3pocoさんのマイ★ベストレストラン 2015

3pocoの食べ歩きろく。

メッセージを送る

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

マイ★ベストレストラン

1位

レストラン リューズ (六本木、六本木一丁目、乃木坂 / フレンチ)

1回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.4 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥8,000~¥9,999

2015/04訪問 2015/04/21

ココは本当にオススメ!六本木「リューズ(Ryuzu)」

最初に結論。

一言で表現するとアレです、「美味しい」ってやつです。
ワタシ的には、これ以上の表現がいらないお店です。

* * * * * * * * * * * * * *

先日、六本木でランチをば♡

伺ったのは、六本木駅から徒歩数分のところにあるRyuzu(リューズ)。
マーサーブランチ(MERCER BRUNCH)の隣のビルの地下にあります。

店構えからして“THE六本木”。
30代からが似合う、オトナな・上質感漂うお店です。

この日は、MENUDUJOUR(5,800円)にて。
(前菜2皿・魚料理・肉料理・デザートのコース)

まずは、スパークリングワイン葡萄のノンアルドリンクでスタート。

▼アミューズブーシュ:新玉ねぎのスープ・ベーコンのマドレーヌ
 これをひとくち頂いた瞬間、夫婦で顔を見合わせ、目でこんな会話を少々。
 「このお店は確実に美味しい」「私たちと相性のいいお店」
 こんなに素敵な、完成されたアミューズは久しぶり。

▼パン
 シンプルですが、すごく美味しいパン。
 風味がものすごく良くて、かといってお料理と喧嘩することもなくて。
 名脇役にも主役にもなれるパンですね。

▼鴨とフォアグラのソシソン仕立て根セロリと林檎のサラダを添えて
 (※メニューチェンジをして頂いています)
 鴨とフォアグラ×林檎のソース…ものすごく合っていました。
 ベリーソースはこれまでにも何度か頂いていますが、林檎は初。
 ソースの酸味と甘みのバランスがとにかく絶妙で、
 このバランスが悪いとここまでしっくり合うことはないのでしょうね。

▼新潟産八色椎茸をタルト仕立てに ラルドの薄いベールで覆って
 「椎茸がスペシャリテなの?」…って思ってしまってごめんなさい(汗)
 素材一つ一つがお互いを引き立て合いながら、
 しっかり“一つ”にまとまっている完璧な一品でした。
 味の奥行き…今でも蘇ってきます。

▼石垣産ハタのポワレ生姜風味のコンディメントと共に
 これもまた素晴らしかったです。一切の死角なし。
 メインに添える野菜を、単なる“飾り”“彩り”としてしか見ていないお店も少なくないですが、
 本当に美味しいお店は“飾り”としてだけではなく、
 味の“いち構成要素”として使っていますよね。こちらのお店は間違いなく後者。
 それは、玉ねぎの下ごしらえにも表れていました。

▼新潟産妻有ポークをしっかりロースト季節野菜のソテーを添えて
 しつこいようですが、これもまた素晴らしかったです。
 ポークからでた肉汁を活かしたソースが、
 ポークの魅力を倍増…いやそれ以上に増幅させてました。
 この、赤身・白身・脂身…見事な三層にも、思わず目を奪われました。

▼愛媛産ブラッドオレンジとアーモンドミルクのムース
 この中には、色々な味わいや食感が潜んでいるんですが、
 見事に“一つ”になっているんですよね…完成度高過ぎです。
 文句なしの美味しさがありました。

▼カフェ&小菓子


接客には安定感があって、変に気取った感じもなし。
終始、プラスはあってもマイナスが見当たりませんでした。

アミューズを食べた瞬間に直観的に感じた
「このお店は確実に美味しい」「私たちと相性のいいお店」
に、間違いはなかったようです(´艸`)

最後にもう一度結論。
一言で表現するとアレです、「美味しい」ってやつです。
ワタシ的には、これ以上の表現がいらないお店です。


心の底からオススメ。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)13

もっと見る

2位

鮨 波やし (高円寺、新高円寺 / 寿司)

1回

  • 夜の点数: 4.2

    • [ 料理・味 4.2
    • | サービス 4.2
    • | 雰囲気 4.2
    • | CP 4.2
    • | 酒・ドリンク 4.2 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999 -

2015/07訪問 2015/07/05

高円寺の「波やし(はやし)」は、“とにかく最高”尽くしの寿司の名店だった!

【予約が取れない・取りづらいシリーズ】第五弾
「波やし」
----------------------------------------------------------------------------------------
第一弾:肉の聖地巡礼へ!予約の取れない「気まぐれ肉処やっちゃん(江古田)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11989220214.html
第二弾:予約がとれない名店に、“肉山登山”に行ってきた!「肉山(吉祥寺)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11998408748.html
第三弾:“尋常じゃない”尽くしの肉の名店☆「かがやき(三ノ輪)」で肉三昧!
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12024787601.html
第四弾:初花一家(ブログ掲載せず)
  http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13134383/dtlrvwlst/7669997/
----------------------------------------------------------------------------------------

お声掛け頂かなければ、絶対に来ることも・知ることもなかったであろう
高円寺のお寿司屋さん「波やし(はやし)」。

いきなり結論いっちゃいますが、この「波やし(はやし)」、“とにかく最高”です。

何が“とにかく最高”かって?それは、
*お寿司はもちろん、お寿司以外も美味しい
*なのに、お値段とってもリーズナブル
*大将の謙虚で素敵なお人柄が素敵
*それゆえに、お店の雰囲気・居心地も最高


大変失礼ながら、味だけを求めるならば、
銀座とかでもうちょっと上のクラスはあるのやもと思います。
(もちろん、お値段もそれなりにしますが 苦笑)

でも、そういうお店って、妙に高飛車で居心地が悪かったり、
そうでなくても肩ひじ張って疲れるというか…。
「美味しい」はあっても、「楽しい」はないような。

でもこちらは、銀座でも数万はするクオリティがあって、居心地も雰囲気もあったかいんです。
なので、ワタシ的には“とにかく最高”

もうね、行けるものならばまた行きたいですよ!ええ、もちろん難しいけど!!
(もう1年先の予約まで埋まっちゃってるそうです 泣)
だから堂々の【予約が取れない・取りづらいシリーズ】入りです(笑)


この日は、カウンター全席を貸切り、お料理+ドリンクをお任せにて。
ドリンクは、日本酒の羽根屋等を頂きました。
ちょこっと試飲してからオーダーできるんです…良心的!

さぁ、こっから怒涛のお料理攻めがスタート!

▼北海シマエビ
ねっとりとした甘さが、舌の上に絡むように広がります…いきなり美味し過ぎる!

▼のどぐろ・鰹・イカ・マグロ
どれも素晴らしかったですが、特に素晴らしかったのがイカ。
濃い味わいに、気持ちのいい歯触り。
イカってそんなに量は食べられないのですが、これはお代りを欲したほど。

▼マグロの筋焼き・ゲソ・稚鮎
こちらもどれも素晴らしかったですが、マグロの筋焼きのジューシーさにはやられました。
ここまでは完全な生食続きだったので、
脂のジュワッと広がる感じがすごく印象に残りました。

▼金目のスープ仕立て
この金目のスープ仕立て…この日のTOP3に入る美味しさでした!
金目の甘み・旨みがスープに溶け出ていて、とっても豊かな味わいに。
金目そのものもふっくらしていて、これ1杯の満足度はものすごいものがありました。

▼毛ガニ→甲羅酒
毛ガニからの甲羅酒!どんだけ贅沢なんだか(笑)

▼真鯛の酒蒸し
この火入れも本当に素晴らしく、
鯛の甘みを感じながらの舌の上でほろほろっと崩れゆく感じが最高でした。

▼スモークサーモンのハラス
ほどよい脂のり・塩気に、お酒がぐいぐいすすみます。

▼雲丹ご飯炙りトロのせ
ほんのひとくち程度の量なのですが、このひとくちの満足感がすごかった!
口中に広がる濃厚な味わいに風味に…今でも鮮明に思い出されます。

▼牛肩ロース・島根のフルーツトマト

▼水茄子

▼ばくだん・海苔
濃厚なばくだんを海苔に巻いて頂きます。
海苔で磯の香りがさらにプラスされたばくだんは絶品!

