真矢さんが投稿した武蔵家 沖縄本店(沖縄/小禄)の口コミ詳細

沖縄のラーメン店とカップ麺のブログ

メッセージを送る

この口コミは、真矢さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

武蔵家 沖縄本店小禄、奥武山公園、赤嶺/ラーメン

1

  • 昼の点数:4.5

    • ¥1,000~¥1,999 / 1人
      • 料理・味 -
      • |サービス -
      • |雰囲気 -
      • |CP -
      • |酒・ドリンク -
1回目

2012/05 訪問

  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    ¥1,000~¥1,999
    / 1人

トッピングをすべて注文して載せた「全部のせ」! 「チャーシューメン(全部のせラーメン)」

那覇市金城の「武蔵家」へ行って行きました。
5月7日(月)よりソフトオープンとして復活を遂げた「武蔵家」ですが、明日の5月22日(火)より、いよいよグランドオープンとなりますね。復活初日には訪れて、「ラーメン」を頂くことが出来たのですが、残念ながら本格復帰日は都合が付きそうにありません。次回の来店はしばらく先になりそうだと考え、ソフトオープン終了間際に再訪することにしました。期間中は100食程度の数量限定だったらしいのですが、連日昼過ぎには品切れ終了となっていたようでした。改めて根強い人気があったことが伺えますが、それ以上に、良い方向に新規ラーメンファンの耳目を集めているようにも感じます。お店には午前11時の開店時間に合わせて訪れたのですが、開店待ちのお客さんですぐに席は埋まってしまい、しばらく待つこととなりました。自分の後にも行列が続き、沖縄では珍しい光景になるでしょうね。

「武蔵家」の券売機です。
ソフトオープン期間中は「ラーメン」の提供に集中されるということで、初日のまま、券売機の一部は厚紙で覆われていますね。ただ無地だった紙面に「ビール(500円)」の提供や、説明書きなどが足されていました。さて今回の注文ですが、前回「ラーメン」のみの大人しめな内容だったこともあり、今回は「チャーシューメン大盛り(900円)」をお願いすることにしました。それだけではやはり終わらず、トッピングから「小松菜(100円)」に「のり(100円)」も追加購入です。ちなみに「玉子(本来は100円)」については期間中のサービスで付いているのだそうです。玉子以外は初期状態から入っているため、かなりの増し仕様になりそうですね。これにて『全部のせ』完成となります(^_^;)

程なく(というか順番待ちから席に付くと同時に)運ばれた、「チャーシューメン」です。
ええと、ラーメン以外に、「ライス(100円)」も注文しております(^_^;)(実はキャベチャーも注文したのですが、こちらは遅れて運ばれて来ました)。こちらのライスですが、ソフトオープン中のみの設定になるのでしょうか、セルフで行うことにより、必要な分だけ山盛りにすることが可能となっています。この日はあいにく二日酔い気味ということもあり、抑えてよそうこととなりました。リベンジ(?)したいので、本格オープン後も続けて欲しいサービスですね(笑) また、漬け物が付いているのも嬉しいところでした。そうそう、今回“大盛り”でお願いしたのですが、器が通常サイズのものから、側面が丸みのある大きなものへ変更になるのですよね。実はこれまで「武蔵家」では普通サイズで注文したことがなく、逆に前回の器にちょっと違和感があったのでした(^_^;) 個人的にはこの形のラーメン丼で、「武蔵家」に来たという感慨を強く覚えますね。

「ラーメン」の麺ですが、太めのややひねりが入ったもの。今回のお好み表からの選択ですが、『味の濃さ(濃いめ)・油の量(多め)・麺の硬さ(硬め)』でお願いをしています。前回は初回ということもあり、すべて「普通」を選んだのですが、今回はすべてを“がっつり仕様”としました。ただ麺に関しては、更にもう一段階“ぐっと硬め”があり、結果からいえばそちらを選択しても良かったかもしれません。もちもちした食感はしっかりありましたが、今回の仕様では更に硬めにして、より男らしい歯応えが似合っていたのかも。その麺に絡むスープですが、“味濃いめ・油多め”にしたことにより、ぐっと荒々しい味わいになっていました。これは合わない人はきっと受け付けられず、合ってしまった人は虜になってしまうという、「武蔵家」らしいスープですね。独特な豚骨臭に、脂分がたっぷりと溶け込んだ、癖のある仕上がりになっていました。今回は塩分が強めに感じたかな? スープの強さに、増した小松菜や海苔が存分に活躍してくれて、麺と共にバランス良く食べ進めることが出来ました。

遅れて運ばれた「キャベチャー(150円)」です。
チャーシューの細切れに、パリパリのキャベツの歯応えが美味しい一品です。本来は濃厚こってりで癖のあるラーメンに、良い箸休め(?)となるのですが、今回はトッピングにて小松菜や海苔を追加したため、やや持て余してしまった部分があります。お腹に余裕があればビールも頼んで、アテにしてもよさそうですね(笑) ラーメンの方はたっぷりのチャーシューにライスが足りなくなってしまい、代わりに濃厚なスープを頂く配分で苦戦しながらも、なんとか完食となりました。さすがにお腹いっぱい、満足です。

さて冒頭にも書いたように、明日(5月22日(火))よりグランドオープンとなるのですが、数量限定が解除されて、これでようやく行ける人もいるのでしょうね。さすがに昼過ぎまでしか営業されていない状態は、ラーメンファンとしてはちょっと困りますね(^_^;) 次回来店はしばらく間が開きそうですが、券売機で隠されている品目も気になります。今後は夜間の来店も可能になるでしょうから、二日酔いがしっかり抜けてから、訪れることにしたいと思います(笑)

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市金城5-7-12
電話:不明
営業時間:11:00-売り切れ次第終了
定休日:未定
駐車場:有り

2014/01/13 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