カフェモカ男さんが投稿した片折(石川/北鉄金沢)の口コミ詳細

カフェモカ男のレストランガイド

メッセージを送る

この口コミは、カフェモカ男さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

片折北鉄金沢、金沢、七ツ屋/日本料理

17

  • 夜の点数:5.0

    • ¥60,000~¥79,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 5.0
  • 昼の点数:5.0

    • ¥40,000~¥49,999 / 1人
      • 料理・味 5.0
      • |サービス 5.0
      • |雰囲気 5.0
      • |CP 5.0
      • |酒・ドリンク 5.0
17回目

2024/01 訪問

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥40,000~¥49,999
    / 1人

通い続けている名店

『The Tabelog Award Gold』を何度も獲得されている「片折」さんに再訪致しました。
(最新の2024年もGoldに輝いたそうです。おめでとうございます。)

場所は石川県金沢市。タクシーで伺いましたがJR「金沢駅」から10分程の場所です。
店内は、白木を基調としたシンプルな空間です。
7席のカウンターは、丸々1本の木を指定買いして作ってもらったそうです。

今回いただいた料理の内容は以下の通りになります。
○うずみ豆腐 
○カラスミ餅揚げ出し
○アオリイカと平目のお造り
○氷見の寒鰤のお造り
○加賀の本鴨
○かぶら寿司
○あん肝
○そばがき 能登椎茸 金沢春菊
○氷見の海マス
○平目の天丼
○玉子かけご飯
○梅干し茶漬け
○ころ柿

『氷見の寒鰤』や『加賀の本鴨』など地の物の旨味は濃くて美味しかったです。
今回は時期的にも仕入れなど大変だったとは思いますが、本当に極上料理の数々で最初から最後まで楽しい時間を過ごすことができました。

何度伺っても感動できるお店というのは本当に少ないです。

また是非再訪致します。ご馳走様でした。

2024/01/24 更新

16回目

2023/12 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥60,000~¥79,999
    / 1人

生涯通いたい名店

通い続けている「片折」さんに再訪いたしました。
The Tabelog Award 2023 2022 2021 Gold、2020 Silver 受賞店です。
加えて食べログ 日本料理 WEST 百名店 2023 2021 選出店です。おめでとうございます。
2018年5月に開業している金沢市内の名店です。
本日も片折氏の世界観を味わいます。

本日いただいたコースメニューです。
○源助大根のふろふき
○一番出汁 能登の湧き水 藤野瀬冷水に利尻仙法志の利尻昆布
○ズワイ蟹の寄せお椀
○香箱ガニ 金石港
○新物カラスミ
○アオリイカお造り
○マヨイカツオお造り
○氷見の寒ブリ
○蟹味噌のおじや 加能ガニ 釜石港
○さわらの難波焼きちしゃとうの味噌漬け
○金沢春菊の白和え
○きびだんご 甘鯛 ウナギ 百合根 道明寺 長野県のきび
○珠洲の干しぜんまいの信田巻き
○能登最先端で作られた大浜大豆の湯豆腐 シラサエビの裏白しいたけ 壬生菜
○新米炊き立て コシヒカリ
○氷見牛の八幡巻
○ミンククジラのお味噌汁 氷見
○ブリとカツオの漬け丼
○太刀魚の天丼
○卵のたまごかけご飯
○おこげ
○くず焼き
○お抹茶


蟹の時期に入り、メニューにも蟹が随所に登場しますがどれも本当に美味しいです。
お椀は染み出した蟹の風味がしっかり残りいつもの出汁とは全く違う味わいになっており悶絶する程、美味しいです。これ以上のお椀に出会った事がありません。

そして蟹味噌のリゾットは香りも味も堪らなく濃厚で美味しかったです。

それから金沢春菊の肉厚なのに柔らかく、噛むと優しい味わいを白和えでいただく事で冬を感じました。

大将と女将さんの笑顔を見ると、またこの空間に帰ってきたなぁと思います。
とても幸せな時間を過ごす事が出来ました。

この時期ならではの食材を堪能しました。
今回も満足感を充分に堪能できるコースでした。
また是非再訪いたします。
ご馳走様でした。

2023/12/28 更新

15回目

2023/10 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥40,000~¥49,999
    / 1人

