ひろしです・・・。さんが投稿したf(秋田/秋田)の口コミ詳細

ひろしです・・。の主に秋田のA級グルメガイド

メッセージを送る

この口コミは、ひろしです・・・。さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

移転f秋田、羽後牛島/イタリアン

6

  • 夜の点数:5.0

    • ¥10,000~¥14,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 4.5
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 5.0
6回目

2020/03 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

6年前の思い出・・。

2020年3月上旬 再訪。

写真を11枚追加しました・・。


店舗移転の為、エッフェは今週末でいったん閉めるそうです・・。

新店舗は近所(南通り)になるようですが、前回同様自分で内装工事とかもやるらしく、詳細な再開日は未定だそうです・・(^_^;)

今からちょうど6年前、川反にあるピアノサロンKの大ママから「ひろしィ、いま大町から有楽町に移転したばかりのエッフルーチェに居るんだけどさ、マスターが未だ店名も決まってないし、看板も固定電話も置く気無いって言うしさ、ケータイも休店時解約したらお客さんの番号まで消えたって言ってるのよ。それでアンタどうやって商売するのって怒ったんだけどさ、可愛がってるヤツだからいろいろと紹介してあげてくんない?」と電話を貰った時がありました・・。

あの時は、Kママも、僕も、そして当のコウタロウシェフですら、こんな事になるなんて(秋田一予約が取れない店)思ってもなかったでしょう・・。

コロナウイルスの影響はあるんですか?って聞いたら「台湾の方が飛行機の関係で一組来れなくなったんですが、あとは無いですね」とのこと・・。

こーいう事態でも、お客さんとシェフとの信頼関係があるお店は、びくともしないって事なんでしょうか・・。

再開を楽しみにしています・・。


2020/03/09 更新

5回目

2019/04 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

天才的・・。

2019年4月中旬再訪・・。

写真を14枚追加しました・・。


いままで結構な場数を踏んで来たんで・・最近は一口食べると「あーこの食材はコレで、香辛料はナニで、ソースはアレを使ってるな」とかなんとなく判るようになってきたんですが・・。

エッフェの料理は、あまりにも奇想天外な食材の使い方で、それをまた幾重にも掛け合わせてくるんで・・何度挑戦してもホボほぼ当てる事が出来ません・・(^_^;)

それでいながら全ての皿を、我々食べ手の味覚のセンターにピシっと合わせて来ることが出来るなんて・・シェフは天才的だと思います・・。

最近は舌の肥えた食通が全国から押し寄せて来て、益々予約が取れなくなったようです・・。

まぁ確かにこの為だけに秋田に来る価値はある思います・・。


2019/05/14 更新

4回目

2018/09 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

エクセレント!

2018年9月中旬 再訪・・。

写真を10枚追加しました・・。

今回一番印象に残ったのが、秋田県角館を流れる桧内川で獲れた「殿様鮎」を内臓まで擦り潰してパテ状にし、スイカを丸ごと煮詰めて乾燥させフレークを散りばめ、パルミジャーノレッジアーノを薄くスライスし重ねた逸品・・。

なんじゃその組み合わせって思いますよね・・普通・・(^_^;)

ところがドッコイ・・(古いか)

こりゃどう考えても合わないでしょって食材を幾重にも掛け合わせ、食べ手の味覚の中心線に寸分違わずピタっと寄り添わせることのできる職人って・・秋田広しといえどもココの宇佐美シェフぐらいだと思うんですよね・・。

最近ちょっとバラつきがあったというか・・もしかしたらスランプ気味なのかなって心配してましたが・・僕の杞憂でした・・。

僕も今までいろんな店に行ったつもりですが・・こーいうお店は世界一の食都東京でもナカナカ無いと思います・・。

2018/09/26 更新

3回目

2017/10 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

エッフェ祭りにて・・。

2017年9月下旬再訪・・。

写真を3枚追加しました・・。


先月の29日(金)と30日(土)、毎年恒例の「エッフェ祭り?」が密やかに開催されておりました。

この祭り?はなんか変と言いますか・・祭りなのに殆ど告知もしないので、

祭りじゃない時よりも店が密やかなんですよね・・(^_^;)

僕も当日、行きつけのバーのマスターから聞いて駆けつけました・・。


それに全部の皿とグラスワインが600円均一(写真参照)で、

夕方から深夜までずーっと独りで黙々と作り続けるという・・

店主一人が苦しんでるような・・荒行みたいな祭りなんですよね・・(^_^;)


