チャンプルさんのマイ★ベストレストラン 2012

チャンプルのレストランガイド

メッセージを送る

チャンプル (女性・北海道) 認証済

マイ★ベストレストラン

レビュアーの皆様一人ひとりが対象期間に訪れ心に残ったレストランを、
1位から10位までランキング付けした「マイ★ベストレストラン」を公開中!

コメント

2012年から、お酒を飲むようになり、お店を選択する幅が広がりました。
傾向がぶれぶれで、でも、それが楽しみになってきました。
お店の方の人柄や、味に感動したお店です。

マイ★ベストレストラン

1位

Maison de h-l'E´ridan (円山公園、西28丁目 / フレンチ)

1回

  • 昼の点数: 5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥4,000~¥4,999

2011/12訪問 2012/09/23

宮の森、隠れ家フレンチ。


・・・【すいません、写真をアップしました】・・・


誕生日に再訪です。
今回は、事前に苦手なものをお話ししています。
とても大好きなお店です。
もちろん美味しいです!

ランチ 4500円
白ワイン ?   ワインはすっきり、フレッシュなかんじのものをなみなみといただきました!


■冷製コーンスープ
  冷え冷えで甘いコーンポタージュ。濃度は中庸。

■十勝牛のパテ・ド・カンパーニュ
  フォアグラ入りのパテ。贅沢です。
  鴨で作ることが多いんですが、牛はクセがないんで、とのこと。
  パテ自体もレバー感あり、黒いツブツブはトリュフです。
  フォアグラとパテを自分の好きな割合でいただける。幸せ!

■つぶときのこのパセリソース
  きっと真ツブとエリンギです。
  パセリソースはクセがなく、バターベースでおだやか。バターもふんわり香るほど。
  見た目は違うが、エスカルゴバターのようなかんじなのかな、と思いましたが、
  にんにくは入ってないように思いました。上品です。
  さっきまで活きていたようなつぶのコリコリ感ときのこの食感がとてもあっています。

■スズキのパイ包み
  こんなサクサクでアツアツなパイ、初めて!
  焼きたてでこんなに湯気が上がるパイは、昔好きだった「ナナカマドアベニュー」さんのアップルパイ以来かも。
  スズキは直パイ生地ではなく、ふんわりしたクネルみたいなすり身に包まれています。
  旨味・水分出ないようになのかな
  ちょっと強めなバターソース。レモンちょっと入っているのかいないのか
  添えられているトマトソースの甘いこと! 酸味、甘み。
  バター、トマト、パイ、魚。いろいろな分量割合で味わうことによって、味に変化が生まれ、
  自分自身、自分の好みが自然にわかってくる。
  勉強になります。というか、自然にやってました ^^;

■知床鶏とコーン
  これはなんてシンプルな、と思っていましたが…
    !
  本当にこれが胸肉なのか!そして味!
  旨…!
  前回聞いた低温調理。
  繊維感のない胸肉、中まで染みた味。
  どこを食べても、薄く切って食べても味がついてました。ハムのよう
  下味付けて真空に、とか、下味付けて冷凍にとか・・・どうやっているのでしょうか 気になります ^^

■マスカットのミルフィーユ
  お店に入ったときに誕生日とお話したからかどうかわかりませんが、
  ミルフィーユ、切り分けられるようにご配慮くださったと思います。
  「お好きなところで切り分けてくださいね。切れますから」
  えーっ?大丈夫なのかな?
  さく  え?
  心配にはおよびませんでした。
  破片飛び散ることもなく、難なく分けることができました。
  パイ生地は先程のものとは違うタイプ。
  私が知っているものではルノートルさんのミルフィーユの生地に似ております。
  日持ちしそうなちょい乾燥タイプといいましょうか ^^
  贅沢なマスカットがたっぷり!皮なし種抜き。
  負けじとたっぷりの生クリームとカスタード。
  両方ともちょっと味見。はしたないのですが、こればかりはやめられません。
  しっかりとした味、生クリーム、好みの味。嬉しいです。!
     なのになのに、やはりマスカットが勝つ。
  本当に計算されているのだな〜と思います。

■パン・コーヒー
  丸いパン。皮が薄く、中は熱々。漢字で熱々と書くと点心みたいです。
  アチ!って、いえ ゥワチっ! です。
  お皿に戻しましたから ^^;
  コーヒーもう一杯どうですかぁ?いえいえ、もういっぱいです^^

