わたかつさんのマイ★ベストレストラン 2018

かつひとのうまいものガイド

メッセージを送る

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

コメント

とにかくパフェとパンのランチをハードリピートした一年だった

マイ★ベストレストラン

1位

セントル ザ・ベーカリー (銀座一丁目、有楽町、京橋 / パン、サンドイッチ)

10回

  • 夜の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: 5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999 ¥2,000~¥2,999

2019/05訪問 2019/08/12

フレンチトーストが食べたくて!

休日のランチで、銀座の人気食パン店「「セントル ザ・ベーカリー」のレストランの方に行ってきました。
パンの販売の方は相変わらずの行列でしたが、この日、14時半頃だったにもかかわらずレストランの方の列も6組待ちでした。
とりあえず並んでみると、流れは速くて、約10分ほどで席に案内されました。
席は、お気に入りの奥にある書斎風の部屋です。

注文したのは、
本日のスープ
ハムサンドイッチ
チーズトースト
フレンチトースト
です。

本日のスープ

この日のスープは、ごぼうのスープ。
見た目は白いポタージュですが、飲んでみるとごぼうの味わいが濃厚です。
ごぼうの味わいがしっかりしていながら、臭みはなくすっきりした味わいでホントに美味しいです。
スープはそのまま飲んでもいいですが、サンドイッチのおまけ、パンのミミを付けて食べるのもいいです。
特にこのごぼうのスープはパンのミミが良くあいます。

ハムサンドイッチ

ハムサンドイッチは、角食パン、ハム、レタス、マスタードソースです。
食パンは国産小麦の角食パンでトーストされていないのでふわふわで柔らか。
ハムは、薄切りが何枚も重ねられていて淡い味わい、レタスのシャキシャキ感と、マスタードソースのピリッとした味わいがいいです。

サンドイッチにはオマケのみみがついています。ミミまで柔らかく食べても美味しいし、スープに付けてもいいです。また、キッチンの横にあるトースターで焼くことも出来て、焼くとカリカリとなって美味しいです。

チーズトースト

チーズトーストは、角食パンを軽くトーストしたうえに、ラクレットチーズを専用のヒーターオーブンで溶かしたチーズをたっぷりのせます。
チーズが柔らかでコクがあり美味しい。パンも香ばしくトーストされていますが、中はふわっとしていて美味しいです。

フレンチトースト

フレンチトーストは、付け合わせが生クリームかアイスクリームが選べます。
アイスクリームを選びましたが、フレンチトーストにアイスクリームが溶けて絡まるのが嫌だったので別添えにしてもらいました。
フレンチトーストは、表面がカリッとして中はとろーり。
厚めの食パンのため、ミミの部分が厚く存在感があり、食べたときの食感がとても良いです。
中の部分は十分人卵を吸って甘くとろーり食感がいいです。
アイスクリームはバニラで、透明グラスに入ってかわいいです。
柔らかく美味しい。

銀座の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。
カフェの方だったので、平日18時頃は待たずに入れました。

悩む。ここではメニューはいつも迷う。
大好きなオムレツサンドイッチか、玉子サンドも美味しい、チーズトーストも食べたい。
たまにはBLTか、トンカツサンドも捨てがたい。
はたまた、甘めのフレンチトーストかフルーツサンドにするかなど、悩みはつきない。

注文したのは、
オムレツサンドイッチ
本日のスープ
です。

オムレツサンドイッチ

結局、大好きなオムレツサンドイッチを選択。
ふわふわのパンに、ふわとろのオムレツが挟まっています。
食べてみると、食パンの小麦のいい香りとたまごの甘み、軽く鼻を刺激するマスタードがあわさり、パンもオムレツも口の中でとろけてしまう美味しいです。

また、パンのミミは柔らかくはあり、弾力もあり味わい深く美味しいです。
サンドイッチを頼んだのにパンのミミを残している人がおり何とももったいない。
パンのミミはキッチンの横にあるトースターで焼くことが出来ます。
焼くとカリッとして香ばしさが増し美味しいです。

本日のスープ

本日のスープは、ジャガイモとベーコンのスープと言うことで頼みました。
とろみの多めのスープで、ジャガイモの味わい、ベーコンの脂の甘みを感じて美味しいです。
ここはいつもスープが美味しくていいです。

ごちそうさまでした。
平成最後の大晦日、銀座のセントル ザ・ベーカリーに行ってきました。
少し遅めに14時半頃行ったのですが、5組待ち、流れが悪くて、約30分ほど並びました。
テーブル席に案内されました。

注文したのは、
ジャガイモとベーコンのスープ
オムレツサンドイッチ
クロックムッシュ
フルーツサンドイッチ
です。

ジャガイモとベーコンのスープ

この日のスープは、ジャガイモとベーコンです。
ジャガイモが濃厚でベーコンの脂の味わいがあわさりかなり美味しいです。
このスープかなり好きです。
パンのミミをつけて食べるのがいいです

オムレツサンドイッチ

オムレツサンドイッチは、ふわふわのパンとぷるんとした玉子焼き、マスタードソースです。
卵の甘みとマスタードソースのピリッとした感じが良いです。
食パンの香ばしさも良いです。

クロックムッシュ

薄切り二枚の食パンにハムとベシャメルソース、うえにタップリのチーズのせ焼いたもの。
食パンが焼けて耳の部分がカリカリ、チーズも焼けてパリッとしている部分がかなり美味しい。
ハムとパンとベシャメルソースの組み合わせが良いです。

フルーツサンドイッチ

フルーツサンドイッチは、いちご、キュウイ、オレンジ、バナナ、洋梨、メロンの細切りがサンドされたサンドイッチです。
クリームは少なめです。
フルーツがフレッシュでメロンが甘い!
休日のランチで、銀座のセントル・ザ・ベーカリーに行ってきました。
土曜日の13時半過ぎ、いつもの通り、食パンを買う列は長い行列になっていましたが、イートインも8人待ちで割と多め。
とおもったら、前の7人は一組で、すぐに案内され、私の順番もすぐにきました。
席は手前の明るい席です。
よこにチーズトーストを作るラクレットチーズが置かれているので見ていて楽しいです

注文したのは、
季節のデザート "あまおう"サンドイッチ
ディカフェ コーヒー
です。

"あまおう"サンドイッチ

期間限定の季節のデザートサンドイッチです。
このときは、いちごのあまおう。

出てきたサンドイッチは、白い食パンに、大粒のあまおうが6粒分入り、たっぷりの生クリーム、自家製カスタードは入っています。

食パンはふわふわ。
あまおうは、大粒、食べてみると、酸っぱさと甘さがしっかりしています。
生クリーム甘く、カスタードも卵の甘さがいいです。
全体が、ふわりとサンドされてできあがっているので、食べるのが大変です。
パンといちごとクリームを一緒に食べたいのですが、いちごが飛び出しちゃいます。
一緒に食べると、ふわっとしたパンに、甘酸っぱいいちご、甘いクリームで美味しいです。

また、サンドイッチに使ったパンのカットしたパンの耳がつきます。
これがまたなんとも美味しいんです。生クリームが少し付いていたりします。

ディカフェ コーヒー

大きなカップで出てくるコーヒー。
+100円ですが、ディカフェのコーヒーが選べます。
出てきたのは、酸味が少なくさっぱりしたコーヒーで飲みやすいです。

ごちそうさまでした。

美味しいフレンチトーストを食べたい!と思い、やっぱりここ、セントル ザ・ベーカリーに行ってきました。
この日は、イートインが余り混んでなく、すぐに入ることができました。

注文したのは、
ダージリンセカンドフラッシュ
フレンチトースト
です。


ダージリンセカンドフラッシュ

紅茶はポットで提供されます。
カップも大きめですが、3杯ほど飲めるのでたっぷりはいっています。
ポットの中には茶葉はないので、時間がたっても渋くなりません。


フレンチトースト

フレンチトーストは、トッピングをアイスクリームか生クリームが選べます。
生クリームを選んだのですが、あとからアイスにして、別皿に移し食べれば良かったと思いました。

集めにカットされた食パンを一枚使ったフレンチトースト。
6等分にカットされています。
パンの中の部分は十分に卵の甘みを吸って、とろとろで美味しいです。
焼き立てで熱いので、口に入れるとき慎重に。
パンの耳の部分はカリッと焼かれ固くなり、これがかなり美味しいです。
とろみと香ばしさ、やっぱりここのフレンチトーストが一番好きです。

ただ、かなりお腹いっぱいになるので注意が必要です。


雨の日、遅めのランチで、銀座の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。
いつもの通り、食パン購入の列は長く並んでいましたが、イートイン側はなし。
ただし、案内されるまでは少し待ちました。
奥の書斎風の部屋に案内されたのでラッキーでした。

注文したのは、
本日のスープ(小)
チーズトースト
オムレツ サンドイッチ
です。

本日のスープ(小)

本日のスープは、ジャガイモとベーコンのスープです。
ポタージュよりもゆるいスープですが、さっぱりしたジャガイモの味わいと、ベーコンの塩気、チーズのコクを感じます。
かなり美味しいです。

チーズトースト

今日はこれを食べてたくて来ました。
注文してからラクレットチーズを溶かし、トーストにのせた物を提供されます。
トーストをカットすると、チーズがとろけるほど柔らかいまま。
パンの小麦の香ばしさと、チーズの濃厚な味わいが重なり何とも美味しい。
チーズが前と変わった印象を受けました。

オムレツ サンドイッチ

セントルザベーカリーで一番リピートしているメニュー。
ふわふわの食パンに、ふわふわのオムレツが挟まっています。
オムレツの卵の甘みとマスタードソースのほのかな味わいがいいです。
食パンの柔らかさが、かなり良いんです。

ごちそうさまでした


銀座での買い物の後、チョットお茶をしたくなりました。
気温が高かったため、アイス系の何かをと思っていたところ、セントル ザ・ベーカリーで、パフェがあったのを思い出して、行ってみました。

4時半頃で、7割ほどの入り、すぐに案内され、カウンター席に座りました。
カウンター席にすわるのは初めてです。

注文したのは、
キャラメルとピスタチオのパフェ
です。

キャラメルとピスタチオのパフェ

期間限定のパフェは、キャラメルとピスタチオのパフェでした。
幅が広い、波打ったデザインのグラスに、タップリのアイスクリームと生クリーム、アーモンドキャラメルがのったパフェです。
なんだか昔の喫茶店のパフェのようなビジュアル

食べてみると、濃厚で甘いピスタチオアイスクリームと、しっかりした苦みもあるキャラメルアイスクリームです。
生クリームはあまくて、アーモンドキャラメルの香ばしさがその甘さを補っています。

パフェはまあ、美味しいのですが、やっぱりサンドイッチを食べれば良かったなぁと思ってしまいました。

休日の午後、というか夕方ちかい16時過ぎ、サンドイッチを食べに、銀座の「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。
カフェスペースも混んでいて、お店の入口で少し待つことになりました。
奧の部屋は17時までなのか、案内されず、手前の明るいテーブル席に通されました。

注文したのは
チーズトースト
フルーツサンドイッチ
です。

チーズトースト

注文してから食パンに溶かしたラクレットチーズをのせて出されるのがチーズトースト。
ラクレットチーズは溶かしている工程を店内で見ることが出来ます。
目の前に出されると、チーズの香りが強く漂ってきます。
食パンはトーストされて無くやわらかく、チーズはとろ~り。
パンの味わいと、チーズのコクが良いです。

フルーツサンドイッチ

よく食べたくなる、フルーツサンドイッチ。
フルーツはその時々で替り、今回は、イチゴ、メロン、マンゴー、キュウイ、バナナ、みかんです。
生クリームは、甘いですが、固めでフルーツの味わいの邪魔をしません。
メロンとマンゴーがジューシー。
イチゴの味が強く、バナナの甘みもいいです。
みかんが甘酸っぱくて良いです。

ごちそうさまでした。

平日の夜、夕飯で有楽町の食パン屋さん「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。
前は夜はレストランだったのですが、少し前から夜もカフェ営業に変わっています。

注文したのは、
きのこのスープ
オムレツサンドイッチ
シュガートースト
です。

きのこのスープ

スープは日替わりなので確認すると、キノコのスープだったので注文しました。
いつもポタージュ系の濃厚なスープで、これもキノコが強めな味わいでした。

オムレツサンドイッチ

オムレツサンドイッチは、北海道産小麦を使った食パンのサンドイッチで、関西で多いオムレツが挟まったタマゴサンドです。
ふわっと柔らかい食パンに、ふわふわに焼かれたオムレツです。
オムレツはジューシーで甘味は控えめ。卵の味わいをしっかり感じます。

シュガートースト

シュガートーストは、食パンにシュガーバターを塗って焦がしたシンプルメニューです。
パンは生かトーストを選べ、トーストにしたのですが、いつもより焦げた感じで残念。
甘さと香ばしさは良いのですが、焼きすぎです。

休日の夕方、チョットお茶をするために銀座のセントル ザ・ベーカリーに行きました。
17時近い時間だったので、カフェの方は席が空いていてすぐに座ることが出来ました。
今回は手前の明るい席。

注文したのは、
フレンチトースト
ホットコーヒー
です。


フレンチトースト

フレンチトーストは、注文してから20分と言われましたが、そこまでは待ちませんでした。
出てきたフレンチトーストはいつもの通り六等分に切られています。
食べてみると厚めにカットされた角食パンにたっぷり甘い卵のシロップがしみこんでいて、焼けてキャラメリゼされ表面がぱりっとして、中はとろとろで良いです。
さらに耳がほどよい堅さでさらに焼かれていて香ばしく、かなり良いです。
耳まで美味しいフレンチトーストはここだけかも

ホットコーヒー

ホットコーヒーは大きめのカップにたっぷり入っています。
酸味は少なくすっきりして飲みやすい珈琲です。

夕方は席も空いていることが多く、すんなり入れ、おいしいフレンチトーストが食べられていいです。

------------------

銀座の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」でフレンチトーストを食べてきました。

休日の午後、銀座でランチと買い物後、お茶をするために、銀座一丁目の「セントル ザ・ベーカリー」に行きました。
食パンを買う行列は絶え間ないですが、カフェの方には列はなし。
ドアを開けると店長さんに挨拶をされ、奧のエリアの席に案内されました。

注文したのは、
フレンチトースト
ダージリンセカンドフラッシュ
です。


フレンチトースト

注文すると20分くらいかかりますと言われますが、10分もかからず出てきました。
店内にディスプレイされた本もあまり読めませんでした。

北米産小麦の角型「プルマン」を使った、フレンチトーストは6等分にカットされて出てきます。
カットされてから焼かれているようで、切られた断面もカリッとしています。
食べてみると、表面は薄くかりっとして、中はとろとろ。
キャラメリゼされたようなカリッとした甘さと、玉子の味わいが優しく口の中に広がります。
このフレンチトースト、中ももちろん美味しいのですが、耳がまた美味しいのです。
弾力がある食感と、卵の液がしっとりしみ混んだ感じ、うっすら焼かれた感じが相まって美味しいです。


ダージリンセカンドフラッシュ

ドリンクは紅茶のダージリンセカンドフラッシュにしました。
ダージリンはセカンドフラッシュなので、赤茶色。
茶葉のしっかりした味わいに、ほのかな甘みを感じます。
お茶は3杯弱位しっかりあります。

------------

休日のランチで銀座の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。


お店に行ったのは14時過ぎだったので、行列はなくすぐに座れることが出来ました。
奧の書斎的な部屋です。ココは、本がたくさんあってなかなか楽しいのです。

注文したのは、
BLTサンドイッチ
シュガーバター
フルーツサンドイッチ
です。

BLTサンドイッチ


山型食パンをトーストして、ベーコン、レタス、トマトをサンドしてあるのが、BLTサンドイッチ。
ベーコンの香ばしさ、レタスのシャキシャキ感、トマトの酸味とフレンチドレッシングがあわさって美味しいです。
パンがトーストされているのもポイントです。

シュガーバター


シュガーバターは、国産小麦の食パンに、エシレバターと北海道産グラニュー糖を乗せて焼いています。
普通に頼むとパンは生ですが、「トーストしてください」とお願いすると、軽く焼いたパンでシュガーバターを作ってくれます。
トーストしたほうが好みなので、いつもお願いしています。

出てきたシュガーバターはこんがり焼かれています。
食べてみると香ばしさと、甘さと、バターの味わいとパンの柔らかさが渾然一体となってかなり美味しいです。
裏にしみているバターもいいです。なので、かなりリピート率高いです。

フルーツサンドイッチ


後から注文したフルーツサンドイッチですが、注文して恐ろしい早さで提供されました。
作り置きか!?と勘違いしてしまいそうな早さですがサンドイッチのクオリティからしてそれはないはずw

フルーツは、バナナ、キウイ、メロン、マンゴー、ラズベリーです。
たっぷり入ったフルーツに甘さのしっかりしたクリームが包み込み、ふわふわのパンに挟まれています。
ここのフルーツの味わいがしっかり出ているのにクリームの甘さもあり美味しいです。
パンがホントにふわふわでびっくりです。


混んでいなければ、パンの耳をおつまみに、本を読むのが良いですw

ごちそうさまでした

----------------

オムレツサンドイッチがリニューアル!オムレツが存在感を増して美味しい!銀座「セントル ザ・ベーカリー」

銀座の食パン専門店の「セントル ザ・ベーカリー」で、オムレツサンドイッチを食べてきました。

休日の少し遅いランチで銀座へ。
お気に入りの「セントル ザ・ベーカリー」は、食パンの販売では行列ですが、イートインの方は列がなくすぐに入ることが出来ました。
通されたのは奥の書斎調の部屋です。

注文したのは、
オムレツサンドイッチ
シュガーバタートースト
本日のスープ(ホワイトアスパラ)
です。

「本日のスープ」は、季節のホワイトアスパラだったので大きいサイズで注文しました。
白いスープを飲んでみると、ホワイトアスパラが濃いです。
たっぷりのアスパラが入っていることを実感できる味わいでかなり美味しいです。
後で出てきたサンドイッチのパンの耳で残ったスープまで綺麗にすくって食べました。

「オムレツサンドイッチ」は、
6カットから4カットに変わっていました。
オムレツは中が半熟でとろりとした感じがわかります。
パンはトーストするかしないかを選べます。
トーストをしない方を選んだので、パンはふわふわで柔らかです。
パンの甘みと半熟感の少し残ったオムレツの甘みがかさなりボリュームもあり美味しいです。

「シュガーバタートースト」は、トーストされた食パンに砂糖とバターの乗ったシンプルな物。
カリッと焼かれているためパンの表面と耳がカリカリ、しかしパンの中はやわらかくふわりとしています。
砂糖の甘さと芳醇なバターの味わいを感じ、シンプルながら美味しいです。

書斎の部屋は、食に関する興味深い本もたくさんあり、読みたいのですが、料理が出てくるのも早く、食後は混んでいると思うとあまり長居するのが悪くてなかなか読めません(笑)

ごちそうさまでした

-------------------


食パン専門店で有名な、銀座の「セントル ザ・ベーカリー」。
ここのカフェで食べられるフレンチトーストは、個人的なランキングでフレンチトースト部門第一位です(笑)

雑誌「<A href="https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/discover-japan-b-414094/">別冊Discover Japan ニッポンの美味しいパン</A>」を読んでいると「セントル ザ・ベーカリー」が紹介されており、食べたくなっちゃったので、電車に乗り銀座へ。

「セントル ザ・ベーカリー」のカフェはお昼の時間帯を外せば割と空いていることが多いのです。
この日も15時過ぎだったので、部屋の席に座ることが出来ました。
明るい手前の席も良いのですが、書斎風のこちらの席も好きなんですよねぇ

注文したのは、
BLTサンドイッチ
クロックマダム
フレンチトースト バニラアイス
です。

BLTサンドイッチは、イギリスパンが使われたサンドイッチ。
具はもちろん、ベーコン、レタス、トマトです。
パンは耳も含めてサクサクッとトーストされています。
噛んだときの、パンのさっくり感が心地良く、なかのふわっとした食感も良いです。
具のベーコンは厚くジューシー、レタスはシャキシャキ、トマトはみずみずしいですがベちょっとはしておらずいいです。

クロックマダムは、2枚のパンにハム・チーズがサンドされ、上にまたチーズと目玉焼きが乗っています。
目玉焼きの黄身は半熟で切るととろーりと流れ出ます。
パンは、角食パンを使用しており、トーストされているため、耳もかりかりです。
ハムは味わいがしっかりしたもの、チーズのコクとうまみはかなり良いです。
目玉焼きの黄身の甘さが加わってかなり美味しいです。

フレンチトーストは、追加で注文です。
付け合わせは、生クリームかバニラアイスが選べますが、バニラアイスをチョイス。
しばらくすると、芳ばしい香りが漂うフレンチトーストが運ばれてきました。
フレンチトーストは厚めのトーストを6等分にカットしたもが焼かれています。
食べてみると、表面がカリッとして、なかはトローリ。タマゴと砂糖の甘さがほどよいです。
パンの美味しさもあるので、かなり美味しいです。
個人的にフレンチトーストではナンバーワンです。

かなりお腹いっぱいになって大満足。
ごちそうさまでした。

------------

銀座の「セントル ザ・ベーカリー」で、チーズトーストを食べてきました。

休日、新橋・銀座辺りを散策しました。
あれやこれやで、ランチを食べ逃してしまい、どうするか悩んだ結果、サンドイッチを食べることに。
銀座の一丁目のセントル ザ・ベーカリーに行ってみるとカフェの行列は無し。やった!
無事にラストオーダー(16時)直前に入店できました。

注文したのは、
本日のスープ(きのこ)
オムレツサンドイッチ
チーズトースト
です。

オムレツサンドイッチは、卵焼きというかオムレツとマヨネーズソースが、食パンに挟まれています。
オムレツの蒸気で食パンが柔らかくなっていますが、パンの小麦感はしっかり出ています。
柔らかくなったパンと、ふわふわのオムレツ、ちょっとこの日のマヨは多かったですが、マヨネーズの酸味で美味しいです。
ポテトチップスとパンの耳がついているのが良いです。

チーズトーストは、シンプルですが、とにかく美味しいくてお気に入りの逸品。
注文をしてから、ラクレットチーズを暖めて、トーストされた食パンにのせられます。
トーストされているため食パンはさくっとしており、チーズのとろーり感とバランスが良いです。
チーズはさっぱりした味わいですが、チーズの香りも良く美味しいです。

本日のスープは、きのこのスープでした。
ねずみ色のどろっとしたスープは、なんのキノコが入ったのかよくわかりませんが、コクがあり美味しいです。
後に出てくる、サンドイッチの耳をスープに付けて食べるのも好きです。


店長さんいつも良い席ありがとうございます。
ごちそうさまでした

---------

銀座の「セントル ザ・ベーカリー」で、ランチしてきました。

いつもの通り、事前に予約をしました。
予約時間に行くと、これまでよりレストランの方の列が少ない感じ。

注文したのは、
さつまいものスープ
エビフライサンドイッチ
ツナサンドイッチ
シュガーバター
ホットコーヒー
です。

本日のスープは、サツマイモのスープでしたので、スモールサイズを頼みました。
スープを飲んでみると、まず様々な野菜の味わいがし、後味にふっとサツマイモの甘さを感じます。
少しトロッとしたスープの感じも良いので、パンの耳を付けて食べてるのが気に入りました。


エビフライサンドイッチは、お気に入りで良く頼むサンドイッチです。
パンは、北米産小麦の角型「プルマン」で、トーストされ焦げ目が付いているのが食欲をそります。
具はエビフライは4匹とレタス、タルタルソースです。
トーストされていますが柔らかなパンで香ばしいです。
エビフライはプリップリで衣も味がしっかりしていて美味しいです。
タルタルソースの少し塩気の効いた感じも良いです。
ボリュームたっぷりに感じますが、案外軽く食べられるサンドイッチです。

ツナサンドイッチはもしかしたら初めて頼むかもしれません。
好きなサンドイッチなはずなのですが。
パンは、国産小麦の「ゆめちから」の食パンです。
トーストされていないことから、ふわふわ柔らかくとろりとした食感で、小麦の味わいを強く感じられます。
具は、ゴツゴツしたツナと、薄切りキュウリ、大葉です。
身はゴツゴツしたツナですが、食感はなめらかでツナ風味は柔らかです。
キュウリのコリコリした食感がアクセントになっています。
また大葉にあたるとその味わいをしっかり感じまたツナの風味を強めるようでとてもいいです。

さて、シュガーバタートースト。
600円とこの店では安いメニューですが、実は美味しい逸品。
ただし、パンはトーストしたもので注文する方がいいです。
バターはあのエシレバター、シュガーは北海道産だそうです。
シンプルなトーストですが、焼かれて香ばしいパンと、焦げた砂糖の甘さが重なり合い美味しいです。

コーヒーはシンプルですが、しっかりドリップされた物で、大きなカップにたっぷりで飲み応えがあります。

銀座価格ですが満足度が高いのでOKです。

ごちそうさまでした。

--------------

友人が銀座の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」に行きたいとのことで、行ってきました。
ここのサンドイッチの話をしたら、興味を持ってくれたようです。
事前に予約して準備万端でかけました。
お店に行ってみると、外はパン購入もレストランもすごい行列で、並んでいる人は大変そうでした。

お気に入りの食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」のイートインでサンドイッチを食べてきました。

休日の13時、事前に予約していきました。
通されたのは、奥の部屋の方。こちらは、洋館の書斎のようで雰囲気がいいのです。
ソファー席で更にテンションが上がりました。

注文したのは、
エビフライサンドイッチ
チーズトースト
フルーツサンドイッチ
コーヒー
です。

エビフライサンドイッチのパンは軽くトーストされた北米産小麦の角型「プルマン」です。
具はエビフライは4匹とたっぷり入り、タルタルソースとレタスです。
ふわっとして、ほんのりさくっとトーストされたパンが香ばしいです。
エビはプリプリに揚がっていて味も強く、タルタルソースのタマゴ味と組み合わされると何とも美味しいです。
しゃきっとしたレタスもいいです。
カップに添えられた、パンの耳をパクパク食べるのもいいです。

チーズトーストも「ブルマン」を使用しています。
トロトロのチーズがたっぷりのっています。
パンはチーズがのる面のみトーストされ、ふわもちとチーズのトロっとした食感が味わえます。
チーズはさっぱりしていますが美味しいです。

フルーツサンドイッチのパンは国産小麦ゆめちからの「角食パン」です。
パンに生クリームとカスタードクリームの間にフルーツが挟まれています。
フルーツは、キウイ、オレンジ、いちご、バナナ、メロンなどです。
生クリームの甘さが目立ちますが、キウイの酸味やバナナの甘みなどもしっかりして美味しいです。

コーヒーはさっぱりしています。
たっぷりのカップでたくさん飲めるのがいいです。

-------

案内されたのは、奥の部屋のソファー席。
洋館の書斎のような雰囲気で好きです。

注文したのは、
本日のスープ ほうれん草のスープ
ハムエッグサンドイッチ
オムレツサンドイッチ
フルーツサンドイッチ
です。

ほうれん草のスープは濃厚なスープです。
ほうれん草とチーズの味わいが強くて美味しいです。

ハムエッグサンドイッチは、パンを三枚使ったサンドイッチ、
パン、レタス&ハム、パン、タマゴサラダ、パンの5層構造で厚みがあります。
ちょっと食べるのが大変ですが、ふわふわのパンにうま味のあるハム、ゴツゴツしたタマゴサラダが合わさって美味しいです。
中のマスタードが味わいが強くて美味しいです。

オムレツサンドイッチは、ふわふわパンに、ふわふわオムレツです。
シンプルなサンドイッチですが、オムレツの柔らかさと絶妙な塩加減でかなり美味しいです。

フルーツサンドイッチはとても豪華な具です。
具は、バナナ、キュウイ、マンゴー、メロン、イチゴ、オレンジに甘い生クリーム。
たっぷりなフルーツで食べるとこぼれそうになります。

ふわふわなパンで作られたサンドイッチはどれも美味しくて良かったです。

-----------

2014年のリピート率、ナンバーワンのお店になったレストランは、食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」です。
レストランの最終営業日、12月30日のお昼に伺いました。
予約していたので待ちませんでしたが、パンの購入・レストランともすごい行列でその人気は継続中です。

さて、食パン納め、注文したのは、
シュガーバター
クロックマダム
ポテトサラダサンドイッチ
です。

シュガーバターは、食パンに、砂糖に、バターのシンプルな一品。
パンはそのままでもトーストすることもできます。
今回はトーストとで注文。
軽くトーストされたパンにカラメル色になった砂糖とバターがのり良い香りが漂います。
パンはカリとろ、ふわです。
甘い味わいが口の中に広がり、シンプルですが、かなり美味しいです。

クロックマダムは、食パン2枚にハムが挟まり、チーズと目玉焼きがのっています。
ビジュアル的に超美味しいそう。
ナイフで切ってみると半熟の黄身がとろりととろけて食欲をそそります。
食べてみるとふわふわのパンと、トロトロチーズにハム、甘みのある玉子が渾然一体となって、何とも美味しいです。
特にトロトロチーズにコクがあり、美味しいです。

ポテトサラダサンドイッチは、その名の通り、ポテトサラダのサンドイッチ。
ポテトサラダは、なめらかなポテト部分とゴツゴツ残ったポテト、キュウリ、人参などが入っています。
塩加減が良く、普通に美味しいです。
注文して出てくるのが早かったので、パンが乾燥してしまうのも考えて注文したい感じw

奥の書斎のような部屋でゆっくり食事が出来て良かったです。

---------------

テレビでもたびたび紹介されている、食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」。
一斤の食パン購入のため大行列が出来ていますが、その隣はレストランが併設され、その焼きたての食パンを使った、トーストやサンドイッチを食べることが出来ます。

そのレストランにサンドイッチを食べに行ってきました。
レストランの方も行列が出来ていましたが、事前に予約をしていれば待つことなく入れます。

案内されたのは奧の部屋の席。
窓のない閉鎖的ですが書斎のイメージで何となく落ち着きます。

注文したのは、
たまごサンドイッチ
クラブサンドイッチ
パンプディング
珈琲
です。

たまごサンドイッチは、国産小麦の角食パンを使い、粗めに砕いたゆでたまご、薄切りのキュウリが数枚入っています。
パンはトーストしていないので、ふわっと柔らか。小麦の甘さを感じます。
具がたっぷり入っていて、噛むとパンからはみ出してしまいます。
マヨネーズと絡んだゆでたまごが美味しいし、キュウリのシャキシャキ感がいいです。

クラブサンドイッチは、山型イギリス食パンがトーストされ、鶏もも肉のロースト、ベーコン、レタス、トマト、ゆでたまごがサンドされています。
山型の食パンなので、サンドイッチの三角カットがちょっと変わっています。
食パンはトーストされているので香ばしいです。
具がおおく口に入れるのが大変ですw
鶏もも肉とトマトの味が強めに主張します。マヨネーズがもう少し多い方が好みかも。

デザートにパンプディング。
出てきたパンプディングにびっくり。
メレンゲの角がたくさん生えて可愛い感じw
スプーンですくってみると、プリン状のパンが。カラメルソースたっぷりです。
食べて見ると、パンは甘くトロトロ、メレンゲはまったり濃厚で口の中で甘さが広がります。

あまりのパンプディングの甘さで、珈琲が飲みたくなり、追加注文しました。
ごちそうさまでした。

--------

銀座三越での買い物が思わず長く時間がかかってしまい、遅いランチに銀座一丁目の「セントル ザ・ベーカリー」に行きました。
セントル ザ・ベーカリーのランチは、16時ラストオーダーで17時までです。
ギリギリに入って食べました。

注文したのは、
ハムステーキサンドイッチ
フレンチトースト
です。

パンステーキサンドイッチは、ロースハムのステーキが国産小麦のゆめちからの食パンに挟まれています。
食パンは軽くトーストされています。
さくっとした表面、もちっとしたパン、ロースハムのしっかりした食感がとても良いです。
ほんのりマスタードの味わいもいいです。
サンドイッチを作るときにカットされた、パンの耳もコップに入って出されます。
このパンの耳、耳だけでも十分美味しいです。
後で頼んだ、フレンチトーストに付いている生クリームを付けても食べましたw

フレンチトーストは厚めにカットされ、黄金色でとても美味しそうです。
また甘い香りが漂いよりいっそう食欲をそそります。

--------------

美味しい食パンが食べたいと言うことで、銀座の食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。

事前に電話して、12時の予約。無事に席が確保されていました。

食パンの販売の方はいつもの通り行列が出来ていました。

席に座り、メニューを眺めしばし考える。

注文したのは、
2種類の食パン食べ比べ(バター食べ比べ)
チーズトースト
本日のスープ
です。

食パン食べ比べを選ぶと、食パンを焼くトースターを選びます。
トースターは入口の方の棚においてあるので好きな物をテーブルに持ってきます。
持ってきたのは、ぴかぴかの銀色のローレットのトーストです。
店員さんの説明では片面焼きも出来るトースターだそうです。

食パン食べ比べは、国産小麦の角食パンと山型のイギリス食パンを選択。
チーズは三種類、エシレバター、北海道産バター、国産バターです。

まず山型のイギリス食パン。
独特の山型の食パンは耳がしっかりしています。
トーストされ、表面がカリッとしてふわふわです。
小麦の酸味が特徴的です。
バターはそれぞれ試して試してみましたが、エシレバターと飲み合わせが気に入りました。

で、国産小麦の角食パン。
そのままでも美味しいとのことで、一口分つまんで食べてみると、ふわっふわで柔らかく、小麦の甘みを感じまて何とも美味しいです。
バターを付ける必要も無く、そのまま一枚食べられそうな勢いです。
とまれ。残りをトースターに入れて焼く。
焼き終わると香ばしいかおりが。
バターなしでも、バターありでも美味しいです。
バターでは、北海道産バターのさっぱりした味わいがこのパンには相そうですが、一番は焼かないでそのままでようか。

チーズトーストは、北米産小麦の角食パンに溶かしたラクレットチーズがのっています。
チーズを熱で溶かすマシンで、トロトロチーズがトーストされた食パンにのるところが見られて楽しいです。
とろっとろのチーズは柔らかく、味わいはさっぱりした感じですがしたに残るコクが良いです。

食パンだけでしたが、お腹いっぱい大満足です。

------------

休日のランチで、サンドウィッチが食べたくなり、銀座のセントル ザ・ベーカリーに行ってきました。
昼時だったため少し並んでいましたが、5分ほどで席に案内されました。

注文したのは、
シューガートースト
オムレツサンドウィッチ
クロックマダム
本日のスープ(ハーフ)
です。

本日のスープはキノコのポタージュでした。
とろとろのポタージュは、きの子の味わいが強く出てかなり美味しかったです。

シューガートーストは、国産小麦ゆめちからを使った「角食パン」に、エシレバターと北海道産グラニュー糖がのりっています。
焼くか焼かないかを選択できます。今回は、焼くのを選択。
パンは6等分に切られています。
グラニュー糖がカリカリになっており、バターの香りと甘さで美味しいです。

オムレツサンドウィッチは、今回一番食べたかった品。
玉子焼きが挟まれたサンドウィッチです。パンは「角食パン」で焼かれていませんでした。
ふわっとしたパンと、焼きたてのオムレツがとろりとしています。
オムレツは塩味が付いていて、微妙な加減がなかなかいいです。
切られたパンの耳が付いたので、スープにつけて食べました。

クロックマダムは、パンにハムとチーズをはさみ、バターを塗ったフライパンで焼いて、さらに目玉焼きがのっています。
さくさくのパンと、とろーりチーズ、目玉焼きの黄身のとろみがいいです。
できあがるまで少々時間がかかりますが、来たらすぐに食べたい品です。

ごちそうさまでした。

-----------------

銀座の食パン専門店、セントル ザ・ベーカリーです。
予約して、ランチを食べに行きました。

奥のソファー席に座れてラッキーです。

注文したのは、
食パン2種盛り
クロックムッシュ
フレンチトースト
です。

食パンは、北米産小麦のプルマンとイギリスパンを選択。
トースターは、ラッセルホプスのガラストースターを使いました。
シャープなデザインが格好いいです。

イギリスパンは、焼き上がりがサクサクしている感じ。
小麦の香りがかなり強く食欲をそそりました。
エシレバターとの組み合わせが好きです。

プルマンは外側はサクッとして中はふわっとしています。
味は寄りプレーンな感じです。

クロックムッシュは、食パンにハムとたっぷりのチーズがのっています。
とろちろチーズと、しっかりしたハムがいいです。

トースト中心のメニューで、優雅なブランチ気分になれていいです。

-----------------

ずっと気になっていた、銀座一丁目の食パン屋さん「セントル ザ・ベーカリー」に行ってみました。

場所は、銀座一丁目、首都高の高架下で、茨城のアンテナショップの隣になります。

入り口は行って右側が、食パンの販売専用カウンターで、左側がイートインコーナーです。
日曜日の11時半頃行ったのですが、ウェイティングシートで8組待ちでした。
約15分ほど待って席に案内されました。

注文したのは、
食パン2種盛り B.バター食べ比べセット
チーズトースト
です。

食パンを注文すると、入り口近くにあるトースターの中から好きな物を選んで焼くことが出来ます。
今回は、ラッセルホブスのトースターを選択しました。

パンは、3種類のパンから2種類選べます。

角食パン 国産小麦の湯種・液種の角食パン
プルマン 北米小麦の湯種・液種の角食パン
イギリスパン 山型のイギリス食パン

角食パンは、モチモチ系のパンです。
メニューには、焼かないでも食べれるとありましたが、トースターで軽く焼きました。
表面がぱりっとして、中がモチモチで美味しいです。

プルマンは、癖がなくプレーンな感じのパン。
これが、一番、バターとの組み合わせでバターの味わいを楽しめました。

イギリスパンは、盛り上がった形が良い感じのパンです。
小麦の香りが強く、焼いて香ばしくなります。

バターは、エシレバター、北海道美瑛牧場のバター、国産バターです。
エシレバターは塩分が少し多く感じます。

北海道北海道美瑛牧場は結構さっぱりした感じなのですが、後味でバターの芳醇な味わいがいいです。

国産バターは、油と塩のバランスが普通な感じでいいです。

セットには、北海道美瑛放牧酪農場産牛乳が付きます。
コクがありしっかりした味わいの牛乳です。
あまり冷たくないのも良いです。
なお、牛乳が苦手な方は、アイスティーに変更も可能です。

チーズトーストは、店内のラクレットオーブンで、チーズを溶かし、落ちたチーズをトーストにのせて食べます。
パンは、角食パン。軽く焼かれていて、とろとろのチーズがのって出されます。
とろけたチーズはすごく柔らかで、真ん中でパンを切ると、とろけて流れ出します。
昔、アニメで見た、アルプスの少女ハイジのあのチーズパンを思い起こせます。

チーズは濃厚ですが、結構さっぱり。もちもちのパンとよく合い、かなり美味しいです。

店員さんもきびきび動きサービスもしっかりしていました。

  • (説明なし)
  • オムレツサンドイッチ
  • 最高に美味しいチーズトースト
  • シュガーバター137

もっと見る

2位

breadworks 天王洲 (天王洲アイル、北品川、新馬場 / パン、サンドイッチ、カフェ)

23回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2019/05訪問 2019/08/13

デリ3テンプレートが楽しい。たらことジャガイモのフリッタータが美味しい!

