モグモグの実さんが投稿した銀座 しのはら(東京/銀座一丁目)の口コミ詳細

モグモグの実の一人食べ歩き放浪記

メッセージを送る

この口コミは、モグモグの実さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

銀座 しのはら銀座一丁目、銀座、東銀座/懐石・会席料理

2

  • 夜の点数:4.4

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.8
    • | CP4.3
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999
2回目

2018/07訪問

  • dinner:4.4

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.8
    • | CP4.3
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

季節行事も感じさせる料理

2018年7月の夜です。

銀座しのはらさんに1年ぶりの訪問です。
まだ暑い夕方、伊東屋の裏手のビルを地下1階におります。
この日は夕方5時からの早い回でお邪魔しました。当然のことながら満席でのスタートです。

ここの料理は盛り付けや内容が季節行事を想像させてくれるところがいいですね。

◇先付(自家製胡麻豆腐、浜防風、岩茸)
「迎え盆」を過ぎたところですので肉魚を排した精進料理。
これもまた美味。

◇蒸し鮑
塩や酒を一切使わずじっくりと蒸しあげていますが鮑の旨味が凝縮されたシンプルながら素晴らしい味。

◇お椀(毛蟹の真薯、冬瓜あぶら煮、ささげ)
◇向付(鮪、伊勢海老)
◇八寸(天然蓴菜にトマトの酢の物、茗荷とアコウの小袖寿司、玉子真薯、山桃のワイン漬け、鴨のロースト、佐島の蛸の柔らか煮、とうもろこしと枝豆のかき揚げ、オクラ、道後椎茸、生ばちこ)
お盆ですので蓮の葉が敷かれています。丁寧に味付けされたどの品もお酒を進めるいい料理
◇フォアグラマンゴー最中
八寸の最中に手渡しされる最中。フォアグラの脂とマンゴーの甘味のフュージョン。
◇鮪、烏賊、べったら漬けの手巻き
◇天然鮎食べ比べ(四万十川と天竜川)
2匹の鮎、人数分串に刺したものを見せてもらいましたがスイカの香りがほのかに漂ってきました。
これが噂に聞く香りなのかと簡単。まさに香魚ですね。
小さめの天竜川産と大振りの四万十川産、味も食感も微妙に違うのがよくわかりました。
◇スッポン唐揚げ
唐揚げにしてもスッポンのゼラチン質は健在。ぷるんとして美味しい。
◇鱧と蛤、原木キクラゲの鍋
鱧、蛤のエキスが染み出したスープは最高
◇牛ヒレ炭火焼
炊き込み御飯のおかずとしてミディアムレアのお肉を頬張ります。
◇新生姜炊き込み御飯
◇煮麺
いろいろな出汁が出たスープで煮込んだ煮麺。スープだけでなく麺もコシが強く最後の1本、最後の1滴まで飲み干しました。
◇長芋羹

1年ぶりの訪問となりましたが前回同様味も量も大満足の1日でした。
次回は違った季節に訪問したいと思います。

ごちそうさまでした。

2018/07/27 更新

1回目

2017/08訪問

  • dinner:4.4

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.8
    • | CP4.3
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999

ライブ感満載で楽しい時間を過ごせます

2017年8月の夜です。

もう私が述べるまでもない超有名店かつ超人気店です。
昨年銀座にオープンしてから瞬く間に予約が取れない人気店となりました。滋賀時代からその人気は確立されていたようなので当然のことかもしれません。
私も一度はお伺いしたいと思い予約を取ってから待つこと数ヶ月、ようやくその日がやってきて友人とともに楽しんできました。

場所は銀座の中央通りから1本東に入った通り、文具の伊東屋の隣のおしゃれビルの地下1階です。
ちょっと静かな通りに面した場所にありますが、入居するビルからして高級な雰囲気が漂います。

さてこの日は5時の1巡目。エレベーターで地下に降りるとすでに戸の前には開店を待つ数名の先客がいらっしゃいます。

5時きっかりになってお店の戸が開いて中に入ると奥に長く横が短いL字型カウンターがあり、我々は真ん中ほどに通されました。左前方には炭火焼用の囲炉裏があり炭がパチパチと音を立てています。

素敵な3時間を過ごしましたが、カウンターならではのライブ感を最大限利用し、ご主人の快活な篠原氏はもちろんのことスタッフ全員が客席とのコミュニケーションを大事にしていることが楽しい時間を過ごせた大きな要因でしょう。

香煎茶が振る舞われた後に若いスタッフの方がこの日提供される生きた鮎を入れた器を持って回って見せていきます。器の中で大きく跳ねようとする鮎を見て、この後食べる鮎の味に期待を高めたりカウンター越しに中を見せながら渡されるフォアグラマンゴー最中も楽しい演出でした。

料理ももちろん素晴らしいものでした。
旬の食材が惜しげもなく使われていますが、産地ごとの違いを楽しむ鮎の食べ比べや鼈の出汁によるリゾットはもっと食べたいと思う一品でしたし、あんかけご飯、雑炊と趣向を変えて楽しめる鮎ご飯には驚きです。

また他のレニュアーの方も言及されていますが八寸の楽しげな盛り付けや、先付が入る釣瓶水指といった演出もお見事。

まだ開店して1年、まだまだやりたいことが一杯あるとおっしゃるご主人の言葉から、これからも目が離せないお店だということを実感してお店を後にしました。

この日頂いたコースは以下の通りです。

◇食前:香煎茶
◇先付:鮑・雲丹・鼈のコンソメジュレ掛け
◇お椀:あこう鯛と冬瓜のお椀
◇造り:石垣貝・鱧(鱧子のせ)・真子鰈・鮪のお造り
◇凌ぎ:鮑と鼈スープのリゾット
◇八寸:鼈唐揚げ、とうもろこしのかき揚げ、猪肉、毛蟹とイチジク、出し巻き卵、車海老、煮タコ、庄内腑チーズ博多、鬼灯
◇口取:フォアグラマンゴー最中
◇焼物:天然鮎食べ比べ(琵琶湖と奥長良)
◇進肴:賀茂茄子、合鴨、オマールブルー
◇炊合:鱧と松茸の飛饅頭
◇御飯:鮎ご飯と鰻の唐揚げ(二膳目はフカヒレと鼈出汁のあんかけ御飯、三膳目は雑炊で)
◇甘味:むぎこがし

ごちそうさまでした。

2017/08/16 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