しーししさんの行った(口コミ)お店一覧

しーししレストランガイド

メッセージを送る

しーしし (男性・北海道) 認証済

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

行ったお店

検索条件が指定されていません。

これらの口コミは、訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。詳しくはこちら

120 件を表示 797

そば哲 遠浅店

遠浅/そば

3.53

42

-

¥1,000~¥1,999

定休日
木曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:5.0

ドライブスポットに推奨イタシマス☆

2020/07訪問

1回

札幌八十八

西15丁目、西18丁目、西11丁目/懐石・会席料理、そば

3.25

4

-

¥2,000~¥2,999

定休日
不定休サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.7

寛ぎ to 和らぎ

2020/06訪問

1回

ひとひら

青葉通一番町、勾当台公園、広瀬通/郷土料理(その他)、和食(その他)

3.15

6

¥5,000~¥5,999

-

定休日
水曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.7

仙台名物牛タン…いやいや、この時季にセリを食べずして仙台を去ることはできない。イルミネーション電灯で街は華やかになる頃からが旬です。牛タンもいいが…是非食べていただきたい仙台名物セリ鍋☆ 冬の始まりを感じるためココにきます。日本全国から私と同様に訪れる人が多数。この日も6席のカウンターは予約2回転の満員御礼。更にラストオーダー間際に電話が鳴り早めに空いたカウンターに追加予約と大荒わ。女将1人で店内業務全てをこなしているが何とも逞しい。料理提供速度やドリンクおかわりの気配りも忘れることはアリマセン。 セリ鍋の名店 侘び助から独立して店を構える。セリの入手ルートはその本店と同じ。どんどん継ぎ足ししてくれる出汁も継承。大勢で楽しむなら侘び助もいいだろうが、1~2名ならカウンター越しに食べるタイミングやアドバイスをくれるココのカウンターがいい。私はココが好みだ。 まずはサッポロ黒★をいただきます◎ウマッ メニューを拝見するまでもなく、早速鍋セットをお願いする。もちろん落ち着きを取り戻して各種逸品料理も追加オーダーする。 【せり鍋】 ①鍋が沸騰したら先ずは鴨肉と根を投入して再度蓋をする。一分したら食べ頃です。出汁とともにいただきます。香り豊かなセリで根は甘味を多く含んでいるのでその両方を楽しめます。 ②根を食べ終えたら再度、鍋に火を入れます。沸騰したら茎を投入して火を止めます。好みもあるでしょうが私はすぐに食べます(本来30秒くらい待つ)。茎の部分は食感がよく噛む毎に香り咲きます。 ③茎を食べ終えたら再度、鍋に火を入れます。沸騰したら火を止めて、葉を投入。しゃぶしゃぶ程度でOK(すぐにシンナリします)。 ※どの部分を食べるときもですが、出汁と一緒に食べ進めます。鴨も鮮度良好なのでサッと火を通したらすぐに美味しくいただけます。 ④以上の流れを贅沢におかわりし続けます。三回おかわり&鴨は別更大盛でお願いしました。鴨を多く投入することで出汁が一層旨くなる。 今年は天候の影響もあり例年に比べると細め。とは言え立派なセリだし、香りはとても高かった。 ⑤〆おじや。鍋が沸騰したら水洗いした米投入。グツグツと煮ながら灰汁を取り除きブクブク泡が落ち着いてきたら溶き卵投入して火を止め蓋をする。一分たったら完成。これが抜群に旨い。 【逸品料理】 *まぐろ赤身&〆鯖→浅〆具合イイ鯖◎ウマッ。 *たらきく酢→大ぶりタチポン◎茗荷nice。 *うにクレソン→相性◎甘味と香り。 *下仁田ネギ焼→ヌルッと甘い◎。 *しじみ煮(お通し)→大粒◎深み濃い。 他にも青森郷土料理など食べたいと思う料理多数。日本酒をいきたいとこだが…シフトすることなくビールのおかわりをつづけた。お隣様とも地方名物の情報交換など話もつきなかった。 とてもおいしかった。 ごちそうさまでした。

2019/12訪問

1回

吾妻橋 やぶそば

そば 百名店 2019 選出店

食べログ そば 百名店 2019 選出店

吾妻橋 やぶそば

浅草(東武・都営・メトロ)、本所吾妻橋、田原町/そば、日本酒バー、焼酎バー

3.77

251

-

¥1,000~¥1,999

定休日
月曜・火曜サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:4.6

どどぉ〰️んと東京スカイツリーのお膝元。高いなぁ…青空が良く似合うなぁ…押上駅から本所吾妻橋まで後ろをチラチラ振り返りながら景観を楽しみます。 ■もりそば(小) ¥800 ■カツ煮 ¥900 てやんでぃ、蕎麦食うぜぃ。まずは酒だ酒ぇ。鳥わさ、ぬか漬け…おっと、品切れか…。いやいや、蕎麦あって安堵。ビール頂戴いたします…アテはカツ煮。あ、蕎麦もすぐお願いいたします。 暖簾が出ていてよかった…もちろん並んでいました。が、あと3組後ろだったら蕎麦切れでした…滑り込み入店。 大瓶ビールで喉を潤している最中、すぐに蕎麦到着。美しい。繋がりよく綺麗に切られたニ八は風味香りそれほど目立つわけでもない。実に旨い。正真正銘辛口つゆは、円みある辛かえし。憧れていた藪の味に浸る。そのかえしを使っているカツ煮はキッチリ濃口味。薄肉薄衣で食べやすくカットされている。ビールの肴に申し分なし。 花番の接客がとても自然体。一見なのに待ちの間も席についてからも居心地がいい。もちろんその間も常連様への気配りや日常会話も目にしている。 まだまだ蕎麦のこと何も知らないんだなと思わせてくれた。が、やはり自分は江戸前蕎麦が好みなんだと再確認できた。 とても美味しかった。 また来ます。 ご馳走様でした。

