sakana_さんのマイ★ベストレストラン 2015

Don't think. Feel!!

メッセージを送る

sakana_ 認証済

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

マイ★ベストレストラン

1位

うを徳 (東向島、曳舟、京成曳舟 / 寿司)

1回

  • 夜の点数: 4.7

    • [ 料理・味 4.8
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 3.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999 -

2016/11訪問 2016/12/02

サタデーグレートスーパースペシャル

(2016年11月再訪)

とある休日の夜、東向島にあるおすもじ処 うを徳にてオフ会のお誘いを頂き訪店。前回もかなり良かったものの、今回はより食材が充実する時季だけにかなり期待しておりました。
一番乗りでお店に到着し大将にご了承頂き店内を撮影後、畳に座って石油ストーブで暖を取ってました。客席の足元のホットカーペットと共に暖かでホッコリ。
この日は幹事様にて予約(お店のHPでは極上おまかせ¥15,000~¥20,000)時価の食材も含まれており、出て来た品目は毎度ながら拝借です。(感謝!!)

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

◉極上おまかせ
▫︎香住セイコガニ酔蟹:紹興酒・萬膳(芋焼酎)・実山椒・生姜・ネギで漬け込んだ酔蟹。ねっとりとした蟹身もさることながら、内子と味噌のコクに外子のプチプチ食感も堪能。
▫︎香住松葉蟹カニミソ和え:蒸した松葉蟹を丁寧に解してカニミソと和えてあり、濃厚な旨味と蟹肉のしっかり主張のあるところは旬ならではでしょうか。
▫︎松葉蟹の甲羅酒:日本酒がほぼ飲めなくても蟹出汁とお酒が合うとあら美味しい。
▫︎能登アオナマコ茶ぶり:柔らかく仕上げた茶ぶりのナマコの食感が心地よくスダチの爽やかさも好み。
▫︎釧路牡蠣:コクがありミルキーな生の牡蠣に爽やかなスダチが美味しい。
▫︎山口トコブシ:柔らかなトコブシは肝の味わいも堪能。
▫︎聖護院かぶ:柔らかくも適度な歯応えを残した仕事は流石です。
▫︎伊勢海老の身と味噌入り玉子焼き:贅沢にも鳥羽産の伊勢海老をすり身にして使ったスペシャルな玉子焼き。カステラの様でありながら伊勢海老の旨味。
▫︎氷見の鰤の藁焼き:厚切りカットで脂ののった藁焼きの鰤をニンニク醤油にくぐらせて供されました。ボリュームがあるも飽きずに完食の美味しさ。

▫︎明石ヒラメお造りと肝刺し:フレッシュな白身の旨さと肝刺しまで堪能。あっ…大好きなエンガワは今回出なかったなぁ。。
▫︎釧路バフンウニ:単体でも溢れる旨味ですが贅沢にもヒラメで巻いて食べると絶妙なハーモニー。
▫︎余市アンキモ:プリン体摂取による葛藤は拭えないものの美味しい物は我慢出来ません。
▫︎対馬アナゴの肝:何気ないこういう一品も幹事様の特権ではないかと。
▫︎大阪湾カラスミと京都海老芋:揚げた海老芋のこっくりした味わいとねっとりとした食感に旨味のあるカラスミがお酒に合います。
▫︎若狭ぐじと山口長門松茸のお椀:二番出汁と甘鯛の味わいのお椀に松茸の香りが溢れます。
▫︎児島湾1.7キロ天然鰻蒲焼き丼:厚みのあるシーズン終了間際の天然鰻は、炭火で焼かれる事で身の柔らかさと皮の香ばしさにカリッとした食感が同居。

▫︎対馬本鮪脳天(握り):稀少部位の脳天は独特の食感。
▫︎富山白海老(握り):丁寧に一尾づつ時間をかけて大将が剥いた白海老に感謝。
▫︎東京湾小柴スミイカ(握り):タネと赤酢のシャリとの相性。
▫︎青森ヒラメ昆布〆(握り):昆布の旨味がのったヒラメの香り。
▫︎小柴小肌(握り):きちんとした仕事を感じる小肌。
▫︎岩手筋子西京漬(握り):ひと捻りのある西京漬けで楽しむ筋子が美味。
▫︎明石ヒラメの潮汁:ヒラメのアラから出た旨味と香りに柚子の清涼感。
▫︎対馬本鮪大トロ(握り):脂がのった大トロと赤酢のシャリが相性良し。
▫︎ミンク鯨鹿の子(握り):久々に食べた主張のある食感と脂ノリの鹿の子。
▫︎宮古〆鯖(握り):大きく切り付けられた〆鯖も丁寧な仕事。
▫︎対馬本鮪中トロ(握り):本鮪だけあって大トロもいいが中トロもなかなか。
▫︎羅臼生雲子丼:握りの後に真鱈の生白子を丼で食べて濃厚な美味さに悶絶。

▫︎愛媛紅マドンナ:酸味控えめ甘みがしっかりのブランドみかん。
▫︎和歌山黒あま:独特な色味に負けないしっかりした味わいで紀の川柿の最高峰と呼ばれるのも納得。
▫︎山形ラ・フランス:フルーツの仕入れにもこだわる大将だけあり、柿もラフランスも抜かりなく絶品でした。

(ドリンク)
◉山崎10年ソーダ割¥1000:この日はビールではなくハイボールで乾杯。
◉梅酒炭酸割¥600:自家製梅酒をすっきりとソーダ割りで堪能。


大将のブログでは″サタデーグレートスーパースペシャル″と銘打っておられ、この日の為に仕入れられた食材は常連の幹事様なので特別仕様でしょう。
時間にすれば前回よりかなり早く一通りを堪能するも、やはり圧倒的な充足感の余韻に浸る事が出来ました。( ̄ー ̄) ご一緒頂いた皆様と幹事様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

■夜評点変更
■旧評点[総合 4.7 | 料理・味 4.7 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 4.5 | 酒・ドリンク - ]

************************************************************************

(2015年1月訪問)【旧タイトル】幸せなる270分…

こちらで口コミレビュー数が1800件に到達しました。( ̄▽ ̄)ゞ

いつもコメント・いいね!して下さる皆様ありがとうございます! これからも拙いレビューですがよろしくお願いいたします(*m_ _)m                           sakana_〆(゜▽゜*)
________________________________________________

とある土曜の夜、墨田区東向島にあるおすもじ処 うを徳の常連である幹事様より、新年会オフ会のお誘いを頂きやって参りました。幹事様・他のレビュアー様のレビューで度々拝見し、食材・仕事に並々ならぬ強いこだわりを持つ大将のいる寿司割烹という印象で、いつか自分も…と思っていました。光栄にも、食べログレビュアー様6名でのオフ会です。座敷へ上がり足が下ろせるカウンター席に並びで座り、大将の手元を見ながらの食事。足元のホットカーペットがありがたいなぁ。

料理は幹事様にて10,300円のおまかせコースを予約、追加注文でスッポンも入れてありました。飲み物は同席レビュアー様持ち込みの日本酒です♪(感謝!!)  例によって幹事様より品目をコピーさせて頂いた。(感謝!!) 銘品・少量・多品種・珍品等々…非常に愉しめて大好きな趣向だが、料理写真が多くなってしまったので編集(番号で併記)してみる事にしました。

乾杯! ヽ(*^∇゜)oC□☆□Do(゜∇^*)ノ
実食!

