浜の布袋さんのマイ★ベストレストラン 2014

浜の布袋の食べある記

メッセージを送る

浜の布袋 (40代後半・男性・神奈川県) 認証済

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

コメント

まず何より、食べログで(ネット)出会って今まで知ることすらなかったような美味しいお店、雰囲気のあるお店を訪れることができたのは、何よりも宝物だと思います。レビュアーの皆様本当にありがとうございました。

私事でいえば、本年は通年で食べログに参加した初の年で、ベストレストランも去年は控えていたこともあって初体験となりました。違うジャンルのお店を順番に並べるのは少々難儀ではありますが、あーでもないこーでもないとやってみました。なのでポイントと順位が必ずしも一致していません。

ただ、今年一番と狙い撃ちしているお店は25日以降に訪問予定なのです・・・・それは来年のカテゴリーといたしましょうかね。 これが公開されるころは年末。みなさまよいお年を。

※ベストレストランはジャンル横断なので、ポイントランキングと順位は一致してません。

マイ★ベストレストラン

1位

とんかつ マンジェ (八尾 / とんかつ)

1回

  • 昼の点数: 5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥2,000~¥2,999

2014/05訪問 2014/05/17

これは・・・とんかつじゃない マンジェという食べ物だ そうとしか言いようがない

--このレビューは旅打ちですので日常利用のものとは異なります。--

久々に出ました オール5!!! 私は日経で読みましたが、テレビの露出も多いお店で関西では超有名店ですね。これはもう・・・・どえりゃあうみゃあ食いもんですたい。

・・・・書いた後に読み返すと興奮のあまり、説明的にすぎ乱文的です。。。あしからず。

■ロケーション
八尾の陽光園二丁目交差点付近にあります。駐車場は交差点とは逆方向に50Mくらい。コンビニ対面にある月極駐車場内に7台分あります。しかしながら、ほぼ満車で待機組までいるので、陽光園二丁目交差点の向こう側にタイムズJR八尾駅前第2があります。一時間200円なので、私はそちらに止めました。

■外観
マンジェのロゴからして和風の「とんかつ屋」イメージとはほど遠く、どちらかというと町の「洋食屋」さんです。オーナーシェフはフランス料理出身?らしく、その雰囲気が店先からして出ています。マンジェっていう屋号がそもそもフランス語ですしね。

■料理
恐らくメニューだけ見ると、ブランド豚使ってるからたっかいトンカツやん!! って感じちゃうと思うのですが、こちらのトンカツは、トンカツというより鉄板焼ステーキをイメージした方が近いんです。豚でミディアムレア級を出しているので、安い豚では衛生上まずできない。そのため、衛生管理をみっちりやった豚を使わなければならないということで安くならないのだと思います。
ただ・・・食べたら分かりますが、質を考えたら高くないから。安いくらいです。

で私が訪れたときはTOKYO-Xなどのブランド豚はなく・・・(そもそもそんなに数がない)・・・普通のロースカツ定食とあいなりましたが、こちらのトンカツは、そこから40-60-80-100-150-180匁の量をチョイスしてオーダーします。多ければ多いほど旨い部分(脂と赤みの境目)が多くなるのですけど、食べれるのには限界がありますしね・・・私は80匁(2100円)+定食セット(490円)としました。

まず出てきて目を引くのは・・・盛り付けです。肉の切断面を表にして盛られています。ほんのりと赤くてチョイレアという感じです。この切断面の部分に、塩・たれ・ソースなどをつけていただくのですが、肉がとても美味しいためソースはやめました。ほとんど塩(1キロ3万と噂されている)で頂きました。塩と脂身があいまって あまーく舌の上にとろけます。また食感的には肉のクロワッサンでも食べているかのような肉の繊維を感じることもできました。こんな食感は初めてです。

ただ80匁もありますと、さすがに塩だけでは舌が飽きてきますので、たまに自家製たれで頂きます。この自家製タレとはリンゴと玉葱で作っているらしく、独特の味で食欲をそそるものでした。

いやはや これは恐らくここでしか食べれないもので トンカツであってトンカツではない別の食べ物ですね。

東京・蒲田でもトンカツ戦争が凄まじいですが、蒲田とはまた別のトンカツカテゴリです。

■店内雰囲気など
他の方の写真などを見ていただけると分かりますが、店内は鉄板焼カウンター(10席強程度)を思わせるつくりです。厨房と対面の壁は大鏡になっていて、一見カウンターが二本ある広いお店と見間違えます。
そして、その厨房からは肉を叩く音が時折聞こえてきて、それがまた想像を膨らまされて食欲が増進します。

また、この超のつく多忙の中、厨房のマスターやシェフの方々はみなさんとっても穏やかに接客までされていて・・・凄いなと思いました。マスターもいい人ですけど、どことなく尾美としのり似のシェフも格好よかったなぁ。

