covakazuさんが投稿したリストランテ 濱崎(東京/表参道)の口コミ詳細

蓮一輪

メッセージを送る

この口コミは、covakazuさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

リストランテ 濱崎表参道、外苑前、乃木坂/イタリアン

1

  • 夜の点数:4.2

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.3
    • | 酒・ドリンク3.9
  • 使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999
1回目

2012/09訪問

  • dinner:4.2

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス4.3
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.3
    • | 酒・ドリンク3.9
    使った金額(1人)
    ¥15,000~¥19,999

誠実な料理、誠実な接客

9月15日。三連休の初日に訪問。本当は翌日がそうだったのだが、結婚記念日を一日前倒しで祝ったのだ。人品として碌でもないこうした輩と長年、生活を共にしてくれている訳で、娶った責任といういうと仰々しいが、感謝の気持ちは常にある。毎日、何か特別なことはある訳がないし、そうする訳にもいかないが、こうした節目はきちんとお祝いをする。そういうことである。

この店の濱崎シェフは、若く見えるが、50少し手前と聞く。この青山の地に24席の掌店を構えて、もう結構経つとの記憶だが、今でも色んなグルメ本や、時にはTVでもお見かけするが、無闇に店を拡大する様な愚挙は冒さず、努めて真摯な姿勢で、この店に来る客を楽しませている。そういう風に捉えていたので、一度、訪問したいなとは以前から思っていたのだ。

訪問前に、久し振りに表参道や骨董通り等をぶらぶら散歩。今治タオルの専門店が根津美術館の近くに出来たので、覗いてハンドタオルを嫁さんに買った。小さなギフトとしておけばいいのだ。

さてさて、店に赴いたのだが、少し迷った。住宅街に溶け込んでいるのと、外は暗くなっているので見つけにくかったのだな。
ジャケットを預け、着席。先ずは喉を潤す為に、ビールを頼んだ。コースは予め9,000円のものを頼んでおいた。そうして、いよいよ宴は始まったのである。開始の前に、当の濱崎シェフが挨拶に見え、今日入っている素材に関して、魚、肉とも説明をしてくれるのだな。誠実さが表れていて好感が持てる。

以下、その内容だが
● パルミジャーノレッジャーノをプレスして煎餅状にしたスターター
● 海老のビスク オレンジオイル  揚げたパンを添えたもの
● アンティパストミスト
● パスタ(幾つかから選択。トマトの冷製カッペリーニを選ぶ)
● 鮎のリゾット
● 口直し(アールグレイのシャーベット)
● メイン(魚か肉の選択で、僕は甘鯛のポワレを選択)
● ドルチェ(フランボワーズのソルベを選択)
● エスプレッソに生チョコ

以上の通りである。
う~む、こうして書くと、実にたくさんの内容なのだな。料理に関しての寸評は、一口に言うと、素材を大切に活かした誠実な料理ということ。
又、コースの構成にも難が無い。
アンティパストミストも、通常よりヴァリエーションが豊かで食べる楽しみを喚起するものだし、パスタもトマトの甘味がちゃんと活きているものである。メインの甘鯛のポワレも、う~む、東京でこうして甘鯛(ぐじ)をイタリアンのメインで食べることが出来るなんてと少し驚いたが・・・
店を出る際に給仕と少し会話をしたところ、京都の「ディボ・ディバ」の出身とのこと。この店は京都のイタリアンでは古株である、そこ出身のシェフが夙川駅前に店を出しているが、そこは、本居地である苦楽園に住んでいた際に訪れた。人のつながりは色んなところであるもんだ。
鮎のリゾットに関しては、趣向としては面白いが、鮎そのものの香気が、こういうイタリアンだと感じにくいのは残念。内臓の苦みが乗っているかというとそうでもないし、食感もいいが鮎そのものがもう少し前面に出るといい。

飲み物は、最初に頼んだスプマンテが売り切れで、代わりに勧められたシャンパンを同じ値段で提供しますという驚く様な申し出があったので、それに従った。ブラン・ド・ブランではなく、黒ブドウで作られたものである。名前は失念した。エチケットを頼んでいたのだが、これは向うの落ち度。帰り際に渡してくれなかった。けど、こちらも良い気分で食事をし、至極、満足したので、忘れていたのである。愛嬌愛嬌。

最後にグラッパを頼んだのだが、これは旨かったが、後の勘定で少し驚いた。グラッパは小さなグラスで飲む強い食後酒だが、2,500円である。
素晴らしいものの一つなのだろうが、些か高い。これは総括しても言えるのだが、料理は旨いし、接客もいい。店の雰囲気もいいので、人気が高いのも良く判るのだが、会計は、〆て36,000円。シャンパンを飲んだということもあるが、料理に驚く様な仕掛けのものが無いので、幾分、物足りない感じをこの値段では受けたというのも否めない。故に、料理とサービスは、☆4.5だが、CPで下がるので、TOTALは☆4.0ということである。それでも4.5でもいいかなという感じもある。
帰りがけに小さな、ブーケを頂いた。今もまだ食卓の上に飾ってある。総じて、気持ちのいい店である。今度は、リーゾナブルにランチで利用も利用してみたい。

  • スープ

  • アンティパストミスト

  • パスタ

  • 鮎のリゾット

  • 口直し(アールグレイのソルベ)

  • 甘鯛のポワレ

  • ドルチェ

  • エスプレッソ

  • グラッパ

2012/10/14 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