①境港松葉蟹とばちこ(干した海鼠の卵巣):蟹味噌と和えた松葉蟹の旨味がしっかりとして単体で十分に美味しく、珍味:ばちこのカリッとしたアクセント
②大分下関トラフグの白子と聖護院カブ:煮含め方が絶妙な聖護院蕪と、濃厚で蕩ける旨さの虎河豚の白子に柚子の香りが堪りません
③昆布森生牡蠣と能登赤海鼠:やや酢の効かせ方が強いが、それに負けない生牡蠣の濃厚でミルキーな旨味と赤ナマコの食感と香りが滋味深く美味
④桑名蛤酒蒸しと京都菜の花昆布〆:上品な味わいの蛤と、菜の花の昆布〆という繊細な一品
⑤鹿児島タケノコ(初物):木の芽の香りが非常に芳しく、焼かれた筍との食感の妙
⑥千葉大原マダカアワビ:柔らかく心地よい食感と大鮑の香り・旨味が最初の刺身としては、その後に期待が膨らむ美味さが際立つ
⑦淡路島ヒラメ(エンガワも):大きな切りつけの鮃は白身魚の極みの様。大好きなエンガワは、思った程脂は無かったが食感の違いが良かった
⑧大分豊後水道トラフグ炙り:やはり天然の虎河豚は火を入れても当然美味
⑨若狭ぐじ:軽く塩〆した甘鯛はネットリとした舌触りと旨味の濃さが秀逸
⑩宍道湖白魚:立派な白魚は鰻が美味しい宍道湖産。鰻は白魚も補食しているのだろうか?鮮度の良さを感じた
⑪根室バフンウニ:やはり馬糞は雲丹の旨味・コクがありますね。昨夏に青森・八戸で食べた絶品馬糞雲丹の記憶が少し甦りました
⑫余市アンキモ:丁寧に仕込まれた濃厚な旨味の鮟肝は、あまり飲めない筈の日本酒がススみます…
⑬寒ブリ食べ比べ(氷見、舞鶴3日熟成):フレッシュな鰤と熟成の贅沢な食べ比べ。どちらも甲乙つけ難い美味さだが、氷見が好みか
⑭岡山児島湾天然鰻:時期は過ぎたので冷凍だと思いますが、ガス焼とはいえ皮のパリッと焼かれた天然鰻は皮ギシの脂がのり美味
⑮カラスミ食べ比べ(ボラ新旧、ハゼ):鰡(ボラ)の熟成度合いの異なるものと、鯊(ハゼ)の鱲子を食べ比べるという一興。三種三様の良さがあり、日本酒に合う肴だ
⑯徳島さくらももいちご:お口直し?!には、国内最高級大粒苺のさくらももいちご
⑰トラフグの潮汁:虎河豚の粗から上品で旨味のある出汁がでた潮汁
⑱鹿児島天降川天然スッポン内臓ソテー:活けの状態から我々の前で、特別に解体ショー?!にて拵えた天然鼈は、オスの“あもちゃん”。内臓をソテーして食べられる命の大切さに感謝。体内から釣り針が出て来た事から、釣り人の血が騒ぎ?!捕獲方法に興味があり調べてみました。針・ハリス・サルカン・道糸・オモリ・目印(浮き/ペットボトル?)というシンプルな仕掛け(置き針/2時間程度放置)でも釣れる様だが、釣れる時間帯が限られて根気とノウハウが必要だと分かりました…。
⑲スッポン唐揚げ:唐揚げにする事で、より旨味とコラーゲン質のある鼈の身を味わえました
⑳スッポンのお椀:コク味よりキレのあるフレッシュな鼈の汁物は、ブルプルなコラーゲンも堪らない味わい。握りの前に頂くと小休止になります
㉑車海老入り玉子焼き:然り気無い玉子焼も海老の味・旨味・香りがありますね
㉒羅臼タラ白子ご飯(生の白子):鱈の白子は包丁で軽く叩いてご飯にのせて。ある意味では魚のTKG的だが、これが絶品過ぎる!!!
㉓柿なます(おせちの残り物):年末にこちらで御節を注文した幹事様の特権で、おせちに入って無かったという柿なますは当然ワタシが正月に食べた自家製とは次元が違う
・握り7貫
(㉔大間メジマグロ腹身、㉕大間本鮪大トロ、㉖伊豆大島シマアジ、㉗富津キス昆布〆、㉘大間本鮪中トロ、㉙大間本鮪赤身ヅケ、㉚土佐清水青鯛昆布〆):本鮪の最高級ブランド漁場:大間産(仕入れ値キロ14,000円!!)だけあり、どの部位・仕事も素晴らしい美味しさ。中トロと赤身ヅケが特に好み。メジも大間産で腹身は秀逸。鱚の昆布〆も丁寧な仕事に感心しました

※追加注文
㉛胡麻鰹沢庵巻(500円):大将の先代が著名人に出して人気だったという、擦り胡麻・沢庵・鰹節の巻物
㉜葱トロ巻(1,000円):贅沢に大間の本鮪トロを使用した本物のネギトロは別格の美味しさ
㉝干瓢巻(500円):丁寧に仕込まれた干瓢の巻物
㉞大分どんこ椎茸巻(900円):最高級のどんこ椎茸を10日間かけて仕込んだモノの巻物

㉟ドリンク:同席レビュアー様にて事前送付で持ち込み頂いた日本酒を有り難く堪能しました。日本酒を十数年控え、昨年末に獺祭で封切りした身の為、大吟醸の美味しさは吟味出来ました


6人でお会計85,800円、1人あたり14,300円。足を下ろしてカウンター席で大将の朴訥とした雰囲気と、はにかんだ笑顔で幸せになれる270分でした。(≧▽≦) お誘い頂いた幹事様・同席下さったレビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。こちらは季節を変えて是非とも再訪したいです。ごちそうさまでした。

  • 201611香住セイコガニ酔蟹
  • 201611香住松葉蟹カニミソ和え
  • 201611松葉蟹の甲羅酒
  • 201611能登アオナマコ茶ぶり・釧路牡蠣

    44

もっと見る

2位

SATOブリアン にごう (阿佐ケ谷、南阿佐ケ谷 / 焼肉、牛料理、牛タン)

1回

  • 夜の点数: 4.6

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.8
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999 -

2016/03訪問 2016/04/04

29部屋で魅せる肉

(2016年3月再訪)

とある平日の夜、阿佐ヶ谷で人気沸騰中のSATO ブリアンの2号店である九州和牛 SATOブリアン にごうへ。2階にある29部屋(肉部屋)で、オーナーの佐藤さん自ら説明しながら焼いて下さる特別な時間。
昨年に続き幹事様にてプレミアチケットを予約頂いたところにオフ会のお誘いを頂き訪店。参加者は食べログレビュアー様ら6名です。今回も店主:佐藤さんが厳選したスペシャルコースに俄然期待しつつ楽しみにしておりました。

◉店主厳選のスペシャルコース(飲み放題付)

お肉は全て佐藤さん自らが其々を絶妙な火入れで仕上げて供されます。

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

▫︎前菜:九州和牛を使用したこだわりのビーフシチューでスタート。
▫キムチの盛り合わせ
▫タン元・タンナカ:先に頂いたタンナカでも十分美味しいのですが、タン元は更に厚いスライスでも柔らかく堪らない食感と旨味。レモンマスタードソースや辛子醤油で頂きました。
▫白ゴマと海苔のサラダ
▫ハラミの塊焼き:何度も返しながらじっくりと焼いて、アルミホイルで包んで休ませてから再び仕上げの火入れ。トリュフマスタードで頂く絶妙な火入れのハラミが堪りません。
▫ハラミ:塊焼きで頂くハラミは間違いなく美味しいのですが、タレでも十分な旨味。
▫ヒレのローストビーフサラダ:ミディアムレアーに仕上げたヒレ肉のローストビーフがのった贅沢サラダ。
▫ランプ:この日頂いた中ではサシが控えめな部位ですが、山葵醤油でさっぱり頂くのも美味。
▫シンシン:いい具合にサシの入ったシンシンをタレで。このタレへのこだわりもかなりの物だと思われます。
▫ブリカツサンド:名物のひとつであるシャトーブリアンのカツサンド。大阪のパンの有名店:Le Sucre Coeurの特別仕様の食パンを使用した贅沢なカツサンド。肉質は当然素晴らしく火入れが絶妙で、柔らかいブリカツとパンの美味しさは間違いなし。
▫肉タワー:幹事様のお気遣いで積み上げたお肉に蝋燭を添えたAnniversary ver.をご準備頂きました!ありがとうございます♪
▫シンシン:霜降りのシンシンをさっぱりと熊本県産橙おろしポン酢で。この変化球が堪りません。
▫トモサンカク:サシと赤身のバランスがいいトモサンカク。
▫シャトーブリアン:贅沢なシャトーブリアンを生卵につけて、すき焼きとしてライスと共に食べる珠玉の逸品。
▫完熟トマトスライス
▫シンシン:柔らかく素晴らしい肉質に雲丹とキャビアをトッピングした贅沢な芯々。
▫シャトーブリアン ブリ飯:テレビのグルメ番組や雑誌でも紹介されているスペシャルな逸品。高級希少部位:シャトーブリアンを丁寧に火入れし、特製ソースをくぐらせてご飯にドーン!ニンニクもかなりのポイントだと思います。
▫冷麺:さっぱりと〆に食べられる一品。
▫白桃シャーベット:さっぱりとお口直しのデザート。

▫ドリンク:飲み放題付きですので、生ビール・ワイン・ハイボールを頂きました。絶品の焼肉ではあるのですが、食べ過ぎたのかそこまでたくさんのお酒は飲めず…。


前回に続き、特別な時間を味わえる29部屋(肉部屋)での貴重な体験。全体の流れは怒涛の美味しいお肉の数々で満足感がひたすら持続します。後半はお腹が一杯になってしまいましたが、存分かつ濃密に肉欲が満たされました。(≧▽≦) 幹事様・ご一緒頂いたレビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

■評点変更無し

******************************************************

(2015年6月訪問)

こちらで口コミレビュー数が、遂に2000件に到達しました。(*TーT)

いつもコメント・いいね!して下さる皆様、本当にありがとうございます!雑食傾向となり拙いレビューばかりですが、今後とも宜しくお願いいたします(*m_ _)m
                                                                        sakana_
____________________________________________

とある平日の夜、阿佐ヶ谷で人気の予約が取れないSATO ブリアンの2号店である九州和牛 SATOブリアン にごうへ。2階にある29部屋(肉部屋)で、オーナーの佐藤さん自ら焼いて下さる特別な時間。幹事様にて予約頂いたところへ、オフ会のお誘いを頂き訪店。
この日が来るのをず~っと楽しみにしておりました。参加者は食べログレビュアー様ら6名。店主:佐藤さんが厳選したスペシャルコースに俄然期待。

◉店主厳選のスペシャルコース(飲み放題付)¥10800

お肉は一部を除き、佐藤さん自らが其々を絶妙な火入れで焼いてくれました。

乾杯!(〃゚▽゚)oC□☆□Do(゚∀゚*)
実食!

