Gatchanさんが投稿した六盛 北浜店(大分/別府)の口コミ詳細

Gatchanのレストランガイド

メッセージを送る

Gatchan (50代前半・男性・大分県) 認証済

この口コミは、Gatchanさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

六盛 北浜店別府/冷麺、ラーメン

1

  • 夜の点数:4.7

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.6
    • | 雰囲気4.7
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.1
  • 昼の点数:4.7

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.6
    • | 雰囲気4.7
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
  • 使った金額(1人)
    ~¥999 ~¥999
1回目

2016/03訪問

  • dinner:4.7

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.6
    • | 雰囲気4.7
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.1
    使った金額(1人)
    ~¥999
  • lunch:4.7

    • [ 料理・味4.8
    • | サービス4.6
    • | 雰囲気4.7
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.0
    使った金額(1人)
    ~¥999

六盛本店(松原)との違いはいっさいなし。飲んだ後にぴったりの激旨麺!もちろんお昼でもうまし!

<2016.3>追記
なかなか夜の『六盛・北浜』に行けなかった僕ですが、チャンスが回ってきました!!
なぜ、夜に行きたいかと言うと、
夏のフェスで出された【骨付きチャーシュ(スペアリブ):200円】
ビール&焼酎が行きたかったから。

そして、〆に【中華そば大盛り:800円】です。
鶏ガラスープのそいつを半分くらい堪能したところで、スペアリブを投入!!

そうするとスペアリブの脂が混ざって、また違う濃厚な【中華そば】へと変化します。

この投稿を読んで気になった方は是非!
なお、スペアリブはお昼でも提供しておりますww

======================================

<2015.2初稿
自分は住居が大分市の西側なので、
比較的別府には行きやすい環境にあります。

浜脇地区はもはや生活エリア。
なので『六盛本店(別府市松原町)』は既に何年も通っております。

ここ北浜店は、本店店主さんの息子さんが経営するお店。
スープや麺の仕込み、チャーシュ、キムチ作りなどは家族みんなでやるので、
宝来軒などでよくある「どっちが美味しい?」などの言葉は無用です。

北浜店が2014から昼営業をはじめたので、
数回の訪問をさせていただき、「食べログ」アップいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず、メニューは【冷麺】【温麺】【中華ソバ】3本が主軸
これに【並・大・特】や冷麺は【キクラゲ入り】がある構成です。

ご飯類は【おにぎり1個:100円】【ご飯:150円】【いなり2つ:150円】がチョイスできます。

では、それぞれの感想を・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【冷麺:750円(大:950円、特:1100円)】
和風だしのきいた今や別府を代表するスープは感動もの。
どんなに胃が弱った時でも、すんなり飲めるアミノ酸効果。
牛の旨みに昆布と煮干しの隠し味

キャベツキムチが最初から乗っているので、酸味が広がります。
このキャベツキムチは最初から混ぜないように。
まずはすっきりとしたスープを飲み、昆布の風味を堪能する。
後半はピリ辛&酸味を加えて味の変化を楽しみましょう。

麺はそば粉の入った、プルプルもちもち麺。
注文を受けてから製麺機で作るので、その様を是非ご堪能ください。
麺は中太で、冷水で〆るのでけっこうな歯ごたえがあります
そして噛むと独特の香りが漂ってくる(そば粉入りです)。

牛肉のチャーシューは、風味はビーフージャーキーのよう。
もちろんジャーキーみたいに固くはないです。さくっと噛み切れます。

全体の味がくどくなく、あっさりし過ぎず、途中で飽きることもなく、物足りなくもなく、
食べた後に、わざわざ足を運んでまで来てよかったと思う至極の味。

『六盛』は実は別府冷麺の中では老舗でなく、どちらかというと新しい方です。
しかし、今やその代表格にまで上り詰めた究極のバランスをご堪能ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【温麺:800円(大:1000円)】
「麺」「牛肉チャーシュ」に【冷麺】との差異はありません。
では何が違うのか・・・