休日のランチで、いつもの運河沿いのカフェ「breadworks 天王洲」に行ってきました。
13時半頃で席は満席近い状態。テーブル席が空いていたので座れました。

注文したのは、
デリ3品プレート
アールグレイ
です。

デリ3品プレート

デリ3品プレートはその日のデリから2品選べ、パンのついたプレートランチです。
サラダ系6,7種類から選べるのと、プラス料金(200円)のものが3種類ありました。
この日に選んだのは、
たらことジャガイモのフリッタータ
グレインサラダ
ラタトゥイユ
です。

たらことジャガイモのフリッタータ

フリッタータは、+200円が必要なデリです。
ジャガイモがゴロゴロ入ったもので、スペイン風オムレツとキッシュのあいのこのような感じ。
ほくっとしたジャガイモが、玉子焼きに包まれています。
たらこがうえにソースとしてもかかっているし、オムレツの中にもあり、味わいがアクセントになり美味しいです。気に入りました。

グレインサラダ

ワイルドライス、キヌア、デュラム小麦、ケールの入ったサラダです。
プチプチした食感に、ケールのスパイシーな味わいもいいです。
結構たっぷりのせてくれます。

ラタトゥイユ

いつも頼んでしまう、ラタトイユ。
煮込まれたトマトソースの酸味がいいです。
大きめにカットされた茄子もいつもたくさん入っています。
この茄子のとろりと柔らかい感じが美味しいです。

アールグレイ

紙カップの紅茶は、いつものMighty Leaf(マイティーリーフ)のアールグレイです。
しっかり目に出る紅茶はいいです。

賑やかなカフェの中でまったり過ごせていいです。
昼食後、いつもの運河沿いのカフェ「breadworks 天王洲」に行きました。
席も窓側のカウンター席に座れました。

注文したのは、
プレーンマフィン
シナモンロール
アイスカフェラテ
です。

プレーンマフィン

ふわっとして生地がざくざくっとした食感のマフィンです。
プレーンなので粉の味わいがしっかりして美味しいです。

シナモンロール

ぐるぐる巻きのシナモンロール。
上に砂糖シロップが固まっていて美味しそうでした。
パンの部分はしっとりして、シナモンの味わいが美味しい。
ただ、レーズンがたっぷり入っていてそれは残念。

アイスカフェラテ

ここのアイスカフェラテは美味しいので好きです。
甘いながらすっきりした牛乳と、濃いエスプレッソ。
コクがあって美味しいです。
休日のランチで、お気に入りの天王洲運河沿いのカフェ「breadworks 天王洲」に行ってきました。
いつものとおり、賑わっていました。

注文したのは、
3種のデリプレート
オーガニックダージリン
です。

3種のデリプレートは、ショーケースの好きなデリを3種とパンのセットです。
選んだのは、
牛肉と豆腐の煮込みハンバーグ
7種類の野菜のラタトゥイユ
ビーツと焼き鯖、ケールのサラダ
です。

牛肉と豆腐の煮込みハンバーグは「豆腐の入ったやわらかな食感が楽しめるハンバーグを白味噌使ったトマトソースで煮込みました。」とのこと。
食べてみるとやわらかなハンバーグでジューシー、お肉の味わいもしっかりしてトマトソースの酸味と白味噌のせいか少し甘い味わいもありいいです。

7種類の野菜のラタトゥイユは「定番の野菜に季節のサツマイモと人参を加えた、7種類の野菜をトマトソースで煮込みました。」とのこと。
ゴロゴロした野菜たっぷりで食べ応えがあります。トマトソースが煮込まれて粘性がたかくいいです。サツマイモの存在感があり、パプリカも美味しいです。

ビーツと焼き鯖、ケールのサラダは「ケールと鯖をメインにキヌアを加えて、白味噌のジンジャードレッシングをあわせました。」とのこと
ちょっと挑戦した一品ですが、美味しい!
見た目はキヌアが中心みたいですが、鯖の味わいがガツンときます。白味噌感はありませんがさっぱりドレッシングで美味しいです。

パンは、カンパーニュ、ブラウンブレッド、ビアブレッドの3種類でした。
どれもソフトなパンで美味しいです。

オーガニックダージリン

Mighty Leaf(マイティーリーフ) のオーガニックダージリンです。
すっきりした味わいでいいです。
休日のランチで、お気に入りの運河沿いのカフェ「breadworks 天王洲」に行ってきました。
12時頃で、席にはまだ余裕があり、すぐに座ることが出来ました。
14時頃が一番混み合う時間のようです。

注文したのは、
本日のスペシャルプレート
アールグレイ
チョコバナナマフィン
です。

本日のスペシャルプレート

スペシャルプレートは、日替わりメイン、サラダ、パンのセット。
この日のメインは、サーモンのクリームシチューです。
熱々のココットに入ったクリームシチューはとろーりとしています。
サーモンとジャガイモがたっぷり入り、サーモンの脂をかなり感じます。
トーストされていた、 ブールという丸いソフトなフランスパンに付けて食べるのも美味しいです。
ブールは白くプレーンな小麦の味わいでよく、トーストされて香ばしい感じも良いです。
サラダはタップリでチーズとさっぱり系のドレッシングがかかり良いです。

アールグレイ

Mighty Leaf(マイティーリーフ) のオーガニックアールグレイです。

味わいはしっかりしていながら、ベルガモットオイルがブレンドされてるとのことで後味すっきり系。
香りも良くいいです。

チョコバナナマフィン

途中、焼き上がりに出会った、チョコバナナマフィンです。
食べたときにはまだ温かかったです。
ふわっとした生地で、食べてみるとかなりバナナの味わいが濃いです。
チョコも濃厚で甘くて良いです。
休日午後、天王洲アイルのbreadworksに行ってきました。
結構混んでいて、Wi-Fiが繋がりづらいです。

注文したのは、
メイプル パンペルジュ
コーヒー
です。

メイプル パンペルジュ

アパレイユをたっぷり浸したバケットにメイプルシュガーをたっぷり挟んだ、オリジナルのフレンチトーストだそうです。
フレンチトーストの味わいに、カリカリの食感が加わったようなバケットで美味しいです。

レモンケーキ

レモンの味わいが濃くて好きです。

コーヒー

酸味のある味わいのコーヒー
さっぱりした味わいが良いです。
日曜日のランチで、運河沿いのお気に入りのカフェ「breadworks 天王洲」に行ってきました。
11時半前でいつものとおり割と混んでいましたが、窓側のカウンター席に座れました。

注文したのは、
チリビーンズとアボカドのタルティーヌ
ラタトイユ
コーヒー
発酵クロワッサン
です。

チリビーンズとアボカドのタルティーヌ

大きめのカンパーニュに、チリビーンズ、アボカド、ポーチドエッグ、パクチーののったオープンサンドです。
ポーチドエッグを割ると黄身が流れ出します。
カンパーニュの酸味、チリビーンズのピリッとした味わい、甘い黄身、アボガドのとろみがあわさり美味しいです。
タップリのサラダは普通です。

ラタトイユ

ゴロゴロした野菜たっぷりのラタトイユです。
トマトの味わいが濃厚で、ジャガイモがいいです。

コーヒー

ホットのブレンドコーヒー
普通の味わいですが、さっぱりして良いです。

発酵クロワッサン

クロワッサンは、9時、13時、16時に焼き上がります。
焼き上がりを買って食べました。
焼きたてと行っても少し冷ましてあり、熱々ではありません。
まわりはぱりっとして中はしっとり。
バターのあじわいは抑え気味ですが、その香りはいいです。


休日のランチで天王洲アイルの「breadworks 天王洲」に行ってきました。
11時頃だったのですが、ほぼ満席で席を探すのが大変でした。

注文したのは
パプリカとコーンのトマトスープ
クロワッサン
アイスオーガニックティー
です。

パプリカとコーンのトマトスープ

スキレットに入った、チーズ、パプリカ、コーンのトマトスープです。
パプリカとコーンがタップリでざくざく食べる感があります。
また、とろみのあるトマトスープが濃厚です。
チーズにコクがありその味わいがアクセントになり美味しいです。

クロワッサン

焼きたてのクロワッサンです。
表面がパリッとして、中はもっちり、バターの味わいが濃くていいです。

アイスオーガニックティー

さっぱりしたアイスティーで濃い目の味わいが良いです。


休日のお茶で、お気に入りの運河沿いのカフェに行ってきました。

注文したのは、
塩パン
アイスカフェラテ
チーズケーキ
です

塩パン

サクッとした食感と、塩の味わいがいい、クロワッサンっぽい塩パンです。

チーズケーキ

濃厚なチーズを感じる、チーズケーキです。
レアチーズケーキのようでまったり美味しいです。

アイスカフェラテ

二層が綺麗な、いつものアイスカフェラテ。
エスプレッソが濃い目で美味しいです。

休日の午後、お茶をしに、天王洲アイルの運河沿いカフェ「breadworks 天王洲」に行ってきました。
暑い週末でしたが店内は混みぎみでした。
お気に入りの窓側のカウンター席に座れたのでラッキーでした。

注文したのは、
バブカ
レモンキューブ
アイスカフェラテ
です。

バブカ

「珈琲にあわせて食べるアフタヌーンブレッド。チョコレートとシナモンのリッチな生地で巻き込みました。
全粒粉のクランブルがアクセント」

デニッシュてきなマーブル柄が印象的なパンで、中にチョコレートとシナモンが練り込まれていて、甘くて芳醇な味わいがいいです。
パンは耳部分はカリッとしていて中はもっちりです。
チョコレートチップもほどよく甘く美味しいです。

レモンキューブ

「レモンクリームとレモンピールを巻き込んだ夏らしい爽やかな1品 トップのクリームチーズフロスティングはクセになる甘さ 冷やして食べるのもおすすめ」

四角いキューブ型のパンにタップリクリームが乗ったパンで魅惑的だったので買いました。
パンは柔らかくふわふわ。
ほんのり酸っぱいレモンクリームとレモンピールでさわやかです。
もっとレモンで酸っぱくなっても良い感じです。
上にのったクリームチーズフロスティングはけっこうな甘さとレモン味です。

アイスカフェラテ

ここのアイスカフェラテが好きです。
いつもの通り濃い目のエスプレッソと甘めの牛乳でほどよく美味しいです。

熱い日差しが差し込むテラス席ですが、運河を眺めながらゆっくりしました。


天王洲までサイクリング。
お気に入りのベーカリー「breadworks」でお茶をしました。
15時前で込み合うちょっと前で、外を眺めるカウンター席に座れてラッキーでした。

注文したのは、
あんこバタースティック
レモンマフィン
アイスカフェラテ
です。

あんこバタースティック

デニッシュ系のスティックパンで、具があんバターです。
さっくりしたパンと、あんの甘味、バターの芳醇さがいいバランスです。

レモンマフィン

すこしさっくり目のマフィンです。
ボロっと砕ける感じですが、レモンの風味と甘味、粉の味わいがいいです。

アイスカフェラテ

白と茶色の二層がきれいなカフェラテ。
飲んでみると、エスプレッソの濃いめの味わいとミルクの甘味をしっかり感じます。
このアイスカフェラテは結構好きです。

運河を眺めながらゆっくりできました。
休日のランチで、お気に入りのベーカリーカフェ「breadworks 天王洲」に行ってきました。
行ったのは13時過ぎ、天気が良い日だったので、大混雑。
なんとか、カウンター席を確保できました。

注文したのは、
アボカドとポーチドエッグのタルティーヌ
アイスカフェラテ
ヌヴォ
ウィークエンド
です。

アボカドとポーチドエッグのタルティーヌ

休日のブランチメニューです。
たっぷりの野菜と、カンパーニュの上にアボカドペースト、水菜、ポーチドエッグがのっています。
カンパーニュは胚芽の味わいがよく、アボカドペーストのまったりした味わいに良いです。
キャベツのピクルスと水菜で味わいにアクセントがあり、ポーチドエッグの黄身の甘さが何とも良いです。

アイスカフェラテ

ここのアイスカフェラテはいつも美味しいです。
濃い目のエスプレッソと甘めのミルク、しっかりした味わいで氷が溶けても美味しいです。


ヌヴォ

NYチーズケーキです。
チーズは、日本、フランス、オーストラリアのチーズがブレンドされているそうで、味わいが濃厚です。
舌触りはなめらかで、ほどよい甘さもあります。
上にのっているショコラクッキーが香ばしくて美味しいです。

ウィークエンド

この店定番のレモンケーキ「ウィークエンド」です。
表面の砂糖の層のしたにレモンのスポンジケーキ、甘酸っぱくて美味しいです。


休日のランチで、天王洲アイルのBreadworksに行ってきました。
11時頃、既に結構混んでいて、席を確保するのも少し大変でした。
少し粘って、無事に窓側のカウンター席に座れました。

注文したのは、
ベーコン&エッグ
ホット ツナ&チェダー サンド
ラタトゥイユ
オーガニックダージリン
です。

ベーコン&エッグ

スキレットのにった目玉焼きと、ベーコンです。
白身はしっかり固めに焼き上がり、黄身は半熟です。
とろりとして甘みのある黄身でいいです。
ベーコンはカリッと焼かれて脂がたっぷりでて、美味しいです。

ホット ツナ&チェダー サンド

トーストされた食パンにタップリのツナとチェダーチーズがサンドされています。
ツナの味わいと塩気、とろーりとろけたチェダーチーズのコクがあわさり、美味しいです。

ラタトゥイユ

お惣菜のショーケースの中にあって、美味しそうだったので頼みました。
トマト、玉葱、茄子、パプリカなどがたっぷり入っています。
冷たかったのが残念ですが、野菜たっぷりで良いです。

オーガニックダージリン

オーガニックダージリンは、米国のマイティーリーフ社のダージリンでした。
ティーバッグで紙カップえ提供されますが、大きめのカップなのでタップリ飲めます。
口当たりは柔らかですが後味がしっかり残り良いです


休日のランチで、お気に入りの天王洲 breadworks に行ってきました。
店内は空いていて、お気に入りの運河の見える窓側のカウンター席に座れました。

注文したのは、
胚芽食パン
クロワッサン
ベーコンエッグ
オーガニックアールグレイ
です。

胚芽食パン

胚芽食パンは3枚入りを、トーストしてもらい、バター・ジャムを付けてもらいました。
よく焼いてもらって、お皿に盛られ出てきました。
胚芽入りなので、焼き目がきつね色になっています。
バターは北海道バター、ジャムは酸っぱいラズベリージャムで果肉感が残っています。
パンは表面がサックリ、なかはもっちり、ミミの食感も良いです。
軽めで、胚芽の味わいもしっかり感じます。

クロワッサン

北海道のバター、フランスの小麦、自家製酵母を使った、発酵クロワッサンです。
菱形のクロワッサンです。
食べて見ると、表面はサックリ、なかはふわっとしています。
バターの味わいはほどほど、もう少しバターが強ければ良いなぁ

ベーコンエッグ

ブランチメニューのベーコンエッグです。
小さく可愛い、スキレットにのった、ベーコン&目玉焼きでいいです。
ベーコンの脂と、玉子の黄身の甘さが美味しいです。

オーガニックアールグレイ

紙カップに入った、アールグレイです。
ティーバッグで、煎れられています。
ほどよいところでティーバッグを出して飲みます。
アールグレイは、ティーバッグにしては香りもしっかりしていて、普通に美味しいです。
舌の上に残る紅茶の味わいも良いです。
休日の午後、いつもの、運河沿いのカフェbreadworks 天王洲に行ってきました。
行ったのは14時半頃、この日はけっこう混んでいて、席をとるのがちょっと大変でした。
その後もずっと混雑具合は変わらずでした。

注文したのは、
クロワッサンザアマンド
プリン
アイスカフェラテ
です。

クロワッサンザアマンド

自家製アーモンドクリームを挟んで焼いたクロワッサンです。
クロワッサンのサクサクな食感と、とろっと甘いアーモンドクリームがいいです。

プリン

銀に入ったビジュアルがとても良いプリンです。
瓶の口は割と大きく、大きめのスプーンでもOKです。
プリンは、弾力がある物のなめらかプリン系で、玉子の甘みがほどよく良いです。
カラメルはけっこう苦みもあって、大人な味わいです。

アイスカフェラテ

よく頼むアイスカフェラテ。
濃いめの味と、ミルクの甘みをしっかり感じる味わいが好きです。

天気のいい日の午後、ゆったりできました

6月の終わりからリニューアル工事をしてカフェの営業が休止していたbreadworks天王洲ですが、8月7日にオープンしたので、山の日に行ってきました。

入口は前と同じで、自動ドアになりました。
中に入ってみると、左手にあったパン焼き場がなくなり、カフェスペースが増えていました。
レジカウンターは奥側で、パンの他に惣菜のデリキッチンエリアが増え、フードが充実しました。
右奥には、ケーキ専門店、Lily cakesが移転してきて、スイーツも食べられるようになりました。

注文したのは、
クロックムッシュ 300円
ベーコン&エッグ 350円
アイスカフェラテ 480円
です。


クロックムッシュ

パンコーナーから選んだのは、クロックムッシュです。
店内で食べると伝えると、針金のバケットに入り、ドリンクと共に出てきました。
クロックムッシュは、チーストハムのサンドで、さらに上にチーズがのっています。
ふわっとしたパンに、トロトロのチーズと普通に美味しいハムで、いいです。
タップリのチーズが良いですね。

アイスカフェラテ

アイスカフェラテは、前と同じく、二層に分かれたヴィジュアル。
飲んでみると、エスプレッソの味わいが濃くて、ミルクも甘みがあり、美味しいです。

ちなみに、リニューアル前、ここのコーヒーは、おかわり自由だったのですが、+100円に変わっていました。
残念。

デリのベーコン&エッグ

デリのベーコン&エッグは、ポケベルを渡され、できあがると鳴り、カウンターまで取りに行きます。

スキレットに収まっている、ベーコンと目玉焼きは可愛いです。
ベーコンは2枚、食べてみると割と厚めにカットされていて、脂身と塩気が良く美味しいです。
目玉焼きは、あらかじめ焼かれてあった物らしいですが、黄身は半熟でとろりとした感じが好みです。

デリは、ラタトゥイユなど惣菜がたくさんあり、いろいろ食べてみたいです。

さらに居心地が良くなった、breadworksはハードリピートしそうです。

休日の午後、ランチとお茶で、天王洲の運河沿いのカフェ「breadworks」に行ってきました。
行ったのは、13時半頃、雨の降った後で、ランチ後のためか落ち着いていて、窓側の席を確保できました。
注文したのは、
シュリンプ・アボカドサンドイッチ
クロワッサン
フレンチトースト
トースト
コーヒー
です。

シュリンプ・アボカドサンドイッチ

ランチ用のサンドイッチがまだありましたので、シュリンプ・アボカドサンドイッチを買いました。
シュリンプはペースト状になって、角切りのアボカドをあえてあり、香りよく美味しいです。

クロワッサン

クロワッサンは少し小さめのもの。
表面はパリパリで中はもちもち、バターの香りもよく美味しいです。

フレンチトースト

バケットを使ったフレンチトーストで、しっとり固めです。
プリン状になった、パンと卵でまったりいいです。

トースト

トーストは3枚入り食パンを2枚焼いてもらいました。
オレンジマーマレードもつけ、焼き立てを食べると美味しいです。

コーヒー

コーヒーはカップで提供され。
おかわり自由です。
酸味は少なめで飲みやすいコーヒーです。


ゆったりした午後を過ごせました。

休日の昼、天王洲アイルのお気に入りのベーカリーカフェにランチに行きました。
カフェは、いつもの「breadworks」です。

12時頃に行ってみると、席は半分くらい埋まっている感じ。
運河が見えるカウンター席も空いていたので、そこに座りました。
パンはちょうど焼きたてが出てくる時間です。

買ったのは、
チーズフランス
本日のスープ(小)
アイスカフェラテ
です。

チーズフランス

チーズフランは大きいかたまりのパンで、イタリアン産モッツアレラチーズとマイルドでコクのあるペコリーノチーズをパゲット生地で包んで焼き上げたパンだそうです。
焼きたてでしたので、買った見ました。まだ、ほんのり温かい感じです。
パンはモチッとして柔らかく、ふわふわです。
裂いてみると、中の二種類のチーズが判ります。
モッツアレラチーズは溶けていてとろーり、ペコリーノチーズはサイコロ状の形が残っているのがありさっぱりいいです。
フワモチ食感に味わい深いチーズで良いです。

本日のスープ(小)

ピンク豆のトマトスープです。
サイズを選べるので、小サイズにしました。
パンと一緒にちょっと食べるのにはこのサイズが良いです。
食べてみると、トマトベースでカレー風味のスープです。
割と小さくコロコロしたピンク豆が多めに入っています。
トマトは果肉が残っておりトロッとした食感も感じます。
その他人参やセロリなどの野菜もタップリです。

アイスカフェラテ

アイスカフェラテは、Mサイズを頼みました。
出てきたときは、二層に分かれています。
かき混ぜて飲んでみると、しっかりしたエスプレッソの苦みに、ミルクのコク、後味がさっぱり系で美味しいです。
ココのアイスカフェラテはなかなか良いんです。

窓から運河を眺めながら、ゆっくり出来ました。
休日のお茶で、お気に入りの運河沿いのカフェ、breadworksに行きました。
混雑を予想していたのですが、カフェの方はそれほどでもなく、満席近いですが、すぐに座ることが出来ました。

注文したのは、
アイスクリーム モカ
レモネード
スコーン ジャム&クロテッドクリーム
です。

アイスクリーム モカ

自転車で走ってくると汗をかき、冷たいものが食べたくなります。
で、つい買ってしまったのが、アイスクリーム。
アイスクリームはエスプレッソのはいった、モカを選択。
バニラの甘さに、エスプレッソのほどよい苦みのはいったアイスは美味しいです。

レモネード

天気のいい日だったので、自転車で来たため汗をかきさっぱり冷たい物が飲みたかったのでこれを選びました。
レモネードは、レモンの味が濃く、酸っぱくてさっぱりです。
甘みもほどほどにありいいです。

スコーン ジャム&クロテッドクリーム

スコーンは、焼きたて。
周りはカリッとして、中はさくしっとり。
香ばしくて、粉の感じがしっかりして美味しいです。
追加で、ジャム&クロテッドクリームを注文することが出来ます。
ジャムはストロベリージャムで、ストロベリーの果肉が大きいままごろごろっと入っています。
酸味がして美味しいです。
クロテッドクリームは濃厚でまったり。チーズの味わいが濃くて美味しいです。

ココはゆっくり出来るのでホント良いです。
休日の午後、ふらっとお茶とオヤツを食べに、お気に入りのカフェ breadworksに行ってきました。
最近週末も混むようになり、なかなか好きな席に座るとことが出来ません。

注文したのは、
シナモンロール
コーヒー
です。

シナモンロール

シナモンロールは、くるくるっとまいてある平な形状。
砂糖でコーティングされぱりっとして、中はもちっとしています。
甘く柔らかい味わいがいいです。


コーヒー

ここで、コーヒーを頼むと専用のマグカップに入れてくれます。
このマグだとおかわり自由でとてもお得です。
コーヒーは、ドリップした味わいがしっかりした感じでスッキリです。

窓からちらりと見える運河を眺めゆっくりできるのがいいです。

平日の午後、家の用事を済ませて空いた時間、カフェでゆっくりしようと、天王洲アイルのベーカリーカフェ「breadworks」にいってきました。
行ったのは14時頃、ランチの時間が終わりふわっと席が空いた感じの雰囲気でした。
ただ、運河を望むカンター席は人気で、なんとか空いていた一席に座ることが出来ました。

席を確保したら、パンの棚を1,2周眺め販売カウンターへ。

買ったのは、
シュリンプとほうれん草のキッシュ
クロワッサン
ミネストローネ
アイスラテ
です。

シュリンプとほうれん草のキッシュ

海老とほうれん草が入ったキッシュです。
ちいさくプリッとした海老にほうれん草もたっぷり入っています。
しっかりした玉子味とさくっとした厚めのパイ生地です。

クロワッサン

焼きたてのクロワッサンです。
表面の生地がサクサクしていて、中の生地はふわふわとろり
バターの香りが良いです。

ミネストローネ

本日のスープはミネストローネです。
スモールサイズを注文。
さっぱりしたトマトスープにゴロゴロ入っています。
具だくさんで食べ応えがあります。

アイスラテ

暖かい日で、自転車で行ったので、アイスのカフェラテを注文。
ここのアイスラテは濃い目でお気に入りです。
氷をとってちびちび飲みました。

良い天気に、運河を眺めながらゆったりできました。


休日のランチで、天王洲アイルのパン屋さん「breadworks」にいってきました。
14時半頃に行ってみると、満席近くで、テーブル席と奥のカウンター席しか空いておらず、少し窓際に近いテーブル席に座りました。

席を確保してから、店内の焼き上がりパンなどを物色。
レジカウンターでお会計です。

買ったのは、
カプレーゼバケット
トースト3枚 +ジャム
コーヒー
です。

カプレーゼバケット

カプレーゼバケットは、トマト、モッツァレッラ、バジルの具が挟まったバケットサンドです。
レジカウンターのショーケースで既にサンドイッチはできあがっていますが、注文してからオリーブオイルをかけてくれるのでパンのパリパリ感は残っています。

パンは表面はパリパリですが、中はやわらかめのモチモチです。
小麦の感じがさわやかなバケットです。

トマトは果肉がしっかりした食感、モッツァレッラチーズのとろりとした食感とさっぱり味に、バジルの苦み、胡椒のぴりっと感が効いていて美味しいです。
オリーブオイルのさわやかさも良いですね。

トースト3枚 +ジャム

パンの売り場に、食パン3枚入りが売っていましたので、これをレジでトーストにしてもらいました。
また食パン用に売っているジャムも付けました。
食パン国産小麦をつかったパンで、表面はほんのりさくっとして、中はやわらかくモチッとした食感です。
焼けたパンのいい香りがします。
ジャムは果肉が残ったストロベリージャムで、甘酸っぱいです。
サクモチしたトーストは美味しいです。

コーヒー

コーヒーはカップでの提供です。
酸味がありながらさっぱりしているコーヒーです。
カップをレジに持って行くと、おかわりを入れてくれるので嬉しいところ。

最近はなかなか混み合っていますが、ゆっくり出来る感じがとても良いです。

天王洲アイルのBreadworksでお茶をしてきました。

休日の午後、品川での買い物の後、天王洲アイルまで行き、お気に入りの運河沿いのカフェBreadworksに行きました。
割と混んでいて、中央の大テーブルの席に座りました。

買ったのは、
プレーンスコーン
クロテッドクリーム&ジャム
カフェラテ
です。

プレーンスコーン


プレーンスコーンは焼きたてでした。
表面がカリッとして、中はふわっと。香ばしくて味が濃いです。

イートイン専用のクロテッドクリーム&ジャムを頼み塗って食べます。
クロテッドクリームは、柔らかい系。すごくなめらかでしっかりした味わい。
ジャムはストロベリーで、果肉がごろっと入っています。甘酸っぱく美味しいです。

カフェラテ

カフェラテは、さっぱりなミルクとエスプレッソ。
飲みやすいので気に入っています。

ゆったりした、時間を過ごせました。


休日のカフェタイム、天王洲のお気に入りのカフェ、ブレッドワークスに行って来ました。

行ってみると、店内はなんだか大混雑。
パンを買う人で大賑わい、ラッキーなことに席は空いていたので座ることが出来ました。

人の波が一瞬消えたところで、レジで注文しました。

注文したのは、
カフェラテ 450円
ダブルチョコレート 420円
です。


カフェラテ

ホットのMサイズ。
寒くなってきたのでホットにしました。
陶器のカップかと思ったら、紙のカップに入れられちょっと残念。
Sサイズならカップなのかなぁ
ほどよい泡と、エスプレッソの苦み、ミルクのコクがバランス良くここのカフェラテは好きです。


ダブルチョコレート


レジ横のショーケース内にあった、ガトーショコラ風のダブルチョコレートを頼みました。
形はカットされたパウンドケーキ状です。
フォークでカットして口に入れるともっさりな感じですが、濃厚なチョコレートの甘みを感じられます。
後味は嫌みが無く、以外とさっぱりしています。

-------------

休日の午後、天王洲のベーカリーカフェ「ブレッドワークス」に行ってきました。

午後1時半頃で、席には余裕があり、運河を眺められるカウンター席に座ることが出来ました。
カウンター席にはコンセントもあるのでパソコンでの作業にも便利です。

注文したのは、
アイスカフェラテ
栗のデニッシュ
ミルクフランス
です。


アイスカフェラテ


エスプレッソとミルクのバランスが良いのがここのアイスカフェラテ。
出てきたときは2層に分かれていませんでしたが、飲んでみると、エスプレッソの濃い味わいと、さっぱり系のミルクの味わいがいいです。


栗のデニッシュ


Breadworksで代表的なのが栗のデニッシュです。
二種類の甘い栗とサクサクのパイ生地が美味しいです。


ミルクフランス


焼きたてだったので、つい買ってしまったのがミルクフランスです。
パンがまだ温かい柔らかくです。
ふわっとした食感に、中から甘いミクルクリームが出てきて美味しいです。

天気が良かったので、青い空とキラキラした運河を眺めながらゆったりした時間を過ごしました。

------------


暑い休日の午後、避暑のため、天王洲の運河沿いのカフェ、ブレッドワークスに行ってきました。

この日はスコールの後で、15時頃でしたが席には余裕があり、カウンター席に座ることが出来ました。

買ったのは、
アイスカフェラテ
パンオショコラ
チーズケーキ
です。

「アイスカフェラテ」はMサイズ。
ここのアイスラテはエスプレッソが濃いので好きです。
アイスラテの2層の分かれ具合はあまいですが、美味しいです。

「パンオショコラ」は、クロワッサン生地でパリパリの表面で中はモチッとしています。
チョコはそんなに多くありませんが、時々あまいチョコレートを感じます。

チーズケーキは、上にクランチの乗ったチーズケーキです。
ぎゅっと締まった感じのチーズケーキで、チーズの味わいはさっぱりしています。
クランチもさくっとしています。

----------

休日のランチで、天王洲アイルのベーカリーカフェ「ブレッドワークス」に行きました。

13時頃に行きましたが、なんと満席。
パンを選びながら待っていると、テーブル席が空いて無事に座れました。

トレーにパンを乗せカウンターでお会計です。

買ったのは、
和"NAGOMI"
フォカッチャ プロヴァンス
安納芋とクリームチーズのパンコンプレ
メロンパン
アイスカフェラテ
です。

和"NAGOMI"は北海道産の小麦を使ったミニ食パンです。
3等分にカットしトーストしてもらいました。
カットは厚めになり、ほどよく焼かれたパンは香ばしく、表面はざらざらですが、さっくり、モチモチの食感。
追加で頼んだ、バターを塗るを甘みを感じます。ジャムはオレンジのジャムで酸味があります。

「フォカッチャ プロヴァンス」はフォカッチャの上にセミドライトマト、オリーブなどがトッピングされた総菜パンです。
フォカッチャは厚みり油分たっぷりです。
セミドライトマトの酸味と、オリーブのうま味がほどよく美味しいです。

「安納芋とクリームチーズのパンコンプレ」半円状の柔らかいパンの中に、蒸かした安納芋とクリームチーズが入っています。
パンコンプレは柔らかくもっちり、中の安納芋がすごく甘くてびっくり。
さっぱりしたクリームチーズとの味わいの組み合わせがいいです。

メロンパンはよく食べるパンですが、この日のメロンパンはすこしもちもち感に不足を感じました。

アイスカフェラテはたっぷり飲みたかったので、Mサイズ。
いつもの通りエスプレッソが濃くて苦みをしっかり感じます。

-----------

休日の午後、少し遅いランチで、天王洲のカフェ「ブレッドワークス」に行ってきました。
美味しいパンをとまったりした雰囲気が好きなカフェです。

午後の時間だったので割と混んでいましたが、運良く窓側のカウンターの席を確保できました。

パンを選ぶ人の列に並び注文します。

注文したのは、
カレーとカリフラワーのキッシュ
オランジェ
冷製トマトクリームスープ
レモネード
です。

カレーとカリフラワーのキッシュは、ショーケースの中に入っていました。
キッシュは食べてみると確かにカレー味。
スパイスと辛味がほどよくキッシュについています。
メインのカリフラワーもたくさん入り、味の主張をしっかりしています。
他の具のベーコンや野菜などもたっぷり入り食べ応えがあります。

オランジュは甘いお菓子系のパンです。
クロワッサン系の生地で丸く整形され、オレンジソースとシュガーソースが掛けられています。
食べてみると
シュガーソースの甘さ、オレンジの酸味、パンの層になった柔らかさが口の中に入っています。
オレンジはかなり味わいが濃くてさっぱり、いい味わいです。

冷製トマトクリームスープはレギュラーサイズを注文しました。
カップに入ったスープは赤というかオレンジに近い色合いです。
飲んでみると、クリームスープのとろりとした食感でありながらなめらかです。
トマトは酸味がそれほど強くないですが、コクがありさわやかで美味しいです。

レモネードは自家製。
良く頼みますが、さっぱりしてレモンの酸味がしっかり効いているレモネードです。
ハーブの香りも付いています。

しばらく過ごした後、追加で注文したのは、
エスプレッソ ソフトクリーム
パイナップルとココナッツのマフィン
です。

エスプレッソ ソフトクリームは昨年食べて美味しかったソフトクリーム。
今年はリニューアルしたそうで初挑戦です。
食べてみると、前のよりエスプレッソ感が低下?した感じで、エスプレッソと言うよりコーヒー牛乳的なまろやかな味わいになっていました。
もっと苦みのあるエスプレッソ味を期待していたのでちょっと残念です。

パイナップルとココナッツのマフィンは夏期の新商品。
パイナップルとココナッツはまさに夏の商品ですね。

マフィンにドライパインとココナッツクリームが入っているそうです。
お酒の効いたドライマフィンの味わいと、ココナッツの甘い味わいがいいです。
柔らかいマフィンにドライココナッツの食感とココナッツの繊維感がアクセントになりいいです。

お客さんは割と回転しますし、でゆっくりできるココはとても雰囲気が良くて

-------------

天王洲の運河沿いのカフェ「ブレッドワークス」に行ってきました。

「ブレッドワークス」は、ブルワリー「T.Y.HARBOR」の隣りにあるお気に入りのカフェです。
休日の午後をまったり過すのにとても良いです。

この日も午後の時間に行ってきました。
混雑していましたが、タイミング良く運河を望むカウンター席に座れました。

注文したのは、
アイスラテ
メロンパン
です。

ここのアイスラテはエスプレッソが濃くて、ミルクがさっぱりした感じで美味しいです。

メロンパンは焼きたて。
表面がザラリとして、中はふわふわもちです。
柔らかい甘みでいいです。

------------

休日の午後、遅いランチに天王洲の「ブレッドワークス」に行ってきました。
パンが食べたいなぁと言う気分でしたのでここを選びました。

注文したのは、
ホットレモネード
マルゲリータ
クロックマダム
メロンパン
です。

ホットレモネードは、カップに並々に温かいレモネードが入り、レモンのスライスも入っています。
甘く酸っぱいレモネードは、ほっとさせられます。

マルゲリータは、小さいピッツア。
生地はモチモチで、トマトソースは酸味がしっかりして濃厚です。
チースはほんのりした味わいで美味しいです。

クロックマダムはサンド型。
たっぷりチーズとハム、目玉焼きがサンドされています。
暖めて頂いたので、チーズがとろーりしています。
パンの香ばしさとハムの味わい、黄身の甘みで美味しいです。

デザート的に選んだのがメロンパン。
メロンパンも小さめです。
表面はモチモチ、中はふわふわの軽いメロンパンで、その甘みが良いです。

ここは、運河沿いで天気の良い日は、窓側のカウンター席に座るとなんだか気持ちいいんですよね。

-----------

天王洲アイルのベーカリーカフェ「breadworks」に行ってきました。

「breadworks」は運河沿いのカフェでお気に入りです。

注文したのは、
発酵クロワッサン
クロワッサン ブール
パンプキンとベーコンのキッシュ
本日のスープ パンプキン
温州みかんジュース

チョコチップクッキー
ガトーショコラ
です。

発酵クロワッサンは菱形です。
表面がパリッとして、皮がはがれるような状態です。
食べて見ると、ぱりぱりの外側と、中のモチッとした生地の食感の違いがいいです。
バターが生地からしみ出すほどですが、さっぱりしています。

クロワッサン プールは全体的にモチッとした感じ。
中の生地が締まっていて、バターの風味も柔らかです。

パンプキンとベーコンのキッシュは、パリッとしたパイ生地にしっとりしたキッシュです。
パンプキンとクリームのバランスがいいです。
食べて見ると、ベーコンの塩気を少し感じていいです。
パイ生地がサクサクなのもいいです。

