さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんが投稿した茅場町鳥徳(東京/茅場町)の口コミ詳細

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ

メッセージを送る

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ (男性) 認証済

この口コミは、さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

茅場町鳥徳茅場町、八丁堀、日本橋/焼鳥、うなぎ、鳥料理

1

  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス3.9
    • | 雰囲気4.2
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2018/04訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス3.9
    • | 雰囲気4.2
    • | CP3.8
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

1907年頃(明治37年)富山県から上京した初代が創業した鳥料理と鰻が2枚看板の老舗のランチ!(東京都中央区日本橋茅場町)

1588

茅場町鳥徳
(東京都中央区日本橋茅場町2-5-6)

東京メトロ日比谷線の2番出口を出て セブンイレブンの先を右に曲がり 最近の通りを右折したすぐの左手にある 1904年(明治37年)頃に創業した「茅場町鳥徳」

東京にお住まいの方はご存知だと思うが 茅場町と書いて「かやばちょう」と読む

明治の末期 大名商人だった初代・徳太郎が富山県から上京し この地で焼鳥屋を創業

屋号の由来は お店の売りである鳥料理の「鳥」と 創業者・徳太郎の「徳」を合わせたもの

創業以来 使い続ける7種類の秘伝のタレで焼く焼鳥をはじめとした鳥料理と 現在の4代目が焼き上げる鰻が2枚看板

鳥料理の中で人気なのが 3代目が戦後考案して以来 人気メニューとなった「鳥鍋御飯」

今回は その鳥鍋御飯をご紹介するとしよう!

この日 お店付近に到着したのが11:30頃で お店の南側にある 路上パーキングに車を止めパーキングメーターに300円投入してお店を目指す

お店に入ると8分くらいの入りで 1階の奥のカウンター席に座り 今回の目的の料理を注文したが 食べ終わってお店を出る12時頃には ほぼ満席となり 老舗の人気店であることを再確認する


鳥鍋御飯 1,000円

ご飯物のメニューは…
・きじ重 800円
・とろろ芋定食 900円
・上カツライス 950円
・カツライス 850円
・A弁当 850円
・B弁当 1050円
・C弁当 3200円
・鰻重 松 3400円
・鰻重 梅 2400円
・親子丼 900円
・鳥鍋御飯 1000円
・親子鍋定食 1000円
・柳川御飯 1000円

汁物は 赤だし・お吸い物 各150円と とりスープ350円

バリエーション豊富なラインナップだ

待つこと暫し メインと鳥鍋と 御飯・とりスープ・白菜の漬物がお盆に乗っかった鳥鍋御飯の到着

嬉しいことに 私の大好きな白菜の漬物が予めカウンター席の調味料の横にあるので 実質的に 漬物は食べ放題状態

主役の鳥鍋は 醤油・みりん・砂糖などですき焼き風に仕上げた秘伝のタレで 新鮮な鶏肉や鶏レバー・焼き豆腐・ネギ・糸こんにゃくなどを煮込み 生卵をのせたら完成

つまり 鶏すき焼きの小鍋定食のような感じだ

最初は生卵を崩さないように そのまま食べてみると 焼き豆腐までしっかり味が染み込んでいるではありませんか

三つ葉が浮かんだ クリアなとりスープも旨い

白菜の漬物も 浅過ぎず 漬かり過ぎず 絶妙でサラダ感覚

途中で生卵を崩すことひと時

まろやかに味変することは 言うまでもない

白菜の漬物により 一層ご飯が進むが 途中でバランスを立て直し 最後はご飯を少し残し 鳥鍋をご飯にぶっかける 鉄板の後半戦

鳥鍋の汁も一滴も残さず 茅場町の老舗飯を キレイに完食!


あとがき…

鳥鍋御飯と並ぶ人気メニューが 私も食べたことのあるA弁当

白いご飯の上に 鳥のつくね焼きと タレを付けて焼き上げたモモ肉がのった 所謂 焼鳥重で こちらもタレがご飯に染み込み とても旨い!

メニューでご紹介した通り ご飯物のメニューが多いので 鳥徳ではかなりの量のご飯を毎日消費する

4代目のご主人が 天候や 株の動きで その日に炊くお米の量を 日によって変えているとのこと

その予測は毎日 ほぼ的中し ランチ時間の終了時に残るご飯の量は ごく僅からしい(驚)

これも この地で長く商売をする上での特殊な能力と言えるだろう

後継者不在で 閉店するお店が増える中 この先もずっと継続を願う いや 継続するであろう老舗の貫禄を感じ お店を後にしたのだった

ご馳走さまでした!


メディア掲載記事
http://ohitorisama.life/special/?special_id=17

食べログ・ユーザーページ
https://s.tabelog.com/smartphone/reviewer/003252708/?msu=003252708

Twitter
https://twitter.com/ractom9990

Instagram
http://instagram.com/sasuraino_tabibito

facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%95%E3%81%99%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%90%84%E5%9C%B0%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-528531493999882/

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)鳥鍋御飯 1,000円

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)鳥鍋御飯

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)鳥鍋御飯

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)外観

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)メニュー

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)外観

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)看板

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)まさに老舗の暖簾

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)店内

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)メニュー

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)無料のお漬物

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)無料のお漬物

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)鳥鍋御飯 1,000円

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)鳥鍋御飯

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)鳥鍋御飯〜最後は丼にして!

  • 茅場町鳥徳(東京都中央区日本橋茅場町)伝票

2018/08/10 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