▼お新香サラダ

▼穴子・アボカド巻き
この時期が一番美味しい穴子に、アボカドとタレを合わせて。
穴子そのものが本当に美味しいので、
アボカドやタレにだって全然負けてないんです…絶品!!

▼穴子骨せんべい


さて…ここまででかなりお腹が満たされている私たち。
いよいよグランドフィナーレ“大将による握り”へと向かいます。

「今日はコレ」というメニューが決まっているわけではなく、
その日のオススメのネタや好きなもの・食べたいもの、そして お腹の具合をお伝えしながら握って頂きます。

お寿司は食べたいけど、お腹的にちょっと…だった私は、「シャリ小さめ」なんてお願いを。
そんなのも快くご対応くださるって嬉しいですね♡

▼漬けマグロ

▼ウマヅラハギ肝のせ

▼イワシ
こんなにとろけるようなイワシの握りは初!

▼のどぐろ

▼雲丹
いやはや…臭みのない、一瞬でふわっと消えゆく雲丹に乾杯。そして完敗。

▼穴子(塩とタレ)
この日のナンバーワンはこの穴子!
この時期が一番美味しい穴子…ふっくらとしていて、ほど良い脂のりもあり。
タレでも美味しいですが、塩が本当に美味しくって!終始うっとりしっぱなしでした。

▼巻物(イクラ・サバ・サーモン)

この“こぼれ”感を味わいたくって、「端っこください!」って(笑)
最高のビジュアル、もちろん味も最高です!

▼味噌汁(普通とおかわり茗荷汁)
あまりに美味しくて、「茗荷をたっぷりでおかわり!」って(笑)
そうしたら、大将ってば笑いながら本当にたっぷり入れてくださるんですもん…。
ね?大将ってば本当に素敵なんですよ♡

もう本当にざっくりまとめちゃいますが、
大将が丁寧に作ってくれるお料理、そして、大将が目の前で握って下さるお寿司は“とにかく最高”づくしでした。

また行ける日を夢見て…。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)33

もっと見る

3位

かがやき (宝町、銀座一丁目、新富町 / 割烹・小料理、しゃぶしゃぶ)

1回

  • 夜の点数: 3.9

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.9
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.9 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999 -

2015/10訪問 2016/01/17

再訪3:【予約のコツ有】あの三ノ輪の名店・かがやきが銀座に新店舗をオープン!「肉割烹 かがやき(銀座・京橋)」

【予約が取れない・取りづらいシリーズ】
第一弾:肉の聖地巡礼へ!予約の取れない「気まぐれ肉処やっちゃん(江古田)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11989220214.html
第二弾:予約がとれない名店に、“肉山登山”に行ってきた!「肉山(吉祥寺)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11998408748.html
第三弾:“尋常じゃない”尽くしの肉の名店☆「かがやき(三ノ輪)」で肉三昧!
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12024787601.html
第四弾:初花一家 ※ブログなし
第五弾:【予約のコツ有】あの三ノ輪の名店・かがやきが銀座に新店舗をオープン!「肉割烹 かがやき(銀座・京橋)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12079882688.html


---2016.01.16(訪問3回目)--------

今回は、12/7に営業をスタートした2階にお邪魔しました。
(肉しゃぶ&海鮮しゃぶのWしゃぶ+セルフ飲み放題で6,500円)

肉しゃぶ&海鮮しゃぶのWしゃぶなので、左右で2つに割れたお鍋で頂きます。
内容としては、
・カラフルなキノコ&野菜盛り(←三ノ輪で出る「野菜スティック」ではない)
・ローストビーフ(←これも三ノ輪にはない)
・豚2種(うまうまなアグー豚!)
・A5ランク牛1種(この日は仙台牛!サシがすごいのに、全然重くない!うまうま!!おかわりしまくり!!!)
・魚4種(←最大の違い!鱈、鰤、鯛…など。鱈が最強!!)
・〆は、ラーメンか雑炊を選べます(この日は雑炊で!鱈のダシが出ててうまうま!!)

ちなみに、セルフドリンクのラインナップは、
ビール、黒ビール/焼酎(㐂六などもちゃんとあります)/ウィスキー/日本酒がありますが、
やっぱりかがやきといえば日本酒でしょう!
その日によって変わりますが、この日 置いてあったのは、伝心、写楽、るか、ちえびじん、農口…など。
すっきりしたものからしっかりしたものまで、色々なものが揃っていました♡
(セルフ飲み放題は、三ノ輪と同じイメージですね)

色々なタレや薬味が用意されているので、
スタッフさんにどんな合わせがいいかを伺いながら頂いていくのも楽しいですし、
自分で色々アレンジしてみても面白いかも。

本当はもっと書きたいことが山のようにあるんですが(もちろんポジティブな内容!)、
これ以上はど~してもど~しても書けないので、今回のレビューはここまでにとどめておきます♪

今回は両親と伺ったのですが、
美味しいしゃぶしゃぶ、日本酒、そしてお店側の細やかなお心遣いに…特に3poco父大満足!
2~3人なら1階、グループなら2階かな!!

言うまでもなく、また予約をして帰りましたとさ♪笑


---2015.11.28(訪問2回目)--------

※ダイジェスト動画も公開中!
https://youtu.be/yZEUvRDpID0

前回訪問時に予約をして帰り、今回は旦那さんとの訪問です。
お料理は5,000円でお任せ、ドリンクはアラカルトにて。

「お料理は5,000円で、でも品数は(前回より)1~2品減らして内容を調整して下さい」
「お魚も欲しいです」「お席は“アリーナ”でお願いします」
 
…そんな図々しいお願いの数々を、全て叶えて頂いちゃいました♡

お料理一品一品の詳細のレビューは控えますが、
今回は魚介も入っていて、よりパワーアップしたような印象アリ!

ご用意頂いたのは、
お造り、カキ、トリッパ、牛すね肉の煮込み、うにく(ウニ+肉)、おひたし&ピクルス
出汁巻き卵、すき焼き風、アグー豚、ハツ、A5入り炊き込みご飯
…などなど。
「前回とは違うものを食べて欲しい」とのことで、
前回とはちゃんと違うものをラインナップしてくださる姿勢にも感激。

当然のことながら、どれも文句なしの美味しさで、
一緒に行った旦那さんも「美味しい美味しい」を連発!!
相当気に入ってくれたようで、鼻高々&「奥さん株」が赤マル急上昇

オーナーさんや大将、他のお客さんとも楽しくお話出来た、素敵な“かがやきnight”でございました♡


で、実は…12/7に2階のフロアでも営業を開始するそうです!
肉しゃぶ&海鮮しゃぶのWしゃぶ+セルフ飲み放題で6,500円というスタイル。
(※セルフ飲み放題は、三ノ輪を想像して頂ければOK)
1階とは全然違うスタイルになるようなので…もう楽しみ!興味津津!!

…ということで、今度は2階の予約をして帰りました( ´艸`)
今からとっても楽しみ!