キッチンもいつもキレイなまま。自分たちが帰るとき、一緒にお店出れるくらいキレイです。ほんと
自然のものにも敬意を払うというか、共存しているというか、
シェフの料理をいただくと、なんだか、いつも感動でいろんな思いが駆け巡るというか・・・というか多すぎ ^^;
食べる側の人間として、自分がバージョンアップできているのではないか、
なんて思えてしまい(調子にのっていますね、すみません 汗 )、とてもシェフに感謝しております。
最後は何を書いてるのか、自分でもわからなくなってきました。締められません 汗
シェフ&シェフのお料理に、私が骨抜きになっているのもか・・・    


ーーーーー 2011.12 初訪問 ーーーーーーーーーー


大きなシェフが「こんにちは」。
なんだか、素敵な予感がしました。

入り口からちょっとはなれた半個室に通され、この時点ではレストランという感じはしない。
12月だったからか、クリスマス系音楽が小さくかかっていた。

メニューは4500円のコース。予約時に伝えるシステム。

・カブのスープ
・パン
・サーモンのマリネ
・トリュフのタルト
・厚岸産カキフライ
・知床地鶏のフォアグラとトリュフ詰め
・マロンとラフランスのタルト(焼きたて)
・コーヒー


カブのスープ

かぶ自体のとろみであろうゆるいポタージュ。塩分うす目のやさしい味。
おいしい。かぶってこんなにおいしかったんだ~と思いました。
しかし、小さいスプーンでかきまわして食しているうちに、小さいチーズ発見!
1センチ弱の立方体のブルーチーズを沈め、溶けろ溶けろといわんばかりに
スプーンでぐるぐるしている。熱いわけではないので解けるはずはないのにね。
やさしいほっこり系だと思っていたいた味が、力強くしかも、しずぎない(←変な表現ですみません。)、
旨みが加わり、更においしくなって。
次のお皿に期待している自分にびっくりしています。


パン

卓球の球よりちょっと大きいパン。皮が薄めでパリッとして、中はふんわりもっちり。
小さめなのに皮が薄く、気泡が大きいわけでもない。これもすばらしい。好みです。


サーモンのマリネ

2センチ厚みのスモークサーモン。皮目を軽く炙っていい香り。上に紅しぐれという大根のマリネとディルをのせて。
スモークサーモンはもともと大好きで、マリネもピクルスも大好き~!!
後味までが甘いし、ノルウェー産なのかしら。ブランド化されたんでしたっけ?
超細かく刻まれたピクルス、ケッパーかと思ったが、渋みもなく。おいしいです。もうこの時点で幸せ!

酢に漬けると赤くなるという大根『紅しぐれ』。以前某セミナーで見たことがありました。
たまにスーパーで見かけますよね。紅いというか、紫キャベツの色素みたいな。
酸につけると赤くなる、しかし、身体に入るとアルカリ性。梅干みたいですね。
体表には弱酸性、体内はアルカリ性が良い。人間のpHは7.2ぐらいに保たれているようです。
それが崩れてくると体調が悪くなるようです。
諸説ありますが、こういうことを考えるのも、ちょっと楽しいです。


話をもどして、トリュフのタルト。

いためたタマネギ・ベーコン・緩いベシャメルをピザのような生地にのせ焼いたものです。
それにきざんだフレッシュトリュフをのせて。
今年は12月になってトリュフが入ったとのこと。通年は11月末には入るそう。
ピザ(タルトって言っていたのに…)をナイフで切り、一口。
トリュフをよけて、一口。あれ?さっきのほうがわからないけど旨い?
この食べ方を数回繰り返し…
そうです。私はきっと初めて物体で食べました。
今まで、トリュフについは『トリュフ風味』とか、入っているといわれても、正直分からなかった(汗)ので、
初めて物体で現物を生で食べ、認識しました。うっすらときのこの香、食感はさくさく。
まだ、ウマさはよくわからない若輩者です。勉強させていただきました。


厚岸産カキフライ

ふっくらとしたカキ。実はカキは苦手でしたが、食べてみるとおいしかったです。
ダイナミックな生食ほうれん草。カキと一緒にたべました。ほんのちょっとの苦味がまたいい。
タルタルももっとほしかったぐらいおいしかったです。
もともとフランスでは『カキフライ』なるものはなく、逆に日本から紹介され、
ここ10年ぐらい前からフランスでも提供するお店ができたそう。
「逆輸入~」と勝ち誇った風におっしゃってたシェフがとてもおちゃめで素敵です。


