OWL1964さんが投稿したアニエルドール(大阪/阿波座)の口コミ詳細

OWL1964のレストランガイド

メッセージを送る

この口コミは、OWL1964さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

アニエルドール阿波座、西大橋、本町/フレンチ

1

  • 夜の点数:4.6

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.6
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク4.4
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999
1回目

2017/12 訪問

  • dinner:4.6

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.6
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク4.4
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

祝☆獲得!ビストロノミーからガストロノミーの名店へ!

2017年12月某日、「アニエルドール(agnel d'or)」さんに結婚20周年のアニバーサリーとして愚妻と訪問させていただきました。

地下鉄阿波座駅1番出口より徒歩4分。都心ながら靱公園近くの閑静な一画にあります。

"agnel d'or"とは、12~15世紀に鋳造されていた子羊の図柄を持つフランスの中世金貨。
意味は直訳すると「金(or)の子羊(agneauの古語agnel)=子羊金貨」といったところでしょうか。
ヨーロッパ中世では、子羊はラテン語で「アニュス・デイ(Agnus Dei)=いわゆる神の子羊」と表記され、キリストの象徴となっていました。
藤田シェフは歴史と本質を大切にしたいとの思いを込めて名付けられたとのこと。

アニエルドールのオーナーシェフ藤田晃成さんは、まだ30代の気鋭(1981年大阪府生まれ)。
この若さでさきほどミシュランガイド京都・大阪2018の一つ星☆を獲得。食べログ評価も現在4.05を誇ります。

贅沢な話ですが、拙宅からはこの名店が最寄りのフレンチにあたり、今回の記念日のお店に選ばせていただきました。

藤田シェフの経歴としては、大阪の数店と神戸のアノニムさんで修行されてから、フランスに渡り、ノルマンディー、バスク、リヨンと、地方を中心に約4年半の研鑽を積まれました。最後の1年半ほどはリヨンのお店でオープニングシェフをつとめられています。
帰国後の2013年8月に、アニエルドールをまずカジュアルな「ビストロノミー(=ビストロ+ガストロノミー)」のお店としてオープン。
今年2017年5月には、ほぼ全面的な改装が施されてリニューアルオープン。シックで大人の雰囲気漂う「ガストロノミー」のお店へと変貌を遂げられました。

ガストロノミーとは、美食学とも訳される、美食のための学問。
最近では、それをさらに進化させてガストロバック(減圧加熱調理器)等の最新調理器具を使った分子ガストロノミーといわれる、より科学的なガストロノミーが流行となってきていますね。将来的には減圧調理された異次元のチャーシューを出すラーメン店などもきっと出てくることでしょう。。。が、その話はまた横に置いておいて^^;

ガストロノミーのお店の概念としては、いろいろな考えがあると思いますが、コスパを意識するカジュアルな「ビストロノミー」と違って、純粋に食事の価値(対価)を意識するお店といったところでしょうか。
そこには、単なる高級志向とは異なり、明確なコンセプトを備えているように思います。

今日はそんなアニエルドールさんで記念日のディナーを楽しみました。(^^)

当日は19時に到着。
イケメン・コンシェルジュにエスコートされて店内中央寄りのテーブルに着席。

お店の内装はとても落ち着いた雰囲気。壁色を真っ白にせず、シャンパンゴールドに近い白壁にされているので非常にゴージャスであるものの、けばけばしくはならず気品を感じます。

まず、ワインを注文。
私は赤のシノン(Chinon 2013)、愚妻は白のムルソー(Meursault 2015)でお願いしました。

ゆったりした時間の中、次のような品々が饗されました。

□ 銀杏 ウニ
・銀杏とウニをそれぞれムース状にした先付け
・銀杏を炒めたものと黒いシュー生地にウニを入れた先付け
濃厚なウニの風味と銀杏の香ばしい味わいで、まずは乾杯。

□ フグ 菊 柚子
・フグのマリネに菊油のグレーソース(柚子のソース)に菊油のタルタル 菊油のピクルスの前菜
・フグの煮こごり(テリーヌ)ゼリー寄せの前菜
どうすればこれほど濃厚なフグのエキスが抽出されるのか、と驚くほどの逸品。柚子と菊油の香りも濃厚。

□ 鴨 ブーダンノワール ゴボウ ワサビ
・ブーダンノワール(豚の血と脂による腸詰の一種)と鴨のもも肉のコンフィ テリーヌ仕上げ 葉ワサビとナスタチップ 下にはゴボウのピューレ ワサビで香り付けしたソース 鴨の胸肉と自家製のハム 下にはゴボウのコンフィ
ブーダンノワール、鴨のコンフィともに濃厚なのに重さを感じさない軽やかな味わい。絶妙のバランスです。ゴボウのコンフィはゴボウというより山芋に近い柔らかさ。お味も激旨でした。

□ 平貝 フォアグラ カブ 米 ディル
・平貝とカブを合わせた料理 カブのスライスの中には軽く火を通したカブラと平貝 米と日本酒を使ったソース 仕上げにディルの香草 パウダーとオイルをかけて
 米と日本酒によるソースの上品さと平貝とカブの淡泊さが重なり合い、貝の甘味を良く引き出した複雑な味わい。

