞 栗ラベル白

  • 天青 通常版

  • 天青 通常版 と 天青 3/8 搾りたて

  • 雪の茅舎

  • いづみ橋 キラキラ☆とんぼ

  • 喜楽長 生酒+14

  • 今日の日本酒 メニュー1

  • 今日の日本酒 メニュー2

2018/03/26 更新

5回目

2017/11訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気3.1
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

冬はタパスで温まる

久しぶりにお邪魔しました。
先週も来たのだけど、満席の為入れず。店員の女性がその事を気にかけていてくれて。
そういう気遣いが嬉しいしありがたい。なのでまた来てしまう。そんなお店。

最近、めっきり寒くなってきた。こんな日は日本酒と温かいモノが食べたい。
まずはお通しのチーズを肴に乾杯。さて、何を食べようか。

ひとまず、目についたメニューを一つ注文した。
「冬野菜の熱々オムレツ」。これは温かいに違いない。多分。
しばらくすると、卵のいい香りを漂わせながら、見るからに熱々なオムレツが登場した。
熱を恐れながら、少しずつ口の中にいれる。うまい!卵の甘みと冬野菜、とてもマッチしている。
そして想像通り温かい。てか熱い。コレをゆっくり食べながら日本酒を飲む。いいね。
日本人好みにアレンジされた洋食と日本酒のペア。ここはそんな国際結婚的な食事を楽しめるお店。

2品目は「豚トロジンジャー」。まあ豚の生姜焼的な。
個人的には、とても評価が高い。
そもそも豚肉が好きだし、生姜は体の中から温まる。特に冬にはいい料理だと思った。
それと一片のサイズもいい。おかずにもなるし、ツマミにもいいサイズ。
珍しい味ではないけど、好きだな〜。

そして最後に注文したのが、我が故郷、群馬が誇る「下仁田ネギ」を使った「下仁田ねぎベーコン巻き」。
因みに、後ろの席から聞こえてきたが・・・
「下ネタネギ」というギャグはかなりオヤジ度が高く、使い方を間違えると思い切り引かれる。言わないほうが無難。
さて、話を戻す。下仁田ネギの特徴である甘みと粘り。まさにその二つが炸裂って感じのメニュー。
ネギを噛むと、中身がトゥルン♪っと出てくる。縁日で売ってた「巻き取り紙」みたいなイメージ(太さ的に逆だけど)。
個人的にはベーコンが脇役に回る。ネギはサイズも大きく、インパクト大。
まさかこの場所で THE 下仁田ネギ を味わえるとは思わなかった。

お腹も満足。最終的に熱燗にいいと言われた静岡の「白隠正宗」を飲み終えて〆。
今日もごちそうさまでした。
いつも色々な料理で楽しませてくれるYODARE。
次回訪れるのが楽しみだ。

  • 下仁田ねぎベーコン巻き

  • 冬野菜の熱々オムレツ

  • 豚トロジンジャー

  • 白隠正宗

  • よだれタパスメニュー

  • 本日のよだれ飯メニュー

  • 今日の日本酒メニュー1

  • 今日の日本酒メニュー2

2017/12/04 更新

4回目

2017/08訪問

  • dinner:4.1

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気3.1
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

三周年おめでとう!

昨日も飲んだが・・・今日も飲んで帰ろう(笑)
夏休み明け、自分へのご褒美。

昨日はワイン、今日は日本酒だ。お気に入りのお店「YODARE」へ。
予約なしでお店に向かうと、席が空いていた。ラッキー♪
以前、3連チャンくらいで入れなかった事があった。まあ予約しないのが悪いのだけど(苦笑)。

席に着くと、いつものおねーさんが声を掛けてくれる。覚えてもらっているってありがたい。
すると、お店が三周年らしく、十四代を一杯サービスしてくれるらしい。ありがたや〜♪
席も空いていたし、十四代も頂けるし、ついている。

まずはビールで乾杯。お通しはいつものチーズ。これを見るとYODAREで飲んでいると実感する。
最初はさっぱりと「ゆで豚とネギたっぷりゴマダレサラダ」を注文した。
豚しゃぶ、ネギ、ゴマダレ・・・うまいに決まってる。想像できる味だが、想像通り美味しかった。
暑い時期には涼しいサラダがいい。