---2015.10.2(初回訪問)--------
2015年10月1日、あの三ノ輪の超人気店「かがやき」が銀座・京橋エリアに新店舗をオープンされたとのことで、
総勢10名・貸切でお邪魔してきました!(席は全部で10席、オールカウンターです)

私たちが伺ったのは10月2日でしたが、完全予約制なので、
実質はグランドオープン後初めてのお客様だったんです!
こんな人気店になること間違いなしの・話題のお店で、まさかの「初」をGETとは!!
幹事さんに感謝感謝です♡

こちらは、三ノ輪のかがやきと異なり「食べ放題・飲み放題」ではなく、
・お料理は5,000円~のおまかせ(要望によってアレンジ可)
・飲み物は3,000円で飲み放題(日本酒やワインが主で、結構な素敵ラインナップ!)
が基本形になるかと。
※ドリンクは単品オーダーも可能とのことでしたが、詳細は事前にお店の方にご確認下さい。


この日は8,000円(おまかせ5,000円+飲み放題3,000円)でお願いしました。
私は日本酒縛りで、一白水成(雄町)・一白水成(酒未来)・花巴を堪能♡

ちなみに、出てきたお料理は、全部で17皿(+1おまけ)!
かなりボリューミーなので、小食男子は大食い女子の同伴必須。
でも、赤身肉を中心にひたすらストイックに“登山”する某店とは違い、
こちらはちょっとした箸休めのあるので、最後まで美味しく楽しく頂けちゃいますよ♡

「出来る限り毎日違ったものを出していきたい…」ということなので、
もしかしたら今日食べたものは二度とお目にかかれないかも?笑


▼前菜:牛スネ肉のマヨネーズ和え、自家製ビーフジャーキー、ラム肉のコロッケ
スタートからエンジン全開の美味しさ!
化学調味料たっぷりの市販のものとは一線を画す、上品で豊かな味わいのビーフジャーキー。
噛めば噛むほど味が出てきて◎

▼牛テールのスープ
秋らしく5種のきのこもたっぷりと。
(たもぎたけ、ときいろひらたけ、はなびらだけ、やまぶしだけ、しもふりひらたけ)
牛テールときのこの出汁がたっぷり出たスープは、もう非の打ち所がない美味しさです。
これにご飯だけでも、十分なご馳走でしょう!

▼牛のぼんじり、インカのめざめ、シャドークイーン
鶏のぼんじりは何度となく食べてきましたが、牛のぼんじりは初!
そもそも、市場でもなかなか出回らない部位なのだとか。
下味しっかりなぼんじりは、ほどよい弾力とジューシーさがなんとも言えず。
とにかくあとをひく美味しさあり!
ホクホクのじゃがいも勢との相性も抜群でした。

▼ももナカニク
赤身の味わいがとってもしっかりあれど、嫌味も臭みもない さらっとした歯切れの良さが◎

この ももナカニク他、お肉は 6種の調味料・ソースで頂いていきました。
トリュフ塩、徳島の岩塩、ポン酢、サルサソース、すだち、バルサミコソース
圧倒的に人気だったのはトリュフ塩なんですが、
赤身と脂のバランスによっては他のソースが合うこともあって、
それぞれに色々と試せる面白さが◎

▼蕪のだしあんかけ
美しくカービングされた蕪の中からは、なんとサーロイン、栗、たけのこ、銀杏がお目見え!
かつおベースのだしあんは、上品な中にもしっかりとパンチがあって、全体をしっかり引き締めていたなという印象。
美しさ、驚き、そして美味しさもある素敵な一品でした。

▼ウデの千本スジ(付近?←曖昧 笑)
見た感じ、筋のようなものが見えてはいるんですが、実際に口に入れてみると スジ感とは一切無縁で。
スジがあるどころか、とってもふんわりしていて、ジューシーさも際立っていました。

▼トマト
それそのものでも十分に甘くて美味しいであろう湯むきをされたトマトには、
かつおベースのお出汁に、オリーブオイルを少しだけ効かせて。
完全に和ではないお出汁が、ものすごく新鮮で美味しくて。
お出汁を飲み干す人続出!笑

こういうお口直しがあるかないかで、最後まで美味しく・気持ちよく食べきれるかが左右されますよね。
こういうコース全体での緩急・配慮があるお店って本当に好き♡

▼サンカクバラ
絶妙な火入れのサンカクバラは、とにかくふんわり・ふかふか!
脂感はかなりしっかりですが、さらっとしていて嫌味のない脂感。
噛めば噛むほどに、肉質の良さが伝わってきました。

▼タン元
この日のふかふかナンバーワン!笑
ふんわりな中にジューシーさがあって、さらにプツリと切れる舌触りが最高でした♡

▼サーロインのマツタケのせ
くちどけのいいサーロイン、そして、ジュワッと広がるその甘い脂。
それだけでも十分美味しいんですが、そこにマツタケが加わるとめちゃめちゃ美味しいという。
「香りマツタケ、味シメジ」と言いますが、
少なくともこのメニューにおいてはシメジ先輩では無理です。
マツタケ先輩に敬礼。

▼コブ
この肉汁の溢れ出る感じがまたなんとも♡
赤身感がしっかりなので、あっさりペロリといけちゃいます。

▼ブリスケ、ゴルゴンゾーラピカンテ
牛肉にゴルゴンゾーラって、ちょっと珍しい組み合わせかも?
最初こそ、ゴルゴンゾーラがぐいぐいきているんですが、
後からブリスケの濃くしっかりとした味わいが追い付ついてくる感じが楽しい◎

▼出汁巻き卵
またまた絶妙なタイミングでの箸休め。
卵の味わいがしっかり感じられて、ふんわりほっこり♡

▼ウデ
スモーク液に漬けられたウデ、口に運んだ瞬間から薫香が口中に広がります。
この薫香には、バルサミコソースの強さがとってもしっくりきました。

▼加茂茄子と鴨
独特の臭みのない鴨に、やわらかな味わいの茄子。
ネギと甘辛ソースとの相性が良く、全体でとてもバランスのいい一品でした。
ちょっと「え?」と思うかもしれませんが、
実はここにサルサソースを加えても美味だったんですよ 笑

▼とうがらし
噛めば噛むほどにその味の深さを見せつけてくる?とうがらし。
さっぱりと頂けるので、何気に好きな部位の一つ。
サルサソースに、すだちを加えて頂くと◎

▼ローストビーフのお茶漬け
ナカニクだったりウデったり、色々な部位のローストビーフを 贅沢にもお茶漬けにして頂いちゃいました。
お出汁にしっかり浸ったご飯を、お肉で巻いて頂くってどうよ!?
…もちろん、美味しくないワケがない 笑
実山椒がいいアクセントになっているので、最後まで飽きずに食べられるのも◎

▼ピクルス
シンプルなようでいて、これがまためちゃめちゃ美味しかった!

▼わらびもち
目の前で丁寧に仕上げられたわらびもちは、ぷるぷるとろとろ。
口に入れた瞬間から、ふわ~っと消えゆくような感覚がまたなんとも言えず♡
和三盆の優しくて繊細な甘さも素敵でした。

▼プリン(おまけ)
超自信作!というプリン、みんなで1つを試食させて頂いちゃいました♡
(つまり、仲良く10等分です 笑)
これ、プリンなんですが、プリンっぽくない滑らかさ。
クレームブリュレをもう少しクリーミーにしたような感じでしょうか?
とにかく美味しいので、もし気になる方はリクエストしてみるものアリかもです!


これだけの内容とクオリティ。そして銀座・京橋という立地。
これで8,000円って…安すぎるでしょう!