2019/12訪問

1回

はしもと

東本願寺前、豊水すすきの、すすきの(市営)/焼鳥、おでん

3.39

12

¥5,000~¥5,999

-

定休日
日曜・祝日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.6

祝5周年オメデトーゴザイマス☆お客様の喜ぶ姿までが店舗の画になっています。いつも明るい笑顔で楽しませてくれるので温かい気持ちになります。車屋本家の味が今尚味わえる此処では本物の伊吹が込められています…。 営業時間が0時までとなり確実に入店するには電話予約が懸命かと思われるこの頃。ここ数回は希望する日に入店できています。カウンターに着席するなり雪だるまが歓迎してくれました☆ 毎回…おでんまで到達しません。ブロッコリー遠退いています。此処へ来ると注文する串はだいたい同じものに片寄ります。そりゃそうですよね…ココのコレが食べたくて入店するんですから。手始めはいつも通り牛タン◎ウマッ→焼肉店へ行く頻度が減った要因かもしれません。ってか、どれもコレもとても美味しいです。あら、クリスマス仕様の6スパークリング登場デス☆nice。また乾杯デスネ…ってか、いつも乾杯してますね★満席の店内ですが落ち着きある空間で居心地がいい。 (写真は数回分含む) 此処に定着していますが…2020年1月末で移転するそうです。この空間がとても好きなだけにチョッピリ残念な気持ちになりますが閉店するわけではないし、むしろ新ビルへ移転なので喜ばしいこととして受け入れるしかありませんね。なんせ今年はラフィラも閉店ですから…。ススキノビルもジワリジワリ新旧交代が進んでいますね。 ちなみに新店は南6条西3丁目AGS63ビル5階に入るそうです。2020年2月14日オープン。 いつも美味しいです。 ごちそうさまでした。 丁寧な串打ちは基本◎首都圏流行り店では注文受けてcut→串打ち→焼きといったところもアルが そぉでなくても仕込み次第でココまで旨くなる…勿論ウマイ焼方あってのことだが。 *九条ネギ豚巻 *牛タン *レバー *トマト肉詰チーズ *しめじ豚巻 *椎茸肉詰 *手羽先 *カワタレ *牛巻チーズ *ズッキーニ などなど… 週末深夜に来てみると…ネタ切れのため閉店の表記アリ…平日でも入店タイミング悪いと混雑してるのはわかっているが…やはり残念。リベンジ月曜入店→お客様3組…珍しくスッキリ広々店内に見えマス。 perfectclassicで乾杯☆ウマッ→おかわり◎ 煙が天井まで上がることないロースター形式の焼台だからこそコノ風合いになるのだろう。巻物野菜は特にハッキリわかる→しめじジューシーで滴るキノコ汁◎…椎茸肉詰めも当然同様◎ウマッ。名物 九条ネギ豚巻こそ風味香るniceな一品。ハフハフのトマトチーズ&牛巻チーズもお気に入り☆。 はじめて入店の若者には基本通りにレバタレtoカワタレを京黒七味でいってもらう。レバーは塩でも勿論旨いがコノ黒七味をチョンつけするならタレの方が向いているように思う…→旨し◎。 牛タンはイイ焼肉店で食すのもイイがココで食べるのも納得できる一本だ。キレイにトリミングされたタン中~タン元を円赤外線で焼き上げているのだから…そりゃぁ旨いよぉ。手羽先のふっくら感も同様に◎。 後半戦は飲みペースあがったなぁ…すだちsourやレモンsourにハイボール…そして三岳。好み千差万別だから どれでもイイ。美味しい酒と肴に乾杯。 おいしかった。 ごちそうさまでした。 イイ雰囲気◎ オイシイ焼物◎ nice接客◎ バランスよいお店なのでとても居心地がよい。カウンター真ん中に着席できて嬉しい。おしぼりいただいて→perfectclassicおかわり◎。 壁面ボードにあるオススメみながら何にしようかなぁ…とお通しいただく。 焼場奥にあるザルに野菜各種のってるのも気になって…まずはヤングコーン+那須+姫筍を焼いていただく。やはりヤングコーンのヒゲ旨いなぁ◎→炭焼きの筍風味イイわぁ◎→那須ウマッ◎…炭直焼きだとふっくら仕上がるのね(かわむき大変そ…)旨旨◎。 で、串焼きいきますゎ。 ココのトマトチーズかなり好み◎チーズチーズしてるのがイイ◎ビール進む→今日も牛タン◎だゎ→焼き加減ほんとイイ◎。名物レバーは黒七味をチョイ付けして→旨◎イイ加減→ハイボールシフト。 牛巻きチーズ→大葉アクセント◎。椎茸肉詰め→したたる椎茸汁と相性&焼き加減◎。安定の手羽先のサクフワイイわぁ…ウマッ◎。。。ハイボールおかわりラッシュだった…と思う。だいぶ飲んだゎ。 あ、またしても…おでん食べるの忘れてた…。 ココの店主流石◎…焼き物の提供速度◎。おいしく楽しくいただいているのはそのお陰なのね。 とてもおいしかった。 次いついこぉ。。。またすぐ来てしまいそ。 ごちそうさまでした。 土曜入店。カウンターいっぱい。残念。唯一2名テーブル席。平日でもはやい時間に座れることは少ない。久々に食べたいのでカウンター席断念。とは言え、ほんと座れてよかった。満員満席。 店内雰囲気◎(馴染み具合◎) ホールスタッフ◎(安定感◎) 店主のトーク◎(もちろん焼具合◎) パーフェクトクラシック→ハイボール→ハイボール→ハイボール。。。。 混雑店内であってもドリンクフォロー◎。料理の提供具合もあいまってやはりハイボール進む。いつからかココの ちーちく のファン(一本だけ残ってた(汗))。お目当て牛タンが食べられてよかった。安定の焼肉屋さん泣かせ旨し。巻物のジューシー感がとても◎。しめじ→九条ねぎ。ト、トマトのあぶりチーズ具合にほっとする。ねぎまタレを山椒で堪能。やはり手羽先ウマイ。ってか、安定のウマイ連続。丁寧で、アーティスティクな串打ちはお店そのものなんでしょうね。店主が気にかけてお話ししてくれるのもあたたかい気持ちになる。おでんのブロッコリー食べることなく退店(涙)。 満足度の高い焼鳥ばかり。レバー、手羽、牛タン、しめじロールからの、絶対的メニューは九条ネギの豚巻。何度いただいても安定のうまさ。おでんのブロッコリーもすき。

2019/11訪問

5回

焼鳥 坂ノ途中

南平岸/焼鳥、居酒屋

3.26

10

¥3,000~¥3,999

-

定休日
月曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.5

夏真っ盛りの夕暮れ時。気温高く風もない。札幌市営地下鉄 南平岸駅から平岸高台をテクテク上る。目指す此処のサインは やや遠くからでも見える...まさしく坂の途中にある焼鳥店。17時開店だが此の時間に入店はハードル中中高い人気店。事前予約をしていただき暖簾を潜ったが...やっぱり満席デシタ。幹事様アリガトー☆ 札幌の夜は涼しくなるので一枚羽織ってきた...が、汗だく入店。本日は気温が下がらないのねぇ...。よって、スグサマ注文→サッポロビール★旨っ。 ■れんこんパリパリチーズ焼 ¥550  パリッと焼かれているものの、その上部は..とろ~りチーズ◎。 ■いぶりがっこマスカルポーネチーズ ¥450  いぶりガッコとチーズの相性は勿論いいのだが、此のマスカルポーネがnice◎。 ■酒盗クリームチーズ ¥400  チーズと合わせることでサッパリとした味わいに。クリーミー◎。 ■なら漬けクリームチーズナッツ ¥450  可愛らしい盛付け◎ナッツが二つをよりよくまとめてくれる。 ■黒生七味めんたいこ ¥350  付け合わせのシャキッと白菜&磯海苔を合わせていただく◎。 注文した各種一品料理も丁寧な盛付けのみならず、その味わいにも満足度高い。壁面オススメポップ表示のナスと大葉の味噌炒めや、さきいかを注文した頃には日本酒を楽しんでいた。 ■とりねぎ ¥160 ■はつ ¥100 ■れば ¥100 ■かわ ¥150 ≪おすすめ≫ □しそまき ¥200 (自家製梅肉ソース) □自家製つくね 夏にコレ!!冷やしピーマン ¥300 □ささみしょうが ¥200 ■余市ポーク ¥200 ■しろ(とろけるホルモン) ¥200 小ぶりで食べやすい。串打ちから焼きまで、実に丁寧な仕事ぶりが伺える。部位や種類によって変化させる火入れ具合が面白い(ふわっ、かりっ、もちっ、ぱりっ、汁滴るジューシー...etc)。 柔らかなstaff様も居心地を良くしている。 各種 変わりドリンクも中中楽しく美味しい。 オイシカッタ。 ごちそうさまでした。