隣の席に激辛チキンが運ばれてきた。
前回もそうだが、このメニューが出てくると、刺激の強い湯気で周りのお客さんが咳き込む。
頼んだ本人たちも咳き込む。
注文したグループの人たちがこちらに向かって「ごめんなさい」と謝ってくれる。
いいんです、この咳き込みを含めYODAREなので。当然笑顔で「いえいえ」と返す。いつもこうなんで〜。
知らない人とのふれあいも、こういうお店ならでは。

サービスの十四代を頂いた。正確には「十四代 無濾過 純米 中取り<生詰>」。
付け合せには「厚切りうなぎのオムレツ」を注文。珍しいメニューだ。
十四代はクセがなく飲みやすい。言ってしまえば、最近人気の高い日本酒系統の味。雑味が少なく、スッキリしていて、上品な感じ。いいね!
十四代というと龍の落とし子を思い出す。また飲みたいな・・・

厚切りうなぎのオムレツは、うなぎの厚さよりオムレツの厚さに驚いた。
厚くてふわふわ。そのオムレツのアクセントにうなぎを食べる。
まあオムレツだから珍しいだけで、うなぎを卵とじや錦糸卵と一緒に食べたりはする。
やっぱり少し洋風な味付けだけど、安心できる味。美味しくいただきました。

今日の〆は「ガッツリにんにく土鍋ごはん」に決めていた。
注文から30分時間が掛るという事なので、お店に入ってすぐ、19時半くらいに出てくる感じで作ってもらえますか?と頼んでおいた。そして満を持して登場。
上から土鍋を覗く。これは・・・うまいに決まっている。
ニンニクやお米の色もそうだが、個人的に散りばめられた昆布が食欲をそそった。
しゃもじでかき回してもらい、茶碗を受け取る。ありがとうございます、いただきます。
おいしい、、、とてもおいしい。
思ったよりニンニクの刺激を感じないが、やはり昆布の風味が美味しい。
ニンニクや昆布の風味、味の染み込んだお米とそのおこげ。これはクセになる。
純米大吟醸楯野川のお供にごはん、日本人でよかったという瞬間。
少しお高く、出てくるのに時間のかかる土鍋ごはんだが、オススメします。

今日もごちそうさまでした。
三周年、おめでとうございます! これからもがんばってください。
またお邪魔します。

  • 十四代をサービスでいただきました!

  • ゆで豚とネギたっぷりゴマダレサラダ

  • 厚切りうなぎのオムレツ

  • ガッツリにんにく土鍋ごはん

  • 花の香

  • 楯野川と獺祭

2017/08/28 更新

3回目

2017/07訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.1
    • | CP3.4
    • | 酒・ドリンク4.5
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

ニンニクでヨダレ

給料日ーって事で、混んでいることを覚悟して足を運んでみた。
今月2回目、11日ぶりのYODARE。
ドアを開ける。いつものお姉さん。幸いにもテーブル席が空いていた。よかった。
お絞りをいただくと、「以前もいらっしゃっていただきましたよね(笑顔)」とお姉さん。
はい、お邪魔してます。このお店、好きなので。店員さんに覚えてもらえるって嬉しいですね。

まずはビールとお通しのチーズで乾杯。体をアルコールに慣らさせる。
話していると、先に注文しておいたタパスメニューの「焼きカボチャサラダ」が到着。
色といい音といい、とても美味しそうで、実際、ツマミとしても美味しかった。

この頃から日本酒にスイッチ。今日の一杯目は我が故郷、群馬のお酒「龍神 ロゼ・ベリー」。
名前からして飛び道具的な日本酒。でも純米酒で精米歩合は50%だから大吟醸。果たしてお味は・・・
想像通りの変わり種(笑)。前回の山本ドキドキと味は違うものの、果実系の味がする。
結論、女子と呑みに来た時の話題作りにオススメ(笑)。