本日のスープは、パンプキンスープです。
飲んでみると、パンプキンの味わいは少なめ。
カレー味とスパイシーさの方が際立っています。

温州みかんジュースはさっぱり味。
みかんの缶詰のような味わいですw
氷が多くて、ごくごく飲める感じではなかったのが残念。

追加で、買ったのがチョコチップクッキーです。
しっとり系のクッキーですが、周りに少しさくっとした部分もありいいです。
味は、小麦の香りと、チョコの甘さが強くていいです。

ガトーショコラは、待ったり濃厚なチョコケーキ。
しっとりしていて、フォークを入れると絡みつくよう。
食べて見ると、甘さとコクがしっかりあり、しっとり美味しいです。

運河を窓の外に眺めながら、パンとスイーツ、ゆっくり出来るこの雰囲気がいいです。

-------------

天王洲のベーカリーカフェ「breadworks」に行ってきました。

東京で猛暑日が続いていた日曜午後、避暑のためカフェにでかけました。

こんな日のカフェ選びはなかなか難しい。
席の争いにならないくらいの混み具合、美味しいドリンクとフード、などなど。

これらを兼ね備えていたのが、天王洲のbreadworksです。
しかも、カウンター席には電源もあるので便利です。
Wi-Fiがないのは残念ですが、そこまで求めるのは贅沢ですね。

breadworksは、テレビにもよく登場する運河沿いのレストラン「T.Y. HARBOR」の併設のベーカリーカフェです。
T.Y. HARBORで提供されている、クラフトビールも飲むことができます。
ここのクラフトビールって美味しいんですよね~

自転車で、お店に着いたのは午後2時頃でした。
大きなテーブル席にシニアの団体客がいたため混んでいました。
併設の醸造所のビールを飲んでいて、盛り上がっていました。

注文したのは、
エスプレッソソフトクリーム
レモンとオレンジのデニッシュ
アイスカフェラテ
です。

来るのに汗をかいたためか、他の方が食べていたソフトクリームが美味しそう~
つい頼んじゃいましたw
エスプレッソソフトクリームは、アイスクリームにエスプレッソの苦みをほのかに感じ、ミルクの甘みとのバランスが良いです。
アイスはきめ細かいなめらかさでふわっと良いです。
コーンはハード系で、ぱりぱりっと食べられる感じで美味しいです。

この店は焼きたてパンが並んでいるので、あれもこれも食べたくなります。
この日選んだ、レモンとオレンジのデニッシュは夏にぴったりな感じのさわやかなデニッシュでした。
レモンの酸味と、オレンジのさっぱりした味わいが甘いデニッシュにあっています。
デニッシュは、やわらかくて美味しいです。

アイスカフェラテは、エスプレッソが多めで苦みがしっかりしている大人の味わいです。

黄昏時まで、運河の見えるカウンターで本を読んだり日記を書いたりと、のんびりした時間を過ごせました。

--------------
休日にパンが食べたくなり、ブレッドワークスに行きました。

ブレッドワークスは、天王洲のレストラン「T.Y. HARBOR」の隣のベーカリーカフェです。
T.Y. HARBORは、テラス席からの運河の眺めるが、とても良い雰囲気のレストランです。
ランチでもディナーでもデートにはぴったりなのでオススメです。

ブレッドワークスはそのレストランのベーカリー兼カフェで、焼きたてパンの販売とともに、カフェで軽食やドリンクが楽しめます。

昼ちょっと過ぎに行きましたが、席には余裕があり、すぐに座れました。
席はソファーとテーブルの席、大きなテーブル席、電源のあるカウンター席があります。
一部のカウンター席は、運河が眺められる窓があるため、とても雰囲気がいいです。

注文したのは、
クロワッサン
カリカリ
クロックマダム
コンビネーションサンドイッチ
エッグスラット
ポテトとネギのスープ
レモネード
アイスカフェラテ
です。

クロワッサンは焼きたてでした。
サクッとして、層になっている生地がはがれ落ちます。
バターの香りは控えめですが、中がふわっと柔らかでイイです。

カリカリは、見た目はカレーパンです。
スパイスの効いた表面がカリカリのパン生地ですが、中はソフトで柔らかです。
小麦のツブツブ感がいいです。
具のクリームチーズがなめらかでクリーミーです。

クロックマダムは、パンドミにハム、チーズ、目玉焼きが挟まれています
チーズは意外にさっぱり系です。ハムは香ばしく、目玉焼きの黄身の味わいがいいです。
クロックマダム好きにはなかなかイイです。

コンビネーションサンドイッチは、 メキシカンフィッシュとアボカドのサンドイッチとハムとチーズの胚芽パンサンドです。

メキシカンフィッシュは白身魚のフライが辛いサルサソースにからんでいます。
キャベツとアボカドとともにサンドされていてぴりっと辛くて美味しいです。

ハムとチーズの胚芽パンサンドはシンプルな構成ですが、胚芽パンの香ばしさとハムの芳醇な味わいとマスタードソースがイイです。

エッグスラットは、LAのセレブに人気の食べ物だそうです。
数量限定で販売しており、最後の一つでした。
噂は聞いていたのですが、初めて食べます。

エッグスラットは瓶に温かいマッシュポテトが入っていて、これに生卵を落として、卵を半熟状態にして混ぜて食べるという物です。
マッシュポテトにはハーブやスパイスも入っていて、ポテトの味わいと半熟卵の黄身や白身のとろとろになった感じが良いです。
パン屋バケットに乗せて食べるのもオススメされていて、カリカリに乗せて食べてみましたが、クロックマダム的な味わいにマッシュポテトがプラスされた感じです。

ポテトとネギのスープは、ネギの味わいが強いほんのり甘いスープで、さっぱりしてなかなか美味しいです。

レモネードは自家製で、柔らかく酸っぱくてさっぱり美味しいです。

アイスカフェラテはエスプレッソの味わいが濃くて美味しいラテです。

この店、ほどほどの賑わいと、なんだか落ち着く雰囲気がいいです。
雑誌や本をたくさん持ち込み、ゆっくり過ごしたいです。

----------------

天王洲アイル近くの運河沿いにあるカフェ「ブレッドワークス」です。

ベーカリーにカフェが併設され、運河の眺めながらゆっくり出来ます。
お店は、店内のテーブル席、カウンター席、外のテラス席で結構たくさん席があります。
ちなみに、運河に面している窓側のカウンター席には、電源

前は、対面式の販売でしたが、リニューアルして、セルフ式に変わりました。

選んだのは、
メープル&オートミール スコーン
カスタード(クリームパン)
ホームメイド レモネード
です。

スコーンは、メープルシロップが練り込まれていて、ぬちゃっとする食感です
外側がさくっとしていたので、普通のスコーンで、さっくりしていた方が好みだったかも。
味は甘くていいです。

カスタードはまるいクリームパンです。
もちっとしたパンにクリームがくるまれていて、香ばしさを感じます。
カスタードは甘さ控えめです。

レモネードは、しっかりすっぱい味です。
ライムとレモンもはいり、さわやかで美味しいです。

--------------------------

天王洲アイル近くの運河沿いのベーカリーです。
カフェも併設され、カウンター席やテラス席からは運河を眺められながらお茶ができます。

注文したのは、ケーキセットで、
洋梨のタルト
カフェオレ
です。

洋梨のタルトは、タルト部分がサクサクでしっかりしています。
洋梨は甘さ控えめでとろみがある感じです。

カフェオレは、ちゃんとしたエスプレッソマシンで作られ細かいフォームミルクの口当たりが良いです。
ミルクとエスプレッソの割合もいいです

カウンター席にはモバイル用の電源もありますが、無線LANサービスはないようです。
雰囲気と居心地がなかなかよかったので、未読の雑誌をたくさん持ち込み、ゆっくりしたい感じです。

------------------

天王洲アイル近くの運河沿いにあるカフェ・レストラン・ベーカリーです。

倉庫を改装してオープンしたカフェ・レストランで、ベーカリーは最近オープンしたそうです。
カフェは運河を望み広く雰囲気が良いです。

カウンター席には、電源もあったのでパソコンを持ち込みゆっくりできそうです。

今回は、パンのテイクアウトで
Beer Bread
Gorgonzola
を買いました。

Beer Breadは、自家製ビール酵母を使ったブレッドパン。
色は雑穀パンのようで、やわらかく、独特なビールの苦みも感じるパンです。
軽くトーストしてバターで食べるのが良いです。

Gorgonzolaは丸いパンで、中にゴルゴンゾーラチーズが入っています。
ゴルゴンゾーラチーズの香りは抑え気味で癖を緩和していますので、苦手な人でも食べられると思います。
好きな人にもお勧めです。

お店の駐車場が、土日休日は1回700円で、割引サービスなどがないのが残念です。
パンだけを買いたいときも車はNGですね。

  • アイスクリーム モカ
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)174

もっと見る

3位

資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店 (新橋、銀座、東銀座 / カフェ、ケーキ、パフェ)

34回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999 ¥1,000~¥1,999

2019/06訪問 2019/10/10

佐藤錦のパフェとクラウンメロンのパフェがうまうま。

銀座の資生堂パーラーに行ってきました。
平日の夜、6時半頃、いつものとおりほどほどに混んでいます。
更に遅い時間で、もっとお客さんが来て満席近い状態にもなりました。

注文したのは、
静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ  ¥1,980
山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ ¥2,480
です。

静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ

6月のシーズンパフェは、クラウンメロンのパフェです。
カットしたメロンと、丸くくり抜いたメロンがのったパフェ。
生クリームの上にのったメロンが可愛いく、香りもしっかりしています。
メロンは部位にも寄りますが基本的に柔らかくジューシーで甘いです。
中のメロンジュレもしっかり甘くていいです。
中程のバニラアイスクリームのときに抹茶ソースで食べるようオススメされますが無くてもいいです。
下層にもメロンの果肉があり所感と甘さを最後まで楽しめます。

山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ

6月18日から月末までの短い期間限定のさくらんぼの佐藤錦のパフェです。
毎年この時期提供されます。
赤いさくらんぼは上部に5つ。
食べるとぷちっと割れ、柔らかくジューシーで甘酸っぱい味わいです。
チェリーのアイスクリームが濃厚で甘酸っぱさがすごいです。
チェリーのジュレ、バニラアイスの組み合わせも良いです。
最下層にもたっぷりさくらんぼのコンポートがあり、その甘酸っぱい味わいがいいです。
平日の夜、銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」に行ってきました。
店内は半分ほど埋まっている感じで、お気に入りの明るい席に座れました。

注文したのは
カスタードプリン
紅茶
です。

カスタードプリン

前々から気になっていましたが、資生堂パーラー サロン・ド・カフェではついパフェを食べてしまうのでなかなか注文できませんでした。やっと食べられました。

出てきたプリンは、プリンの普通のサイズ。
透明な深い容器に入れられ、プリンの横に生クリームが添えられています。
スプーンを入れるとかなりの弾力があるのが分り、口に入れその昔ながらの固めなぷるんとした食感を感じられます。
プリン本体は卵の優しい甘さですが、カラメルはかなりびっくりする強い甘さです。
また、カラメルは粘性がかなり高いのが印象的。
生クリームも甘めですが、カラメルの甘さには負けます。

紅茶

プリンを頼むとケーキセットで紅茶を570円で飲むことが出来ます。
カップサービスですが、ちょっとゆっくりするのにいいです。


銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」に行ってきました。
休日の13時過ぎで、1階の行列はなくエスカレーター下に先頭に並びました。
店員さんには30分待ちと言われましたが、10分も待たず3階に案内され、すぐ席に座ることが出来ました。

注文したのは、
青森県 八戸産”さちのか“のストロベリーパフェ ¥1,890
です。

青森県 八戸産”さちのか“のストロベリーパフェ

ストロベリーパフェはいつもの通り綺麗に盛りつけられています。
大きめの粒の”さちのか“が上にのり、半分にカットされた3つ部分のいちごが花びら状に並んでいます。
苺を食べ見ると、“さちのか”は、「酸味が少なく甘みが強いのが特長です」とメニューに書いてありましたが、さっぱりめの味わいで、甘みもほんのり、酸味は抑え気味です。
ほどよい柔らかさでいいです。

ストロベリーアイスクリームはさっぱりした甘さで美味しいです。
その下にあるバニラアイスクリームはいつもの通りバニラが濃く美味しいです。
一番底のストロベリージュレは酸味が強めで美味しいです。
銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」に行ってきました。

4月の季節のパフェは、
新潟県産“越後姫”のスペシャルストロベリーパフェ ¥2,380
です。

新潟県産“越後姫”のスペシャルストロベリーパフェ

メニューには『新潟県のオリジナル苺”越後姫“。雪国の気象条件の中で養分を蓄えて育ちました。特長的な表面の果肉のやわらかさの証であり、甘くジューシーで香り高い上質な苺です。』と書いてありました。

”越後姫“は、いちご5粒分のっています。
中心の大きな粒のいちごと、扇形に盛り付けられたいちごが印象的です。
いちごをたべてみると、柔らかさとジューシーさを感じます。
味わいはさっぱり系、やさしい甘みとほんのりした酸味を感じます。
ストロベリーアイスクリームは、いちご単体よりも酸味を感じる味わい。
バニラアイスクリームはいつもの通り美味しいです。
最後、底にあるいちごのジャムと果肉がかなり酸っぱくパフェを〆てくれます。


桜が咲き始めた頃、銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェに行ってきました。
平日の夜ですが、春休みのせいか結構混んでいて、少し待ってから席に案内されました。

注文したのは、
和歌山県日高郡 はないちご農園産 “まりひめ”のスペシャルストロベリーパフェ ¥2,380
です。

和歌山県日高郡 はないちご農園産 “まりひめ”のスペシャルストロベリーパフェ

3月の『こだわりの”苺”フェア 第3弾』のストロベリーパフェです。

和歌山県産のいちご”まりひめ”を使ったパフェで、苺が5粒分のっています。
生クリーム、ストロベリーアイス、バニラアイス、ストロベリーソースの構成です。

和歌山県外では、なかなか味わえない苺“まりひめ”は、しっとり柔らかくジューシー。
優しいい甘さとほのかな酸味で、全体的に上品な苺です。
房付きの苺を最後まで取っておいて食べました。

ストロベリーアイスもまりひめをつかい、こちらは甘酸っぱさが程よく強調されています。
バニラアイスはいつものとおり美味しいです。
一番下のストロベリーソースには果肉もたっぷり入り、いい酸味を出しています。

コーヒーを飲んでホッとしました。


銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」で2月のパフェを食べてきました。
平日の夜、割と混んでいましたが、待たずに座れました。

注文したのは、
愛知県 愛西市産”ゆめのか“のストロベリーパフェ ¥1,890
です。

愛西市産”ゆめのか“のストロベリーパフェ

ゆめのかのパフェは、いつもの通り、美しく盛りつけられています。
ゆめのか、生クリーム、ストロベリーアイスクリーム、バニラアイスクリーム、ストロベリーソースです。いiいちごのゆめのかは、柔らかいいちごで、酸味を感じながら優しい甘さです。
ストロベリーアイスは酸味が強めの味わいです。
バニラアイスクリームはいつもの通り美味しく、かなり酸味のあるストロベリーソースとあわせても美味しいです。
銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」に1月のパフェを食べに行ってきました。
平日の夜ですが、いつもの混み具合で待たずに入れる感じです。

注文したのは、
香川県 木田郡三木町産“さぬきひめ”のストロベリーパフェ ¥1,890
です。

香川県 木田郡三木町産“さぬきひめ”のストロベリーパフェ

メニューに
『温暖な気候に恵まれた香川県で誕生したオリジナル品種「さぬきひめ」。艶のあるふっくらと丸みを帯びた愛らしい形。香り豊かで爽やかな甘みと程よい酸味が特長です。』
とあります。

食べてみると、いちごは酸味が強めに出ていますが、甘みも感じる味わい。
柔らかでとてもジューシーです。
中のストロベリーアイスも「さぬきひめ」を使っていて、味わいが濃く甘さがよく出ています。
更に下のバニラアイスはいつもの通り美味しいです。

ぎりぎり間に合って食べられてよかったです。
銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」に行ってきました。
平日の夜でしたが、年の瀬のせいか、割と混んでいました。

注文したのは、
新潟県 渡辺果樹園産 “ル・レクチェのパフェ”  ¥1,980
です。

新潟県 渡辺果樹園産 “ル・レクチェのパフェ”

クリスマスの翌日から年末までの期間限定のパフェです。
説明書きには、
「モーツアルトを聴かせながら熟成させた風味豊かな“ル・レクチェ”のパフェです。
香ばしく効かせたプラリネソースがやさしく奥深い味わいを演出します。」
とのこと。

パフェは、ル・レクチェ、生クリーム、シュガープレート、洋梨、メープルアイスクリーム、バニラアイスクリーム、紅茶ジュレ、プラリネソースです。

ル・レクチェはやわらかくみずみずしく、とろーっとした食感がいいです。
ほのかな甘さとすっきり感が品がよいです。

メープルアイスクリームの甘すぎないコクのある甘さが良いです。

店員さんはバニラアイスクリーム層にきたら、プラリネソースを掛けることをオススメしますが、私は掛けないようにスプーンにすくったバニラアイスクリームにちょこんとかけました。
プラリネソースは甘すぎるので味が変わらないようにするにはこれが良いです。

最後、一番下にあるのが紅茶のジュレ。
結構、苦い味わいです。洋梨の果肉もあるので、食感も楽しめます。
平日の夜、銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェに行ってきました。
混み具合はいつもの通り。

注文したのは、25日までの
クリスマス・ルージュパフェ  ¥1,980
です。

クリスマス・ルージュパフェ

クリスマスのパフェは、生クリームを中心に、ストロベリー、ラズベリー、クランベリーなどと、洋梨のル・レクチェ、フランボワーズソルベとチョコレートアイス、ベリーソース、赤ワインジュレで構成されています。

ストロベリーやラズベリーなど、ベリー系の実は赤く、白い生クリームと組み合わせるとクリスマス風。
コレにベリーのアイスと、濃厚なチョコレートアイスが良いです。
また、一切れしか入っていませんが、ル・レクチェは撮ろっと柔らかでほのかな甘さとさわやかな酸味を感じ美味しいです。
最下層に入っているジュレが赤ワインのあじわいがしてさっぱり美味しいです。
銀座の資生堂パーラーに行ってきました。
平日の夜だったので、待たずに席に案内されました。

注文したのは、
青森県おりかさ蜜ツ星農園産 りんごのミルフィーユ シナモンアイスクリーム添え  ¥1,980
です。

りんごのミルフィーユ
説明書きには、
「青森県産おりかさ蜜ツ星農園で丁寧に育てた、こだわりのもぎたて朝採りりんごを使用したミルフィーユです。
シナモンアイスクリームと一緒にお召し上がりください。」とあります。

名前はりんごのミルフィーユで、シュー生地の間に挟まれているのは、タルトタタンのりんごアレです。
サックリとしたシュー生地に、甘い生クリームとカスタードクリーム、りんごのアレが挟まれています。
りんごは果肉の形が残っている系で、まるく盛り付けられています。
食べてみると、シャキシャキとしたりんごの食感が残っています。
一瞬甘く感じますが、程よい酸味が広がり、後味にほんの少しだけ苦味を感じます。

添えられているのがシナモンのアイスクリーム。
結構シナモンが強めでビターな味わいのアイスクリームです。
カスタードやラズベリーのソース、りんごのゼリーなどの装飾も可愛いです。

ドリンク

セットのドリンクは、カップで、コーヒー、紅茶、ハーブティから選べます。
今回は紅茶。
割としっかり目の味わいのする紅茶でした。
銀座の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ」に行ってきました。
平日の夜だったのでいつもの通り待たずには入れました。

注文したのは
山形県 岡田果樹園産 ラ・フランスのパフェ  ¥1,980
です。

山形県 岡田果樹園産 ラ・フランスのパフェ

その名の通り、ラ・フランスがたっぷりのったパフェです。
ラ・フランスは柔らかく、とろりと口の中でとろける食感。
甘さはしっかりして、芳醇で後味はすっきりです。

メープルアイスクリームで、コクのある甘さが良いです。
バニラアイスクリームでは、かなり甘いプラリネソースをかけて食べます。
途中と最下層には紅茶のアールグレイゼリーがあり、その渋みがまた違った味わいを感じられ良いです。
銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店で、9月の季節のパフェを食べてきました。

パフェは、
長野県 飯塚果樹園産 シャンマスカットと3種の葡萄パフェ ¥1,980
です。

長野県 飯塚果樹園産 シャンマスカットと3種の葡萄パフェ

パフェの葡萄は、シャインマスカット、ナガノパープル、クインニーナ、アウローラの四種類です。
みどりのがシャインマスカットで甘みと酸味のバランスがいいです。
ナガノパープルは濃い紫色で、これぞ葡萄という感じの濃い味わい。
クインニーナはまだらな赤い色合いで、甘さが強めの味わいです。
アウローラも緑と赤のまだらな色合い、ほのかな甘さと弱い渋みにジューシーです。

葡萄のシャーベットは、かなり濃厚な葡萄の味わいです。
バニラアイスとクリームの層まで来たら、別皿のグレー部フルーツのソースをかけて食べます。
酸っぱい味わいが加わります。

一番底には、葡萄のジュレと、葡萄の果肉もあり、最後も武道を楽しめます。
□資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店 (シセイドウパーラーサロンドカフェ) - 新橋/カフェ [食べログ]
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13004937/

8月の桃のパフェとマンゴーのパフェを食べてきました。銀座「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」

2018年『真夏のパフェフェア』の第1弾は
和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ ¥2,160
沖縄県 西表島産 アップルマンゴーのパフェ ¥2,580
岐阜県 揖斐郡産 ブルーベリーのパフェ ¥1,980
長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ ¥1,890
数量限定 北海道 十勝産“なつみずき”のスペシャルストロベリーパフェ ¥2,380
です。

“なつみずき”のスペシャルストロベリーパフェは売り切れになっていたので、桃とマンゴーを食べてきました。


和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ

和歌山県産の“あらかわの桃”を使っているとのこと。
生クリーム、桃の果肉、モモシャーベット、桃のソース、バニラアイス、桃のジュレという構成です。

桃は完熟で柔らかくとろっとしていまです。甘みの柔らかでさっぱりした印象。
モモシャーベットも桃のソースも甘みはさっぱりしています。
バニラアイスとソースが絡むと程よい甘さが加わりいいです。
最下層の桃のジュレは桃の味わいが程よく美味しいです。


沖縄県 西表島産 アップルマンゴーのパフェ

マンゴーのパフェは、薄焼きクッキー、生クリーム、ラズベリー、レッドカラント、マンゴーアイス、マンゴーの果肉、マンゴーソース、バニラアイス、マンゴージュレです。
ベリー系はかなり酸っぱいです。
マンゴーはアップルマンゴーで、果肉は食べてみると柔らかく、味わいが濃くて野性的な味わいです。
マンゴーアイスも濃厚で甘味と酸味をしっかり感じ野性的な味わいをしっかりだしています。
下のマンゴージュレも味わいが濃くて美味しいです。

今年のさくらんぼパフェがはじまったと聞いたので、食べに行ってきました。

注文したのは、
【期間限定】山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ ¥2,480
です。

山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ

6月も16日(土)から30日(土)までの期間限定のパフェです。
メニューに『山形県を代表するさくらんぼ“佐藤錦”を使用したパフェです。宝石のように輝く赤い果実はぷりっと弾力があり、溢れる果汁から爽やかな酸味が広がります。』とあります。

パフェは丈夫に5粒の佐藤錦のさくらんぼがのっています。
さくらんぼを食べてみると、柔らかいながら程よい弾力で、味わいは優しい甘酸っぱさです。
美味しい。
中心部にはさくらんぼのシャーベット。こちらは酸味が強めでスッキ知りした味わいです。
さくらんぼのソースは甘さがありバニラアイスを更に美味しくしてくれます。

最下層にジュレとさくらんぼのシロップ漬けがあり、これがまた甘酸っぱくて美味しいです。
一年に一度の限定パフェ、美味しいです。


銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェにパフェを食べに行ってきました。

注文したのは
静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ 1,980円
です。

静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ

今年のメロンのパフェです。期待して待ってました。
静岡県産のクラウンメロンがのったパフェは、皮の付いた果肉、中の果肉、丸形の果肉とさまざまです。
皮が付いたところと中の果肉は、すこし歯ごたえのある果肉もありさっぱり系。
丸形の果肉部分は中心部とおもわれ、やわらかく甘くて味わいが濃いです。
生クリームの下に、メロンアイスがあり、しっかり甘くてメロンの味わいが濃いです。
ジュレのさわやかさも良いです。
バニラアイスはいつもの味わいですが、抹茶ソースを付けて食べます。
抹茶の苦みが加わりそれはそれでいいです。

最下層、メロンのジュレと果肉があり、甘くて最後に幸せな味わいを感じられます。

今月のストロベリーパフェを食べに、銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェに行ってきました。

注文したのは、
徳島県三好郡東みよし町産 アスカルビーのストロベリーパフェ  ¥1,890
です。

徳島県三好郡東みよし町産 アスカルビーのストロベリーパフェ

小ぶりのいちごアスカルビーが4個分がパフェカップの上にのっています。
いちごは柔らかくしっかり熟していて、資生堂パーラーのパフェのいちごにしては酸味がやわらかく甘めです。
いちごは美味しいです。
生クリーム、ストロベリーアイス、ストロベリーソース、バニラアイスが多層に重なり構成されています。
ストロベリーアイスはほどよい甘酸っぱさ、ストロベリーソースの甘さがあわさり良いです。
バニラアイスクリームは安定の美味しさ。
一番下に、いちごの果肉も入ったストロベリーソースがあり最後のうれしさです。

4月のパフェを食べてきました。

青森県八戸市産 さちのかのストロベリーパフェ  ¥1,890
新潟県産 越後姫のスペシャルストロベリーパフェ  ¥2,380

です。

青森県八戸市産 さちのかのストロベリーパフェ

甘酸っぱく、パフェに合ういちごです。

新潟県産 越後姫のスペシャルストロベリーパフェ

いちごが大きく存在感があります。
食べて見ると、甘くてさっぱりです。
銀座でのランチの後、パフェが食べたくなり、資生堂パーラー サロン・ド・カフェに行きました。
並んでいるだろうなぁと思ったところ、やはり並んでました。
1階の壁側半分くらい、6組ほど。
順番に呼ばれ、3階の席についたのは40分後でした。

注文したのは、
愛媛県北宇和郡 あかまつ農園産 あまおとめのストロベリーパフェ ¥1,890
です。

愛媛県北宇和郡 あかまつ農園産 あまおとめのストロベリーパフェ

愛媛県産あまおとめというブランドいちごで、粒はしっかり大きめ。
食べてみると、酸味がしっかりしていながら、甘みも程よく感じます。
大粒の割に柔らかさを感じ、ジューシーです。
イチゴは半分カットが3粒分、まるごとが1粒でたっぷり食べられます。

いちごアイスクリームは酸味がしながら甘くて美味しいです。
あまおとめで作ったジャム・ソースが甘酸っぱくて美味しいです。
中のバニラアイスは定番で美味しいです。

春三月、資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店のパフェは、「2018『こだわりの“苺”フェア』第3弾」がはじまりましたので早速食べに行ってきました。

2018『こだわりの“苺”フェア』第3弾のパフェは三種類です。
和歌山県日高郡 はないちご農園産 まりひめのスペシャルストロベリーパフェ ¥2,380
福岡県宗像市 花田農園産 やよい姫のストロベリーパフェ ¥1,890
愛媛県北宇和郡 あかまつ農園産 あまおとめのストロベリーパフェ ¥1,890

悩みに悩み、
和歌山県日高郡 はないちご農園産 まりひめのスペシャルストロベリーパフェ   ¥2,380
にしました。

和歌山県日高郡 はないちご農園産 まりひめのスペシャルストロベリーパフェ

和歌山県産の苺「まりひめ」を使った贅沢パフェです。
苺は、丸ごと1個、半分にカットが3個分、スライスが1個分がキレイに盛りつけられています。
盛られている状態で、強烈な赤色と甘い香りが印象的です。
食べて見るとみずみずしくジューシー。甘酸っぱさが濃くて

苺の下には生クリーム、まりひめのを使ったジュレ、苺のアイスクリーム、バニラアイスクリーム、ジュレです。
ジュレは、まりひめを使った物で酸っぱさが強調されている印象。
苺のアイスクリームは色々な苺のミックスだそうです。しっかり甘みのあるアイスクリームです。
バニラアイスクリームはいつものバニラの味わいがしっかりしたアイスで美味しいです。

全体のバランスも良く、甘酸っぱさと、上品な酸味が美味しいパフェでした。

銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェに、季節のパフェを食べに行きました。

注文したのは、
バレンタインパフェ   ¥1,980
福島県 鏡石農遊園産 “ふくはる香” のスペシャルストロベリーパフェ  ¥2,380
です。

バレンタインパフェ

2月14日までの期間限定のパフェです。
板チョコのハートがタップリのった、バレンタインの雰囲気にぴったりなパフェです。
チョコレートアイスクリーム、ソルベはミルクチョコレート系で甘く、エスプレッソゼリー、カラメルゼリーは苦めの味わいで大人な味わいでした。
また、チョコレートブラウニーも入っていて、まったりしたスポンジケーキが良いです。

福島県 鏡石農遊園産 “ふくはる香” のスペシャルストロベリーパフェ  ¥2,380

2018『こだわりの“苺”フェア』第2弾のパフェです。
福島県のブランドいちご「ふくはる香」を使っています。
いちごは大粒でやわらかめ、甘みと酸味がほどよくさっぱり美味しいパフェです。
いちごジュレは、酸味が際立っていて、甘いバニラアイスに良くあいます。

注文したのは、
香川県 木田郡 三木町産 “さぬきひめ”のストロベリーパフェ 1,890円
山口県 花の海 いちご園産 “四星”のストロベリーパフェ 1,890円
です。

香川県 木田郡 三木町産 “さぬきひめ”のストロベリーパフェ

香川県のブランドいちご「さぬきひめ」を使った、ストロベリーパフェです。
いちごは、赤味がよく、ふっくらとした形です。
甘さはさっぱりした感じで、ほどよく酸味もあります。
なかのストロベリーアイスクリームはより酸味が強調されていて、さっぱりしていながらイチゴの味わいがしっかりしています。
バニラアイスクリームはいつもの味わい。
中程にある、イチゴのジュレもおなじイチゴで作られているようで、酸味のあるジュレでした。

山口県 花の海 いちご園産 “四星”のストロベリーパフェ

山口県のブランドいちご「四星」を使った、ストロベリーパフェです。
いちごは、赤味が強め、より丸みをおびた形です。
食べて見ると、より柔らかく、しっとりジューシーです。
甘みがしっかりしていて、酸味は少なめで、香りも強めで、より美味しいです。
ストロベリーアイスクリームとジュレもこのイチゴなのでより甘く感じます。


26日、銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェにパフェを食べに行ってきました。
クリスマスが終わり、賑やかさが落ち着いたかと思っていましたが、銀座の街はまだまだ華やかな空気が漂っていました。
サロン・ド・カフェも、18時過ぎでも満席、その後も待ちが出るほど混んでいました。
少し待って、テーブル席に案内されました。

注文したのは、
「新潟県 渡辺果樹園産 ル・レクチェのパフェ」¥1,980
です。

12月は、25日までクリスマスルージュパフェの提供でしたが、26日から29日までの四日間限定の提供となるパフェです。
貴重な洋梨のル・レクチェは、新潟県産で、モーツァルトを聴かせながら熟成させたものだそうです。

パフェは、ル・レクチェの果肉、パイ、生クリーム、ブルベリー、ラズベリー、メープルアイスクリーム、シリアル、バニラアイスクリーム、ジュレ、果肉の構成です。
ル・レクチェの果肉はかんでみるととろりと柔らか。
中心部に少しシャリッとした食感を感じます。
柔らかい甘さが上品でかなり美味しいです。
メープルアイスクリームは柔らかめですが、程よい甘さでいいです。
バニラアイスクリームはいつもの美味しさですが、今回は別添えのプラリネソースを掛けて食べます。
プラリネソースはかなり甘く濃厚で、バニラアイスクリームにかけるとその甘さが際立ちます。
最下層のジュレ部分にもル・レクチェの果肉が入っており、最後にその触感と甘さを感じることができます。


資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店に、12月の季節限定のパフェを食べに行きました。
平日の18時頃、席は半分ほど埋まる感じです。

注文したのは、
「クリスマス・ルージュパフェ」 ¥1,980
オリジナルブレンドティー
です。

クリスマス・ルージュパフェ

赤い色のパフェ、クリスマスっぽく華やかな色合いです。
青森県産りんご「紅の夢」を薄くカットした物で飾りつけされています。
食べて見ると、薄さに比べてシャキシャキした食感がいいです。
また、りんごの丸くカットされた果肉ものっています。
上部には、ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーなどがたくさん乗っています。
ベリー系はすっぱさがしっかりしています。
アイスクリームは濃厚で甘いチョコレートが印象的で、いつものバニラアイスクリームも美味しいです。
さらに、スイートベリーのソルベも入っていて、さわやかさがいいです。
パフェの一番下には、赤ワインのジュレがあり、ほのかなお酒の香りでオトナの味わいです。

ルージュのような数種のベリーに、青森県産の幻のりんご「紅の夢」を飾り、華やかな銀座のクリスマスを演出したパフェです。
自家製のスイートベリーソルベとバニラアイスクリームに特製ベリーソースが気分を盛り上げます。

オリジナルブレンドティー

パフェにはセットのカップサービスもありますが、この日はゆっくりお茶をするために、ポットサービスの方を選びました。
テーブルに出されるのは、カップ、紅茶のポット、差し湯用のポット、ポットウォーマーです。
ポットウォーマーで差し湯を温めておく心憎い

紅茶は飲んでみると、しっかりした味わいながら後味スッキリです。
後半、渋くならないように気をつけて飲んだほうがいいです。


いつもの通り、平日の夜に行ったのですが、直前に9人の観光客が入ったため、パフェが出てくるまで時間がかかりました。
注文したのは、
「山形県 岡田農園産 ラ・フランスのパフェ」 ¥1,980
です。

山形県 岡田農園産 ラ・フランスのパフェ

洋梨のラ・フランスののったパフェです。
ラ・フランスはカットされた物が3個ほど。
食べて見ると、トロッとしてやわらかく、口の中で溶けてなくなります。
ほのかな甘みで何とも儚いフルーツです。

上部に飾り細工と、シュー、生クリーム、ラズベリー、ブルーペリーです。

上段のアイスは、メープルアイス。
さっぱりしたバニラアイスがベースで、メープルの優しい甘さがのっています。

したのバニラアイスはほんのりアールグレイ。アールグレイのジュレも入っているためけっこう紅茶味です。
これに別添えのプラリネソースを追加します。
すると、アールグレイのほのかな味わいのアイスが、濃厚なプラリネソースの甘さで味わいがけっこう変わります。
そのままでも良いですし、ソースを追加するのもアリです。

今月も美味しかったです。
平日の夜、銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェでパフェを食べてきました。
水曜日の夜で、先客は2組、空いていました。
後から、4組ほど来ましたが、割とゆったりした日でした。

注文したのは、
長野県 飯塚果樹園産 シャインマスカットと3種の葡萄パフェ 1,980円
です。

シャインマスカットと3種の葡萄パフェ

出てきたパフェは、上部にタップリ葡萄ののったパフェです。
長野県産シャインマスカットと、日替わりの葡萄が三種類のっているとのこと。
この日は、藤稔、ピオーネ、ナガノパープルでした。
葡萄はどれも皮付きですが、そのまま食べられます。

シャインマスカット、ピオーネはさっぱりした味わいでいいです。
藤稔、ナガノパープルは、葡萄って感じの濃い味わいです。

びっくりしたのが、パフェの中の葡萄のアイスクリーム。
ピオーネ等の葡萄色で、食べてみるとかなり酸味が強いです。
ぎゅっと酸っぱく、かなりびっくり。
バニラアイスと食べるとちょうど良い感じ。
底には、シャインマスカットのジュレと果肉も入れられ、最後はさっぱりです。

別添えで、ピンクグレープフルーツソースが付いています。
途中まで食べ進んだら入れてくださいとのことで、少しずつかけましたが、けっこうグレープフルーツの酸っぱさが強くて、全体がこの味に変わってしまうので注意が必要です。


平日の夜、もものパフェを食べに、銀座の資生堂パーラーに行きました。
18時半頃で、席は余裕がありましたが、19時をすぎる頃には満席になってました。

注文したのは、
和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ 2,160円
です。


和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ

パフェは、頂点に桃ゼリー、そしてカットされた桃が三切れ立つように盛りつけられ、その下に生クリーム、桃のシャーベット、バニラアイスクリームと桃のソースが交互にあり、桃のジュレで最後です。

桃のゼリーはぷるんとして良いです。
完熟した桃の果肉は、やわらかくトロッとしてとろけます。
甘さは控えめで、さっぱりした味わいです。

対照的に桃のシャーベットは味わいが濃く、かなり甘酸っぱいです。
桃のソースはしっかり甘く、バニラアイスクリームのさっぱり味と良くあいます。

桃のジュレも果肉がはいり甘くて良いです。

今月もごちそうさまでした。
7月、銀座の資生堂パーラーの3階、サロン・ド・カフェで、「2017『真夏のパフェ フェア』第1弾」がはじまりました。
今月のパフェは、桃、ブルーベリー、マンゴー、イチゴと四種類と悩みどころ。

金曜日の夜、18時半頃、行ってみると、なんと、4組待ち。
平日の夜で、こんなに行列になっていたのは初めてです。
名前を告げて、しばし待つこと10分あまり、席に案内されました。