2020/08訪問

1回

神田まつや

淡路町、小川町、新御茶ノ水/そば

3.79

1082

-

~¥999

定休日
日曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.5

江戸前三大暖簾に肩を並べているであろう此処は明治17年(1884年)創業の老舗。その歴史からみても随所に「藪」色が見られる。貴品ある外観は東京都選定歴史的建造物に指定されている木造建築で、暖簾をくぐり店内へ入ればノスタルジックな開放的空間が広がる。 いらっしゃい〰️ぃ まずはビールをお願いします。銘柄訪ねてサッポロをお願いしますっ…と、現れた好物の赤★。事前リサーチ済みだったが何とも嬉しい。練り味噌を口に含みながらチビリ…いや、ゴクりとビールで喉をならす。 ■焼鳥(タレ) ¥850 甘辛たれ纏った ふっくらプリッとした鳥。此のタレはビールを一層旨くするスパイスのようだ。見た目のイイ照り具合からイメージするよりも、サラッとしている。丁寧に焼き目をつけた葱はすき焼きのようにも見える。辛子や七味を乗せていただくが上品な焼鳥に...旨。 ■もり ¥700 石臼挽きぐるみ粉使用の外二並粉蕎麦。そのつなぎは卵を使用とのことだ。蕎麦の産地は時季により国内産を厳選している。運ばれたときに花番様から… 此処は薬味に山葵が付きません… 昔ながら七味唐辛子で味わってみてください… と、説明を受ける(七味ーゆず七味ー山椒がテーブルに置かれている)。自身も、つけセイロ等を食すときには山椒を蕎麦に直がけすることもある。が、現代においても此のスタイルを推奨し続けているところに手繰る前から期待膨らむ。 見るからに輪郭ハッキリした蕎麦の繋がり◎。水洗い良く、水切り具合も絶妙。喉ごし良く、噛めばそのコシを楽しめる。蕎麦の香り風味はさほど感じないが仄かな甘みが感じられる。藪らしい蕎麦の印象を受けた。 汁は もちろん江戸前辛汁。しかし返しの丸みがいいのと甘みの余韻が残るのが印象的。鰹節の華やかさと旨味がバランスよく出ている。辛汁でありながらまとまりがいい。テンポ良く…ズルルっとイクゼ。 寒い日の19時ちょっと前入店。相席覚悟で入店したが70%くらいの客入り。しかしながら客の流れが途切れることはない。微妙に相席にならないような店内は居心地がよいため、粋な蕎麦食いとはならなかった…。もっと此処に留まりたい…。 おいしゅうございました。 ごちそうさまでした。

2020/03訪問

1回

利久庵

関内、伊勢佐木長者町、馬車道/そば、天ぷら、割烹・小料理

3.69

214

¥1,000~¥1,999

¥1,000~¥1,999

定休日
日曜、祝日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:4.5

ビル外壁工事中。でも、営業していてよかった。14時を回ってる店内は賑やか。そして皆様、酒を楽しんでいる。どうやら2階席でも宴席のようだ。店舗前に並び客がなかったのでタイミング良かったなと思ったが、中央の待合椅子に1組お待ちデシタ。昭和の香りしかしない内装に、蕎麦屋らしい椅子とテーブル。そこにギッシリ客入り光景...華やか。常連であろう客同士の相席が羨ましく思える。 さ、空いたようです。 花番様が速やかに片付け、 笑顔で→お待たせしました~いらっしゃい〰〰ぃ 席に着くなり即お願いいたします… ■サッポロビール(大) ¥700 敏速対応で即座に運ばれ栓を抜いてくれる。 くぅ~~~旨い★ ■そばいなり寿し ¥300 カットされた断面から丁寧な仕事ぶりが伺える。甘さ控えめで薄い油揚げにギッシリ綺麗に詰められた蕎麦が美しい。ヒジキと人参のアクセントよく、さりげない胡麻も名脇役。固めに茹で上げられた蕎麦の食感よく上品な味わい。 ■厚焼き玉子 ¥650 ずっしりした焼き上がり。弾力ありながら、食すとフンワリ。おろしを乗せて甘味と調和する。好みあれど、この焼き具合と味付けは酒のアテとして申し分なく旨い。 ■上新香 ¥600 鮮やか綺麗に盛り付けられている。ぎっしり詰めて巻かれた白菜も茄子(断面中央白色)も浅い漬け具合で塩分控えめ。昆布の旨味を感じる…それがイイ。一緒に提供される蕎麦返しを小皿に垂らし、それにチョン付けして食す。大根にカブ…なんとも旨い。格別だ。 ■蟹と焼椎茸きざみ野菜サラダ ¥750 ドレッシングは蕎麦返しを基調にオイルと胡麻でシンプル仕上げ。みずみずしい大根&トマトに炊かれた椎茸と蟹むき身の旨味との相性がいい。揚げワンタンのアクセントがGOOD。有りそうで御目見えしたことのない新食感でビールが進んだ。 ■せいろう ¥780 なごりおしい程に美味しい料理を堪能させて頂いた。他にも食してみたい逸品の数々。酔い潰れる前に蕎麦へシフトすることにする。注文するとすぐに猪口と薬味がセットされる。すぐに汁を啜る→節の香りよく、出汁の旨味もよく抽出されている。甘い返しだが出汁との調合がよく上品な仕上がり。程なく提供された蕎麦は見るからにイイ輪郭。細く綺麗。水〆洗いよく、水切りも程よい。そのまま啜った直後の香りよく、固めに茹で上げられているので口の中でソノ角を楽しめる。もちろん汁との相性良く蕎麦を1/3ほど浸してズルッと手繰る…旨い。 セイロが空くと直ぐに鉄瓶(蕎麦湯)が来る。 そこへ店主が訪れ蕎麦湯を注いでくれる。 その蘊蓄(サービス)が何ともいい◎ ちょい貸しな(鉄瓶)! ↓ (猪口の汁を空いた器に少し移して減らす) ↓ 蕎麦湯とのバランスが大事なんだよぉ… ↓ グイッと飲んで…「旨いっ」 ↓ だろぉ。(店主ニンマリ) てやんでぃ的なやり取りが旅の思い出になった。 そば茶のオカワリも美味しかったデス。 おいしゅうございました。 こちらこそありがとう存じます。