私も仕事をする上でお二人を見習わないと。

お料理が美味しいだけでなくて、心地よい時も過ごせました。 本当にありがとうございました。

PS 待ち時間は1時間30分程度でした。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)

    7

もっと見る

2位

オ・プティ・マタン (金沢文庫 / ケーキ、カフェ)

1回

  • 昼の点数: 4.8

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2014/09訪問 2015/11/04

驚きのモンブラン

リピート記録
2015.11.-3 モンブランセット(800円)を頂く。モンブランセットとは、モンブランとドリンク(加賀棒茶or宇治産抹茶)を頂くというもの。
私、去年の来訪以来、さまざまな「栗」や「モンブラン」を彷徨いましたが、やっぱりこちらは凄いのですわ。
これはパティシエさまの技術と感性の賜物なのでしょう。ただ素材がよいだけではダメだということですね。
生クリームと栗とのバランス・・・サクサクのメレンゲ・・・時間を置いてしまうとメレンゲは台無しになるというもの・・・
これは本当に秀逸なのですねと・・・今更にして分かりました。
つきましては 総合ポイントを4.5→4.8へ変更し 調理・味ポイントも4.5→4.8へ変更させていただきます。
また来年の秋にお邪魔します。  って多分他のケーキも美味しいなこれは。

********** 以下初回訪問(2014.-9)レビュー **********

私はケーキはあんまり好きではないけれど、モンブランだけには目がない。
ということでここは相当前からBMしていました。なんせ旬の栗を使うものだから年中あるという代物ではない。今年では9月13日以降と書いてあったので、競馬のゲート内競走馬の如く時を待っていたのであります。

そしてやっと来た来た やっと来た。

まず場所ですが・・・これがまた凄い所にありましてレイディアントシティ横浜カルティエというマンション群の中にあります。私は車で行ってしまったので電車でのアクセスがはっきりしませんが、横浜市大の裏手になるようです。
何が凄いか・・・ここはギリシャか?と疑いたくなります(笑)
で問題は駐車場。改めてコインパーキングというものはなく住民の駐車場の中に来客用パーキングというのがあって、そこが100円/時で止められます。しかし道路に来客用なんていう表示はないので相当あせりました。

お店の外観は巨大マンションの一階テナントのケーキ屋さん。季節によってはテラス席もあるようですが今年(2014)の9月は肌寒くテラスはありませんでした。

店内に入るとケーキのショーウィンドウがありいろいろとケーキが並んでいるのですが、そんな中でモンブラン様が鎮座しておられます。(写真参照)

見ると・・・
注文を頂いてからお作りします。メレンゲが湿ってしまいますので二時間以内にお召し上がりください との事。
価格は 1個550円 12cm 3,200円 15cm 4,200円 18cm 5,200円 21cm 6,800円 とのことです。
アレルギー物質は乳・卵黄

と書いてあります。

オーダーしてから作るといっても、そんなに待たされる感じは無くて普通の喫茶店くらいの時間で出てきます。

でお味ですが・・・・
いーーーや 栗 栗 栗 ですね
一般に食べられているものとは明らかに違います。
栗の風味がぎっちり詰まっています。それにマロンが沢山。
中にはクリーム。土台がメレンゲです。

上手く伝えられないのがもどかしいですが・・・金沢区まで来るだけの価値はございました。
ありがとうございます。

ああ 珈琲は380円でした。

  • 2014年 モンブランなのだ
  • 2014年
  • 2014年 中はこんな感じ ちょっと切り方がキチャナイね・・
  • 2014年 珈琲

    10

もっと見る

3位

ストリームヴァレー (北柏、柏 / コーヒー専門店、カフェ、カレーライス)

1回

  • 夜の点数: 5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 -

2014/01訪問 2014/01/19

マジックアワーに行って欲しい

千葉の柏に過ぎたるものが二つある。カレーのボンベイにカフェのストリームヴァレー。

こちらのお店は日没から暗闇にある中間の時間帯 マジックアワー に行って欲しいと思うカフェです。外から(柏ふるさと公園から)見る外観。窓の中に灯る暖色照明。竹やぶに囲まれたちょっと不気味な雰囲気とあいまって、素晴らしく雰囲気があるのです。どことなくオペラ座の怪人を髣髴とさせる趣です。

■ロケーション
柏ふるさと公園駐車場の対面です。駅エリアではないので車アクセスしかないかな。場所もわかりにくいのでナビを駆使してとなります。

■外観
先に書いちゃいましたが、独特の雰囲気をかもし出しています。ウェブを読んでいると、もともとマスターが勤めていた店が閉店された際にこの土地の所有者である竹やぶ柏本店さんに、ここでよかったらどうぞ・・・というような感じで始まったようですね。
それがまた・・・いい雰囲気を出してるんですわ。

