TAKASAN-BATACHANさんが投稿した五勝手屋本舗(北海道/江差)の口コミ詳細

TAKASAN-BATACHANのレストランガイド

メッセージを送る

この口コミは、TAKASAN-BATACHANさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

五勝手屋本舗江差/和菓子

2

  • 昼の点数:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
2回目

2018/08訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

しばらく休んでたので、お土産

2018.08.18訪問

実家帰省での家の手伝いと祭の手伝いも終盤、翌日は祭参加者への労いと、我々祭役員の反省会を兼ねた「後引き」と呼ばれる催し物を控えていましたが、前日、函館の通い先の仲間から「こっちの方もてんてこ舞い状態です。いつ戻りますか?」というニュアンスのメール。そうですね~、翌日の日程が済めば一段落ですし、父の膝の具合も、悪いながらある程度動けるようになってきましたので、そろそろ帰還時ですね。

そんなわけで、函館帰還を20日と決めましたが、約1ヶ月の休みを頂いていましたので、礼儀としてはお土産を持っていくのがよろしいかと…。なので、江差と言えばここでしょう。以前にも羊羹を買って好評でしたので。

前回は流し羊羹でしたが、五勝手屋と言えばやはりDAIGO…もとい、醍醐味は「筒羊羹」でしょう。ただ、在籍人数が結構いますので、いろいろ考え、食後のお菓子に出来るように現地で筒羊羹を切り分けて配る事にしました。

20日は一旦通い先に置いてくる荷物のために立ち寄り、本格出勤は翌日からとしまして、その日の昼に作戦実行。4本の羊羹を1cm程度に切り分け、1人当たりにいくつか枚数が行き渡るようにしました。ここは僕の考え通り、昼食後だった事もあって程良い量となって皆さん喜んで頂けました。僕も食べましたが、ここは流石の五勝手屋羊羹、相変わらずの美味しさで満足です。

また江差に長期帰省したら、通い先の皆さんに買っていく事にしましょう。

  • お土産に買った筒羊羹を切り分けます。残り1本もこの後切り分けました

2018/08/22 更新

1回目

2017/05訪問

  • lunch:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.5
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ゴールデンウィークも終わりに近づいて…

2017.05.05訪問

ゴールデンウィークの実家帰省も終盤、函館に戻る日も近付いてきました。

通い先で実家のある江差の話が出る時、仲間の1人から「五勝手屋羊羹って美味しいよね~!また食べたい!」という話がよく出てきますし、また、他の仲間の人がほぼ毎日のようにお菓子を持ってきてくれますので、ここは一つ、お土産を買っていった方がいいと以前から思っていました。ここは丁度良い機会ですから、今回お土産として、羊羹を買っていく事にしましょう。

店に出向き、まずは外観写真を1枚。ゴールデンウィーク中という事もあって、店内に入ると、中は結構賑わっています。

今回、通い先の人数が大人数である事も考えて、ショーケース上の「流し羊羹」を3個買う事にします。大人数ならばこの方がいいでしょう。もちろん、いわゆる「丸缶」もオススメですが…。

会計を済ませた後、店員に店内の撮影許可もいただき、中の写真を撮りましたが、その最中に、ちょっと懐かしいものを発見!「中花饅頭(ちゅうかまんじゅう)」です。北海道では結構メジャーな御菓子で、小さい頃はよく冠婚葬祭の引き出物や香典返しなどで親がもらってきたものを食べていたものですが、最近あまり口にする事が無く、懐かしさから写真撮影の途中で1個買いました。

写真撮影を終えて、店員の方にお礼を告げた後で帰宅し、さっそく中花饅頭を頂く事にしますが、せっかくなので良いお茶と合わせようと思い、家にあった抹茶茶碗・茶筅・茶杓・抹茶を出し、氷水を用意して冷抹茶を作りました。実はうちの母、以前からお茶を習っていて、ある程度の道具は取り揃えてありまして、御抹茶を茶筅で点てる程度ならば僕でも出来るもので…(^^ゞ