2020/02訪問

1回

室町砂場

新日本橋、神田、三越前/そば

3.79

524

¥6,000~¥7,999

¥1,000~¥1,999

定休日
日・祝サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:4.5

日本橋室町の路地裏に凛とした濃紺暖簾がなびく。風格ある佇まいは昭和49年に建てられた店舗を改装されているとのことだが店内漂う風情に圧倒される。店内窓から覗く坪庭の緑が心を落ち着かせるどころか私にとっては高揚する材料になってしまう。いずれ窓際に席をとり蕎麦前してみたい。行列ができる人気店だがこの日はオヤツタイムちょっと前だったこともあってか直ぐに入店できた。2階には座敷もあり宴席利用のお客様で賑わっていた。案内されたのは1階中央のテーブル席。隣の席が空いていたので1人でゆったりくつろげた。 いらっしゃぁいぃぃ~...この響きこそいい風情 多くのお客様が帰られた後と思いきや、途切れることなくお客様が入店してくる。庭の見える席は常連様にも人気のようだ。羨ましく見えてきた。 さ、蕎麦前☆ ■ビール小瓶 ¥500 小瓶の銘柄を聞くとハートランドとのこと→いいねぇ。地元ススキノの蕎麦屋でもあるなぁ…緑瓶提供。アテに梅海月がついてくる。その酸味が心地よい。 ■かまぼこ¥650 盛付けに酔いしれる◎山葵と海藻の付け合わせ。この醤油(かえし)が気になる→丸みある返しにニンマリ→蕎麦前ではオキマリメニューだが、海藻が添えられたのは自身初めて拝見。塩味ほどよく、磯の香り効いているのがよく合います。定番山葵乗せも無論味良。 ■玉子焼 ¥650 テーブルに運ばれると同時に胡麻油のいい香りが漂う。熱々で湯気が立つ姿。早速端を入れるが弾力ありながらフワっとしている…出汁が染み出る…甘さと旨味が主張する逸品。それにしても焼きに使用されている胡麻油の香りがとにかくイイ。おろしを乗せた一体感が尚イイ。 ■もり ¥650 そろそろ蕎麦お願いしますと伝えると…それでは御蕎麦の準備しますねぇ~と、花番様が猪口&薬味と徳利をセットしてくれる。待ちきれず汁を啜る→旨い。かえしの効いた辛口だが鰹と昆布の旨味で滑らかな口当たりになっている。ほのかなに感じる味醂が余韻となる。入店前からこの汁の期待度が高かった。酔い舌ながらハッキリ旨い。 そこへ、ルックス整ったセイロ蕎麦が登場。水〆洗い良好。水切りも良好だ。舌で角を感じ、噛んでその弾力感を楽しむ。申し分ない茹で加減で仄かな香りもよい。表面の薄っすらザラ感もよく、汁にチョン付けしてズルっと啜る…旨っ。 蕎麦湯は江戸前の基本である釜湯。個人的に粉を足したトロッと蕎麦湯も嫌いではないが、蕎麦つゆを美味しく飲ませるための湯であると考えるならば基本通り釜湯に限る。もちろん蕎麦つゆそのものが旨いことが前提だ。良くも悪くも、ドロドロ蕎麦湯提供のお店は理由あってのことと思うが、蕎麦湯でその蕎麦屋を見極めるのも楽しみの一つとも言えるのではないか。蕎麦湯を継ぎ足した猪口に薬味の葱を浮かべて微睡む。   ※価格は外税。 此処(室町砂場)では「 もり to ざる 」で使い分けされる用語とセイロが違う。 *もり→挽きぐるみ粉(並粉) &  四角セイロ *ざる→更科粉 & 丸セイロ と言った具合。個性際立つ表現にも感じるが、それぞれ異なる魅力を引き立てているように思う。 江戸蕎麦御三家→藪‐砂場‐更科。最も古い歴史を持つのが砂場。大阪城築城の資材置き場(砂利+置き場)の近くで繁盛していた麺屋が暖簾分けで江戸に伝わり広がったといわれる。ここは明治二年、日本橋で営業開始。創業150年の歴史に感謝。 此方こそ、ありがとう存じます。 おいしゅうございました。

2020/02訪問

1回

古祁庵

円山公園/そば

3.66

63

-

~¥999

定休日
月曜日(祝日の場合営業)サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:4.5

暖簾ゆれるシックな外観。ジャズ流れる店内は落ち着きがある。メニューやテーブル横に置かれているオススメ表記もだが見易い上に温かみのある手作り手書き。和みとはこうした細かな心配りから生まれるのだろう。よき日本の手本だ。その細やかさは隅の隅まで丁寧に接客する花番の姿からも伺える。土地柄以上のおもてなしに感じる。 ■せいろそば ¥900 凛とした店内でいただく蕎麦。綺麗に細切りされた蕎麦は程よいザラつきがあり繋がりもいい。啜るとふんわり香り、噛めば甘みが広がる。生意気だが口に入れた瞬間の印象でニ八を吟味しているが雑味のない自然体な蕎麦は旨い。そしてつゆだ。円みのある熟成辛かえしで出汁との調合よく、強くありながら旨味余韻が残る。蕎麦ちょん付けで啜ると双方相まって旨さ広がる。札幌で江戸前辛口を味わえるのは実に嬉しく誇らしい。 2~3啜ったところで花番様が薬味と蕎麦つゆ徳利を運んでくれた。辛味大根につゆを湿らせ蕎麦の上に乗せていただく。蕎麦で箸休めってのもオツだ。最後に蕎麦湯を猪口に注ぎつゆの旨味を再度堪能。昆布の土台に節の華やかさが膨らみ何とも至福。 蕎麦は常に数種類をブレンドし自家製石臼機械で挽いている。特段畑を選ぶわけではなく都度店に合う蕎麦を選び調合している拘りを謙虚に語ってくれた。 実に美味しい蕎麦。 また味あわせていただきたい。 ごちそうさまでした。

2019/12訪問

1回

渋谷 森本

焼鳥 百名店 2019 選出店

食べログ 焼鳥 百名店 2019 選出店

渋谷 森本

渋谷、神泉/焼鳥

3.77

332

¥3,000~¥3,999

-

定休日
日曜日、祝日 (年末年始、お盆休みあり)サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.5

名店らしくオープン前から入口に並び客あり。一時間もすれば店内カウンター後ろにも列ができる。賑々しい雰囲気でもベテランstaffの対応は流石。大衆店でありながら接客サービスは一流。呑んべえ相手に心使いの連続だから長居したくなる安心感。もちろん焼き物各種が旨いから通い詰める常連様が多数いるのだろう。 *ゴンボ *砂きも *若鶏ねぎま *相鴨 *しそ巻き *ねぎ *オクラ *らっきょうワイン漬 カウンター内は常に大忙しながら役割分担がされており細かな配慮をしてくれるので居心地がいい。店内ぎっしりと込み合っているが串物の提供速度がいい。さほど大きくない焼き台なのになぁ。凄い◎。 どれも焼き加減良好。強火の近火でふっくら焼き上げている。部位によっては仕上げの炙りで焼色を加え香ばしくしている。名物笹身(ささみ)には、すり下ろしたて山葵を乗せられる。とくに旨くて気にいったのが相鴨(合鴨)。ジビエを苦手としている人でもコノ旨さに驚くであろう。 キリンラガーおかわり。しかし待ち客多数なので直ぐにお会計をしてもらう。 とてもおいしかった。 ごちそうさまでした。

