covakazuさんが投稿したレストラン ピウ(東京/東銀座)の口コミ詳細

蘇州の月亮も月は月!秋天の月は美しく・・・

メッセージを送る

この口コミは、covakazuさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

レストラン ピウ東銀座、銀座、銀座一丁目/イタリアン

1

  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.1
    • | 雰囲気3.9
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.1
  • 使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999
1回目

2016/11訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス4.1
    • | 雰囲気3.9
    • | CP4.0
    • | 酒・ドリンク4.1
    使った金額(1人)
    ¥8,000~¥9,999

「和」の要素との融合

良いイタリアンだった。随分前からブックマークしていたが、その間に店名が変わったりして、何か経営側に問題などがあったのかと思っていたが、未訪問のなので何がどうだか判らぬ。今の店名、場所を最初のものとして捉えて訪れた。

で、これが大正解だった。東銀座、銀座どちらでも歩いてすぐだが、角にある小さなビルの8階だったか・・・
こじんまりとした店内で、決して豪華では無いが、カジュアルでも無く、衒いの無い落ち着いた空間である。事前に5,000円のPRANZOBを予約していた。

最初はアミューズ。にんじんポタージュに、ホタテと青のりのフリット。皿にイチョウの葉があしらわれ、秋と和を感じる一品。青のりも当然に「和」である。次に天然カルパッチョ。食用花も添えられ一転して華やかな雰囲気、鯛の身はシコシコである。
この次にパスタが2品。一皿目はここのスペシャリテである「3色のアニョロッティーニ」。要するに、異なるものを練りこんだ、パスタ生地に、異なる具を包んだラビオリの様なもの。① 仔牛とポルチーニ茸を詰めたホウレンソウの緑、② ウサギと香味野菜を詰めた卵の黄、③タレッジョとプロシュートコットを詰めたトマトの赤の3種。イタリアンカラーに微妙に違うが、そうとも言えなくない。これが、同様に優しい「和」を感じるスープに半分ほど浸っており、それがパスタを咀嚼すると中の具と一体になるのだが、実に優しい中にも各々の雄弁があるもので、成程、面白い。
もう一つは、秋トリュフのバターソース 栗粉のタリオリーニ。豪快にトリュフが掛かっているが、これは極薄。でも、雰囲気はあるし、勿論、香りは言うまでもない。力強い秋の味覚である。

メインは、仔牛のフィレ。香草パン粉 熟成バルサミコ酢。シンプルだが王道の一品で、〆はハイビスカスのパンナコッタ。

うむ、どれも、小さく「ほうっ!」と呟く様な料理で、素材の良さをシンプルに伝えるイタリアンではあるが、ここのそれは「和」を控えめに感じさせる二重奏で有り、奥行きがある。その為、腹が満ちても何か苦しくて、もういい! という感じがまるで無い。もう一度、訪れたいなと思う店だった。

  • 前菜

  • カルパッチョ

  • スペシャリテ

  • パン

  • タリオリーニ

  • メイン(仔牛フィレ)

  • ドルチェ

2016/12/10 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