日本料理の最高峰でいただく絶品の数々

The Tabelog Award 2021~2023 Gold受賞店されている「片折」さんに再訪致しました。
加えて、食べログ 日本料理 WEST 百名店 2023・2021 選出店です。
食べログ受賞店の常連のエリート店です。
2018年5月オープンされたのにも関わらず、食通達の舌を満足させ続けておられるため
超予約困難店の一店舗とも言われているお店です。

場所は金沢駅から車に乗って10分程で到着しました。

店内の立派なカウンタ―に座ると、今夜はどんな感動が得られるかと心躍ってきます。

今回いただいた料理の内容は以下の通りになります。
○冬瓜饅頭
○黄金蟹のお椀
○ヒラソウダカツオアオリイカ、クエお造り
○白海老磯辺揚げ
○炭火焼きノドグロとキャベツ
○カマス棒寿司
○百合根団子
○辛子蓮根
○青バイ貝と胡瓜の酢物
○珠洲の干しぜめまいのひろうす
○白米大盛り
○ヒラソウダカツオの漬け丼大盛り
○マナガツオ天丼大盛り
○玉子かけごはん大盛り
○クエとカツオ丼大盛り
○梅干し茶漬け大盛り
○能登の栗の栗きんとん

今回も本当に美味しい料理の数々で最初から最後まで本当に楽しいひと時でした。
何度伺っても感動できるお店というのは本当に少ないです。

個人的感想を少し・・・。
“ヒラソウダ” 幻のカツオと言われていています。鮮度が命の為、ほぼ産地で消費される魚です。
今回いただくことができたのですが、脂が甘くて旨味が物凄く、後引く美味しさでした。
後半のご飯の応酬。どれもが美味しすぎて甲乙つけられない。思わずもう一周と言いたくなりました。

黄金蟹の真丈のお椀も最高でした。香り、味、余韻などお椀の最高峰だと思います。

ご飯が美味し過ぎて大盛りで5杯も食べてしまいました。

ご馳走様でした。また是非再訪したいです。

2023/10/12 更新

14回目

2023/03 訪問

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥50,000~¥59,999
    / 1人

素材を生かした作品を楽しむ

金沢市内に店を構える完全予約制の「片折」さんに再訪致しました。

何度も『The Tabelog Award Gold』を獲得されている金沢を代表するお店の1店舗です。
今年もGoldに選出されています。おめでとうございます。

いつものカウンター席で店主の片折 卓矢さんの作品をいただきます。

今回の料理の内容は以下の通りになります。
○氷見の岩タコとセリと新ワカメ木の芽ゼリー
○一番出汁
○氷見のヤナギバチメのお椀
○サヨリと平目のお造り
○蟹焼売
○氷見のマグロとスミイカの木の芽和え
○能登の椎茸と金沢春菊
○焼きクエとレタス
○氷見の蛍イカの釜揚げと白菜の菜の花
○加賀蓮子の蓮蒸し ノドグロと鰻と百合根
○八幡巻き 蕗の薹の味噌
○土鍋ご飯
○氷見のマグロ漬け丼大盛り
○稚鮎の天丼大盛り
○金沢のかおりの苺と能登の大納言の大福

今回も本当に美味しい料理の数々で最初から最後まで本当に楽しいひと時でした。
何度伺っても感動できるお店というのは本当に少ないです。

お料理はもの凄いセンスと技術が調和していて、全て悶絶しっぱなしでした。

こちらは素材を大事にされていて引き立たせるために工程を加えた料理が続くので食べていて心も体も満たされます。

どれも美味しかったのですが「お椀」のヤナギバチメ(一般的にはウスメバルと呼ばれていると思います)の旬ならではの身の柔らかさと甘味が感じられました。椀の出汁が美味しい。
それから「椎茸と春菊」も各々の素材の味わいが全面に出ていて印象に残りました。

「蛍イカ」も旨味が強かったです。素晴らしいの一言です。

今回も満足で美味しいひと時を過ごしました。

また是非再訪致します。
ごちそうさまでした。

2023/03/29 更新

13回目

2022/11 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥60,000~¥79,999
    / 1人

