cocoro4040さんが投稿したRESTAURANT Y(大阪/和泉中央)の口コミ詳細

cocoroの美味しいものみつけた♡

メッセージを送る

cocoro4040 (女性・大阪府) 認証済

この口コミは、cocoro4040さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

RESTAURANT Y和泉中央/フレンチ、モダンフレンチ

1

  • 夜の点数:4.5

    • ¥8,000~¥9,999 / 1人
      • 料理・味 4.6
      • |サービス 3.8
      • |雰囲気 4.2
      • |CP 4.4
      • |酒・ドリンク 3.8
1回目

2019/01 訪問

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味4.6
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気4.2
    • | CP4.4
    • | 酒・ドリンク3.8
    ¥8,000~¥9,999
    / 1人

春の躍動を感じる超隠れ家フレンチ

今夜は仲良しドクターたちと待ちに待った美味しいものを戴く会、お店はグルメ誌「あまから手帖」のバックナンバーの2ページにわたる掲載写真に心奪われた隠れ家フレンチ「restaurant y」さんです

深々と足元を冷やす冷たい空気が沁みてくる和泉中央駅の改札口
久しぶりに会う顔に笑顔で大きく手を振る
「箕面や吹田からはちょっとした小旅行でしたでしょう?」
そう笑って3人でロータリーを歩き出し見上げると
さっきまで明るかった陽は落ち藍色の闇が水彩画のように山に色を落としているのが分かった

公園を通り過ぎて入り組んだ住宅街に入って行くと心もとなくなった2人がタブレットを取り出し位置情報を確認し始め そのナビを頼りにしばらく歩いた

ひと気のない静かな坂の途中に黒い外観の二階建ての店を見つけると 店の明かりが灯ったところで階段を上ってゆく

広々とした店内はシンプルなナチュラルウッドで統一され所々に飾られたドライフラワーやランプなど 木の温もりを感じさせる

テーブルについてひと息つくと早速イエロー ブリュット キュヴェをお願いして乾杯です
クリーミーな泡立ちで果実風味が豊かでセミ・ドライ程度のやさしい辛口シャルドネの雑味のない爽やかな酸味のスパークリング

今夜は¥6000のコースをお願いしてあります


◆Amuse

・寒鰤とはっさくのタルト

◆Hors-d'oeuvre

・猪のラグー
・人参のスープ ブラッドオレンジの泡

さいの目の寒鰤と嫌味のないはっさくの酸味、薄く歯触りのよいタルト皮がパリパリと音を立て寒鰤の脂が通り爽やかに広がり消えて行きます

白い砂利の敷かれたプレイトの鮮やかな人参のスープ
スプーンですくうと後をついてくるほろ苦いブラッドオレンジの泡が舌先で弾ける
可愛らしくも大人の味に仕上げられたスープです

◆Dremir

・帆立、カリフラワー、林檎

意外性のあるカレーをベースにしたクリームペーストにクスクスやシューロマネスコの食感豊かな食材が彩りよく飾られていて 新芽の膨らみをイメージさせる色遣いは小さな春の訪れに触れたようです

◆Deuxie'me

・蟹、菊芋、金柑

菊芋は生姜に似た姿で火を入れるとほんのり甘くなる
角切りの菊芋の上にズワイガニが敷かれ、金柑が層になってその周りをぐるりと菊芋のソースをかけて戴きます
甘みの中に広がる蟹と柑橘系の香りが新しい
繊細で手繰り寄せるように想像力を掻き立てるお料理に驚きを隠せません

・CHARDONNAY LA FORGE ESTATE
ここで白ワイン、ふわりと香るバニラの丸みで濃厚なお料理を際立たせる味わいを合わせて行きます

◆Poisson

・鱈、蕪、カラスミ

緑色の蕪の葉ソースに乗った白子を崩しながら鱈に絡めて戴きます
とろりと濃厚なコクがプラスされ柔らかな鱈の塩気とが相まって堪らない
そのソースが気に入ってちぎったバゲットをなぞらせていたら気がつけばリセットされたようにお皿がきれいになっていました


◆Viande

・フランス産鴨ロース

パリパリの焼き目の皮が鮮やかにピンク色に艶やかな脂の乗った大きな鴨肉
フォンドボーの脇に走る人参と生姜のソースの勢いからシェフの料理への情熱が伝わって来て今までの優しさとは違う肉料理の力強さが感じられます


◆Dessert

・苺、薔薇、ホワイトチョコレート

◆Petiti fours

・苺のギモーヴ
・フィナンシェ
・ブランマンジェとキウイ

◆紅茶

幾重にも重なる華やかな苺色のデザートは崩すのが惜しいほど
層が溶け合うことで完成される愛らしいデザートにスプーンを入れ濃厚なる苺と薔薇のマリアージュを楽しみます

そしてお料理も終盤、紅茶を戴きながら今夜のお料理の流れを振り返ってみます

オーナーシェフ三井さんが一皿に閉じ込めた芸術は凝縮した自然感じさせるビバルディの「春」の3楽章そのもの
小鳥は囀り、やがて小川のせせらぎが聞こえて風が優しく花々を揺らす
音楽を奏でるように五感をくすぐるお料理でした

京都の懐石料理から渡仏されるまでの経験を活かし
故郷であるこの地に2017年5月オープン、
泉北の食材を用いて作る料理が自慢の「restaurant y」素材の旨みを生かしたここでしか戴けない価値のあるお店として成長されて行かれることでしょう

迎えのタクシーの運転手さんが
「こんなところにレストランなんてないやろと思って走ってたんだけど 本当にあったんですね」と笑って話した
小旅行をした様な気持ちにさせる高原の中のオーベルジュのようなフレンチ
部屋に戻ってこのままベッドに潜り込みたくなったのは私だけかな

大変美味しいお料理でした、ありがとう
ごちそうさまです


そして、私ごとではありますが この回で500番目のレビューとなりました
長々と拙い文章力にお付き合いくださって有難うございます、この一食を通して何か心に響くものを感じて頂けたなら幸せです

cocoro4040


  • 帆立、カリフラワー、林檎

  • フラン産鴨ロース

  • 乾杯

  • 蟹、菊芋、金柑

  • 鱈、蕪、カラスミ

  • 苺、薔薇、ホワイトチョコレート

  • ブランマンジェとキウイ

  • 寒鰤とはっさくのタルト

  • 寒鰤とはっさくのタルト

  • 人参のスープ、猪のラグー

  • 猪のラグー

  • 苺のギモーヴ、フィナンシェ

  • 店内

  • メニュー

  • 店内

  • 店内

  • 外観

2019/02/16 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