白井賢人さんが投稿したトウキョウ ファミリー レストラン(東京/渋谷)の口コミ詳細

東京で世界一周

メッセージを送る

この口コミは、白井賢人さんの主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。 また、この口コミは、訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

トウキョウ ファミリー レストランカフェ、居酒屋・ダイニングバー(その他)、アジア・エスニック料理(その他)/渋谷、表参道

1

  • 夜の点数:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.2
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク4.5
  • 昼の点数:3.0

    • [ 料理・味2.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.0
  • 使った金額(1人)
    ~¥999
1回目

2014/05訪問

  • dinner:4.0

    • [ 料理・味4.0
    • | サービス4.5
    • | 雰囲気4.2
    • | CP3.5
    • | 酒・ドリンク4.5
  • lunch:3.0

    • [ 料理・味2.0
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気4.0
    • | CP3.0
    • | 酒・ドリンク3.0
    使った金額(1人)
    ~¥999

2回目 変わった世界の料理を食べる旅

2回目 変わった世界の料理を食べる旅

 2014年5月23日

 渋谷で65ヶ国の料理を食べ、もう珍しい国は食べつくし、驚きと感動に会えることはないんじゃないかと思っていた。

まあ、とりあえずギリシャ料理でも食べに行くか、そんな軽い気持ちで友人と二人で夜訪問。

考えも、なにもかもが甘かった。

とくに茄子が甘かったです。

 もし知り合いでギリシャ料理を食べたことがなく、食べてみたいという人がいたら、ぜひ試してほしい。

「ギリシャ料理って知ってる?食べさせてやるよ」

用意するものははちみつだけ。

もし用意できるならブルガリアヨーグルトもあれば、なお良い。

立ち食いソバやでも天ぷらやでもいいのでとにかく天ぷらを注文。

できれば茄子の天ぷらがあればベスト。

僕的には天丼がいいなぁ。

手元に天ぷらが届いたら、温かいうちにはちみつをかければ出来上がり。

 ※ギリシャ料理を検索すると、こんな記事をみつけた。

サガナキSAGANAKI。ケファロティリkefalotiriというヤギとヒツジのチーズを鉄板で焼き、ハチミツとゴマをかけたもの。チーズが独特の酸味と塩味をもつため、ハチミツで中和させて食べるのだとか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1回目 久々に食えない料理に遭遇
2014年5月7日 
 今日は念願のギリシア料理を食べに遠征をしました。
なかなかオシャレなお店です。
店員さんもとってもオシャレで綺麗です。
お客さんも皆上品な方ばかりです。

入り口でメニューをじっと見ていると、
優しい店員さんが笑顔でやってきた。
告白すると、残念そうに答えてくれました。
ギリシア料理は夜だけとのことです。
それでもいい?とすまなそうに聞くので、
本当はよくないけど、いいと答えて店内に一緒に入って行きました。

こんなとき、ブログやfacebookで教えてくれればいいのになぁと思いました。
ギリシア料理が食えないので、モロッコ料理を選択。

モロッカンオムレツプレート950円

腸詰とポテト二切れ、オムレツ、パクチー、豆、ニンジン、サラダ、バゲット二切れ。

タブレは、クスクスでなく、ブルグールかもしれない。

ブルグールは、硬質小麦(デュラム小麦)を乾燥、粉砕させたもので、繊維質やミネラルが豊富です。温かくても、冷たくても美味しく食べられます。

デュラム小麦については、日清製粉のウッスマンが詳しく解説しています。
デュラム小麦は粗挽きでパスタの原材料になり、小麦粉より黄色っぽいのが特徴。

特製紅茶?ルイボスティーのような感じ。
バゲットは肌理が不均一だが、あたたかく、表面の皮はパリッとして、中はしっとりとしている。
パンのかけらがプレートの料理と奏でるテクスチュアはまさにミクロポリフォニーのようだ。
判別つかないいくつもの味が重なり合いつつ、全体の特徴を表している。
このプレートの主旋律は塩。
オムレツと言えば、ケチャップだがここではチリコンカンのような豆のソースがかかっている。
やはりここでも主役は塩のようだ。
食感も色々工夫してある。
一個目のポテトは固め。
二個目のポテトはレアでしゃり、しゃりっとした食感を楽しんだ後、
チューイングガムと同様に口から紙にくるんで外に出した。

後で調べてみると、生で食べても大丈夫らしい。

  • 2014年5月23日夜訪問

  • 変わった世界の料理を食べる旅

  • 2014年5月23日 パレスチナのビール タイベアンバー 850円

  • ギリシアのビール ミソス 800円

  • グルジア風茸とクルミのマリネ 600円

  • 自家製モロッコパン 300円

  • 茄子のギリシア風フリット 650円

  • ポルトガルのグリーンワイン ヴィーニョ・ヴェルデ 650円 チュニジアのロゼ  ソルタン 650円

  • スウェーデンのヤンソンスフレステルセ

  • トルコの赤ワイン ヴィラ・ドルジェ 650円

  • モロッカンオムレツプレート950円

  • ニンジンとタブレ

2014/05/24 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

ページの先頭へ