2019/11訪問

1回

焙煎研究所

白石(JR)/喫茶店

3.12

5

~¥999

~¥999

定休日
日曜日、お盆、年末年始、休業日に関しては自社HPにてご案内いたしております。イベント等で貸切や休業日もたまにあります。

昼の点数:4.5

夏休みの自由研究みたいで楽しい時間デシタょ☆オーナーお手製空間で織り成す見事な演出★遠赤外線を生かした珈琲焙煎機械オモシロイ◎ 記録的猛暑が一転して過ごしやすくなった雨の札幌。雨なのになんだか ホッ とします。。。 駐車場に車をとめるとオシャレな駐車スペースライン→珈琲すきなのね…なんか笑顔になる → さらにお店入口を目指すとなにやら 子どもとワンコが先に入店している形跡が…更にニンマリする◎。 こんにちはぁ… グーにした右手を回しながら…やってみたいんですけど…→どーぞどーぞ…と、オーナー笑顔で迎え入れてくれた。 やってみたかったんですよぉ→そぉですかぁ… もぉ早速その手順に入ります。 ココはかねてからとても気になっていたお店。オーナーの本業はステンレス加工業だが…(詳細省略)縁あってコノ焙煎機械を作ることとなる→試作するには珈琲をわからねばならぬ→店やるぞ!…(やはりかなり詳細省略)で、親族様のお家を自ら改装してできたのがココ。珈琲の「豆」よりも珈琲の「木」が好きから入った店長と一緒に商品開発を今尚進めている。珈琲好きな若者たちもその研究場所として利用する方もチラホラ…なんせ、、、 焙煎マシーン利用料¥500… しかも珈琲豆持ち込みOK…珈琲屋さんなのに、、、えっ。なかなか面白いシステムだ。 初回は豆(今回はコロンビア500g)と受講料で¥2000だが 2回目以降は豆をお店で買ってもイイし、持ち込んでもヨイ。しかしながら豆の種類も充実してる。 焙煎時間そのものは20分程だが 作業しながら機械のいきさつや珈琲の豆知識、自分の好みなどお話しながらなので結構な時間滞在したが めちゃめちゃ楽しかった☆☆☆ で、私は古い人間なので流行りの浅煎りではなく…がっちり深煎りイタリアンロースト。。。うわぁイイ艶→イイ香り。なるほど豆の油ってスゴイ。それを袋に摘めて…ハイ 完成◎。オウチに帰っていただくのが楽しみだぁ。 あ、もちろんココはカフェなのでこの作業の間もお客様が入店してきています。せっかくなので 水出しアイスコーヒー(¥500)をいただく。濃いめ深い味わいはとっても好みだった。 店長様が愛してやまないお庭にある珈琲の木を眺めながら充実したイイ時間を過ごしました。 是非是非また伺いますっ。 おいしかった&たのしかった。 ごちそうさまでした。

2019/08訪問

1回

酒肴 ぼんてん

すすきの(市営)、すすきの(市電)、豊水すすきの/ろばた焼き、魚介料理・海鮮料理、和食(その他)

3.30

7

¥3,000~¥3,999

-

定休日
日曜日、 祝日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.5

メインは牡蠣☆名店炉端出身ママが織り成す北海道らしい逸品の数々~地元民だって満足イタシマス。

2020/09訪問

4回

ルッカパイパイ

カレー EAST 百名店 2019 選出店

食べログ カレー EAST 百名店 2019 選出店

ルッカパイパイ

平岸(札幌市営)、中の島、豊平公園/スープカレー

3.64

64

¥1,000~¥1,999

¥1,000~¥1,999

定休日
木曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.5

やってます!オレンジ電飾が煌々と輝いてイマス☆嬉しい限りデス→食べたいなぁ…と思ったときが食べ頃。好みがハッキリ別れるジャンルなだけに何とも言えないが…ココのsoupカレーはやっぱり旨い☆ ココの営業再開はインスタ確認済だったが…最近は出張が多くて入店できないでいた→ににすけ様からのコメントを受け取り新千歳から帰宅後に即効でココを目指した。 ■チキンブロッコリーチーズ ¥900 *辛さ8 *ライス少なめ(150g) *トッピング焼きトマト ¥150 増税後だけどお値段据え置きでした。今時1000円以下メニューが主ってのが好感度高い◎。変わらない店内はspiceのイイ香りタダヨイます。あれ、変わってる→テーブル上にあるビネガーの容器変わってる。鷹の爪とローレルが美しい…なにか変わったのかなぁ…カレー到着が待ち遠しく感じます…あっさりエビス飲み干しデス◎ウマッ。 来ました☆久々お目見えsoupカレー到着デス◎ウマァ〰️ッ。久々だからか8番でも辛く感じた…けど、柔らかチキンを崩してビネガー投入でいつものマロヤカカレーに変身。とは言え、汗フキフキしながら食します。コノ酢は魔法ですねぇ…味に広がりがでますょ。ココのスープ&ブロッコリーの相性めちゃめちゃgood◎チーズがイイねぇ…ウマッ。焼トマトとなってるけどfresh感あるトマトにバジルがイイですゎ◎。 おいしかった。 ごちそうさまでした。 久々入店…2019年9月半ばから長期休みになっていますがココのファンはいつまでもずっと待てますょ。balanceイイspiceスープの安定感は流石→ウマイ◎オリジナル酢をフリフリして更に自分好みに変身◎ウマッ。 ■チキンブロッコリーチーズ ¥900 *辛さ8 *ライス少なめ *更にブロッコリー トッピング(¥150) ■チキンベジタブル ¥900 *辛さ1 *ライス少なめ *焼きトマト トッピング(¥150) 入口扉を開けるとスパイスの香りただよう店内は相も変わらずイイ雰囲気。客層幅広めでコノ日も常連様多数…。やはり長年愛されてるお店ですね。 まずは瓶エビスをいただきマス→即座に2本目デス…スープカレーの食前酒にはとてもイイですねぇ◎ウマッ。 ブロッコリーにブロッコリーとっぴんぐしてみました→揚げ具合良好デス。チキンの具合もイイので食べごたえもある。あっさりしていながら奥深い飲み口のスープは自分好み◎。チキンベジタブルにトッピングした焼きトマトバジルがスープへの馴染み具合イイ→コレは次回から必修にしよう◎ウマッ。 おいしかった。 ごちそうさまでした。 スープ&スパイス求めて〆カレー。飲んだ後にたべてもフラットに感じる。相変わらずココのスープは好み◎→すあげブロッコリーとの相性もちろん◎。オナカスイテルなら更にブロッコリー追加トッピングしたいくらい→サラッとコクありスッキリspiceには相性良。 落ち着いた店内なので混雑の時でもゆったり食べさせてくれる。ぞくぞく入店がないタイミングなら雑誌とラッシーで落ち着いた時間を過ごせる。とは言え、お店に入りスパイスの香りをまとうとさほど空いてもいない空腹中枢が刺激され食べる前から食欲がわいてくる。。。 ブロッコリーチーズ 辛さ8 ライス少なめ 価格めちゃ低め◎ チキンをほぐしたあとのスープはやはりうまいし、テーブルにある酢をふりかけると一体感がまして更に旨くなる。 カレーも人それぞれだし気分にもよる。とは言え、このかんじは本人なかなかクセになってしまってる。 これから夏になり温かい日のお昼にビールとともにいただきたいなぁ…と次の入店をイメージ。 やはりおいしかった。 ごちそうさまでした。 スパイス→元気up。体調ややすぐれないのでspice求めてココへ。入店する度にメニュー色々、辛さ色々と試みた結果、たどり着いたのが チキンブロッコリーチーズ辛さ8。やはりブロッコリーとスープのバランス良好店が自分好みのようである。もちろんお肉もスープを美味しくするのに必須。チーズってのもまたイイ。ブロッコリー更にトッピング追加すればよかったなと思う。ここはテーブルにスパイスとお酢がある。そのお酢がとてもとても魔法スパイス。結構な回数フリフリする。汗にじみながらもこの味の虜になっているのは確か。いまどきこの価格帯は◎。おいしい。