■料理
珈琲は様々な種類があり、あまり詳しくない私はコメントに困るのですが、どれもスペシャリティコーヒーですのでオーダーしてから出てくるまでの時間、値段などはそこそこ覚悟しなくてはいけません。質が価格を上回っているのは私的には問答無用でした。

私のセレクトしたのは深煎りマンデリンコーヒー(720円)と自家製スコンです。
濃厚な苦味が特徴のこの珈琲。喉から鼻に香る香り。心落ち着きますね。雑味のない苦味というのはこういうことなのですね。この香りは店を後にしても鼻が覚えています。

■店内雰囲気など
店内の雰囲気も照明、椅子、テーブルなどなかなか味があるのですが、夜の大人な空間を楽しむ店内で、さすがに写真パシャパシャ撮れませんので・・・画像では伝えられません。。
窓から外を眺めているとカウンターからマスターの話し声が聞こえてくるのですが、ずーーーーっと珈琲の話ばっかりです。本当に珈琲大好きなんだと感じますね。こういう声というのは聞こえてきても心地よいです。
去り際にレジで挨拶などされるのですが、とてもシャイなのでしょう。あまり視線を合わせる感じではありません。だけどそれがまたよかったですね。そういうのはマダムの方がお得意そうです。

私なりにマスターの感じを例えるなら・・・「清く気だるく美しく」でおなじみの落語家・柳家喜多八さんです。

  • マジックアワーの外観
  • マンデリンとスコン
  • (説明なし)
  • (説明なし)

もっと見る

4位

五風十雨 (太田 / フレンチ、創作料理)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999 -

2014/08訪問 2014/08/23

落ち着いて頂けるフレンチ

今回訪問したのは香川・高松の五風十雨さん。mioppe25さんのレビューを拝見してずっと前からBMしていたお店です。

夏休みに合わせて訪問しようと、事前に電話予約をさせて頂きましたが、その丁寧さに期待は膨らみました。
電話を掛けたタイミングとして、恐らくはお忙しかったと思うのですが、ゆっくりと説明して頂き、そのトーンも含めて
とても印象がよかったです。

食材の調達の関係上、少なくても前日までにはどのコースをセレクトするかをお店にお伝えくださいということ
そして苦手な食材があるかということ
最後に、何かのイベントなのかということ
などをお話して電話を置きました。

そして訪問当日。
場所は高松中央インターから県道43号をひたすら西植田方面へ。途中、サンメッセや平和公園をやり過ごした先にありますが、店の手前の小川を渡る前にかなりマニアックな川沿いの路地を入っていくことになります。
お店ももともと民家ですから、ナビでもなければ分からないですねぇ。ここに来る人は狙い撃ち以外には絶対気づかないでしょう。 笑

18時からの予約でしたが、着いたのは15分ほど前。
オープンと同時の予約だったのでしばし駐車場で待機・・・
とは言え、外観的にもかなり見ごたえがある 「お宅」 なので観光旅行のように
拝見させていただきました。
後で聞いたところによると190年の歴史を持つ建物のようですし
広さからしてかつては庄屋さんか何かの名家か?と思わせる佇まいです。

そんな見物をしていると、入って構わないということでお庭を歩いてお食事場所へ。
食事場所は米蔵をリニューアルした建物でアンティークな雰囲気が漂います。
照明は暗めで、窓際に案内された私達は、まだ明るい窓からの明かりに浮かぶテーブルセットで
食事を楽しませていただくことになります。その雰囲気もなかなかいいです。
椅子などもアンティークを集められたようで味のあるものを使っておられます。
あえて言えば、リニューアルされたため、その部分だけがどうしても真新しく浮いてしまう点でしょうか。
この辺りは、浮かなくなるまでシェフに頑張っていただくしかありません(笑)

で肝心なお料理のお話となる訳ですが、
まず飲み物。私は車でしたのでノンアルコールとなる訳です。
普通ならありきたりなソフトドリンクを割高な価格で飲むか
ノンアルコールビールと称する生ぬるさを感じる・・・飲まないほうがいいようなものを飲むという
憂き目に会うのですが・・・・だ。

こちらにはネーブルオレンジ(630円)という驚異的な飲み物があるので逆にラッキーくらいなもんです。
写真に上げましたが、三層に分かれた飲み物で、かき混ぜずに上から順にいただきます。
これがノンアルコールでありながらカクテルを飲んでいるに近い飲み心地です。
これはなかなか印象的でした。

また、シャンパンはないということで白ワインに炭酸を入れたシャンパン風白ワイン(630円)というものもありました。
私は飲めませんでしたが(T_T)

一品目アミューズ
とうもろこしのスープとアジを使ったラタトゥーユを春巻状に揚げたもの。そしてラスクに塩。
トウモロコシのスープは冷えていて上品なお味。
春巻はなかなか食べさせてくれますねぇ~という感じでうなりました。
日ごろ食べているアジもこうなると美味ですねぇ。
また、何気に気になったのは塩。どこの塩なんでしょうね。美味しかったです。

