森のコロちゃんさんが投稿したタカノフルーツパーラーパフェリオ 本店(東京/新宿三丁目)の口コミ詳細

明日への扉。

メッセージを送る

森のコロちゃん (女性・東京都) 認証済

この口コミは、森のコロちゃんさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

タカノフルーツパーラーパフェリオ 本店新宿三丁目、新宿、新宿西口/パフェ

3

  • 昼の点数:3.6

    • [ 料理・味3.6
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.6
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
3回目

2018/12 訪問

  • lunch:3.6

    • [ 料理・味3.6
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.6
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

干支パフェの謎。(1812再訪)──「タカノフルーツパーラーパフェリオ 本店 」@新宿

年末恒例となっている「タカノフルーツパーラー パフェリオ本店」さんへ。
年内の打ち合わせが最終だったので「おつかれパフェ」で祝うことに。。。


店前にある「年末年始」メニュー
「ワンコ?」。。。それとも今年の干支の「いのししさん」???
どこからどう見ても「ワンコ」にしか見えないし(笑)。
別にどちらでもよいのだけれど。。。


「初恋の香りと紅ほっぺ苺のパフェ」(1,620円)、
「静岡産マスクメロンパフェ」(2,160円)共に6日(日)までとのこと。
この日も「初恋の香りと紅ほっぺ苺のパフェ」をいただくことに。。。


白い苺が「初恋の香り」だ。熟してくると少しずつピンク色に染まるそうだが、
赤くなることはないのだそう。苺であって苺でないような、不思議な苺だ。
香りが良いのと甘みがあるのが特徴。。。


一方の「紅ほっぺ苺」は、美しい紅色をしていること、ほっぺが落ちるような
美味しさからのネーミングとのこと。甘みも強いが酸味もある、いわゆる苺らしい苺だ。
一つのパフェで2種類の苺がいただけるのは嬉しいかも!!


それにしても、これは絶対に「ワンコ」だ(と思う)。。。
お耳はぶどう(?)なのかなぁ。。。
ソフトクリーム系のアイスと相性の良いストロベリーシャーベットが
たっぷりしているのが此方スタイル。


ちなみに一昨年「ヒヨコ」と思ったのは此方。。。
絶対、此方も「ワンコ」には見えないし。。。


と書いていてハタと気づいた。


そうか!年末年始メニューだから12月のパフェは昨年の干支で、
1月のパフェは今年の干支になるのかしらん。。。
昨年も一昨年も12月に食べたから、その年の干支パフェだったのだ(きっと)。


たしかめにいきたいが、干支パフェは本日で終了。
来シーズンまで確認はお預けになってしまった(汗)。
ごちそうさまでした☆


※前回訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/27243496/


※前々回訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26604282/


※その前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26353566/


※さらにその前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26321141/


※その前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26150652/


※さらにその前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/25847371/


※その前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/24827643/


●タカノフルーツパーラー パフェリオ本店(TAKANO Paferio)
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店B2F
03-3356-7155
平日10:00~20:30(L.O.20:00)
日曜10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:新宿高野本店に準ずる
http://takano.jp/index.html

  • 「年末年始」メニュー

  • 「初恋の香りと紅ほっぺ苺のパフェ」

  • ワンコにしか見えない!

  • サイドから

  • うしろから

  • 一昨年のヒヨコ顔パフェ

  • あっぷ

2019/01/06 更新

2回目

2018/11 訪問

  • lunch:3.8

    • [ 料理・味3.9
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.6
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

冬の気配。(1811再訪)──「タカノフルーツパーラーパフェリオ 本店 」@新宿

今週末から12月というのに暖かな日々が続いている。
コートを片手に降り立ったのは新宿。
寄り道するのは「タカノフルーツパーラーパフェリオ本店」さんだ。


ちょうどおやつタイムとあって、結構並んでいたのはたぶん「8の日」だったから・・・。
ここ「パフェリオ」では、毎月8日、18日、28日「8のつく日」が「パフェの日」
なっていて、毎月、季節を彩るスペシャルパフェが楽しめる日でもあるのだ。


この日の「パフェの日」バージョンは「国産苺と洋梨のパフェ」(1,188円)。
ノーマルの「とちおとめ苺パフェ」(1,296円)と迷ったのだけれど、
やはり「8の日パフェ」をいただくことにした。
今シーズン初めてのいちごがてんこ盛り状態で微笑んでいる(嬉)。
やや酸味を感じるけれど、ほのかな甘みを感じる美味しいいちごだ。

トップにはトロリと甘い洋梨と洋梨のシャーベット。。。
今シーズン、洋梨は箱買いしてたくさん食べたのだけれど、
さすがにタカノの洋梨は糖度が高い(ような気がする・笑)。
パフェグラスの底の方にまでソフトクリームが詰まっていて、最後まで美味しくいただけた。
此方のパフェは並ぶこともあるけれど、フルーツもクリームも美味しくて
しかも美しいパフェフォルムが楽しめるお店だ。