この土地でいただく絶品料理の数々

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。
The Tabelog Award 2022 2021 Gold 受賞店・The Tabelog Award 2020 Silver ・食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店です。

何度も伺わせていただいておりますが、毎回感動できるお店というのはそう多くはありません。

個人的には片折さんはそんな貴重なお店の一つだと思っています。

今回いただいた料理の内容は以下の通りになります。
○源助大根のふろふき
○一番出汁
○加能力ニの真丈
○香箱蟹
○14キロ氷見の鰤と心臓とアオリイカ
○マヨイガツオ
○金岩港1.9キロの加能カニ
○朝採れ金沢春菊の白和え
○河北の天然の鴨
○里芋の田舎煮
○焼きカニ
○焼き餅米のリゾット
○珠洲の干しゼンマイの信田巻き
○新米ご飯
○カツオの漬け丼大盛り
○ノドグロご飯大盛り
○鰤の漬け丼大盛り
○鰹節玉子ご飯大盛り
○梅干しとおこげのお茶漬け大盛り
○カツオ月見丼大盛り
○白米大盛り
○鰤と鰹丼大盛り
○能登の栗の栗きんとん

実は今回は前回から日が経っていなかったので、
メニュー的には前回いただいた内容もありましたが、
同じものをいただだいても感動できるのは中々ない体験です。

個人的にはここならではの蟹・鰤は本当に美味しくて
産地でその食材を食べることの幸福感を味わいました。

ご馳走様でした。また再訪いたします。

2023/01/21 更新

12回目

2022/11 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥60,000~¥79,999
    / 1人

蟹と松茸が同時に食べられる幸せ

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。
The Tabelog Award 2022 2021 Gold 受賞店・The Tabelog Award 2020 Silver ・食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店です。
今年も受賞おめでとうございます。

店内は、白木を基調としたシンプルな空間です。
8席のカウンターは、丸々1本の木を指定買いして作ってもらったそうです。
そのカウンターの中では、店主の片折 卓矢氏が、粛々と腕を揮っています。
食材は、能登七尾に出向いて魚を仕入れているそうです。
そして、能登の藤の瀬の霊水で40時間水出しした昆布に合わせた料理は、シンプルでいて奥深い味わいです。

今回いただいたおまかせメニューです。
○源助大根のふろふき
○一番出汁
○加能力ニの真丈
○香箱蟹
○氷見の鰤とアオリイカ
○マヨイガツオ
○1.5㌔~の金岩港加能カニ
○ほうれん草の白和え
○松茸と氷見牛のしゃぶしゃぶ
○里芋の田舎煮
○焼きカニ
○焼き餅米のリゾット
○珠洲の干しゼンマイの信田巻き
○新米ご飯
○鰤の漬け丼大盛り
○氷見肉の時雨煮丼大盛り
○鮭と氷見のイクラの親子丼大盛り
○鰹節玉子ご飯大盛り
○氷見肉の時雨とうずらの玉子大盛り
○鰤の漬け丼大盛り
○梅干しとおこげのお茶漬け
○能登の栗の栗きんとん


今回も本当に美味しい料理の数々で最初から最後まで本当に楽しいひと時でした。
何度伺っても感動できるお店というのは本当に少ないです。

そして今回は加能カニと松茸が同時に食べれたのでとても幸せでした。
片折さんの食材に対するポテンシャルがすごいと思います。
香箱蟹は、普通の蟹の大きさに匹敵するくらいの大きさです。

また、料理に欠かせない出汁は、奥深い味わいで抜群です。

お料理はもの凄いセンスと技術が調和していて、全て悶絶しっぱなしでした。

素晴らしいの一言です。

今回も満足で美味しいひと時を過ごしました。

また是非再訪致します。
ごちそうさまでした。

2022/11/21 更新

11回目

2022/10 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥50,000~¥59,999
    / 1人

人生最高の松茸を再び

金沢の“女川”とも呼ばれている浅野川沿いにある「片折」さんに再訪致しました。
2018年5月オープンされたのにも関わらず、食通達の舌を満足させ続けておられるため
超予約困難店の一店舗とも言われているお店です。

