大阪めんまさんが投稿した卯屋(長野/松本)の口コミ詳細

全国食べ歩き日記

メッセージを送る

この口コミは、大阪めんまさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

卯屋松本、西松本、北松本/居酒屋、郷土料理(その他)、ラーメン

1

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999
1回目

2018/05 訪問

  • dinner:5.0

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

信州は美味しいものだらけと思い知らされました!

長野県松本市の松本駅前にある、信州産食材にこだわった様々な郷土料理や地酒を楽しめるお店。

個人的に長野県に来たらどうしても食べたかったものが「虫料理」。
馬刺しなど王道名物が食べられる郷土料理店や居酒屋はいくつもありますが、虫料理になると少し絞られてくる印象。

今回様々な郷土料理を楽しめる、かつ虫料理も食べられるお店ということで、松本市内でも特に人気のこちらのお店を選択。

お店は松本駅の東側、お城口より徒歩1分ほどの近さ。
駐車場はお店のすぐそばに20分100円のコインパーキングがありました。

お店には18時の訪問。
18人でいっぱいになるという小さな居酒屋なので、予約は必ずしておいた方が良いようです。

私がお店にいる間も続々とお客さんが訪れるものの、この日はもう予約だけでいっぱいらしく、全員断られていました。

ちなみにこの日はゴールデンウィークの祝日土曜日。
日曜祝日は休みと書いていましたが、ゴールデンウィーク期間中は祝日でもやっていたみたいです。

メニューは信州産食材を使った郷土料理中心の豊富なラインナップ。
名物馬刺しや、山賊焼、鹿や熊肉などのジビエ料理など。
また今回個人的に1番食べたかった珍味、虫料理もあります。笑
今の時期は山菜が特に種類豊富だそうです。

店主自らが山に入って収穫してくることもあり、市場にあまり流通しない珍しい食材が楽しめることでも有名なお店。

季節の食材や珍しい食材が入荷した場合は、facebookなどで更新しているので、確認しておくと良いかもしれません。

あと何気にラーメンの美味しさにも定評があるそうです。
特に「4」と「9」がつく日に数量限定で提供される、馬モツを使った「けとばしらぁーめん」が人気とのこと。

色々と諸事情がありまして(?)メニューの詳細は記載できないのですが、とにかく今回食べたものをざっくりとだけ書いていくことにします。

ちなみに車で1人で来たので、飲み物はウーロン茶のみです。笑
突き出しに出てきたのは、なめたけとこごみの和え物。

次は信州産食材が色々楽しめる盛り合わせ。
栗、アスパラマヨ、野沢菜、信州辛味噌に付けて食べるのびるとラディッシュ、タラの芽、高野豆腐、鹿そぼろとごぼうの和え物、くるみおかか、くらかけ豆、ますのうの花漬、エビ。

初めて食べるものもたくさん。
くらかけ豆は馬のくらの模様に似ているとこから名付けられた豆。
ますのうの花漬は、虹鱒の切身を酢・塩で調味し、味付けしたおから。
くるみおかかも新感覚、この組み合わせこんなに合うんですね、美味しい!

そして虫4種類の珍味盛り合わせ。
ザザムシ、はちの子、イナゴ、カイコ。

はちの子、イナゴは特に好みで、虫というのを忘れてしまう美味しさ。
はちの子は、プチプチとクリーミーでコクのある味わい。
イナゴはサクサクパリパリで香ばしくクセがほとんどありません。

カイコとザザムシも美味しかったのですが、少しだけクセ強め。
カイコは意外とパサっとしていて、中身はまったりとした甘味がありました。
ザザムシはプチプチ食感で、噛むと少し泥っぽいような川っぽい特有の風味が広がります。

虫は昔貴重なタンパク源として食べられていたそうですが、今は肉も魚も手軽に手に入る為、今はむしろ虫の方が値段が高く、日常的にはあまり食べられなくなったそうです。

しかしそれでも一部の地域で残り、無くならないのは、結局のところ美味しいからですよね。笑

次は山うどのわさびマヨネーズ、ふきのとう・タラの芽・コシアブラの天ぷら、そして信州サーモンの刺身。

山うどはほんのりと青っぽい風味が広がる独特の味。

ふきのとうはふわっと柔らかい質感。
タラの芽は肉厚でコクのある濃厚な味わい。
コシアブラはツンと香る独特の風味、ほのかな苦味が特徴。
山菜の王様とも呼ばれるタラの芽は特に美味しすぎます。

そして驚いたのが信州サーモン!
見た目よりも遥かに脂が乗っていて、とろけるような柔らかさと濃厚な味わい。

信州サーモンは長野水産試験場が10年かけて開発したというマス科の養殖魚だそうです。
こんなに美味しいとは!

最後には貴重な熊肉の竜田揚。
熊肉自体は初めてではないのですが、やはり食べる機会は少ないです。

こちらの熊肉は薄切りで少しかための肉質。
しかし噛むと濃い肉の旨味が染み出し、臭みは全然感じません。
サクサクの衣の食感も良く、マヨネーズがまた抜群の相性。

様々な信州の幸、珍しいものも盛り沢山、そしてどれもが美味しくて最高でした。

合計会計は突き出しやウーロン茶全て込みで3922円(税込)。
思ったよりもずいぶん安く済みました。

少しずつ色々楽しめる盛り合わせがあったり、1人で行ってもかなり楽しめるお店。
珍しい食材が出て来ても、お店の方が色々と教えてくださるので勉強にもなります。

特に山菜については知識が本当に皆無なので、これを機にもっと詳しくなりたいなという意欲が湧いて来ました。

メニューに色々な山菜が掲載してありましたが、有名なものはいろんなところで食べる機会があるものの、今回出て来た中でも初めてのものがいくつかありました。

世の中にはまだまだ存在を知らない、美味しいものが沢山あるなと思い知りました。
そして長野県、美味しいものいっぱいなんですね。

ご馳走様でした!

  • はちの子 カイコ ザザムシ イナゴ

  • 栗、アスパラマヨ、野沢菜、信州辛味噌に付けて食べるのびるとラディッシュ、タラの芽、高野豆腐、鹿そぼろとごぼうの和え物、くるみおかか、くらかけ豆、ますのうの花漬、エビ

  • 山うどのわさびマヨネーズ、ふきのとうとタラの芽とコシアブラの天ぷら、信州サーモンの刺身

  • 熊肉竜田揚

  • メニュー(ほんの一部)

  • メニュー(ほんの一部)

  • メニュー(ほんの一部)

  • 春は山菜が盛り沢山

  • メニュー(ほんの一部)

  • メニュー(ほんの一部)

  • メニュー(ほんの一部)

  • 外観

2018/10/28 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