・お通し:切り落とし肉で作ったビーフシチューですが、いい肉を使っているので序盤からいいスタート。
・キムチ盛り:白菜キムチ・カクテキの盛合せ。
・塩だれ叩ききゅうり:やや濃いめの塩ダレですが、お酒のアテにはピッタリ。
・白胡麻と海苔のサラダ:海苔がのったさっぱりとしたサラダ。
・極上トロタン:厚切りのタン元でしょうか。齧り付くと堪らないタンの食感と旨味に、絶妙な火入れの柔らかさ。肉質も当然いいのですが、タン大好き人間としては堪らない美味しさでした☆
・厚切り特上ハラミ:塊肉の状態で既に'美味しいオーラ全開'のハラミ。非常に丁寧に佐藤さんが焼いた後、一旦アルミホイルで包んで休ませてから再び仕上げ。このハラミが悶絶級に美味しくて食べ応えもあり至福の時間。
・シンシン:サシのバランスが良くてきめ細かなシンシン(モモ)。肉のポテンシャルが高く、旨味が強いので特製スパイスが合いました。
・トモサンカク:モモの稀少部位からとれるトモサンカク。美しいサシが入り、肉の旨味と霜降りの美味しさ。
・サーロイン:力強い肉の旨味と脂のバランスがいい美味しさが流石のサーロイン。
・特選ヒレすき焼:長崎産の卵を絡めて、上質なヒレをすき焼き風でライスと共に頂きます。
・トマト:口直しのトマトでさっぱり。
・イチボ(塩)・(タレ):タン・ハラミに次いで美味しかったのがこのイチボ。塩・タレどちらも甲乙つけ難い絶品の美味しさ。
・さくらんぼ:口直しで出て来た旬のさくらんぼは、高級品種の佐藤錦。'佐藤'繋がりというのも狙いの様です。(笑)
・ヒレカツサンド:柔らかいヒレカツを贅沢にサンドイッチに。これも味わい方の違う牛肉を楽しむアプローチでかなり美味。
・シャトーブリアン ブリ飯®雲丹添え:A5ランクのシャトーブリアンを丁寧に焼いて、ニンニクとバター入りのタレにくぐらせてライスにドン!極め付きは更に雲丹もトッピング。こちらの名物:ブリ飯®のスペシャルだけあり、絶品のシャトーブリアン・赤ウニとライスを掻き込むシアワセ♪
・ランプ:「まだ食べれるでしょう」と出してくれたランプ。一応赤身部位にあたるので、脂ノリは控えめで最後の肉にはいい鴨。
・冷麺:さっぱりと〆に食べられる逸品ですが、しっかりスープのコクがあり隙の無い美味しさ。
・柚子シャーベット:フィニッシュのデザートで口内スッキリ。
・ドリンク:飲み放題付きですので、生ビール・ハイボール・赤ワインを頂きました。美味しい焼肉は、お酒と味わう事で美味しさが増しますね。


佐藤さんが「精神と時の部屋」と仰る通り、特別な時間を味わえる29部屋(肉部屋)。九州和牛にこだわり、お話を伺っていても牛肉に対する真摯な姿勢が素晴らしい方。最初から最後まで隙の無い美味しさで大満足と共に、皆さんとの楽しい会話であっという間の時間でした。σ(≧ω≦*) 幹事様・ご一緒頂いたレビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。
____________________________________________
2000件のキリ番なので、プロフィール画像を変更しました。かなり前ですが、オーストラリア旅行時に釣ったBarramundi(バラマンディ)を思い出して原点回帰です。|^▽^)ノ

  • 201603【魅せる肉】にはスゴいタンが!
  • 201603タン元・タンナカ
  • 201603シャトーブリアン
  • 201603芯々

    42

もっと見る

3位

タンドールバル カマルプール (木場、東陽町 / インド料理、インドカレー)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 3.8
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク 3.9 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999 -

2015/11訪問 2015/12/03

個性を感じるタンドールバル

とある平日の夜、木場にあるインド料理の人気店:Tandoor BaR カマルプールへ。食べログレビュアー様ら4名でのオフ会利用です。タンドール料理が評判でずっと行きたいと思っていたお店でした。
幹事様にて予約頂いてましたが、店内はタンドール×居酒屋の様相で予約でほぼ満席だったと思われます。店主と接客スタッフは日本人でシェフは2人のインド人という布陣でしょうか。日本人ならではの細かな所に気付くサービスが好印象。オーダーは何度か訪問されている幹事様にほぼお任せにて。

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

◉砂肝のコンフィ¥480:砂肝をオイル煮にし柔らかい食感とスパイスの香りが最初の一品として後に期待を持たせる。
◉ゴルゴンゾーラクルチャ¥750:ゴルゴンゾーラチーズを使用する事で、特有のコクと香りがあり単体で完成された美味しさが堪りません。
◉ラム肉のクミン焼き¥1100:柔らかくジューシーなラム肉をクミン主体のスパイスでマリネしてタンドールでベストな火入れで。
◉鴨肉のタンドール焼き¥1180:メニューではタンドールの最高峰と表記。インド料理で鴨は初体験かも知れません。しっかりとした身質の鴨肉とスパイス使いのタンドール料理。
◉あん肝とブロッコリーのマサラソテー¥1000:店頭黒板にある本日のおすすめメニュー。旬のあん肝は絶妙な火入れで仕上げ、添えられた野菜とまさかのイチゴも。
◉王様のラム¥1150:王様(KING)だけあり柔らかく絶妙な火入れのラム肉をミントチャトニで食べる至福。
◉ラム肉のシークカバブ¥1180:切ってみるとしっとりレアな火入れのシークカバブ。レモンを搾りラム肉・タマネギと合わせるミントチャトニで絶品な美味しさ。
◉ブナオイスター¥1000:タマネギがたっぷりと入りセミドライな感じの牡蠣カレー炒め煮。トマトとパクチーがアクセントになるが、タンドールではないので牡蠣の火入れは強めな気も。【孤独のグルメ登場メニュー】
◉鰤のタンドール焼きレモンリーフマサラ¥1080:こちらも店頭黒板にある本日のおすすめメニュー。一見するととても魚の鰤(ブリ)には見えませんが、ミントチャトニにレモンリーフ他でマリネしてタンドール焼でしょうか。鰤の食べ方でこういう方向性ながら超絶美味しいのは初めての感動!!!
◉チーズクルチャ¥650:トロ~リたっぷりとチーズが入っています。メニューではインドピザとも書かれたノーマルタイプでも十分美味。【孤独のグルメ登場メニュー】
◉ラムミントカレー¥1380:ミントリーフをふんだんに使用し、柔らかいラム肉がたっぷりと入った香り高いカレー。【孤独のグルメ登場メニュー】
◉バターチキン¥1250:柔らかいチキンが入りトマト・クリーム・バターで十分美味しいバタチキですが、他が良過ぎるので霞む様な。
◉バスマティ ライス¥350:最高級香り米と表記。長粒種のバスマティですが米粒の長さがある最高級品種でしょうか。香り高くパラパラな炊き加減が絶妙で単体でも美味しく、カレーと合わせると相乗効果でとびきりの味わいに。
◉ナン¥300:プレーンなナンも間違いなく美味しい。
◉名物 鯖カレー¥1200:シャバシャバなスープカレーの様な味わい。程よく脂ののった鯖が煮込まれておりライスにマッチするユルいスープカレー的。
◉カキチャーハン¥1400:ビリヤニではなく炒め式なのでチャーハンと表記。牡蠣の旨味としっとりスパイスソースの炒め式ビリヤニでなかなか美味しい。
◉チョコナッツクルチャ¥600:溶けたチョコレートがクルチャ生地の絶妙な火入れで、デザートナン的な感じにナッツのアクセントで美味しい。