二品目オードブル
豚肉やタコ・マグロを使ったオードブル。あいかわらず瀬戸内のタコは絶品です。
お皿もよく冷えていてとっても美味しいオードブルでした。
というか潮に揉まれた瀬戸内の魚はもともと絶品です はい。

三品目魚介
ホタテと海老。クリームソースとホタテの食感はなかなかのものでした。
ただこの組み合わせは、ある程度限界というのもあるかも・・・です。

四品目。[魚介]
スズキとトマトのフォンデュ。夏の魚ということでスズキ。
この時期のスズキはクセも少なくて美味しく食べられます。
ちょっと内容を忘れてしまいましたが、ソースとの相性が抜群でした。

五品目。[肉 メイン]
小鴨とフォアグラ。こちら・・・旨そうで写真を取り忘れて食べてしまい、、、
写真としてはトリミングで変な画角になってしまいました。
どちらも想像に違わない美味しいお料理でした。
ただ、この組み合わせもパンチはありますが旨さの限界値というのは
あるかなという印象です。
って贅沢な感想言ってますね 私は。

六品目。[デザート1]
マンゴーを使ったデザート。一連の食事の後に落ち着きを感じるデザートですね。

七品目。[デザート2]
パティシエさん こりゃーウマイ。絶品です。
こちらも旨そうで写真が後になってしまったパターンです。
レモンのムースとマスカット・・・この清涼感は素晴らしい。
食事の最後の締めくくりとともに、夏の空気に涼しさすら感じさせる。

以上です。ご馳走様でした。

ちなみにメニューというものが改めて無いのでご参考までに
こちらのコースは6500円
生ビールは650円
グラスワインは700円
ネーブルオレンジは630円
シャンパン風白ワインは630円
という感じでした。ご参考になさってください。


PS.
今回は素晴らしい食事ができたので、
いつものレビュースタイルの箇条書きをやめました。

  • トップ写真になるのでとりあえず料理から。
  • 順次訪問時の景色順に
  • (説明なし)
  • (説明なし)

    16

もっと見る

5位

シットロト (室戸市その他 / カフェ、紅茶専門店、カレーライス)

1回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2014/05訪問 2014/05/14

室戸岬で逸品カリーに出会う。こりゃすげぇぞ。

--このレビューは旅打ちですので、日常利用とは異なります。--
はじめに言っておきますが・・・なんでこんな名店が室戸に・・・・と思わせる超絶うまいカリー店です。東京のど真ん中に来ても勝負できると私は思う。

■ロケーション
室戸岬のほぼ先端。お遍路的には金剛頂寺へ向かうブルーラインのの入り口付近(少し安芸寄り)です。国道55号を隔てて土佐湾を見るロケーションは抜群です。駐車場は店横に五台分程度。

■外観
ロードサイドに建つちょっとした一軒屋。あんまり目立たないので気をつけないと通過しちゃいます。私が行ったときは雨でしたけど、夏の晴れた日とか、めっちゃ良さそう。

■料理
紅茶とカレーがウリのお店と聞き、ランチで立ち寄りました。健康を気遣う私?は地元室戸産の野菜でつくる室戸ジオカリー(1000円)、相方は阿波尾鶏の辛口カリー(1000円)をオーダー。両方ともサラダとスープ付きです。

まず配膳されて・・・・見た目が美しい。ジオカリーは野菜の様々な彩で華やかだ。豆の出し方もお洒落でひと手間感じさせます。また鶏カリーの方も深みのあるルーとライスのコントラスト、そして野菜の彩・・・いいですねぇ。食欲をそそりますわ。

お味もそれぞれの特徴がよく出ていてよかった。ジオカリーは表現的には「薬膳」っぽい感じで健康志向の野菜好きには満足を与えてくれます。また阿波尾鶏は鶏から出る濃厚なエキスが味に深みを与えていて、食漢にはたまらないものでしょう。

お店からの詳細な説明は写真でアップいたしましたので直接ご覧ください。

なんなんだ このお店は!!! 衝撃の味でございますよ!!!  

食後はアールグレイ(ベルガモットオイル使用)を頂きました。旨いんだけどカレーの刺激が舌を襲っている中では少々もったいなかったかも。オマケで飲む代物ではないですね。美味しいです。ちなみに食後だと-150円です。

■店内雰囲気など
店内は明るいウッド調。窓の外には土佐湾を臨み、人通りも多くないこの場所では、ゆっくりと時間が流れて生きます。いい場所さ・・・・だけどお遍路を試みる私は、そんなシットロトさんに後ろ髪を引かれつつ、そそくさと紅茶を飲み干し先を急いだのであります・・・・もったいなかったな。
先客さんの多くは地元の皆様で帰省などにあわせて利用されているようでした。かといって観光客が居難いとかまったくございませんので。

いやはや このカリーは旨いわ。でも、ここだからできるのかもね。都会で大人数裁きながら作れるものではないのかもね。

ごちそうさまでした。

シットロトさん 最高です

  • 阿波尾鶏の辛口カリー
  • 室戸ジオカリー
  • (説明なし)
  • (説明なし)

    7

もっと見る

6位

三たてそば 長畑庵 (明神 / そば)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2014/10訪問 2014/10/08

風味で食わせる長畑庵!