日本酒を呑みながら待つこと数分、ジュージューと音を鳴らし、注文しておいた「大山鶏一枚焼き」が到着。
ステーキ並に油が跳ねるので注意してね。煙が薄くなると姿を表したのは、大きいお肉とガーリックスライス。
これは元気が出るメニューだ。
最近、お店で大山鶏を見かけると注文する。きっかけを作ったのは隣のお店だけど(笑)
最初「オオヤマドリ」って言っててなんとなく通じていたけど、本当は「ダイセンドリ」。ちょっと恥ずかしくなった。
話を戻す。肉厚の大山鶏をナイフで切る。これは普通にチキンステーキ。ソースを少し付けていただく。
うーん、焦げた皮が香ばしく、とても美味しい。そしてニンニクの効果は絶大。食欲が湧いてきて、どんどん食べてしまう。
二人で食べたのだけど、ほんと、あっという間に間食してしまった。これはオススメ。

その後は普通の日本酒を飲み進める。想天坊、飛良泉、白岳仙、雪の芽舎。なかでもやはり想天坊が好きかな。お店で見つけると飲むことも多いお酒。

そして今日の〆は「ガーリックライス」。初めてきた時もこれだった。
鉄板に盛られたガーリクライスは、結構なボリューム。先に大山鶏を食べていたので、ニンニクに違和感がない。
炒め加減も良く、とても食べやすい。こちらもあっという間に間食した。

そして気づく。かなり自分がニンニク臭い(笑)。
一時期、ニンニク専門店に凝っていたけど、同じくらい臭っている。YODAREってニンニク屋なのか?と錯覚。
でも実際は、ちょっと創作系の料理があったり、お酒に合うメニューを提供してくれるお店。
新メニューとかも楽しみ。またお邪魔します。

  • 大山鶏一枚焼き

  • 焼きカボチャサラダ

  • ガーリックライス

  • お通し

  • 龍神 ロゼ・ベリー

  • 飛良泉

  • 雪の芽舎

2017/08/07 更新

2回目

2017/07訪問

  • dinner:3.8

    • [ 料理・味4.4
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.1
    • | CP3.3
    • | 酒・ドリンク4.2
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

名前買い

久々の再訪。
実は何度も店の前を通ったり、お店のドアを開けたりしていたのだが、いつも満席で入れなかった。
今日は金曜日だけど、、、入れてよかった。時間帯かな。

日本酒を呑みに来てもまずはビールから。
お通しのチーズをツマミに、下地を作っていく。

まずは注文したトマトサラダが着いた。
もう夏だし、涼し気な見た目もいい。流行りに乗っているわけではないが、トマトサラダって美味しいね。
「薬味」とついているだけあって、みょうがなんかがアクセントになっている。

日本酒は「福小町 生原酒 号外編」を注文した。秋田のお酒。
これは完全に・・・名前買い(笑)。本編を知らないので号外が何なのかはわからない。
でもそのラベルからも興味が湧く。実際は思ったより癖もなく、美味しく頂けました。
この頃には鳥の唐揚げがテーブルに届いていた。
ビールが残っているうちに唐揚げがよかったかな・・・なんて思ったけど、日本酒とも合う。
生姜の効いたちょっと刺激の有る味付け。衣にバリがなく、上品に包まれている。
お肉も柔らかく、ジューシー。食べやすさと美味しさの共存。

日本酒が回ってくると、食から呑にスイッチしてしまう。
商品名は忘れてしまったが、タパス料理のベーコンを食べながら呑み進む。
このベーコン、脂が美味しい。その脂の甘みとレモンのバランスがよかった。

その後は日本酒を飲み比べ。ミニサイズで注文できるシステムって本当にいい。
そして最後の一杯は・・・
その名も「山本ドキドキ」。ドキドキは蔵元の山本さんが夏をイメージした際に思い浮かんだ言葉らしい。
いったい夏にどんなドキドキがあったのでしょう(笑)
リンゴ酸を多く生成する酵母で仕込んだということで、お味は、、、
うーん、日本酒としてはなし。本当にリンゴの様な酸味を感じる。そういう飲み物だと思えばいいが、日本酒を飲んでいる感覚にはなれない。甘酸っぱいドキドキだ。

ともかく、今日もいろいろな日本酒を楽しめた。
経験を積むのにもいいお店だな(笑)