(ドリンク)
◉カマルビア¥580:店名が付いたオリジナルのパクチー・レモン入りカクテルビール。
◉シラーズ ボトル¥3100:インドの赤ワイン。4人でグラス一杯づつでボトルが空きます。インド料理に当然マッチして美味しい。
◉自家製サングリア¥700:少し味見させて頂きました。一般的なサングリアをインディアンテイストにしたオリジン。
◉カマルレッドアイ¥620:これも少し味見にて。ビール&トマトジュースのカクテル:レッドアイにマサラを効かせてインディアンスパイシーなレッドアイ。
◉生苺ラッシーハイ¥700:数限定のオリジナルドリンク。生の苺の酸味・甘みとラッシーの酎ハイはとっても飲みやすい。
◉シャルトリューズ¥600:ソーダ割りにて。130種類のスパイスとハーブの文字に釣られてみる。これは結構酔いそうなお酒。


お会計は¥25750で約¥6500/1人でした。これだけ沢山の品数を頂きましたのでインド料理としては少々高めですが、タンドールバルと名乗る意味の分かる珠玉の品々に大満足。(≧▽≦) ご一緒頂きました幹事様・レビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

  • ゴルゴンゾーラクルチャ¥750
  • ラム肉のシークカバブ¥1180
  • 鰤のタンドール焼きレモンリーフマサラ¥1080
  • ラムミントカレー¥1380

    28

もっと見る

4位

かぶと (池袋、要町、北池袋 / うなぎ)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.9
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥20,000~¥29,999 -

2015/10訪問 2015/11/24

鰻愛

こちらで口コミレビュー数が、2300件に到達しました。ヾ(´▽`*)ゝ

いつもコメント・いいね!して下さる皆様、ありがとうございます!これからも拙いレビューですが、宜しくお願いいたします(*m_ _)m
                                                                        sakana_
____________________________________________

とある平日の夜、池袋にある鰻の名店:うなぎ かぶとにてオフ会のお誘いを頂き訪店。永らくずっとこの日が来る事を待ちわびて、遂に当日を迎えました。参加者は食べログレビュアー様ら4名です。
食べログのうなぎジャンル1位(4.40/252件)の人気店ですが、こちらの名物大将が来年3月で引退される事になり予約の取れないプラチナチケットに。常連である幹事様にてご予約頂いているところに熱望し有り難く参上しました。予約時間近くになると店頭に2回転目の人達が集まります。1回転目の客らに対する大将の毒舌ぶりが外まで聞こえてました。我々はカウンターに案内され女将さんらの前だったので、大将に時折弄られつつも女将さんのお話が聞けて良かったです。隣の客(おひとり様×2名)はキャンセルが出て幸運にも予約出来た模様。

尚、この日は岡山県産の天然鰻と愛知県産の養殖鰻の競演でした。おまかせコースにつき1品づつの単価は分からない物も多々あります。

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

通常は初めての客には天然鰻は出されないのですが、幹事様が常連につき養殖鰻と天然鰻との食べ比べで予約手配して下さっていました。 必ずしも貴重な天然鰻が入荷するとは限らず、この日はあり付けた事に感謝感激でございます。
▫︎えり焼(蒸し):えり焼(養殖)に関東風の'蒸し'を先に入れています。全ての流れとしては先に劣る方を味わって、それを上回る味わいで味覚の更新をしていくイメージでしょうか。
▫︎えり焼(養殖):関西風の蒸しを入れない地焼きで'かたえり'と呼ぶのでしょうか。えり焼はたぶん頭〜首部位なので少し骨が障るところもありますが、初めて食べる部位の食べ比べには新しい発見も。
▫︎天然のかま:えり焼(天然)を関西風で最後に食べて関東風を否定し、天然のワイルドな身質を地焼きで食べる事の意味を知る。
▫︎ひれ焼(養殖):お弟子さんの藤森さんが串を作る様子を見てましたが、鰻の背中や尾の細長いヒレ部分をひとつの串に纏めていました。
▫︎ひれ焼(天然):えり焼とは異なり骨を感じる事なく鰻の身と皮の味わいを堪能出来るひれ焼は、タレで味わう事で後の蒲焼きの期待も膨らませる逸品。やはり天然鰻の方が力強いですが、決して養殖が悪い訳ではありません。
▫︎きも焼(養殖):タレで頂きましたが養殖とはいえ十分美味しいキモの串。
▫︎きも焼(天然):こちらもタレですが臭みなくキモの旨味が堪能出来てお酒がぐいぐいススみます。
▫︎白焼(養殖):他店で鰻の白焼きを山葵で食べさせる事の否定に対する大将の蘊蓄は、そのままや勧められた醤油を少しつけて食べてみる事で合点。
▫︎白焼(天然):これが身の厚みからして養殖とはまるで異なります。ふっくらと肉厚な天然鰻は口に含むと驚く程の力強い歯触りと弾性。地焼きで引き出された鰻の旨味がいつまでも食べていたい最高の白焼き。食べ比べをする事でより違いが顕著になる趣向に納得。
▫︎蒲焼(養殖):ひとり1尾の養殖鰻の蒲焼きですがこれでも十分美味しいのです。蒸しを入れていないので柔らかさの好みや、ほんの少し骨が障るのは許容内。
▫︎蒲焼(天然):貴重な天然鰻なので1尾を4人でシェア。白焼きも相当美味しいですが鰻は蒲焼きにしたタレの味付けで食べるとよりご飯が欲しくなります。ブリッとした身質の天然鰻の力強さと繊細な旨味が溢れ、タレを纏った蒲焼きをオンザライスで食べると最高!
▫︎ご飯:鰻重ではなく別にもらう事で堪能。
▫︎肝吸:抜かりなく美味しい。

▫︎奴¥400:国産大豆・天然苦汁を使用したこだわりの豆腐は、近くの大桃豆腐で作られたもの。滑らかで豆の旨味がしっかりあります。
▫︎御新香¥400:自家製の糠漬けは箸休めにピッタリ。
▫︎トマト:冷たいトマトスライスを塩で。
▫︎心臓:捌いた鰻から取り出してまだドクドクと動いている心臓を噛まずに発芽玄米酒:むすひでゴクリと飲みこみます。命を頂いている事に感謝!
▫︎きもわさ¥500:山葵が強く感じるのでオニオンスライスと肝だけで十分美味しいおつまみ。

▫︎生ビール(白穂の香)¥800:取り扱うお店が限定される大好きな白穂の香。とりビーがこれだと俄然お店のこだわりを感じます。
▫︎むすひ ×@:発芽玄米酒という米の磨きをかけていない玄米100%で造られたお酒(一瓶¥?・一杯¥800)は、鰻料理にとてもマッチしてぐびぐび飲んでしまいました。女将さんからこのお酒を扱う理由をじっくりお聴きして納得。白濁したそれは酵母菌や酵素を含んでおり、開栓時には虎マッコリの様に吹き出すので注意が必要。


天然鰻と養殖鰻の食べ比べという夢の饗宴。天然鰻は捕獲された漁場の餌や環境他により色々と個体差が出ます。また養殖であっても養鰻地や季節の他、処理や焼き方により好みは千差万別なのも鰻の醍醐味。こちらの天然鰻の地焼きを味わう事で、他との差異に触れた事は鰻好きとしては本当に贅沢な時間でした。
こちらの大将から繰り出される言動は、時に辛辣なものや人により不愉快な事もあるかも知れません。しかしその言葉の先には鰻愛で満ち溢れているとも感じました。だってその様な時でも大将は目が優しいし超真剣だと感じたから。(*^ー゚)b 貴重な夜にご一緒させて頂いた幹事様・レビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

  • 天然のかま
  • 白焼(天然)
  • 蒲焼(天然)・蒲焼(養殖)×4
  • 天然鰻オンザライス!!!

    27

もっと見る

5位

竹末東京Premium (押上、とうきょうスカイツリー、小村井 / ラーメン、つけ麺)

1回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2015/02訪問 2015/03/14

E.YAZAWA Respectの「竹末STYLE」栃木県は喜連川から始まった

こちらで口コミレビュー数が1900件に到達しました。σ(≧ω≦*)

いつもコメント・いいね!して下さる皆様ありがとうございます! これからも拙いレビューですがよろしくお願いいたします(*m_ _)m
                                                                        sakana_
____________________________________________

とある平日ランチ、以前からBMしていた押上にあるつけ拉 竹末東京へ。栃木県は喜連川から始まった「竹末STYLE」で矢沢永吉をRespectしているところが随所に見られます。
味わいの片鱗は昨年の大つけ麺博で感じておりました。東京・押上にお店がありながら、店名から推測する看板メニュー:つけ拉の疑問符故に機を逸しておりました…が漸く来訪に至りました。コインパに車を停めて参ります。定刻開店、先客3名後客4名。券売機でペパチケを買います。店主と女性スタッフ2名でのオペレーション。店主の口上や挨拶が非常にキッチリしていますね。

●味玉中華そば¥900

カウンター高台の丼には“RAMEN LIVE TUNE 伝えたいこのLIVE!!”と書かれており、客ひとりひとりの前で盛り付け行程を魅せるまさにLIVEだ!5分程で供されました。

実食!