場所は金沢駅から車に乗って10分程で到着しました。

店内の立派なカウンタ―に座ると、今夜はどんな感動が得られるかと心躍ってきます。

今回いただいた料理の内容は以下の通りになります。
○珠洲の生松茸
○珠洲の松茸粥
○一番出汁
○氷見毛蟹の真丈のお椀
○氷見のクエ 七尾の黄金鯵
○白海老磯辺揚げ
○柳サワラのタタキ
○珠洲の松茸炭火焼き
○鉄砲カマスと胡麻和え オクラ
○加賀蓮根を使った辛子蓮根
○里芋の田舎煮
○氷見牛の松茸巻きのしゃぶしゃぶ
○干しゼンマイの飛竜頭
○白米 芝茸の味噌汁
○鯵漬け丼大盛り
○ノドグロ丼大盛り
○氷見牛しぐれ丼大盛り
○カツオ節玉子がけご飯
○塩雲丹丼大盛り
○おこげと梅干のお茶漬け大盛り
○氷見牛しぐれと玉子ご飯大盛り
○生落花生と落花生豆腐と黒蜜

今回も本当に美味しい料理の数々で最初から最後まで本当に楽しいひと時でした。
何度伺っても感動できるお店というのは本当に少ないです。

個人的感想を少し・・・。
今回も『松茸』は最高でした。
昨年も言いましたが僕が食べた松茸で、人生で一番美味しいです。石川県の松茸の産地として有名な珠洲のものを朝採れの状態で提供されます。旬、真っ只中。こんなに香りも味も違うものかと毎回驚きます。そして何より焼きの卓越した技術が凄いです。
最高の状態の松茸を様々な方法でいただくのですが、全てに負けない濃い味わいの松茸。そして余韻が長く続きます。

来年のこの時期に必ず再訪したいと思ってしまいます。

氷見毛蟹の真丈のお椀も最高でした。香り、味、余韻などお椀の最高峰だと思います。

ご飯が美味し過ぎて7杯も食べてしまいました。

ご馳走様でした。また是非再訪したいです。

2022/10/15 更新

10回目

2022/01 訪問

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥50,000~¥59,999
    / 1人

繊細で上品な作品を堪能

金沢市内に店を構える完全予約制の「片折」さんに再訪致しました。
The Tabelog Award 2021 Gold、The Tabelog Award 2020 Silver 受賞店です。
加えて食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店です。
お店は、鏡花のみちに面しています。
道路を挟んで浅野川の流れる音が聞こえる様な立地です。
店内は、高級感ある白木のカウンター6席です。
そして、今回もいつもの席で片岡さんの静かなパフォーマンスを堪能します。

今回いただいたおまかせコースです。
〇うずみ豆腐
〇氷見の寒鰤
〇あんこうと加賀蓮根のお椀
〇平目、アオリイカ、ブリの心臓
〇メダイ幽庵焼き
〇越前の蕎麦がき、加賀の菊菜、能登椎茸炊き合わせ
〇あん肝
〇紅白なますと能登ナマコ
〇ヤナギサワラとカラスミ蕪蒸し
〇氷見の寒鰤えんがわのしゃぶしゃぶ
〇海マス丼
〇マナガツオ天丼
〇氷見の海藻の王様アカモク(ながら藻)御飯
〇玉子がけ御飯
〇金沢かおりの苺の大福

今宵も繊細で上品な料理を堪能しました。

とても幸せな時間を過ごす事が出来ました。

また是非再訪致します。
ご馳走様でした。

2022/02/08 更新

9回目

2021/12 訪問

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥50,000~¥59,999
    / 1人

人生最高峰の蟹に悶絶!!

