flying starさんが投稿した砂の岬(東京/桜新町)の口コミ詳細

flying starのレストランガイド

メッセージを送る

この口コミは、flying starさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

砂の岬桜新町/インドカレー、インド料理

1

  • 夜の点数:4.7

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.7

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999
1回目

2016/01訪問

  • dinner:4.7

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • lunch:4.7

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999

揺らめくような空間で頂く絶品のインド料理

2016.1月

● 2 curry set ( 2130円 )

・パキスタニーベイガンキーマ ( +100円 )
・コングナード・オイスター・コロンブ ( +150円 )
・アチャール
・チャナマサラ
・パチャディ
・ポリヤル
・パパド
・ジャスミンライス

夜に訪問。
改めて、この神がかり的な美味しさはすごい (*_*)
ベイガンキーマとオイスター・コロンブ ( 1月・夜限定 ) の深みのある味わいときたら、もう感動すら覚えるくらい。
脇を固める副菜も一つ一つ丁寧でいて繊細で、食べ終わってしまうのが惜しくなるような素晴らしいスパイスプレートだと思います。
お値段は少々張りますがクオリティは折り紙付き、何より食べてて感じるのはこの1皿にすべての情熱を注ぎ込んでるということです。
この並々ならぬ想いには心を打たれます。

インドへ行かれるので来週から再度休業に入りますが、再開後どのような料理を出されるか楽しみです。


2015.12月中旬

今月は、期間限定でチェティナード地方のスペシャルミールスを提供とのことで楽しみに訪問。
主にメインは夜で、お昼は夜に比べて品数が少ない内容になってますので、その真髄を味わいたい方は夜のほうがオススメです。

今回のスペシャルミールスは、1日限定35食前後。
この日は、夜の早い時間だったので特に売り切れはなかったですが、場合によっては一部の料理が品切れで別の料理に変わる時もあるようです。
夜は、ディナーとコースの2つから選べ今回はせっかくなのでコースに。


○ Karaikudi Style Non Veg Meals 〜 Dinner Course 〜 ( 4500円 )

・ コサンマリ
・ マサラ・カラマリ・フライ
・ マトン・ウブカレー
・ コングナード・フィッシュ・コロンブ
・ ベジタブル・サンバル
・ モール・コロンブ
・ プラウン・ラッサム
・ マサラ・ポリヤル
・ パチャディ
・ パパド
・ ジャスミンライス
・ ブラックライス・パヤサム
・ サウスインディアン・チャイ


コサンマリ→ マサラ・カラマリ・フライ→ ミールス → ブラックライス・パヤサム→チャイの順番で提供されましたが、もう素晴らしいの一言。
このクオリティの料理を提供するのに、どれだけの時間と労力を費やしたかが伝わってきます。
どの料理も一品一品丁寧に作られていて、本当に美味しい!
ここの料理には何か格を感じるというか、上質で洗練されたものを感じます。
現地で体感した料理を自身の感性で消化し、昇華する。
料理はもちろん店内の内装やBGMにしてもそうですが、ここのセンスはすば抜けてます。

料理で特に感動したのは、メインの「コングナード・フィッシュ・コロンブ」
この日の魚は鰤でしたが、この得も言われぬ美味しさはぜひ体感してみて欲しいです。
あと、デザートのブラックライス・パヤサム、これが驚くほど美味しかった (*_*)
チャイもすごく美味しく幸せなひと時でした、あぁまた食べたい…。


2015.8月

夜に行ってきました。

○ 2curry set ( 2130円 )

カレー2種・アチャール・チャナマサラ・パパド・パチャディ・ポリヤル / サブジ、ジャスミンライス

カレーは、夜限定のアレッピーフィッシュカレー ( +150円 ) にパキスタニーべイガンキーマ ( +100円 ) をチョイス。

アレッピーフィッシュカレーは酸味が強めのカレーで、この日の魚はブリ。
魚はその時々によって変わるようで、酸っぱいながらも独特の旨みがあっておいしいです。
パキスタニーベイガンキーマは砂の岬のカレーで一番好きで、簡単に言うとラムキーマなんですがこのおいしさは簡単には説明できない(*_*)
どのカレーも丁寧に作られてるのがよくわかります。

お値段が少々張るんですが、その辺が気になる方はテイクアウトがオススメです ( 1000円〜要予約 )

--------------------------------------------

こちらは不定期でインドへ行くのでたまに長期休業が入ります。
休業明けは、現地で新たに発見した料理を提供してくださるのでとても楽しみにしてるのですが、この間のスペシャルミールスの時はあまりに並びがすごすぎて結局食べれませんでした T_T
元々人気のお店ではあったんですが、なんであんなに並んでたのか…。

通常営業に戻ってからようやくランチで訪問。
開店し奥さまの笑顔と共に入店、ランチは1階のみ使っててカウンター4席とテーブル席が2つ。
ここは狭いので3名以上で行かないほうがいいと思います、ちなみに4名はランチ不可でディナーであれば予約可、夜は2階も使ってるようです ( 2階は小さな座敷があるとか )

1階は、小さな空間でありながらこだわりの詰まった内装で素敵です。
そして、BGMのセンスが良すぎ!ホント素敵な音楽が流れています。
この日は70〜80年代と思われるジャンルレスなあたたかみのある音楽が流れていて、私はこの音楽を聴けただけでも今日ここに来て良かったと思いました。
ゆらめくような空気が広がっていて、料理が出てくるまでの時間がこんなにも心地良いのは初めてでした。
店内奥にはレコードやCDが置かれてるんですが、こちらの店主さまのセンスはずば抜けてますね。
同じインド料理屋では東小金井のインド富士が音楽に詳しいですが、インド富士がバラエティ豊かな選曲だとすれば砂の岬はより落ち着いたぬくもりのある音楽を選曲してると思います。

さて、ランチはセット1種類で以下の4種類からカレーを2つ選ぶ形になります。

・マドラスチキンカレー
・パキスタニーベイガンキーマ ( +100円 )
・ベジタブルサンバル
・トマトラッサム

これにポリヤル、アチャール、チャナマサラ、ミニパパド、ライスがついて1530円。
私は、チキンとキーマをチョイスしライスは大盛り( 50円 ) 、あとザクロラッシー( 650円 ) も頼んでみました。

まずザクロラッシー、これおいしい!
濃厚で甘さもちょうどよくてザクロも強すぎず絶妙、これオススメです。
料理は1プレートで来て、一つ一つ奥さまが説明してくださいます。
ポリヤルはキャベツとインゲン、チャナマサラはラジマ豆、アチャールはナスとゴーヤ、どれも丁寧に作っててしみじみとおいしいです。

カレーは、マドラスチキンは辛みはほどよくスパイス加減もちょうどいい感じ。
大きなインパクトはありませんが、食べやすくわりとスタンダードなチキンカレーのようにも思います。
パキスタニーベイガンキーマ、これは初めて食べたんですが個人的にヒット!
チキンとラムの挽肉でラムの風味が強め、絶妙なスパイス加減で溢れでる旨みがなんともたまらないですね。
マドラスチキンとキーマだったら、断然キーマのほうがオススメ!

  • 2 curry set ( パキスタニーベイガンキーマ & コングナード・オイスター・コロンブ )

  • 2階入り口

  • 2階 ( 予約席 )

  • 2015.12月限定メニューの表紙

  • Karaikudi Style Non Veg Meals

  • コサンマリ

  • マサラ・カラマリ・フライ

  • ブラックライス・パヤサム

  • サウスインディアン・チャイ

  • 外観

  • 内観

  • 内観

2016/03/18 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