スープは丸鶏・鶏モモ肉・手羽先・モミジから極限まで鶏の旨味を抽出した黄金スープに、4種類の醤油からなる熟成ダレを合わせています。非常にコク深く、鶏由来の旨味が強烈に炸裂しています。鶏油も浮いてはいますが、本来のスープの完成度が高いからこその味わい。合わせた醤油ダレやスープの温度等、非の打ち所が無い絶品鶏上湯でした。

麺は栃木県の製麺所:有限会社食べある記と店主がコラボして完成した中細ストレート麺です。程よいコシがありつつも、スープにマッチした美味しい麺で量は150g。ジブンは十分足りましたが、サイドメニューを注文する人が多い様だ。

具材はチャーシュー3種類・味玉・メンマ・チンゲン菜・白ネギ・玉ねぎです。チャーシューは「自家製チャーシューの品数で喜ばせたい」という店主の想いで、常時3種類用意のこだわり。盛り付けLIVEでは、店主から「豚の肩ロースです、牛バラ肉です、牛モモ肉のローストです」と説明がありました。肩ロースは柔らかいながらも歯応えを残した仕上げで厚め。牛バラ肉はミッシリとした牛肉の旨味があります。牛モモ肉のローストはローストビーフそのもの。三者三様の良さがあり、美味しいチャーシューがデフォで3種類のるのは嬉しいなぁ~。味玉は盛り付け前にテボで加温、黄身がゲル状で味付けと半熟加減が完璧な好み。メンマは色黒ですが、味付けはちょうどよくシャクシャクな歯応え。チンゲン菜も色味に効果。

完璧な完成度なので味変は不要ですが、元ラヲタとしてはつい手を出してしまいます。卓上の辛子高菜を試したら激辛でライスに合いそうな…。


“RAMEN LIVE TUNE 伝えたいこのLIVE!!”
確かに伝わりました!店主の白いコック服は己を鼓舞する?刺繍が入り、一見するとやり過ぎ感を拭えません。しかし繰り出された一杯は、盛り付け行程を見守るドキドキなライヴ感と、完璧な完成度を誇る至極の味わいでした。(≧▽≦) 次回は今回見送った1日10食限定のつけ拉を頂いてみます。ごちそうさまでした。(3.73)

  • RAMEN LIVE TUNE 「伝えたいこのLIVE!!」
  • 味玉中華そば¥900
  • 味玉・チャーシュー3種類
  • 完璧な半熟味玉と鶏由来で非の打ち所が無い絶品鶏上湯スープ

    10

もっと見る

6位

中華ソバ 伊吹 (志村坂上、志村三丁目、本蓮沼 / ラーメン)

1回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 3.3
    • | 雰囲気 3.3
    • | CP 3.8
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ~¥999

2015/08訪問 2015/08/18

濃厚煮干しの最上位

こちらで口コミレビュー数が、2100件に到達しました。。(≧∇≦)ノ゚

いつもコメント・いいね!して下さる皆様、ありがとうございます!これからも拙いレビューですが、宜しくお願いいたします(*m_ _)m
                                                                        sakana_
____________________________________________

とある平日ランチ、志村坂上にある中華ソバ 伊吹へ。元々ラーメンレビュアーからスタートした当方ですが、現在は雑食傾向になりつつもラーメンへの探求心は根っこにあります。また他ジャンルへの機会が増えた為、ラーメンの頻度は減りましたが煮干しラーメン好きである事は変わりません。そんな中でこちらはず~っと気になりつつも機会温存しており、“臨時営業”というこの日を事前に確認して遂に来訪に至りました。

こちらは煮干狂會に所属しており、そこには煮干し中華ソバ イチカワを筆頭に名だたる煮干し系人気ラーメン店が属する中のひとつ。
店主さんのブログでお店の営業を確認して訪問しましたが、近隣にコインパがなかなか見つからず難儀しました。先客は並び約30人位でしょうか公園側・店頭・店内へ昇格し、券売機でペパチケを購入します。(当然ながら限定は売り切れ) 並び開始からトータル87分でようやく着席出来ました…。(後客8名・13:22分時点で売り切れ)

◉西大泉時代の中華ソバ¥700 +味玉¥100 ×2

2分程で供されました。

実食!

臨時営業につきメニューが絞られており、かつ通常とは異なるチューニングの様でした。スープはいかにも濃醇な色合いで旨味・酸味・えぐみが実に心地よいガツンと煮干しパンチ炸裂。ベースにはゲンコツ・背ガラ・モミジ等の動物系で下支えしているのでしょうか。一杯につき煮干しが130~200g相当使われているらしく、この日の含有量は不明なもののかなりの分量が使われているニボ度。しょっぱさと感じるギリギリのタレ加減といい好みの味わい。
麺は三河屋製麺の中細ストレートで、濃厚煮干しテイストをガッチリ受け止めます。パツンとしたコシがあり量は140gと健全なボリュームで、回りを見ても名物の和え玉をオーダーしている人が大半でした。
具材はチャーシュー・味玉・海苔・玉ねぎとシンプル。チャーシューはバラスライスでかなりの厚み。それでいて柔らかく適度な歯応えも残しつつ絶妙な味付け。味玉は黄身がゲル状で味がしっかり沁みています。煮干しラーメンにはネギより玉ねぎの方が断然マッチ。こちらではメンマは入らない様です。

本当は名物の和え玉を絶対食べたいところでしたが、同行した子供は同じメニューで麺・チャーシューを4割程度残してギブ。仕方なく親が残務処理に駆り出された為、本命にありつけず…。せめてもの楽しみに卓上の鰹節塊入りタレ?・お酢で味変するがこれは違うな。。

店主さんのブログは訪問時の確認必須ですが、この日の案内には以下が投稿されていました。
西大泉時代の味が楽しめて良かったですが、限定と和え玉の未食が悔やまれるところです。
**(抜粋)**************************************
今日の限定は九十九里特撰背黒ソバです。
西大泉スープベースで炊くとほんといい煮干使っても下品になります(笑)
Cのボタンで販売します。
二品とも西大泉全開の自分とお袋にとっては懐かしい味わいでした。http://ameblo.jp/surtrece/
********************************************


ラーメン食べ歩き年間500食を果たした店主が独学で出したお店との事。今や煮干し味を強烈に打ち出したラーメンは珍しくありませんが、こちらは煮干狂會に属するだけあって、濃厚煮干しの最上位レベルで間違いのない美味しさと満足度。
この日は店主・助手・伊吹マザーによる3名でのオペレーション、マザーがキーマンですね。猛暑の中でも並び列がちょうど公園の大きな木々で影になり、もしそこまで考えて物件選びされていたとしたらスゴい様な。ヾ( ゚Д゚)ノ゛ ごちそうさまでした。(4.21)

  • 西大泉時代の中華ソバ¥700 +味玉¥100
  • 西大泉時代の中華ソバ
  • 味玉・中細ストレート麺
  • 限定が売り切れにつき、2人とも同じに…

    12

もっと見る

7位

SATOブリアン (阿佐ケ谷、南阿佐ケ谷 / 焼肉)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.6
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥10,000~¥14,999 -

2015/11訪問 2015/11/16

絶品肉のプレゼンテーション

とある平日の夜、阿佐ヶ谷の人気焼肉店:九州和牛 SATO ブリアン 本店へ。幹事様にてご予約頂いたところへオフ会のお誘いを頂き訪店。
参加者は食べログレビュアー様他ら6名。今年の6月にはにごうの29部屋(肉部屋)を堪能させて頂きましたが、今宵は本店につきこの日が来るのをとっても楽しみにして参りました。当日はデジカメ壱号機が故障で修理依頼中につき參号機で臨みましたが、ムーディーな照明にカメラ・技術が対応出来ず途中からスマホでの撮影となっております…。(汗)