2019/11訪問

4回

かんだやぶそば

淡路町、新御茶ノ水、小川町/そば

3.78

909

¥3,000~¥3,999

¥1,000~¥1,999

定休日
水曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:4.4

江戸の流れを令和になった今もくむ神田藪。140年の歴史を継承し続けているのは伊達じゃない。火災の影響で新築された店舗。庭の雰囲気は格式があり日本のよき風情を感じる。店内から望む景色に癒される。 都営新宿線小川町より此処を目指す。神田まつや前には並び客。先の立ち食い六文そば前は長蛇の列。平日昼時ど真ん中だったのでどこでも待つことは覚悟していた。綺麗な庭の角に「やぶそば」行灯。ここだ。入口に近づくが人がいない…休みか…不安つのりながら進む。と、お帰りのお客様が店から出てくる。安堵。花番様に1名と伝える。空いてる席どちらでもどうぞと笑顔で言われる。広い店内中央に2名掛けテーブルが敷き詰められている。奥の囲われた4人テーブル席は満席のようだが他は…パラパラといったところ。奥のカウンターにします…と伝える。 すると、 いらっしゃい〰️〰️ これかぁ…聞きたかったウェルカムコールに感激。たくさんいる花番様が皆復唱。どの花番様もキビキビとした動き。清潔感ある風情ある制服なところからも老舗を感じる。 席につき辺りを見渡して…ん…お客様のほとんど(ほぼ全て)が酒呑んでるゎね。江戸前で蕎麦前◎素人の我輩にはなんとも至福。 よし! ■ヱビス小瓶(ねり味噌) ¥700 酒類に添えられるオリジナルねり味噌。通いなれた紳士なら酒だけを注文してコレで時を過ごすのだろう。じっくり練り込まれたゴボウと唐辛子の風味が生きる味噌を箸でチョイと摘まみ舐めながらビールをいただく…旨い。菊正宗…いきたい気持ちを抑えてオカワリビール。そこに五菜盛り登場。 ■五菜盛り合わせ ¥1850 *菜の花 *小魚天ぷら *そば寿司 *帆立焼き *味噌きゅうり 季節で内容は変わるとのこと。彩り豊。丁寧な仕事ぶりが伺える蕎麦寿司は実に旨い。中央に巻き込まれている卵焼きー椎茸ー干瓢の味がシッカリしているのでそのままでも美味しいが、藪にきたからには返し醤油を付けずにはいられない。からし味噌で和えられた菜の花は爽やか。サクふわ天ぷらやタレを重ねて焼かれた帆立も美味。キューリにもねり味噌が添えられている。お土産購入したとしたらコノ食べ方が見本になるのね…。 全体の半分程食べているところで蕎麦が運ばれてきた。注文時、花番様に遅らせて出しますかと問われたが、盛り合わせが先であればいつでもいいです…と伝えたことをちょっぴり後悔。窓から見える竹林を目で楽しみ、女将の注文呼び声を耳で楽しめていた。気づけば、入店前の江戸前蕎麦を食らうぞ…という気持ちは薄れ、優雅に酒を嗜んでいた。 ■せいろうそば ¥750 淡い緑がかったビジュアルに微笑む。水〆洗いを手早く施された蕎麦の水切りは良く汁がよく絡む。期待を持って啜った伝統十一(ソトイチ)蕎麦は至ってシンプル。香り、甘味そして風味のどれも控えめに感じる上品さがある。さ、汁だ。その汁のみ啜る…旨い。角のとれた丸みある返しと深みある鰹出汁の調合は返し強めの辛口ながらまろやか。蕎麦数本をチョん付けで啜る…旨い。 ※価格表示は全て税別 伝統の継承とは実に難がある。自由で好み別れる豊な現代日本において、今尚、暖簾を上げ続けていることがブランドの証。いい蕎麦前いただきました。 此方こそ…ありがとう存じます。 おいしゅうございました。

