ダヤンテールさんが投稿したファクトリーフロントチョコット(静岡/入山瀬)の口コミ詳細

ダヤンテールの 年柄年中お出かけ日和♥

メッセージを送る

この口コミは、ダヤンテールさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

ファクトリーフロントチョコット入山瀬、富士根/ケーキ

1

  • 昼の点数:3.4

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス-
    • | 雰囲気3.4
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2013/10訪問

  • lunch:3.4

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス-
    • | 雰囲気3.4
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

週3日しか開店しない手作り工房、富士高原スイーツ直売所【Chocotto】(チョコット)

『富士山高原』とか『富士高原』という正式名称の地名は地図上では静岡県に存在していないのだが、『富士山高原』はジェラートで有名な某牧場が登録商標として名付け、『富士高原』はゴルフ場でその名称が使われている。

静岡県の高原といえば『朝霧高原』が余りにも有名であるが、『富士高原』という土地があっても何ら違和感を感じない響きをこの言葉は持っている。


さて、その『富士高原』を社名に持った【富士高原スイーツ工房】だが…場所的に云うと、決して『高原』ではない。
交通量もそこそこある住宅街の生活道路沿いにある一見、冷凍食品を扱う工場の様な外観の建物だ。

なので私的には、東名SAや何処かのショップに卸している普通の食品工場なのかと思っていたのだが…。


在る日、工場のプラットに当たる広い敷地に、木・金・土曜日の週3日しか開店しないスイーツの直売所【Chocotto】がオープンしている事に気がついた。

先月の26日オープンと言うから、まだオープンして3週間足らず。
17時までと書かれた看板を見つけたのが、16時50分過ぎ。

慌てて店内に入って見ると、やはりこの時間では余り商品は残っていなかったが、お店の方が丁寧に対応して下さったのが好印象だった。


工場の敷地にある直売所というと、簡易的な『プレハブ小屋』が多い様な気がするのだが、此方のショップは一般的なスイーツショップに比べると店内は多少殺風景な感じはするが、しっかりした店構えとなっている。

殆どの商品が『ホール』もしくは『一本売り』になっているので、一個辺りの単価は1000円以上。
地元農家が作ったフルーツトマトの『タルト』等、地元に密着した素材を使った変わったスイーツも取り扱っている。

訊けば、此方の社長さんはシークレットパティシエでその道40年の専門家。
一見『工場』の様に見える『工房』で作るスイーツは、手作りに拘っているらしい

量販店やレストランを取引先とし直営店が今までは無かったのだが、多くの方から『直接購入したい』との要望を受け、地元の素材を使ったオリジナルブランド『富士山の恵み』を開発して満を持してのオープン…との事だった。

今回は、直径16センチある『フルーツタルト ¥1250』を1ホール購入してみた。
お値段は1250円。

お値段的には…安からず、高からず…かな?

タルト生地は、至って普通のクッキー生地。

薄く焼いたスポンジが中に敷いてあり、カスタードクリームを載せ、ジュレでコーティーングしてフレッシュな生フルーツが、苺・キウイ・オレンジ・洋梨・メロン・グレープフルーツと彩り良く配置してある。

丁寧に作ってある感じはするが、少し普通過ぎる感じがしなくも無い。


ただこの商品の普通でなかったのは、実は写真では小粒に見える『苺』だったりする


この時期の苺は、ハッキリいって余り美味しくないのだが…この『小粒』な苺は甘味が凝縮されたような『苺らしい旨味』があった。

実はこの苺…それこそ『富士山の麓の高原』朝霧高原の農家さんが、試行錯誤を繰り返して完成させた『富士山麓の夏いちご』…なのだそうだ。

静岡県では海岸部の温かい斜面などを利用した、久能海岸の『石垣苺』や地熱で育てる『江間いちご』などは有名だが、どちらも温かい土地というイメージがある。

朝霧高原は…富士山の麓。
『いちご栽培』などは想像もつかない様な厳しい気候の土地だという事は、地元の人間なら誰でも知っている。

長野県在住の専門家が、四季を通じて収穫できる『四季成りいちご』の栽培にこの地が非常に適していると診断。
その中でも北海道の品種「すずあかね」という品種を試行錯誤の末、3年の月日をかけて収穫できるまでに漕ぎ付けた


まだまだ収穫量が安定していない貴重な苺を使ったスイーツは、『富士高原スイーツ』と言う名に相応しい。


普通…だと思っていた商品だったが、拘りの素材を使い手作りに拘る【富士高原スイーツ工房】。


こうなると他の商品も気になる処ではある。
【チョコット】侮りがたし…なのである。

 ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪ 

  • フルーツタルト \1250

  • 工房氏敷地内なのに、本格的な外観

  • 閉店5分前じゃ~…この品揃えも当たり前でしたね。

  • 地元生産者とのコラボスイーツブランド『富士山の恵み』シリーズ

  • 小さく見えるこの苺!これが奇跡の稀少な朝霧高原産の苺。

  • 工場の敷地内です

  • 道を隔てて、駐車場もあります

  • テイクアウトとはいえ、まだまだ殺風景な店内

2013/10/16 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