幹事様がこちらの常連につき、店主:佐藤さんの計らいでとてもお得な内容を個室で頂けました。

◉店主厳選のスペシャルコース¥10800

お肉は佐藤さん自らが其々を絶妙な火入れで焼いて下さいます。

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

・お通し(ビーフシチュー):おきまりのビーフシチューのお通し。これが本当に美味しくてこれをビーフシチュー&ライスで食べたい程。
・キムチ盛り:カクテキとキムチの盛合せ。辛さは控えめで漬かり加減がちょうどいい感じです。
・宮崎牛ローストビーフ ヒレ:佐藤さんによると″3時からゆっくりと火入れしていた″というそれは実に美しいピンク色。序盤に頂くお肉としては最適。
・鹿児島 黒毛のタン:厚切りのタン元を特製のスパイスとカラシ醤油という2種の味で食べ比べ。柔らかくて脂ノリもよく噛むごとに堪りません。
・ハラミ:ニンニクたまり醤油で。メニューで″九州和牛ハラミの塊焼き″は佐藤さんが丁寧に何度もひっくり返して火入れ。一旦アルミホイルで包んで休ませてから仕上げて供されます。この厚切りカットのハラミがニンニクたまり醤油と相まって旨味が溢れ本当に美味しい。
・鹿児島 のざき牛のイチボ:ワサビ醤油で。赤身とサシのバランスが絶妙なイチボ。
・鹿児島 のざき牛のランプ:タレで。赤身にサシが適度に入ったランプは基本のタレで頂くと美味。
・海苔と白ゴマのサラダ:肉の合間にはお口直しにピッタリの海苔サラダ。

・宮崎牛のシャトーブリアン:生卵ですき焼き風に。稀少部位であるシャトーブリアンのA5でも12番まであるランクの11番という極上霜降り肉ど真ん中。シャトーブリアンソースに潜らせて絶妙な火入れで供されるので、少しだけご飯もセットの超贅沢なすき焼きご飯。補足:卵黄を箸で持つのは難しい…。
・塩だれ叩ききゅうり:お酒のアテにピッタリの塩ダレが美味しいたたき胡瓜。
・宮崎牛のサーロイン:熊本だいだいぽん酢で。焼く前のそれは珠玉の霜降り肉ドミノの様。サシが凄いので脂ノリもかなりありますが、だいだいポン酢で頂く事で酸味による効果で最初の口当たりはさっぱりと。噛むごとに霜降り肉の旨味爆発。
・完熟トマトスライス:塩ダレとゴマでトマトを食べてさっぱりと口直し。
・シャトーブリアン ブリ飯雲丹添え:こちらの看板メニューのひとつで、先に食べたシャトーブリアンよりはサシ控えめで部位本来の質感。時期的に赤雲丹が終了してしまった為、北海道昆布森産の雲丹との事。きちんと聞きませんでしたが蝦夷馬糞海胆でしょうか。ニンニクの入ったシャトーブリアンソース・雲丹を乗せたブリ飯は肉の旨味と雲丹のコク、それを引き立てるソースの相乗効果が珠玉の逸品。

・冷麺:さっぱりと〆に。しっかりスープのコクがあり隙の無い美味しさ…でもお腹が一杯です。。
・ブリカツサンド:これも名物のひとつであるシャトーブリアンのカツサンド。大阪のパンの有名店:Le Sucre Coeurの特別仕様の食パンを使用した贅沢なカツサンド。肉の美味しさは言うまでもないのですが、火入れが絶妙で柔らかいブリカツとパンの美味しさに感嘆。ただしこの時点で超満腹です…。
・とちおとめのアイス:優しい苺の味わいが最後に口内をリフレッシュ。
・ドリンク:常連様仕様で飲み放題付きに。生ビール(サッポロ黒ラベル)の後は、佐藤さんにおまかせの赤ワインを頂きます。美味しいお肉とワインはグイグイと飲めてしまいますねぇ。


どっぷりと絶品肉の数々を頂ける佐藤さんのプレゼンテーション。店名に因むシャトーブリアンを楽しませて下さるスタイルも凝っていて、本当に美味しく楽しい会話で贅沢なひとときでした。(≧▽≦) 幹事様・ご一緒頂いたレビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

  • 魅せ肉他
  • シャトーブリアン其々
  • 焼けた肉
  • 名脇役

    8

もっと見る

8位

サイフォン (小岩 / タイ料理、タイカレー)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.7
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999 -

2015/09訪問 2015/09/17

タムさん再び

(2015年9月再訪)

とある平日の夜、小岩にあるタイ料理レストラン サイフォン(สายฝน)へ。先月に続き奇才の料理人:タムさんの“勢いがあるうちに再訪したい!!”と願うところに、オフ会にお誘い頂き訪店。参加者は食べログレビュアー様ら9名です。
オーダーは幹事様にお任せし、メニュー名もコピーさせて頂きました。(感謝!)
曜日の兼ね合いで香草・ハーブの在庫欠乏を踏まえ、幹事様にて買い出しの上で持ち込んで頂いた。(感謝感激!)

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

◉ヤムタクライ(レモングラスサラダ):持ち込みのレモングラスで増し増しの贅沢なサラダは、鮮烈に香って通常ではあり得ない堪らない美味しさ。
◉ソムタムプーパラー(青パパイヤサラダ イサーン風):シャキシャキな青パパイヤに白い茄子他が入り、単調ではない辛味・酸味・旨味のサラダ。
◉ラープムーイサーン(豚の挽き肉と内臓の和えもの イサーン風):挽き肉とモツの火入れが絶妙な食感に、タレの複雑な味わいと野菜やパクチーを頂く幸せ。
◉プーパッポンカリー(渡り蟹の玉子とじカレー炒め):ソフトシェルクラブではない料理パターンを知る貴重な一皿。
◉カイヨーマーガパオ(ピータンのバジル炒め):幹事様にて台湾産松花皮蛋を持ち込んで頂いて実現した贅沢メニュー。揚げたピータンが大きなカットでたっぷりと入っており、濃厚なコクと旨味でこちらの料理単体で食べても美味しかったですがライスを混ぜるとこれまた美味。
◉カオマンガイ(タイ風チキンライス):前回の素晴らしい出来を知ってしまっていますが、今回も十分満足出来る美味しさはありました。タレの完成度は相変わらず秀逸。
・スープ:デフォの味付けは強めにつき、余っていたライスを投入するとなかなかの美味しさに。
◉バミーヘン(汁無し麺):焼豚がアクセントになっており、少し中華料理の要素も感じる汁無し麺でした。
◉ドリンク:JINRO×@をお茶割りで頂いたが、スパイシーなタイ料理にもやはりJINROが合いますね。


お会計は¥3500(持ち込み食材の費用を含む)/1人となりました。タムさんの勢い全開ではなかったものの、この値段で大満足な内容はタイ料理ならでは…かつ幹事様の持ち込み食材のお陰でしょうか。(  ̄▽ ̄) ご一緒させて頂いたレビュアーの皆様・幹事様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

■評点変更なし

******************************************************

(2015年8月訪問)

とある平日の夜、小岩にあるタイ料理レストラン サイフォン(สายฝน)へ。昨年のこちらで伝説の料理人:タムさんが在籍時のタイミングでは来訪出来ず、渡り鳥の様に移るタムさんを追いかけておられるところに他店で漸く願いが叶いました。そして再びこのお店に舞い戻った様ですが、昨年の時とはオーナーも変わった様子。タムさんのこちらへの所在を半信半疑ながらオフ会にお誘い頂き訪店。参加者は食べログレビュアー様ら3名です。
店内は広くタイカラのステージもあり、前店の居抜き感はあれどゆったりと食事が出来る空間。オーダーはタムさんと面識がある同席レビュアー様らが言わずともオススメ・お任せの品は調理開始、他には気になるところをチョイスして。

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

◉ヤムタレー:ムール貝・渡り蟹・イカ等、海鮮の入ったスパイシーなサラダ。ちょっぴり臭みのある素材と、パクチー等ハーブが少なめなサラダ。使える香草・盛れるハーブが無ければ仕方ないカモ。

◉冬瓜ラーメンスープ:同席レビュアー様がタムさんに美味しい料理をリクエストしたら出てきたこちら。スープは最初はさっぱりとしているのですが、食べ進めるうちに奥深い旨味を感じてきます。具材には冬瓜・タイのハム・チキン・太い豆が入っており冬瓜の食感が絶妙なのですが、タイの豆と思われる太い断面の食材が特徴的で美味。タイのハムは単体で食べると塩気が強いのですが、これからいい塩梅でスープに出汁が出ていると思われる。鍋には平たく太いきしめんの様な米麺が入っており、これは柔らかかったもののイメージはベトナム料理のフォー的な発想の様。これはかなり美味しかったのですが、もう一度ココで味わえるか?はかなり謎。。

◉タップワーン:レバーのサラダはレバーの素材が劣る部分を、火入れとタレの調味でカバーなのでしょうか。ハーブや香草が手持ちの材料に少ないのか、スイートバジルと生ニンニクと臭みを可能な限りコントロールしたレバーと野菜で頂きました。