2020/02訪問

1回

発酵ヤード

資生館小学校前、西8丁目、狸小路/ダイニングバー

3.34

12

¥3,000~¥3,999

-

定休日
-

夜の点数:4.3

ん?…暗がりに何やら怪しいyellow電飾。狸小路の北裏にあたる南2条通り(東向き一方通行)を走る車も、通行人も、Uber Eatsだって気になる佇まい★SNS上でも注目の此処は平日だというのにヤッパリひどく混雑している話題店。入店できてラッキーって訳ではない…流石☆名幹事。エントランスを抜けて入口に差し掛かると若イケMEN’sスタッフ様が扉を開けて迎え入れてくれる。ほえ~ぇっ、カッコイイ店内中央にドリンカーを配置し、曲線ユーモアのデカデカ一枚カウンターが広がる。おっ、コレかぁ~発酵酒★気になっていたわぁ~ 壁面に光る真っ赤な電飾は… staff様の頭文字「ヤ」ぁ~。 外観yellow電飾が 漢字に対して 店内は… アルファベット。 あれれ、青がないなぁ… 止まれ!注目しろ!!ってことか。通りで、此処前を通る皆様が振り向き、足を止めている。 さ、乾杯っ。 オナカスキスキの皆様とあってジャンジャン食らいますよっ。 まずはファーストドリンクと共に運ばれてきた食前肴クラッカー。胃腸に刺激を与えて食事を一層楽しめるようにする作戦のようだが…ウマっ◎サッパリ爽やかぁ。 で、 □ゴルゴンゾーラとみたらしの最中 ¥250 □甘海老とアボカドの紹興酒三升漬け ¥450 □本マグロの出汁醤油ユッケ ¥650 □旬の刺身3種 発酵薬味¥1000 □北海道産豚肉のパテ もろみ味噌マスタード ¥550 ざざざっ…と、登場してきたのでハイペースで食らう。なるほどねぇ…発酵提供の仕方も様々で面白い。 でで、 ★羊チョップ ニラミント醤(¥700)はオ得な旨さ。シルバー添えられるも...そのままガブリつく◎ウマッ。スパイスオイル漬けたチョップ肉は柔らかなのは勿論、旨味&香りよい。何より此のスパイシーソースが旨い◎ミント強烈に感じる風味でニラの香り(特有の旨さ)が支えている。後にスパイス感がシュワシュワっとやってくる。ラム&ハーブ好きなら絶対注目の逸品。 ででで、 ■鴨肉のロースト デュカとルバーブソース ¥1300 ■麻婆豆腐 ¥700 ■和のフィッシュフライ(山椒タルタルソース) ¥550 ■発酵白菜のシューマイ ¥500 ■やわらか卵のトマト麹炒め ¥600 ■海老とレンコンの春巻 ¥350 ■羊肉の水餃子の麻辣ハーブソース ¥600 全体的に輪郭のあるシッカリ目の調理なのでドリンクが進みます。 ふぅ… ◆発酵オイルそば ¥500 ◆塩レモン鶏 ¥450 ◆ハーブ檸檬鶏冷麵 ¥500 〆系は割りと小ぶりでやってくるのが嬉しい。それがコストにも反映されていて注文しやすいかも。 閉店間際にスウィーつタイムぅ~ ◇ヨーグルトアイス ¥300 ◇カスタードプリン ¥300 ヨーグルトアイスちょぉ~サッパリぃ~でウマぁ~◎すっきりぃ~。 笑顔の絶やさない明るいstaff様は皆様丁寧で温かい。コンセプトは大人空間のようだけど、幅広い層に支持されそぉだなぁ…居心地いいデス☆ 丁寧で爽やかなお見送りに感謝。 おいしかった。 ごちそうさまでした。

2020/10訪問

1回

築地 布恒更科

築地、東銀座、築地市場/そば

3.76

178

¥1,000~¥1,999

¥1,000~¥1,999

定休日
日曜・祝日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

昼の点数:4.3

蕎麦御三家「薮・砂場・『更科』」の流れを組む此処は、麻布永坂更科(現・更科堀井)一門。4代目布屋恒次郎氏(長男伊藤始)が2004年に開業。メニュー見開きに記されている「自家製粉石臼挽き手打ちそば」の拘りを継承している。どっしりとした門構えに掲げられる橙色暖簾をくぐると蕎麦屋らしく(テーブルに椅子、壁や天井、照明etc)奥ゆかしい空間が広がる。 着席する前に…ビールをお願いします。 そして…ふぅ~っと、うまい☆ 壁面黒板にも本日肴メニューがあることをつげられる。先客様はどうやら天ぷら盛りで酒を楽しんでる様子。賑やかで楽しそう。 ■板わさ ¥1000 *盛付け→鶴。 *厚み→いい弾力食感。 *醤油→丸みある返し旨っ。 *山葵→鈴廣わさび漬け。 小田原鈴廣とわかっていても提供する店によって其の色は大きく違う。板わさは提供速度も重要。 ■玉子焼 ¥1000 出汁バァ〰️ンと効いた出汁巻風。ぷるぷるフワフワに焼き上げられており、熱々ハフハフ。甘みや塩味は控えめで鰹の香りと旨味を楽しめる。醤油を少し垂らすと玉子の旨味が顔を出す。 ■もり(外ニ) ¥950 外二並粉蕎麦は田舎蕎麦を思わせる中太だが端正な姿に期待が高まる。角ある蕎麦をそのまま手繰ると、コシが立つ茹で加減で風味が強く噛むと蕎麦の甘みも強く感じる。表面のザラつき良く、汁がよく纏う。絶妙な加水具合。打ち手の技量の高さが伺える。 濃厚辛口の汁が旨い。江戸蕎麦らしい返し使いだが、丸みある辛さを感じた後に鰹節の旨味が口の中で咲く。そしてそして…甘みの余韻が強く残る。確かに辛口だが出汁使いよく効いた甘口よりの辛口だ。手繰り終わり猪口に残る汁を回し動かすとその具合がよくわかる。其処に蕎麦湯を注げば…見事、鰹出汁の香りが花開く。薬味(葱&山葵&辛味大根)良好で、途中、口に含みながら手繰った。 んん~…御膳・生粉打ち(十割)・変わり蕎麦…気になってきたぞぉ。厚切り鴨汁…いいなぁ。。。 此処は木鉢会に所属しており、其の色が随所に伺える。二代目、三代目と暖簾を引き継ぐのは並大抵なことではない。流行り廃りに流されやすい社会において、家伝の技術と伝統を継承しながらも此処でしか、、、この店主でしか味わえない蕎麦の味を堪能させていただけた。 「温故知新を旗印に、基本は重んじるものの旧弊に陥ることなく、新しい時代の流れに対し、精進することに努める」(木鉢会HPより) おいしかった。 ごちそうさまでした。