金沢の“女川”とも呼ばれている浅野川沿いにある「片折」さんに再訪致しました。

何度も伺わせていただいておりますが、毎回感動できるお店というのはそう多くはありません。
片折さんはそんな貴重なお店の一つだと思っています。

今回もいつものカウンター席で、店主の片折 卓矢さんの作品をいただきます。

いただいたコースの内容です。
○氷見のカマスの炙りと地元の大根おろし
○一番出汁
○加能ガニお椀
○アオリイカとクエ
○マヨイカツオ炭火焼き
○加能ガニの足の炭火焼き
○金沢春菊の白和え
○金沢のイリコで炊いた里芋の田舎に煮
○河北市の鴨の炭火焼き
○蟹お刺身
○蟹味噌リゾット
○信田巻き

蟹の時期に入り、メニューにも蟹が随所に登場しますがどれも本当に美味しいです。
お椀は染み出した蟹の風味がしっかり残りいつもの出汁とは全く違う味わいになっており、炭火焼きでは噛んだ時に身の繊維と香ばしさを堪能し、お刺身でいただいたときは蟹本来の甘みを楽しめました。
そして蟹味噌のリゾットは香りも味も堪らなく濃厚で美味しかったです。

それから金沢春菊の肉厚なのに柔らかく、噛むと優しい味わいを白和えでいただく事で冬を感じました。

大将と女将さんの笑顔を見ると、またこの空間に帰ってきたなぁと思います。
とても幸せな時間を過ごす事が出来ました。

ご馳走様でした。また是非再訪致します。

2021/12/23 更新

8回目

2021/11 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥50,000~¥59,999
    / 1人

人生最高峰の松茸に悶絶!!

金沢の“女川”とも呼ばれている浅野川沿いにある「片折」さんに再訪致しました。
2018年5月オープンされたのにも関わらず、食通達の舌を満足させ続けておられるため
超予約困難店の一店舗とも言われているお店です。

場所は金沢駅から車に乗って10分程で到着しました。

店内の立派なカウンタ―に座ると、今夜はどんな感動が得られるかと心躍ってきます。

今回いただいた料理の内容は以下の通りになります。
○珠洲の生松茸
○珠洲の松茸粥
○一番出汁
○氷見毛蟹の真丈のお椀
○氷見のクエとアオリイカ
○マヨイカツオ
○珠洲の松茸炭火焼き
○鉄砲カマスと松茸の幽庵焼き
○加賀蓮根を使った辛子蓮根
○里芋の田舎煮
○氷見牛の松茸巻きのしゃぶしゃぶ
○飛竜頭
○白米
○カツオ漬け丼
○鮭イクラ丼
○マナガツオ天丼
○塩雲丹丼
○牛しぐれ丼
○生シラス丼
○牛しぐれ玉子丼
○生落花生と落花生豆腐と黒蜜

今回も本当に美味しい料理の数々で最初から最後まで本当に楽しいひと時でした。
何度伺っても感動できるお店というのは本当に少ないです。

個人的感想を少し・・・。
今回はとにかく『松茸』。
僕が食べた松茸で、人生で一番美味しいです。
石川県の松茸の産地として有名な珠洲のものを朝採れの状態で提供されます。旬、真っ只中。こんなに香りも味も違うものかと毎回驚きます。そして何より焼きの卓越した技術が凄いです。
最高の状態の松茸を様々な方法でいただくのですが、全てに負けない濃い味わいの松茸。そして余韻が長く続きます。

来年のこの時期に必ず再訪したいと思ってしまいます。

氷見毛蟹の真丈のお椀も最高でした。香り、味、余韻などお椀の最高峰だと思います。

『氷見のクエとアオリイカ』身は淡泊ですが上質な味わいのクエも良いのですが、今回はアオリイカがとにかく甘く、噛む度に旨味を感じ美味しかったです。

ご飯は毎度必ずおかわりする程美味しいです。

ご馳走様でした。また是非再訪したいです。

2021/11/22 更新

7回目

2021/09 訪問

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥30,000~¥39,999
    / 1人

日本料理の最高峰でいただく絶品の数々

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。

店内は、白木を基調としたシンプルな空間です。
丸々1本の木を指定買いして作ったというカウンター席に腰を掛けると、
前回は夏の食材を使った様々な料理を美味しくいただいたことを思い出し、
今回はどんな料理がいただけるかワクワクしてきます。