この日は友人と飲むべく鹿沼に向かいまして、その翌日に美味しい蕎麦店を紹介してくれるというので訪問となりました。三たてそばさんと行川庵と、どちらか選んでくれというのですが、違いが天麩羅があるか無いかしか言ってくれません(笑)
でも、特段蕎麦好きでもなくて地元ともなれば、そんなものかもしれません。なので、んなら滅多に来れないから両方行く!と私の独断によって蕎麦のハシゴとあいなりました・・・

なんか最近私は蕎麦のレビューばっかり書いている気がするな・・・・体の何割かは蕎麦になっている・・・ルチン漬けの体も悪くないか。

ちなみに「三たて」とは、挽き立て 打ちたて 茹でたて の三たてです。

■ロケーション
行川庵の近くにあります。両方のお店で共通なのが地元の蕎麦組合などの有志で運営されていること。そして近くのゴルフ場のお客さんが口コミで評判を広げていったこと・・・でしょうか。こう考えるとゴルフ場は地域経済に貢献しておりますね。当然駐車場はありますが、なにせ繁盛店なので普段は混みあうようです。私の時は台風でしたが、それでも待たなかっただけで満車でした。

■外観
周りは山、畑、たんぼ・・・その中に長板で「三たてそば長畑庵」の看板が目印。建屋は平屋。店の前の軒下には木製ベンチが。これは混んでいる時の待ち客用でしょうね。

■料理
こちらは天麩羅とかはなし。蕎麦の一本勝負。お酒はあります。
もり や かけ ざる などもありますが、皆さんがオーダーするのは○合打の方。しかしみなさんイメージが沸かないためボリュームが分からず難渋されています。店員さんも慣れた者で人数に合わせて決めてくれます。迷ったら相談してみてください。それも楽しみの一つです。

でお蕎麦の感想ですが、こちらの特徴は「風味」です。おまけに新そばが出る直前なのにもかかわらず・・・すんごい風味です。これはセンサーが敏感でない人でもわかりそうです。これは素晴らしいですね。これだけでも来てよかったです。
太さは細麺でネットで調べてみると七割のようです。つなぎのクセは感じませんでした。

普段は一時間待ちとかざらなようですが・・・・この風味を思うと待つ価値はあるでしょうね。滅多にお目にかかれる代物ではないと思います。連れてきてくれた友に感謝です。

■店内雰囲気など
店内はテーブルと座敷がありますが、メインはお座敷のようです。台風の日なのにもかかわらず九割方埋まっています。なんという人気でしょうか。

日光、鹿沼の近くにお越しの際は是非。


  • 四合打
  • (説明なし)
  • 薬味
  • (説明なし)

    6

もっと見る

7位

ハノイ (東白楽、東神奈川、仲木戸 / ベトナム料理、居酒屋、ダイニングバー)

1回

  • 昼の点数: 4.2

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 3.0
    • | 雰囲気 3.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2014/06訪問 2014/06/04

ランチのフォーは極上

あぢぃ・・・あぢぃよぉ まだ五月なのに あぢぃ・・・ あぢぃ・・・なんとかしてけろ
暑いなら暑い国の食い物 なおかつ 涼しげなもの・・・・ベトナム料理しかないな
ということで、こちらに伺った。

■ロケーション
国道一号線(横浜バイパス)の西神奈川交差点の近く。駐車場は店のあるブロックの裏側に少しありますが、このあたりは結構需要があるので満車になってることも少なくありません。徒歩だと東神奈川駅から10分かからない程度かな。

■外観
夏の時期だと街路樹が生い茂っていて、かつ外装が緑やウッドに包まれていて保護色状態でイマイチ分かり難い。HANOIの看板も茶色地に茶色文字なので分かり難い。凝ってるには凝っていて、分かってみればいい外装なんですけどね。

■料理
後で書きますが、選択の余地なくフォーしかありません。客の少ない土曜日だったからかな。
鶏のフォーとデザート(700円)でしたが・・・・・
このフォーが とんでもなく絶品でござったよ!!!!!
鶏スープの旨さは洒落になんないわ。鶏スープとしては今までのどの料理より優れていた。ぶったまげた鶏スープだ。他の方のレビューによると、朝シメなんですね。いやはや凄いわ。
麺も半透明な透明感があり、茹で加減も絶妙。最初はそのまま楽しみ、次にレモン汁で楽しみ、最後は唐辛子で楽しむ。汗をかきながらも、清清しい爽快感を感じる心地よさ。
最後の甘いデザートで心身ともに落ち着かせる・・・・最後に独特の風味のベトナム茶でごちそうさま。