知床地鶏のフォアグラとトリュフ詰め

この時点でナイフとフォークが下げられ、デザートだと思っていたら、(コースメニューをすっかり忘れていました。)
なにやらサイバーなナイフが。う~ん。切れる!!
最初も思ったが、縦置きでき、刺し切り出来、しかも良く切れるナイフ。食するときのストレスがない。
すばらし。フォークレストもおしゃれ。

太巻きサイズの鶏胸肉にフォアグラとまたまた登場のトリュフ。
低温で長時間火をいれているそうです。
鶏肉、やわらかしっとりウマ~!だんだん私が壊れて、にやにやし出したようです。
鶏肉、繊維感は全くなく、ぶりんぶりんしすぎず。

うわ、フォアグラおいしい!フランを詰めているんですかと聞くと『フレッシュですよ』。
え~っ!こんなにふわっとしてて、味が、そのもの自体の味がおいしいんだ!!!
―淡白な鶏肉の中に出汁系濃厚茶碗蒸しが入っている―
表現力なくて申し訳ないです。
というか、勉強不足ですみません、こんなにフォアグラ自体に味がするんだとびっくりしました。
火を入れると、ふつうはレバー感があると思うのですが、これは全くないです。
よく、○○ダメな人でも食べれます~なんてことでなく、
ほんとに食べたことない人は「何だかわからない」と思います。
私はもともと好きなので、どっちでもいいんですけど。

濃厚でとろける、よくある表現ですが、ほんとにぴったり。
この表現を簡単に使ってほしくないと感じました。
ユリネとマッシュルーム、レモングラスで見た目もきれい。「色」が多すぎないのがおしゃれです。
ゆるいソースからはわずかにクミン?お肉からはほんとにわずかの八角系?の香りが。
過ぎない、のが素敵です。ほんとうにおいしい。とても質、量、満足感があります。


マロンとラ・フランスのタルト(焼きたてです)

マロンのねっとりしたクリームと軽い生クリーム。
タルトはほのかに温かさが残り、サクサクほろほろ。
ラ・フランスはキメが細かく、とってもジューシー。
これらが口の中で一緒になるとどんな風になるのかな。
この時点で、厨房との境界扉が閉じられ…
下品な表現ですが、お皿のカラメルをつけ、大口を開け(7㎝高、顎関節症になりそう)縦食いすると…
う~ん!!おいし~!3噛みで全部がほどけていきました。感動と驚き。
ラ・フランスの勝ちなんて。
味と食感、いろいろめぐり、口の中がラ・フランスのジュースで洗い流されていく。
わたしは感動すると、ストーリー仕立てになってしまうようです。はは…

崩れないぎりぎりゆるさのクリーム、ちょっとの衝撃でくずれれるタルト。
3分ほどずり落ちない果物。
口の中で混ざったときの素晴らしい美味しさは衝撃的です。
やはり、もって帰る前提のデセールとはまた一味違います。

シェフは話をあわせてくれたり、料理方法を教えてくださったり、楽しい気分にさせてくれました。
お店のたたずまいと雰囲気、シェフのお人柄・お料理、点数をつけるなんておこがましいとは思いますが、
全てにおいて、感動をいただきました。
ありがとうございました。

  • スタイリッシュな看板です
  • この階段を上っていくと…
  • 冷製コーンスープ
  • 皮は薄く中はモチ。熱々

    16

もっと見る

2位

いなり (資生館小学校前、西8丁目、狸小路 / 居酒屋、もつ焼き、ホルモン)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.0
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 3.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥2,000~¥2,999 -

2012/11訪問 2015/08/03

狸6、下町モツ煮込み。

ーーーーー 2015.06 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
更新していませんが、思い出すと行っています。
先日は、にんにくをみました。
梅干しを作るような大きな容器にいっぱい!
乾燥していないものは見たことがなかったので、聞いてしまいました。
どうやって使うのですか〜
いっぱいもらってね、焼酎につけてるけど、これから考える 笑


ーーーーー 2012.12 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は初ラーメンです。
旨い!
500円ラーメンは大好きです。
節系の香りありますが、魚系が強くでることもなく、まろやかで、スープ絶品!
麺はちょっと変わったかんじ?ですが、食べ進めていくうち、合っていると思いました。
近くには、魚粉行列店さまや、
アーケードなくなったところにある老舗さま(今は500円じゃないのですね)
500円ではないですが、向かいの人気店等、いっぱいあります。
いせのじょうさまと雰囲気はにていますが、(←こちらも大好き)
最近の気分は、まろやかなこちら!

