マーコラーメンさんが投稿した鎌倉製蕎麦(神奈川/大船)の口コミ詳細

マーコラーメンの神奈川のラーメンを盛り上げよう!

メッセージを送る

マーコラーメン (30代後半・男性・神奈川県) 認証済

この口コミは、マーコラーメンさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

鎌倉製蕎麦大船、富士見町/そば、立ち飲み居酒屋・バー

1

  • 夜の点数:3.7

    • [ 料理・味3.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.5
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999
1回目

2014/05訪問

  • dinner:3.7

    • [ 料理・味3.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気3.5
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.5
    使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999

史上初か!?蕎麦屋とイタリアンが合体しているではないか!!(驚)

観音食堂」「鳥恵」といった名店酒場がひしめく大船酒場激戦エリア
一風変わった酒場が存在する。
なぜなら、その店は“イタリアンと蕎麦が合体”した店だからである。
では、その一部始終を見ていこう。

---------
---------
鎌倉にある蕎麦の名店『川古江家』のネクストブランド店として繰り出す店であり、
昼間は完全蕎麦専門店であるが、夜にもなるとイタリアン酒場となり、
ワインやらカルパッチョ、ラグーなどを堪能した後に蕎麦で〆るという、
まさに見たことがない業態であり、そして、マニアなら否応なく反応してしまう業態でもあるのだ。

また、店名が「“鎌倉製麺”と謳いながらワインを提供」「たったカウンター7席しか存在しないギュウギュウ店内
というネタもくっついてきて、もはやこれだけでお腹一杯状態と化す。


「昆布〆のカルパッチョ」やら「子羊と大根のラグー」など
母体が“和”の店らしいなかなかオリジナル性があるメニューだけに商品自体にもネタ度が高く、
それらとワインをグイグイ飲んでいく様は至福のひと時と化すのである。

そして、主役中の主役の蕎麦はしっかりとしたコシとのど越し、
さらには程よい濃さのつゆがもはや箸を止まらない状態と化してくれる。
また、飲んだ後の麺類だけに余計に美味に感じさせてくれるのだ。


【総括】
特にメチャメチャ旨いとかではないが、
業態スタイルであったり、メニュー構成であったり、
非常にマニア的には面白い一軒であった。


ネタ度:3(5段階評価)
アウェイ度:2(5段評価)
既食メニュー(名物):〆そば

P.S.
今まで食べログでUPしてきた居酒屋店舗の一覧ページを作成してみたので、
是非、ご参考にしていただけたらと思う。
ネタ好き必見である(笑)

『マーコ類の酒場放浪記』
http://ma-ko64.com/makorui.html

  • 〆せいろ

  • 昆布〆のカルパッチョ520円

  • 昆布〆のカルパッチョ520円

  • 若鶏の岩塩焼き620円

  • 若鶏の岩塩焼き620円

  • ホタテ貝のコキール(グラタン風)580円

  • 子羊と大根のラグー(煮込み)680円

  • ハートランド生ビール520円

  • 〆せいろ

  • ごまねぎ

2014/05/17 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