三ノ輪の本店は、美味しいお肉・美味しい野菜をたっぷり楽しめるお店。
こちらは、お肉を中心とした 色々なアレンジ・表情のあるお料理を楽しめるお店。
それぞれがそれぞれに魅力的ですが、個人的には色々な変化を楽しめるこちらのお店の方が好きかも♡

…ということで、私は早速 来月末に予約を入れて帰りました 笑
(※「お料理は5,000円で、でも品数は1~2品減らして内容を調整して下さい」ってお願いしました♡)

営業中は電話を一切受けられないということでしたので、
営業開始少し前の時間を狙って(16~17時頃)電話をすることをオススメします。
※予約対象期間は、翌月末分まで(10月であれば、11月末までが予約対象)

  • トウガラシ
  • (説明なし)
  • ウデの千本スジ?
  • サーロインまつたけのせ102

もっと見る

4位

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション (恵比寿、目黒 / フレンチ、モダンフレンチ)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥8,000~¥9,999

2016/01訪問 2016/02/28

【訪問3】ミシュランを獲得するお店の「真の強さ」を垣間見た気がしました。

---(2016.1:再訪)------------------

約半年ぶりのラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション。
もう詳細は控えますが、学んだことが一つ!

「1年以上あけて訪問した方がいい!」ということ!!笑

半年しかあいていないと、なんだかんだんでほとんどメニューが一緒だったというトラップ 笑
前回のアミューズが 今回の前菜になってた…とか、名前が違うだけでほとんど一緒の内容…とか。

次回の教訓 笑


---(2015.10:再訪)-----------------

旦那さんとのお出かけランチは、ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション。
実は、ラ ターブルへのプライベートでの訪問は初!

ガストロノミーよりははるかにカジュアル。
でも、ラトリエほどは砕けすぎず…なラターブルは、旦那さんとの休日ランチにピッタリ♡
服装もさほど気にしなくて大丈夫ですしね。
(もちろん、最低限のマナーレベルは維持で!笑)

旦那さんはシェリー酒、私はノンアルコールカクテルで乾杯。
※この日のノンアルコールは、桃とクランベリーとトニックウォーター。
 メニューには載っていないので、スタッフさんにお問い合わせを!


▼アミューズ ブーシュ
紅芯大根の下には、旨みたっぷりの蟹肉のほぐしが。
上品なアミューズに、次に出される料理への期待感が自然と高まります。

▼パン
ロブションのベーカリーチームのパン、本当に大好きなんです。
今回一番美味しかったのは、かぼちゃのパン。
かぼちゃの風味がものすごくよく分かる・見事な仕上がりに、思わずお替わりをお願いしちゃいました 笑

▼サーモントラウトのタルタル ポムクルスティアンとアネットの香るソース“クラブラックス”
この彩りの良さ、立体感…見た目だけでこんなに楽しめるなんて!
サーモンのタルタルの中にはとびこが入っていて、
味のアクセントになっていることはもちろんなんですが、
ねっとりとした舌触りの中に、時に ぷちぷちっとした食感が現れるんです。
この、味も食感も楽しめる工夫が最高に素敵でした。


▼国産平目と活マール海老のムースリーヌのショーソン仕立て ソース“ショロン”
パイのサクッとした食感、パイの中で重ねられた食材それぞれの味わい、
そして トマトの酸味がほどよく効いたソース…全てが合わさったときに奏でられるハーモニーが本当に素晴らしくて。
夫婦揃ってお気に入りの一皿でした。

▼国産ハーブ豚 ロース肉を低温調理にし、季節野菜とホホ肉のミトネを添えて
ロース肉、ホホ肉のほか、肩肉とすね肉のリエットも。
この一皿で、国産ハーブ豚の色々な部位が楽しめるようになっていました。
それぞれに豚の持ち味を活かしての調理方法をとられているのでしょう、一つ一つがとても味わい深く上質で。
特にロースは、柔らかく、豚肉そのものの味わいがしっかり引き出されていて、
非の打ちどころのない美味しさがありました。

▼マロン 軽めに仕上げたムースにし、カシスのジュレとキャラメルポワールのソルベとともに
少し洋酒の効いていて、ちょっぴり大人なデザート。

▼ハーブティーとミニャルディーズ(パンナコッタ)
ハーブティー…嫌みがなくって本当に美味しい。


途中、お料理に合わせてソーヴィニヨンブランやシラーズを頂き、
“お料理としては”終始大満足なランチに。


ん?“お料理としては”??

いや実は……


この日は、お客様の入り状況やそのタイミング 等で
オペレーション的にちょっと厳しくなってしまった部分があったようで、
入店後30分経過してもアミューズもパンもが出てこないという珍事がありまして… 笑

ガストロノミーよりカジュアルとは言っても、ミシュラン2つ星のお店ですし、
ガストロノミーでもラトリエでも これまでにこんなことは一度もなかったので、
さすがにちょっとお声掛けをさせて頂いたんです。


そうしたら……

そこからのリカバリーがすごかった!(詳細は控えますが…)
最初30分間の珍事によるモヤモヤ感が、帰るまでに見事に払拭されました。
コミュニケーションレベルが違うんです、本当に。

ミシュランを獲得するお店の「真の強さ」を垣間見たような気がしました。
その意味で、今日のお食事には お食事以上の大きな価値があったかも。


---(2015.7:通常外利用)--------------------------------------------------------

恵比寿のラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションで、
五感をフルに研ぎ澄ませながら「料理教室付きランチコース」を堪能してまいりました♡

この日は、恵比寿のラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションを贅沢にも貸切!

しかも、その“贅沢”は貸切だけにとどまらず、
同店を率いる朝比奈シェフの特別料理教室付きなんですから、もうスゴイ!
朝比奈シェフの手さばきを目の前で見られるなんて…贅沢の極みでしょう!!
(そして ワタクシ、ちゃっかり目の前に座らせてもっちゃいました 笑)

今回は、前菜とメインの2品を実演下さいましたが、
朝比奈シェフのお料理には“手間”が幾重にも積み重ねられていました。
「ああ、この積み重ねが 美味しさの源なのね!」と、思わずため息が出ちゃったほど。

その手間には、絶対に真似できない手間もあれば、家庭でも取り入れられる手間も。
(前者があるからこそ、こちらに食べにくる意味があるんですけどね!笑)

私が一番参考になったのが、魚の火入れの仕方【8:1:1】。
家で早速実践してみましたが、仕上がりが全然違いました!
ふっくらしっとり…私以上に、サバ自身が喜んでましたよ 笑

朝比奈シェフの軽快なトーク&見事な手さばきを堪能した後は、
いよいよ ラ ターブル チームによるフルコースへ…。


▼パン
ベーカリーチームが焼き上げたパン…何度食べても惚れますね!

▼フランス産 ホワイトアスパラガスのブランマンジェ オレンジのエスプーマ
ロワール産のホワイトアスパラの甘みと、ほどよい酸味のある軽やかなエスプーマ。
思わず「う~ん♡」と唸らずにはいられませんでした( ´艸`)

▼ズワイ蟹とアプリコットの香るクスクスのルーロー アボカドのクーリー シュクリーヌのサラダ
蟹のふんわりとした甘さを引き立てるアプリコット。
色々な食感、舌触りを楽しめる華やかな一品でした。

▼真鯛 しっとり焼き上げ バジリックの香るトマトとグリーンタップナードのエッセンス 季節野菜をあしらって
皮目からじっくり・丁寧に火入れがされた真鯛は、本当にふっくらしっとり。
季節の野菜の甘さ、そして それぞれに異なる食感も楽しくって。
イカスミのガレットで、全体の風味が何倍も豊かになっていたのが印象的でした。

▼国産牛頬肉のブレゼ 香り高い赤ワイン風味 ポテトピューレとともに
伝わりますか!?このほろほろ加減。
時間をかけたからこその仕上がり…といったところでしょうか。
口に含んだ瞬間から舌に馴染んでいく感じが、もうたまらなくって。
ロブションのスペシャリテ・じゃがいものピューレと合わせると、もうどこまでも最強でした。
そして、言うまでもなく、赤との相性は抜群!