ご飯が食べたくなってしまい、チャーシュー飯150円を追加してしまいました 涙
せっかく500円で食べれるし、他のメニュー見ないようにしていたのですが、
チャーシューも美味しかったので ^^;

チャーシュー飯、旨〜! 
きざんだネギがのっていますが、なんだか今日は行けそうな気がします!
ご飯が見えないぐらい敷き詰められた薄いチャーシューの下には、
多めのご飯におかかに醤油。こころの叫び!旨い!
普段は上品な私ですが、
顔をお皿に持っていくのはちょっと なので、
このときとばかりに漫画のような食べ方に挑戦です。(←どっちもどっち ^^; )
麺がなくなり、ご飯が半量になった頃、ご飯を丼に投入。
ちょっとの醤油とおかかで、またスープが美味しくなった!
丼とレンゲの角度に苦戦しながらも、あっさり完食。
後味の節系に満足し、最近できたお風呂に寄ってから帰りました。


ーーーーー 2012.11 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は、「イカ刺し」をいただきました。
山わさびが上からわさっとかかっております。
きちんと刻まれたツマは、美しく透明感があり、シャキシャキ。
イカ刺しには山わさびだよね〜♪ と言って知人は大胆に、上からザーッと醤油をかけ、
お〜いし〜! 浜育ちの彼女はとても満足したようです。 あ、私も美味しさに満足! 

いつものモツ煮を1つ注文し(その時は2人でした もっと頼めよっ!ですね 汗 )、
「ネギはどうします?」 えっ? 
手元のいつものお通しの豆腐を見ると、私のそれにはネギがのっていませんでした。

ネギのお話をしたのは、2回目ぐらいにちょこっと寄ったときのはず・・・(その後、何度か行っていますが)
あ、いままで抜いてくれていたんだー  違和感がなかったので、気付きませんでした。
覚えていてくれたことに、ちょっと感動! それをいままで気付かせないでいてくれたことに、さらに感動!!
こういうことされると泣けてきます、また行こ。


ーーーーー 2012.09 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初の訪問から数回行っております。ふふふ

本日、タパス2軒を終了し、ちともの足りないカナ…なんて
寄ってしまいました^^;

いつもの焼酎ロックと煮込み。
ほんとはトマトも食べたいのですが、次回に。本当に貧乏です。
ゆっくりはできないため、時計をみつめながらの微妙な緊張感の中、できるだけ楽しみました。

最近ハイボールの良さがわかってきたので、飲みたかったのですが、メニューにありません。
ふと気づくと、隣の紳士の飲みものはきっとハイボール。大変申し訳なかったのですが、
「ハイボールですよね?、メニューにありませんがおいくらなんでしょうかね」
「わかりません」「それでですね…」
てなかんじで、少しの間楽しいお時間をご一緒させていただきました。ありがとうございます。
酔っ払いは楽しいものですね。また、いつかあえますように。


ーーー 初来訪 2012.7 ーーーーーーー

ん〜ここは旨いっす。
今戻りました。
行って帰ってきて1時間。
これはいい、ひとりでもいい気分〜!

焼酎ロック1杯で私は十分酔っているようです。
煮込み、ホルポン、しろ塩、トマト。
これで十分。

築地で食べたものより、いいです!旨いです。
あれは、味噌ベース、こっちは醤油ベース。全然違うか。
クセは全くない。脂ジューシーでふわふわ。しかも、甘ったるすぎない味。
余韻を軽く楽しむ。でも、焼酎流して余韻消しちゃう。仕切り直し。あはは。
ポン酢も旨〜。やや濃いめだけど、ホルモンからジュと出てきてちょうどいい。で、また飲んじゃう。
お酒を飲もう楽しもう、という感覚からは20年ぐらい遠ざかっていたんですが、この年になって再発です。
(飲み会はあくまでつき合い程度、梅酒とかの甘系または1合程度の冷酒ぐらいでしょうか。
旨い、と思って飲んではいなかったかも…)
しろはちょとにおいがあるが、なにもないのも寂しかったので、丁度いいよぉ^^
トマト。シロップに浸けると聞きました。ふふー、楽しい。

広いスペースで雑多なかんじ、いいな〜。
量も何人かだといろいろ食べれるのでしょうが、
一人だったもので、品数は少なく。
ホルモン好きはうちでは自分だけなので、いろいろ試してみますよん。

このお店、教えていただき感謝しています。
また、行かなきゃ!!!