注文したのは、
沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ   ¥2,580
です。

沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ

沖縄のマンゴーと言えば、昔、宮古島の港で農家の直売のマンゴー買って食べたところ、生涯最高に美味しかったです。その後、石垣島に行ったときもマンゴーを食べてなかなか美味しかった記憶があります。
今回のパフェは、八重山諸島産ということで、石垣島辺りが産地かと思います。

パフェは、グラスからはみ出すように、マンゴーが並び、上に角切りのマンゴー、生クリーム、ラズベリー、クッキーがのっています。
薄焼きクッキーもマンゴー味です。

マンゴーを食べてみると、トロットととろける舌触り、口の中に独特の甘さが広がります。
かなり甘いマンゴーで、よくある科学的な味わいはしない、美味しいマンゴーです。

中はまず、マンゴーアイスクリーム。
アイスクリームよりも、シャーベットに近く、ざらざらっとした食感も感じます。
マンゴーの甘さに、少し酸っぱさも加わっていますが濃厚です。

その下はヨーグルト系のアイスにマンゴーソース、そのしたにラズベリーソース、一番下に甘いマンゴーソースです。

ヨーグルトアイスには弾力ある何かがはいっていてなんだかさっぱりして美味しいです
酸味のあるラズベリーソースと、甘いマンゴーソースで締めて、パフェは完食。


銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェで、6月30日までの限定のパフェを食べてきました。

注文したのは、
山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ 2,480円
です。

山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ

パフェは、頂点に佐藤錦のさくらんぼ、全部で4つがのっています。
生クリーム、その下に、さくらんぼのシャーベット、バニラアイスクリーム、さくらんぼのジュレという組み合わせ。

佐藤錦は、ジューシーでぷりっぷりの実は甘酸っぱくて何とも美味しい。

さくらんぼのアイスは結構すっぱめです。

バニラアイスクリームは、懐かしさを感じる味わいでいつものとおり美味しいです。

一番下のさくらんぼのジュレも甘酸っぱく、また果肉も入っているため美味しいです。


今月のパフェを食べに、銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェに行ってきました。

平日の夜、この日は割と空いていると思ったのですが、その後、お客さんが結構来て席は7割ほど埋まってしまいました。
注文したのは、
静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ
です。

静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ

パフェは出てきたときのインパクトが大!
メロンの果肉が、グラスの上に翼を広げたようにデコレーションされています。
頂点には、丸くくり抜いた、メロンの果肉、生クリーム、メロンシャーベット、周りにもメロンの果肉で、生クリームと角切りのメロンの果肉の層、バニラアイスクリーム層、一番下がメロンのジュレとなっています。

カットスライスされたメロンの果肉と、丸くくり抜かれたメロンの果肉、キューブ型で中に入っているメロンの果肉とも、どれも柔らかく、しっかりした甘さと、ほんのり酸味も感じられる味わい。
いわゆるメロンの味がしっかり出ています。

メロンのシャーベットはアイスクリームかもしれませんが、しゃりしゃりっとした所感もよく、あまくさっぱりして美味しいです。

中間のバニラアイスクリーム層に達すると、店員さんのすすめでは、別に付いている抹茶のソースをかけて食べてとのこと。
メロンとの組み合わせと言うより、バニラと抹茶の組み合わせですが、バニラアイスクリームが抹茶味に変わってしまうだけなので、ちょっといらない感じがします。

一番下のジュレ層にもメロンの果肉がはいっており、ジュレのさわやかさに果肉の甘みが良いです。

やっぱりココのパフェは、美しさと美味しさを併せ持ち、何度も食べたくなります。

平日の夜、新橋からてくてく歩き、銀座8丁目の端っこまで。
資生堂パーラー本店のエレベーターで3階に。
そこに、資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店があります。

お店に入ると、半分くらいの入り、しかし、その後もお客さんがたくさん来て、ほぼ満席近くまでになりました。

注文したのは、
徳島県三好郡東みよし町産 アスカルビーのストロベリーパフェ  ¥1,890
です。

徳島県三好郡東みよし町産 アスカルビーのストロベリーパフェ

出てきたパフェは、4粒のイチゴを使い、1粒は中心に、3粒は半分にカットされ花びら状に。
イチゴの下には、生クリームとイチゴのアイスクリーム、さらにバニラアイスクリーム、イチゴのジュレが層になっています。

イチゴは、「アスカルビー」と言う品種。赤い色合いが特徴的です。
食べてみると柔らかくて、味は甘さは控えめで酸っぱさがほどほどあります。
中のイチゴのアイスクリームはイチゴの粒以上に酸味が強めです。
シャリシャリ感が強めのアイスでいいです。
イチゴのジュレは果肉がしっかりはいったもの。
バニラアイスクリームは、定番で間違いない美味しさです

今月もいちごパフェは美味しかったです。


銀座の資生堂パーラーの三階、サロン・ド・カフェにパフェを食べに行ってきました。

4月のパフェは、三種類、
春の国産フルーツパフェ
青森県八戸市産 さちのかのストロベリーパフェ
新潟県産 越後姫のストロベリーパフェ
です。

この中から、
新潟県産 越後姫のストロベリーパフェ
を選びました。

新潟県産 越後姫のストロベリーパフェ

パフェは、イチゴが花びら上にデコレーションされていて美しいです。
中心にまるごと一個、周りに半分にカットされた三個分が配置されています。

イチゴを食べてみると、しっとり感があるイチゴで、やわらかくジューシー。
ほんのり甘く、酸味は少なく美味しいです。

中の生クリームは甘く、イチゴのアイスクリームはさっぱり甘い味わい。
バニラアイスクリームはいつもの美味しさです。

一番底のイチゴのジュレには果肉も入っていて優しい甘酸っぱさです。

銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェに行ってきました。
3月から、2017 『こだわりの“苺”フェア』 第3弾がはじまりました。

平日の夜、お店に行ってみると結構混んでいましたが入れ違いで席に座れました。

パフェは、三種類。
福岡県宗像市 花田農園産 やよい姫のストロベリーパフェ ¥1,890
愛媛県北宇和郡 あかまつ農園産 あまおとめのストロベリーパフェ ¥1,890
和歌山県日高郡 はないちご農園産 まりひめのスペシャルストロベリーパフェ ¥2,380


和歌山県日高郡 はないちご農園産 まりひめのスペシャルストロベリーパフェ ¥2,380

まず、数量限定の一番贅沢なパフェを頼んでしまいました。

和歌山県日高郡 はないちご農園産 まりひめのイチゴが5個分乗ったパフェです。
1個が丸ごと、1個がスライス、3個分が半分にカットされています。
イチゴは食べてみると、やわらかく、かなり甘いイチゴです。
ジューシーでかなり美味しいです。

いつもの生クリームは甘くておいしく、イチゴのアイスも甘くて美味しいです。
イチゴの果肉の入ったジャムも甘酸っぱくて良いです。

今まで食べた資生堂パーラーのイチゴパフェの中で一番甘かったです。


福岡県宗像市 花田農園産 やよい姫のストロベリーパフェ ¥1,890

やよい姫は、1個がまるごと、3個分が半分にカットされ、デコレーションされています。
真ん中のいちごの上には、金粉も。

やよい姫は、赤い色合いがきれいです。
表面のつぶつぶは比較すると大きめ
食べてみると、柔らかいですが歯ごたえも感じるしっかりめ。
甘酸っぱさがほどよくすっぱすぎない感じです。
中の生クリームとイチゴのアイスは同じ感じです。


銀座 資生堂パーラーの3階にある、サロン・ド・カフェで期間限定のストロベリーパフェを食べてきました。

資生堂パーラーでは、2017『こだわりの“苺”フェア』を開催していて、その第一弾が1月の限定パフェです。

平日の夜、お店に行ってみると、席は半分弱埋まる程度でしたが、その後もお客さんは次々に来て、満席近い状態になりました。


注文したのは、
山口県 花の海 イチゴ園産“四星(よつぼし)”のストロベリーパフェ ¥1,890
です。

山口県 花の海 イチゴ園産“四星(よつぼし)”のストロベリーパフェ

三種類あったストロベリーパフェからこれを選びました。

新品種のイチゴ「四星」は、甘味、酸味、風味、旨味が揃って四ツ星級であることから名付けられたそうです。

イチゴはパフェの真ん中に1粒と、半分にカットされた3粒分のイチゴと四星を使ったイチゴのジュレ、イチゴアイスクリーム、バニラアイスクリームです。

イチゴを食べてみると、やわらかく弾力のある食感です。
ほんのりした酸味、甘みを感じます。
よく言うと優しい味わいですが、あまりはっきりしない味わいでもあります。
噛んでいると旨みをほどよく感じます。

イチゴのジュレもほんのりした酸味を感じ、イチゴのアイスクリームはしっかりした味わいです。
バニラ委明日クリームは、バニラビーンズの味が濃くていつものとおり美味しいです。

たっぷりのイチゴのパフェは食べ応えありますが、もっと甘いイチゴを!(笑)



銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェでパフェを食べてきました。

行ったときは割と混んでいてましたが待つほどではありませんでした。

注文したのは、
「クリスマス・ルージュパフェ」 ¥1,980
です。

クリスマス・ルージュパフェ

12月のパフェは25日までの期間限定クリスマス・ルージュパフェです。
名前の通りクリスマスの飾り付けのような装飾を施したパフェです。
ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーなど色々なベリーがのり、青森県産りんごの”紅の夢”のスライスものっています。
食べてみると、ベリー系が実がどれもかなり酸っぱい感じです。
バニラアイスは安定の美味しさ。それにかかっているベリーソースも酸っぱいです。
りんごのスライスはシャキシャキした食感。
りんごのコンポートはとろみとシャリッとした食感もあり美味しいです。

下にベリーのジュレといちごとブルーベリーの実も入っていて最後まで楽しめます。

-------

銀座の資生堂パーラー サロン・ド・カフェでタルトタンを食べてきました。

注文したのは、
青森県 おりかさ蜜ツ星農園産りんごの“タルトタタン” 1,980円
です。


青森県 おりかさ蜜ツ星農園産りんごの“タルトタタン”


タルトタタンは11月の限定メニューです。
名前の通り、青森県のおりかさ蜜ツ星農園のリンゴ「ジョナゴールド」を使ったタルトタタンだそうです。
大きなお皿にのせられて出てきた、タルトタタンは丸形で、見た目のテリは少なめ。
赤茶色の綺麗な色合いは良いです。

食べてみると、とろっと柔らかですが、所々繊維が残っていてソコは残念。
味は割と甘めで、口の中で少し酸味が残る感じ。
キャラメリゼ感は少ないです。

土台は柔らかいクッキーに、甘いジャムがのせられていました。

昔ながらの洋菓子的な甘さのある普通に美味しいタルトタタンをいう印象です。
舌触りを改善して欲しいなぁ

付け合わせは、ミルクティーアイスクリーム、リンゴのゼリー、ナッツです。
ジャムで装飾もされています。
ミルクティーアイスクリームは味わいが濃くてなかなかいいです。
リンゴのゼリーは、ミニサイズのリンゴに仕立てられて可愛いです。


デザートはドリンク(コーヒーまたは紅茶)のセットです。
ホットのストレートティーを頼みました。
普通な紅茶で、カップ1杯だけなので若干少ない印象。
もう少し深いカップにしてくれたら良いなぁ

---------

今月のパフェは、
九州産 和栗のモンブランパフェ ¥1,890
です。

パフェの上部には、クッキーと丸ごとの和栗1個、半分の和栗3個。
その下に、モンブラン状になった栗のクリームがあり、中はバニラアイスクリームです。
和栗は、柔らかく食感に、甘さも独特な優しい甘さです。
モンブラン部分はその栗の甘さのクリームで優しいです。
バニラアイスはさっぱりした味わいで、別に付いたキャラメル風味の抹茶ソースで食べると苦みが加わり、甘さとのバランスが良く美味しいです。

中央部には、甘い栗のクリームとナッツがあります。
ナッツのカリカリした食感が、アクセントを与えてくれます。

底は栗のジュレと、半分の和栗が入っています。
ちゅるっと食べられるジュレと、優しく甘い和栗がいいです。

毎月の季節のパフェがなかなか楽しいですね。

---------

資生堂パーラー サロン・ド・カフェの9月限定の葡萄パフェを食べてきました。

葡萄パフェは、
「長野県 飯塚果樹園産 シャインマスカットと3種の葡萄パフェ」1,980円
です。

出てきたパフェの上には、名前の通り4種類の葡萄がのっています。
緑色のが、シャインマスカットで、その他、3種類は日替わりで、この日は、
オリエンタルスター
ナガノパープル
紅環(べにたまき)
です。

シャインマスカットはさっぱりした甘さがいいです。

オリエンタルスターは皮は濃い葡萄色ですが中は緑がかっていて、ジューシーで甘いです。

ナガノパープルは皮が薄くてさわやかな味わいです

紅環は名前の通り薄い赤いいろ。すっきりした甘さで、皮ごと食べられるサクサクした食感が面白いです。


中心部の生クリーム、その下の葡萄のジェラートは味わいが濃くて酸味もありいいです。
その周りの葡萄のジュレもさっぱりしていいです。
中のバニラアイスが出てきたら、添えてあるピンクグレープフルーツソースをかけます。
このソースは結構苦みがあり、葡萄とバニラの甘さにほろ苦さを加えてきます。
バニラアイスのそこにも葡萄ジュレと果肉が入っており最後まで楽しめます。

葡萄づくしのパフェ、大人な味わいで美味しかったです。

----------

資生堂パーラー サロン・ド・カフェに、2016 『真夏のパフェフェア』 第2弾のパフェを食べに行ってきました。

平日の会社帰りでしたが、行ってみると結構席は埋まっていて盛況でした。

注文したのは、
「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」 ¥1,890
です。

東京銀座資生堂ビルの15(いちご)周年、記念のこだわりの苺パフェと言うことで、資生堂パーラー専用のハウスのある信州畑工房と言うことで栽培された恋姫と言うイチゴを使っているとのことです。

パフェは、真ん中に一粒のイチゴ、周りに半分にカットされた3個分のイチゴが花びらのように配置されています。

イチゴを食べてみると、かなり酸っぱいイチゴです。
ほどよい堅さはいいのですが、何せ甘くなく酸っぱさにびっくりです。

イチゴの下は、生クリーム、イチゴのジュレ、バニラアイス、イチゴの果肉ジュレの層になっています。
生クリーム、バニラアイスは普通にほどよく甘くて美味しいですが、イチゴのジュレの層になると、イチゴの酸っぱさが際立ちます。

雰囲気とサービスはいつもの通りで落ち着くカフェでいいですね

--------------

銀座の資生堂パーラーに季節のパフェを食べに行ってきました。

銀座資生堂ビル3Fの喫茶「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」では、毎月、季節のフルーツを使ったパフェが食べられます。
2016年7月の季節のパフェは、4種類、
「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」 ¥2,160
「沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ」¥2,580
「岐阜県 飛騨高山産 ブルーベリーのパフェ」 ¥1,890
「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」¥1,890
です。

平日の夜、会社帰りに、パフェを食べに行ってきました。

18時半過ぎでしたが、この日は混んでいて、満席近い状態でした。

注文したのは、
「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」 ¥2,160
「沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ」¥2,580
です。

「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」は季節の桃を使ったパフェ。
あらかわの桃は初めて聞きましたが和歌山県産の桃だそうです。
グラスにドーム状に盛られ、頂点には丸くくりぬいた桃がのっていてなんだか可愛いです。
食べてみると結構しっかりした歯ごたえがあります。
甘みもほどほどです。ジューシーではあります。
中には甘めのクリームとさっぱりした味の桃のジュレです。
思ったより柔らかくなく甘くもないので想像とは異なりました。

「沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ」は、八重山諸島産という事で石垣島当たりのアップルマンゴーのようです。個人的には宮古島産マンゴーが美味しくて好きです。

出てきたパフェは果肉がグラスから飛び出す花びらのように広がった盛りつけです。
中に生クリーム、マンゴーアイス、マンゴージュレ、バニラアイスクリームで構成されています。
上にはラズベリーものっています。
マンゴーを食べてみると甘みがほどよいコクのあるマンゴーです。
時々あるマンゴーの科学的な味わいがすくないです。
繊維質も少なめなめらかな舌触りがいい柔らいです。
中のマンゴーアイスが甘くて美味しいです。

------------

銀座の資生堂パーラー3階「サロン・ド・カフェ 銀座本店」でパフェを食べてきました。
「サロン・ド・カフェ」では季節毎に期間限定のパフェがあり楽しいのです。
6月のシーズンパフェは、
『静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ』
です。

平日の夜に行きましたが、いつものとおりゆったりしている感じです。
窓側の席に座れました。

注文したのはもちろん、
静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ ¥1,980(税込)
です。

クラウンメロンは、マスクメロン中でさらに品質的に選ばれた物だけが「クラウンメロン」と名乗れるそうです。

出てきたパフェは、カットされたメロンがグラスに3枚刺さっています!
パフェは、グラス上部には丸くくりぬいたメロンの果肉、生クリーム、その下にシリアル、バニラアイスクリーム、メロンジュレ、メロンの果肉という階層構造になっています。

まずカットされたメロンは、柔らかく、甘みは少ないさっぱりした味わいですが、香りは芳醇です。
生クリームはかなり甘く、丸いメロンと食べると何とも良いです。
バニラアイスクリームは柔らかくシリアルとの食感に違いも感じられます。

下層部のジュレもメロンでさっぱり系、最後にメロンの果肉も食べられる贅沢を感じられます。

期間は、6月30日(木)までなので是非。

------------

こだわりの苺フェア③

銀座の資生堂パーラー「サロン・ド・カフェ 銀座本店」に行ってきました。
目的は、2016年「こだわりの苺フェア」の3月分を食べるためです。

平日夜19時頃にお店に行ったのですが、「美濃娘のプレミアムストロベリーパフェ(数量限定)」は本日分は売り切れになっていました。残念。

注文したのは、
福岡県産 やよい姫のストロベリーパフェ ¥1,890 
銀座はちみつ使用 フレンチトースト ¥1,580円
です。

「福岡県産 やよい姫のストロベリーパフェ」は、中心に丸ごと苺、周りに1/2カットされた苺が6個盛られています。
中が生クリーム、バニラアイス、イチゴジャムの構成は今までのパフェと同じです。

イチゴを食べてみるとしゃりっとした歯ごたえのある果肉です。
酸味はひかえめで、ふんわりと甘い味わい。
いつも美味しいバニラアイスと、さっぱりしたイチゴジャムが良いです。

「美濃娘のプレミアムストロベリーパフェ(数量限定)」が売り切れだったので代わりに頼んだのが、フレンチトーストです。
2枚のフレンチトーストと、フルーツ、イチゴジャム、はちみつが付いています。

フレンチトーストは、柔らかくほんのり甘い味わい。
普通に美味しいですが、ちょっと小さいのが残念です。
はちみつが、銀座で取れた「銀座はちみつ」です。
粘度が高く、まったり濃厚な甘さのはちみつで、フレンチトーストのタマゴの味わいとよく合います。
フルーツは、種類が多く楽しいです。

「美濃娘のプレミアムストロベリーパフェ(数量限定)」を食べに行くか悩むところ。

-----------

こだわりの苺フェア②

銀座の資生堂パーラー「サロン・ド・カフェ 銀座本店」に行ってきました。
目的は、2016年「こだわりの苺フェア」の2月分を食べるためです。
この日は、平日の夜だったのですが、外国人の観光客も多く混雑していました。

注文したのは、もちろん2月の苺パフェ2種類、
岐阜県産 濃姫のストロベリーパフェ ¥1,890
福島県産 ふくはる香のスペシャルストロベリーパフェ ¥2,180 
です。

まず、「岐阜県産 濃姫のストロベリーパフェ」です。
丸ごとの苺1つとカットされた苺3つが、盛りつけられています。
苺の香りが凄い良いです。
中に苺のアイス、生クリーム、バニラアイス、苺ジャムの構成です。
濃姫苺は身がしまった苺で酸味をしっかり感じ甘みは少なめです。
同じ苺で作られた苺のアイスクリームも酸味がよくわかるアイスでした。
ジャム部分は甘めに作られています。

次に「福島県産 ふくはる香のスペシャルストロベリーパフェ」です。
こちらは、丸ごと苺が一つ、スライス苺が1つ、カットされた苺が3つです。
へた付の丸ごと苺はかなり大きいです。
食べてみると、やわらかくなめらかな食感。甘さと酸味が口の中に広がります。
甘さはほんのりです。
中の苺アイスでは口の中に残る味わいが甘みをよく感じます。
ジャムの苺の果肉の残り具合がよりおおく贅沢な感じです。

この日は少しざわざわした感じでしたが、美味しいパフェが食べられて良かったです。

---------------

銀座の資生堂パーラー「サロン・ド・カフェ」に行ってきました。
「サロン・ド・カフェ」は、資生堂パーラー 銀座本店の三階にあるカフェです。

ネットの記事で見た「銀座の資生堂パーラーで、2016 こだわりの苺フェア」の苺パフェが目的です。
苺フェアは1,2,3月で、毎月2種類ずつ、各地の希少な苺を使ったパフェが食べられます。

1月の苺パフェは、
香川県産 さぬきひめのストロベリーパフェ
山口県産 花の海 イチゴ園 四星(よつぼし)のストロベリーパフェ
です。

行ったのは、平日の夜です。
エレベーターを降りたらすぐに席に案内されました。

注文したのは、それぞれのパフェと、セットの紅茶です。

出てきた、パフェは見た目はほぼ一緒です。
苺の上に金箔がのっていてゴージャス感を高めています。

まず「香川県産 さぬきひめのストロベリーパフェ」は、真っ赤な苺です。
小粒で、身が締まっていて食べてみるとシャキシャキした食感で、酸味が強いです。
甘さはあまり感じません。
アイスクリームも同じ苺をつかったアイスで、こちらは甘みと酸味がほどよいです。
中間と一番下に、苺のジャムもあり、果肉がゴロゴロ入った甘みのあるジャムになっていました。

「山口県産 花の海 イチゴ園 四星(よつぼし)のストロベリーパフェ」は、ピンクの淡い色合いです。
粒は大きめで、食べてみると、柔らかくトロリとしています。
甘みは少なく、ほどよい酸味が特徴的です。
同じく、苺のアイスクリームとジャムの構成で、より柔らかい味わいです。

おとなの雰囲気と、サービスはしっかりしていますので安心して、食べに行けます。

  • 越後姫のストロベリーパフェ
  • 静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ
  • 静岡県 袋井地区産 クラウンメロンのパフェ
  • 山形県 岡田果樹園産 佐藤錦のパフェ109

もっと見る

4位

ジャンポール エヴァン チョコレート バー 丸の内店 (有楽町、二重橋前、日比谷 / カフェ・喫茶(その他)、バー、チョコレート)

16回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ~¥999 ¥1,000~¥1,999

2019/04訪問 2019/06/19

マドレーヌ フォンデュはチョコがまったり!

平日の夜、丸の内のイセタンサローネ内「ジャンポール エヴァン チョコレート バー 丸の内店」に行ってきました。
行ってみると他のお客さんはいませんでした。
イベントが落ち着き、夜も混まないようになってきたようです。

注文したのは、
マドレーヌ フォンデュ 945円
ブレジル
です。

マドレーヌ フォンデュ

季節のスイーツ、マドレーヌ フォンデュです。
マドレーヌ フォンデュは、マドレーヌ二種類にチョコレートソースとバニラクリームが付いています。
マドレーヌはプレーンとショコラです。
プレーンマドレーヌは、しっとりして甘くフルーティーな味わい。もしかしたらかオレンジピールが入っていたかもしれません。
ショコラマドレーヌは、ビターなショコラで大人な味わいです。

これに付けるチョコレートクリームはとろーりとしていて温か。
結構甘くて濃厚です。プレーンにはそのチョコレートの味わいを付けてくれ、ショコラではよりビターな味わいを感じさせてくれます。
バニラクリームは、バニラビーンズがたっぷり入っているのが分ります。
こちらはさっぱりした甘さで、濃厚なチョコを緩和したり、それだけでマドレーヌに付けて食べるとさっぱり感が味わえます。

ブレジル

ビターな味わいのショコラショー、ブレジルです。
ショコラショーなのにさっぱり感を感じさせ、ビターで大人なショコラショーです。


平日の夜、丸の内の「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に行ってきました。
もうすぐホワイトデーなのか、買い物に来ている客が多く、並んでいました。
普段の段取りとは違い、先に席をとることに。
注文も席でとってくれ、レジはお客さんが空いたところでしました。

注文したのは
ショコラショ シトロン
ゲランド
です。

ショコラショ シトロン

レモン風味のシャンティをトッピングしたショコラショです。
四顧し甘めのショコラショに、レモンの香りのするクリームがのっています。
クリームはレモンの酸味が強めに出て、レモンの皮のカケラも入っていて、時々コリッとした食感と皮の苦み感じます。

ゲランド

ショコラのムースケーキと塩を加えたヌガティーヌが乗っています。
ヌガティーヌの塩はグランド産で、カラメリゼしたアーモンドがカリッとして美味しいです。
ケーキ部分はまったりなめらかなヴェネズエラ産カカオのムース、土台のビスキュイショコラがサクサクとした食感で美味しいです。

金曜日、会社帰りに、一週間のお疲れ様で、ショコラショーを飲みに「ジャンポール エヴァン チョコレート バー 丸の内店」に行ってきました。
行った18時ちょっと過ぎは先客1組だったのですが、その後、4組も来て賑わっていました。

注文したのは、
ロンシャン ショコラ
ヴェネズエラ
です。

ロンシャン ショコラ

この時期の限定ケーキです。

チョコレートムースとメレンゲ、ピスタチオがまぶされています。
食べてみると、チョコレートはビターで濃厚な味わいですが、さっくりメレンゲで軽いケーキです。
ピスタチオのつぶつぶがアクセントになっています。

ヴェネズエラ

ショコラショーのヴェネズエラは甘さと苦味のバランスが良い味わい。
口の中でショコラの味わいをしっかり感じられるのが良いです。


休日のお茶の時間、丸の内のイセタンサローネ内、「ジャンポール エヴァン チョコレート バー 丸の内店」に行ってきました。
最近、休日になると混んでいることが多くなりました。
仲通りの向かいに二重橋スクェアがオープンしてから流れが変わったのでしょうか。

注文したのは、
ショコラ ショ オ ロム
です。

ショコラ ショ オ ロム

時々飲む、ショコラ ショ オ ロムは、クラシカルなショコラショにカカオ風味のラム酒のシャンティがのったもの。
飲むときにこのシャンティが、ラム酒の香りを漂わせます。
ショコラショは甘さ控えめでビターでありながらさっぱりした味わいです。

ホット一息できるのが良いです。
新年のお菓子ガレットデロワを食べにジャンポール エヴァン チョコレート バー 丸の内店に行ってきました。
ガレットデロワは2018年12月28日から食べられます。
お店に行ってみると珍しく混んでいました。

注文したのは
ガレット デ ロワ
ブレジル
です。

ガレット デ ロワ

ジャンポールエヴァンのガレットデロワは、パイ生地とアーモンドクリーム、それぞれにショコラを混ぜ込んだものです。
サクサクとしたパイ生地もショコラの風味が強く出ていていいし、刻んだショコラの入った濃厚なアーモンドクリームでまったりしていいです。
このクリームの刻んだショコラがザクザクした食感が良いです。

ブレジル

Brésilブレジル

ブラジル産のカカオを使用つかった、フルーツの香りとおだやかな酸味があるショコラショーです。
さっぱりして飲みやすいです。

期間限定のゴーフレットチョコレートがカリッとして美味しい!丸の内「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」

会社帰りにちょっとショコラショを飲みに、丸の内のジャンポールエヴァンへ。
平日の夜だったのですが、テーブルに三組、カウンター席に3人と、この店では混み合っていました。
テーブル席を確保し、注文しました。

注文したのは、
ショコラ ショ オ ロム
ゴーフレットチョコレート
です。

ショコラ ショ オ ロム Chocolat chaud au rhum

ロム(rhum)はフランス語でラム酒のこと。
ラム酒のショコラショという意味です。
実際には、ショコラショに、ラム酒を加えた生クリームがトッピングされています。
ショコラショはビターな味わいですが、ラム酒の生クリームの香りがかなり強めです。
香り豊かで美味しいです。

ゴーフレットチョコレート

店員さんにおすすめされた、期間限定のゴーフレットです。
英語ではワッフルですね。
ゴーフレットの記事に刻んだチョコレートが入り、サブレも練り込まれています。
焼き立てのときはしっとりしてチョコもトロッととしていますが、冷めるとサブレが立ちサクサクとした食感に変わります
甘さもほどほどあり美味しいです。
休日のお茶で、丸の内の「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に行ってきました。
休日の15時過ぎで珍しくテーブル席が満席で、カウンター席が空いていました。
注文していたら、テーブル席が空いたのでそちらに移動しました。

注文したのは
クッサン ダムール オランジュ
ブレジル
です。

クッサン ダムール オランジュ

2017年のサロン・デュ・ショコラでテイクアウトメニューとして提供されたクレープの復刻です。
説明書きには、「オレンジのコンフィチュールとヴァニラ風味のシャンティをカカオ香るクレープで包みふわふわのクッションのように仕立てました。」とあります。

クレープは筒状に巻かれ冷たく、紙に包まれてでてきます。
食べてみるともちっとしたショコラクレープ、爽やかなオレンジコンフィチュール、カリカリとしたいちじくの果肉の食感、とろーっとした生クリームでなんとも柔らかい食感と、さっぱりした味わいです。
全体的に軽く感じますが食べ進めると、クリスティーヌ・フェルベール氏監修の、オリジナルコンフィチュールがなんとも深い味わいでいいです。
クレープ自体のカカオの感じはあまりしませんでした。

ブレジル

ブラジル産カカオを使ったショコラショーです。
店員さんにクレープに合わせるならパリジャンよりも、フルーツ系の味わいがする方をおすすめされたのでこちらにしました。
さっぱりしていて、フルーティーな味わいでいいです。
ジャンポールエヴァンさんのチョコレートアイスが食べたくなり、丸の内のイセタンサローネに行きました。
休日のお茶の時間だったので、先客が2組いましたが座ることは出来ました。
その後すぐ満席になり、カウンター席も使われていたのでラッキーでした。

注文したのは、
Glace parisienne グラス パリジェンヌ 686円
です。

グラス パリジェンヌ

グラス パリジェンヌはチョコレートアイスクリームにキャラメルソース、生クリーム、メレンゲがカップに入っています。
チョコレートアイスクリームは、ミルクチョコレートのことですが、少しビターな感じ。
キャラメルソースの甘さと生クリームでほどよい味わいになります。
メレンゲのサックリした感じが、アイスクリームとの組み合わせに良いです。

ホッと一息入れるのに良いカフェです。
会社帰りに、丸の内のジャン=ポール・エヴァン チョコレートバーに寄り道。
寒い夜だったので、ショコラショーが飲みたくなったのです。
いつもの通り、お店は空いていて、すぐに座れました。

注文したのは、
ショコラ ショ オ ロム
です。

ショコラ ショ オ ロム

季節限定のショコラショーです。
店員さんのオススメだったので、注文しました。
ショコラショーは熱々で、最初、火傷に注意です。
ショコラ ショ オ ロムは、ショコラショーにラム酒を加えたホイップクリームが入っています。
飲んでみると、結構甘めで、その後に、ラム酒の香りと味わいが口の中に広がります。
けっこうお酒が効いていて、お酒が弱い私はちょっと寄ったかも。

落ち着く店内で、まったりです。
先日、丸の内 ジャンポール エヴァン チョコレート バーに行ってみると、レジ横のポップで、期間限定で「ショーソン オ ショコラ」が出るとのことで、改めて食べに行ってみました。

注文したのは、
ショーソン オ ショコラ
ショコラグラッセ
です。

ショーソン オ ショコラ

ショコラを練り込んだ、パイ生地にアーモンドクリームを挟んだ、ショーソン オ ショコラです。
ビターなショコラの味わいにサクサクのパイは食べ応えがあります。
甘みがしっかりした、アーモンドクリームもいいです。

ショコラグラッセ

アイスのショコラショーです。
甘さ控えめで、クラシカルなチョコレートの味わいのショコラショーでさっぱり飲めます。

銀座での買い物の帰り、休憩で、丸の内のイセタンサローネ内、「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に行ってきました。
休日の夕方、先客は4組、割と混んでいましたが、テーブル席が空いていましたので座れました。

注文したのは、
ショコラショ Brésil(ブレジル)
です。

ショコラショ Brésil(ブレジル)

ショコラショは、紙コップに入ってでてきます。
お手軽に楽しめる感じが良いです。

ブレジルは、その名の通り、ブラジル産カカオのショコラショです。
カカオのほのかな苦みにフルーツのような香りを感じます。
美味しいです。
休日の午後、丸の内のイセタンサローネ内にある、「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に行ってきました。
土曜日の午後のお茶の時間であったためか、このお店にしては結構混んでいて、テーブルは1席、カウンター席は2名分しか空いていませんでした。
窓側のテーブル席に座れました。

注文したのは、
ショコラ グラッセ デ ジル 789円
です。

ショコラ グラッセ デ ジル

ショコラ グラッセ デ ジルは、7月からの夏期商品。
ショコラ グラッセはチョコレートの冷たいドリンクですが、ドリンクと言うより、スタバのフラペチーノ的な、氷を細かくクラッシュした感じです。
これにココナッツのクリームを乗せています。

ショコラ グラッセはバナナ風味と言うことですが、あまりバナナ感は感じず、チョコレートのカカオ感が強めです。なめらかで、チョコレートシャーベットのようです。
ココナッツの生クリームもあまりココナッツ感がありません、カカオパウダーは風味を感じます。

暑い日にひんやり食べる、チョコレートドリンクとして良いですね。


会社帰りにふらっと、丸の内のジャンポール エヴァン チョコレート バーに行きました。
お店は、イセタンサローネ内にあり、平日の夜は空いていてお気に入りです。

注文したのは、
ショコラ ショ ヴェネズエラ
グラス エ ソルベ グラス パリジェンヌ
です。

ショコラ ショ ヴェネズエラ

ヴェネズエラ産カカオを使用した、ショコラショです。
しっかりとしたカカオの味わいがあり、酸味と甘味のバランスがいいです。
口の中に残る味わいもいいです。


グラス エ ソルベ グラス パリジェンヌ

グラス エ ソルベはチョコレートアイスです。
程よい硬さのミルクチョコレートのアイスに、キャラメルソース、生クリームがかかっています。
ミルクチョコレートのアイスは甘さは控えめ。苦味も少し感じます。
代わりにキャラメルソースと生クリームが甘くいいです。
刺さっている白い棒はメレンゲでさくさくしています。

お手軽に美味しいショコラショを味わえるのでいいお店です。

バレット ギモーブはマシュマロとチョコラで美味しい味わい 丸の内「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」

会社帰りにふらっと、丸の内のジャンポールエヴァンさんのチョコレートバーに行ってきました。
季節柄、チョコレートを購入するお客さんが多かったですが、イートインを利用するのは私のみでした。

注文したのは、
ショコラショ ブレジル
グアヤキル
バレット ギモーブ
です。

ショコラショ ブレジル

ミルクでブラジル産のカカオを溶いたショコラショのブレジルです。
飲んでみると、クラシカルでありながらフルーティーな味わいも感じます。
飲み口が柔らかくていいです。

グアヤキル

ビスキュイとショコラムースのガトーです。
食べてみるとビスキュイ部分もムース部分が柔らかく、とろりととろける感じ。
カカオの苦みと、甘さがほどよいバランスで、濃厚な味わいでいいです。

バレット ギモーブ

バレット ギモーブは初めて食べるお菓子。
説明ではギモーヴ(マシュマロ)をショコラでコーティングして、アクセントにマダガスカル産胡椒を使っているとのこと。

ギモーヴは口に入れるととろりと柔らかで、ヴァニラとチョコの味わいが強めの甘さをだしています。
後味で口の中に、胡椒のピリッとした味わいがほんのり残ります。
食べる前から胡椒のことを意識しないと判らないくらいな味わいです。
のしたからヴァニラ風味が出てきます。


平日の会社帰り、丸の内のイセタンサローネ内の「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に行きました。
季節柄、混んでいて、テーブル席に2組、カウンター席に1人です。

注文したのは、
ショコラショ カンカン
です。

ショコラショ カンカン

ショコラショ カンカンは、ショコラショに、グリオットチェリーのクリームとソースとトンカ豆がトッピングされています。
カカオの味わいが強めのショコラショに酸っぱいチェリーのソース、甘い味わいがしっかりしたトンカ豆の味わいです。

最初は熱く飲むのに注意が必要で、ぬるくなると甘みが増すように感じます。


会社帰りに丸の内で用事、ちょっと休憩でイセタンサローネメンズ内の「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に立ち寄りました。

お店には2組4名のお客さんが居て、平日夜にしては賑わっていました。

カウンターで注文で、
ショコラショー パリジャン 540円
マカロン サオ トメ 270円
です。


ショコラショー パリジャン


ジャン=ポール エヴァンのシンプルなショコラショーです。
クラッシックタイプで、カカオとミルクで作られています。
紙コップに入ったショコラショーは熱々です。
カカオの味わいとミルクの甘みがほどよく、すっきりした味わいです。
甘みが控えめなのも良いです。


マカロン サオ トメ

名前の由来は「早乙女」ではなく、アフリカ西のギニア湾沖にある「サオトメ島」産のカカオを使用していることからw

マカロン生地は、薄ピンクとカカオ色の二色。
食べてみると中のぬチャットした食感がほどよく、ベリー系のジャムで甘酸っぱい味わい。
カカオの香ばしさと苦みもほどよく感じ、美味しいです。

-------------

平日の夜、会社帰りにふらりと丸の内の「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」に行ってきました。

夜は空いていることが多く、ゆったり出来るので好きな場所です。
この日も先客は無し。

注文したのは、
シャテーニュ フィグ
です。

シャテーニュ フィグ


マロンクリームの入ったホットのショコラショーです。

飲んでみるといつものように、熱々のショコラショーです。
口当たりはよく、甘さは控えめ。
ショコラの味わいと、マロンの甘みがいいです。
ただ、イチジクの味わいは少なめでほのかにフルーティーさを感じるのが、そうかも知れません。