◉ムーヤーン:豚首肉が品切れでコームーヤーンがオーダー出来ず、豚ロース肉を使用のムーヤーン。厚切り盛りのいい豚肉は食べ応えがあり、別添えのタレが絶妙な辛味・旨味・酸味・香りを纏わせます。ロース肉の脂と肉の旨味と相性抜群の絶品なタレでした。

◉カオマンガイ:提供された皿にはパクチーが無く、遂に材料のパクチーが無くなった様です…。しかし食べてビックリ!な事にチキンライスが驚く程に汁を纏っておりジューシーなカオニャオ(餅米)。汁気はあってもモッチリ感はあれど、ベトベトやネチャネチャという負の要素は一切ナシ。こんなに美味しいカオマンガイのライスは初めて食べました!チキンは鶏モモ肉を臭みなく巧妙な味付けで仕上げています。パクチーが無くて残念ではありましたが、そこを補完…いや上回る程の絶品なカオマンガイ。もう一度このクォリティが味わえるかは謎ですが、過去最高に美味しかったです。

・スープ:ちょっと塩気が強いスープはゴーヤは厚切りで強めの苦味。沖縄料理の苦いゴーヤは割と好きな方なのですが、沖縄等で食べる厚みを上回る太さでした。

◉ドリンク:JINRO¥3000を緑茶(¥?)割りで頂きました。


3人でお会計¥11200、1人あたり¥3700でした。タイ料理の鬼才:タムさんの料理を味わえる夜に、ハーブ等の材料不足はあれど冬瓜ラーメンスープ・カオマンガイの美味しさは驚愕モノ。(;゚д゚)(;゚ロ゚) ご一緒させて頂いたレビュアー様・幹事様、楽しい時間をありがとうございました。当方のタイ料理の知見が不足しており、初サイフォンはこの評点にて…。ごちそうさまでした。

  • 201509ヤムタクライ(レモングラスサラダ)
  • 201509ソムタムプーパラー(青パパイヤサラダ イサーン風)
  • 201509ラープムーイサーン(豚の挽き肉と内臓の和えもの イサーン風)
  • 201509プーパッポンカリー(渡り蟹の玉子とじカレー炒め)

    26

もっと見る

9位

エパレット (西新井、大師前 / インドカレー、インド料理)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.6
    • | 酒・ドリンク 4.2 ]
  • 昼の点数: 3.5

    • [ 料理・味 3.6
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 3.8 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999 ¥1,000~¥1,999

2015/12訪問 2015/12/19

魅惑の味わい:要予約のベンガル料理コースを堪能♪

(2015年12月再訪)

とある休日の夜、西新井駅と竹ノ塚駅の中間あたりにあるインド料理 エパレットへ。幹事様より「年忘れ!ベンガル男子会」のお誘いを頂き訪店。参加者は食べログレビュアー様ら5名です。ウエストベンガル出身のシェフによる要予約のベンガル料理コースを手配頂いておりました。

◉Bengal Course¥2780

乾杯!(〃゜▽゜)oC□☆□Do(゜∀゜*)
実食!

▫︎ブロッコリーのスープ:ブロッコリー・クリームのスープにニンニクを効かせていますがしっかりと旨味を感じて魅惑に引き込まれます。
▫︎焼きカマのフライ:大きな真鯛の頭をスパイスで調味しマスタードオイルで絶妙に火入れ。真鯛の食べ方は色々あると思いますが、魚を美味しく食べさせる技術はベンガル料理らしさでしょうか。
▫︎アルキャベツのゴント:刻んだキャベツとジャガイモをスパイスで炒めていますが、ライス・カレーと混ぜて食べると相乗効果。
▫︎ドニア・チキン:部位の違う骨付きチキンをコリアンダーリーフ・シード他で柔らかく仕上げており、チキンの美味しさを優しいスパイスで頂く幸せ。
▫︎ベグニ:豆の粉を纏わせた茄子のフライ。クリスピーな衣としっとりとした茄子の食感のコントラストが秀逸。
▫︎生マンゴーのピクルス:辛さがあっていいアクセントに。
▫︎バスマティライス:パラパラに炊かれたライスにはカルダモンの優しい香り。カレーや他の素材と一緒に食べると至福の時が波状効果の様に。
▫︎サーモンジョル:サーモンのアラを使用している為、骨は少々障りますがバスマティライスと共に頂くと魚の旨味を感じるスパイスバランスの妙を感じます。
▫︎ラサバリ:シェフのサゼット・カンさんがこの日の為に考えてこだわって作って下さったデザート。パニールの様なキューブ状のミルクで作られたものとピスタチオ・アーモンド・サフランを使用し、優しい甘さですが実に手が込んでおりこれは絶品でした。

(ドリンク)
◉インドビール¥500:ゴッドファーザー スーパーストロングという銘柄で初めて飲むインドビール。後味の余韻と甘みが独特で結構好きです。
◉角ハイボール¥350:相変わらず安いですねぇ。
▫︎マサラチャイ:コースにセットのソフトドリンクを食後に頂きました。通常のセットにはチャイは選択肢に無くなってしまった様ですがご厚意にて。前回頂いた時より複合スパイスの多様さが深まっており、濃厚で滅茶苦茶ウマーイ♪
【税別】


支払い総額¥3918でしたが、前回以上にこれは相当お得に感じる内容でした。ベンガル通のこの日の幹事様もこちらに数度通われ、お店の方々とコミュニケーションを深めていた事もありとても素晴らしいベンガル料理コースを堪能の夜。(*≧∀≦*) 美人店長・シェフ・お母様・お父様の手厚いサービス・お心遣いにも感謝感激でございます。ご一緒頂いた幹事様・レビュアーの皆様、楽しい時間をありがとうございました。ごちそうさまでした。

■夜評点変更
■旧評点[総合 4.3 | 料理・味 4.3 | サービス 4.0 | 雰囲気 4.0 | CP 4.5 | 酒・ドリンク 4.0 ]

******************************************************

(2015年5月再訪)

とある休日の夜、西新井駅と竹ノ塚駅の中間あたりにあるエパレットへ。ロロノア・初老さん幹事にてオフ会のお誘いを頂き訪店。参加者は食べログレビュアー様ら5名。ウエストベンガル出身のシェフによる要予約のベンガル料理コースを手配頂きました。訳あって開始時間よりやや遅れて到着、料理はまだ出ておらず安堵したり。

乾杯!(〃゚▽゚)oC□☆□Do(゚∀゚*)
実食!

◉至高の味わい!ベンガル料理¥2400

・ムング・ダールスープ:ムング豆を使用してダルの優しい旨味が溢れ、軽いスパイス感とコリアンダーの香りが滑り出しに最適。
・アルポスト:蒸したジャガイモにケシの実ペースト?とスパイスを纏わせて、グリーンチリもアクセント。
・ディメールディベル:茹で卵にジャガイモ衣を付けて揚げたものにケチャップ添え。発想は面白く単体の味は好きだが、ケチャップではなく可能ならばスパイス感を希望。
・ベグン・バジャ:ベンガル風の焼き茄子はマスタードオイル?とスパイス感溢れるナスのソテー。こういう一見平穏な料理が実は美味しいところが面白い。添えられたネギのカール美?!にシェフの出身も垣間見え。
・ドイ・マーチ:白身魚は鱈を使用しており、ヨーグルト煮との事。鱈由来なのか味付けなのかは不明だが、塩気が強いものの軽い辛さのスパイス感とダル・ヨーグルト由来の優しい味わいも。添えられたコリアンダーを食べて爽やかさを補完。
・ムルギーカレー&バスマティライス:骨付きチキンはホロホロに煮込まれて、コリアンダーのアクセント。鶏肉の食べ応えにチキンの旨味と程よい辛さのスパイス感のカレー。パラパラに炊かれたバスマティライスと共に食べると、カルダモンの余韻が香る何とも優しい美味しさの逸品でした。
・ナン(コース外):サービスで焼きたてのナンを出して下さいました。お腹も一杯で5名で2枚に留めましたが、こちらのナンも美味しいです。
・パーイェス:ライスとミルクで作られた優しい甘さのデザートに、スライスアーモンドとサフランを添えて。
・お好みのドリンク:¥450以下のワンドリンクがセット。キングフィッシャーボヘミア(赤・グラス)をチョイス。

◉別注文:ドリンク
・カシスウーロン¥220:カシス祭り開催中で格安のカクテル。
・カシスオレンジ¥220:それにしても安い!
・キングフィッシャーボヘミア(赤・ボトル)¥2500:3名で頂きました。美味しいベンガル料理にマッチする赤ワイン。
・マサラチャイ¥350:5種類あるチャイからチョイスし、食後に頂きました。しっかりとした濃さがあり美味しくてホッと出来ます。
【税別】


支払い総額¥4344(¥2592+¥1752)は、かなりお得に感じる内容でした。幹事様がこちらに数度通っており、お店の方々とコミュニケーションを深めていた事もあり素晴らしいベンガル料理コースを頂けてあっという間の3時間。
ここには書けませんが、美人店長・お母様・シェフともお話させて頂き手厚いお心遣いにも感謝の気持ちで一杯です。ご一緒頂いた皆様・幹事のロロノアさん、楽しい時間をありがとうございました。<(_ _*)> ごちそうさまでした。

***************************************************************

(2014年12月訪問) 【旧タイトル】ストローが立つ濃度のマンゴーラッシーに驚いた!!!