これで700円・・・どうも値段が微妙に変わってそうですが、それにしてもコスパよいでしょう。

暑い日のフォー お勧めします。

■店内雰囲気など
ベトナム料理・・・何くおうかなぁ・・・生春巻きでも食うかなぁ・・・とドアを開ける。「し~ん・・・」いらっしゃいませの声もない。
しばらくして店員さんが出てくるが、「フォーしかありません」とチョットだけたどたどしい日本語。ベトナム人の店員さんなんだなと・・・対応も納得。ようするにベトナム特有の接客です。決してお客さんを蔑ろににしている訳ではなく、彼らなりの気遣いをしてくれているのですが、日本のスタンダートサービスとちょっと違うんですね。それでダメな人はいると思います。もちろん私は大好きですけど(笑)

店員さんはどうもマスターのようですね。どことなく雰囲気が大人計画の正名僕蔵さんをオネエキャラにした感じです。店内の雰囲気は料理屋というよりカウンターバー。ベトナム調度品なども綺麗に整って配置されています。凛とした清潔感があって好感度高いです。

先客さんは男も女もいますが概ねお一人様。サクっとフォーくって帰るというベトナム料理好きのかっこいい方々という感じです。満席にならない程度にひっきりなく客は来ます。

しかしまぁベトナムチックにやる気のなさは漂う(笑) 日曜日 やんないそうです。

  • 鶏のフォー
  • (説明なし)
  • (説明なし)

もっと見る

8位

うさぎのいる島 (東戸塚 / 居酒屋、ワインバー)

1回

  • 夜の点数: 4.7

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 5.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999 -

2015/12訪問 2015/12/16

東戸塚の至宝 酒屋の角打ち

リピート記録

2015.12.-9
来客の際の食事にこちらを利用させて頂きました。こちらのレビューを見てのお店指定の来客でしたゆえ(笑)
スペインビール アルハンブラ 1925 
エストレーリャ・ガリシア 1906 
とまあレアなものを冷蔵庫から持ってきました。
ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2009 アントワーヌ・シャトレ
こちらは主に女性陣で・・・
私はヤッホー・ブルーイング系をチビチビと。
ほんとこちらの品揃えは面白い!

アテはチリビーンズ、ポテサラ、砂肝、ゴーヤの炒め物で
どれもこれも美味くて安い。
2000円/人
************************************************
2015.-9.12
テーブル席は予約席につきカウンターで飲みました。いやぁ人気ありますねここは。知る人ぞ知る。
今回は腹は膨らんでいたので飲み中心ですが、
マルチョウ焼(850円) これ、コンロで焼くスタイルなんです。焼いたのが出てくると思いきや・・・・やりますなぁ。
チリビーンズ は相変わらず大量でバケット追加。
ソーセージ盛り合わせ(600円) はピクルスも入っていて盛りだくさん。
ビールでは、アルコール7%のコクとパンチのある インドの青鬼 これが美味かった・・・
なかなかレアな酒から、ナビスコのチップスターまで幅広く庶民的な飲み屋・・・
東戸塚の宝だ。 今回はボトル開けてしまって 3000円/人 飲みすぎた~
************************************************


以前から気になっていた東戸塚の外れにあるこのお店。感覚的には昔の酒屋さんに併設されてた立ち呑み所をテーブル付けて今風にしたような感じで以前から気になっておりました。ロケーション的には決して恵まれた場所ではないのにも関わらず、金曜日の夜などは満席でまず入れません。何度か残念な思いをしたのですが、今回やっと入ることができました。 凄いっすよ ここ

※満席の時もあり、代替店舗が近くにないので、念のため空席確認の電話をした方がいいかもしれません。

■ロケーション
東戸塚駅東口から来ますと右へ歩きましてセブンイレブンを通過して品濃町交差点をクロス対面に渡ります。そのまま道なりに歩きますと信号の交差点がありますので、そこを右折。トヨタカローラが見えますので、そこをそのまま直進しますと右手に赤いネオンのお店が出てきます。
ここへのアクセスは東戸塚にしては唯一の坂無しの平坦です。途中で坂になりましたら道を間違えておりますので品濃町交差点まで戻ってください。

もっと地元的に端的に言うと、品濃町交差点から国道一号の東戸塚駅入口交差点へ抜ける道の途中です。

■外観
居酒屋というより酒屋さんの外観ですね。店内も見えにくいので飲食店という感じはしません。あと自動販売機が沢山並んでおります。

■料理
まずシステムですが、店内に入ってすぐ右に冷蔵庫があります。そこから好きなドリンクを取り出して席に持て行って飲みます。ドリンクの会計は最後の空き瓶で精算という感じです。
食べ物は、カウンターに「つまみ料理」が並んでいますので、そこからオーダーすると後から店主が持ってきてくれる・・・という感じ。もつ鍋だとか、パスタ系はメニューブックがありますので、そこからチョイスします。
また、ワインが飲みたい場合は、地下へ降りる階段がありますので、そこから下へ降りていくとワインセラーがありますので、そこから選ぶ感じです。暗いですが、感知式で点灯します。

