アールアイさんが投稿したビストロ風(石川/野町)の口コミ詳細

アールアイの色情グルメ一代記

メッセージを送る

アールアイ (男性・石川県) 認証済

この口コミは、アールアイさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

ビストロ風野町、西泉、押野/フレンチ

1

  • 昼の点数:3.2

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス3.1
    • | 雰囲気3.2
    • | CP3.1
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2018/02 訪問

  • lunch:3.2

    • [ 料理・味3.4
    • | サービス3.1
    • | 雰囲気3.2
    • | CP3.1
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ランチの見た目と味はビストロ北風

 今 君がこの雪に気付いてないなら 誰より早く教えたい 心から思った(槙原敬之『北風-君にとどきますように-』)
 2月上旬、記録的大雪に見舞われた金沢市内。時折り吹雪が舞う、北陸特有の曇天が続く毎日。この日訪れたのは、金沢市立病院に程近いレストラン。
 平和町大通りより一本入った道沿い、住宅地に埋もれた立地では、通りすがりの来店を期待できないのは無理もない。
 まもなく時計の短針が、1時を刻もうとする時間帯。扉を開けると、客は不在の店内。一番奥の対面式カウンターには、制服を身にまとった妙齢な女性の姿。
 一瞬怪訝な表情を浮かべたのを見逃さず、「ひとりですけど大丈夫ですか?」と、透かさずフォローを入れる。
 客だと分かった途端、少々こわばった笑顔で迎えてくれて一安心。傍らのテーブル席に腰掛けた。その後ぎこちなさが残る、別の女性給仕が用意してくれたメニューを眺めると、ランチは1,000円台が中心。
 そのなかで気になったのが、風ランチという、メイン料理で肉か魚を選べるコース料理。店名を冠した料理に外れなしとの法則に則り、そのランチで仔牛のカツレツを選択。出来上がりを待つことに。
 小さなストーブじゃ窓も曇らないような昼下がり。さっきよりひどく窓がないている。カーテンをそっと開けて、その光景に思わず言葉を無くしてしまう。
 程なくして、前菜の盛り合わせが供される。店内に掲げられた手書きのPOPメニューには、金沢の契約農家、馬場農園の有機野菜を使っているとのアピール。
 しかしながら、品よく盛られた野菜の切れ端を噛み締めるも、私の鈍感な舌ではその違いを感じることは叶わず。その間、店主なのだろうか、ラガーマンの如き大柄な男性の出入りがあったことから、後から考えればメインディッシュはその主人が担当したのだろう。
 カツレツという割には、肌理の粗い衣にサクサク感は失われ、油切れもいまひとつ。最後のデザートを平らげて、会計を終えるまで、接客してくれたのは、アルバイトらしきその女性給仕だけ。調理を担当した二人が姿を見せないのは、所詮リピートしない客と判断されたからなのだろうか。
 北風がこの店に雪を降らす。歩道に乗り捨てられた、自転車が凍えている。いま店がこの接客に気付いてないなら、誰より早く教えたい。心からそう思った。

  • 外観

  • 前菜

  • 仔牛のカツレツ

2018/03/18 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