▼クレームダンジュ 爽やかなヨーグルトムースとイチゴのソルベとともに
軽やかや甘さと爽やかな酸味が、お食事の最後をどこまでも素敵に演出してくれていました。

▼コーヒー

▼小菓子


お互いの良さを引き立て合う良質な素材の組み合わせに加え、
ロブションが築き上げてきた・計算しつくされたレシピによって織りなされたお料理は最高でした。
今度は完全プライベートで利用したいですね♡

  • 2016.01
  • 2016.01
  • 2016.01
  • 2016.0167

もっと見る

5位

みこころや (大森、大森海岸 / 割烹・小料理)

1回

  • 夜の点数: 3.8

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.8
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.8 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999 -

2015/11訪問 2015/11/07

美味しい和食に、お腹もココロも満たされた夜。

【予約が取れない・取りづらいシリーズ】第八弾

またまた素敵なご縁に恵まれて、今度は大森のみこころやへ。

このみこころやは、ビブグルマン2015に選出されたお店。
半年先まで予約でいっぱいだそうで……でも、伺ってみて納得。
丁寧に仕上げられたお料理は 本当に美味しくて、
口にすればするほどに どんどん心酔していく自分がいました…笑


大森駅から歩くこと数分。
見えてきたのは、大森のざっくばらんな雰囲気とは一線を画す、趣のある<和>な店構え。
お店の中は決して広くはないですが、天井高があるので開放感もあり。

テーブル席だったので、店主の手さばきを拝見することはできませんでしたが、
お料理が提供されるテンポの良さから、
手際良くをされているであろうことは容易に想像がつきました。

この日は存分に和を楽しみたい…と思い、日本酒しばりで。
(伯楽星、王禄、白菊、男山 等をオーダー)
お料理は4,500円のコースを。


▼柿とむかごの白和え
フルーティな柿に、素朴さが嬉しい零余子。
そして、全体のふんわりとした甘さをきゅっと引き締めてくれるイクラ。
ホッとするような美味しさに、いい意味で肩の力が抜けました。

▼帆立の真丈、椎茸、つるな
雑味のないお出汁がとにかく美味しくて。
ふんわりやわらかな真丈の中には、ホタテの身がごろり。
シャキっとした食感のつるながいいアクセントに。

▼お造り:カンパチ、メジマグロ、ヒラメの昆布〆、キンメダイ
ヒラメの昆布〆は、昆布の風味がものすごく良くって。
わさびを少しだけ添えて頂くと◎

▼季節の炊き合わせ:メダイ、海老芋、春菊のあんかけ
外はかりっと、中はほっくり…な海老芋に思わず心酔してしまう人続出!
わずかではありますが、春菊のほろ苦さがものすごくいいアクセントになっていました。

▼朴葉焼き(鮭)
ほどよい火入れの鮭に、お味噌をたっぷりのせて頂きます。
口に運んだ瞬間に鼻を抜けていく 朴葉の香りと焦げたお味噌の香りがたまらなく好き。
お味噌だけで日本酒を飲みすすめる人続出!笑

▼舞茸の天ぷら、ウニと百合根のはさみ揚げ
ほくほくとした百合根の中にはたっぷりのウニ。
アツアツのうちに頂くと、百合根のホクホク感が際立ち、
少し粗熱がとれた状態で頂くと、ウニ感が際立ち…そんな違いも楽しめた一品。

▼鯛の炊き込みご飯
目でも舌でも楽しめる炊き込みご飯は、とにかく絶品。
お腹いっぱいで、食べきるのはちょっと…と思っていた矢先に、「にぎりましょうか?」との有り難いお声掛けも。
こんなお心遣いも含めて、とても素敵な炊き込みご飯でした。

▼赤だし
山椒の風味がものすごくいいアクセントに。

▼バナナのムース
バナナ感がしっかりとあって、
甘すぎず、ふんわりとした口当たりが嬉しいムースでした。


これだけのお料理に、お酒代を加えて7,000円ほど。
「得られる満足度」は、お値段以上であることは間違いなし。
また是非 再訪したいお店の一つです。


【予約が取れない・取りづらいシリーズ】
第一弾:肉の聖地巡礼へ!予約の取れない「気まぐれ肉処やっちゃん(江古田)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11989220214.html
第二弾:予約がとれない名店に、“肉山登山”に行ってきた!「肉山(吉祥寺)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11998408748.html
第三弾:“尋常じゃない”尽くしの肉の名店☆「かがやき(三ノ輪)」で肉三昧!
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12024787601.html
第四弾:初花一家
  ※ブログ掲載せず
第五弾:高円寺の「波やし」は、“とにかく最高”尽くしの寿司の名店だった!
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12046914950.html
第六弾:【予約のコツ有】あの三ノ輪の名店・かがやきが銀座・京橋に新店舗をオープン!「肉割烹 かがやき」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12079882688.html
第七弾:六花界グループ・完全会員制「五色桜(駒込)」で、肉と日本酒を浴びるように楽しんだ夜。
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12090054176.html

  • 柿とむかごの白和え
  • 季節の炊き合わせ:メダイ、海老芋、春菊のあんかけ
  • 朴葉焼き(鮭)
  • 帆立の真丈、椎茸、つるな26

もっと見る

6位

入谷鬼子母神門前のだや (入谷、鶯谷、上野 / うなぎ)

2回

  • 夜の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.1
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.7
    • | CP 3.7
    • | 酒・ドリンク 3.7 ]
  • 昼の点数: 3.8

    • [ 料理・味 3.8
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.6
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999 ¥1,000~¥1,999

2017/10訪問 2017/10/13

数量限定のうな丼ランチ♡

せっかく鶯谷まで行ったので、久しぶりに「のだや」でうなぎを頂いてきました♡
“世界の渡部”も絶賛のお店です 笑

ランチはどれも数量限定。
うなぎと穴子のいとこ丼狙いだったのですが、残念ながらすでに売り切れに…。なので、今回はうな丼を頂きました。

タレが絡められたご飯の上に、キレイに焼き上げられたうなぎがどーーーん!
ふっくら焼き上げられたうなぎは、言うまでもなく美味!!甘すぎない、さっぱりめのタレも◎
脂くどさもなく、淡白な中にも力強さがあって…普段は本当に早食いな私ですが、無意識のうちにゆっくり味わって食べていた自分にビックリしちゃいました 笑

ご飯も、うなぎの良さを損なわない、むしろ引き立ててくれるようないい炊き加減。正直、ご飯で全てを台無しにしてるうなぎ屋さんって少なくないですよね。ご飯にも気を抜かないのだや、やっぱりさすがだなって思います。

そして、忘れちゃいけないうなアイスで〆♡

以前頂いた特選うぐいすにはかないませんが(当たり前 笑)、大満足のうな丼ランチでした♡
上野での打ち合わせ後、某取引先の社長に連れてきて頂いたのがこちらのお店。
(後で有名店であることを知ったという…まだまだ勉強不足ですね 苦笑)

本当は入谷や鶯谷が最寄りのようですが、この日は上野からタクシーでGO。

ほどなくして到着したお店は、現代風で素敵な外観。
…でも、なぜか正面から入らない社長。
まさかの裏口から攻め入るという…どんだけ常連感を醸してんだか(-∀-)

店内も現代風の造りになっていて、それこそ離れもあるのだとか。
さすがに離れで…なんて関係ではないので(←一応言及しておきます 笑)、
(常連感を出して)裏口から入りつつも、正面入り口に近い席に着席。

メインのうなぎだけはセルフチョイス、それ以外は社長にお任せにて。


▼前菜(うなぎの一夜干し、かぼちゃのテリーヌ、煮浸し)
うなぎの一夜干しって初!
結構 塩気がきいていて、めちゃめちゃお酒に合います。

▼うなぎとクリームチーズの酒盗和え【オススメ】
湯引きしたうなぎに、クリームチーズとマグロの酒盗…この組み合わせ最高ですね!
何と言っても、クリームチーズのコクと酒盗の塩気の余韻が素晴らしすぎて、
焼酎がぶ飲み からの 日本酒シフト 笑

▼うざく【オススメ】
ふっくらとしたうなぎと、薄切りにされたきゅうりを やわらかなお酢でさっぱりと。
ふっくらした ほどよい脂のりのうなぎは、当然のことながらお酢に負けることはなく、むしろいい塩梅に。
これは本当に上品美味い一品!