いただいた料理の内容は以下の通りになります。
○出来立て胡麻豆腐とキクラゲ
○紅ズワイガニの寄せのお椀
○青バイ貝とアカヤガラ
○福井の赤雲丹
○ヒラソウダのお刺身
○カマス幽庵焼きとエリンギ
○能登の煮鮑
○月冠の飯蒸しと福井の塩雲丹
○胡瓜と能登115の椎茸の胡麻酢和え
○シラサエビとすっぽん
○甘長唐辛子と加賀蓮根と千両茄子
○福井県みかた港天然うなぎの柳川
○幻のカツオ!ヒラソウダのご飯
○ノドグロ丼
○氷見牛しぐれ煮丼
○玉子かけご飯
○氷見牛しぐれ玉子ご飯
○蓮根餅

“お椀”や“すっぽん”など、出汁が本当にクリアで飲みやすい。
どちらも同じ出汁をつかっているというわけでないので(カツオや昆布の割合など)新鮮な気持ちでいただけます。
“ヒラソウダ” 幻のカツオと言われていています。鮮度が命の為、ほぼ産地で消費される魚です。
今回いただくことができたのですが、脂が甘くて旨味が物凄く、後引く美味しさでした。
後半のご飯の応酬。どれもが美味しすぎて甲乙つけられない。思わずもう一周と言いたくなりました。

今回もずっと悶絶が止まらなかったです。とても居心地も良くお料理を堪能する事が出来ました。何回訪れても素晴らしいの一言です。

 大満足です。是非季節を変えて伺いたいです。
ご馳走様でした。

2021/09/26 更新

6回目

2021/07 訪問

  • 昼の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥30,000~¥39,999
    / 1人

百万石の里でいただく絶品料理

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。
The Tabelog Award 2021 Gold 受賞店・The Tabelog Award 2020 Silver ・食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店です。
今回もいつものカウンター席で、店主の片折 卓矢さんの作品をいただきます。

今回いただいたおまかせコースメニューです。

○ヘタ紫なすと福井の雲丹
○甘鯛のにゅうめん
○キジハタと赤イカのお造り
○車海老と青バイ貝
○富山 庄川 天然鮎鮨
○氷見牛のフィレ
○石川 美川 海ぞうめんの素麺仕立て
○ノドグロの酒盗焼き
○海老とキクラゲの寄せ豆腐と能登 宇出津 鮑の出汁餡掛け
○氷見マナガツオ丼
○玉子かけご飯
○小鯛の茶漬け
○梅干し茶漬け

ノドグロの酒盗焼きは、上品な脂と旨味を味わえます。
飽きの来ない料理は、もの凄いセンスと技術が調和していて、全て悶絶しっぱなしでした。
素晴らしいの一言です。

今回も大満足のひと時でした。
また是非再訪致します。
ご馳走様でした。

2021/07/25 更新

5回目

2021/06 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥30,000~¥39,999
    / 1人

今回も絶品料理で悶絶

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。
The Tabelog Award 2021 Gold 受賞店・The Tabelog Award 2020 Silver ・食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店です。
今回もいつものカウンター席で、店主の片折 卓矢さんの作品をいただきます。

今回いただいたおまかせコースメニューです。
〇青バイ貝と空豆と金時草ジュレ
〇一番出汁
 海の恵みという言葉がふさわしく、奥深い味わいです。
〇飛び魚の沢煮椀
〇白カレイとアカイカのお造り
 カレイは、跳ね返るような弾力があり絶品です。
〇新湊のボタン海老とマグロ
〇ノドグロ炭火焼きと春キャベツ
 ノドグロの皮の部分は、パリッと香ばしく焼かれ、身は上品な脂と旨味がありしっとりとしています。
〇珠洲の天然のじゅんさいと福井の雲丹素麺
 今が旬のゼラチンに覆われたじゅんさいは、噛んだ時のsoundと食感を楽しみます。
〇七尾のとり貝
 炭で炙って提供されます。旨味と甘みが凝縮されます。
〇加賀の丸いも豆腐と白エビ
〇揚げ出し豆腐と朝取れの絹さや
〇氷見牛の矢端巻き
〇煮えばな
〇新玉葱のご飯
 意外な組み合わせに驚きです。もちろん絶品。
〇マグロ漬け丼
 漆塗りの器に映えるきれいなマグロです。
 赤身を煮切り醤油に漬け込むことで旨味と香りを引き立たせています。
〇玉子かけご飯
〇ワラビ餅

