あさぴー1さんが投稿した鮨 みつ川(石川/北鉄金沢)の口コミ詳細

あさぴーのおいしい独り言

メッセージを送る

この口コミは、あさぴー1さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

鮨 みつ川北鉄金沢/寿司

1

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999¥6,000~¥7,999
1回目

2014/04訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999
  • lunch:4.2

    • [ 料理・味-
    • | サービス-
    • | 雰囲気-
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

金沢ひがし茶屋街の人気店、久しぶりの訪問はランチでした

食べログを始めたころにアップして、だいぶ淡白な内容だったので、前に行ったディナーの内容も加えて再構成しました。

まずはランチ編です。

「鮨 みつ川」も、ひがし茶屋街に移転してきて、さらに人気に拍車がかかってきた気がする。移転してきて早4年。人気も上々で、姉妹店である「鮨歴々」という少しカジュアル路線の鮨店を近江町市場内に出している。

久しぶりにお会いする光川さんも、前よりはよくしゃべるようになった気がするが、経営が順調な証かな?

ランチの鮨は基本おまかせで、8貫と12貫のコースがある。

まず出されたのは、鯛を軽く昆布締めにした一貫。上品に口の中で昆布の香りが広がる。美味しい。最初の一貫にふさわしい。

お次はヤリイカ。

かつおのたたき。わらで炙った一品。わらで炙ると風味と旨みが増す。

ピントがボケていて恐縮だが、ノドグロの炙り。炙ることにより旨みがさらに増す。

金沢では定番ネタ「ガスエビ」。

こちらも同じく定番「梅貝」。コリッとした食感と噛むと旨みと甘みが出てくるネタとして、私も好きな握りの一つである。

アジも活きのよさが伝わってくる。

穴子は軽く炙ってあら塩と柚子を振りかけて。

これで8貫が終わり。義母がこれで満腹ということだったが、他のメンバーはまだ食べられるということで12貫にしてもらった。

中トロは上品なあぶらがのっていて、口の中でとろける。

サヨリ。

ウニ。

最後はノドグロを炙って手巻きに。光川さんの仕事の丁寧さを物語るのが、この手巻き。手巻きだとシャリが柔らかく、食べると下の方からシャリがはみ出たりするものだが、光川さんはちゃんと下のほうにも海苔をかぶせて巻いてくれる。気遣いがうれしい。

もちろん、炙ったノドグロは脂のノリも最高で美味しい。

以上で終わり。一人6千円ほどだったが、満足できる内容だった。

ブログ記事はこちら。
http://asahip.cocolog-nifty.com/asap/2014/05/post-5ae5.html

お次はディナー編。

ますは生ビールと枝豆。このあと酒の肴が続く。

お刺身。赤西貝も久しぶりである。

こちらは「幽庵焼き(ゆうあんやき)」である。幽庵焼き」とはWikipediaによると、醤油、酒、味醂を1:1:1であわせ、ユズの輪切りを加えてつくった漬けダレである『ゆうあん地』に数日間漬けこみ、汁気を切った後に焼き上げたもの。汁気を切って蒸すと幽庵蒸しとなる。」とある魚はサンマ?カマス?忘れてしまった。(^^;;

イカゲソをさっぱりと食べさせてくれました。

アワビの肝を酢の物で。

これから握りに入る。ただ今回久しぶりのメンバーとの会食で会話が進み。どんな魚だったか覚えがまったくナシ。特に白身系はわからない。(^^;;

最初はナメラ(アイナメ)?

こちらも不明。みつ川では醤油をつけて食べることはない。そのまま食べる。

イカは大葉を挟んで細かく刻み、酢橘を絞って食べさせてくれる。

甘海老は甘みがあって美味しかった。

バイ貝はあら塩でさっぱりと。

ヅケはいい感じで味がしみていた。

コハダは、〆具合がとてもよかった。

ハマグリ。このあたりは江戸前の本領発揮。ツメもそんなに甘くなく貝の味を引き出していた。

穴子は、塩と柚子皮を軽くかけて。脂の乗った穴子の旨みを引き出していた。この穴子は小松弥助、志の助の穴子に似ていないでもない。

そして最後は、巻物でノドグロ。炙って旨みを最大限出したノドグロが海苔に負けない味である。この巻物のみ醤油をつけて食べる。

5年前より明らかに握りが変化している。前はギンギンの江戸前の鮨だったが、この日食べたときは、金沢の鮨の趣がにじんできたように感じた。そのあたりをご主人にお聞きしたら、やはり当時からは色々変化させてきているようである。

久しぶりに美味しいお鮨を食べることが出来て幸せであった

ブログ記事はこちらです。
http://tabelog.com/rvwr/001875722/rvwdtl/6503217/

2016/05/10 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