kuanさんが投稿したいろり家(神奈川/宮ノ下)の口コミ詳細

単身赴任者メタボへの誘い (皐月/シンガポール)

メッセージを送る

この口コミは、kuanさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

いろり家宮ノ下、小涌谷、彫刻の森/居酒屋

1

  • 昼の点数:3.9

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2015/03訪問

  • lunch:3.9

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.0
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

孤独のグルメ ロケ地巡礼〔12〕Season4(第3話)

H27.03

 ついに念願叶って「孤独のグルメ巡礼」も箱根まで来ることが出来た。まぁ、厳密には各地方で定宿にしている「ドーミーイン」の運営会社から2名分の無料宿泊券を頂き、それを箱根で使うことになったおかげで来れたのだが。箱根へ行くとなればここだけは外せまい。そう、孤独のグルメSeason4 第3話(2014.7.23放送)神奈川県足柄下群箱根町のステーキ丼 編の「いろり家」だ。
予約の電話をいれさせていただいたところ、「オープン時間の11:30でよければ」とのことだったので、行きの日にちでお願いしておいた。おかげでおそらくは、当日は並ばずに入店できるようにはなっているとは思ったのだが、なにせ初めての場所、道路状況や駐車場など分からなかったので早めに現地に行った。

 金曜とはいえ、平日なので特に渋滞もなく、羽田線から渋谷線、東名に入り上りの大渋滞を横目に海老名インターなどで寄り道をしつつ、出発から2時間ちょっとで、現地につくことが出来た。開店まではまだ1時間あるのでまずは宿のある強羅まで行き公園など散策してから「いろり家」の方へ引き返し、まずはどこまで車で入れるのか、とりあえず走ってみたのだが、まぁ驚いた。
 箱根の一般道、狭いことはある程度は予測し小さな車(アクア)をレンタルして行ったのだが、いつものサイズの車だったらおそらくは入れなかったと思うよ。
電話で伺った駐車場へは一般道をクローズした山岳ラリーか、モナコGPか。スタート直後、東海道からの第1コーナーは、ヘアピンカーブ。60mほど一気に駆け上がると、今度は左に分岐する緩いカーブだが、前が全く見えない状態で、ジェットコースターよろしく、急こう配を下っていく。旅館好楽荘 横の高速コーナーを抜けるとゴール間際の最終コーナー、月廻屋旅館コーナーは最大の難所だ。ここだけは家内に外でコースマーシャルになってもらったよ。なんとか2台分あるピットに滑り込んだのは11時。開店までにはまだ30分あった。ドッと疲れが…。(この間、T—SQUAREの『TRUTH』が頭で流れてF-1モナコGPをイメージしたアナタ。アタシの頭じゃデンデンムシの歌が流れていたよ)

 開店時間も近づいてきたのでお店の前に行くと名前を書く紙があり、既に自分たちの名前が三番目にあった。それ以降にある名前は直接かられた方たちの名前のようだ。そして待ちに待った開店。中へ入って開店時3組だけしか予約を受けていない理由が分かった。
 中へ入ると、奥に4名掛けの小上がりが二つ、そしてホールにゴローさんが食べたあのテーブル席(7名掛け)がある。カウンターは配膳用にすべて潰されており、小上がりは相席にはしていないため、必然的に3組しか1クールでは予約を取っていないのだろう。とはいえ、テーブルをお願いした私たちは2名だったので、大ママが我々の移行を聞いたうえで、4組目の方をテーブルに案内した。

■ステーキ丼(1,650円:税込)
待つこと10分ほど、いよいよ『陸の王様』のお出ましだ。
大ママのレクチャーによるとご飯は既に味がついており、ステーキはテーブルに備え付けのステーキソースかお盆のポン酢をつけて食べるようだ・温泉卵はそのままでもいいし、ご飯だけにかけて食べても美味しいとのこと。う~んこの説明を頂くだけでもゴローさんになって気分だ。
ミディアムレアの絶妙な火加減で焼かれ、端整な器に盛られたそれをもつ我々はまさに
『ステーキと言う狩猟民族の王様を丼飯にのっけて迎える農耕民族 日本人。』
『やはりご飯はこの島国の食のご神体だ』
 早速一口ステーキをいただいてみる・・・旨い!美味すぎる!がっつくのはみっともないとセーブしようとするのだが、制御が効かず、一気呵成に食べ始める。サシの脂感は然程感じないどちらかと言うと上品な赤身で噛むごとに肉のうまみが広がっていく。そんな愛おしい足柄牛はあっという間に箱根の谷底のようなわが胃袋へ吸い込まれていった。
『よーし往路は終了。ここから復路。第6区のスタートです』
『うまさの箱根越えだ』・・・ここであの温泉卵の登場だ。
『うん。温泉卵も巻き込んで大暴走』
『越えた。目の前に富士山が見えるようだ。ごちそうさまでした』

この余韻…ずっと浸っていたい。だが、平日で番組の影響も若干落ちついてきたとはいえ、外にはまだ3~4組が待っていたので、早めに引き上げることにした。会計時にDVDでの「その後のグルメ」などの話をママさんとも交わさせていただいたあと、名残惜しかったが、寒空に待つ次のお客さんへゆずりお店を後にした。

*本文『 』内はゴローさんのセリフを引用しています

  • 前が全く見えない急勾配

  • 最終コーナーは普通車ではかなり困難

  • 駐車場からは徒歩で少し登り

  • 右手斜面にお店があります

  • 松重さんのサインの下にはぴったんこかんかん安住アナのサインが

  • ゴローさんの席

2015/03/31 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