まずは「スープ」。ゴマ油の風味が利いていて
当たり前ですが温かいスープなのでその香りが充分に広がり、食欲をそそります。

「キムチ」は別皿で提供されるので、
お好きなタイミングで投入して下さい(最初のスープに酸味はありません)。

「麺」は冷麺と同じですが、<冷><温>では、歯ごたえや風味が全く違います
どっちが美味しいではなく、どっちも美味しいのです

「牛肉チャーシュー」もあったかい分柔らかくなりますし、
独特の香りを強く感じることができます。

だから県外の方などで『六盛』に訪問する機会の少ない方には、
両方とも注文し、二名以上ならシェアする(勿論一人で二杯もいいですヨww)
ことをお勧めしています。

これは『六盛』だけでなく、
他の『冷麺』『温麺』を提供するお店にも共通しているので、知っておいてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【中華そば(しょうゆラーメン):700円(大:800円)】
【チャーシューメン:850円(大:950円)】

大分は圧倒的に【トンコツラーメン】の店が多いのですが、
実はひそかに【中華そば】の旨い店も多い。
特に別府市は格別・・・

【別府中華そば】の多くは、スープのベースは鶏ガラや昆布、
それにカツオやイリコをまとわせた清湯(湯)スープが特徴で、
それを専用醤油ダレに合わせた至福のそば(ラーメン)なのです。

「麺」は『札幌系』や『喜多方系』のような卵縮れ麺ではありません。
【別府中華そば】はストレート麺が基準です。

スープは冷麺や温麺とは別の出汁を使っています。

鶏がらと昆布の風味が見事に調和し、
それにプラスされる魚介のうまみと野菜系の甘い香りが『六盛』の特徴ですね。
透明で透き通った脂が、薄茶色のスープの上で光っています。
最初は薄口に感じますが、このチー油が計算されつくされた塩梅で、
食べ進めるほど、全部飲み干したくなる美味しさに変わるのです

チャーシュも【中華そば】は豚チャーシュー
これを一枚一枚炙って提供してくれます。

【いなり寿司:150円】があるのですが、
実はこいつを【中華そば】の汁にちょっとつけて食べるのが、
自分は好きだったりします
・・・まあ「裏技」ということでヾ(≧∀≦*)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<その他注意事項>
○松原の本店には【豚骨ラーメン】がありますが、
 北浜には無いのでご注意を。

○繁華街なので駐車場はありません
 しかし、店前の「パーキング」を使って食事をすると
 100円のサービス券がもらえます

週末(金・土)の夜はスープがなくなるまで
 けっこう遅い時間まで営業しております( ´∀`)!
 別府の繁華街で飲んだ〆に『六盛』を狙ってみてはどうでしょうか?

 3つの麺のうちのどれが好みかは、皆さんの判断にお任せしますが
 できれば『六盛』三種の神器を是非味わって欲しいと思います♪ヾ('∀'o)ノ



  • 中華そばにスペアリブ・オン!

  • スペアリブの脂が混ざってまた濃厚な味に

  • こちらは温麺にスペアリブ・オン!

  • 勿論、つまみとしても最高ww

  • 冷麺:小750円、大950円、特1100円(写真は大です)

  • のどごしのよいつるつる美人麺

  • 「冷麺」「温麺」は注文を受けてから製麺機で作ります

  • 昆布の風味にキムチの酸味。絶!!

  • 脂身の少ない牛肉チャーシュ

  • キャベツキムチも自家製家族仕込み!

  • 温麺:小800円、大1000円

  • ゴマ油の利いた「温麺」にライス・イ~ン!お味はコムタン・クッパ

  • 中華そば:小700円、大800円

  • 中華そばは中加水細ストレート麺

  • チー油の利いたスープ

  • 中華そばは豚肉チャーシュを一枚一枚炙って提供

  • 慣れてくると、丼で何を頼んだかわかります(フフッ)

  • お稲荷を「中華そば」のスープに浸して食べるのも好き・・・

  • 卓上はシンプル

  • カウンター席のみです

  • メニュー(2015.1)

  • 営業時間

  • ラー麺'S倶楽部!

  • ピーク時は並ぶことも…

2016/03/12 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