で品揃えですが、ドリンクは発泡酒の類はなかったと思います。目に付いたのは外国ビールの品揃えがなかなかレアだったのではないかなと思います。後は国内ビール、日本酒、ソフトドリンク。総じて価格は安く、居酒屋というより酒屋さんテイクアウト価格です。安すぎです。
ワインセラーは価格別に並べられていて、かなりの本数があり正直選ぶのに苦労しました(^-^;;。価格的には1000円から3000円の幅のラインナップです。お酒は日本酒にせよワインにせよボトルで残しても持ち帰り出来ます。

あと驚いたのがお料理です。驚異的です。酒屋さんでその場飲みするだけで、食べ物はオマケだろうとタカをくくっていたのですが、いやはや・・・かなりの本格派です。
ポテトサラダ(300円)はボリュームが凄まじく、かつニンニクを利かせているという粋っぷり。美味いですわ。またチリビーンズ(750円)もスパイスがキリリと効いていて深みもあり本格派。またボリュームもハンパなくバケットだけ追加しました。あと一品はゴーヤの炒め物(600円)にしましたが、これもボリュームがあり、かつ鰹出汁が効き、豆腐も美味しく・・・たぶん鶏出汁も入ってそうですが、これまた美味い。
まったくハズレがありません。これらはショーケースに入っているメニューなのですが、どうも都度調理して手を入れているようで、ケースはあくまでもサンプルのような気がします。

これだと他のメニューも良さそうですが、ボリュームがあるため大人数じゃないと数は食べられませんねぇ。嬉しい悲鳴です。

■店内雰囲気など
店内は4人テーブルが四つかな。それほど広くないのでマックスで入ったら結構きつきつです。テーブルはビニールクロスが敷かれていて、外食というより家庭の食卓っていう感じです。そこら辺はラフですが、それはそれでいいと感じます。
先客さんはグループからサラリーマンまで色々で、飲んでいる酒も本格的に飲んでいる人から、スナックおつまみだけで缶ビール一杯ひっかけて帰る人までいろいろです。
男性の店主さんは一見ごついですが(ごめんなさい) すごく気を回してくださるいい感じの方でした。これがまた私は気に入りました。

飲まなくてもお酒買って帰ることもできますので、一度立ち寄ってみたら如何でしょう。地元飲み的には凄まじくいい店です。

  • 訪問1回目
  • 訪問2回目
  • 訪問2回目 マルチョウ焼
  • 訪問2回目 ソーセージ盛り合わせ

    22

もっと見る

9位

アジアンちゃんぷるぅ・ムード東洋 (鹿沼 / ダイニングバー、バル・バール、東南アジア料理(その他))

1回

  • 夜の点数: 5.0

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 5.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999 -

2014/10訪問 2014/10/11

天下「逸品」の泡盛バー

--ポイントは、泡盛好きなら文句なしの5.0!--

こちらは、とにもかくにも「泡盛」が凄い。泡盛は製造先が零細が多いため、全国的に流通するものは限られていると聞いています。そんな中、こちらの銘柄揃いは凄いの一言。聞けば、マスターが沖縄、離島まで出向いて仕入れされているとのこと。当然、そこまでしないと入手できない銘柄多数。こんなお店は沖縄を除けば全国でも数えるほどしかないのではないか。極めて希少価値のある逸店と思います。当然ながらポイント5.0です。(ただし泡盛好きの条件付き)

■ロケーション
最寄り駅はJR・鹿沼駅(宇都宮から約15分)で徒歩15分。道路で言えば鹿沼街道。特に繁華街ということではなく、一般的な町並みに一軒佇むシーサーが守るお店です。そのため代行運転を利用されているお客さんが少なくないようです。これは栃木に限らず都市部を除けば一般的なところですかね。駐車場は広大で、通り越しの反対側や店の左隣のスペースを利用してよいみたいです。

■外観
遠めから見ると濃茶っぽい建物でMood Toyoの名を刻むビルの前。通りから見ればオレンジ色に漆喰の屋根に
入口の上にシーサーのある沖縄ムード満点な一軒家。ライティングが暗めで雰囲気があります。

■料理
こちらは、まずは何より「泡盛」です。テーブルに着いたあと、店の中央部にある冷蔵庫の前に行き、飲みたい銘柄を選びます。(多種を飲みたい場合はテイスティング料金、ロックなどで飲みたい場合はグラス料金)