  • 薬味たっぷりトマトサラダ

  • がっつり鶏の唐揚げ

  • 厚切りベーコン酒粕漬け

  • お通し

  • 福小町 号外編

  • 豊香と山本ドキドキ

  • 豊香と山本ドキドキ 裏

  • 日本酒メニュー

2017/08/07 更新

1回目

2017/03訪問

  • dinner:3.9

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.2
    • | CP3.3
    • | 酒・ドリンク4.4
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

(^q^)

蒲田駅東口にある魅惑の路地(笑)で営業している店「YODARE」。
以前一度入ってみたが、満席で断念。今回に至った。
お邪魔したのは木曜日の20時後半。その時は運良く席は空いていたが、後々満席に。
人気がありますね、こちらのお店。

店内はテーブル席が5つ程。広くはないが小ぢんまりとしていて落ち着く。
バルというだけあって作りは洋風だが、店内にあるガラス張りの冷蔵庫には日本酒がズラリ。わくわくする違和感。
とはいえ、一杯目はビールから。お通しのチーズをつまみに乾杯。うん、おいしい。

メニューはというと、洋がメイン。店名が表すように、洋食をつまみに日本酒を飲むという趣向。
まずは洋食感の強い「厚切りベーコン」を注文。心のなかで Why Japanese people!? と叫んで見る。口に出さない自己満足。
運ばれてくるなり、想像以上の大きさにびっくりした。品名に偽りなし。
粒マスタードを付けて頬張る。想像通りのフランクフルト味。ただベーコンの質がいい。
焦げが少なくカリッと感はないが、厚いのにやわらかく、程よい脂身の甘みが美味しい。

ベーコン後半から飲み物を日本酒に変えた。
こちらのお店では日本酒をミニ(70ml)、グラス(130ml)、カラフェ(200ml)の大きさで注文できる。
個人的にお気に入りな銀座の某居酒屋と同じだ。ただ、こちらは一番大きなサイズにカラフェを用いるところが憎い。
一回で色々なモノを試したい性格な自分は、青森の銘酒「田酒」をミニで注文した。

次に届いたのは、タパスとしてメニューにあった「ピリ辛カキレンコン」。
熱々の小さな鍋に入って出て来る料理。サイズは思ったより小さく感じたが、なにか凝縮されているような見た目。
そしてこの料理が、今日一番のヒットとなった。
ソテーされた牡蠣とレンコンにピリ辛のソースがかかっている。オリーブオイルだったかちょっと記憶が曖昧だが、ラー油に近いソース。このソースが染みた牡蠣、レンコンがとても美味しい。オススメです。
まだ牡蠣のシーズンだけど、季節限定メニューかな・・・暖かくなる前にもう一度食べたい。

その後、一気に日本よりになる「ふろふき春大根」や、飲み屋の定番ポテサラ、それも酒盗を使っている。などなどをつまみに飲み続ける。
ふろふき春大根はちょっと味噌の味が濃かった。
ポテサラはいいつまみになる。酒盗の味がかすかにするのがいい。でもサラダだけど、糖と脂肪でできているw

日本酒は「尾瀬の雪どけ」、「獺祭50」、「一ノ蔵」と飲み進めた。
尾瀬の雪どけはピンクがとてもキレイ。味は酸味が強く、日本酒感は少ない。
獺祭と一ノ蔵はいうまでもなく安定の味。

最後に〆の炭水化物ということになった。
ナポリタンライスなるものを注文したが、材料不足で作れないということ。
そこで何かご飯物作れますか?と尋ねると、ガーリックライスならできるという事で、注文しました。
メニューを見る限り載っていない初めての訪問で裏メニュー的なモノにありつけた。
味は、ニンニク感は比較的少なかった。逆にバターの香りと味が印象に残る。この2つのバランスがいい。
結構量が多く見えたが、二人でペロリ。あっと言う間に終了。
ごちそうさまでした。

今回はとても満足ができた。この路地にはいいお店がある。蒲田はまだ奥が深い。
ぜひまたお邪魔したいと思う。

  • お通し

  • 熱々鉄板 厚切りベーコンステーキ

  • ピリ辛カキレンコン

  • 酒盗のポテサラ

  • ふろふき春大根

  • ガーリックライス(メニューに未掲載)

  • 尾瀬の雪どけ 桃色 ミニ

  • 日本酒メニュー1

  • 日本酒メニュー2

2017/09/24 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