何回訪れても素晴らしいの一言です。
今回も大満足のひと時でした。

また是非再訪致します。
ご馳走様でした。

2021/06/11 更新

4回目

2021/04 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥40,000~¥49,999
    / 1人

今回も大満足の絶品料理を堪能

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。
The Tabelog Award 2021 Gold 受賞店・The Tabelog Award 2020 Silver ・食べログ 日本料理 WEST 百名店 2021 選出店です。

店内は、白木を基調としたシンプルな空間です。
8席のカウンターは、丸々1本の木を指定買いして作ってもらったそうです。
そのカウンターの中では、店主の片折 卓矢氏が、粛々と腕を揮っています。
食材は、能登七尾に出向いて魚を仕入れているそうです。
そして、能登の藤の瀬の霊水で40時間水出しした昆布に合わせた料理は、シンプルでいて奥深い味わいです。

今回いただいたおまかせメニューです。
○よもぎ豆腐
 新緑を感じる鮮やかな緑は、よもぎの香りがインパクトあります。
○一番出汁
○バチメのお椀
 出汁を味わえるあっさりとした上品なお椀です。
○虎ふぐのタタキ
○スミイカの木の芽味噌和え
 ぷっくりと太ったスミイカは、歯ごたえと甘味を感じます。
○鮑ステーキ
○のどぐろの蒸し寿司
 上質の脂の乗ったノドグロは、蒸されていることによってふわりとした食感です。
○目鯛の幽庵焼き、わさび菜
○白エビのあられ揚げ
 カラッと揚げられたあられ揚げは、白エビの甘味を楽しめます。
○いわしのつみれ汁
 いわしの出汁も加わった透明できれいなつみれ汁は、私の好みの逸品です。
○お食事(八幡巻き、漬け物、ますご飯、蟹の餡かけご飯、卵かけご飯)
○桜餅
・お抹茶
 
お料理はもの凄いセンスと技術が調和していて、全て悶絶しっぱなしでした。
素晴らしいの一言です。

今回も大満足のひと時でした。
また是非再訪致します。
ご馳走様でした。

2021/04/22 更新

3回目

2020/12 訪問

  • 夜の点数:5.0

    • [ 料理・味5.0
    • | サービス5.0
    • | 雰囲気5.0
    • | CP5.0
    • | 酒・ドリンク5.0
    ¥40,000~¥49,999
    / 1人

全ての料理で悶絶!!

百万石の里金沢にある「片折」さんに再訪致しました。

目の間を通称「女川」と呼ばれている浅野川が流れています。
天神橋が近くにある風情ある立地です。
アクセスは、バス停「橋場町」より徒歩7分程です。

食通の著名人たちがこぞって「片折」さんを紹介しています。
因みに来年は、予約でうまっているそうです。

店内は、白木を基調としたシンプルな空間です。
8席のカウンターは、丸々1本の木を指定買いして作ってもらったそうです。
そのカウンターの中では、店主の片折 卓矢氏が、粛々と腕を揮っています。
食材は、能登七尾に出向いて魚を仕入れているそうです。
そして、能登の藤の瀬の霊水で40時間水出しした昆布に合わせた料理は、シンプルでいて奥深い味わいです。

本日もこだわり抜かれたコースをいただきます。
〇蕪のふろふき
〇枕崎の鰹節
〇金岩港ズワイ蟹のお椀
〇福井県駿河港の香箱蟹
〇氷見のクエとアオリイカ
〇氷見の寒鰤
〇氷見の寒鰤のカマ
〇福井県駿河港の越前蟹
〇ぜんまいと壬生菜の炊き合わせ
〇天然の鴨
〇蟹味噌ご飯
〇寒鰤ご飯
〇クエのご飯
〇くず焼き

蟹の美味しさが、写真で伝わると思います。
特に香箱蟹は、普通の蟹の大きさに匹敵します。
ご主人の食材に対するポテンシャルがすごいと思います。
また、料理に欠かせない出汁は、抜群です。
他のお店とは、出汁の取り方が違うのでしょうか、奥深い味わいです。

お料理はもの凄いセンスと技術が調和していて、全て悶絶しっぱなしでした。

素晴らしいの一言です。

今回も大満足のひと時でした。

また是非再訪致します。
ご馳走様でした。