さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんが投稿したかねつき堂(埼玉/行田市)の口コミ詳細

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ

メッセージを送る

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ (男性) 認証済

この口コミは、さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

かねつき堂行田市、持田/郷土料理(その他)、焼きそば、かき氷

1

  • 昼の点数:4.0

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス3.9
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2020/01 訪問

  • lunch:4.0

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス3.9
    • | 雰囲気4.0
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人):
    ~¥999

埼玉県行田市名物のフライとゼリーフライが同時に味わいたい時に重宝する貴重なお店!(埼玉県行田市本丸)

1826

かねつき堂
(埼玉県行田市本丸13-13)

お店があるのは行田市役所の西側で 行田市郷土博物館前の 忍東照宮の西の路地にある「かねつき堂」

最寄りの駅は秩父鉄道の行田市駅と持田駅の中間くらいで それぞれの駅から徒歩で約15分くらい

広い駐車場も完備しているので 車での訪問がとても便利でオススメ

埼玉県北部に位置し 熊谷市と羽生市に挟まれた行田市は人口8万人くらいで 映画「のぼうの城」や小説・ドラマ「陸王」の舞台にもなったことでも有名

この街に フライ・ゼリーフライという名の2つのソウルフードがある

今回は地元の人以外には そのネーミングとは全く違う 想像出来ない ワンコイン以内で食べられる 謎のB級グルメをご紹介

カーナビを頼りに 県道から脇道を入った住宅街にお店はあり 駐車場に車を停めて店内に入ると そこは昭和の食堂の趣きで テーブル席に座りメニューを眺める…


ふらい(小)350円

消費税が10%になり 以前より値段も少し上がったようだ

行田市のフライとは揚げたものではなく 水溶き小麦粉を薄くのばした上に ネギと豚小間切れをのせて焼き ソースか醤油を付けて食べる クレープのようなフワりとした舌触りのシンプルなお好み焼きのようなもの

卵を入れたり 焼きそばと合わせたメニューもあるが 今回は 基本となる「ふらい」の小を注文した

ちなみに こちらのお店のメニューではフライではなく「ふらい」なので あしからず(笑)

丸いお皿でフライの登場!

この段階ではフライにソースのみが付けられているシンプル状態なので 最初はそのまま食べてみると 当然ながら小麦の風味が前面に出ているではありませんか

これにネギの香りと 豚の旨みが加わった素朴な味わいだ

好みにより ソースを足したり 青海苔・七味・胡椒などを加えて食べる

青海苔とソースを掛けると グッとお好み焼きテイストになり 七味や胡椒を掛けると お酒のアテにもなりそうだ

フライは食事というより おやつ感覚で食べる


ゼリーフライ(1人前2個)200円

ネーミングが似ているけど フライとゼリーフライは全く異なり お菓子のゼリーとも別物

「おから」にジャガイモ・人参・ネギを混ぜ 植物油で素揚げにして 特製ソースを付けた 食物繊維たっぷりのヘルシーな食べ物

もっと簡単に説明すれば 衣の無いコロッケ(笑)

トロみのあるソースを付けているので 一見ハンバーグのようにも見えるが 食べてみると アッサリとしたコロッケのようなテイスト

こちらも おやつ感覚で食べるのも良し ご飯のおかずとしても合いそうだ


あとがき…

フライ発祥のお店は 最近惜しまれながら閉店した「古沢商店」で 大正時代に近くの足袋工場で働く女性工員に 休憩時のおやつとして出し始めたのがきっかけとされている

当初はフライパンで焼いていたことから「フライ焼き」と呼ばれ 安くて腹持ちがいいので 地元家庭や市内の飲食店にも広まった

元々は小麦粉を水で溶いただけだったが ネギを入れたり ソースではなく醤油を塗った味付けもされ「フライ焼き」から「フライ」へと名前が省略された

行田市の足袋工業の発展と共に広まっていったことから 布が来ると書いて「布来(フライ)」また 足袋工業の発展が富をもたらしたとして 富が来ると書いて「富来(フライ)」などと当て字をすることもあるのだそうだ

一方 ゼリーフライの由来は 行田市持田にあった こちらも現在は閉店している「一福茶屋」の店主が 中国東北部に従軍した際 現地で食べられていた野菜まんじゅうを基にアレンジしたものと言われ 明治後期くらいに誕生したと言われている

ネーミングは 小判型なので「銭富来(ぜにふらい)」だったのが訛って「ゼリーフライ」になったと言われている

地元では フライはお好み焼きなどと同じように 専門店で食べることができ ゼリーフライは精肉店などでコロッケなどと一緒に販売されていることが多い

そんな意味でも こちらのお店は 行田市のご当地B級グルメのフライとゼリー同時に食べたい時に重宝する貴重なお店との結論に至り お店を後にした

埼玉県北部のソウルフードを是非一度ご賞味あれ

ご馳走さまでした!


メディア掲載記事
http://ohitorisama.life/special/?special_id=17

食べログ・ユーザーページ
https://s.tabelog.com/smartphone/reviewer/003252708/?msu=003252708

Twitter
https://twitter.com/ractom9990

Instagram
http://instagram.com/sasuraino_tabibito

facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%95%E3%81%99%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%90%84%E5%9C%B0%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-528531493999882/

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ふらい(小)350円・ゼリーフライ(1人前2個)200円

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ふらい(小)350円

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ゼリーフライ(1人前2個)200円

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)外観

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)外観

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)店内

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)外観

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)外観

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)有名人のサイン

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)卓上調味料

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ふらい(小)350円・ゼリーフライ(1人前2個)200円

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ふらい(小)350円

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ふらい(小)

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ふらい(小)

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ゼリーフライ(1人前2個)200円

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)ゼリーフライ(1人前2個)

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)パンフレット

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)パンフレット

  • パンフレット

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)メニュー ※前回訪問

  • かねつき堂(埼玉県行田市本丸)メニュー ※前回訪問

2020/01/19 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