ところで、昨年の今頃までお会いするのが楽しみだったキレイなスタッフの方(!)を
お見かけしなくなってしまった(汗)。卒業されてしまったのだろうか。。。
ちなみに、このブログにも登場している「顔がついたいちごのパフェ」は彼女の作品だ。
絵心があるなぁ!と感心していたのだけれど。。。

あのパフェにも、彼女にももう会えないと思うと寂しい。。。


ごちそうさまでした☆


此方は今年の6月半ばにいただいた「宮崎マンゴーパフェ」(1,620円)。
宮崎マンゴーとりんご、サクランボの組み合わせがゴージャス感を演出していた。


※前回訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26604282/


※前々回訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26353566/


※その前の訪問時の記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26321141/


※さらにその前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/26150652/


※その前の訪問記事は此方(https://korokoro10.exblog.jp/25847371/


●タカノフルーツパーラーパフェリオ本店(TAKANO Paferio)
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 B2F
03-3356-7155
平日10:00~20:30(L.O.20:00)
日曜10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:新宿高野本店に準ずる
http://takano.jp/index.html

  • 「国産苺と洋梨のパフェ」(1,188円)

  • 今シーズン初めてのいちごがてんこ盛り状態で微笑んでいる(嬉)

  • トップにはトロリと甘い洋梨と洋梨のシャーベット。。。

  • 底の方にまでソフトクリームが詰まっていて、最後まで美味しく いただけた

  • 宮崎マンゴーとりんご、サクランボの組み合わせがゴージャス感を演出していた

  • 6月半ばにいただいた「宮崎マンゴーパフェ」(1,620円)

2018/11/29 更新

1回目

2016/05 訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気3.8
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

凜とした美味しさ。(再訪)


【16年5月再訪】


原宿界隈を歩いていて、某店で思わず目にした「マンゴーパフェ」という文字に釘付けに!!
そして2,160円というお値段に「ひっえー!!」とおののいて山手線に乗ったのでした。某S店、高すぎっ!!
が、頭の中からは「マンゴーパフェ」の文字がどうしても消えません(汗)。
という訳で、新宿で途中下車。。。新宿高野をめざしてみることにしました。
新宿高野といっても、地下にある「パフェリオ」は5階にある「フルーツパーラー」よりも庶民の味方!!
地下にある分、少しお安く、あの「TAKANO」のパフェをいただくことができます。


いただいたのは「宮崎マンゴーパフェ」(1,620円)。
ちなみに5階のパーラーでいだくと、ボリュームが増えるようですが、
お値段も2,160円と原宿の某店と同じようなお値段に。。。
庶民は此方の1,620円で十分です(ん?)。
いや、実は「メキシコマンゴーパフェ」(たしか1,188円)というお品も見かけたのですが、
スタッフの方の「甘さも柔らかさも、熟し加減も全然違います!」という言葉に即決してしまいました。


せっかくなので1回転撮影してみました(笑)。
スタッフの方がおっしゃる通り、マンゴーがとても甘くて美味しいですね。
マンゴーシャーベットを取り囲むようにスライスしたマンゴーとレモン、
マンゴーの皮がトッピングされ、白い部分はソフトクリームのアイスが主体のようです。
間にマンゴーソース、パフェグラスの底にはフランボワーズのソースとマンゴーソースがアクセントとなり、
最後まで飽きさせることなく、宮崎マンゴーの美味しさを楽しませてくれます。


台北で食べた「マンゴーかき氷」も美味しかったですが、「宮崎マンゴーパフェ」には
凜とした美味しさがありますねぇ。。。少しお高いですが、この美味しさなら許せるかも(笑)。
ごちそうさまでした☆


ちなみにパフェを食べた後に、季節限定という「クリーム・ド・マンゴー」(260円)を
買ってしまいました。マンゴーがゴロゴロしているうえに、ほんのりと酸味が効いていて結構好きな感じの
マンゴーパンでした♪オススメです!!


※(文句付きの)訪問時の記事と写真は此方のブログhttp://korokoro10.exblog.jp/23137298/)でご紹介しています。


●タカノフルーツパーラーパフェリオ 本店 (TAKANO Paferio)
東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店 B2F
03-3356-7155
平日10:00~20:30(L.O.20:00)
日曜10:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:新宿高野本店に準ずる
http://takano.jp/index.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【15年1月31日のレビュー(15年1月訪問)】


久しぶりに再訪。
1月というのに比較的暖かかったこの日は某所でスパークリングをひっかけてからのご来店(爆)。
本当はチョコレートとパンだけ購入して帰るつもりだったのに、この時期は特においしい「いちごパフェ」の神々しい姿に魅せられてしまった(笑)。