▼うまき【オススメ】
ふっくらうなぎが、ふっくら卵のお布団にくるまれての登場♡
このお布団…すっごい気持ち良さそうなんですけど 笑
大根おろし や うなタレを少しだけ添えてパクリ…“ダブルふっくら”に即ノックアウト!

▼陸奥八仙(青森)

▼初うなぎ 特選うぐいす【超絶オススメ】
真打登場……な、なんなんだこれは!?
ご飯が…ご飯がほとんど見えないんですけどー!!

この「初うなぎ 特選うぐいす」は、愛知県の三河一色産の特大うなぎがまるっと一匹使われているんです。
しかも、「初がつを」ならぬ「初うなぎ」とのことで、冬に捕獲された稚魚を半年間育成した初モノなのだとか…。

でも私、実はこれ頼んでないんです…(-∀-)
これが松クラスだとしたら、私は梅クラスを頼んでいたはずなのに、
私がお手洗いで席を外している間に、社長がオーダーを変更していたらしい…をいをい。
どうやら、梅クラス(細うなぎ)と特大うなぎとではやっぱり違うので、
どうせならこちらを食べさせたかったのだとか…ありがたいやら、申し訳ないやら(;^ω^A

で、真面目な話に戻りますが、このうぐいす重の特大うなぎ、見た目のままにすんごい肉厚&美しくて。
特にうなぎの表面が本当に整っていて、捌きが丁寧なのであろうことが容易に想像できます。
とにかくふわっふわのうなぎ、上品な甘すぎないタレで仕上げられているので、
うなぎの旨みそのものも存分に感じることができました。
この「初うなぎ 特選うぐいす」、本当に「美味しい」の一言に尽きます。

究極的なことを言えば、うなぎとご飯の境目が分からないくらいに全体が調和していて、
お重全体としても完成度が高いなぁ…と。
この「初うなぎ 特選うぐいす」は本気でオススメ!


社長にはこの8年間で結構色んなお店に連れてきてもらいましたが、
この入谷鬼子母神門前のだやはダントツかと。

味はもちろんですが、お店の雰囲気・接客、そして客層も すごく落ち着いているので、
静かに・しっとり・ゆったりとお食事するのに良かったです。

欲を言えば、もう少し提供時間が早かったら嬉しかったですが、
明らかに「注文を頂いてから作り始める」というこだわりスタイルなので、
こればっかりは仕方なし…というか、お客さんの待ちどころですね。

まとめると、「社長、また連れてって!!」ってことで 笑

--------------------------------------------------------------------------
※サイドストリー込みの完全版レビューはこちらから!笑
 http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12046239883.html
--------------------------------------------------------------------------

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)22

もっと見る

7位

魚菜 由良 (大井町、下神明、鮫洲 / 割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理)

1回

  • 夜の点数: 3.9

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.6
    • | 雰囲気 3.6
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.8 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥5,000~¥5,999 -

2015/05訪問 2015/06/22

【訪問2回・動画アリ】次の予約を入れて帰りました!「魚菜 由良(大井町)」が美味しい&コスパ最強居酒屋だった件。

<訪問2回目:2015.6>

「次回の予約をして帰りました」…の、“次回”に行ってきました!

伺ったのは、大井町にある魚菜 由良。
内容と価格があまりにも合っていないので(=コスパが良すぎる)、
密かに予約の取りにくい人気店の一つなのです。
※この日の時点で、曜日・人数によっては3ヵ月待ちでした。

この日は、旦那さんと2人だったのでカウンター席にて。
前回同様、コース+飲み放題(4,000円+1,500円)でお願いしました。
※2回目なので、レビューは軽めに…☆

▼前菜(大根・セロリ・小柱のコチュジャン和え、酒盗の豆腐、豆腐の細切り だしのせ)

▼とうもろこしのすりながし

▼刺身盛り合わせ(水タコ、スズキ、縞鯵、アオリイカ)

アオリイカの、舌の上に広がるねっとり濃厚感が本当にすごかった!

▼盛り合わせ(鮎の香り揚げ、サーモンの胡麻味噌焼き、アロエとじゅんさい、白瓜、山桃、枝豆)
うかつにも写真を撮り忘れるという…それだけ夢中で食べてしまったんです 笑
私も旦那さんも、サーモンの胡麻味噌焼きがどストライク!
ほど良い脂ノリに、ほど良い胡麻味噌の風味…素敵な余韻が残る一品でした。

▼岩中豚とゴーヤの煮びたし
これもまた、二人揃ってどストライク!
上品なお出汁に、岩中豚の脂と旨みが溶け込んでいて美味♡

▼マグロと刺身こんにゃく
ぷるっぷるの刺身こんにゃくにマグロ…素敵な舌触り!

▼牛しゃぶとナス 胡麻ポン酢だれ

▼海老マヨ スパイシー仕立て
これ…後を引きすぎて困りました 笑
しっかりインパクトのある一品ではありますが、どこか上品さがあって…さすが!

▼アサリと四川きゅうりの冷汁仕立て
思わず「白いご飯下さい!」と手を挙げたくなった一品 笑
徐々に暑くなってきた今の季節にぴったりで、またそんな季節感のある感じも最高。

▼フルーツトマト クリームチーズソース

▼ねぎま鍋
前回の教訓を踏まえて、マグロのほほ肉はじっくり火を通して頂きます。
そうすると、嘘みたいにマグロがふんわり美味しくなるんです♡

▼海鮮と生姜の土鍋ご飯
あ~もうこの生姜ご飯が好き過ぎる♡

この日も、見事なまでに お腹もココロもしっかり満たされました♡
で、当然のことながら、次回予約をして帰りましたよ!
もちろん…夫婦揃って、しかも別々にね 笑

旦那さんは会社メンバーとの飲み会予約を、
私は(帰り際に2号店に伺い)Family会予約を。

ということで、またよろしくお願いします♡ 笑


<訪問1回目:2015.5>

気に入り過ぎて、次回予約をして帰りました!!(笑)

* * * * * * * * * * * *

【予約が取れない・取りづらいシリーズ】第四弾
「魚菜由良」


第一弾:肉の聖地巡礼へ!予約の取れない「気まぐれ肉処やっちゃん(江古田)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11989220214.html
第二弾:予約がとれない名店に、“肉山登山”に行ってきた!「肉山(吉祥寺)」
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-11998408748.html
第三弾:“尋常じゃない”尽くしの肉の名店☆「かがやき(三ノ輪)」で肉三昧!
  http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12024787601.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※youtubeでダイジェスト動画を公開中!
 https://youtu.be/76B9DVz9PoI
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お声掛け頂かなければ、絶対に来ることも・知ることもなかったであろう
大井町の名店「魚菜由良」。

大井町駅から徒歩5分ほどのところにあるお店なんですが、
「お料理が美味しい上に、コスパが最強過ぎる」として有名だそうで…。
この日は、贅沢にもそんなお店の2階を貸し切っての総勢14名での大宴会!
あえて先に言っておきますが、ここからの記載内容は5,500円です。
ええ、なんと飲み放題込みで5,500円です。

是非、それを頭に入れた上で読み進めてみて下さい。
このお店がどれだけスゴイかが…きっと伝わるはず!!


