浜の布袋さんが投稿したカフェ・ド・ランブル(東京/新橋)の口コミ詳細

浜の布袋の食べある記

メッセージを送る

浜の布袋 (40代後半・男性・神奈川県) 認証済

この口コミは、浜の布袋さんの主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。 また、この口コミは、訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

カフェ・ド・ランブルコーヒー専門店、喫茶店/新橋、銀座、東銀座

1

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2015/06訪問

  • lunch:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    使った金額(1人)
    ~¥999

Lightning strike

正直なところ、レビューなどできないくらいの衝撃的出会いというか・・・
青天の霹靂というくらいの不意打ちというか・・・
頭のてっぺんから稲妻に突き抜けられた衝撃というか・・・

なかなかいい表現が見つからないけど
そんな感じ。イメージでも伝わればいいのだけど。

場所は銀7と銀8の間でメイン通りより一本東寄り(築地寄り)の細い道。
訪れた日は土曜日(16時)だったのでこの通りは閑散としています。

そんな通りにオレンジの看板で「ランブル」。

前回、虎ノ門の草枕にお邪魔したときに読んだ
嶋中労・コーヒーに憑かれた男たち
という本の中で出てきたお店。

日本の自家焙煎は
南千住のバッハ(1968年) 田口護氏
銀座のランブル(1948年) 関口一郎氏
吉祥寺の「もか」(閉店)(1962年) 標交紀氏
の三氏が独自の自家焙煎技術、抽出技術を構築されたのが礎になっているとのことだった。

そんな事情は知らずに既にバッハさんは訪れているので、今回はランブルさんへ行ってみたわけです。

店の前には、知ってか知らずかカップルやら熟年夫婦の方々が出たり入ったり。
週末ということもあってツーリストかドライブがてら・・・といった人が多い日のようだ。

外観をみる限りは珈琲色した普通の喫茶店なのだが・・・
ドアを開けて一歩店の中に足を踏み入れると・・・
すごい重厚な・・・そして大人な空間がそこに広がっている。
気軽にお茶を・・・確かにそれでいいんだけども
そこにも ずしりと経年の重みを肌身で感じさせる空間

店に入ると手前は小さい円卓で、常連さんらしき方々が談笑している。

私は一人だったから奥のカウンターへ通された。
前にはマスター。しばらくメニューは出てこないが、一見だとわかると感じるとメニューがさっとでてくる。

常連さんや珈琲に詳しい人なら、このお店でいちいちメニューみませんものね。
そういう人が多いんだろうな。

私はこの店の前に喫茶店でランチを取っていたので珈琲が結構お腹にたまっていた。
だから・・・石田三成の三杯の茶の法則・・・に基づいて、ここは濃いものをじっくりと味わいたい・・・
あれしかない。

屋号を冠したメニュー ランブレッソ(シングル) 770円
関口氏が考案したという低温抽出。難易度の高い抽出方法だ。

オーダーすると、よく覚えていないが、冷たくて量が少ない珈琲ですけど大丈夫ですか?
と念を押される。普通のカップをイメージして出てきてなんじゃこりゃ?!という人もいるんだろう・・・

もちろん望むところなんで、大丈夫ですと返しました。

すると、これは冷蔵庫からサクッと出てきます。
エスプレッソよりも小さいオチョコみたいな小さいカップ。
冷たい珈琲に取っ手はいらない。このお店のこだわり。

まずはカップを楽しむ・・・
よくわからないけど、なんという渋さであり美しさだろう。
この青・・・時の流れを過ごさなければ出ないであろう独特の色合い
なんか見とれてしまう。
カップも内側に細かいヒビと、そこに入った珈琲色のライン。
萩焼と同じだ・・・
使い込むほどに味が出てくるというやつだ・・・

名前も何もしらないが、この何気ないカップにまで脳天をぶち抜かれてしまう。

珈琲は冷たく濃厚でコクもある。舌触り的には、赤ワインを濃くしたやつ・・・というのが近いのか。

これをウィスキーのストレートのようにチビチビと頂きながら、
目の前でマスターが珈琲を入れている。
その手捌きの鮮やかさ。これはもはや芸術だ。
本人は大したことない感じでサクサクやってのけるが、
その動きが見ていて美しい。

ネルドリップで一度銅皿に入れている・・・
バオバブさんのレビューにあった通りだ・・・

まあ今回ランブレッソの私には関係ないことだけど、
他のお客さんとのやり取りを見ていて・・・なーるほどと。

これぞ銀座といういいお店の雰囲気を味わって サクッと店を後にした。

この店は何度でも来たくなる店だ。
銀座に来たら必ず立ち寄りたい。

私のオススメレストラン 第三位に編入

2015/06/11 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

ページの先頭へ