流行ってないとか、もしくは無名のレストランが宣伝の為にワンコイン均一とか

する場合もあるようだけれど・・何故東北随一のシェフ(僕調べ)がこんなことをするのか・・。

意味が判りません・・(^_^;)


本人曰く「うーん・・なーんかこーいうのやってみたかったんすよね~」とのこと・・。

やっぱこの人変わってるわ・・(^_^;)

2017/10/13 更新

2回目

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

圧倒的なクオリティ。

2017年2月上旬 初来訪。

写真を6枚追加しました。


秋田市の中心部のマンションに住んでる呑み友が「自宅にエッフェのマスターを出張で呼んで

料理を作って貰おうと思うんだけれど暇なら来ない?」と誘われて、暇でも無かったんだけれど

そーいうことならってことでコチラを優先してしまいました・・(^_^;)

いつもの様な小皿料理をたくさんって訳には行かなかったけれど、場所が変われど皿の精度は圧倒的で

僕以外の参加者の皆さん大満足してたようです・・そりゃそーだよなあ・・(^_^;)

マスターは、呼んだら誰でも行くって訳では無いようですが・・ご興味のある方は一度是非!


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2017/02/15 更新

1回目

2016/04 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥10,000~¥14,999
    / 1人

秋田最高のレストラン・・。

2016年4月上旬 再訪・・。

写真を6枚追加しました・・。


秋田で飲食店を多店舗経営する先輩方から、秋田で一番予約が困難なコチラのお店に一度つれてけ!

との依頼があり三人で伺いました・・。

いろんな食材を幾重にも掛け合わせてるのにも関わらず、その全ての皿に一体感を持たせる事が

出来るというか、食べ手の味覚のセンターにピッとチューニングが出来る

天才的な感覚を持ったシェフだと思います・・。

先輩方も「今までで食べた歴代のレストランの中で一番の満足度だった・・ありがとう」

とのお言葉をいただきました・・。


僕もそう思います・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2015年5月中旬 再訪・・。

写真を4枚追加しました・・。


食べログのシステム上の関係で、店舗移転後も正確な住所が表示されず、数か月経った今でも

「掲載保留」扱いが取れてませんでした・・。

他の店ならともかく・・秋田最高のレストランが掲載保留ってのは良くないなと思いまして・・

以前の写真とレビューをコチラに移管し新しく書いてみました・・。


今回は東京から友人が遊びに来てたのでコチラに御案内しました・・。

その方は日本国内だけに留まらず、世界各国のいろーんなジャンルの料理に造詣が深く

僕なんかが足元にも及ばないチョーグルメの方なんですが・・。

その方曰く「最近のイタリアンって、だいたい技法が想像つくというか・・どっかで見たことある

というか・・誰かのマネみたいな皿が多いんですが・・ココの料理はすごく独創的ですね・・

一皿一皿美味いし・・尚且つ秋田で取れる食材100%で作られてるなんて、正直びっくりしました」

との事・・。

その言葉を聞いて・・なんというか・・自分が褒められてるように嬉しかったです・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2015年1月上旬 再訪・・。

写真を6枚追加しました・・。


うちの会社の取引先の食品加工業の方が、ココの店の「ブリコ(ハタハタの魚卵)」の

特殊な製法について前々から興味があるんだよね・・と話してたのでお連れしました・・。

たしかにエッフェで食べるブリコは、我々子供の頃からハタハタを食べ込んでる秋田県人から

してみたら、なんじゃこりゃって感じの未知の食感で、初訪の方はだいたい驚きます・・。


それにしても・・やっぱココの店は圧倒的ですね・・。

今回も全皿前回と違うモノが出てきました・・。

その底知れないレパートリー数とホスピタリティにも驚くけど・・それよりももっと素晴らしいのは

彼の我々食べ手の感覚(味覚)へのセンタリングの精度の高さです・・。

我々食べ手の見えない周波数を的確に捉えて、ひと皿ひと皿その感覚の中心線へパチッと

チューニングしてこれるのは、秋田広しといえどもココと「日本料理たかむら」ぐらいしか無いと

思います・・。


今回も想像力を掻き立てられ、元気をもらえる料理でした・・。

ご馳走様でした・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2014年8月中旬 再訪・・。

写真を2枚追加しました・・。


前々から親交のある岩手県の食べログレビュアー「さすらいの食べ歩き人」さんから、

秋田に遊びに行くんでどっか美味しいトコ連れてってよ!との要望があったので

コチラに御案内しました・・。


今回一番印象に残ったのはノドグロのカルパッチョかな・・(写真参照)

