hakata-annさんが投稿した桂林米粉 山水家(福岡/西新)の口コミ詳細

博多女のB級グルメ節。

メッセージを送る

hakata-ann (女性・福岡県) 認証済

この口コミは、hakata-annさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

桂林米粉 山水家西新、藤崎/中華麺(その他)

2

  • 夜の点数:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
2回目

2018/06訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.0
    使った金額(1人)
    ~¥999

本場中国桂林式混ぜそば風ビーフン♪@桂林米粉 山水家

説明しよう!ビーフンとは。
中国桂林地区では、ルーツは紀元前3世紀の秦の始皇帝の時代にまで遡り、
持ち運びが便利で、時短で料理できる戦闘食として開発され、
以降現在まで人々の生活に根付いている国民食である。

ビーフンって、炒めるとパソパソしてるやつですよね~。
と思うと全然違うやつです。
先日、こちらで夜に食事をしましたが、お店のシグネチャーである米麺(ビーフン)を頂けなかったので、
再度訪問しました。

秘伝桂林ビーフン580円。
他にも麺メニューがあるのですが、これが基本中の基本のようです。

謎肉のパソパソしたチャーシューが3種、煮玉子ハーフ、揚げ大豆などがトッピングされています。
謎の別添え漬物もしくはビーフン用のトッピング。

麺は、米麺(ライスヌードル)と言っても、日本人に馴染みがある極細ビーフンではなく
ベトナムやタイのフォーでもなく、イメージ的にはヤワなコンニャク白滝風パスタでしょうか。
麺と言っても重い食感はなく、ツルツルいけちゃいます。
でも、総括的な味は、素朴な混ぜ麺といったところです。
日本の混ぜそばや油そばに比べると、かなりシンプルであっさりな味わいなので、
好き嫌いは分かれるような気がします。

スープも付いてますが、まるでお湯のような味気ないテイストでした。
ビーフンはまだしも、このスープは明らかに「うーん…」と思います。
本場のレシピと言われたらそれまでですが…。
とにもかくにも、珍しいものを頂きました。
ごちそうさまです♪

過去記事:【福岡】西新商店街の大衆中華店♪@桂林米粉 山水家
http://hakata.livedoor.biz/archives/2146894.html

【店名】桂林米粉 山水家(さんすいや)
【住所】福岡県福岡市早良区西新4-8-36-1
【営業】11:00~23:00 (LO22:40) ※要確認
【定休】不定休 ※要確認
※地下鉄・西新駅より徒歩3分。地下鉄・藤崎駅より徒歩13分。

メニューなど画像多めのブログ記事♪【博多おんな節。】【福岡】本場中国桂林式混ぜそば風ビーフン♪@桂林米粉 山水家
http://hakata.livedoor.biz/archives/2147484.html


  • 秘伝桂林ビーフン580円。

  • チャーシューが3種、煮玉子ハーフ、揚げ大豆などがトッピングされています。

  • ツルツルいけちゃいます。

  • お漬物?

  • 薄いスープ。

2018/06/30 更新

1回目

2018/04訪問

  • dinner:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク3.5
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

西新商店街の大衆中華店♪@桂林米粉 山水家

福岡市早良区西新の商店街にある、大衆的且つコギレイな中華店です。
中国人経営による、中国人客が多い繁盛店でもあります。
地下鉄・西新駅近で、西新商店街の人気甘味店『蜂楽饅頭』の斜向かいにあります。

こちらは、日本で初めての『桂林米粉専門店』だそうです。
昔から日本の中華店や食堂のメニューとして馴染み深い『米粉(ビーフン)』ではありますが、
個人的には『ビーフン』というと、麺なのかおかずなのか、よく分からない存在でした(汗)。
でも、中国桂林地区では、ルーツは紀元前3世紀の秦の始皇帝の時代にまで遡り、
持ち運びが便利で、時短で料理できる戦闘食として開発され、
以降現在まで人々の生活に根付いている国民食だそうです。