閉店の20時までゆっくり出来ました。

------------

丸の内のイセタンサローネ内にある、ジャンポール エヴァン チョコレート バーでかき氷を食べてきました。

いつもの通り会社帰りの平日の夜、お店に行ってみると1組のお客さんが居るだけで、空いていました。
お店に入ると、店員さんが話しかけてくれます。
店内利用と言うと、いつもの通り丁寧にメニューの説明をしてくれます。

この日は蒸し暑かったのでかき氷と決めていました。
ジャン=ポール・エヴァンのかき氷には「グラス ピレ ア ラ パリジェンヌ」と「グラス ピレ ア ラ パリジェンヌ フレーズ ユズ」があります。

今回は、チョコレートだけの「グラス ピレ ア ラ パリジェンヌ」を注文しました。

「グラス ピレ ア ラ パリジェンヌ」は、透明なプラスチックカップに入って出てきます。

上は白い生クリームのシャンティイで、なめらかで甘さがしっかりしています。

下のフローズンショコラは、アイスココアに少し多めの氷の粒々が入っている感じ。
かき氷というより、ゆるいフラペチーノ的です。

ショコラの味わいはほどよい甘さとほんのりしたカカオの苦みです。
後味もさっぱりしています。

かき氷というとか、アイスドリンクと言う部類ですね
美味しいけどw

-------------


土曜日、銀座で買い物の帰り、休憩で丸の内にあるジャンポール エヴァンでお茶をしてきました。

「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」は、イセタンサローネメンズ 丸の内の中にあります。

行ってみると、三組のお客さんが居てココにしては混んでいましたw
注文しているうちに一組が帰り、端の席が確保できました。

注文したのは、
マント
グラス ピレ ア ラ パリジェンヌ フレーズ ユズ
です。


「マント」は、アイスのショコラショー。
なめらかなチョコレートドリンクで、濃厚でコクがあり、さわやかに甘くて美味しいでのですが、ミントとライムの香りは、あまり感じることが出来ませんでした。


「グラス ピレ ア ラ パリジェンヌ フレーズ ユズ」は、新感覚のかき氷です。
食べてみると、荒々しい氷のツブツブ感を感じ、濃厚なチョコレートの入ったフラペチーノ的です。
氷自体にチョコレート味の付いていて、砕いて作られているとのこと。
ショコラショーは南米産のカカオを使ったパリジャンがベースです。
ゆずは丸の内店限定で、酸味のあるイチゴと味わいの濃いゆずのショコラエスプーマがたっぷりかかり、さっぱりしてさわやかです。

ゆったり食べていると、試食で「マカロン パブリノ」を半分頂きました。
ペルー産カカオを使っていてビターですが、フルーツの甘さと酸味が強く出た美味しいマカロンでした。

ここはなんだかゆったり出来るので好きです。
ジャンポールエヴァンさんの独創力に感心したアイススイーツです。

---------------------

丸の内中通り、「ジャンポール エヴァン チョコレート バー MARUNOUCHI」に行ってきました。
「ジャンポール エヴァン チョコレート バー MARUNOUCHI」はイセタンサローネメンズ内にあるお店です。

ここが気に入っておりよく来るのですが、この日珍しく混んでいました。
6組あるテーブル席、4組が埋まっていました。
普段の平日夜だと、せいぜい1組しかお客さんがいませんのでかなりの混雑です。

夏季限定のアイスクリームのメニューは次の2種類あります。
グラス パリジェンヌ
ソルベ パリジャン

注文したのは、
ソルベ パリジャン
です。

「ソルベ パリジャン」は、ミルクを使わずに仕上げたチョコレートアイスクリームでカカオの味わいが濃厚でビターな味わいです。
粘度もありよりコク感じます。

ソースにフランボワーズソースがかかり、甘酸っぱい味わいをプラスしていますが、チョコレートの味わいが強いためフランボワーズの印象が少なく感じます。

また、白い棒はメレンゲです。
甘さが結構あり、サクサクした食感がいいです。

ゆったりした雰囲気で落ち着きますのでここは好きです。

-----------------

会社帰りにふらりとジャンポール エヴァン チョコレート バーに行ってきました。

お店は、丸の内中通り、伊勢丹サローネ内にあり、手軽なのでよく行きます。

注文したのは、
ケーキ オルリー (Gâteaux Orly)
ショコラショ ブラジル(Chocolat chaud Brésil)
です。

ショコラ ショは、ミルクを使ったホットチョコレートドリンクで、カカオにブラジル産「ブレジル」を使っています。
飲んでみると、さっぱりしていながら芳醇で甘く、フルーツのような香りもします。
よりマイルドです。

ケーキは、夏の期間限定「オルリー」です。
濃厚なショコラムースとショコラのスポンジ、パッションフルーツのガナッシュで構成です。
ほどよい甘さと、カカオ微細な苦み、パッションフルーツのさわやかさが合わさってさっぱりして結構好きです。

平日夜は空いているため、さっと寄って、美味しく頂ける良いところです。

------------

ココアを求めて⑨ 「ジャンポール エヴァン チョコレート バー マダガスカル」

丸の内「ジャンポール エヴァン チョコレート バー」で、ショコラショとチョコレートケーキを食べてきました。

休日の午後6時過ぎ、銀座での用事を終え疲れたので甘いものが食べたくなり、某ショコラショップへ。
ケーキが一つしか残っておらず微妙だったので、中通りを歩き「ジャンポール エヴァン」へ。
なんと、ここでも、ケーキが1種類のみ。。。
が、ケーキは美味しそうだったので、食べることに。

ここはいつも空いていて待たずに食べられるのが良いです。
この日も先客は女性2名の1組だけ。
新宿伊勢丹でこのショコラショを飲むため長い時間並んだのが懐かしいです。

注文したのは、
ショコラ ショ マダガスカル
アキテーヌ
です。

「ショコラ ショ マダガスカル」はマダガスカル産のカカオを使ったショコラショで、ミルクでとかしてあります。
この店では水でカカオを溶かした「オー ドゥ ショコラ」もありますが、「ショコラ ショ」の方がコクを感じ好みです。
注文してから、鍋で暖め作られるので出てきたショコラ ショは熱々で注意が必要です。
マダガスカルは、カカオの苦みと甘みのバランスが良く、深い味わいで美味しいです。

「アキテーヌ」はヴェネズエラ産カカオを使ったショコラケーキです。
コクがあり甘すぎないショコラです。
白い部分は、フランス産フロマージュチーズで、シュワッとした食感でチーズの味わいが強いです。
上部のカリカリしたナッツも美味しいですし、土台のビスキュイもいいです。

私が行くときはいつも人が少なくて心配しちゃうんですが、とても使いやすいお店です。

---------------

ココアを求めて⑥ 「ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー オードゥショコラ パリジャン」

ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー 丸の内 でホットチョコレートとケーキを頂いてきました。

ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー 丸の内は、中通り沿いのイセタンサローネ メンズの中にあります。
平日の19時頃に行ったのですが、カフェは空いていました。
好きな席に座ってから、販売カウンターで注文です。
店員さんが、ホットチョコレートとケーキの種類について丁寧に説明してくれました。

注文したのは。
・オードゥショコラ パリジャン
・アキテーヌ
・オードゥショコラ ヴェネズエラ
・ヴォワヤージュ
です。

「オードゥショコラ パリジャン」は水で煎れるホットチョコレートのパリジャン。
パリジャンのすっきりとしたカカオの味わいを感じることが出来ます。
ただ、飲んだ感想は「水ですね」というもの。薄いというか・・・なんか残念。

「アキテーヌ」は、ベネズエラ産のカカオと、フランス産フロマージュのムースケーキです。
やわらかくまったり濃厚な味わいです。
はちみつの味わいがすーっと鼻に抜ける感じが良いです。
また、アーモンドキャラメルのプレートがカリカリしてアクセントになっています。

「オードゥショコラ ヴェネズエラ」も水で煎れたもの。
コクのあるヴェネズエラのカカオですが、薄い印象はぬぐえない。
飲み進めるとカカオ本来の苦みとほのかな甘みを感じますが・・・

「ヴォワヤージュ」は、濃厚でまったりしたガナッシュと、やわらかいビスキュイの組み合わせ。
さっぱりしていて、フランボワーズの酸味も引き立ち美味しいです。

限定とはいえ、オードゥショコラは微妙かも。

------------------

ココアを求めて②「ジャンポール エヴァン ショコラ ショ オ ロックフォール」

丸の内中通り沿いに昨年12月にオープンした、イセタンサローネ メンズ。
そのなかに、ジャン=ポール・エヴァンのカフェもオープンしました。

平日の夜、会社帰りに行ってきました。

お店の名前は、
『JEAN-PAUL HÉVIN PARIS - CHOCOLATE BAR(RE) MARUNOUCHI』
です。

チョコレートバーと言うことで、これまでの店舗よりコンセプトがカジュアルだそうです。

店はイセタンサローネの店舗内、四角いチョコレート色の格子で区切られた一角です。
テーブル10席ほどとスタンディングテーブルがあり、中央のカウンターで、チョコレートやケーキ、マカロンなどが売られています。
ショコラショーとケーキは、この店舗限定の品があります。

まず、カウンターで注文です。
注文したのは、
ショコラ ショ オ ロックフォール
ゲランド
です。

注文してからショコラショーは作られます。
しばらく待っていると、テーブルまでケーキとともに運ばれてきました。

ショコラショーの「ショコラ ショ オ ロックフォール」は、ブルーチーズがトッピングされています。
蓋を開けて香りをかぐとブルーチーズの香りがします。
味わいにはチーズの影響はあまりありません。
ショコラショー自体はパリジャン風で甘みが押さえられたさっぱりした味わい。
紙コップで提供なのがちょっと残念な感じなのと、はじめは恐ろしく熱いので、やけどに注意です。

ケーキの、ゲランドは岩塩が入ったケーキとのことでしたがあまり塩を感じませんでした。
ショコラムース、ビスキュイ、シブーストの構成で、表面がアマンドキャラメリゼショコラとショコラノワールで覆われています。
さくっとした土台とまったりしたショコラムース、甘みと苦みがほどよくフルーティーで美味しいです。

さっと、ショコラショーをテイクアウトするお店なのでしょうか。
せっかく美味しいケーキなので、店内でのサービスも充実すればいいなぁ

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)62

もっと見る

5位

ピエール マルコリーニ 銀座店 (銀座、東銀座、有楽町 / チョコレート、パフェ、カフェ)

19回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999

2019/06訪問 2019/10/02

ここは夜まったりがいい『マルコリーニ ピーチパフェ』

銀座のピエール マルコリーニ 銀座店に、シーズンパフェを食べに行ってきました。
平日の夜で、先客は3組で待つことなく座れました。

注文したのは、
マルコリーニ ピーチパフェ
です。

マルコリーニ ピーチパフェ

夏のシーズンメニュー『TASTE OF SUMMER 2019』のパフェは、『マルコリーニ ピーチパフェ』です。
ピーチの形のホワイトチョコ、生クリーム、ピーチソルベ、ピーチゼリー、ホワイトチョコレートアイス、ピーチコンポート、アーモンドクリーム、フランボワーズソースです。

甘くてさっぱり目の味わいのピーチソルベピーチゼリーを中心に、濃い甘みのホワイトチョコレートがいいです。
ピーチのコンポートは歯ごたえがある食感。
香ばしいアーモンドソースと下層の酸っぱいフランボワーズソースがアクセントになっています。

3月からの春のパフェは「マルコリーニ ストロベリーパフェ」甘酸っぱいアイスクリームがいい。銀座「ピエール マルコリーニ 銀座店」

銀座の「ピエール マルコリーニ 銀座店」に行ってきました。
平日の夜は並ぶことなく、すんなりカフェに入れました。

注文したのは、
マルコリーニ ストロベリーパフェ
です。

マルコリーニ ストロベリーパフェ

3月からのシーズンパフェの「マルコリーニ ストロベリーパフェ」です。
パフェは、フローズンいちご、チョコレートアイスクリーム、ホワイトチョコの抹茶アイスクリーム、ストロベリーアイスクリーム、ストロベリークリーム、いちご、チョコレートプレートです。

パリッとしたチョコレートプレートに、甘酸っぱいいちごが挟まっています。
いちごのクリームは優しいいちごの甘さで、中のストロベリーアイスクリームは甘酸っぱい味わい。
ホワイトチョコなのに抹茶の味わいが付いたアイスクリームは、ほんのり苦みも感じます。
チョコレートアイスクリームはピエールマルコリーニさんの濃厚なアイスクリーム。
そのまま食べても、抹茶とあわさっても美味しいです。
特に一番下に埋まっていた、フローズンないちごと一緒に食べるとうまうまです。
ピエール マルコリーニ 銀座店に行ってきました。
行ったのは休日の11時45分頃で、席には空きがありすんなり入れました。
ただし、帰る頃には外に行列ができていました。

注文したのは、
マルコリーニ チョコレート ミルフィーユ
カカオティー
です。

マルコリーニ チョコレート ミルフィーユ

12月からクリスマスまでの期間限定のミルフィーユです。
濃厚なチョコレートクリーム、さっくさくのパイ生地が層になっていて、上にはチョコレートムースとフランボワーズソース、板チョコがのっています。

そのままでは、崩れそうだったので、倒してからカットします。
パイ生地は結構しっかりして固め、ざくざくっ手感時です
逆にチョコレートクリームはとろーりで、濃厚なあじわい。
フランボワーズソースが、結構甘酸っぱくて、アクセントになりいいです。

カカオティー

ケーキは珈琲か紅茶のドリンクセットにで来ます。
紅茶は種類が選べるので、オリジナルのカカオティーを選びました。
カカオティーはポットで提供され、三杯くらい入っています。
香りはかなりカカオ感があります。
飲んでみると、ハーブティというかちょっと薬っぽい味わいです。
銀座の「ピエール マルコリーニ 銀座店」に行ってきました。
18時半過ぎに行ってみると、なんと、他のお客さんがいなく貸切状態でした。

注文したのは
マルコリーニ ジンジャーパフェ
です。

マルコリーニ ジンジャーパフェ

この冬の季節限定パフェは、ジンジャーです。
ジンジャーのピューレ、生クリーム、ジンジャーアイス、チョコレートアイス、カカオニブ、ジンジャーアップルソースの構成です。

ピリッとスパイシーなジンジャーピューレにさっぱり甘い生クリームです。
ジンジャーアイスはジンジャー感は後味にふわりと感じるていどで、メープルの甘さが主張します。
チョコレートアイスは濃厚で甘くいつも美味しいです。
カカオニブのカリカリした食感と、不思議な甘さとスパイシーさを感じるソースが面白いです。

平日の夜、銀座のピエール マルコリーニに行ってきました。
夏が終わり秋の足音が聞こえはじめ、朝晩と涼しくなってくると、ガトーショコラが食べてくなり、ピエールマルコリーニにやってきました。
平日の夜なので、カフェでもまつことなく入れ、2階の窓側の席に座れました。

注文したのは
マルコリーニ チョコレートガトー
コーヒー
です。

マルコリーニ チョコレートガトー

ピエールマルコリーニさんのガトーショコラです。
三角形のピースで、黒色が深く、見た目でも美味しそうです。
ナイフを入れてみると、ぎゅっと詰まったショコラを感じます。
フォークに乗せ食べて見ると、深いショコラの味わいに甘さが口の中に広がります。
カカオのビターな味わいも感じつつ、しっかりした甘さもあります。
ホイップクリームが添えられていて、そちらも甘いのですが、さっぱりした印象です。

コーヒー

ブレンドコーヒーです。
マシンだと思うのですが、ドリップされたようなすっきりした味わいに深みを感じいいです。

その後、2階が満席になるなど、平日夜でも人気ですね。
9月からピエール マルコリーニのシーズンパフェが変わったので食べに行ってきました。
平日夜で、2階の席に案内されました。

注文したのは、
パフェ シーズン「モンブラン」
です。

パフェ シーズン「モンブラン」

テーマの「モンブラン」をあしらったパフェです。
上からモンブラン、栗型のチョコレート、栗の入ったメレンゲ、マロンクリーム、マロンアイスクリーム、クルミ、カシスソース、チョコレートアイス、マロングラッセです。

上部のモンブランは甘い味わい。
中は生クリームとクリノは行ったメレンゲでさっくりです。
マロンクリームとマロンアイスクリームは、ラム酒「トロワリビエール」で風味を付けされています。
グラスの中心部にピエールマルコリーニさんのチョコレートアイスクリームです。
これがいつもの通り濃厚でビターな味わいながら、甘みも感じる至高のアイスです。
アクセントにカシスソースはあり、酸味のある味わいがいいです。

マロンパフェ、今年も美味しかったです。
休日の昼、美味しいパフェが食べたくなり、銀座のピエール マルコリーニに行ってきました。
行ったのは13時半すぎで店の前に待ちが5組ほどでした。
30分以上待って席に案内されました。

注文したのは、
マルコリーニ チョコレート パフェ
です。

マルコリーニ チョコレート パフェ

ピエールさんの基本のチョコレートパフェです。

チョコレートパフェは、チョコレートアイス、チョコレートケーキ、生クリーム、バニラアイスクリーム、バナナ、タブレットチョコレートです。

チョコレートアイスは、濃厚でありながらカカオの苦みでさっぱり感を感じる逸品。
これに、甘さのあるチョコレートケーキ、生クリームです。
バニラアイスもさっぱりして美味しいです。
バナナはチョコレートとの組み合わせがいいです。
タブレットチョコレートは「GANACHE AMER」です。

美味しいチョコレートの味わいがかなり良いパフェは美味しいです。

3月からのシーズンパフェ「マルコリーニ ストロベリー パフェ 2018」は苺のクリームが美味しい!銀座「ピエール マルコリーニ」


ピエールマルコリーニでも、ストロベリーパフェがはじまったとのことで
銀座のピエール・マルコリーニに季節のパフェを食べに行ってきました。
夜はいつもの通り空いていて、好きな席に座ることが出来ました。

注文したのは、
パフェ シーズン「ノワゼット」
です。

パフェ シーズン「ノワゼット」

パフェは、ヘーゼルナッツクリーム、ヘーゼルナッツアイスクリーム、チョコレートアイスクリーム、オレンジソース、キャラメルクリームで構成されています。

ヘーゼルナッツアイスクリームはかなり香ばしくてナッツィ。クリームとともにその香ばしさが口の中に広がります。
チョコレートアイスクリームはピエールさんのいつものアイスクリーム。
チョコレートが濃厚なそのアイスクリームに、ビターなオレンジソースがあわさり何とも美味しいです。
また、キャラメルクリームの甘さがアクセントになり美味しいです。

ごちそうさまでした。


平日の会社帰り銀座をウロウロしたあと、ピエール・マルコリーニに立ち寄り。
夜なので席は空いており、2階のお気に入りの席に座われました。

注文したのは、
マルコリーニ サバラン ショコラ
アールグレイ
です。

マルコリーニ サバラン ショコラ

冬の期間限定のサバランショコラです。
サバランとのことですが、しっとり系のパウンドケーキの印象です。
弾力のあるケーキを食べてみると、ラム酒の香りが程よく感じます。
おもったよりもお酒の感じは少なめです。
ショコラは甘くなく、カカオの苦味が強めにでて、ほのかなお酒の味わいでいいです。
代わりに、上に乗ったキャラメルクリームと手前の生クリームがかなりの甘めです。

アールグレイ

ステンレスポットに入った紅茶は茶葉も入っています。
渋くなるので早めにカップに注いだほうがいいです。
アールグレイの香りはしっかりする紅茶でした。

金曜日の夜、買い物ついでに銀座のピエールマルコリーニさんに立ち寄り。
ガトーショコラがお目当てでしたが、直前で売り切れたようです。
がっかりしたものの、せっかく来たので休憩を。
二階に上がりテーブル席に。

注文したのは、
シンプル・ホットチョコレート
です。

シンプル・ホットチョコレート

ピエールさんのホットチョコレートは濃厚なとろみが特徴。
出てきてすぐはかなり熱いので、飲むのに注意が必要です。
シンプルなカカオの味わいに、程よく甘さがあるのもいいです。

懐かしさと、カカオの奥深さを感じるホットチョコレートです。

平日の夜、銀座のピエールさんに行ってきました。
金曜日の夜で、席には余裕がありました。
ただ、行ってみると、狙っていた、ショコラガトーが売り切れとのこと。
がっかりですが、珍しくエクレアが残っていたので、救われました。

注文したのは、
マルコリーニ エクレア シーズン マロン
シンプル ホット チョコレート
です。

マルコリーニ エクレア シーズン マロン

テレビで紹介されて、人気になっている、ピエールさんのエクレア。
シーズンのマロン味です。

ふわっとしていながらシューが締まった感じのエクレアです。
マロンクリームはまったり濃厚。
しっかりした、栗の味わいにあまさが強めです。
ただ、マロンパフェのクリームほどお酒な感じがなく少し残念。
パフェの方が好みです。


シンプル ホット チョコレート

ピエールマルコリーニのホットチョコレートは、とろみが強めの口当たり。
チョコレートは濃厚ですが、甘さは少なく、カカオの苦みがさっぱりした味わいになっています。
美味しい。でも、なんだかお腹が膨れるw


9月1日、銀座のピエールマルコリーニさんに、この日からのシーズンパフェを食べに行ってきました。

金曜日の夜で、18時半頃行ってみると、2階に通され、窓側の席に座れました。
先客は3組で、後からも2組来て、夜でも人気です。

注文したのは、
パフェ シーズン「マルコリーニ マロン パフェ」
です。

マルコリーニ マロン パフェ

秋の定番のマロンパフェです。
店員さんの説明では、去年よりもより栗を強調した、パフェに仕上げたとのこと。

パフェの構成は、ダックワーズ、栗形のチョコレート、マロンクリーム、生クリーム、マロンアイスクリーム、チョコレートアイスクリーム、バニラアイスクリーム、ローストナッツ、クッキーなどです。

店員さんからダックワーズにマロンクリームと生クリームを付けて食べるといいですよ、と教えて頂いたのでその通り食べると、ラム酒がかなり効いたまったりしたマロンクリームとメレンゲの香ばしいダックワーズが良くあい美味しいです。ちなみにラム酒は"トロワリビエール"だそうです。
マロンアイスクリームも栗の味わいが濃厚でコクがあり美味しいです。
逆にチョコレートアイスクリームはビターで味の変化がありいいです。
小さく丸い、キャラメリゼされたヘーゼルナッツが香ばしくカリカリした食感と共に美味しいです。

かなり、マロンマロンしたパフェはかなり高レベル。
アルコール度数約1.9%のマロンアイスクリームは、運転する人は注意のアイスクリームです。

ごちそうさまでした。
平日昼に銀座をお散歩。
休憩で、ピエールさんのカフェに行きました。
二階に案内されると、お客さんは4組ほど。
仕切りの装飾がある横の席に座りました。

注文したのは、
マルコリーニ チョコレートパフェ
です。

マルコリーニ チョコレートパフェ

ピエールさん基本のチョコレートパフェ。
チョコレートクリーム、バニラクリーム、チョコレートアイス、バニラアイス、チョコレートケーキ、バナナとなっています。
濃厚なチョコレートアイスと、さっぱりしたバニラアイスとクリームで味わいの変化を感じられます。
特にカカオのビターな味わいがいいです。

チョコレートケーキは柔らかくなっておりこれも味わいが濃くていいです。

バナナの甘さはチョコとバニラとも違い味わいにアクセントを付けてくれいいです。

日本でしか食べられない、ピエールマルコリーニさんのパフェはやっぱり美味しいです。

平日の夜、銀座のピエール・マルコリーニにシーズンパフェを食べに行ってきました。
金曜日の夜でしたが、行ったときは2階には空席がありましたが、程なく満席になり、3階も利用していました。

注文したのは、
マルコリーニ パイナップル パフェ
です。


マルコリーニ パイナップル パフェ

今年の夏期のシーズンパフェは、パイナップルです。
去年は、パッションフルーツだったかと思いますが、パイナップルってよくある素材ですがなんだか珍しい。

出てきたパフェは、上部にちょこんと、パイナップル型の板チョコがのっており可愛いです。
構成は、パイナップルアイスクリームと、パイナップルソース、生クリーム、チョコレートアイスクリーム、フレッシュパイナップル、ココナッツプリン、ローストナッツです。最下層にパイナップルジュレもあります

パイナップルのアイスクリームとソースは、かなりパイナップルの味わいです。
甘さと酸味が強めに出ていて美味しいです。
チョコレートアイスクリームは、ピエールマルコリーニさんのいつもの濃厚なアイスクリームのため、酸味のあるパイナップルに負けないくらいの味わいでそれぞれの味わいがかさなりいいです。
パイナップルの果肉もゴロゴロ入っています。

また、ぷるっとした食感でアクセントになっているココナッツプリンも良いです。

何とも不思議で印象に残るパフェでした。
平日の夜、パフェを食べに銀座のピエール・マルコリーニに行ってきました。
夜、6時半頃ですでにエクレアは完売していました。
テレビで紹介されてからは、エクレアが無くなっていることが多いです。

<a href="https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/209.html">~ピエール・マルコリーニのチョコレート・エクレア~ | レシピ | NHK「グレーテルのかまど」</a>

カフェも混んでいて、3階の席に案内されました。

注文したのは、
パフェ シーズン「マルコリーニ ストロベリー パフェ」 1,620円
です。

パフェは、薄いチョコ、いちご、いちごのアイスクリーム、いちごソース、生クリーム、メレンゲ、バニラアイス、チョコレートアイスです。

上にのった薄いチョコは、薄いのにビターな味わいが強めです。
いちごはカットされ、2個分のっていて甘いです。代わりに生クリームは甘さがないもの。
メレンゲのサクサクした食感もアクセントになって良いです。

いちごのアイスクリームはさっぱりした味わい。
酸味も感じ、甘酸っぱいです。
果肉もあるイチゴのソースも美味しいです。

バニラアイスもさっぱり系でいいです。
一番そこにあるチョコレートアイスクリームは逆にまったり濃厚。
甘さとカカオの味わいがぐっと強いです。


夜、ガトーショコラが食べたくなり、銀座のピエール・マルコリーニに行ってきました。
6時半頃で2階のテーブル席は割と埋まっています。

注文したのは、
マルコリーニ チョコレートガトー
ドリップ コーヒー
です。

マルコリーニ チョコレートガトー

三角形のガトーショコラです。
割と小さめですが、チョコレートがぎゅーっと詰まって、しっとりしています。
口に入れると、ほどよい甘みとカカオの苦みがいいです。
コクと濃厚な味わいが良いです。


ドリップ コーヒー

さっぱりして酸味の少ないコーヒーで飲みやすいです。
甘い、チョコレートと良くあいます。

平日の夜、銀座のピエール・マルコリーニにパフェを食べに行ってきました。

先週、マツコの知らない世界の予告で、楠田枝里子氏がまたピエールマルコリーニさんを紹介すると流れていて、その放送後ではまた店が混雑してしまうかと思い放送当日に行ってきました。

平日の夜はいつも待つこと無く2階に座れました。

注文したのは、
パフェ シーズン「マルコリーニ アーモンド チョコレート パフェ」
です。

マルコリーニ アーモンド チョコレート パフェ

12月から3月末までの期間限定パフェです。

パフェは、アーモンドクリーム、バニラアイス、チョコレートアイスです。
アーモンドクリームは甘くて香ばしいアーモンド味がしっかりしています。
ローストされたアーモンドナッツも入っていてこれを食べるとコリッとしてかなり美味しいです。
ナッツは下の方にも入っていて何度も楽しめます。


アーモンドの香ばしく甘いナッティなアロマとビターチョコレートの組み合わせは不惑のマリアージュ。定番のチョコレートパフェとはまた違ったアプローチから、オリジナルクーベルチュールの独創的で大胆なアロマが存分に楽しめる、この冬一押しのひと品です。


銀座のピエール・マルコリーニで期間限定のエクレア マロンを食べてきました。

平日の夜、ガトーショコラが食べたくなりふらりといきました。
ただ、この日はガトーショコラが売り切れでがっかり。

注文したのは、
エクレア シーズン「マロン」
シンプル ホット チョコレート
です。

エクレア シーズン「マロン」


マロンのエクレアは、季節限定です。
ぱしゅぱしゅしたエクレア生地に、ラム酒の効いた甘いマロンクリームです。
お酒の感じは結構強く大人の味わいです。
上に香ばしいキャラメリゼされたヘーゼルナッツがのっていてコリコリした食感がアクセントになっています。

シンプル ホット チョコレート


シンプル ホット チョコレートは、かなり濃厚なショコラショーです。
まったりしてた口当たりで、ビターでありながら甘さもしっかりしています。
冷めるとさらにどろどろ感がますので早めに飲みたいところ。

-------------

銀座の「ピエール・マルコリーニ」で、シーズンパフェの「マルコリーニ マロン パフェ」を食べてきました。


注文したのは、
マルコリーニ マロン パフェ
です。

パフェの上部にはビターチョコレートとカリカリのヘーゼルナッツ、甘めのマロンクリームです。
その下に、ラム酒がかなり効いているマロンアイスです。
フランス産のトロワリビエールと言うラム酒をつかっているそうで、強めの香りが芳醇で、マロンの甘みとあいまってさっぱりしていながら美味しいです。
下部は、チョコレートクリームとバナナクリームのアイスです。
ピエールさんの濃厚なチョコレートクリームと、さっぱり系のバナナのクリームの味わいが、チョコレートパフェの味わいを思い出せます。

ごちそうさまでした

----------

休日の夕方、銀座のピエールマルコリーニでパフェを食べてきました。
暑い日の夕方で甘くて冷たいものと考え、ピエールさんに行きました。
休日のLOは18時半、18時頃行ってみると、外に行列はなく席には余裕にも余裕がありました。
三階の窓際の席に座れてラッキーです。

注文したのは、
キャラメルパフェ
です。

出てきたパフェは、キャラメルアイスクリームの乗った色合いのほんわかしたパフェです。
キャラメルアイスクリームは2種類、キャラメルクリーム、生クリーム、キャラメル飴、タブレットチョコレートです。

食べてみると、キャラメルの味わいより、岩塩の塩味の方が印象的です。
キャラメルの甘みに、ほどよい塩気があわさり何ともいいです。
塩は別皿で追加も出来、楽しいですね。

フルーツは、同じような色合いの洋梨。
食べてみると、とろりと柔らかく、酸味のさわやかな味わいがいいです。

上に乗ったの飴もばりばりでいいです。
タブレットチョコレートは、「キャラメル ブール サレ」だそうです。
ココアの苦みとキャラメルのほのかな風味がいいです。

中のキャラメルクリームと無糖のクリーム、同じ塩キャラメルを使った濃厚ソースもいいです。

チョコレートパフェも美味しいけど、キャラメルパフェも美味しい!
ピエールさんありがとう。

---------------

銀座の「ピエール・マルコリーニ」でパフェを食べてきました。

平日の夜で、カフェのお客さんは少なめ。
2階の席は自由に座れました。

注文したのは、
パフェ シーズン「マルコリーニ パッション ブラン パフェ」 1,620円
です。

「パッション ブラン パフェ」は、6月からの期間限定で8月末まで食べられます。

出てきた、パフェは、全体的に薄い黄色で、パッションの雰囲気が出ています。

上にのっているが、パッションのマカロンのメレンゲの部分。
マカロンの独特な柔らかい食感とほのかなパッションの味わいを感じます。
その下は薄いホワイトチョコレート、そして甘い生クリームです。
さらにその下が、パッションのアイスクリームです。
アイスクリームはパッションの味わいが濃厚です。
周りにホワイトチョコレートと、パッションフルーツジュレもありさわやかさが強調されます。
また、下の方はレモン味のジュレが入っていて味わいが替りよかったです。


------------------

ココアを求めて⑤「ピエール・マルコリーニ シンプル ホット チョコレート 」


ピエールマルコリーニの銀座CAFEに行ってきました。

2月のこの時期、チョコレート専門店は混雑していますね。
この日も1階の販売も2階のカフェも結構お客さんがいました。
18時半頃、2組待ちでした。

2階のテーブル席に案内されました。
店内はチョコレート色で落ち着いた雰囲気です。

注文したのは、
シンプル ホット チョコレート
マルコリーニ チョコレートガトー
です。

シンプル ホット チョコレートは、ピエールさん基本のホットチョコレート。
飲んでみるととろみが強く、まったり濃厚なのが印象的です。
カカオの苦みをしっかり感じ、甘みは少なめです。

マルコリーニ チョコレートガトーは、ガトーショコラ。
小さめの三角形ですが、フォークを入れるとしっとり粘る感じです。
重量感があるガトーショコラで、チョコの味わいがこちらもまったりです。
カカオのこくとほのかな甘みで美味しいです。
生クリームもそえてあり、一緒に食べると甘さが加わりまろやかで良いです。

ピエールさんのチョコレートはオトナの味わい。
ごちそうさまでした

---------------

銀座「ピエールマルコリーニ」のカフェに行ってきました。
平日の夜だったので、待たずに入ることが出来ました。

銀座のピエールマルコリーニは改装工事でしばらくクローズしていましたが、平成27年12月10日にリニューアルオープンしました。
旧店舗は二つの細いビルを無理矢理合体させたような作りでしたが、リニューアルして一体のビルのようになりました。

ただ、中に入ってみると、1階の売り場は広くなりましたが、2階のカフェスペースの席数はあまり増えた印象がありません。ただ、狭苦しさはなくなりました。

注文したのは、
マルコリーニ チョコレート パフェ
マルコリーニ ブリュッセル ワッフル キャラメル
です。

マルコリーニ チョコレート パフェは、ピエールマルコリーニ定番の品です。
チョコレートアイス、チョコレートケーキ、生クリーム、バニラアイス、バナナ、チョコプレートの構成です。

チョコレートアイスは、カカオを強く感じつつ甘く美味しいアイスです。
チョコレートケーキは、まったり濃厚なケーキ。柔らかく甘さがしっかりしています。
バニラアイスはほんのり塩気を感じる味わい。
チョコの甘さとの対比で美味しいです。
チョコと柔らかいバナナは絶妙な組み合わせですね。

久しぶりに、マルコリーニ チョコレート パフェが食べられて嬉しかったです。

--------------

銀座のピエールマルコリーニはしばらく改装工事でクローズしていましたが、平成27年12月10日にリニューアルオープンしました。
旧店舗は二つの細いビルを無理矢理合体させたような作りでした。
今回リニューアルして、一階は広くなり、ショコラ、エクレア、アイスクリーム、etcが並ぶ、深いチョコレート色のシックな店内となりました。

カフェを利用したいと、初日に行ったのですが、19:30のLOに間に合わず残念。

一階のカウンターで、
ショコラソフト(コーン)
を買って食べました。

ショコラソフトは、チョコレートアイスクリーム。
まったり濃厚で、甘みはほんのり。
ショコラの苦みもしっかり感じ美味しいです。
コーンもサクサクで香ばしい味わい。ばりばり食べちゃいます。

ちなみに、試食で、抹茶アイスも頂きました。
舌触りは濃厚で抹茶の味わいが濃いです。苦みよりも甘い感じが強いです。

で、今回の店舗リニューアルに併せて、エクレアも新しくなったのことで、6種類(チョコレート、キャラメル、バニラ、レモン、ココナッツパイナップル、パッションフルーツ)とシーズン(抹茶)のなかから、キャラメルと抹茶を買って帰りました。

エクレアのシューは、結構しっとり系。シュー自体はほんのり香ばしさを感じる程度。
シューの上と中にそれぞれのフレーバーのクリームが入っています。

まずは抹茶。
抹茶はピエールマルコリーニの今年のイチオシだそうです。
食べてみると、なめらかなクリームで抹茶の苦みよりも甘みを強く出しています。
アイスと同じ感じ。さっぱり軽く食べられます。

キャラメルは、濃厚なキャラメルの味わいがぐっと口の中に広がります。
キャラメルの甘みが深く、また、ほんのり塩味を感じ、おとなの印象。
これは美味しいです。
また、エクレアの上に乗った、アーモンドの実が香ばしくて凄い美味しいです。

カフェのカレーが気になるので行ってみたいです。


----------------

先日、ロールケーキとワッフルが食べられなかったのでリベンジです。

昼時でしたが、並んで少し待ちました。
案内されたのは、2階奧の窓際の席。

注文したのは
マルコリーニ ロール ショコラ
キャラメル & アイスクリーム
です。

どちらもコーヒーのセットです。

マルコリーニ ロール ショコラは、チョコのロールケーキにたっぷり生クリームが付いています。
チョコがスポンジにも入っています。中のクリームは、2種類のチョコレートクリームが層になっており、甘い感じとほんのり苦みのある味わいがします。
ロールケーキが小さく、じゃっかんお得感がないです。

キャラメル & アイスクリーム
ブリュッセル ワッフルの上に、生クリーム、キャラメルソース、バニラアイス、キャラメルアイスがのっています。
バニラとキャラメルアイスは早めに食べるか、なしを選んだ方が好きです。
アイスのせいで、ワッフルがしなっとなるのを防げます。
アイス自体はおいしいです。
ワッフルはさくさくで香ばしいです。
キャラメルソースが甘くコクがありかなりおいしいです。

----------

平日の会社帰り、買い物で銀座に行き、甘いものを食べることにしました。
お気に入りの「ピエールマルコリーニ」です。

待つことなく、テーブルに案内されました。

注文したのは、
マルコリーニキャラメルパフェ
マルコリーニカカオパフェ
です。

ワッフルが気になったのですが、この日はもう売り切れで残念です。

マルコリーニキャラメルパフェは、2種類のキャラメルアイスクリームののったパフェ。
さっぱりしたキャラメルアイスクリームが良いです。
アクセントに洋なしのコンポートがのっており酸味がいいです。

マルコリーニカカオパフェは季節限定。
ビターチョコレートとホワイトチョコレートがのり、カカオのソースで味付けされています。
ビターチョコは大人の味わいで、カカオの香りと絡んでいいです。

贅沢をしちゃいました。

----------

暑い日の昼間、お気に入りの銀座のピエールマルコリーニにパフェを食べに行ってきました。

平日昼間だったので、さすがに、空いており、直ぐに食べることが出来ました。

注文したのは、
シーズンパフェの「マルコリーニ オレンジ パフェ」
です。

チョコレートパフェが美味しいのですが、今回は、シーズンパフェを選んでみました。

パフェは、マンダリンソルベとオレンジアイスで構成されています。
すっぱいソルベは、さわやかです。
オレンジアイスは、やわらかで口の中にオレンジの味わいが残ります。

  • マルコリーニ ピーチパフェ
  • マルコリーニ ピーチパフェ
  • マルコリーニ ストロベリーパフェ
  • マルコリーニ ストロベリーパフェ68

もっと見る

6位

ポワンタージュ (麻布十番、赤羽橋 / パン、ビストロ、カフェ)

12回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2019/03訪問 2019/06/14

ポワンタージュのランチはハムサラダランチがおすすめ!

