さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんが投稿した梅乃家(千葉/竹岡)の口コミ詳細

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ

メッセージを送る

さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメ (男性) 認証済

この口コミは、さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

梅乃家竹岡/ラーメン

1

  • 昼の点数:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気4.1
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2018/06訪問

  • lunch:4.3

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.8
    • | 雰囲気4.1
    • | CP3.7
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ~¥999

千葉県ご当地ラーメン西の横綱は竹岡式ラーメン発祥のお店!(千葉県富津市竹岡)

38

梅乃家
(千葉県富津市竹岡410)

千葉県君津市から国道127号線経由で富津市に入り南下して 上総湊から海岸線を走ると そこは 長閑かな漁村の趣きを残す竹岡エリア

国道127号線(内房なぎさライン)沿いの左手に 1954年(昭和29年)創業したラーメン専門店「梅乃家」

千葉県は知られざるラーメン王国で 松戸や柏などでは 東池袋大勝軒を祖とする「麺屋こうじ」「とみ田」など 全国的にも有名な東京系のラーメン店が凌ぎを削っている

一方 古くから地元で親しまれている「ご当地ラーメン」なるものもいくつか存在する

そんな千葉県ご当地ラーメンの2トップが 房総半島の西に位置する富津市の「竹岡式ラーメン」と 房総半島の東に位置する勝浦市の「勝浦式タンタンメン」

千葉県ご当地ラーメン西の横綱・竹岡式ラーメンの発祥のお店がこちらの「梅乃家」

竹岡式ラーメンとは?

富津市の南部・竹岡地区の梅乃家で誕生したラーメンで お隣りの君津市や木更津市などでも提起されている独特のラーメン

一般的にラーメンのスープは ラーメン作りに於いて最も試行錯誤を繰り返す 言わばラーメンの命なのだが 竹岡式ラーメンのスープは 何と麺の茹で汁のみで 何もダシも取らないのが最大の特徴(驚)

味付けは チャーシューを煮る時に出る 濃厚な醤油ベースの煮汁オンリーで それに麺を茹でる時のお湯を混ぜるのみ

トッピングは チャーシュー・メンマと 長ネギではなく刻みタマネギを乗せるのも竹岡式ラーメンのもう1つの特徴

実に素朴で シンプル イズ ベストのご当地ラーメンなのだ

この日は 木更津での仕事が午後になったので 久々に竹岡式ラーメンが食べたくなり 木更津を通り過ぎて南下

オープン時間の約1時間前に到着したら 先客なしのポールポジション(先頭)が この時点で確定したと思ったら 次から次へと人が集まり 開店時には10数人の行列となり 相変わらずの人気ぶりが伺える

開店と同時に店に入ると 店内は醤油の香りいっぱいで 食べる前から食欲を刺激してくれる(笑)

元祖竹岡式ラーメン店のメニューはシンプル

・ラーメン 800円
・大ラーメン 850円
・チャーシューメン 900円
・大チャーシューメン 950円
・やくみ(玉葱微塵切り)50円
・ビール(ビン 生)550円
・日本酒 梅割り 300円

いつものように ラーメン・やくみの黄金コンビを注文して主役の登場を待つ


ラーメン 800円
やくみ(玉葱微塵切り)50円

竹岡ブラックと呼びたくなるような 黒いスープの味の決め手は 地元で200年近く続く「宮醤油」を使用

そして 麺は全国的にも極めて珍しい こちらも地元「都一」の乾麺を使用している

茹でる前 つまり乾麺の状態で1人前約90g

そして乾麺なのに縮れ麺なので サッポロ一番のインスタントラーメンのようだ(笑)

そして麺を茹でるのが 炭火の七輪

乾麺を七輪で茹でるラーメン屋は 私はこれまで聞いたことがない

宮醤油でじっくりと煮込まれたチャーシューは味がしっかり入りとても柔らかい

北海道北見産のタマネギは 辛みがあまり強くなく 甘みを感じる

縮れ麺にスープがしっかりと浸透し スープはチャーシューの脂の旨味が強く それらをタマネギがサッパリとまとめてくれる 唯一無二のラーメンが竹岡式なのだ

茹で汁とチャーシューの煮汁のみのスープと 乾麺 そして柔らかくてしっかりとした味付けのチャーシューとタマネギ

シンプルながら余計なものが一切ない 究極の引き算系のラーメンを 名残惜しくも あっという間に完食したことは言うまでもなかった


あとがき…

今回も車での訪問だったので 残念ながら飲めなかったが 梅乃家の隠れた名物が「梅割り」

焼酎と梅エキスを合わせた 甘めの港町カクテルのような飲み物

ここ竹岡は漁師町

漁師が海から上がって 梅割りを飲み サッと出てくるラーメンを食べて 冷えた身体を温める

まさに これこそが地元のライフスタイルから誕生した真の「ご当地ラーメン」だな…

などと考えながら お店を後にしたのだった

竹岡式ラーメンを食べるためだけに 房総半島に来る価値あり

ご馳走さまでした!


メディア掲載記事
http://ohitorisama.life/special/?special_id=17

食べログ・ユーザーページ
https://s.tabelog.com/smartphone/reviewer/003252708/?msu=003252708

Twitter
https://twitter.com/ractom9990

Instagram
http://instagram.com/sasuraino_tabibito

facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%95%E3%81%99%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%90%84%E5%9C%B0%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A1-528531493999882/

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)ラーメン 800円・やくみ(玉葱微塵切り)50円

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)ラーメン・やくみ(玉葱微塵切り)

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)ラーメン・やくみ(玉葱微塵切り)

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)店内

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)駐車場

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)外観

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)開店前の大行列

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)北見産のタマネギを使用

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)麺は乾麺を使用

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)メニュー

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)営業時間と定休日

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)ラーメン・やくみ(玉葱微塵切り)

  • 梅乃家(千葉県富津市竹岡)ラーメン・やくみ(玉葱微塵切り)

2018/08/22 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