とある休日ランチ、西新井駅と竹ノ塚駅の中間あたりへ9月に開店したインド料理店 エパレットへ。駐車場は1台分のみありました。先客1組3名後客1組3名。ホールは女性店長、厨房はインド人シェフ1人ですが、規模的には十分かなぁ。ランチメニューから注文します。カレーの辛さ指定は出来たのかな?

●ランチCセット¥900 +チーズナン¥100
 お子さまセット¥490

【税別】

すぐにドリンク、15分程でお子様、17分程でセットが供されました。

実食!

ランチCセット:お好みのカレー2種類・ナン・サフランライス・サラダ・ソフトドリンクの構成。カレーは8種類からマトンカレー・バターチキンカレー、ソフトドリンクはマンゴーラッシーをチョイス。ナンを+¥100でチーズナンに変更しました。
マトンカレー:辛さ**ですが、あまり辛くはないですね。トマトの酸味とグレイビーなマトンの旨味があり、マトンは程よい柔らかさで臭みなく煮込まれています。美味しいですが、スパイス感が弱かったので「辛くして!!」と言えばよかったかなぁ…。
バターチキンカレー:トマトの主張が強くてクリームではなく、バターの甘み・コクを足した?バターチキン。トマトの酸味が前面に来てクリーム感が無いのでバターチキンなのか?という感じはありますが、チキンはタンドール焼きしたものが入っていました。ナッツのチップ?がパラリと。
チーズナンはあまりチーズは入っていませんでした…。プレーンナンはお替り無料でしたので1枚頂きます。焼きたてふわふわな柔らかいナンでした。サフランライスはマトンカレーに合いますね。サラダはゴマドレで標準的なもの。
マンゴーラッシーは驚く事にストローが自立していました。(◎-◎;) グラスがお冷と同じで量は少ないけど、たっぷりのマンゴーピューレとラッシーを攪拌して飲んだらかなり濃厚で美味しかったですねぇ。

お子さまセット:バターチキンカレー・ナン・ミニライス・オレンジジュース・お楽しみデザートという構成です。味見したらレギュラーメニューのバターチキンカレーと全く同じでした。ナン・サフランライスも付いてお得ですね。デザートはちょっぴりスパイス入りヨーグルトでした。ボリュームはお子様向けですから当然少ないです。

サービス:食後にチャイプリン&コーヒーがサービスで供されました。子供にまで出して頂きすみません。どちらも美味しかったです。


よく箸が立つ程の粘度・濃度を汁系の料理で表現されるケースはありますが、ストローが立つマンゴーラッシーは驚きでした。サービスもあり、美味しいインドカレーランチに大満足。(*^^*ゞ 今回は子供とふたりでしたので、ビリヤニは断念しましたが…。次回はツレ・子供を戦力に全種類のカレーとビリヤニを頂きたいです。ごちそうさまでした。

  • 201512ブロッコリーのスープ
  • 201512焼きカマのフライ
  • 201512素敵なターリー
  • 201512ドニア・チキン

    62

もっと見る

10位

トラットリア ナトゥーラ (蓮田 / イタリアン、パスタ)

1回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.3
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.7
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥3,000~¥3,999

2015/10訪問 2015/10/11

お得で絶品イタリアンランチ

こちらで口コミレビュー数が、2200件に到達しました。(≧▽≦)ノ

いつもコメント・いいね!して下さる皆様、ありがとうございます!これからも拙いレビューですが、宜しくお願いいたします(*m_ _)m
                                                                        sakana_
____________________________________________

とある平日ランチ、埼玉県・蓮田にあるイタリア料理 トラットリア・ナトゥーラ(Trattoria NATURA)へ。こちらは幾度も美味しそうな料理写真を拝見し、いつか行きたいと思っていたお店。同じ埼玉県でも拙宅からそこそこの距離がある為、東北自動車道で向かうと比較的短時間で到着。もちろん駐車場完備で助かります。
先客なし後客6組。(予約席は3卓アリ) ランチでの利用で席のみ事前予約の上で訪店。PRANZO 昼のMENUを確認し、本来ならばお酒を飲みたいところでしたがグッとこらえ平日のお得なランチを楽しむ事に。コースはプリフィックススタイルで其々好みを追加料金の品も織り交ぜてチョイス。

◉メイン料理のコース¥2400 ×2

ホール担当の女性は2名おりオペレーションに難点はほぼ見えません。程なくして順に供されました。

実食!

こちらのコースは、おまかせ前菜盛り合わせ・ハーフパスタ・パン(バケット)orミニライス・メイン料理・デザート盛り合わせ・ドリンクの構成です。

・おまかせ前菜盛り合わせ:6種類の前菜盛合せ。
カリフラワーのムース・大黒しめじのマリネ・ブロッコリーとジャガイモのタルト・ポロネギのコンソメ煮・お野菜のカポナータ・真アジのカルピオーネを少しづつ盛合せてあり、欲張りな食いしん坊には嬉しい前菜です。カリフラワーのムースの滑らかさと心地よい風味、ポロネギのコンソメ煮の優しい味付けと素材の甘さが特に良かったが全体的に丁寧な仕事に好感。

・ハーフパスタ:7種類からのチョイス。
▫︎生ウニのクリームソース スパゲティー(+¥500):通年メニューですが人気の逸品らしくこちらでは必須でしょ!とチョイス。生ウニとクリームはもう少しソースに馴染んだ方が好みだが、雲丹の生臭みもなくてクリーミーで美味しい。パスタが熱々で絶妙なアルデンテなのは隙が無いところ。
▫︎牡蠣とほうれん草のクリームソース(+¥400):10月から始まったばかりのシーズナルメニューにありつけました。牡蠣のミルキーな旨味・コクとクリームソースのコントラストが堪りません。こちらもジャストアルデンテなパスタと季節の牡蠣他を美味しいソースで頂く至福。

・パン(バケット)orミニライス:バゲットをチョイスし、添えられたオリーブオイルやパスタソースを浸して。

・メイン料理:4種類からのチョイス。
▫︎本日の白身魚のアクアパッツァ(+¥600):この日の魚はイサキでした。蛤・アサリの出汁が淡泊な白身のイサキを引き立て、プチトマト・ブラックオリーブがアクセントで旨味溢れるアクアパッツァ。少し塩気が強い気もしましたが、これ位の方が白ワインはススみそうな予感。
▫︎秋鮭のアーモンド焼き アンチョビソース:旬の秋鮭をスライスアーモンドと合わせアンチョビソースで引き立てます。皮目も美味しいふんわりとした身の鮭とグリルした野菜も美味。

・デザート盛り合わせ:フルーツ・プリンは共通ですがケーキ(薔薇の蕾も)が夫婦で異なりました。カスタードプリンは丁寧な作り込みが滑らかでもっと食べたい美味しさ。アーモンドの粉を使用したチョコレートケーキにはクルミのアクセント。オレンジ風味のヨーグルトケーキはほんのり爽やかな酸味。フルーツも甘くてフレッシュ。
▫︎Anniversary仕様(+¥170)×2:記念日利用を告げると蝋燭とプレートの文字を入れて頂けましたが追加料金要だった模様。

・ドリンク:8種類からのチョイス。
▫︎オーガニックレギュラーコーヒー:ホットコーヒーは一定以上の味わいながら、シュガーの代わりに添えられた三温糖の自家製シロップで味変。これを入れると風味が格段と良くなり、普段はコーヒーシュガー不要派ながらこれは入れた方が美味しかった。
▫︎イタリア産ピーチティ(アイス):ピーチの風味・味わいとミントの香りが爽やか。デフォでやや甘め。


落ち着いた雰囲気の店内で美味しいイタリアンを頂いて、ささやかに結婚記念日を祝う事が出来て悦喜。これだけの完成度を誇るイタリアンのコース料理が手頃に頂けて大満足の内容でした。(´艸`*) 次回利用時にもまた同じくこのコースを選択する事になりそうです。ごちそうさまでした。

  • おまかせ前菜盛り合わせ
  • 生ウニのクリームソース スパゲティー
  • 牡蠣とほうれん草のクリームソース
  • 本日の白身魚のアクアパッツァ

    16

もっと見る

ページの先頭へ