休日のランチで、お気に入りの麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行ってきました。
午後2時少し前についたのですがなんと、5組待ち45分ほど待つことになりました。
やっと案内されたのは奥側の広いソファー席です。
落ち着くのでここいいです。

注文したのは、
ハム・サラダランチ
紅茶
です。

ハム・サラダランチ

ワンプレートに、たっぷりのサラダ、ソーセージ、キッシュ、ピクルス、トマトがのっています。
サラダはレタス系でいつもの柑橘系のドレッシングが付いていてこのドレッシングがかなり美味しいです。
ソーセージはハムのように大きなもの二枚。さっぱり味付けでいいです。
キッシュはミニサイズで、サーモンとほうれん草です。
ピクルス、トマト、ゆで卵もいいです。

パン盛り合わせ

かごに入ったパン盛り合わせ。
白い丸パン、胚芽のソフトなパン、チーズパン、甘い系のデニッシュです。
パン減ったかな?
チーズのパンが美味しい。
デニッシュは上部がカリカリしていていいです。

紅茶

ホットの紅茶です。

休日のランチで、麻布十番のペーカリー「ポワンタージュ」に行ってきました。
行ったのは14時過ぎ、満席だったのですが、ちょうど1組出てすぐに座ることができました。
入口近くの狭いテーブルですが、明るいので良いです。

注文したのは、
サラダプレートランチ
です。

サラダプレートランチは、サラダ、生ハム、キッシュ、キヌア、ラタトイユ、アボカド、トマトです。

サラダはシャキシャキのレタスでいつもの柑橘系のドレッシングが付いて良いです。
ここはいつも新鮮なサラダが出される印象です。
ハムは薄めですが塩味がしっかりしていて良いです。
キッシュはカボチャでミニサイズです。ほっくりしたカボチャが良いです。
キヌアはまあこんなものかと
ラタトイユは野菜たっぷりでヤングコーンが良いです。
アボカドはスライスが三枚でトロッとした食感でさっぱりした味わいが良いです。
トマトは瑞々しく良いです。

パン盛り合わせ

ポワンタージュのランチで一番盛り上がるパン盛り合わせです。
今日は、フォカッチャスペシャル、フォカッチャスペシャルチーズ、胚芽食パン、カンパーニュ、あんパンです。

フォカッチャスペシャルは柔らかい白パンです。それにチーズがのっているのも付いていました。
ふわっとしていて美味しいパンです。
胚芽の食パンは、四角くさっぱりいいです。
カンパーニュは耳の部分が少し固めですが、なかはもっちり。
少し酸味のある味わいです。

コーヒー

ランチはドリンクがセットで付きます。
選んだのはコーヒーです。
コーヒーは濃い目です。
あまり甘くないあんパンと食い合わせが良かったです。


休日のランチで、麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行ってきました。
行った時は、席が空いていてすぐに座ることができました。

注文したのは、
スープ&キッシュランチ
です。

サラダ

レタス中心のサラダです。
タップリの量と、柑橘系のドレッシングがいつもの通り美味しいです。

スープ

この日のスープはカリフラワーです。
白いスープで、思ったよりさらっとしています。
カリフラワーの味わいは優しい感じです。

キッシュランチ

サツマイモのキッシュです。
サツマイモは柔らかく、甘くて美味しいです。
卵の甘みもあり、パイ生地もほっくりしていいです。

パン

パンは盛り合わせ。
バゲット、パンドミ、胚芽パン、チーズパン、小倉デニッシュです。
パンドミがトーストされていてバターがしみ込み美味しいです。
チーズがのったパンは柔らかくて、チーズがタップリで美味しいです。
小倉デニッシュは、粒あんとカスタードの甘さの組み合わせがいいです。

アイスティー

普通のアイスティーですが、大きめのグラスでたっぷり入っているので良いです。
休日のランチで、麻布十番のお気に入りベーカリーのポワンタージュに行きました。
14時ちょっと前、店内にはいりランチですというと、3組目と言われましたが、2席空いていて、もう一組出るところでしたので片付けの時間だけまちました。

注文したのは、
スープ&キッシュ ランチ
です。

スープ&キッシュ ランチは、ワンプレートにキッシュ・スープ・サラダで、パン盛り合わせ、ドリンクのセットになります。

ワンプレート
キッシュはサーモンとほうれん草のキッシュで、サーモンのスモーク具合がよく味わいが濃く、ほうれん草の量も多く、玉子の味わいもしています。
パイ生地は柔らかい系ですが美味しいです。
サラダはレタス中心でたっぷり。例のドレッシングがいつものとおり美味しいです。

パン盛り合わせ

この日の盛り合わせは、チーズのパン、柔らかいパン、オリーブのパン、フィグのパン、オレンジブリオッシュです。
チーズのパンは柔らかいパンの上にとろけた後に固まったチーズが後っており、チーズの味わいにコクがあり美味しいです。
柔らかいパンとオリーブのパンは似ていますが、オリーブオイルでよりさっぱり感が出ています。
フィグのパンは身が詰まった感じで、フィグがたっぷり入っています。
オレンジブリオッシュは、ブリオッシュにオレンジピールがタップリです。オレンジの味わいが濃厚でかなり美味しいです。

ドリンク

ドリンクはアイスティーにしました。
大きなグラスに氷もタップリで入っています。
紅茶はダージリンぽいですが、濃い目に入っていていいです。
ブリオッシュはアイスティーと一緒に食べました。
休日のランチで、麻布十番のお気に入り、ポワンタージュに行ってきました。
行ったのは14時ちょっと前、満席で、少し待つことに。
すぐに席が空き店内に案内されました。

注文したのは、
スープ&キッシュ ランチ
です。

ワンプレート

丸いプレートに、コーンポタージュ、ハムとスモークサーモンもキッシュ、レタスサラダです。
コーンポタージュは、コーンのつぶつぶがたっぷり入りつつもサラッとしたスープ。
あまいコーンの味わいがいいです。
ハムとスモークサーモンのキッシュは、さっぱりハムと塩気がいいスモークサーモンが美味しいです。
レタスたっぷりのサラダにいつもの柑橘系の美味しいドレッシングでいいです。

パン盛り合わせ

かごにたっぷり乗せられたパン盛り合わせは幸せです。
ちゃんとパンが暖められているのがいいです。
パンは、胚芽の丸パン、白いパン、チーズパン、ブリオッシュ、ミルクフランスです。
チーズのパンが好きです。

ドリンク
ドリンクはコーヒーにしました。
濃いめながら普通に飲みやすいコーヒーです。
ミルクフランスを食べながらいただき至福の時間でした。

祝日のランチ、麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行ってきました。
いつもなら14時過ぎはすぐは入れる感じなのですが、3連休だったためか、一組待ち。
食事中の人の動きも悪く、30分以上待ってしまいました。
案内されたのは、入り口近くのテーブル席。
忙しない席ですが明るいので好きです。

注文したのは、
ワンディッシュプレートランチ
です。

ワンディッシュプレートランチは、メインプレートとパン盛り合わせ、ドリンクのセットです。

メインプレート

この日のメインは、鶏もも肉のトマト煮込みです。
プレートには、鶏もも肉のトマト煮込み、サラダ、トマト、キッシュ、スープと山盛りです。
鶏もも肉のトマト煮込みは、カットされ、一口サイズ。
食べてみるとジューシーで柔らかく、トマトソースの酸味がほどよく、美味しいです。
サラダはいつもの葉物に柑橘系のドレッシング。
このドレッシングが美味しいのです。

キッシュは一口サイズですが、ベーコンとさつまいものキッシュでふわっとした甘みが良いです。
スープはかぼちゃのポタージュ、さらさら系です。
カボチャの味わいが濃く、甘さは加糖されていない柔らかな甘さです。

パン盛り合わせ

パン盛り合せは、ソフトバケット、チーズのパン、柔らかい白パン、カンパーニュ、レーズンパンです。
ここのチーズパンは香ばしくていつも美味しいです。
カンパーニュの堅さ、ソフトバケットの柔らかさ美味しいです。


休日のランチ、どこに行くか悩むとつい選んでしまうのが、ここ麻布十番のポワンタージュです。
14時頃、お店に行ってみると、2テーブルとカウンター席が空いていたので、準備が出来たらすぐに案内されました。
人気のお店ですが、この時間だと満席になるのことは少なく、割とすぐ入れます。

注文したのは、
サラダ プレート ランチ 1,050円
です。

サラダ プレート ランチ

サラダ プレート ランチは、サラダ、惣菜、パン盛り合せ、ドリンクのセットです。

サラダは、レタスを中心にしたいろいろな葉物のメスクランサラダです。
サラダランチなので野菜タップリ。いつもの柑橘系の自家製ドレッシングがうまうまでいいです。
サラダの上には大きなロースハムがのっています。
大きいのに割と厚めにカットされていて、ハムのスモーク感がいい味わいです。
トマトも新鮮です。
グリル野菜で、ズッキーニ、ブロッコリー、ヤングコーン、赤パプリカ等があり、ヤングコーンがコリコリした食感で香ばしくて美味しいです。
モッツァレッラチーズは小さく丸いのは4つほど。
モチモチしていて、味わいも濃く美味しいです。
小さいガラスの器に入っていたのが、ラタトゥイユ。
ラタトゥイユがあったので、このサラダランチを選びました。
茄子とズッキーニ、パプリカ、トマトなど夏野菜タップリで煮込まれてうま味が全体に行き渡っている感じ

パン盛り合せ

ココのランチの醍醐味、パン盛り合せ。
ちゃんとパンが温められているのが良いですね。

パンは8種類。
今日は多め?w
美味しかったのは、チーズのパン、オリーブのパン、胚芽の丸パンです。
いつも美味しいチーズのパンはお気に入り。
オリーブのパンは、丸ごとのオリーブがゴロゴロ入っています。
胚芽の丸パンは柔らかくてさっぱり食べられます。

ドリンク

セットのドリンクはアイスティにしました。
食後に持ってきてもらい、ゆっくり飲めました。

遅く起きた休日の午後、ランチで、麻布十番のベーカリー、ポアンタージュに行ってきました。
お店に行ったのは、午後2時過ぎ、店内は混んでいて4人テーブルが一つ空いていたので、相席で底に座らせてくれました。
手前の明るい席で良いのですが、パンを買う人の列が隣に出来るので、落ち着かない感があるのがなかなか難しいところ。

注文したのは、
スープ&キッシュランチ
アイスカフェラテ
です。

スープ&キッシュ

スープは、ジャガイモの冷製スープです。
さらりとして、ジャガイモの味わいと、タマネギの甘さが細良く感じるスープです。
夏に食べるのにちょうど良い冷製スープは、さっぱりして美味しいです。

キッシュは、枝豆とベーコンのキッシュです。
表面が香ばしく焼けていながら、中がトロットやわらかで卵の味わいがしっかりしています。
枝豆は小粒なのがたくさんはいっていて、コリコリした食感がいいです。
ベーコンは脂の味わいがアクセントになっていていいです。

サラダ

サラダは、メスクランサラダ風でレタスと葉っぱ、いつもの柑橘系ドレッシングです。
このドレッシング美味しいです。

パン盛り合せ

ランチのパン盛り合わせは、6種類です。
小倉パン、丸いパン、丸い胚芽パン、チーズパン、ソフトフランス、ピーナッツバターフランスです。
パンはどのパンも基本的に美味しい。
好きなのが、プレーンな味わいである丸いパンとチーズの味わいがいいチーズパン。

アイスカフェラテ

ランチにはドリンクが付きますが、+100円でカフェラテも選べます。
アイスも可能で、頼みました。
ちゃんと、ミルクとエスプレッソが二層になっていて好感が持てます。
エスプレッソは結構苦みを感じるしっかりした物で、ミルクはさっぱり系の印象を受けました。


休日のランチで、麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行きました。
つい、その美味しさとCPの高さで選んでしまうお店です。
休日の13時半頃行ってみると、満席で1組待ち、名前を告げて外で少し待ちます。
程なく呼ばれて、一番奥の席に案内されました。

注文したのは、
スープ&キッシュプレート ランチ
アイスティー
です。

スープ

この日のスープは、コーンスープです。
前回食べたコーンスープと同じ感じ。
さらっとしたスープで、コーンのつぶつぶが入っています。
コーンのほのかな甘み。

キッシュ

キッシュは、ベーコンとそら豆のキッシュです。
とろりとしたキッシュ地に薄めのパイ生地です。
卵の甘みを感じるキッシュと香ばしいパイ生地です。
そら豆はキッシュの底の方にたまっていて、コリコリした食感です。

パン盛り合わせ

パンは、白いパン、バケット、カンパーニュ、ドライフルーツのパン、ミルクフランスです。
白いパンは柔らかくて、スープに付けるのが良いです。
バケットはぱりっとして中はモチッと美味しいです。
カンパーニュは小麦の香ばしさが良いです。

で、一番うれしいのが、ミルクフランス。
盛り合わせにミルクフランスが入っていると当たりでテンション上がります!
ドリンクを食後にしてもらったのが正解で、デザート的に食べられました。


休日の午後、ランチで麻布十番のお気に入りポワンタージュに行ってきました。
既に13時半を過ぎていたので、待つこと無くすぐに座ることが出来ました。
ただ、席は空くことが少なく常に満席近いです。

注文したのは
キッシュ&スーププレート ランチ
コーヒー
です。

ランチは、プレートに、キッシュとスープ、メスクランサラダです。
ドリンクは数種類からの選択です。

キッシュは、ほうれん草のキッシュです。
薄めのパイ生地にたっぷりの卵でぷるんとしたキッシュの本体です。
卵の甘さとほうれん草のソテーのほのかな塩気がとても良いです。

スープは、コーンスープ、さらっとした感じのスープで、コーンの粒もしっかり入っています。
コーンの甘みで柔らかい味わいです。

メスクランサラダは、いつものとおり、いろいろな葉物のサラダです。
水菜的なものもあり、シャキシャキして良いです。
特性の柑橘系のドレッシングも美味しいです。

パン盛り合せ

ランチの一部には、パン盛り合わせがつきます。
盛り合わせは、いつも5種類くらいのパンが付いて、お願いすればおかわりも出来るようです。

この日のパンは、白いパン、バケット、フォカッチャ、チーズのパン、胚芽ブレッドです。
特に好きなのがチーズのパン。
パンの上部にチーズがタップリのっていて、チーズのうま味とパンの甘みがほどよく美味しいです。
白いパンはふわふわで柔らかく、バケットは表面がパリッとして中はもっちり。
フォカッチャの

コーヒーは、ホットにしました。
普通のコーヒーですが、ちゃんとドリンク付きなのが良いです。

休日のランチで、麻布十番のベーカリーカフェ「ポワンタージュ」に行きました。

行ったのは日曜日の14時頃。
行ってみると先客は2組、待たずに座れることが出来ました。
席は奥のソファ席です。

注文したのは、
ワンディッシュランチ 1,400円
です。

ワンディッシュランチ、ワンプレートとパン盛り合せ、ドリンクです。

ワンプレートは、メイン、サラダ、ピクルス、スープです。

メインは、鶏もも肉の赤ワイン煮です。
いままでずっと、骨付き鶏もも肉のグリルばかりだったのですが変わったのが出てきたので選びました。
もも肉は四角くカットされた物が4つほど。
食べてみると柔らかくジューシーで、トマトソースによく絡み、ほどよい酸味とお肉の旨みを感じます。
大きめなのでしっかり食べられます。

サラダは、メスクランサラダでいつものとおりたっぷり葉っぱが乗っています。
柑橘系のいつもの美味しいドレッシングで頂きます。
また、皮のしっかりしたトマトもついていてなかなか美味しかったです。

ピクルスはアンチョビソースがかかり、ヤングコーン、ズッキーニなどです。

スープはコーンポタージュでトウモロコシの実がゴロゴロ入っています。


パン盛り合わせは、
胚芽丸パン
フォカッチャ
チーズパン
オレンジブリオッシュ
レーズンパン
です。

パンは温められて出てくるので良いです。
特に美味しかったのは、チーズのパンとオレンジブリオッシュです。
チーズのパンは丸いチーズパンがカットされた物で、ゴロゴロチーズが入っている感じで美味しいです。

オレンジブリオッシュは柔らかいパンにオレンジが練り込まれ、爽やかで美味しいです。

ドリンクは、アイスティーにしました。
大きなグラスにたっぷり入ったアイスティーでお得感があります。


休日の昼に麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」のランチを食べてきました。

お気に入りのポワンタージュのランチはハードリピートです。

行ったのは昼12時頃。11時半の開店でちょうど一巡目のお客さんで満席になったときで、3組待ちと待ち時間30分コースとなってしまいました。
パンを買う方の出入りを見ながら、ずいぶん待ってやっと席に案内されました。

奥のソファー席に案内され、メニューの説明を受けます。
ライスランチの牛すじカレーも魅力的でしたが、

注文したのは
スープ&キッシュランチ 1,000円
です。

スープ&キッシュランチは、ワンプレートで、パン盛り合わせは別のバケットで提供されます。

パン盛り合わせ

写真のパン盛り合わせは2人分。
その日のその時間で、パンの種類は異なります。
パンは5種類、
胚芽角食パン
胚芽丸パン
フォカッチャ
ソフトミニフランスパン
小豆パン
でした。

今回は柔らかめのパンが多かったです。
胚芽系のパンは香ばしくて良いです。
フォカッチャはほのかな塩と甘みを感じて美味しいです。
ミニフランスパンはバターを塗って食べたい感じ。
小倉パンは和菓子を思わせるパンです。

サラダ

メスクランサラダは、いつもたっぷり葉っぱが乗っています。
ドレッシングもいつもの柑橘系ドレッシングで、これ美味しいんですよねぇ。
むしゃむしゃ食べました。

スープ

今回のスープは、コーンスープ。
トウモロコシを荒く濾した感じのスープでつぶつぶ感を感じます。
味わいはさっぱり系、コーンの粒もはいっているのでいいです。


キッシュ

今回のキッシュは、ジャガイモとベーコンのキッシ。
皮付きのジャガ芋で柔らかくほっりしたあじわい。
ベーコンの塩気と卵の甘さがあわさって、シンプルですが美味しい。
キッシュのパイ生地の背の部分が香ばしく焼けていて美味しいです。

ドリンク

ランチはドリンクがセットになっています。
今回はコーヒーを頼みました。
マシンでドリップされたコーヒーで酸味がほどよく濃い味わいの良い方のコーヒーです。

ランチを待っているお客さんが居ませんでしたので、コーヒーを飲みながらゆっくりしました。

--------------

休日のランチで、麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行ってきました。

天気のいい日の昼12時半頃に行ってみると、2組待ち。
しばし待って奧の席に案内されました。

注文したのは、
キッシュ&スープランチ 1,000円
です。

キッシュ&スープランチは、キッシュ、スープ、サラダ、パン盛り合せ、ドリンクです。

かぼちゃキッシュ

この時のキッシュはかぼちゃキッシュでした。
チーズは多く、食べてみると、クリーミーです。
かぼちゃは柔らかくてほくほくです。優しい甘みとベーコンの塩気がいいです。
下と周りのパイ生地が美味しいです。


オニオンスープ

スープはオニオンスープです。
スライスされたオニオンがほどほど入りコンソメのスープによくあいます。
さっぱりでいいです。

サラダ

サラダは、メスクランサラダで、いつもよりたっぷり葉っぱが入っていた印象。
ドレッシングもいつもの柑橘系ドレッシングでさっぱりいいです。
むしゃむしゃ食べました。

パン盛り合せ

パン盛り合せは、ばけっとでどーんとだされます。
パンは、チーズのパン、ウィートパン、白いパン、ライ麦の丸いパン、四角いラズベリージャムのパンとたっぷり入っています。
特に美味しかったのは、チーズのパン。
柔らかくて、モチモチしたパンの生地に、さっぱりしていながらコクのあるチーズがたっぷりです。

また、ラズベリージャムのパンもジャムが甘酸っぱくしっとり美味しいです。

ドリンクは、アイスティーにしました。
普通のアイスティーですが、大きめのグラスでごくごく飲めます。

店員さんは、冷たいけどw、1,000円のランチはCPが最高にいいです。
ごちそうさまでした。

-------------------

休日のランチで、麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行ってきました。

行ったのは、1時半頃で、ちょうど席に空きがあり、待たずに座ることが出来ました。
その後も、1,2組が少し待つ程度がずっと続いていました。

注文したのは、
スープ&キッシュ プレート
です。

スープ&キッシュ プレートは、スープ、キッシュ、サラダ、パン盛り合せ、ドリンクです。

スープは、コーンスープです。
割とさらっとした感じのスープで、コーンの味わいもしっかりします。
つぶつぶはそれほど多くありませんが、ちゃんと入っています。
スープがたっぷりめで好感が持てます。

キッシュは、そら豆とベーコンのキッシュです。
パイ生地の上に、そら豆が並ぶように層になり、キッシュの層の中にベーコンが入っています。
そら豆がたくさん入っているため、その味わいが強くて美味しいです。
ベーコンの塩加減と卵の甘さでキッシュがかなり美味しいです。
また、タマネギのカットが大きめで、存在感がありました。

メスクランサラダは、さまざまな葉がたっぷりで楽しいです。
柑橘系のドレッシングがいつも美味しいです。

パン盛り合せは、何が入ってくるか楽しみなんです。
このときの盛り合わせは
丸いパン
ウィーブレッド
チーズのパン
ナッツとベーコンのバゲット
セミドライトマトとカマンベールチーズのプチフランス
の5種類でした。

どのパンも美味しいのですが、特に気に入ったのは、チーズのパンです。
やわらかめのパンの上部にチーズがのっています。
チーズは風味豊かで柔らかく固まっています。

丸いパンもやわらかめです。

ナッツがコリコリしてベーコンの塩分がほどよいバゲットも、セミドライトマトが美味しいプチプランスもいいです。

ウィーブレッドは、それほど酸味は強くありませんがライ麦の味わいはよく美味しいです。

ドリンクは、アイスコーヒーにしました。

ちゃんとしたコーヒーで、濃いめの感じがいいです。

美味しいパン盛り合せとキッシュとスープ、ドリンクで1,000円はCPがかなりいいです。

ごちそうさまでした。

--------------------
パン屋なのにカレーライスも美味しい!ランチの「ライスプレート」を初めて食べた!


麻布十番の「ポワンタージュ」にランチに行ってきました。

休日のお昼、お気に入りのベーカリー「ポワンタージュ」に行きました。
1時半過ぎで、満席でしたが5分ほどで入れました。


ランチは、
・ワンディッシュプレート
・キッシュ&スーププレート
・サラダプレート
・サンドウィッチプレート
・ライスプレート
で、店員さんがその日のメニューを説明してくれます。
すると、なんと、この日は「ライスプレート」のカレーライスがあるとのこと。
いままでずいぶんここにランチを食べに来ていたのですが、ライスプレートがあるのは初めて。
パンの気分だったのですが、珍しい、ライスプレートに惹かれました。

注文したのは、
・サンドイッチプレート 1,000円
  サラダ ピクルス スープ ドリンク
・ライスプレート 1,000円
  メイン ごはん サラダ ドリンク
です。

サンドイッチプレートのサンドイッチは、バケットサンドで、しっかりしたバゲットに薄く切ったエメンタールチーズ、厚めのカットのボンレスハムが挟まっています。
バゲットは弾力がありしっかりしています。小麦の香ばしさも感じます。
サンドイッチは少し温めてあり、チーズが少しとろけていて、チーズの香りもいいです。
ハムは大きいのが2枚、ボリュームがありハムの味わいが強く美味しいです。

スープは春キャベツで、飲んでみるとなめらかで、キャベツの味わいをちゃんと感じます。

ピクルスは、スナックエンドウ、ジャガイモ、人参、ブロッコリーです。

サラダは、数種類の葉物でたっぷり入っています。柑橘系のさっぱりドレッシングがいつも美味しいです。


ライスプレートは、牛すじカレーでした
白いライスに、具がお肉はとろけてほぼなくなっているカレールーです。
ルーはさらっとし、お肉のツブツブ感を感じます。
まろやかな味わいですが、コクがありスパイスの感じもしっかりしています。
食べ進めると割と辛さを感じだし辛いです。

ライスの上に、ズッキーニ、パプリカ、ブロッコリー、プチトマト、サツマイモ、いんげん、人参のグリルが乗っています。
グリルの野菜はどれもいいですが、ズッキーニ、サツマイモが気に入りました。

サラダは、数種類の葉物がたっぷりで柑橘系のさっぱりドレッシングは同じです。
トマトの皮が厚くてしっかりした酸味がやわらかくていいです。

追加で、ミルクフランスを一つ頼みました。
柔らかい細長いパンに、バターミルククリームがたっぷり入っています。
パンは柔らかいですが、もちもちっとした食感もありその堅さが絶妙です。
クリームは甘くさっぱりして美味しいです。

ドリンクはアイスティー、アッサム系のしっかりした味わいの紅茶です。
大きいグラスでたっぷり飲めるので嬉しいです。

この日はあまりまたず、明るい方の席でしたので少し嬉しかったです。
ただ、明るい席はパンを買う人の列が出来て少し落ち着きませんが。

ごちそうさまでした。

-----------------

パン盛り合わせが幸せなランチ! 麻布十番「ポワンタージュ」


麻布十番のポアンタージュでランチをしてきました。

土曜日のお昼、パンが食べたくなり、ポアンタージュに行きました。
13時半頃で混んでる予想でしたが、ちょうど出たばかりで、一番奥の席でしたがすぐに座れることが出来ました。

注文したのは、
スープ&キッシュプレート
ワンディッシュプレート
です。

スープ&キッシュプレートは、スープ サラダ キッシュ パン盛り合せです。

サラダは、レタスなど様々な葉物がたくさんでいいです。
ドレッシングは柑橘系とオリーブオイルのドレッシングでさっぱりいいです。
スープはキャベツのポタージュで、優しい味わいでした。
たっぷり飲めるのもいいです。
キッシュは、ジャガイモとブロッコリーのキッシュです。

パン盛り合せは、ソフトバケット、ベーコン入りソフトバケット、チーズパン、丸いパン、ミルクフランスでした。

ソフトバケットはやわらかくて細長いバケット。
さっぱりしています。スープに付けて食べるとい美味しかったです。
ベーコン入りは、ベーコンの塩加減が加わりコクがあり美味しいです。
チーズパンもやわらかく、チーズがたくさんはいっていて、その味わいがしっかりしていました。
丸いパンも柔らかいパンで、気泡が細かいしっとりしたパンでした。
ミルクフランスは、ポアンタージュで一番美味しい菓子パンです。
パン盛り合せに付いてきたのは初めてです。

ワンディッシュプレートは、メイン 総菜 サラダ スープ パン盛り合せです。

サラダは同じ、スープも同じですが小さいカップに入っています。
メインは、骨付き鶏もも肉のグリルです。
鶏もも肉は大きく香ばしく焼けています。
ナイフを入れると柔らかいです。
食べてみると皮が焼けてパリッとした感じもよく、身はジューシーです。
総菜は野菜のピクルス。アボカドも入っていて美味しかったです。

ランチにはドリンクも付きます。
選択可能で、アイスコーヒーにしました。

普通のアイスコーヒーですが、パン盛り合せのミルクフランスを残しておいて、アイスコーヒーと一緒に頂きました。
デザートも食べれた感じで、なんだか得した気分。

ごちそうさまでした

-----------

休日のランチで、麻布十番「ポワンタージュ」に行きました。

1時半過ぎでタイミングが悪く、15分位待ってやっと入店できました。
席は明るい方のテーブル席です。

注文したのは、
スープ&キッシュ プレート 1,000円
サンドウィッチ プレート 1,000円
カフェオレ(+100円)

まず、スープ&キッシュ プレートです。
プレートには、
カリフラワーのスープ
サーモンとほうれん草のキッシュ
サラダ
がのっています。

スープはカリフラワー感はあまりありませんが、さっぱりして飲みやすいスープです。
キッシュのサーモンはスモークサーモンのようでさっぱり目の味付け、ほうれん草はたっぷりでいいです。
キッシュの玉子感がしっかりしていて美味しいです。
野菜はレタス、水菜、ルッコラ等の葉物にマスタードのドレッシングをかけます。
さっぱりして美味しいです。

パン盛り合せは、カンパーニュ、バケット、チーズのパン、とうもろこしのパンです。
結構たっぷりのっています。
気に入ったのは、チーズパンととうもろこしのパンです。
特にチーズのパンは、柔らかいパンにカリトロのチーズがのっていていいです。

サンドウィッチ プレートは、
バケットサンド ハム・チーズ
サラダ
カリフラワーのスープ
タマネギのキッシュ
です。

柔らかくモチモチしたパンは香ばしくて、ハムとチーズの味わいが強く美味しいです。
バケットは結構大きくて食べごたえもあります。
サラダは同じです。
キッシュはハーフサイズで、タマネギのキッシュです。
さっぱりして、タマネギの甘みがほどよく出ています。

ドリンクは、+100円でカフェオレを頼みました。
エスプレッソの苦みがしっかりして普通に美味しいです。

----------

休日のランチ、美味しいパンが食べたくなり、麻布十番のベーカリー「ポワンタージュ」に行きました。
14時を過ぎていましたが、満席で少し待つことになりました。
席が空いて案内されたのは、奥のソファー席です。

ランチで注文したのは、
ワンディシュプレート 1,300円
です。

内容は、メイン、総菜、サラダ、スープ、パンの盛り合せ、ドリンクです。

メインは、骨付き鶏のグリルで、焼き目が付いた骨付き肉は香ばしい香りが漂っています。
お肉は柔らかく、骨からするっと取れ、そのまま食べてもうま味をしっかり感じられます。
また粒マスタードを付けて食べるのも美味しいです。

総菜はピクルスで、ヤングコーン、人参、キュウリなど。
また、かぼちゃのキッシュもあり、タマゴの味わいが強い感じとかぼちゃの甘みがいいです。

サラダは葉物で、さっぱりしたドレッシングがかかっていました。

キャベツとベーコンのスープはコンソメ味で美味しいです。
具のキャベツが柔らかく量も多いので満足感があります。

パン盛り合せは、柔らかいパン、チーズのパン、ドライフルーツの入ったバケット、スコーンです。
特に柔らかいパンは軽くトーストされていて味わい深いです。
チーズパンはさっぱりした感じですが美味しいです。

スコーンはやわらかめですがサクサク感もあります。
ドリンクで頼んだコーヒーとともに食べたのがよかったです。

-------------

休日の昼にサンドイッチが食べたくなり、お気に入りの麻布十番のパン屋さん「ポワンタージュ」に行ってきました。

買ったのは、
サンドイッチ
ラズベリー・カスタード
みるくふらんす
です。

サンドイッチの名前を忘れてしまいました
パンは丸形のモチッとしたもので、具にレタス、トマト、ハム、チーズがサンドされています。
さっぱりとして食べやすく、パンの食感が良いです。
チーズが美味しいです。

ラズベリー・カスタードはデニッシュ地のキューブ形のパンで、中にラズベリージャム、カスタードクリーム、マスカルポーネチーズが入っています。濃厚なクリームとチーズが合わさって良いです。

みるくふらんすはこの店定番の商品。買うつもりはありませんでしたが、見たら食べたくなったので買ってしまいました。
いつものとおり、柔らかいパンにさっぱりしたクリームで美味しいです。

----------------

麻布十番のお気に入りのブーランジェリー「ポワンタージュ」で夕飯用のパンを買ってきました。

買ったのは、
チキンアボカドバーガー
プチドック
ミルクフランス
です。

バーガーは、柔らかいバケット系のパンに、チキンとアボカド、野菜が挟まれています。
チキンはジューシーです。
少し甘い味付けで、アボカドのとろりとした感じと合わさってよかったです。
結構大きくボリュームがありました。

プチドックは、ソーセージの挟まったパンです。
ソーセージのぷちっとした歯ごたえと、脂がいいです。
一口サイズなのもいいです。

ミルクフランスは、いつも買う定番の、甘いパン。
夕飯の前に、おやつで食べてしまいました。

おいしいです。

------------

麻布十番のパン屋さん「ポワンタージュ」にランチに行ってきました。
14時過ぎだったので、席は空いておりすぐに座ることが出来ました。
ただ、ランチメニューのいくつかは終わっていました。

選んだのは、
ワンディッシュプレート 1300円
です。

ワンディッシュプレートは、メイン+惣菜+スープ+パン盛り合わせ+ドリンクです。
メインは、鶏コンフィです。
かりっと焼かれており、外側はぱりぱりで香ばしく、中はジューシーで柔らかいです。
マスタードを付けた食べると何とも美味しいです。

総菜は、ネギとベーコンのキッシュでした。

スープは、トマトベースのビーンスープ。いろいろな豆がたくさんでおもしろいです。

盛り合わせのパンは、5種類ほどで、食パンが特に美味しく感じました。

ジュースは、グレープフルーツにしました。
100%じゃないみたいで残念。

---------------------

麻布十番でお気に入りベーカリー。
いつのまにか、お店がリニューアルされていて、入り口とカウンター前がすっきりしました。

自転車で乗り付けて、パンを買って帰りました。

買ったのは、
クロワッサン
ミルクフランス
抹茶ミルクフランス
です。

クロワッサンは、外はさくさく、中はもちもち、バターの香りが芳醇で美味しいです。

大好きなミルクフランス。
やわらかいパンと、さわやかなクリームがほんとに美味しいです。

抹茶ミルクフランスは期間限定の、抹茶クリームが入ったミルクフランスです。
パンは同じと思われますが、中のクリームが抹茶の苦味と甘みが程よく、美味しいです。

ごちそうさまでした。

-------------

麻布十番の喧噪を離れた場所にあるパン屋さん。

ミルクフランスを買うために寄りました。

夕方17時頃だったため、他のお客さんはなし。
よく売り切れになっているミルクフランスも、在庫ありでした。

ふわふわのパンにミルククリームがびっしり入っています。
柔らかい食感と、まったりした甘いクリームの相性がばっちりです。
気を抜くと一気に食べてしまいそうなのでゆっくり味わいます。

ホントにミルクフランスはオススメです。

----------------

休日のお昼ごはん、麻布十番のパン屋さんポワンタージュに行きました。
以前、DEAN & DELUCAでパンを買ったことはあるのですが、本店で買って食べるのは初めてです。

行ったのは13時頃、カフェ待ちは2組でしたが、テイクアウトのお客さんが多くどんどんお店に人が入ってパンを買って帰っていました。

待ち時間は約15分で店内に入れました。

案内された席は、パンの売り場カウンター前の席だったので、パンを買う人が行ったり来たり、ちょっと落ち着き感が無くて残念。

注文したのは、
ワンディッシュプレートランチ 1300円
スープandキッシュプレートランチ 1000円
です。

ワンディシュプレートは、メインにチキンコンフュ、サラダ、キノコのマリネ、キッシュ、オニオングラタンスープと、パンの盛り合わせです。チキンコンフュは、骨付きの大きなお肉。しかしかなり柔らかくジューシー。皮の焼き目が香ばしいです。

サラダはレタス中心で、さっぱり系のドレッシングで美味しいです。

オニオンスープは薄切りのタマネギたっぷり。薄味ですがコンソメの濃くは効いています。

キッシュはジャガイモのキッシュ。大きく皮付きのジャガイモがゴロゴロ入っており、卵とチーズの香りが強くかなり美味しく気に入りました。スープandキッシュプレートランチはこのキッシュとスープが大きく、サラダが付いています。

パンの盛り合わせは、パンが7種類ほど。
パンは暖かく、美味しい。一番気に入ったのがイチジクのパン。フィグが甘酸っぱく、パンの小麦の香りとよく合っていました。

飲み物は、アイスティ。
微少な苦みが美味しい紅茶でした。

お会計の時に、ちょうど人気のパン「ミルクフランス」が焼き上がったところだったので、買って帰りました。

食べてみると、ふわっと柔らかいパンに濃厚なミルククリームでほんのり甘い。
何とも美味しいです。
5本10本と買って帰るお客さんがいたのですが、納得です。

  • パン盛り合せ
  • キッシュ&スーププレート ランチ
  • ハム・サラダランチ
  • ハム・サラダランチ108

もっと見る

7位

ブレッド&タパス 沢村 広尾 (広尾 / パン、カフェ、イタリアン)

10回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥2,000~¥2,999

2018/12訪問 2019/03/27

窓側のカウンターがお気に入り。ココットで焼かれたオムレツが美味しい。

休日に広尾の「ブレッド&タパス 沢村 広尾」に行ってきました。
9時20分ごろ行ってみると、テーブル席は満席でカウンター席ならと言われました。
窓側のカウンター席が空いていたのでそちらにお願いしました。

