『☆川越シェフのレストラン / 水もお酒も飲み放題で感動 / 手書きの手紙をもらってまた感動☆』TK5さんの日記

☆今日の別腹は・・・明日の脇腹☆

メッセージを送る

日記詳細


国民的アイドルならAKB48。そして国民的シェフといえば川越達也さん(川越シェフ)だ。
筆者(私)はかねてより川越シェフに憧れており、川越シェフの店にいつか行ってみたいと思っていた。
ついにその機会が訪れ、代官山の「タツヤ・カワゴエ」に行ってみたところ……
か、かかか、かわ、かわ、川越シェフが! 川越シェフがいた!
 
・電話してみた → 川越シェフが出た
まず最初にお店に電話をすると、なんだか聞き覚えのある声の男性が対応してくれた。
そして用件を伝え終わり、電話を切ろうとしたところ、電話口から「わたくし、カワゴエです」と!
いやいやまさか、川越シェフが電話をとるとかありえないだろ!? 川越シェフだぞ!? 
と思いつつ、確認してみると川越シェフ本人だった。
 
・店に行った → 川越シェフが普通に働いていた
お店に着いて、間接照明の雰囲気ある席に通されるとあの人がいた。コックコートのあの人がッ。
タツヤ・カワゴエーーーーーーーーッ!! まさかの川越シェフである。お客さんに料理の説明をする川越シェフ。
厨房にテキパキと指示を出す川越シェフ。川越シェフが普通に働いていてブルっときた。ブルッと。
 
・飲み物は飲み放題
2013年6月現在、「タツヤ・カワゴエ」では1万5000円のコース料理のみの提供となっている。
ちなみに飲み物はコース料金のなかに含まれており
「好きなものを好きなだけお召し上がりいただけます」とのことだった。
 
・水を飲みまくってみた
ワイン、ビール、ソフトドリンクなどから好きなものを選べばよいという。
ちなみにお水はミネラルウォーターで、ガス入りのものとガスなしのものの2種類から選べるそう。
喉が渇いていたのでまずはガスなしのお水を一杯。これが川越シェフのお店のお水!
タツヤ・カワゴエのお水!! 水の硬さもちょうど良く、ガブガブいけそうだ。ミネラルがしみわたるうゥゥーッ!!
 
・繊細な雰囲気の前菜
まず前菜は繊細な雰囲気が漂っていた。お花畑のように盛り付けられた野菜は、見ているだけでワクワク! 
ソースのバーニャカウダはアンチョビが入っていて風味豊か。
濃厚なのに野菜の味を消すことなく甘味や酸味をより一層引き立ててくれる。
美味しいのでついついたくさんソースをつけたくなるが、川越シェフは「たくさんつけると辛くなっちゃうので
少しつけてみてください」とのことだった。
 
・メイン料理は豪快な印象
コースの前半はとても繊細な印象を受けたのだが
後半に近づくにつれいつの間にか豪快な雰囲気をかもしだした。
逆にいうと、コース料理になじみのない庶民でもわかりやすいということかもしれない。
この日のメイン料理名は「鶏・アサリ・アボカド」。ああ、ああ~!! ああ~~~!! なるほどなるほど!!
 
・きめこまやかな気配り
食事中は、川越シェフやスタッフが声をかけてくれる。何気ない雑談だったが
後から思い返せばこちらの食事のペースに目を配ってくれていたようだ。
料理は一品一品ちょうどいいタイミングで提供され、とてもスマートな流れだった。

またコース料理は、女性の場合、メインにたどりつく前にお腹がいっぱいになってしまうことが多々ある。
スタッフが「お腹のほうは大丈夫ですか?
少し小さめにおつくりしましょうか?」などと声をかけてくれるのは嬉しい。
逆に足りない場合は、追加で料理をオーダーすることもできる。こちらもドリンク同様に追加料金はかからない。
 
・手書きのお手紙に感動
川越シェフの姿を見ながらの食事も終了し、お土産をもらって帰ると
なんとお土産の袋の中に手紙が入っていたのだ。
しかも手書き! このご時勢に手書きの手紙だ!! 
忙しい中、お客さん1組1組のためにペンを走らせているのかと思うと
胸がアツくなる。最後の最後までサプライズを忘れない、これが川越マジックなのかも! 
 
ちなみに、川越シェフは地方出張などがない限り、極力お店に立つようにしているとのこと。
ちなみにカウンター席だと、川越シェフがキビキビと働く姿を眺めながら食事ができるので
気になる人は聞いてみてもいいかもしれない。
 

Report:澤井恵 ロケットニュース24より引用

 
ページの先頭へ