モチモチした食感のノドグロに、微妙にプチプチ感が違う「トンブリ」と「ブリコ」と

「キャヴィアライム」の三種を合えた逸品・・・。

このキャヴィアライムって生まれて初めて食べたんだけど、オーストラリア原産のまだあまり

知られていない希少な果実らしく、絞ると果汁(液体)では無くトンブリみたいな小さい果肉が

そのまんまポロポロと出てくる不思議な食べ物なんですよ・・(^_^;)

シェフの想像力とセンスを感じさせてくれる皿でした・・。


今回も僕も客人も楽しませていただきました・・。

いつもありがとう・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


2014年6月上旬 再訪・・。

写真を1枚追加しました・・。


店の固定電話は設置されてな無いし・・店主個人のケータイ電話はあるんですが・・そーいう理由で

食べログやネットにも番号は晒してません・・(^_^;)・・(という事で未だ掲載保留扱い)

それなのに、最近は全くもって予約が取れなくなりました・・(^_^;)

どういう事なんでしょうか・・(^_^;)

現在、秋田で予約の取れないレストランの一位は間違いなくココでしょう・・。

料理内容も、短期間での再訪にも関わらず行く度行く度すべてアクセントを替えて出してくれるので

いつも新鮮で驚きがあります・・。

こーいうレストランが秋田にあるのは奇跡的だと思うんですが・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


2014年3月13日 再訪・・。

新店舗の内観写真を含む4枚を追加しました・・・。


八か月ぶりに、待ちに待った秋田最高の五つ星レストラン「エッフェ」が、場所を秋田市有楽町に

移して再開しました・・・。

ですが・・相変わらずオーナーは少々変わっておりまして・・(^_^;)

店名もエッフェにしようか他のにしようかオープンしたのに未だ決めてないとか言ってるし、

そーいう理由で看板も無いし、電話も番号を替えたばかりの個人の携帯しかないし

常連客にも連絡が付かないからどーやって予約を取るのかイマイチ疑問なんですが・・・(^_^;)

食べログ側にお願いしても情報が曖昧だという事で「閉店」から「掲載保留店」にしか

変更できませんでした・・。


写真はヤリイカとヤリイカのイカスミとブリコのキャビア仕立てのナンダガ・・。

久々に食べたけど・・やっぱ彼の料理は他とは一線を画してます・・。

このお店の再開は・・僕の為にも、秋田の為にもホントに明るい話題でした・・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


2013年7月下旬再訪・・・。

写真を5枚追加しました・・・。


もう先週で閉めちゃったけど・・・点数を上方修正します・・・。

秋田では「日本料理たかむら」、「すし匠」と同等の、最高点に変更しました・・・。

最後だから・・とかいう理由ではありません・・ココは間違いなく、彼らに並ぶ秋田の至宝でした・・。


最後にシェフといろんな話をしました・・・。

「修業」では無く「確認」の為に休業するのだそうですが・・僕にはその意味が判りませんでした・・。


寂しくなります・・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


2013年5月中旬 再訪・・・。

写真を8枚追加しました・・・。


予約時にいつも「少なめのポーションで皿数多めね・・♥」というリクエストをするんですが・・・

以前僕が食べた料理のメモでも取っているのか、10皿中、前回と同じ皿は一品も出てきませんでした。

ひと品ひと品のクオリティが高く、尚且つこれ程レパートリーが豊富なレストランって・・・

僕の知る限り、秋田県ではココと「日本料理たかむら」ぐらいでしょうか・・・。


数年前に初めて伺ったときは、まさかこんなレストランに変貌するとは夢にも思わなかったんですが・・。

いつのまにか・・秋田を代表するレストランになっちゃった気がします・・・。

写真を見ていただければ解ると思うのですが、イタリアンにしては非常にシンプルな盛り付けで

華美好きな女性にはイマイチウケないかもしれないけれど・・・これで秋田の在来野菜なんかを

取り入れてくると、秋田版「アルケッチャーノ」に成り得るポテンシャルがあると思うんですが・・・。

今回も美味しかった・・・御馳走様でした・・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2012年4月中旬 再訪・・。