注文したのは、
チーズオムレツセット
コーヒー
です。

チーズオムレツセット

モーニングでは、いつも頼んでしまうチーズオムレツセットです。
ココットで焼いたオムレツと、厚切りトースト、バター、サラダ、前菜二品です。

オムレツは、ストウブのココットで焼かれていて、熱々で出てきます。
中のオムレツは、ふわふわで、フォークですくうと、チーズがびろーんとのびます。
味付けは卵のプレーンで優しい味わい。それにチーズのコクがあわさりいいです。

厚切りトーストは、食パンで焼かれさっくりしたもの。
ミミもぱりっと焼けていて、中はモチッとで美味しいです。

サラダは葉物系で、粉チーズたっぷりでいいです。
前菜は、水切りヨーグルトと、トマト・フルーツです。

コーヒー

セットのドリンクはコーヒーを選択しました。
大きめのカップでたっぷり飲めます。
すっきりした後味の飲みやすいコーヒーです。
日曜日のモーニングで、広尾の「ブレッド&タパス 沢村 広尾」に行ってきました。
店の前の外苑西通りは、日曜・祝日は路肩への駐車が可能なので便利です。
9時半過ぎに行ってみると、ちょうど窓側の席が空いておりラッキーでした。

注文したのは、
チーズオムレツセット
です。

チーズオムレツセット

モーニングのチーズオムレツセットです。
オムレツと、厚切りトースト、サラダ、前菜二品です。
オムレツは、ストウブのココットで焼かれています。
ふわふわで、食べようとするとチーズがのびのびになります。
味付けはたまごの味わいはプレーンで、チーズのコクがいいです。
厚切りトーストはブリオッシュ的なサクサクしたトースト。
バターを塗って食べると、そのサクサクの食感とバターの芳醇さがいいです。
サラダはレタス系で、粉チーズたっぷりでいいです。
前菜は、水切りヨーグルトと、トマト・フルーツです。

コーヒー

セットのドリンクはコーヒーを選びました。
大きめのカップでたっぷり飲めます。お変わりはなしのようです。
酸味も少なくさっぱりした味わいです。
休日のランチで、広尾の「ブレッド&タパス 沢村 広尾」に行ってきました。
行ったのは13時半頃で、少し待ってからカウンター席に案内されました。

注文したのは、
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
レモンスラッシュ
です。

サラダ

ランチのセットのサラダです。
レタス、ニンジン、トマト、チーズにフレンチドレッシングです。

ブレッド

ランチのセットのパンの盛り合わせです。
お店の可愛い篭に入れられてきます。
パンは、パンドミ、バケット、モチモチのパン、バジルの揚げパンです。
おかわりもでき、パンドミとモチモチのパンが追加されました。

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

いつもランチで頼んでしまう、牛ホホ肉の赤ワイン煮込みです。
黒いお肉の塊と、粘性の高い赤ワインソース、マッシュポテトの組み合わせです。
牛ホホ肉は弾力があり柔らかいです。
食べてみるとその柔らかさとお肉の脂、赤ワインソースの甘みがかさなり美味しいです。
ある記事で、牛ホホ肉の赤ワイン煮込みはもちろんそのまま食べても美味しいが、繊維状にお肉をばらし、赤ワインソースにタップリからませてから、バケットかパンドミに乗せて食べると美味い!と言うのを読み、早速やってみることにしました。
パンドミに挟んでサンドイッチにしてみると、パンにお肉と赤ワインソースがあわさり、確かに美味しいです。
いつもお皿に残った赤ワインソースをパンで救って食べていましたが、それよりもお肉が加わり、より美味しいです。

レモンスラッシュ

炭酸水にレモンを入れた、レモンスラッシュ。
+200円でランチのセットで頼めるので飲みました。
生のスライスしたレモンが入り、すっきりした思った通りの味わいです。

ごちそうさまでした。
休日のランチで、広尾のお気に入りのベーカリー「サワムラ」に行ってきました。
行ったのは午後13時半過ぎ。真ん中のカウンター席と、奥のテーブル席が二つ空いており、奥のテーブル席に案内されました。
注文したあと、窓側のカウンター席が空くと店員さんが移りますか?と聞いてくれ、明るい席に座ることが出来ました。
注文したのは、
スペシャルランチ 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
です。

サラダ

ランチのセットのサラダです。
レタス中心で、トマト、ニンジンシリシリにフレンチドレッシングと粉チーズがタップリかかっています。
レタスはシャキシャキ、トマトは味わいが濃いです。
フレンチドレッシングがさっぱりして全体をまとめ美味しいです。

パン盛り合わせ

ランチのセットについている、パン盛り合わせ。
今日こそハンバーガーを頼もうと思っていたのですが、ハンバーガーでは盛り合わせがないのでついいつものメインになってしまいます。
最初の組み合わせは、パンドミ、ウィートブレッド、白いパン、揚げパンです。
パンドミは軽くトーストされほどよい弾力。プレーンな味わいでいいです。
パンはおかわり自由です。
おかわりすると、フィグのパン、四角いプリオッシュ、丸いブリオッシュです。
四角いブリオッシュはメインで頼んだ赤ワイン煮込みのソースをタップリ付けて食べました。

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

いつも頼む、牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。
いつもの通り、黒いテカリ具合が良いお肉と、白いマッシュポテトです。
牛ホホ肉は、やわらかくて繊維方向にほろほろとほぐれます。
食べてみるとかなり柔らかくて口の中でとろけます。
味わいはかなり甘めですが、お肉のあじわいもしっかりしていて美味しいです。
マッシュポテトはなめらか、さっぱりした味わいでお肉の濃厚さに対比して良いです。
粘性の高いソースは濃厚でお肉にからみます。
パンに付け食べるのも好きです。

ドリンク

ランチはドリンクもセットです。
選んだのはアイスティーです。
中くらいのグラスでたっぷりめに入ったアイスティーは味は普通ですがいいです。

休日のランチで、お気に入りの広尾の「ブレッド&タパス 沢村 広尾」に行ってきました。
14時頃行ったところ、割と混んでいましたが、窓側の席が空いており待たずに座れることができました。

注文したのは、
牛スジとトリッパのラグーパスタ レモン風味 スパゲティ
牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
です。

パン

ランチには、食べ放題のパンがついいています。
バケットにいれられ出てきます。

胚芽ブレッド、バゲット、揚げパンなどです。
ドライフルーツの入ったパンもありました。
胚芽ブレッドや柔らかいバゲットが美味しいです。

サラダ

サラダもランチに含まれます。

レタス、人参、トマトで白いフレンチドレッシングがかかっています。
普通にいいです。


牛スジとトリッパのラグーパスタ レモン風味 スパゲティ

牛のすじ肉とモツ(トリッパ)を煮込んだラグーソースのパスタです。
ラグーソースは、ドライトマトもはいって赤い色合いです。
牛すじは思った以上に大きめ。柔らかくとろーっとしています。
トリッパは蜂の巣のような見た目で、コリコリした食感がいいです。
トマトで酸味のあるソースで、レモンの爽やかさもしっかり感じます。
パスタはスパゲティーでソースに絡みいいです。

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

ランチでお気に入りの一品。
お皿に大きめの牛ほほ肉の塊とたっぷりのソース、マッシュポテトです。
牛ほほ肉はかなり柔らかく、口に入れると蕩けます。
味は甘めでコクが有り、赤ワインが濃厚に感じます。
ソースはパンにつけて食べて残さないようにしますw
マッシュポテトはほどほど細かく滑らかです。

3時過ぎても混み合う人気店で美味しくランチが頂けました。


休日、ランチに広尾まで自転車で。
行ったのは、ブレッド&タパス 沢村 広尾。
14時近い時間だったので、席は空いていて、奧のテーブル席に案内されました。

注文したのは、
牛ホホ肉の赤ワイン煮
です。

ランチは、サラダ、パン盛り合わせ、メインのセットです。
ドリンクは、+200円です。

サラダ

セットのサラダ。
しゃっきっとしたレタス系で、シーザードレッシングが美味しいです。
トマトも甘くて良かったです。

パン

パンは、パンドミ、胚芽パン、クルミパン、揚げパンです。
胚芽パンは香ばしくて美味しく、牛ホホ肉の赤ワイン煮のソースを付けるのは、パンドミがいいです。

牛ホホ肉の赤ワイン煮

ランチのメインは、牛ホホ肉の赤ワイン煮。
いろいろ、他のものも食べようかと思うのですが、ついこれを頼んでしまいます。
大きな、牛ホホ肉がひとかたまりです。
ナイフを入れると、柔らかくほろりと切れます。
食べて見ると、お肉の味わいと赤ワインのソースが絡み合い口の中にとろけて行きます。
お肉はジューシーです。
付け合わせのマッシュポテトはなめらかで甘みを感じ美味しいです。

ごちそうさまでした。


祝日の土曜日、ふらっと、広尾のブレッド&タパス 沢村にモーニングを食べに行きました。
モーニングは10時LOで、9時40分頃行ってみると、テーブル席が満席でカウンター席になりました。
その後も、4組ほど来て、10時で満席状態。広尾の朝は遅めです。

注文したのは、
フレンチトースト セット
ベーコンエッグ セット
です。

フレンチトースト セット

フレンチトースト セットは、フレンチトーストに、サラダとベーコン、ドリンク付き。
フレンチトーストは、山型の食パン1枚を使った物。
たまごの風味と甘さは控えめで、中はふわっと、耳は存在感のある弾力。
焼かれた一部分がカリッとして美味しいです。

サラダはレタスと人参シリシリのサラダ。
レタスがシャキシャキですが、切られてない大きな葉っぱもあったりしました。
柑橘系のドレッシングがさっぱりめです。
ベーコンは厚切りで、脂身と塩加減がいいです。

ベーコンエッグ セット

ベーコンエッグ セットは、厚切りトーストに、サラダ、季節のポタージュ、ドリンク付き。
こちらの方が、お得感が感じられるセットです。

厚切りトーストは、山型の食パン1枚で、表面がカリッと焼かれ、中はふわっと。
バターを塗って食べると、幸せを感じます。
厚切りトーストって何でこんなに美味しいんですかね

サラダは、レタスと人参シリシリのサラダで、ベーコンも厚切りで同じです。
目玉焼きは、小さめの2二つ目。
お願いすると醤油を出してくれます。

季節のポタージュは、玉葱のスープ。
ポタージュなので、どろっとしていますが、さっぱりした甘さでいいです。

ドリンク

セットのドリンクは、紅茶にしました。
大きめのカップに入った紅茶は、味が濃いめでなんだかいいです。


工事で休業していた、ブレッド&タパス 沢村 広尾が、9月1日にリニューアルオープンしたので、ランチを食べに行ってきました。
行ったのは、土曜日の13時ちょっと過ぎ。
なんと、お店の前に並んでいて、5組待ち。約40分待って中に案内されました。
席はいつもの窓側のカウンター席でした。

注文したのは、
牛ホホ肉の赤ワイン煮
アイスティー
です。

サラダ

トマトとレタス、人参のサラダです。
白いフレンチドレッシングと粉チーズがかかっています。
さっぱり系の味わいで、レタスのシャキシャキ感も良くていいです。

パン盛り合せ

ランチのパンは、食べ放題。
まず、丸い揚げパン、ブレッド系3種類がカゴに入っていました。
丸い揚げパンはモチモチしていて美味しいです。
胚芽のブレッドは、きめが細かくしっかりした感じ。
白いブレッドは、気泡が大きい感じで、とーすともされているのでサクサクした感じになっていました。
おかわりして、ブレッド系をさらに食べて満腹になりました。

牛ホホ肉の赤ワイン煮

前回食べて美味しかった、牛ホホ肉の赤ワイン煮がまたあり、いろいろ悩んだのですが、また注文してしまいました。
今回は、牛ホホ肉は大きな一つの塊。
マッシュポテトにもソースがかかっていました。

牛ホホ肉を食べてみると、前回よりもさらに柔らかい。
ナイフいらずで、切れるし、口の中に入れるととろ~りとろけて行きます。
とろけて行きますが、お肉の繊維的な食感と、赤ワインがしみ混んだお肉の甘みが何とも美味しいです。
赤ワインソースはお肉の脂をまといこってり濃厚です。
パンに付けて食べると何とも美味しいです。
マッシュポテトは、ちゃんとなめらか仕上げになっていてなかなかいいです。
ここの牛ホホ肉の赤ワイン煮は美味しいです。

ごちそうさまでした。

休日のランチで、広尾のベーカリー、サワムラに行ってきました。
13時半頃に行ってみると、二階のレストランは6割ほどの入り。
窓側のカウンター席に座りました。

注文したのは、
牛ホホ肉の赤ワイン煮
アイスティー
です。

ランチなので、メインに、サラダ、パン盛り合せが付きます。
ドリンクはついていません。

アイスティー

アイスティーは、+200円でランチに追加できます。
大きめのグラスに入ったアイスティーは、ダージリン系のアイスティーっぽいです。
普通の味わいです。

サラダ

サラダはニンジンスライスののったレタスのサラダ。
白いフレンチドレッシングで、トマトも付いています。
このトマトが、果肉がしっかりしたトマトで美味しいです。
レタスもシャキッとした感じで新鮮そうです。

パン盛り合せ(おかわり自由)

パンはバケットに入れられ出てきます。
スタッフさんが、おかわり自由と教えてくれます。
パンは、揚げパン、クルミパン、パンドミ、胚芽のパンで、おかわりした後は、レーズンパン、黄色いパン等が入っていました。

美味しかったのは、揚げパン。
モチモチしたパンで香ばしかったです。
パンドミはトーストされ、いいです。
クルミのパンはコリコリした食感が良いです。

牛ホホ肉の赤ワイン煮

黒光りしたソースにからんだ、大小の牛ホホ肉とマッシュポテトがのっています。
まず、ナイフを入れてみると、牛ホホ肉はもちろん柔らかく、繊維状にふわっと切れます。
食べてみるととろっととろける感じで気を抜くと口の中から無くなります。
お肉の味わいと、かなり煮込んで味が凝縮された、デミグラスソースが濃厚で美味しいです。
ただ、粘度が高すぎて、後でパンに付けて食べるのは、苦労します。

パラパラと小雨が降る、外を待ったり眺めてゆっくり食事が出来ました。

休日の朝、モーニングを食べに広尾のベーカリー&レストラン「サワムラ」に行きました。
行ったのは、9時頃、1階の販売のカウンターも混んでいました。
モーニングは、2階のレストランになります。そのまま2階に行きます。
2階は席が半分くらい埋まっていましたが、窓側の席に座れてよかったです。

注文したのは、
トーストモーニング
チーズオムレツモーニング
です。

トーストモーニングは、厚切りトースト、サラダ、目玉焼き、季節のスープです。
食パンは山型食パンで、斜めにカットされています。
香ばしく焼けていて、さっくっとして、さわやかな小麦の味わいを感じます。
バターをたっぷり塗って食べると、甘さが加わります。

サラダは、葉物とキャロット、フレンチドレッシングとチーズがかかっています。

目玉焼きは二つ目。黄身が半熟でいいです。
お願いしてお醤油を頂きました。

季節のスープは、クリームスープで野菜の味わいもほんのりしていいです。


チーズオムレツモーニングは、チーズオムレツ、厚切りトースト、ポテトサラダ、ラタトゥイユ、サラダです。

チーズオムレツは、ストウブのココットで焼かれてそのまま出てきます。
食べてみると、チーズとたまごたけの味わいのようでシンプルです。
しっかり目に焼かれていていいです。

厚切りトーストは、同じです。
幸せな感じが良いですね。

サラダも同じです。

ポテトサラダは、ツブツブ感の少し残るさっぱりした味わいです。
ラタトゥイユは、いろんな野菜が入っていて、トマトのスープが濃くていいです。

ドリンクはセットに付いていて選ぶことが出来ます。
今回は、アイスティーにしました。
普通のアイスティーです。

明るい席で、朝の時間をのんびり過ごすことが出来ました。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • チーズオムレツセット
  • チーズオムレツセット63

もっと見る

8位

アブラッチョ (田町、泉岳寺、三田 / イタリアン、パスタ、カフェ)

7回

  • 夜の点数: 3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数: 3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ~¥999 ¥2,000~¥2,999

2018/12訪問 2019/03/06

パスタのペンネ 鮭とカブのクリームソースが美味しい!

ランチで芝浦のアブラッチョに行きました。
大人数のお客さんで混んでいましたが、待たずに座れました。

注文したのは、
パスタランチ
です。

サラダ

ランチのセットのサラダです。
レタス、ニンジン、チーズ、オリーブオイルですが、いつもたっぷりサラダです。

フォカッチャ

白いパンのフォカッチャで、やわらかめ。

パスタ

パスタは三種類から選べます。
今回選んだのは、「ペンネ 鮭とカブのクリームソース」です。
ペンネがどっさりで、鮭とカブの身と葉っぱ、白いクリームソースです。
もちっとしたペンネと、鮭の塩け、クリームソースのほのかな甘みが絡み美味しいです。
残ったソースはフォカッチャですくって食べました。

デザート

イタリアのクリスマスのデザート、パネットーネです。
パサッとしたフォカッチャのようなスポンジケーキのような感じ。
レーズンも入っていて、甘酸っぱさがあり、甘い生クリームも良いです。

ドリンク

ドリンクはコーヒー紅茶などから選べ、+100円でカプチーノ・カフェラテ等も選べます。
カフェラテを選びましたが、出てきたカフェラテはアート的なのはなくて今日は残念な感じ。
あじわいは良いです。

休日のランチで、芝浦のイタリアン「アブラッチョ」に行ってきました。
1階のアブラッチョの2階にRiposoという新しいお店がオープンして、名物だったラザニアはそちらのメニューになりました。

注文したのは、
パスタセット 1,300円
です。

パスタセットは、サラダ、パン、パスタ、ミニデザート、カフェのセットになります。

サラダ

サラダはニンジンシリシリ、レタス、チーズの皿です。
オリーブオイルがドレッシングでさっぱり。
チーズがなんだか美味しいです。

パン

パンはフォカッチャです。
普通にいいです。

パスタ

パスタは日替わりで、三種類から選べます。
今回選んだのは「ブリと野菜のトマトソースのペンネ」です。
玉ねぎとトマトの濃厚目なトマトソースにブリの角切り、小松菜などが入ったペンネです。
弾力のあるペンネに濃厚なトマトソースが絡みます。
食べるとブリの味わいが強めに出て、トマトの酸味、小松菜の苦味などが絡み美味しいです。
量もたっぷりめでいいです

ミニデザート

この日のミニデザートは、キャラメルのシフォンケーキでした。
生クリームは濃厚でミルクの味わいが濃い目で甘いです。
シフォンケーキはふわっと軽く、キャラメル味ですがさっぱりです。

カフェ

カフェは選択でき、+50円のカフェラテにしました。
小さめのカップで、ラテアートがほどかされたカフェラテは泡がふわっとして、エスプレッソの濃いめの味わいで美味しいです。


休日のランチで、芝浦の運河沿いのイタリアン「アブラッチョ」に行ってきました。
行ったのは、13時過ぎで、席は2,3空いていてすぐに座ることができました。
その後、ほぼ満席になっています。

注文したのは
パスタセット 1,300円
です。

パスタセットは、サラダ、パスタ、ミニデザート、カフェです。

サラダ

葉物サラダとニンジン、チーズにオリーブオイルがかかっています。
さっぱりでいいです。

パスタ

パスタはその日の4種のパスタから選びます。
選んだのは、
牛肉のラグーと白インゲン豆、キャベツのラザニア トマトクリームソース
です。

丸いグラタン皿にはいったラザニア。
思ったより小ぶりです。
熱々のチーズとトマトソース、牛肉ラグーがしっかりした味わいで美味しいです。
白インゲンは結構はいっていてコリッとした触感がいいです。
キャベツは存在がよくわかりませんでした。

ミニデザート

デザートはチョコチップ入りアイスクリーム。
ほんの少しですが、デザートがあるのと無いのでは印象が違います。

カフェ

アイスコーヒーを頼みました。
濃いめの味わいで美味しいです。

テラス席が開放され、運河を眺めながら食事ができるようになり、雰囲気もいいです。


休日のランチで、芝浦のイタリアン、アブラッチョに行ってきました。
13時半ちょっと前で、テーブル席が空いており、待たずに座ることが出来ましたが、カウンター席まで一杯でした。

注文したのは、
パスタセット 1,300円
です。

パスタセットは、パン、サラダ、パスタ(選択)、ミニデザート、カフェです。

パン、サラダ

パンはフォカッチャで普通に美味しいです。
サラダは、にんじんシリシリと、レタスなどの葉物サラダ、チーズとオリーブオイルです。

パスタ

パスタはその日のパスタ4種類からの選択制です。
シラスのキノコとペペロンチーノのスパゲティ パン粉がけ
サルシッチャと玉葱 白菜のトマトクリームソースのスパゲティ
魚介の煮込みとオリーヴ、カブのトマトソースのペンネ
牛スジ肉とポテト、チリメンキャベツのラザニア トマトクリームソース

選んだのは、ペンネとラザニアです。

魚介の煮込みとオリーヴ、カブのトマトソースのペンネ

ミートソース的なビジュアルですが、魚介のトマトソースです。
お魚と貝系のうま味がしっかり入った、トマトソースで刻まれたカブのコリコリした感じがアクセントになっています。
ペンネはもちっとしてほどよい堅さで、ソースに良く絡んで美味しいです。

牛スジ肉とポテト、チリメンキャベツのラザニア トマトクリームソース

トマトソースなので、見た目は魚介のトマトソースと似ていますが、食べて見ると肉々しい感じで全然違います。
トマトソース自体は酸味がありますがさっぱり系。
代わりにチーズのコクと、牛スジの味わいが濃くしっかりしています。
ポテトも入っているので、割とお腹にもたまりいいです。

ドリンク

ドリンクは、珈琲や紅茶、+50円でカフェラテ、カプチーノ、ハーブティーが選べます。カプチーノにしました。
ドリンクは店の表側のバーカウンターで作られます。
ラテアートが施されたカプチーノはエスプレッソが濃く、ミルクの甘さも感じ美味しいです。

ミニデザート

ミニデザートは、イタリア風シフォンケーキです。
さっぱりほろほろしたケーキで、甘い生クリームで食べるといいです。

ドリンクとデザートもついて、パスタも美味しいので、これで1,300円はかなりお得なランチだと思います。


休日のランチで、ラザニアを求めて、芝浦の運河沿いのイタリアン、アブラッチョに行ってきました。
雨の日でしたが、6組、でファミリーもいて賑わっていました。
運良くテーブル席が空いていて、座ることが出来ました。

注文したのは、
パスタセット 1300円
です。

前に行ったときは、なかった、パスタセットは、サラダ、パン、パスタ(選択)、ミニデザート、カフェのセットで、1,300円でなかなかお得なよう気がします。

サラダ

レタスのサラダで、人参シリシリに、オリーブオイル系のドレッシングと、粉チーズです。
レタスはしゃっきりしてちゃんとして良いです。

パン

パンは自家製パンのフォカッチャ。
ソフトなフォカッチャで、オリーブの香りもする良いパンです。

パスタ

この日のパスタは4種類。
選んだのは、
サルシッチャと玉葱、キャベツのラザニア、トマトソース
鶏肉のラグーとズッキーニのトマトクリームソースのスパゲティ
です。

ラザニアはチーズをしっかり感じ、ソーセージのサルシッチャも存在感があります。
トマトソースがフレッシュで、酸味があり美味しいです。

スパゲティーは鶏肉のラグーがゴツゴツし、ズッキーニがしゃっきり。
トマトソースはしっかり煮込んでうま味が良いです。
塩加減もよく美味しいです。

ミニデザート

デザートは、ミニって書いてありましたが、しっかりした大きさ。
ココアのシフォンケーキです。
少し甘い生クリームがのり、ふわふわでのシフォンケーキは、すごく軽くすぐに食べられちゃいます。
パウダーココアがかかり、味わいはほんのりです。

カフェ

カフェは、エスプレッソ、コーヒー、紅茶、+50円で、カフェラテ、カプチーノ、ハーブティーが選べます。
今回はカフェラテ。
ミルクがしっかりした味わいのカフェラテで、エスプレッソの味わいも良いです。
ラテアートは、もう少しがんばってください。

芝浦の運河沿いに最近でオープンしたタリアンレストラン「アブラッチョ」です。
アブラッチョは、同じく芝浦にある、リストランテ ラチャウの系列店だそうです。
休日のランチで、行ってみました。
行ったのは、14時頃、先客は2組ほど。
パスタは4種類ありましたが、ラザニアは売り切れでした。

注文したのは、
魚介の煮込みとズッキーニのトマトクリームソースのペンネ
レモンのムース
アイスラテ
です。

サラダ&パン

パスタを頼むと、サラダとパンが付いてきます。
葉物のサラダはチーズとさっぱり系のドレッシングがかかっていますが、あまり味わいが付いているわけではありません。
パンは、白くやわらかめのフォカッチャです。

魚介の煮込みとズッキーニのトマトクリームソースのペンネ

トマトベースのソースにさまざまな魚介がはいっています。
特に海老・蟹のコクがよくわかります。
ソースはペンネに良く絡んでいて、柔らかく弾力あるペンネとで美味しいです。
ズッキーニは、縦方向にスライスされていて、変わった食感。
コリコリした歯ごたえが残っていて、いいです。

レモンのムース

この日のデザートは、レモンのムース、ムースの上にはラングドシャがのり、冷たいラズベリーのカケラがちりばめられています。
ムースは、ふわふわ、レモンの味わいが強めで、さっぱり美味しいです。
なめらかなムースと、冷たいラズベリーの組み合わせも良いです。
このデザートかなり美味しいです。

アイスラテ

アイスラテは結構しっかりしたエスプレッソがはいっていて美味しいです。

店員さんの対応もしっかりしていて、なかなかCPもよく


田町駅からしばらく歩いた、芝浦の運河沿いのレストランで、今年3月にオープンしたばかりのお店です。
同じ芝浦にある有名なイタリアン ラ・チャウの系列店だそうです。

お店に入るとすぐにカウンターとバースペースがあり、夜は、ape TOKYO と言う名でイタリアンバルで営業しています。
お酒が飲めるのですが、ノンアルコールもあり、カフェとしても利用可能です。

注文したのは、
カプチーノ 350円
です。

カプチーノ

カプチーノは店内のエスプレッソマシンで入れられます。
小さい目のカップですが、いい香りを漂わせて美味しそうです。

飲んでみると、細かい泡の向こうから、強めのエスプレッソの味わいと、ミルクの味わいがしっかりとします。
コクがあり、ちゃんとしている感じで良いです。

感じの良い店員さんで、ホッと一息付けました。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)40

もっと見る

9位

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ (宝町、新富町、銀座一丁目 / イタリアン、パスタ)

4回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999 ¥2,000~¥2,999

2018/04訪問 2018/05/20

小柱とアスパラガス、フレッシュトマト入りアーリオ・オーリオ・スパゲティーが美味しかった!

銀座一丁目のお気に入りのイタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」に行ってきました。

注文したのは、
赤いオレンジジュース
ディナーコース
です。

赤いオレンジジュース

赤い色ですがオレンジジュース。
オレンジの味わいがしっかりして美味しいです。

ディーナーコースは、前菜、パスタ、メインを一品づつ選ぶ方式。

前菜

いつもの通り、前菜盛り合わせです。
盛り合わせは、オムレツ、鴨肉、スモークサーモン、大麦サラダ、ブロッコリーのアーリオ・オーリオ、カポナータ、玉ねぎのスープ、マグロアボカド、白身魚の酢漬けです。
特に美味しかったのは、まず鴨肉。にくはしっかりしていますが味わい深く美味しいです。
ブロッコリーのアーリオ・オーリオはシンプルなのに茹で加減が抜群です。
カポナータは野菜たっぷり。
玉ねぎスープは濃い味わい。
マグロアボカドは間違いないです。

パスタ

小柱とアスパラガス、フレッシュトマト入りアーリオ・オーリオ・スパゲティーです。
出てきたのは具たっぷりのパスタです。
小柱はしっかりした味わい。
アスパラガスはコリコリした触感がいいです。
フレッシュトマトはグリルされ甘さが強く出ています。
アーリオ・オーリオなので綺麗に色づいたにんにくも入っていて、元気が出そうです。
スープが多めでスパゲティーは細め。しっかりアルデンテで美味しいです。

メイン

もちろん、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みです。
お皿には、ごろっとした牛ホホ肉の塊が二つ、赤ワインソース、マッシュポテトがのっています。
まず、牛ホホ肉。塊ですがナイフを入れると繊維状にすっと切れます。
口に入れると柔らかく蕩けていく感じです。
この日は少しお肉が固めだったかも。
赤ワインソースは粘性がたかめ。赤ワインのコクが凝縮した感じで味わい深いです。
マッシュポテトはかなりなめらか。ポテトの味わいとほんのり塩気とバターの味わいを感じ美味しいです。

コーヒー

ブレンドコーヒーで食後にまったり。

ごちそうさまでした。
夜の食事で、銀座のお気に入りのイタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」に行ってきました。

注文したのは、
ディナーコース 前菜+パスタ+メイン料理
です。

前菜

いつも頼む、「前菜盛り合わせ」です。
一口サイズの前菜が10品お皿に盛られています。
気に入ったのはまず、新玉ねぎのポタージュでさっぱりした味わいと甘みを感じるスープです。
次にヤリイカの辛いトマトソース和えが辛くてコリコリのヤリイカの食感がいいです。
アボカドとマグロの和え物もアボカドの味わいとマグロの旨味がいいです。
鴨肉のグリエは燻製のような香りのする鴨肉がいいです。
ブロッコリーのオリーブオイルグリルも香ばしくていいです。
豚肉のペーストも美味しいです。

パスタ

パスタは、「プーリア風 生ハム カチョカヴァロチーズ入りトマトソーススパゲッティ」を頼みました。
スパゲティは極細でつるつる。トマトソースによく絡みます。
トマトソースは濃厚なトマトの味わいでチーズの香りもかなり強めです。
生ハムがほどよく入っていて食感と塩気がいいです。

メイン

いつも頼む「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」です。
この日の牛ホホニクは少し繊維が多めで堅い感じ。
少し甘めの赤ワインソースは煮込まれた感じで美味しいです。
マッシュポテトは、少しつぶつぶが残っている感じでやや残念です。


運良く土曜日の夜に予約が取れたので、落合シェフの銀座のお店に行って来ました。
予約した18時にお店に行ってみると、店の道向かい別館に案内されました。
別館で食べるのは初めてです。

中に入ると、満席。中は12人分のキャパがありました。
別館は奧にも部屋があるようです。

注文したのは、
前菜盛り合わせ
ラザニア
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
です。

前菜盛り合わせ

10種類の前菜の盛り合わせです。
内容は、
パルマ産生ハム
カボチャの冷製スープ
ツナのソースをかけた香味豚
ナスのマリネ
魚介の辛いトマトソース掛け
鴨肉のハチミツロースト いろいろなキノコのソテー
白身さなかのカルピオーネ
ノルウェーサーモンの自家製マリネ
ブロッコリーのアーリオオーリオ
お野菜とトマトのココナータ
です。

どれも美味しいのですが、特に良かったのは、
香りの高いパルマ産生ハムとルッコラがいいです。
カボチャの冷製スープは、さっぱりして美味しいです。
魚介の辛いトマトソース掛けは、よく出る一品ですが、この辛いソースが美味しく、イカのプリプリがいいです。
ブロッコリーのアーリオオーリオは、シンプルですが、コリコリした食感とオリーブオイルとほのかに辛い味わいが良いです。

ラザニア

久しぶりに食べたラザニアです。
ラザニアは丸い耐熱皿に入れられて出てきます。
タップリのチーズに、ミートソースのミルフィーユです。
チーズはしっかりした味わいで、ミートソースはけっこうさっぱりした味わいです。
トマトの酸味がほどよく美味しいです。

牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

いつも頼む大好きな、牛ホホ肉の赤ワイン煮込みです。
お肉の塊が二つ。赤ワイン煮込みソースと、マッシュポテトです。
牛ホホ肉はなんだか大きさが少し小さくなったような。
ナイフで切ってみると柔らかく、繊維的になっています。
口に入れるととろっととろけます。
赤ワイン煮込みのソースの味わいがしっかりしています。
やっぱりかなり美味しいです。

食事だけ食べてさっと帰りました。
ごちそうさまでした。
牛ほほ肉の赤ワイン煮込みは鉄板! 「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」


銀座「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」のディナーに行ってきました。
「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」は、「日本一予約の取れないイタリアン」とまで言われた有名なイタリアンです。
ただ、遅い時間なら予約は取りやすいです。

この日も、いつもの通り、21時15分からの予約です。
席に着き、メニューを渡されます。
ディナーは、プリフィックスコースのみで、前菜、パスタ、メインから一品ずつ選びます。

注文したのは、
【前菜】前菜盛り合わせ
【パスタ】カボチャのニョッキ ゴルゴンゾーラソース
     ホワイトアスパラとパルメザンチーズのタリオリーニ(フィットチーネ)
【メイン】的鯛のカツレツ ルーコラサラダ添え
     牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
です。

前菜は迷わず、「前菜盛り合わせ」です。
内容は、
・いろいろ野菜のトマトソース煮込み カポナータ
・テリーヌ
・ジャガイモのスープ
・鴨肉とタプナードソース
・生ハムとルッコラ
・グリーンアスパラのアーリオオーリオ
・ハムとレタス巻き
・スズキの南蛮漬け
・イカのグリル辛いトマトソース
・ゴルゴンゾーラのブリュレ
です。

やっぱり前菜盛り合わせがイロイロ食べられて楽しくお得です。
テリーヌとジャガ芋のスープも美味しいし、いつも美味しい、カポナータと鴨肉、いつも辛いイカのグリル。
生ハムも塩加減が良くて美味しいです。
グリーンアスパラのアーリオオーリオはコリコリしていながらジューシーなアスパラが美味しいです。
ゴルゴンゾーラのブリュレは、デザート気分で食べられます。

パンはフォカッチャと丸いパンです。
ここのフォカッチャ美味しいんですよねぇ
ドリンクは、赤いオレンジジュースを頼みました。
車で来ているのでこれが定番です。


パスタの「カボチャのニョッキ ゴルゴンゾーラソース」は、濃厚な味わいでまったりした白いゴルゴンゾーラソースが美味しいです。
カボチャのニョッキは、カボチャの甘みをしっかり感じ、柔らかい食感がいいです。
追加のチーズをたっぷりかけて食べるのが好きですね。

パスタの「ホワイトアスパラとパルメザンチーズのタリオリーニ」は、タリオリーニが在庫切れ!とのこと。
スパゲティーにかフィットチーネを提案され、フィットチーネにしました。
とろみのあるパルメザンチーズのソースに、ホワイトアスパラのスライスが大量にのっています。
太めのフィットチーネの辛み具合がいいので、フィットチーネで正解だった印象(笑)
ホワイトアスパラの味が結構強く出ていて、チーズとの組み合わせで負けておらず美味しいです。

メインの「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」は、いつも頼む定番の逸品。大好きです。
グランドメニューのはずなのに、本日のおすすめメニューにも載っています。
黒い牛肉の塊はごつごつしている見た目ですが、ナイフを入れると柔らかいです。
すっと切り分け、食べることが出来ます。
牛肉の旨味と赤ワインのほのかな味わいが重なり美味しいです。
付け合わせのマッシュポテトもこの日は滑らかでコクがありいいです。


メインの「的鯛のカツレツ ルーコラサラダ添え」は、かりかりに焼けて熱々です。
ホクホクの白身とカリカリの衣で、ソース無しでそのままで美味しいです。

ルーコラとトマトのオリーブオイルドレッシングのサラダは、さっぱりしています。
トマトが甘くて凄い美味しいです。
美味しかったのでこれはおすすめ。

デザートで、カスタードプリンを注文しました。
カスタードプリンは、昔ながらの固いプリンです
プリプリのプリンはカスタードの味わいがしっかりしています。
カラメルは苦みが少なくさっぱりした感じです。
懐かしい味わいで美味しいです。
コーヒーはブレンド、普通の味わいです。

サービスはいつもの通り多少微妙な感じですw

---------------

銀座一丁目『ラ・ベットラ・ダ・オチアイ』で夕飯を食べてきました。

<a href="http://www.la-bettola.co.jp/">LA BETTOLA (ラ・ベットラ)-落合シェフが手がける絶品イタリア料理-</a>

食事はいつもの遅い時間の9時半からです。
行ってみると、席には余裕があり、入口近くの1番テーブルに案内され、メニューを渡されます。
ここからが悩むところ。

ラ・ベットラのディナーコースは、前菜、パスタ、メインを1品ずつ頼むプリフィックスコースです。

注文したのは、
赤いオレンジジュース
前菜 盛り合わせ
パスタ 牡蠣とクレソンのリゾット
ゴルゴンゾーラチーズ入り トマトソーススパゲティ
メイン 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
黒胡椒をきかせた秀味豚の三枚肉と玉葱の煮込み
です。

前菜は、単品のものもあるのですが、経験上「盛り合わせ」を頼むのが一番お得に感じ、また華やかです。

この日の盛り合わせの内容は、
・スズキの南蛮漬け
・豚肉のペースト
・カボチャのスープ
・ブロッコリーのアーリオオーリオ
・イカのグリル辛いトマトソース
・帆立のジェノベーゼソース
・マッシュルームのマリネ
・鴨肉とタプナードソース
・いろいろ野菜のトマトソース煮込み カポナータ
などなどです。

気に入ったのは、まず、豚肉のペーストで、まったりして、甘みも感じるペーストでした。
イカのグリル辛いトマトソースは、小さいイカで柔らかく、食べているとじわじわ口が辛くなります。
鴨肉は、お肉の旨みとバルサミコソースとあっていて口の中が幸せになります。

パスタはまず、「牡蠣とクレソン」のリゾットです。
クレソンがかかった、リゾットには、小ぶりの牡蠣がびっくりするくらいたくさん入っています。
お米はアルデンテでつぶつぶ感があり、牡蠣の旨みを十分にまとっています。
牡蠣はプリプリでした。

「ゴルゴンゾーラチーズ入り トマトソーススパゲティ」は、細めのスパゲティに濃厚なトマトソース、ゴルゴンゾーラのチーズがゴロゴロ入っていました。
トマトソースにゴルゴンゾーラチーズがとけ、絡み合うと、ゴルゴンゾーラ味に支配されます。
独特な臭みのある香りもしっかりありました。

メインは、定番の「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」です。
煮込んだ赤ワインがとろりとしたソースとなっています。
お肉は大きな塊が二つ。ナイフで力を入れなくても切れるほど、柔らかかくなっています。
食べてみると、コクのある味わいと、肉のうまみが美味しすぎます。
ちょっと残念なのが、付け合わせのマッシュポテトがいつもより緩かったです。
いつものまったりした感じのが好みです。

もう一品は「黒胡椒をきかせた秀味豚の三枚肉と玉葱の煮込み」です。
お肉は大きな塊が二つ。こちらの肉は脂身の部分は柔らかく、三枚肉の皮の部分はすこし弾力があります。
食べてみると、豚の脂身が強く、とろりと口の中でとろけていきます。
玉葱のソースはどろどろしてかなり玉葱が入っています。
玉葱の甘さと黒胡椒の辛みがいいです。
ただ、イタリアンと言うより中華のお料理みたいです。

ドリンクは、車で来たのでノンアルコールの「赤いオレンジジュース」です。
グラスに入った、ブラッドオレンジジュースは、よく飲むので慣れた味ですね。

ごちそうさまでした。

--------


銀座のラ・ベットラ・ダ・オチアイでディナーをしてきました。

予約の取れない店として有名ですが、夜9時台なら割と空いていることがあります。
今回も、9時15分からの予約。

時間ちょっと前に店に行き、席に案内され、注文します。
ラ・ベットラのコースは、前菜+パスタ+メインの選択制のみです。

まずは前菜。
前菜は、今までの経験から考える必要はなく、前菜盛り合わせにするのがベストです。

この日の前菜盛り合わせは、
フォアグラのブリュレ
吉田牧場のモッツァレラチーズとトマトのサラダ
ブリのカルパッチョ
いろいろ野菜のトマトソース煮込み カポナータ
ほうれん草のアーリオ オーリオ
穴子のカルピオーネ
鴨肉のロースト タプナードソース
などなど。

フォアグラのブリュレはまったり濃厚。
トマトはすごく美味しいので大好き。
穴子のカルピオーネはとろっとした食感で、穴子のうまみがしっかりしておいしいです。
鴨肉のローストは定番の品ですが、香ばしくて美味しいです。
いろいろ楽しめて楽しいので、前菜盛り合わせがおすすめ!

