mickandcindyさんが投稿した焼鳥今井(東京/外苑前)の口コミ詳細

東京在住大阪人のレストランガイド

メッセージを送る

mickandcindy (男性・東京都) 認証済

この口コミは、mickandcindyさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

焼鳥今井外苑前、表参道、国立競技場/焼鳥、和食(その他)、ワインバー

1

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気4.3
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.2
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999
1回目

2018/12 訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味4.2
    • | サービス4.2
    • | 雰囲気4.3
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.2
    使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999

素材・技・タイミング三位一体の焼鳥屋店 #900

私がよくお邪魔するバーの常連さんと話が盛り上がり、一度2人で美味いものを食べに行こうということになりました。私が店選びをしたのですが、その方のリクエストが焼鳥でしたので、色々と検索して見つけたのが此処「焼鳥今井」さんです。場所は、地下鉄外苑前駅を出て、スタジアム通りを右折し、更に細い道に入ってかなり歩き、熊野神社の手前の路地にあります。駅からはかなりの距離があり、この辺りに詳しくないとわかりにくいかもしれません。

まずは生ビールで乾杯して、早速注文です。アラカルトもありますが、まずは軽めのコース(税抜4,800円)をお願いして、その後食べたいものを追加していくことにしました。コースの内容は以下の通りです。

♦自家製レバーのパテ
♦葉っぱのサラダ
♦ささ身の磯辺焼
♦︎レバー
♦︎愛知 ぎんなん
♦︎つくね
♦︎山梨 大根
♦︎うずらの卵
♦︎はつ
♦︎にんじん
♦︎ねぎ間

どれも見事な焼き加減で、しかも味や食感の妙を楽しませようとする意図がはっきりわかります。「ささ身の磯辺焼」は、ささ身とは思えない程の旨味の濃厚さとしなやかさがあり、今まで持っていたささ身の概念を崩す美味しさ。「レバー」はかなり強火で焼かれているらしく、表面はカリッとしていますが、中は仄かに生らしさもある状態で、蕩けるような食感。そして「はつ」ですが、表面はパリッとしていながらも、食べると中はジューシー。素材の良さ、絶妙な火加減と計算され尽くしたタイミングがあればこそであり、この三品を食べただけでも、このお店の実力がわかります。

私は焼鳥屋さんではいつも日本酒を飲むのですが、メニューにはワインが沢山あったので、今回は赤ワイン「シャトードプラド 2015」を合わせてみました。ボルドーのナチュラルワインで、軽過ぎず重過ぎずの飲みやすいタイプです。ワインと焼鳥が合うのかなと少し不安でしたが、結果的にはこれが大正解。このお店の料理は、素材本来の味を大切にしながらも火加減や調理法に工夫を凝らしており、その繊細な味わいや食感を追求する姿勢が、どこかフランス料理に通じるところがあるからかもしれません。

コースが一通り終わったところで追加注文です。まずはワインがまだ残っていたので、それを飲み切るために「北海道 ガロのチーズ」をお願いしました。函館の近くにある山田農場で作られているヤギと羊の混乳チーズで、非加熱・生乳且つ自然の乳酸菌を使ったナチュラルチーズです。柔らかく、それでいて少しフルーツのような香りもあり、正に自然な味わい。ナチュラルワインとの相性は文句なしでした。

続いて、やはり日本酒も少しいただこうと「神亀 小鳥のさえずり純米吟醸」をお願いしました。合わせる焼鳥ですが、色々迷った挙句、やはり一番好きな「手羽先」と「ひざなんこつ」になりました。

「手羽先」は、どの焼鳥屋さんに行っても必ず注文する大好物です。脂が多い部位なので、使われている鶏肉の良し悪しが端的にわかるのですが、このお店のものは非常に上品且つ軽やかな味わいで、やはり上質な鶏肉ならではの美味しさ。皮はパリパリではなく少しソフトさを残しており、一口食べると肉汁が溢れる感じです。そして「ひざなんこつ」は、期待通りの食感と濃い旨味で、これも選んで正解でした。

〆は「炊き立てご飯の親子丼」と「軍鶏のスープ」。土鍋で炊いた熱々のご飯に、黄身の味の濃いトロトロの玉子、火が通り過ぎず旨味十分な鶏肉が揃えば、もう美味しいに決まっていますよね。最後まで大満足です。

全体的には、正統派でありながらも焼鳥の可能性に挑戦するかのような、素晴らしい料理とお酒でした。私はもちろん、場末の焼鳥屋で年季の入った親父さんが焼く焼鳥も好きなのですが、それとは全く違う魅力と感動を味わせてくれる料理ばかりであり、その余韻に浸りながらお店を後にしました。

お勘定は2人で25,000円程度です。

ご馳走様でした!

  • 手羽先

  • ひざなんこつ

  • ねぎ間

  • はつ

  • 「つくね」と「愛知 ぎんなん」

  • レバー

  • ささ身の磯辺焼

  • 山梨 大根

  • うずらの卵

  • 北海道 にんじん

  • 自家製レバーのパテ

  • ナチュラルな葉っぱのサラダ

  • 北海道 ガロのチーズ

  • 炊き立てご飯の親子丼

  • 軍鶏のスープ

  • シャトードプラド 2015

  • 生ビール

  • 厨房

  • 外観

2019/03/23 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