ビーフン以外の中華メニューも豊富です。
店内メニューをご覧頂けば、メニューが多過ぎることに驚くはずです(笑)。
こちらはごくごく一部の代表メニューです。

ちびちびアラカルト注文するのが好きな私も
多過ぎるメニューに迷ってしまい、とりあえずの晩酌セット1,280円。
お酒1杯+冷菜1品+温菜一品を選べます。
お酒は1杯のみですが、おかずの量は結構多いので、
胃袋的にはかなり満足できるセットです。
ちなみに、今回一緒の店長さんは一品をイートインして、
残り一品をテイクアウトするのが常だそうです。

乾杯!
今回は、仲良しのクリーニング店長さんと一緒です(前回は『酒呑横丁てし』でした)。
生ビールのグラスが冷えてて、美味しいのは嬉しい。
この後に頼んだ髭ハイボールもお値段お安く、きちんと炭酸が効いていたのはマルです。

桂林風押し豆腐。
これは冷菜になります。
押し豆腐は、薄い厚揚げのような感じです。
説明できませんがナニゲに本場中国の大衆食堂的な味。
日本人には好き好きがあるかもしれません。

温菜は麻婆豆腐にしました。
日本人にも好まれるとろみのあるマーボー。
基本で唐辛子マークは3つです。
激辛党の私にはあまり辛くなかったので、卓上の唐辛子を投入しました。
この粗挽き唐辛子が香ばしくて美味しかったです。

クリーニング店長さんはご年配の方なので、オーソドックスな選択。
冷菜は、胡瓜とクラゲ和え。
小鉢というよりはかなり量があります。
ピリ辛仕上げでした。

青椒肉絲。
あまりトロミは効かせていなくて、あっさり仕上げでした。

単品メニューから頼んだ春巻き。
スリム形の春巻きで、野菜多めトロミ少なめ。
おつまみ感覚ですね。

クリーニング店長さんは海老好き♪
エビチリかエビマヨか迷ってたので、私の希望でエビチリ。
常套句の「エビぷりぷり~♪」を使いたいところですが、
実際は「エビやわらか~い♪」でした。
コレも一般的な味かな~。

夜でも、お一人様に便利な定食メニューもあります。
麺飯類も定食仕様にできます。
沢山種類があるので飽きませんね。

クリーニング店長さんイチオシの麻婆なす。
辛いのが苦手らしいので、唐辛子なしでお願いしました。
ナスは細切りにしてあり、ひき肉入の醤油餡と一体化し、熱々トロトロ~♪
改めて「マーボーナスって美味しいのね!」と思いました。

麻婆なす定食は810円。
ご飯・スープ・鶏の唐揚げ・ザーサイの漬物・ミニ杏仁豆腐も付いてます。
自家製だというザーサイの漬物もナニゲに美味しかったです。

だんだんお腹一杯になってきました…。
シメ狙いだった名物の桂林ビーフンはもう入りません。
次回に持ち越したいと思います。
珍しいエビマヨ冷麺も気になります(笑)。

ドリンクも安いし、お一人様でも食堂やファミレス感覚で来れるので、
また寄りたいと思います。

【店名】桂林米粉 山水家(さんすいや)
【住所】福岡県福岡市早良区西新4-8-36-1
【営業】11:00~23:00 (LO22:40) ※要確認
【定休】不定休 ※要確認
※地下鉄・西新駅より徒歩3分。地下鉄・藤崎駅より徒歩13分。

メニューなど画像多めのブログ記事♪【博多おんな節。】【福岡】西新商店街の大衆中華店♪@桂林米粉 山水家
http://hakata.livedoor.biz/archives/2146894.html

  • 晩酌セット1,280円。 お酒1杯+冷菜1品+温菜一品を選べます。

  • 桂林風押し豆腐。

  • 胡瓜とクラゲ和え。

  • 青椒肉絲。

  • エビチリ。

  • 春巻き。

  • 麻婆なす。

  • 地下鉄・西新駅近で、西新商店街の人気甘味店『蜂楽饅頭』の斜向かいにあります。

2018/06/30 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