パスタは、グランドメニューから選択した、「海老・帆立・イカのバジリコ風味ラグーソース」です。
ラグーソースなので具がごろごろ入ったパスタ。
パスタはさっぱしていますが、帆立のうまみをよく感じます。
バジリコの風味もいいです。

メインは、「香味豚のかるい燻製グリル」を選びました。
出てきてびっくりの大きさ。
ナイフを入れてみると、柔らかくてすっと切れます。
食べるとふわっとやわらかで、味は脂がおおくしっかりしたうまみ。
しつこくないですが、最後に脂がちょっと気になるくらい。
付け合わせはポテトを選びました。
グリルしたポテトはほくほくで、食べてみると甘みがあり美味しいです。

デザートは、本日のシャーベットを注文。
シャーベットはメロンです。
食べてみると、メロンの味がかなり強い。
メロンをそのままシャーベットで食べているようで美味しいです。
量が多いので、二人で一つがいい量です。

ごちそうさまでした。

--------------

お気に入りの銀座のイタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」で食事をしてきました。
この日は、12月25日クリスマスでしたので、特別メニューのクリスマスディナーです。

予約の時間に行き席にご案内。

クリスマスディナーは、前菜は盛り合わせのみで、パスタとメインが選択制です。

まず飲み物。
車なので、ノンアルコールの赤いオレンジジュールを飲みました。
パンは、フォカッチャと丸いパン。
フォカッチャは柔らかくていつも美味しいです。

まずは、前菜盛り合せ。
パルメザンチーズブリュレ
吉田牧場のモッツァレラチーズとトマトのサラダ
ブリのカルパッチョ
いろいろ野菜のトマトソース煮込み カポナータ
ブロッコリーのアーリオ オーリオ
生ハムのメロン
鴨肉のロースト タプナードソース
フォアグラのソース
ワカサギのカルピオーネ
カリフラワーの冷製スープ コンソメジュレと甘エビとともに
蟹・帆立のサワークリーム風味タルタル
ノルウェーサーモンの自家製マリネ

盛り合わせで一番気に入ったのは、真ん中のパルメザンチーズブリュレ。
見た目がブリュレなので甘い印象ですが食べてみるとチーズのまったりした味わいです。
表面のキャラメルのパリパリ感もいいです。
また、同じまったり系、フォアグラのソースはバケットにのり、その濃厚なフォアグラがいいです。
蟹・帆立のサワークリーム風味タルタルといろいろ野菜のトマトソース煮込みも結構好きです。

あと、吉田牧場のモッツァレラチーズとトマトのサラダのトマトがかなり美味しいです。
肉厚のトマトで甘みと酸味のバランスがいいです。チーズも美味しいです。

パスタはまず、うにのパスタ。
これは何回か食べているパスタで、濃厚なウニのソースで間違いの無い一品。
ウニのソースのとろみでパスタに良く絡み、細めのパスタに良くあいます。
時々あるかたまりのウニがさらにうま味を増している感じです。
最後に残ったソースをパンに付けて食べるとしあわせ。

たらば蟹のリゾットは見た目は少なそうな印象ですが食べるとしっかりした量です。
コリコリしたお米に酸味のあるトマトソース味、たらば蟹のコクのある味わいが重なりかなり美味しいです。
たらば蟹の身も多くて好印象ですね。

メインは、まず平目のグリルです。
平目は大きめで、しっかりした焼き目が付いていて食欲をそそります、
ほくほくした身は味わいは、ソースに良く絡みます。
そのソースは、すわい蟹とポロネギ、カブのとろみの付いたソースです。
正直、中華的な料理ですが美味しいです。

そしてメインのもう一品は、牛ほほ肉の赤ワイン煮。
前回は食べませんでしたので、今回はちゃんと頼みました
出てきたのは、牛ほほ肉の塊が二つと、赤ワインのソース、マッシュポテトです。
牛ほほ肉はナイフがすっと入る柔らかさ。
食べて見るとジューシーでしっかりしたワインの味わいも感じます。
口の中でとろけて美味しいです。
付け合わせのマッシュポテトもきめ細やかでいつもイイです。

--------------

お気に入りの銀座のイタリアン、ラ・ベットラ・ダ・オチアイです。
いつもの通り、夜9時過ぎから予約で行きました。

注文したのは、
本日の前菜盛り合わせ
白子と菜の花 からすみのスパゲティ
たらば蟹のリゾット
香味豚ほほ肉の赤ワイン 黒ニンニクの煮込み
イベリコ豚のセクレトのタリアータ 赤ワインのマスタードソース
です。

前菜は定番の盛り合わせです。
単品も良いのですが、盛り合わせが一番お得な感じがします。

盛り合わせで、特に良かったのが、カルパッチョ ブリです。
少し火が通っていて、香ばしく、鰤の味わいが引き立ちます。
軽く炙ったサバのマリネも美味しいです。
カツオと新五葱のカルパッチョも鰹の味わいが強く出ていていいです。
さらに、ヤリイカのグリルがトマトソース味で帆立も入っていて美味しかったです。
リコッタチーズとマスカルポーネの魚介サラダはさっぱりしていいです。

白子と菜の花 からすみのスパゲティは、にんにくベースのソースに白子のまったり感に、菜の花の苦みがプラスされていて、大人な味わいです。
からすみの香りもふわっとします。

たらば蟹のリゾットは、トマトベースのリゾットです。
蟹がたくさん入っていて、たらば蟹の甘みを感じます。
お米のアルデンテ感がとても良いです。

香味豚ほほ肉の赤ワイン 黒ニンニクの煮込みは、いつもの牛ほほ肉の赤ワイン煮の代わりに注文しました。
香味豚のほほ肉は牛ほほ肉よりも少し繊維状になっていますが、柔らかさなど特に遜色ない感じで少し脂身がある感じ。
赤ワインソースはコクがありパンに付けて食べると美味しいです。
付け合わせのマッシュポテトもいつも通り美味しいです。

イベリコ豚のセクレトのタリアータ 赤ワインのマスタードソースは、イベリコ豚がたっぷりのサラダの下にあります。
脂身が強いイベリコ豚で柔らかくジューシーです。
マスタードソースが強くきいていてさわやかでスパイシーです。

〆は、カスタードプリンとブレンドコーヒー。
コーヒーはネスカフェではなくブレンドを選択しました。
国と苦みがしっかりしたコーヒーです。
カップが変わったようです。

カスタードプリンは大きめのプリン。
しっかりして、硬めで、カスタードの味わいがしっかりしています。
カラメルソースも甘く、懐かしい味わいのするプリンです。

----------

有名な落合シェフのお店、「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」です。
アドレスは、銀座1丁目とはいえ、昭和通りよりも奧になりますので、夜はとても静かなエリアになります。

この日の予約時間は、9時半。
時間の5分くらい前に行って名前を告げると、しばらくして呼ばれます。

夜は、前菜・パスタ・メインのコースのみ。
それぞれ1品頼みます。

この店のフォカッチャは最高においしいです。

まず、前菜に、「本日の魚のカルパッチョ ”平目”」を。
カルパッチョなんだか好きなんですよねぇ
平目の上にたくさんのサラダが乗り、オリーブオイルとマヨネーズがかかっています。
平目は厚めで、モチッとした食感で口の中でとろけます。
さっぱりした味わいで、サラダとの相性が良い感じです。

パスタは、「カニのリングイネ」です。
トマトソースベースで蟹の身がふんだんに入っています。
一番上にはかたまりのカニでテンションがあがります。
濃厚なソースで、味わいが濃く、残ったソースをフォカッチャにつけて食べると、たまらなくおいしいです。

メインは、「牛ハラミのタリアータ 赤ワイン風味のグリンペッパーソース」です。」焼かれた牛ハラミ肉が薄切りされ、サラダがたくさんのっています。で肉は軟らかいですが、歯ごたえがしっかりしています。
赤ワイン風味のソースが食欲をそそります。
グリーンペッパーがたくさんでぴりりとします。
肉の下には、スマッシュポテトが盛りつけられていました。
このスマッシュポテトはなかなか好きなんです。

今回もおいしかったです。
ごちそうさまでした。

-------------

落合務シェフのラ・ベットラ・ダ・オチアイにディナーに行ってきました。
ふらっと予約して、夜9時15分からの回となりました。

注文したのは、
ホワイトアスパラのミラノ風 トリュフソース
たらば蟹のリゾット たっぷり春野菜とパルメザンチーズのリゾット
鹿児島産平すずきのグリル 小海老とホタテ入りトマトサフランソース
です。

まず前菜が、ホワイトアスパラ。春だなぁと感じます。
ミラノ風は、目玉焼きがことで、黄身の半熟具合がいいです。
これに濃厚なトリュフソースでアスパラを食べます。
ホワイトアスパラは、少し繊維質が多めの感じでしたが、柔らかくおいしいです。
ソースがかなり美味しくパンにも付けて食べました。

たらば蟹のリゾットは、蟹の身がおおくて、口いっぱいに蟹が入ってきて、顔がほころびます。
お米のコリコリ感と、チーズのまったり感もよく美味しいです。

メインは、スズキのグリル。
トマトサフランソースが、スパイスがきいていながらさっぱりもしています。
このソースを、白身のスズキに付けると、スズキの味をぐっと引き立てるようです。
小海老とホタテも美味しいです。

----

12月25日に偶然予約が取れましたので、初のクリスマスディナーになりました。

クリスマスディナーは、前菜はスペシャル盛り合わせのみ。
パスタとメインを選びます。

前菜の盛り合わせは
新しい形のカプレーゼ
生ハムと吉田牧場のモッツァレラチーズ
ノルウェーサーモンのマリネ イカスミパン粉添え
本日のお魚のカルパッチョ ライムキャビア添え
フリッタータ
あん肝のテリーヌ
ペペロナータ
フォアグラのムース
モッツァレラチーズをつめたトマトソースのライスコロッケ
鴨のロースト タプナードソース
ブロッコリーのアーリオオーリオ アンチョビ風味
カポナータ
リコッタチーズと魚貝のサラダ
です。

特に気に入ったのが、リコッタチーズと魚貝のサラダでチーズと魚介の味わいがなんとも絶妙で、クリーム状の口当たりも良いです。

またライスボールは暖かいうちに食べると、ほっこりしていて中のチーズがとろけていて美味しいです。
添えてあるラタトゥイユもトマトの味が強くいいです

びっくりしたのは、ペペロナータ。
赤パプリカをにんにくで炒めてあるのですが、なんと甘みを感じるのです
にんにく風味と野菜の甘みで何とも美味しかったです。

パスタは、フレッシュトマトのスパゲティ マスカルポーネムース添えです。

たっぷりのトマトソースとチーズの組み合わせが良いです。
マスカルポーネムースは冷たいので、別に食べたい感じ。
残ったソースをパンに付けて食べるのも美味しかったです。

メインは、オマール海老のシチリア風オーブン焼きにしました。

出てきたオマール海老は大きく見えましたが、食べられた身はちょっと少ない印象。
ソースににんにくが効いていて、味噌とのあわさり、コクが出ていました。
ぷりぷりのエビの身もいいです。爪の中も食べられました。

デザートに、栗のタルトをたべました。
栗が濃厚でしっかりしています。タルトのさくさく感も良いです。

店員さんは、フレンドリーで良いのですが、ちょっとサービスが。。。

------------

また、ふらりと食べに行ってきました。

今回注文したのは、

本日のカルパッチョ ”かんぱち”
はまぐりとたけのこ、菜の花のアーリオオーリオスパゲティ
牛タントマトソース煮混み

です。

カルパッチョはたっぷりの野菜と、オリーブオイル・マヨネーズでちょっと濃い目の味付けでした。
ぷりぷりでとりとした食感のかんぱちは、新鮮でおいしいです。

オリーブソースが少し多めのアーリオオーリオです。
旬のたけのこと、はまぐり、菜の花が入り見た目も良いです。
やわらかいたけのこが大きめに切られ、またはまぐりのぷりっとした食感がいいです。
また、菜の花の苦味がアクセントになっています。

牛タンのトマトソース煮は、大きな牛タンが印象的。
やわらかく、味わい深いです。
トマトソースはスパイス系が強く味が濃かったです。
マッシュポテトは、牛ほほ肉の赤ワインソース煮の付けあわせと同じです。

-----

お気に入りのイタリアン、ラ・ベットラ・ダ・オチアイに行きました。
予約の取れない店として有名ですが、夜9時ごろからの第二部では予約が取れることが多いです。
この日も、9時からの予約。

注文したのは、
前菜、
鶏白レバームース サラダ添え
マグロとアボカドのサラダ

パスタ
渡り蟹のリゾット
牛ほほ肉とボルチーニ茸のフェットチーネ

メイン
牛ほほ肉の赤ワイン煮
塩づけ豚ロースのグリル 辛いプッタネスカソース
です。

白レバーペーストは、白レバームースペーストと、ラスク、サラダ付。
とろりと舌触りのいいレバームースは絶品でかなり美味しいです。

マグロとアボカドのサラダは、新鮮なマグロと舌でとろけるアボカドの組み合わせがいいです。

渡り蟹のリゾットは、アルデンテに仕上がったお米のコリコリした食感と、渡り蟹の風味が強く美味しいリゾットです。

フィットチーネは平たいパスタ。牛ほほ肉がたくさん入ったパスタで、ガッツリ系。
ボルシチーニ茸の食感もいいです。ソースはパンに付けて食べるのがいいです。

メインの、牛ほほ肉の赤ワインにはいつも頼んでしまう一品。
やわらかく、フォークで裂けるお肉は絶品です。
マッシュポテトの塩加減もいつも感心します。

塩豚ロースのグリルは、香ばしく焼かれた豚ロースが大きく肉を食べた~と感じます。
オリーブの入ったトマトソースは独特の風味で、豚の脂っこいのを抑えてくれる感じです。

サラダのプチトマトがいつも美味しいです。

ドルチェやコーヒーも無しで、さっとディナーを食べて帰りました。
いつも美味しい料理をありがとうございます。

----

お気に入りのイタリアンレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」に行きました。

夜のコースは、前菜、パスタ、メインから1品ずつ選びます。

パンは、フォカッチャとゴマのパン。
フォカッチャは相変わらずの美味しさ。お代わりももらっちゃいました。
ゴマのパンは柔らかく、ゴマの味が強く出ていてなかなか良いです。

ノルウェイ産サーモンの自家製マリネサラダ
サーモンは肉厚で食べてみるととろりととろけます。オリーブオイルが濃厚で、サラダもたくさんです。

フォアグラのムース ベリーソース サラダ添え
まったりしたムースはコクがあり風味がよいです。ベリーソースがほんのり甘くかなり美味しいです。


ずわい蟹と季節野菜、からすみアーリオ・オーリオ・スパゲッティーニ
蟹の身に、アスパラ、インゲン、水菜等の季節野菜です。

ウニのスパゲティ
前に食べた時より、少し緩い感じでしたがウニたっぷりの濃厚さは同じです。

牛リブロース肉の網焼きステーキ
とにかくデカイ、柔らかいが歯ごたえがしっかりしている 脂たっぷり
付け合わせがポテト

牛ほほ肉の赤ワイン煮
簡単にちぎれるほどの肉の柔らかさと赤ワインソースの芳醇な味わいが美味しいです。

------------

今回も、
「来週以降で空いている日をお願いします。」
で、というアバウトな予約方法で、この日、平日水曜日の21時15分からとなりました。
予約時間の5分前に到着しましたが、予約者を順次案内していました。

席に案内されると、夜のコースの前菜・パスタ・メイン選びます。
基本メニューも本日のメニューがあるのですが、やっぱり本日のメニューから選びがちになります

前菜は、鴨のテリーヌと野菜のピクルス。
鴨のテリーヌは黒胡椒が効いていてかなりパンチがあります。
肉自体は食べやすくマスタードとの組み合わせが良い感じです。
野菜のピクルスはかなり酸っぱい。特にミニトマトがおいしいのですが、かなり酸っぱいです。

パスタは、赤座エビのトマトソースリングイネ。
リングイネは極細でこりこりしています。
海老のうま味が染みこんでいる水分の多いトマトソースな感じで、リングイネにはよく絡みます。
海老自体もぷりぷりでおいしいです。また夏野菜がたくさん入っているのがいい感じ。

メインは、青森産 真鯛のグリル エビとホタテのカレー風味クリームソース。
海老とホタテがゴロゴロ入ったクリームソースでカレー味なところが食欲をそそります。
ほくほくした真鯛はあまり大きくはありませんが、其れ自体に味がありふっくらほっこした食感はかなり良いです。
ぱりぱりの皮も良い感じでした。

2巡目の予約だったので、売り切れのメニューもありちょっと残念でしたが、美味しく食べられたので良かったです。

----

約1年ぶりの訪問です。
予約が取りづらいのですが、日時にこだわらなければ2週間前位でも予約可能です。
今回も電話で「席の開いている日を」と頼んで、火曜日の9時15分からとなりました。

当日お店に着いたのは、時間より15分ほど早かったのですが、席が開いていたのですんなり入れました。

注文したのは、
前菜
初かつおのカルパッチョ 新玉葱のドレッシングサラダ添え
鴨の燻製とオレンジのサラダ
パスタ
彩り野菜のバーニャソース スパゲティ
タケノコとパンチェッタ、菜の花のクリームソース フェットチーネ
メイン
ミックスグリル
牛ほほ肉の赤ワインソース煮
です。

カルパッチョは、分厚いかつおが野菜の下にあり、サラダのようです。
野菜のしゃきしゃきした歯ごたえと、かつおのとろりとした食感が絶妙で、オリーブオイルの風味がよいです。
鴨とオレンジサラダは濃厚な鴨とさわやかなオレンジが 合わさって何ともデザートのような感じ。
バルサミコ酢の香りがよく気に入りました。
彩り野菜のバーニャソーススパゲティは、水菜など野菜も入ったパスタです。
ソースににんにくのバーニャソースを使っているのですが、にんにくの香りが良く美味しいです。
ドライトマトも入っているのですが、このトマトが甘くかなり美味しいです。
クリームソース フェットチーネは、菜の花を中心にした野菜とタケノコのしゃきしゃきした食感かかなり良かったです。
フェットチーネによく絡らまるクリームソースが美味しいです。

ミックスグリルは、クリーンポーク、地鶏、自家製ソーセージ、牛ロースから3種類選べます。
選んだのは、自家製ソーセージ、地鶏、牛ロースです。付 け合せにポテトが付いていました。
自家製ソーセージは太くナイフで切ると肉汁が滴ります。食べてみるとなかなか複雑な味わいです。
地鶏は少し固めですが、皮が焼けて香ばしく、さっぱりとした味わいです。
牛ロースは柔らかく肉の旨みが良く出ていると思います。


牛ほほ肉の赤ワインソース煮は何度も食べている料理です。
柔らかいお肉と、ワインソースの濃厚な味付けが気に入っています。

相変わらず、店員さんの対応も良く気持ちよくお食事できました。
ちなみに車で行く場合、昭和通り地下道に入り口のある、『新京橋駐車場』が近くて安くて便利です。
代金の支払には、EdyとSuicaも使えます。

新京橋駐車場
http://www.chuo-kanko.or.jp/guide/parking/detail/detail03.html

------------

落合シェフの ラ ベットラ ダ オチアイ の久々の訪問です。
狭い店内、たくさんのお客と店員さんでいつも活気があります。

この日は、友人が泊まりに来る事になり、2週間前に予約の電話をしました。
7時等早い時間の予約は無理ですが、9時以降の時間であれば比較的予約は取れます。

ディナーは、3999円で、前菜、パスタ、メインを選ぶコースとなります。

私が注文したのは、
 ワインジュース 赤
 自家製リコッタチーズとパスカルポーネの魚介サラダ パルミジャーノクロッカンテのせ
 ずわい蟹と九条葱、からすみのアーリオオーリオスパゲティ
 クィーンポークの燻製グリル
です。

魚介サラダは、二種類のチーズで出来ているポテトサラダのような感じで、中のえびがプリプリでした。
上に乗っているぱりぱりのパルミジャーノとヨコのヤングコーンが美味しいです。

パスタは大好きなアーリオオーリオ。ニンニクがとろとろになるほどオリーブオイルで炒めてあって美味しいです。細めのパスタに絡められた、ズワイガニが風味がよく葱くさくなくかなり美味しいです。

メインのクィーンポークは出てきてびっくりかなり大きい物でした。見た目は脂がすごい感じですが、思いの外しつこくなく、また肉がかなり軟らかく美味しかったです。


また、友人が食べた、フォアグラの前菜、牛ほほ肉の赤ワイン煮を一口食べさせて貰いましたがこれがまた良かったです。

うーん、やっぱり、ベットラは美味しいです。

------------------------

落合シェフの予約の取れない店のランチに行ってきました。

ランチの予約方法は、毎朝10時から店の前で受け付けます。店員さんに人数と時間を告げます。

前回、予約に破れ2号店ベットラ・ビスで食事になりましたが、この日は、初回11時半で予約確保できました。

注文は、ランチCコース。2,980円で前菜、パスタ、メインです。

まず、自家製フォッカッチャ(パン)が来ます。
このフォカッチャは、ベットラ系お得意で、すごく美味しいです。

前菜。

穴子のグリル
前回、ベットラ・ビスで食べて気に入ったのでまた注文しました。
カリカリに焼かれた穴子が香ばしく美味しいです

サーモンのカルパッチョ
サーモンが新鮮でオリーブオイルと絡んで良いです。

パスタ。

ラザニア
初挑戦のラザニア。意外とさっぱりですがボリュームがあります。用意されるチーズをがんがんかけた方が美味しいです。

エビ・イカ・ホタテのスパゲティ
エビ・イカ・ホタテがすり身で入った、ちょっとスープ系のスパゲティ。もう少し濃い味の方が好みですね。白くごろごろしてるのがすり身になっているモノです。

メイン。

ホタテのグリル
右がホタテに生ハムが乗せてあります。右はトマトソースに絡まったホタテです。どちらも美味しいのですが、トマトソースのホタテは絶品です。

クイーンポークのカツレツ
カツレツは薄く仕上げてあり、何も付けずとも味がしっかり付いてなかなか良かったです。

ベットラのランチは、コーヒー・デザートはランチとは別です。
お茶は別のところでする予定だったので、これで終了。

食べてみて感じたのですが、ランチは、ベットラ・ダ・オチアイよりも、2号店のベットラ・ビスの料理の方が比べると美味しい感じがします。
次に食べに来たときは、ベットラ・ビスの方で食べるのを優先すると思います。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)139

もっと見る

10位

亀喜寿司 (本塩釜、西塩釜 / 寿司、魚介料理・海鮮料理)

5回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥5,000~¥5,999

2019/06訪問 2019/09/23

仙台に行くと外せない塩竈のお寿司屋

仙台に行くと外せない塩竈のお寿司屋「亀喜寿司」です。
ランチに予約をしていってきました。

注文したのは、
親方おまかせにぎりコース 5,200円
です。

今回は角席で、大将に握ってもらえました。

ほしがれい
かいひも
あかがい
じゅくせいとろ
あまえび
とろいわし
むらさきうに
あつやきたまご
にあなご
はつがつお
ほっきがい、かいひ
まあじ
ほっきがい
めばちまぐろちゅうとろ
しゃも めす
いくら
とろたく
酒粕のムース

特に美味しかったのは、熟成トロ、トロイワシ、トロタクです。
熟成トロの口に入れたときのとろける感がいいです。
トロイワシも、鮪のトロのようにとろけ、イワシの味わいがいいです。
お寿司の〆に出てくる巻物、トロタク。ネギトロとたくわんの刻みを巻物の具にしたもの。
ネギトロの脂の味わいと、トロのとろけるた食感とたくわんのコリコリした食感、海苔の風味があわさり美味しいです。
塩釜のお気に入りのお寿司屋さん、いつも予約して行くのですが、1週間前に予約の電話をしてみると満席とのこと。
しかたなく飛び込みで行ってみると、14時過ぎだったのですが、3組待ち、予約のお客さんは、七五三の家族連れでかなり混み合っていました。
カウンターの席には10分ほどで案内されたのですが、お寿司が出てくるまで1時間位かかってしました。

注文したのは、いつも頼む、
親方おまかせにぎりコース 5,200円
です。

親方おまかせにぎりコース

コースは、2皿のセットになります。

一皿目
穴子
甘エビ
いわし
メバチマグロ
ウニ
玉子焼き
甘エビのアタマ
大トロ
マツガワカレイ
ホッキ貝

メバチマグロがトロッとして美味しいです。

二皿目
イクラ
赤貝
アジ
トロ
たくわんの裏巻き

味のさっぱり感が良いです。
たくわんの裏巻きがコリコリッとした食感でいつも美味しいです。


お墓参りに仙台に。
11時半過ぎに仙台駅に到着し、レンタカーを借り、寺でお墓参り。
そのまま、塩釜へ。
1時半の予約の時間に行くと、この日は空いており、カウンター席の端っこに座れました。
このカウンターの端っこの席は、親方に一貫ずつ握って貰える憧れの席です。
注文したのは、
親方のおまかせにぎりコース 5,400円
です。

コースの内容は、次の通り。
沖カレイ
赤貝
トロイワシ
海老
ホタン海老頭
ホタン海老身
お吸い物
ウニ(北海道産)
玉子焼き
アナゴ白焼き
しらこ
ほっき貝
真アジ
メバチマグロ
ズワイガニ
イクラ
トロタク裏巻き
酒粕ムース

どれも美味しかったのですが、特に印象的だったのは、まず、赤貝。
コリコリとした食感に甘さを感じるその味わい。絶品です。

次にトロイワシ。
見た目は鮪ですが、鰯なんです。
一週間熟成させたという鰯は鮪のトロに負けないほどのうま味と、口の中でとろける食感が美味しいです。

しらこは、塩釜産。
取れたてである証拠に、その張りととろけ具合がかなりすごいです。
甘く濃厚な味わいが口の中で幸せです。

メバチマグロも塩釜産。
これも、一週間熟成させたもので食べて見ると、赤身なのにまるで大トロ。
じわーっと、口の中でとろける感覚と、強めの味わいが何とも美味しいです。

最後に大好きな、トロタク裏巻き。
コリコリした食感にネギトロの味わい、のりの豊かな風味で美味しいです。

食べ終わってからも、他のお客さんがあまり居なかったことから、親方としばし談笑。

ごちそうさまでした。


塩釜のお気に入りのお寿司屋さん「亀喜寿司」に行ってきました。
行ったのは、日曜日の13時半頃。一応、事前にカウンター席を予約しておきましたが、テーブル席ならかなり余裕がある感じでした。

注文したのは、
親方おまかせにぎりコース 5,200円
です。

親方おまかせにぎりコースは、にぎりが13貫とその他が、二皿で提供されます。
内容は地物の季節の魚介類が食べられます。

一皿目

一皿目は、
穴子
甘エビ
イワシ
赤身
ウニ
玉子焼き
海老の頭
大トロ
マコガレイ

シャコ
です。

特に美味しいのは、まず、大トロ。
口に入れると、ホントにとろりと、とろけていき、その脂のうまさが口の中に広がります。
マコガレイは白身でさっぱりしていて美味しいです。
圧巻が、ウニ。普通のお寿司屋さんでは、ウニは軍艦で出されますが、ココは海苔では巻いていません。
シャリにそのままのっているため、ウニの甘さとほのかな塩気をしっかり感じられます。
口の中で、ウニとシャリが混然一体ととろける感じが良いです。


二皿目

二皿目は、
イクラ
閖上産赤貝
アジ
メバチマグロ
裏巻き
です。

まず、イクラはプチプチで新鮮です。
閖上産赤貝はよく食べますが、こりこりしてうま味が凝縮した感じで美味しいです。
メバチマグロはトロの部分のようですが、かなりしっかりとろけます。
脂の感じは強くありませんがさっぱり美味しいです。
で、気に入っているのは、裏巻き。
裏巻きは、トロタクで、ネギトロとたくわん、シソが具で巻かれています。
このネギトロのコク、シソでさわやかさと、たくわんでコリコリした食感で美味しいです。

お吸い物

お吸い物は普通です。

デザート

デザートは、大吟醸の上澄みのムースです。
大吟醸を仕込んだ時の上澄みで作るムースですが、アルコール分は飛ばしているので酔いませんが、香りはお酒のままでかなり強く感じるため酔いそうですw
ふわっと柔らかなムースで美味しいです。

カウンター席で、自分の寿司が握られているのを見ながら待つのは
仙台一泊後の翌日ランチは塩釜のお寿司というのが定番です。
その塩釜で、いつも行くのが、亀喜寿司です。
今回も事前に予約をしてカウンター席を確保しておきました。

時間のお昼12時に行くと、この日も満席でした。
さらに、団体客も来るとのことで、板さんたちは殺気立っていました。

カウンターに座り、注文したのは、
親方おまかせにぎりコース (お一人様) 5,250円
です。

コースは、握り二皿とお吸い物、デザートになります。

一皿目、
めぬけ
アカガイ ゆりあげ
サンマ
白子
甘エビ
生ウニ
イクラ
中トロ
穴子
海老の頭
タマゴ焼き(カニ入り)
です。

めぬけは、メバルで塩釜産の塩がのっておりそのまま食べます。
コリコリした食感がいいです。

赤貝は有名な閖上産です。これもこりこりで味が濃いですが、夏に食べた赤貝の方がおいしかったです。

さんまはとろっとろ。臭みはありません。

白子は口の中に入れて、ぷちっとはじけた後、とろりととろけます。
濃厚な味わいが口の中に広がり、海苔の香ばしさとともに食べられます。

甘エビはあまあまw

生ウニのにぎりは、海苔が無く軍艦にはなっていません。
そのため、食べるとウニの甘さとシャリの旨みがあわさりとろとろで美味しいです。

中トロは思いの外さっぱりしていました。

イクラは普通w

穴子は繊維感を感じ、口の中でもそもそ味わいが広がる感じです。
甘辛のタレも良いです。

海老の頭とカニ入り卵焼きも定番で美味しいです。

二皿目は、
アジ
ホッケガイ
カニ
メバチマグロ 大トロ
トロタク
です。

アジはさっぱりで生姜との組み合わせが良いです。

ホッケガイはコリコリで、アジがしっかりしています。

カニは普通w

メバチマグロの大トロは、口に入れると、脂がじわーっと口の中に広がり、とろーっと身がとろけていくのがわかります。旨いです。

トロタクは、ネギトロの裏巻き。
具は、ネギトロの他に、シソとたくわんが入っています。
このシソでさわやかさと、たくわんでコリコリした食感、ネギトロの脂の味わいで美味しいです。
このトロタクがお気に入りです。

デザートは、大吟醸の上澄みのムースです。
さっぱりして、日本酒の香りで美味しいです。

仙台に着たときには、またここのお寿司を食べに来ることでしょう。

------

「亀喜寿司」は、塩竃で人気のお寿司屋さんです。
予約してカウンター席でランチを食べました。
カウンターだけでなく、テーブル席や座敷席もあり、ファミリーでも気軽に行ける雰囲気です。

お店に入り、板前さんの前のカウンター席に座ると、ネタケースの海産物が見えテンションが上がります。

注文したのは、
親方おまかせにぎりコース 5,250円
です。

コースは、5,200円、7,200円、10,200円の3種類あります。
5,200円のコースは、握り9貫と、握り4貫、巻物、お吸い物、デザートになるとのこと。
目の前で親方が、お寿司を握り始め、出来上がってくるのが見えるのが楽しいです。

まず握り9貫の皿は
大トロ
マコガレイ
赤貝
うに
海老の頭
ぼたん海老
アナゴ
いわし
かつお
イクラ
玉子焼き
です。

大トロは脂たっぷりで口の中でその味わいが広がります。

地元の塩釜の海で取れたマコガレイはきれいな白身。
食べてみると、コリコリっとしていながら、口の中で溶けていく感じ。
塩で締めてあるうまみと、噛むごとにでる甘みが何とも美味しいです。

赤貝は大き目。食べてみると今まで食べた中では一番のコリコリ感。
赤貝がこんなにおいしいって思ったのは初めてでした。

うには、軍艦ではありません。
そのためか、口の中に入れると、うにがとろけて広がっていきます。
シャリもふわふわなため、一緒に解ける感じです。
うにの塩分が絶妙で臭みが全くなくすげー美味しかったです。

ぼたん海老は、とろりとして、噛むと甘みがいいです。

アナゴはほくほくして食べ応えがあります。
タレが濃厚で、深い味わいで美味しいです。

イワシは、新鮮でつるっとした食感とその味わいがより強い感じです。

カツオは、身が締まり濃い味わい。よくある血を感じることはありません。

いくらは軍艦でした。プチプチした感じが新鮮さを感じました。

玉子焼きにはネギが入っていて柔らかい食感とネギの苦味が良かったです。

二皿目は、握り4貫と巻物。
本まぐろは、さっぱりしたマグロの味わいがしっかりしています。
柔らかいですが歯ごたえもあり美味しいです。

アジは、青臭さはなく、ほんとにさっぱり。
噛む度にうまみを感じられます。

ホッケ貝は大きく薄いですが、こりこりっとしていいです。

シャコは、カニの味わいを感じました。
ほくほくした身が独特で何ともいいです。

巻物はネギトロ巻きが裏巻きで出てきます。
具は、ネギトロ、シソ、タクワンです。
食べてみると、ネギトロのまったり感、シソの味、タクワンのこりこりと塩気が渾然一体となり美味しいです。


お任せコースはかなり量があり満腹になりました。
より高いのは、ネタが違うのかなぁ。
これ以上多くなると厳しいので次回は相談して決めたいと思いました。

大将も気軽に話しかけてくれ、ネタの説明などいろいろお話しできて楽しかったです。
亀喜寿司に行ったら、是非カウンターで食べて貰いたいです。

--------------
仙台に行くと良く寄るのが、塩釜です。
塩釜には、塩釜水産物仲卸市場があり市場の仲卸から新鮮な魚介類を買うことが出来るのです。

この新鮮な魚介類を使う、お寿司さんが多いのが塩釜です。

今回、塩釜のランチで選んだお寿司屋さんは、「亀喜寿司」です。
事前に予約しておきました。

店に着き、通された席はカウンター席です。
目の前で板さんがお寿司を握っていて見ていて楽しい席でした。

注文したのは、
季節の握り盛り合せ 3,200円
すり身入り玉子焼き
です。

盛り合わせは、季節のオススメの入った9貫のにぎりと海老・玉子焼きです。

にぎりは、
穴子
甘エビ
サンマ
ウニ
白子
中トロ
カレイ
赤貝
カニ
です。

サンマと白子が季節のオススメでした。
この白子が特に美味しく、口の中に入れると、ぷちっと割れとろけます。
ほのかな甘さが口に広がり濃厚で。

また、穴子が大きく口に入れると柔らかさを感じ、タレと焼きの香ばしさがよくわかり美味しいです。

ウニも新鮮で臭みが無く良いウニでした。

中トロはカジキマグロでしたが、脂がのり、とろけてとても良かったです。

握りとは別に、エビ頭と卵焼きが付いています。
エビの頭は割って中身が食べられます。苦みも少なく違和感なく食べられます。
卵焼きは普通に良いです。

別に注文したのが、すり身入り玉子焼きです。
魚のすり身入りの玉子焼きで、シフォンケーキのようなふわふわ感です。
まさにスイーツのようです。

今回は握りの盛り合わせにしたのですが、隣で食べられていた、「おまかせコース」の方が手が込んでいて、美味しそうな食材が出てきていたのでうらやましかったです。

次回は、おまかせコースにしますw

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)63

もっと見る

ページの先頭へ