ちなみにこの日は、日本酒・黒龍縛りにて♡

▼前菜
(じゃがいもそうめん、青菜の胡麻びたし、アスパラ豆腐、ドライフルーツの白和え)
え?今日って和食じゃなかったっけ?…な~んて錯覚に陥りそうなビジュアル。
どれも手が込んでいて、この後のお料理に期待が高まるクオリティでした。

▼玉ねぎのすりながし
またまた、洋のように見えて和な一品。
玉ねぎの甘みを120%引き出したような味わいに、終始うっとり。

▼お刺身の盛り合わせ
(水だこ、ひらめ、シマアジ、スルメイカ)
一見淡白なものが多そうですが、それぞれにしっかりとしたインパクトあり。
特に好きだったのはスルメイカ。
大葉と海苔がいいアクセントになってました♡

▼アボカドのあげだし
アボカドが?まさかの揚げ出しに??
アボカドだって、まさか自分が揚げ出しになる日が来るなんて思ってなかったはず!(笑)
アボカドに和のお出汁がすごく合ってて、かなりお気に入りの一品。

▼焼き物:鰆のふき味噌がけ、出汁で炊いた簾麩
これも文句無しの焼き物。
白いご飯が欲してたまらなかったです(´艸`)

▼春野菜の煮浸し
この日、最も春を感じられた一品。
独活やこごみ(かな?)などの春野菜と、上品なお出汁とを同時に楽しめました。

▼春キャベツと合鴨ロース
合鴨は、柔らかく・臭みもなくて美味。
あまり鴨が得意ではない私でもペロリ♡

▼自家製黒胡麻豆腐

▼大山鶏のすきやき風
甘めのわりしたで、大山鶏をぐつぐつっと・はふはふっと。
野菜たちもいいアクセントになっていて、美味しくないわけがないでしょう!な鍋でした。

▼ホタルイカとくらげの黄身酢がけ、翡翠茄子のフカヒレあんかけ

▼マグロのネギマ鍋
また鍋!まさかの鍋!!すごい…すごすぎる!!
この勢いに笑いが止まりません(笑)
お腹いっぱいのようでいて食べられる魔性の鍋。
よくしゃぶしゃぶしたマグロ、柔らかで美味でした♡

▼新生姜の土鍋御飯
これ、最後の最後まで反則…生姜がきいてて、めちゃめちゃ美味しくて!
この味は絶対忘れません!!笑


この日は全部で12品!くどいようですが、これで5,500円!

品数だけでもすごいのに、どれも繊細で手の込んだものばかり。
「お料理が美味しい上に、コスパが最強過ぎる」
…まさにそのままなお店でした(笑)

あまりに気に入り過ぎたので、帰り際にちゃっかり次回予約をしておきました♡
何気に、その場で次回予約をしたのって初めてかも!

それだけ素敵なお店ってことですわ(´艸`)

  • (説明なし)
  • 前菜
          (大根・セロリ・小柱のコチュジャン和え、酒盗の豆腐、豆腐の細切り だしのせ)
  • 刺身盛り合わせ
          (水タコ、スズキ、縞鯵、アオリイカ)
  • 岩中豚とゴーヤの煮びたし31

もっと見る

8位

焼肉 我門 (武蔵中原 / 焼肉、ホルモン、韓国料理)

1回

  • 夜の点数: 3.8

    • [ 料理・味 3.9
    • | サービス 3.3
    • | 雰囲気 3.3
    • | CP 3.9
    • | 酒・ドリンク 3.6 ]
  • 昼の点数: 3.5

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.3
    • | 雰囲気 3.3
    • | CP 3.6
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999 ¥1,000~¥1,999

2015/07訪問 2015/10/25

再訪:【必読】3poco的・我門はこう楽しめ!

---【2015.10 再訪(訪問2回目)】----------------

久しぶりに大好きな我門へ!
この日はランチの時間帯にお友達と3人で伺いました。

前回は肉フェスをたっぷり楽しんだので、今回は軽めに飯モノをチョイス。
頼んだのは、コムタン、カルビクッパ、クッパ

それぞれシェアしながら頂きました……が、これがまたとんでもなく美味しくって!


▼コムタン【オススメ】
一番のお気に入りは、このコムタン。
牛骨をしっかり煮込んだスープは、コラーゲンと牛の旨みがたっぷりと溶け出ているので、
コクがあって濃厚で…とっても美味しいんです。
そんな美味しいスープをたっぷり含んだ白米が美味しくないワケがなく、
するするさらさら…どんどん胃の中へ消えていきました。
途中、キムチを加えて味を変えても楽しそう。
お肉には、コンビーフのようにほろほろっとほぐせるほどの柔らかさアリ。
口の中に入れた瞬間から、これまた とろけるようになくなっていきました。
とにかく、こちらのコムタンは本気で必食モノ
次回の〆は文句なしでコチラに決定!

▼カルビクッパ
前回訪問時の〆に食べた、カルビスープのクッパ版。
念願かなって、白米を投入した状態で頂くことができました!
かなりしっかりとした味わいのスープには、
ネギやたけのこなどの野菜の旨みもしっかり出ていて、案の定 白米との相性抜群!
言うまでもなく、こちらのお肉もほろっほろ。
個人的には、〆に…というよりは、こういうランチとかでメインに食べたい感じ。
逆に、〆にもしっかりとしたインパクトを持たせたい方には、〆オーダーがオススメ。

▼クッパ
カルビクッパとは真逆の、とにかく優しさ溢れるクッパ。卵のふわっふわ感に癒されます。
スープの味わいがとにかく上品で、野菜そのものの味も楽しめます。
ココロとカラダに染み渡るような感覚が嬉しい。
「最後は優しく〆めたい!」という方にオススメですね。
あ、風邪をひいたときにも食べたいかも 笑

▼トントロ
勢い余って?トントロを追加オーダー。
ひと噛みした瞬間に、あっつあつの脂がジュワっと広がるトントロ。
そして、次の瞬間から軟らかく口の中でとろけていく感覚…たまらん♡
「トントロってこんなに美味しかったっけ?」と、思わず自問自答。
(ってか、牛角のピートロより安ウマなことに衝撃&感激 笑)


そもそも、コムタン、カルビクッパ、クッパって、どのお店でも比較的ハズレにくいメニューなので、
個人的には「敢えて期待をしないメニュー」という位置づけ。
でも、我門のコムタン、カルビクッパ、クッパには期待以上の満足あり!

やっぱり我門好きだなー。
また来ます♡


---【2015.7 初回訪問】----------------

旦那さんと、土曜の夜早めの時間帯に伺いました。

この日の時点での食べログ総合評価は3.02。
食べログ愛好家?としてはなかなか手を出しづらいところですが、
「知る人ぞ知る」「隠れた名店」との噂を聞いて、それを検証しに?伺ってみることに。

結論から申し上げますと、我が家的にはリピ決定です。
とにかくめちゃめちゃコスパ良しです。

この日は「4,000円のおまかせコース」(料理のみ、飲み物別)でお願いし、
特上タン塩、ミスジ、たてバラ、ササミ、イチボ、リブロースが出てきました。
(内容は「おまかせ」なので、日によって変わります)
この厚みのリブロース、他のお店だったら これだけで軽く数千円はするでしょう。
なので、全体でどれだけコスパがいいか、すぐにお解り頂けるかと思います。
----------------------------------------------------------------------------
▼各お肉の詳細は、ブログに掲載しています
http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12054668342.html
----------------------------------------------------------------------------

その他、ビールや草家マッコリ等も頂いて、2人で10,000円以下。
こんなコスパがいい焼き肉屋ってそうそうないですよね 笑


では、本題の「このお店を楽しむにはどうしたらいいか?」ですが、
以下の2つを守れば確実に楽しめます。
-------------------------------------------------
① お任せメニューを選ぶ
② サービスや雰囲気に期待をしない
-------------------------------------------------