2月いっぱいまでのご提供の「あまおう苺のパフェ」(1,296円)はちょっと寒い(ん?)かなーということで、今回は3月いっぱいまでのご提供の「苺のパフェ」(1,080円)をセレクト。
5階にある「フルーツパーラー」では「苺のパフェ」は1,620円もするのだけれど(もちろんサイズ的にも大きいし、苺ももっとたっぷりしている!)、此方では比較的にコンパクトなパフェ(それでも充分なサイズだと思う)が1,000円ちょっとでいただけるのは嬉しい。


ちなみにパフェにご利用のいちごは「とちおとめ」とのこと。
パフェグラスにたっぷりの苺ソースとカットした苺本体をいくつか投入し、その後はたっぷりのソフトクリームと苺ソース、さらにウエハースをいくつか投入。そして苺シャーベットをのせた後に、美しくスライスされた「とちおとめ」を整然とレイアウトしていく。。。
「よく落っこちないなぁ?」と感心しながら眺めていたら、最後にプラスチックのピックを最上段の苺に突き刺していた(笑)。
なるほど!!あのピックがあれば「苺なだれ」は防ぐことができそうだ(笑)。


たっぷりの「とちおとめ」がゴロゴロとトッピングされた「苺パフェ」は爽やかな酸味がアクセントとなったどこまでも甘い魅惑の世界へと誘ってくれる。
苺のシャーベットとソフトクリーム、そこに苺ソースの酸味が合わさってまさに「至福の時間」。。。
時々、顔を出すウェハースがまたカリカリッとした食感で美味しいのだ。
後半は少し寒くなってきてしまったが、1,000円そこそこでこれだけ完成度が高いパフェを楽しむことができる
此方はやはり使い勝手がよろしいお店だと思う。
最近は5階のパーラーを訪問する機会がめっきり減ってしまったような(汗)。。。
スタンプカードがあればもっと頻繁にリピートすると思う。
ごちそうさまでした☆


【'13年3月16日のレビュー ('13年1月訪問)】


「新宿高野本店」の地下にあるイートインスペースが「パフェ専門店」として生まれ変わったのは、昨年の春のこと。わざわざ5階にある「タカノフルーツパーラー」まで上がらなくても、タカノの「フルーツパフェ」が様々に楽しめるのはパフェ好きにとってはうれしい話だ。しかも5階よりも若干、お値段もお安い(嬉)。
売り場とはガラスで仕切られているだけなので、混んでいる時間帯はシースルーが気にならないこともないが、一度座ってしまえば特に問題はないだろう。

いつも混み合っているので横目で眺めて通り過ぎるだけだったが、この日は先客が誰もいない。せっかくなので初訪問を果たしてみることにした。

お目当ては2月28日まで限定(他店は3月いっぱいのところもあるらしい)の「あまおうパフェ」(1,260円)だ。
此方の「あまおうパフェ」は、写真の通り、「あ」かくて、「ま」るくて、「お」おきくて、「う」まいことからネーミングされた『あまおう苺』をふんだんにあしらったお品だ。
若干、5階のパフェグラスよりもスリムなパフェグラスには「あまおう苺」があふれんばかりに盛られている。
美しくカットされた「あまおう苺」は、パフェグラスに咲いた「一輪の花」のようだ。

「あまおう苺」の他には、あまおう苺のアイス、苺のソース、ソフトクリーム、苺のコンポートと、ソフトクリーム以外は、おそらく「あまおう苺」尽くしなのだろう。
文字通り、上から下まで「あまおう苺」の豊かな甘みと程よい酸味をじっくりと堪能!!
が、寒かったこの日は少しソフトクリームが多すぎたかもしれない(私にとっては・汗)。


ちなみに、3月の季節限定パフェは「苺」「デコポン」(共に1,050円)。
3月15日〜31日は「シトラスフェア」ということで、「国産柑橘のパフェ」(1,155円)と「国産柑橘のHotパフェ」(945円)が楽しめる他、「定番メニュー」「マスクメロンパフェ」(1,260円)、「季節のフルーツパフェ」「マンゴーパフェ」(共に1,050円)、「ベリーパフェ」「バナナショコラパフェ」(共に945円)の5種類がラインナップしているのだそうだ。

5階のフルーツパーラーも良いのだけれど、気軽に利用できるという点では、此方もリピは必至のように思う。
どこぞの某店のようにスタンプサービスがあればもっとうれしい☆

  • 【16年5月】宮崎マンゴーパフェ

  • 角度をかえて①

  • 角度をかえて②

  • 角度をかえて③

  • 角度をかえて④

  • おまけ「クリーム・ド・マンゴー」

  • おまけ:マンゴーゴロゴロ!

  • 【15年1月】いちごのパフェ(1,080円)

  • 【15年1月】サイドから

  • 【15年1月】やや俯瞰から

  • 【15年1月】メニュー

  • あまおうパフェ(1,260円)

  • サイドから

  • おまけ(笑)

  • 中央線が止まったおかげで桃パフェ食べちゃいました。。。美味しい

2016/07/06 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