2020/03訪問

1回

上野藪そば

京成上野、上野御徒町、御徒町/そば

3.77

576

-

¥1,000~¥1,999

定休日
水曜(祝日の場合翌日休み)隔週火曜サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.3

チカチカ明るいネオンがぎっしり。人通りが多く飲食店が立ち並ぶ道をアメ横方面へ歩きます。すると、渋い灯篭が視界に入る。何とも老舗感が漂っている。暖簾くぐり店内へ入ると…バーを思わせる接客…いらっしゃいませ…と姿勢よく会釈。クラシック流れる店内は暖色系照明で落ち着きある雰囲気を演出している。あら、ムーディー…ってか、Sick★ 蕎麦打ちが目の前で見られるカウンター席に着席。平日19時を回ったあたりだが中中の客入り。まずはヱビス頂戴いたします。ねりみそ de チビリ…旨っ。 ■板わさ ¥780 飾り包丁が美しい。鈴廣の上板蒲鉾は弾力といい歯ごたえといい申し分ない。本山葵の辛味が強く効いていて、返しをチョンつけしていただくが…旨い。 ■玉子厚焼き ¥780 有機玉子に生クリームをいれて仕上げられているとあって、ふくらみ豊かで、弾力ありながらも柔らかな口当たり。酒呑みにはイイ塩梅だが、個人的に…やっぱり返しをチョンとつけていただく…旨い。 ■せいろう ¥760 北海道旭川市江丹別産蕎麦粉使用。綺麗に整った蕎麦の水洗い良く、キッチリ水切りされている。蕎麦表面に見える細かなザラつきも良。コシ立つ茹で加減で仄かな風味と甘みを感じた。汁が旨いっ。言わずと知れた江戸前辛口。キーンとくる辛さをイメージしていたものの、丸みのある返し使いなので其の旨味が前面にくる。火入れしない生返し(本醸造醤油使用)に、惜しみなく使用されているであろう本枯&宗田節の出汁との調合は絶妙。 蕎麦を1/3程浸して手繰る。 蕎麦湯は銅製急須で熱々提供される。サラッとした釜湯を猪口に注げば出汁の香りが広がり余韻を楽しむことができる。至福。 1892年(明治25年)創業。火事で焼失した「かんだやぶそば(連雀町藪蕎麦)」の暖簾分け。今尚、江戸流そばが楽しめる由緒正しい老舗はこの先も此処あってほしい。 おいしかった。 ごちそうさまでした。

2020/03訪問

1回

焼鳥 おさむ

東本願寺前、すすきの(市営)、すすきの(市電)/焼鳥

3.04

2

¥4,000~¥4,999

-

定休日
水曜日サイトの性質上、店舗情報の正確性は保証されません

夜の点数:4.3

オススメBBに記載されてるじゃないですか…カムバック登場☆名物わっぱ飯鮭&高菜◎コレは嬉しいなぁ…と、気づいた頃には中中の酔っぱらいデシタ。次回のお楽しみが出来ました。 やっぱり此の店内が落ち着きます。好きだなぁ…。南7条界隈を通ると何となく気になる。焼鳥食べたいなぁ…って時も、やっぱり此処を思い浮かべる。 何度か通うと懐かしいメニューがチラホラ再登場しているのは嬉しい。明るくユーモアに富む大将が織り成す生粋の車屋&進化系焼鳥はやっぱり旨い。 ※写真は数回分まとめて掲載 今宵もいいお酒デシタ☆ いつも美味しくいただいてます。 ごちそうさまでした。 むしろ…おかえなさい。此処の焼台に帰ってきていただけたことに客ながら気持ち高まる思いがある。すすきの老舗の味が、また此処で再び堪能できるとは思ってもみなかった。店主の車屋からはじまった串焼き人生一筋40年超は言葉で表現するようなものじゃない。すすきので磨いたその技術の集大成を発揮すべく此処へ帰ってきた。 店内の雰囲気は先日まで営業していた「はしもと」と何ら変わらない。強いて言うならば、黒板が置いてあった壁面に大きな壁掛け時計が設置されていること。。。ん?…なんか見覚えあるような…。 オソレオオイがカウンター中央に席を取らせていただきパーフェクトクラシックを頂く。旨い…が、緊張する。今でも、焼鳥おでん古屋のファンなので移転した今でもちょくちょく顔を出している。しかし、自身が古屋に通うようになったのは川口さん(店主)が蔵鵡本邸へ移動した翌年あたりから。蔵鵡で焼かれる姿は拝見していても会話することはなかった。その寡黙な姿に息を飲む。。。が、本日、何とも柔らかく気さくにオシャベリしていただいた。ふぅ…一気に肩の力が抜けてパーフェクトクラシックおかわりしちゃいますっ→ハイボールもいただきます。 *レバー ¥280 *手羽先 ¥300 *牛タン ¥600 *椎茸肉詰 ¥300 *ミニトマトチーズ ¥300 *舞茸豚巻き ¥300 *小揚納豆巻き ¥250 *牛ももチーズ ¥400 肉や炭は同じであっても、焼き手で串そのものが変わるなと実感した。もちろん旨い。 焼鳥からもススキノの歴史を感じられた有意義な時間はあっという間だった。 おいしかった。 また来ます。 ごちそうさまでした。

2020/06訪問

2回

総本家更科堀井 本店

麻布十番、六本木、赤羽橋/そば、懐石・会席料理、天ぷら・揚げ物(その他)

3.79

582

¥3,000~¥3,999

¥1,000~¥1,999

定休日
年始

昼の点数:4.3

1789年(寛政元年)創業。信濃布の商いから蕎麦屋になっていなければ更科の歴史はどうなっていたのだろう。当時、保科家の江戸屋敷から近い麻布永坂町に店を構えた看板は「信州更科蕎麦処 布屋太兵衛」…ん?。昭和十六年廃業するも、戦後、店は再建された。が、外部会社組織となっていたため「永坂更科」や「布屋太兵衛」の登録商標を使うことができずに時が流れ、昭和五十九年十二月麻布十番に「総本家更科堀井」として開店。創業230年。八代目堀井太兵衛が変わらぬ伝統を継承している。 クラシック流れる店内は現代的でテーブルや椅子を除いた雰囲気は喫茶店のようでもある。若いstaff(花番)様に中央の、お一人様中心利用されるだろう三角テーブルへ案内される。写真付きの分かりやすいメニューに目を通すと…どれも美味しそう。玉子焼きを行くべきだったか…。 ■さらしなそば ¥950 朱色で高さ低めのオリジナルセイロはカッコイイ。さり気なく、かわいらしい猪口&徳利が和ませてくれる。蕎麦の実の芯部分だけの一番粉使用であっても店舗によってその輝き具合は目視で分かるほど違いがある。此処の白蕎麦は艶やかでありながら目で見えるザラつきあるビジュアル。手早い水〆洗い後の水切りがキッチリされている。蕎麦同士がくっつきそうで、つかない具合なので汁が良く絡む。それでいて啜った喉ごしも良い。噛むと白蕎麦の甘みが強く、食感のよい茹で加減。その汁だがイメージしていたものとはまったく違った。更科を注文すると「あま」徳利のみが提供される。その時点では他店であるように「あま」と「から」の両方提供して欲しいな…しか思っていなかった。が、この汁は鰹の旨味がよく効きながら返しの辛さが負けていない辛口よりの甘口だ。もちろん味醂の甘みもしっかり感じる。これは旨い。薬味の葱&山葵の具合良好。途中、薬味の辛み大根で箸休めるもテンポよく蕎麦を啜り続けた。釜湯の蕎麦湯は勿論旨い。となると、温か蕎麦も気になり始めた。「から」汁も気になる…。 更科とは信州そばの集散地だった更級の「級」の音に、保科家から許された「科」の字を当てたそうだ。その当時は大名屋敷や力ある寺院などに定評があったそうで、明治半ばの最盛期には、皇后や宮家などにも出前を届けていたという。勿論、当時も白い更科蕎麦と変わり蕎麦が主力だったそうだ。各地に「更科」が増えたのは永坂の繁栄にあやかろうとしたという説が有力らしい。 奥深い更科の歴史に魅了されています。 おいしかった。 ごちそうさまでした。

2020/02訪問

1回

ページの先頭へ