写真を10枚追加し、点数を4点から4.5点に修正しました・・。


たかが0.5点ですが・・・僕の中ではすごく大きな0.5点です・・。

今まで秋田のオススメ飲食店(3点以上)185店舗のクチコミを書いてきましたが、

その中でも4.5点以上の評価のお店って未だ12店舗しかありません・・・。

よく東京や関西のミシュラン★獲得店にもお邪魔するんですが、この秋田の12店舗に関して

どーかんがえても、彼らに何ら引けをとっているとは思えないんですよね・・・。

県外からワザワザその為に客を呼べるレベルだと思います・・・。


と・・・話がそれました・・・。

F.Luch・・・。

行く度に手を変え品を変え、その都度食べ手の想像を超えた料理で楽しませてくれます・・・。

料理の内容は写真を参照していただければ・・・(コメントテキトーですが)


これからも頑張ってください・・・。

外国料理で5点満点は秋田では(僕的に)有り得ないと思ってたんですが・・。

もしかしたら・・と思わせるような素晴らしい料理でした・・・。

御馳走様・・・。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


数年ぶりに二度目の訪問・・・。

以前よりもずっと印象が良くなったので載せてみます・・・。


ココは、コの字型のコジンマリしたカウンターしかないので最大でも七名しか座れません・・・。

だけど・・・この狭さがこのお店の魅力なんでしょうね・・・。

シェフ(店主)や他のお客さんとの距離が近いので、会話ができたりワインの交換なんかが出来ると、

他店では味わえ無い、非常にアットホームで楽しい空間になります・・・。


料理も一皿一皿、明らかに以前よりもクオリティが上がっていました(詳細は写真を参照していただければ)

皿の出が遅いと誰かに聞いたこともありましたが、今回は満席だったのにそーいうこともありません・・。

ワインも、上質でCPの良いモノがデカいセラーに並んでいます・・・。

久々に再訪したいなと思えるお店に出会えました・・・。


ご馳走様・・・。

Merry X'mas !!

  • 川蟹とウニと比内地鶏の卵黄・・。

  • アマダイのマツカサ焼き。

  • スミイカのなんとか・・。

  • アンキモとなんとか・・。

  • 秋田錦牛・・。

  • ばっけアイス・・。

  • アワビのなんとか・・。

  • 秋田牛とマスカルポーネ。

  • エビとカニのなんだが・・。

  • マスのなんだが・・。

  • ブリコのなんとか・・。

  • 川ガニもコロッケ・・。

  • あわび・・。

  • ハゼのフリット・・。

  • うさぎちゃん・・。千畑町・・。

  • とんぶりを海老のすり身で繋いで・・。

  • トンブリとブリコとキャビアライムと・・。

  • コレがキャヴィアライム・・。

  • ヤリイカとヤリイカのイカスミとブリコのキャビア風・・。

  • なんだっけ・・。

  • 男鹿のズワイ・・。

  • なんだっけ・・

  • 新店はこんな感じ・・。

  • このブリコが凄かったのに・・。

  • ズッキーニの花の中に毛蟹・・。

  • サザエのパンチェッタ・・。

  • なんだか忘れたけど美味かった・・魚・・。

  • ウニのなんだが・・。

  • ブリコと渡り蟹となんだが・・。

  • 秋田錦牛のステーキ・・。

  • 芽キャベツのなんだが・・。

  • いわしのなんだが。

  • わすえだ・・。

  • ウニのなんだが。

  • キスのなんだが・・。

  • ギンポのフリッターイベリコ豚巻き。

  • マグロを藁で燻したもの・・・。

  • アワビのコロッケ・・。

  • ロールフキノトウとでもいうのかな?中にズワイ蟹が・・。

  • なんだっけ・・・。

  • なんかの肉・・。

  • しゃかな・・・。

  • またなんかの肉・・・。

  • グラッパ・・。

  • 良いハム・・。

  • ドルチェ・・。

  • 毛蟹と松の実とトンブリとバジルの前菜チーズ抜き・・。

  • ほうれん草(嫌い)とイカをフライにしたもの・・美味い

  • ぼたん海老になんかの魚を巻いた物 かなり美味い・・。

  • ノドグロとタケノコと・・。

  • ツブ貝バジル風味・・。

  • なんなんだ?

  • 秋田産のアスパラ・・。

  • うーん・・わすれた・・。

  • たしか羊か牛・・。

  • シャーベット・・。

2016/11/05 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