この「ワインセラーで酒を選ぶ的なシステム」は実に楽しい訳でありまして、とっても大好きです。かつて洋楽CDを選ぶときもそうでしたけど、分からないものを選ぶには産地やラベルのウェートも大きいですからね。お値段は流通品から入手困難品までピンキリです。一般的なところだと「泡盛」としかオーダーできませんから、飲み比べなんてできない訳ですけど、泡盛でもここまで違うのかという楽しみが、こちらのお店にはあります。

銘柄選びに困ったら? 飲み方チョイスに困ったら? 冷蔵庫の前でマスターが相談に乗ってくれますし。

この泡盛の香り、私はあえて臭みと言いますが、これが実に芳醇でありまして、この臭みの濃淡とアルコール度数の違いなどによって実に多種多様な泡盛が味わえます。ちなみに、私が一番気に入ったのは「宮之鶴」でした。他には「与那国」「菊之露」「やんばるくいな」など。

他には、これも珍しい「オリオンビールの生」。オリオンビール。ウマイか否かは好みが分かれるところだけど、沖縄を味わうものとしては悪くないですね。駆けつけ一杯はこれにしました。まずは喉を潤さないと。

お料理では、何気に沖縄って限定しちゃうとメニューが広がらないもの。こちらのお料理メニュー構成はアジアをベースに作られている感じです。
今回のセレクトはベトナム生春巻(パクチー抜き)(600円税抜)、マグロとアボガドのポキ(1000円税抜)、四川 汁なし坦々麺(700円税抜)をオーダーしました。
総じて美味しかったですが、ベトナム生春巻が一口サイズにカットで提供されるというのは始めてでした。けど、この方が崩れず食べやすい。女性の方なら
尚更いいかなと思いました。

■店内雰囲気など
店内はちょっと赤系で暗めの照明で店名の如くムーディーです。
カウンターバックには希少な泡盛がズラリと並んで壮観。こちらからもオーダーできなくはないそうです。また椅子が高さ、深さともに心地よいものです。
これ目立たないけどポイント高いように思えます。席はカウンター、テーブルなど人数に応じて対応できる感じで満席でした。また、マスターは気さくで物静かで雰囲気のあるダンディーな方です。

かなりの人気店のようですので予約必須とお見受けいたします。確かにそれだけのお店ですね。 凄いわ。


  • テイスティング
  • グラス
  • 冷蔵庫に並ぶ泡盛
  • 生オリオン

    10

もっと見る

10位

とらや工房 (御殿場、南御殿場 / 和菓子、カフェ)

1回

  • 昼の点数: 4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2014/06訪問 2014/06/17

総理のおじいちゃん家で和風モダンを満喫

御殿場で馬肉を買う道すがら、こちらの地域で人気の喫茶「とらや工房」にお邪魔してみました。
京都マニアな私にはド・ストライクな場所に興奮。京都寺院の雰囲気が好きな方にはお勧めです
また、御殿場のアウトレットモールのついでだとアクセスはよりよし。

■ロケーション
東名御殿場インターを箱根方向(乙女道路)に出まして「湖水前」交差点を左折。左折後はちょっと寂しい細道になりますが、そこを分け入っていくと右側に広い駐車場が現れます。
駐車場に車を止めて5分ほど歩きますとこちらのお店になります。途中には庵を思わせる門や竹林が茂り雰囲気満点です。

■外観
入口は草庵という感じで、そこからはお店は見えません。しかし、その門の雰囲気、竹林に案内されるかのような道は雰囲気満点です。もちろんちゃんと手入れがされていますので、ボーボーということはございません。京都好きの私には至上の雰囲気でこざいます。

■料理
喫茶メニュー的には、すべてにお茶はついていて
菓子 519円   あんみつ 886円   お汁粉 886円
ところてん 886円  おばんざい 2204円
と非常にリーズナブルです。料理というより雰囲気代含めてのコスパは申し分ないかと思います。

お茶はお抹茶でお代わり自由。飲み終えたら茶碗をお茶入れのカウンターまで持っていってお代わりをお願いします。とっても丁寧に入れるので番号札と引き換えで、後ほどテーブルにもってきて頂きます。

あんみつ・お汁粉が特別に美味しいというわけではないのですが、この雰囲気で頂くお抹茶というのは私にとっては至極の時間でございました。

■店内雰囲気など
受付から会計までの一連のフロアーの皆様の対応は物腰柔らかく、雰囲気を壊さない趣さえ感じる対応でした。京都でもなかなかこういうことはないですね。
また、店内は室内もあればテラスもあるので、人の好き好きに合わせられますし、どこに席をとっても竹林や池の涼しげな雰囲気を味わうことが出来ます。
庭にはカエデもあるので紅葉の時などは期待できそうです。

PS. こちらは東山旧岸邸に隣接したお店で、そちらは岸・元総理が晩年を過ごされたお宅です。今の安倍総理のおじいちゃんですね。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)

    8

もっと見る

ページの先頭へ