まず①について。
ここの肉の実力は、グランドメニュー以外でより発揮されるようです。
なので、本当に美味しいお肉を楽しみたければ、「おまかせメニュー」を選ぶのが賢明。
なお、電話で予約をした時に言われたのは、
お任せは3,000円・4,000円・5,000円があるが、
グランドメニュー以外のものが入るのが4,000円以上のコースとのこと。
なので、4,000円以上を選択することをオススメします。

そして②について、
肉に重きをおいている分、サービスは極めて“省エネ・ハイブリッド系”です。
雰囲気・設えも、まぁ…それはそれは無駄のない質実剛健な感じです。
「接客?雰囲気?そんなのは気にしない。ここは肉を楽しむ場所なんだから。」
そう思って伺って下さい。
そう思って伺えば、純粋に美味しい肉を楽しめます。


今回、味については割愛してしまっていますが、
それはブログに記載しておりますので、合わせてご覧くださいませ♡
http://ameblo.jp/girls-beambitious/entry-12054668342.html

  • リブロース
  • 特上タン塩
  • (説明なし)
  • たてバラ34

もっと見る

9位

ダンディゾン (吉祥寺 / パン)

1回

  • 昼の点数: 3.7

    • [ 料理・味 3.7
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2015/03訪問 2015/03/08

購入までに35分…( ; ロ)゜ ゜ 吉祥寺の超絶おすすめパン屋「ダンディゾン(吉祥寺)」

先日の吉祥寺での“肉山登山”のついでに伺った
吉祥寺の超有名パン屋さんダンディゾン(DansDixans)。

(いきなり結論めいた話になりますが)
私は滅多に吉祥寺に行かないので“ついで”でしかないのですが、
こちら…“ついで”で行く店じゃないですね!

吉祥寺に行ったついでにこちらのお店行くのではなく、
こちらのお店に行くために吉祥寺に行くのです。

それほどまでに、こちらのパンはめちゃめちゃ美味しいです。
そこそこのお値段しますが、めっちゃめちゃ美味しいんです。

美味しいので、当然っちゃあ当然ですが並びます。
お店の外も、中も…とにかく並びます。
(私の場合、並び始めて退店までに35分かかりました笑)

そして、みなさん買う量も半端ないという…。
新渡戸さんとか諭吉さんが当たり前のように飛び交うパン屋って…笑

ま、それだけ美味しいってことで!

ということで、私が買ったのはこちらの4種。
(他の方々に比べ、かなり弱気な購入数にて笑)

▼あずき
 見た目、とってもハードそうに見えますが、中はしっとりもちもち。
 あずきに芥子に小麦の香りに…とにかく香りが豊か。芳醇。
 同じあずきでも、あんぱんのような甘さはないので、さらっと気持ちよく頂けますよ◎

▼ノルマンディーの船乗りパン(土日限定)
 ぱっと見はシンプルなパンですが、ほんのり優しい甘みの広がるパン。
 軽くトーストして、甘さを舌で・香りで楽しむのが◎

▼クロワッサン
 このクロワッサン…しっかりとバター感を感じられるんですが、
 変なしつこさ・くどさがなく、とっても軽やかなんです。
 味も香りも最高で…口に入れた瞬間からとろけるような感覚がたまらない!

▼グラッパ
 このレーズンの量…すごくないですか?
 これ、オーガニックの豪州産サンマスカットレーズンなんですが、
 普段よく口にするカリフォルニアレーズンと全然違う味わいで、
 これまためちゃめちゃ美味しいのです。
 レーズン好きには超絶おすすめ!


この4種、この美味しさで1,000円弱。
お値段だけを見れば決してお安くはないでしょうが、このクオリティなら大満足。
また買いたい!また行きたい!!…心からそう思えるお店です♡

  • グラッパ(断面)
  • グラッパ
  • (説明なし)
  • (説明なし)8

もっと見る

10位

サリサリカリー (白楽、東白楽 / パキスタン料理、カレー(その他))

1回

  • 夜の点数: 3.6

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 3.4
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 昼の点数: 3.6

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.4
    • | 雰囲気 3.4
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999

2016/07訪問 2016/07/17

【訪問3回】再訪必至!“みんなに理解して欲しい”カレーです。

【2016年7月に再訪】

久しぶりのサリサリ。

安定感のある美味しさは相変わらず♡
ただ、今日は少し塩気が強かった…かも?気のせい?
でも、美味しかったからノープロブレム!

ここのカレーは、いろんな意味で横浜No. 1。
改めてそう思った日曜の昼下がりでございました(*・∀・)


【2015年4月に再訪】

この日、運良く近くを通り(←最高に嬉しい♡)ランチでの訪問。
マダムお二人は不在、マスターのみでした。

カレーは相変わらず美味しくって、大量のご飯だって難なく完食。
一緒だった先輩も「美味しい!」と…( ´艸`)ウシシ♡

“一部の人にしか理解されない”なんてウソ。
かなり多くの人に支持されるカレーですよ!

また行きます♡


【2015年2月に初訪問】

東急東横線の白楽駅。

実はちょいちょいオツなお店がある駅なのですが、
その中でも特に異彩を放っている?のがこちらのお店。

------------------------------------------------------------
サリサリカリー
“一部の人に理解される 昔人の知恵 1000年のカリー”
------------------------------------------------------------

このキャッチもさることながら、この道にせり出している看板もどこまでも秀逸。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
“地球上で最も納得のいく1,000円の使い道”(←しかも証拠があるらしい 笑)
“ベッキーは言った「これ衝撃かも」…メチャメチャ美味しいッ”(←こちらも証拠があるらしい 笑)
“あなたが来ないと潰れちゃうお店”(←マジか 笑)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

もうね、大好き。こういうお店、大好き。
どこまでもシュール、どこまでもgoingmyway。

絶対に相性がいいであろうことを勝手に確信し、
休日出勤後、疲れた身体に鞭打って訪問して参りました。

この日は土曜日の19時過ぎ。先客はゼロ。
(実際には、この後にパラパラとお客さんが入ってきました)
代わり?に、マスターと外国系のご婦人がお二人。

…もうね、この時点で何とも表現し難い異様な空気が店中に漂ってるワケでして(笑)
でも、私が初来店であることを感じ取ったマスターが嬉しそうに話しかけてくれて、
それが妙に嬉しいというか何というか…(笑)

店内には、こんな装飾?も。
色々な名言?迷言?の数々に、複雑な思いを抱かずにはいられません(笑)

空いているテーブルに座ると、勝手に料理が用意されるという
“究極のノン・オーダーシステム”が採用されていました(笑)
(単に、メニュー1パターンしかないからですが 笑)

ほどなくして運ばれてきたのが、このサラダ。
サラダというよりは、野菜を塩・酢・オイルで和えたもの…ですかね。
この素朴な感じ、いいですね。

そして、真打・看板メニューのカレーが登場。
じっくり煮込まれた鶏肉はすっかりほぐれていて、少なくとも初めて目にするビジュアル。
パキスタンの家庭料理だというこちらのカレーは、
水が一切使われておらず、味付けはスパイスと塩のみなのだとか。

でも、一口食べてみると、そんなのは到底信じられないくらいに深みがあって美味しいんです。
ご飯もたっぷり盛られていましたが、余りの美味しさにあっという間に間食!

これ、本当に一部の人にしか理解されないんですかね?
これ、メチャメチャ美味しいですよ?
みんなに理解される味だと思いますが(笑)

最後に出てきたチャイも、甘さたっぷりでほっこり美味。
これで1,000円ですから、満足度は120%!

会社の帰りにまた来よ~っと(´艸`)

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • (説明なし)13

もっと見る

ページの先頭へ