ゆとり公僕さんが投稿した京天神 野口(京都/北野白梅町)の口コミ詳細

ゆとり公僕の自己紹介

メッセージを送る

ゆとり公僕 (30代後半・男性・愛知県) 認証済

この口コミは、ゆとり公僕さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

京天神 野口北野白梅町、円町、等持院/懐石・会席料理、京料理

2

  • 夜の点数:-

    • ¥40,000~¥49,999 / 1人
      • 料理・味 -
      • |サービス -
      • |雰囲気 -
      • |CP -
      • |酒・ドリンク -
2回目

2020/12 訪問

  • 夜の点数:-

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    ¥40,000~¥49,999
    / 1人

名古屋から訪ねました!

12月の京都はたっけぇなぁ。。

東京は季節によらず概ね同じような価格に落ち着くように思いますが、京都は完全に変動相場制です

12月から野口、鈴江、未在、やま岸と訪ねましたが、どこも卑劣な料金です

会計時の、あっれ前回と違うぅぅぅっっっておくびにも出さず心の声だけに抑えるのに、もう必死ですから!?

こんなにお高い京都のいけずっ!!

と、イチャモンつけつつも、美味いお店は心底美味いんですけどね!

しかしながら、今まで訪ねた京都の料理屋の7割近くが僕の口に合いませんでした

ただどのお店も、不味いと言うより、好みじゃないって感じです

鈴江も未在もそんなところです

神よ、京都の味の分かる人間に生まれたかった…

それでもハマるお店は全国五指ってくらい好きなんで、僕にとってはやんちゃだけど魔性を持つ食の都、それが京都です

その一つがもちろん、野口さんです

さて、今回の野口さんも相変わらず僕の口に合います

まさかと思いますが、僕の好みに寄せて来てんですかねぇ・・・いやぁなんだか申し訳ない(←アホ?)

この日はクマ鍋もありまして、クマ肉は言わずもがな、おつゆもクマ肉の脂が染みて、ガブガブ飲みたくなります

そういえば前回のシーズンは何度か食べたんですが、食べようと思わないとなかなか遭遇するものでも無いんですね

カリカリに焼き上がった鰻の焼き物もさすがの仕上がりです

専門店の焼き方とは異なるのでしょうけど、こういう、日本料理の一品として出てくる鰻の存在感も抜群ですね

鰻という食材がどれほど一流なのか思い知ります

そしてフグの唐揚げですが、こんなの食べたことないってほど凄まじく引き締まっておりました

フグって日本料理では白子ばかりが重宝される気がしますが、やはり一番旨いのは唐揚げでしょうに

そしてここの楽しみは、何と言っても、ご飯なんです!

大将にイクラとカラスミを一緒に盛ってほしいと懇願したら、アチャー、やらかしてますねぇ、この陽気でご機嫌な丼はっ!

イクラとカラスミ、僕の予想通り絶妙にハモります

次に、大将が呼ぶ牛丼と言うにはあまりにも想像の斜め上を行き過ぎる、尖りに尖ってしまったパリコレばりの牛丼っ!

ローストビーフに近いお肉に卵の黄身、白髪ネギ、そして黒トリュフをこれでもかってほどまぶしたら、いざランウェイへ

おお神よ、満腹絶頂のこの幸せのままどうか僕の息を引き取らせたまえ

野口さんという、最高のお店を訪れるという奇跡にあやかった自分に、自ら感謝です(←はい、アホです)

2021/01/22 更新

1回目

2020/05 訪問

  • 夜の点数:-

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    ¥30,000~¥39,999
    / 1人

名古屋から訪ねました!

たまたま空席があったようで、運良く訪れることができました

そしてこちらのお料理、奇跡かってくらい僕の口に合いました

こんな風に言うのもおこがましいのですが、京都って僕の口に合わないお店が多いんです

徐々に京料理の雰囲気がつかめてきたのですが、残念なことに苦手なのかもしれません

それでも、これまで出入りしたお店の中では、野口さんとやま岸さん、そしていふきさんは僕にピッタリでした

果たしてこれらのお店は名古屋人の嗜好に合うということでしょうか

良かったら参考にしてみてくださいね

実は野口さんの大将は僕と同郷のようで、なるほど好みが近しいのかもしれません

さて、最初のキャビアを盛ったアワビから面食らいました

ちょっと高級食材を見るだけでハッピーになれる単細胞には有効な一打です

衝撃だったのは稚鮎の巻き寿司です

こんな美味いもんよくぞ思いついてくれましたっ!

やま岸さんのウニ巻きより強烈な印象を得ました

鰻ざくという、鰻とキュウリの酢和えは初めて食べましたが、良かったです

そもそも鰻のパリパリの焼き具合が極上で、キュウリのシャキシャキとよく合うんですねぇ

そして最後のご飯物は多くの種類から選択できます

あれもこれも食べてみたかったのですが、カラスミの卵かけご飯が凶悪です

あんな大量のカラスミをご飯に振るなんて、やってくれましたね

もう忘れられまへんわ

どうかまた予約させておくんなせえ…

2020/06/03 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