もっと見る

3位

ニルヴァーナ (すすきの(市営)、すすきの(市電)、狸小路 / ワインバー)

1回

  • 夜の点数: -

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999 -

2012/06訪問 2012/06/29

すすきの、高級ワインバー。

再訪しました。

今回は平日でしたので、ゆっくりさせていただきました。
課題のひとつ「オリーブ」。あまりのおいしいさに感激しました!

オリーブといえば、家で常備していることはなく、SUBWAYさんでお世話になるくらいでした。
まるままなんだ。
キレイで濁りがないグリーンと漆黒でつややかな黒。
グリーンが多めで、黒の1つは枝?付き。
ビジュアル的にも、おしゃれでかわいい。

来る前に購入したアイライナーのようです。(インライン用)
よくあるオリーブ色、ちょっとくすんだピクルスのような色みではありません。
そういう色も大好き!ですが、本日のものは
とても透明感がある若葉をおとなっぽくした色(そんな色あるか^^;)で、黒目がきれいに見えるものです。
今日は、同じ組み合わせ。
なんて幸せ!

お味は、なんとも美味しく、本当はこんな味だったの〜?!感嘆しました。
「味付け」されており、そのお味が絶妙で、ほんとに美味しい!
これがオリーブ自体の味なんだろうか的な味がわずかに残る。

緑は若い感じで、黒は大人な感じ。
緑は実がしっかりとしており、こりこりジュ。
黒はつるんと種からはずれ、緑より更にジューシー。
何で味付けされているか教えていただきましたが、自分では到底作ることはできないでしょう^^;
これもずっと味わっていたいよ〜。
結局は油分?^^;になってしまうのでしょうが、健康によい美容によいと自分に言い聞かせながら、なんだかんだ完食。
もちろん家に帰ってオリーブについていろいろ調べました、はは。お酒飲んで帰っているのにね。

シェリーをいただきました。
アンダルシア地方のものだとお聴きしました。
オリーブもアンダルシアで採れるようなので、今日はなんだか「合っている」日。
地中海、なんかいいな〜。
シェリー、きちんとシェリーと解って飲んだのはきっと初めてだと思います。
だって、恥ずかしながら、ワインって思ってませんでしたもん…。
樽のにおい、これはワインなのか、とろっとした冷酒に通じるものがないか、…
ん、よくわからないけど、好きかも。いや、好きだこれ〜!
いろいろなことが形になって、繋がって。
とても勉強になります。

いちごのシャンパーニュのカクテルも最初にいただきました。
これ、酔う前にいただかないと、デス。
グラスふらふらしちゃう、こぼれちゃうよ^^
こわさないように、慎重にグラスを持っていただきました。

フローズンのいちごをちょこっとグラスの中央においてシャンパーニュを注ぎます。
うわ〜泡泡〜。更に注ぎたし。
泡が落ち着くときには、いちごが散り散りにひろがり、桜吹雪のよう。
人は詩人になれるものですね^^;
魅せてくれます、とても美しいです。
本当にやさしい気持ちに、素直になれます。

トリュフとチョコレート…をと思っていたのを失念、70%のチョコレートを頼みました。
これもとても美味しく、70%なのに酸味少なく、あっさりしてビターな甘さでした。
舌に変に残らず、すてきな余韻。
ちょこっとお持ち帰り。先日円山で購入したチョコレートと食べ比べしようかな。


なんだか、最近こんなかんじが多いですがとても心地いいです。
いつまで続くやら、ですけどね。


ーーーーー 初来店時 ーーーーー


ハンガリー産フォアグラのテリーヌ
グラスワイン赤・白
*4000円弱

このお店は「一流で、パテやカビア(笑)が最高に美味しいんだよ」と聞いて訪問しました。
アルコールは強くないので、もちろんパテ目当てです。
どきどきしながら階段を下り、重いドアを開けてみました。
きらきらしてる。あ、目が悪いのも手伝って、普通の人よりもそう思っているかも。
お、こっちは赤いのね、なんて思いながら進んでいくと開けた空間にカウンターがありました。
お店は混んでいて、とてもにぎやかでした。

メニューからグラスの白ワインを選びます。
何を選んだらよいのか、よくわかりません。
しかし、お店の方が説明してくださいました。
ブルゴーニュのほうをいただきました。
美味しい!
ワイン経験値が低いので、うまく表現ができません。
すっきりしていて、フルーティーなかんじです。
さっと舌から引いていっても、鼻腔にちょっとだけいいにおいがのこる。
これが辛口といわれても、
正直よくわからないです。
ただ、一般的お店の飲み放題のものぐらしか飲んだことがない私でも、
美味しいものは美味しいとわかりました。