ここで私はワインのおかわり。赤のコルナス(Cornas 2014)で。

□ 和牛 牡蠣 ネギ セリ
・牡蠣 牛テールの煮込み 牛肉の友三角(ともさんかく)を軽く炙ったもの 岩津ネギ(兵庫県朝来市特産の葱。下仁田ネギ、博多万能ねぎとともに日本三大葱の一つ)、あしらえはネギとセリの根のフリットや新芽
 友三角は牛の後ろ脚の付け根に当たる希少部位ですが、ほぼレアの焼き加減で歯ごたえを残しつつも大変柔らかく繊細な味わいで絶品でした。上に載ったセリの根のフリットも繊細の極み。日頃は旨味等の味覚ばかりを味わいとしていることに反省させられる気がしました。視覚、嗅覚、聴覚、触覚を含めて五感を総動員し、こうした繊細なあしらいも併せて味わうことができる気構えというか気持ちのゆとりを持つ必要があるかな。

□ 白魚 大根 カシューナッツ ラルド
・白魚のメレンゲ 大根のサラダ Soupe de Poissonのコンソメ
 出ましたスープ・ドゥ・ポワソン!南仏の定番料理で、ブイヤベースも有名ですが、こちらは具が入っておらず、お好みの和風出しにも通じる魚介のアラから取ったスープ。カシューナッツに隠れて料理が見えにくくなっていますが、スープの中で新鮮な白魚が沢山泳いでいるイメージ。こちらもスープのお味、白魚の新鮮さとも絶品で、気品すら感じる味わい。

□ 鮮魚 エビ 鶏 ホウレン草
・鳥取県産の近目金時鯛 付け合わせに餃子をイメージした鶏皮の中にエビを入れて焼いたもの ホウレン草のサラダ 自家製の鶏節 エビのコンソメスープ添え
チカメキントキは甘く、また香ばしく焼いた鶏皮とエビのプリプリ感のバランスも最高。コンソメスープもエビのエキスを最大限に抽出していて絶品でした。

□ 蝦夷鹿 紫(本日のメイン)
・蝦夷鹿のロースト 紫カリフラワーと紫キャベツとブルーベリーの付け合わせ 蝦夷鹿とブルーベリーのソース添え
 蝦夷鹿がメインとは思いませんでしたが、濃厚なブルーベリーソースによりジビエ特有の獣臭はなく、意外とあっさりした味で抜群の柔らかさとほのかな甘味を含んだ抜群の旨味を味わいました。

□ ビーツ アーモンド 発酵乳(一つ目のデザート)
・発酵乳を使ったソルベ アーモンドの香りのフランボワジェ ビーツのコンポート
 ヨーグルト風味の爽やかなソルベにビーツの独特の甘味が長時間緊張した舌を休めてくれます。

□ 紅マドンナ ローズマリー 蜂蜜(二つ目のデザート)
・紅マドンナ(愛媛オリジナルの蜜柑)の皮を使ったアイスクリームとゼリー添え ローズマリーと蜂蜜によるオレンジ風味のソース
 見事なガラスの器に入れられた、ディナー最後を飾る豪華なデザート。紅マドンナとローズマリーの爽快な香りに包まれました。

 茶菓子の前に食後の飲み物としてコーヒー・紅茶・ハーブティーを選ぶことができ、ハーブティーをお願いしました。

□ 茶菓子
・洋梨と赤ワインを使った冷たいお茶菓子 チョコレートとリンゴのクリームを挟んだ蕎麦粉の生地のゴーフレット
実に上品な味付けと和洋による最後のおもてなし。 

計3時間!実に濃密な時間でありました。
このシェフお任せのディナーコースが1人1万円(税・サービス料抜)!
ガストロノミーに変貌したとは言え、お値段はまだまだ破格と言っていいもの。健在のリーズナブルさでした。
また、最後にはご店主自らコート掛け、ご夫妻で寒い玄関外までお見送りいただきました。
本当にありがとうございました。
子育てに追われてなかなか機会のなかった久方ぶりのフレンチを心ゆくまで堪能させていただきました。
これからもランチにディナーに活用させていただこうと思います。
ごちそうさまでした。(^^)

  • 前景

  • 内観

  • フラワーディスプレイ

  • テーブル

  • おしながき

  • Chinon 2013、Meursault 2015

  • 銀杏 ウニ

  • 銀杏とウニの先付け

  • 銀杏とウニの先付け

  • フグ 菊 柚子

  • フグのマリネ

  • フグの煮こごり

  • 鴨 ブーダンノワール ゴボウ ワサビ

  • 鴨 ブーダンノワール ゴボウ ワサビ

  • 平貝 フォアグラ カブ 米 ディル

  • Cornas 2014

  • 赤のコルナス

  • 和牛 牡蠣 ネギ セリ

  • 和牛 牡蠣 ネギ セリ

  • 白魚 大根 カシューナッツ ラルド

  • 白魚 大根 カシューナッツ ラルド

  • 白魚

  • 鮮魚 エビ 鶏 ホウレン草

  • 鮮魚 エビ 鶏 ホウレン草

  • 蝦夷鹿 紫

  • 蝦夷鹿 紫

  • 蝦夷鹿

  • ビーツ アーモンド 発酵乳

  • ビーツ アーモンド 発酵乳

  • 紅マドンナのアイスクリーム

  • ローズマリーと蜂蜜のソース掛け

  • カモミールティー

  • 洋梨と赤ワインの茶菓子

  • 蕎麦粉の生地のゴーフレット

2017/12/26 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