中花饅頭を口にすると…、おや?餡は昔通りだけど、皮の味が以前と違うな…。裏書きを見ると、今の材料には昔は入ってなかったと思われる材料が入っていて、もしかしたらそのために味が違うと感じたのかもしれませんね。とはいえ、そこは五勝手屋本舗。ちゃんと美味しく仕上げてあります。これはこれで好きな味ですよ。そのあと、冷抹茶で口を直し、共に美味しく頂きました。

五勝手屋本舗は羊羹以外に、実家や町内関係ではよくお世話になりますね。家の仏壇に、月命日とかでお供えする和菓子はよくここのを使いますし、姥神大神宮渡御祭で町内の山車(やま)で配られる、ここで作られているお赤飯を口にする事もあります。江差町には切っても切れない縁がありますね。別のレビューにも書きましたが、江差の和菓子のツートップの一角を担っている存在です。

今回のレビューはここまでにしますが、この後、羊羹を食べましたらまた追記します。
――――――――――――――――――――――――――――――
さて連休明け、早速通い先に持っていって切り分けてもらいました。評判は上々で、僕も食べましたが、やはり豆が違うだけに美味しいですね。

しかし、ちょっとした事がありました。通い先に母娘で来ている方々がいらっしゃるのですが、その人に切り分けを頼んだところ、他のメンバーの分を優先するあまり、自分達は遠慮して食べていなかったという事を娘さんの方から聞き、しかも一番食べたがっていたのがその娘さんだった事から、せっかく買って持ってきたのに肝心の相手に食べてもらえず、違和感を抱えてしまいました…。

まあ、それはそれで彼女らの優しさでしょうから、せめて今度の江差行きの時にはその一家の分を改めて買いに行こうと心に決めたのでした。
──────────────────────────────
後日談。

通い先に渡していた五勝手屋羊羮ですが、渡す際に「3本ありますが、今回はいる人の分に2本だけ切り分けて、残りは今日来れなかった人と、理事の方が来たときのお茶菓子にしてください。」と伝えていたのですが、その1本がまだ残っていて、先の話の人も含め、まだ食べてなかった人達にも無事に行き渡りましたので、ご報告いたします。たいへん美味しかったとも言っておられましたので、嬉しい限りです。

  • 店舗外観

  • 店内1・五勝手屋羊羹いろいろ

  • 店内2・贈答用の五勝手屋羊羹その1

  • 店内3・贈答用の五勝手屋羊羹その2

  • 店内4・御菓子いろいろその1、「中花饅頭」がありました。

  • 店内5・御菓子いろいろその2

  • 店内6・御菓子いろいろその3

  • 店内7・さくら羊羹

  • 店内8・あきあじ最中&カステラ

  • 店内9・母の日用の羊羹セット&絵はがき

  • 店内10・あきあじ最中&和菓子詰め合わせ

  • 店内11・贈答用の詰め合わせ

  • 店内12・贈答用カステラ

  • 店内13・(左から)蒸しパン、豆大福、栗大福、赤飯

  • 店内14・(左から)シベリア、羊羹食べくらべセット、さくら羊羹

  • 店内15・ショーケース内の和生1

  • 店内15・ショーケース内の和生2

  • 2階の上り口、休憩場所があるようです

  • 階段付近に飾られていた書の彫刻

  • 階段下に拵えてある小庭

  • 昔の店舗で使われていた柱と大黒柱

  • 柱と大黒柱の説明、右側の人形は江差歴街ゆるキャラ「お路ちゃん(左)」「夢作(右)」

  • 階段の踊り場には、これまで使われていた和菓子の木型が飾られていました

  • 今回買った「中花饅頭」

  • 中花饅頭の裏書き

  • 冷抹茶で頂きました

  • 今回買ったもの(包装)

  • 左のオリジナル袋に入っていました

  • 今回買った流し羊羹×3

  • 添えてあった説明書き(表)

  • 添えてあった説明書き(裏)

  • 後日、通い先にて切り分けてもらいました。

2017/05/18 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