ワインを楽しんでいる間に(よくわかってないくせに^^;)、パテ、あテリーヌがきました。
4㎝×5㎝、厚さ1㎝ぐらいのテリーヌが2枚、周りをパンのようなものでかこってます。
酸化を防いだり、水分調節なのでしょうか。
バゲットと ドライフルーツ・クルミが入ったライ麦?色のついたバゲット、
アカシア蜂蜜が一つのガラスのお皿に盛られています。あ、粗挽き黒こしょうも。
お皿、蜂蜜が入っている容器とスプーンまでもがなんかきらきらしていて素敵。
1次会といただいたワインで私もほどほど酔っているのかな?

テリーヌをひと口。
ん、濃ぃ…お、美味しい!!  と同時に、 あっ!
不覚にも、一口サイズで口に入れてしまったんです。
あ〜もったいな…

今まで食べたことのないような衝撃的、神がかり的に旨〜!
ちょっと塩気が強めというか、それがまたいい。
弱いと濃厚さに負けちゃうのだと、直感的に。
クセのない、今までに食べたことのない、…ない?
あ、ハンガリー産?もしかして?ガチョウ?
ちょっとお勉強もしております。ハンガリーときたら…
やはり、ガチョウとのこと。初めてのガチョウに感激!!
蜂蜜をかけると、また味わいがかわり、特濃バターみたい。
でも、飲込むときに一瞬、逆にフォアグラ感というか、動物的な。
蜂蜜かけないと、私の知っているフォアグラ感は感じられないのに、不思議。
私の修行が足りないのでしょう。
パンも美味しかった。やはり、カリッとしたものが合うと思います。
ふわっとしたパンは味蕾にねっとりついたパテははがせないよな〜、なんて思ったりします。
上記驚きと感想はほぼ1分間。
あとは、じっくり味わいました。
本当に幸せを感じてしまいました。

なんか勝手に、格式高く、静かでダークな印象を持っていましたが、いい意味で裏切られたかんじです。
みんな楽しそうにわいわいやってました。
お店のかたも先ほどまで甲斐甲斐しく働いていたと思えば、
お客様の話に合わせリアクションを大きくされていたり。
お客様皆様が楽しんでいる。私も程よく緊張がほぐれているし。
いいお店、なんだなぁ、しみじみ思いました。

ワインバーというのが初めてで、よくわかってないです。
ワインの味もよくわかっていないので、評価は控えます。
パテはつけるとしたらもちろん★5です。


左岸さんでもとても美味しいワインをいただきましたし、
ワインって美味しいものなんだって、今更ながら認識いたしました。おそっ^^;
ちょっとずつ、いろいろなお店にも行ってみたくなりました。
あ、最初からハードルあげてしまったかもです…


もっと見る

4位

バー・プルーフ (狸小路、すすきの(市営)、すすきの(市電) / バー)

1回

  • 夜の点数: -

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 5.0 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999 -

2012/11訪問 2012/12/31

すすきの、オーセンティックバー。

バーナノさん来訪の前日、早い時間にお伺いしました。

重い扉を開けると、いらっしゃいませ 静かかつちょっとこもったトーン 
店内は暗く、目がその暗さになれるまで、しばらく時間を要した。 いや、トシ か・・・

こちらは地下ではありませんが、窓がありません。
ですが、目の前の煌びやかなお酒たち達に圧倒され、しばしそのことを忘れてしまいます。
渋さのなかのきらめき。なんて素敵!

マスターが登場し、どのようなものでもお作りしますよ と
当方、バーは若かりし日より行っておりませんし、自分で注文したことは? かも^^;

フルーツのカクテルで あジンは苦手で   「アルコール弱くしましょうか ニコっ」
あそうですね  あ、でも弱くなくてもいいかな   もう しどろもどろです 汗
「わかりました」  あ、え? これでわかってくれたんだ・・・ほっ

って、これでわかってくれたんです。
だって、本当に美味しいカクテルがでてきたのですもの!!
巨峰のカクテル。巨峰よりも巨峰ー


私、カウンターが大好きで、お店の方のお仕事(作業)を見ているのが大好きなのです。
巨峰数個を丁寧に潰し、ライム半分をしぼっていました。
チラ見とかでなく、きっと凝視しているほうだと思います。(ハタからみるとぼーっとしているらしいですが 汗)
あんなにライム入ってたら巨峰に勝っちゃうのでは・・そんな心配は無用でした

一口、口に含める。お、お、美味しい〜!!!
ゆっくり鼻呼吸。ああ、甘美な感覚。(←きっと鼻息粗かったことでしょう^^;)
カクテルってこんなに美味しいものだったのか〜! 
ラムベースとのこと。アルコール感はなく、本当に 巨峰以上に巨峰です
フルーツ×フルーツ×ベース×・・・  カクテルは無限なのね〜!なぜか感動!

次々いきたいところですが、なにか一つ、自分の基本にできるようなカクテルがあったらいいな
なんてお話しているうちに、サイドカーをおすすめいただき、注文
おお、これも美味しい! とても芳醇な とても大人なかんじ
こちらのお店ではコニャックを使っているとのこと。どうりで・・・ ってわかってないくせに^^;
ぜひ、自分に取り入れたいカクテルです。

最後に大好きなマリブをつかった1杯。
自宅カクテルもおすすめしてるんですよ もっと気軽に にこっ  ですって^^

遅い昼食だったとお伝えして、出していただいたのが 
「洋梨にクリームチーズを生クリームでのばしたもの」。
ほう〜!シンプルで美味しいです。あ、火を入れればシブーストとかもありますね
生は考えたことなかったな〜 生はいいなァ、生は


この日、私がいる時間、他のお客さまは来店されず、またもやマスター独り占め(^-^)
いろいろなお話を聞かせていただき、とっても楽しかったです! とても勉強になりました。
教えていただいたお店にも行こうと思っています。
座り心地よい椅子 とテーブルの関係(高さ)が最高でした。
初めてのくせに長居させていただきましたが、リラックスできました。
シェーカー振る姿がもっと見たかったので、また行きます!

もっと見る

5位

もつ処 やまり (西4丁目、大通、西8丁目 / もつ焼き、居酒屋、ホルモン)

1回

  • 夜の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.5
    • | CP 4.5
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999 -

2014/01訪問 2014/05/28

大通り、隠れ家モツ処。カウンターでモツを、昭和を堪能する。



ーーーーー 2014.05 再訪 ーーーーーーーーーー
今回は初めてランチに行きました。
それも15時半過ぎに…

お魚とお肉メニューが選べるようです。750円です。
本日のランチは  炙り鳥の親子丼&ハイボール! 
ランチというより、早い夕食ですね  お店出る頃は16時過ぎていましたし ^^;
しっかりした肉質の鶏肉、旨味が強いです。
それに負けじと、お味は濃いめ。はっきりした輪郭。
お醤油がきいています。お味の染み込んだ椎茸が、やるなー!と嬉しくなってきます。
ですが、ツユダクじゃないこと、鶏が大きめなことから、一緒にご飯と食べると
ちょうど良くなるのですね〜! これは香ばし旨い! ^^
あ、大好きなもつ煮は、夜お通しでくださるより、大盛りでした。 
親子丼のご飯、1合ぐらいあるのでは…?
もちろんお腹いっぱいでおかわりできませんでしたー 笑

ーーーーー 2013.11 再訪 ーーーーーーーーーー
2014年、年明けもお伺いしておりますが、今回は昨年末の「コブクロの旅」です。

年末にいただきましたコブクロ。
こんなに美味しいものがあったなんて! とのことで、
自分の行動範囲の中ですが、いろいろ食べてみようと思いました。
第1弾は居酒屋ごんべゑ さまでした。
こちらのコブクロ、見た目は白くつるんとしていて、
ピッカラ(←知っていますか? ^^;)真ん中を糸で縛ったような形状で出てきました。
食感は貝のような?なんとも独特。もつのなかでは、一番食べやすいのではないでしょうか。
お味は塩ダレ、ぅう旨い! 半量にしていただいたことを本当に後悔しました 涙

第2弾はこちらやまりさま。
こちらのコブクロも中までキレイに下処理されています。
見た目、食感、似たようなルックスです。リボン型のパスタ見たいなものもあってカワイイ
お味は、酢味噌。うんまい〜!

第3弾は未レビューですが、四文屋さま。
こちらは内容物がある様子。それもまた、いいかんじですね〜。
第4弾は狸小路のいなりさま。 おいなりさまみたいですね 笑
こちらも内容物がある様子。醤油につけて〜(^0^)

味は旨く表現できませんが、食感を楽しむ。
コブクロ刺しといいますが、湯引きをしていました。
モツ専門店は、ならではの下処理、仕入れ、なのかな?
各店、付けダレ等で個性をだしているのですね〜
どこでいただいても、美味しかったです。

あっと、カレーですが、旨いです!
一口目は甘さを感じますが、お、スパイシー!
フルーティー&スパイシー
結構辛いですよ〜!
本当に辛いルーカレーって、あるのかいな〜? な方、
500円です、量もあります、一度お試しあれ!
モツカレーだけど、モツ少なかったですが ^^;


ーーーーー 2013.08 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近発売の「落ちない口紅」とやらを購入。
すぐ買う気はなかったんだけど、BAさま(ばあさまではなく、ビューティーアドバイザーさまです)
とても感じが良く、色も良かったので購入してしまった。あまりグラスにつかないとのこと。
では、試してみなくては、ってことでまたこちらのお店へ (言い訳しないで来れるようになりたい…)

まだ、時間も早いため、仕込みを頑張ってください、私は勝手にいただきますよ〜(^-^)
こういう付かず離れずな感じが、また、いいんですよね〜

1杯はハイボール、2杯目は…
日頃の悪事を戒めるために選んだお酒は『天誅』!
なのに、すっごく旨い(爆) 全然反省にならないな あはは
米焼酎とありましたが、ふんわりいいにおいもするな〜
まろやかで、「あまりお酒飲めないと思うんだけど、なにか飲んでみたい」という方、
こちら、おすすめです!
(後で調べて、芋と米のブレンドであることがわかりました)
米だけにクセがなく、ほんのちょっとの香り。
焼酎、日本酒のいいとこ取り!(あ、好きな方にとっては、いいとこなし、になってしまうのかしら?)
しかしわたしは大好き♪

今日はカレーライスを絶対食べようと思っていました。
しかし、今日のメニューに〆さばがあるっ!? 
カレーと同じ値段… やっぱこれを逃すといつあえるかわからないので、〆サバを注文します。
中骨を更に確認し、抜いてらっしゃる。 脂のっててその身とのバランスがいい!旨い!
こういうきちんとしているこちらのお店、その姿勢もツボなんだよな〜
しかも、一緒に付いてきた本山葵。
きちんとした一定の辛味の後にくるかろやかな甘み。
これだよコレ…と思いながら眉間をおさえる私。
ツンと来た直後、こんなに甘みが来るなんて! 感激! 
  醤油ちょっとたらして食べてもご飯に合うんですよー
そう! 私も同じこと思った ハッピーアイスクリーム?  …古
その食べ方、絶対合うと思う。 ご飯いただけるキャパはなかったが。
辛いものものから辛くないものまで、食材の持つ生命力というか、水か? とか
どこから(産地)味が変わっていくのだろうか? ( ← こういうことを考えるのが好きなもので )
などと考えながら、本日の反省会はお開きになった。
なんの反省会だかわからないけど。。。
あ、グロスですが、通常のものよりは確かにグラスに付かなかったかも(^^;)


ーーーーー 2013.06 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
念願のラーメンを食べたく、やって来てしまいました。(^^;)
時々行くのですが、お店に着いた時点でいっぱいいっぱい状態なので、ラーメンまで辿り着けませんでした。

ハイボール ×2 
お通しモツ煮
鶏皮焼き      
ラーメン 
なます(0円) 
   ※以上 2000円でおつり


蒸し暑い日、ハイボール。グラスの水滴が涼しげです。
雑談をしながら、鶏皮が焼けるのを待つ。
カリッカリになるまで。
余分な脂を落として、スナッキーなかんじ。いいですね〜(^-^)
今日のお通しの煮込みの出汁を確認。
仕込みの過程で煮込みがあっさり目なときがあります。
あっさりもいいですが、今日は濃いい〜! 
これはラーメン、いいんじゃないですかぁ! ということで、ラーメンの注文です。
旨!
油がないのに唇がぴとってなる。これってコラーゲン?ですよね〜!
お肉は牛タンとのこと。得した気分です。
あまり伸びない平麺。ゆっくり食べても大丈夫(^-^)

最近はすすきのの人気店にも行っていますが、
昭和が香るこちらのお店も大好き。
こじんまりとしていて、がつがつ(モツだけに…汗)していない
二人で作っているので、すこしぐらい遅くなったって、全然かまわない(^0^)
それどころか、自分が自分な感じがして(?)くつろぐというか、いいんだよな〜
昭和なメロデー、ほろ酔い気分で、身体も自然にふわふわ動いてしまう 
あ〜あ おしい(←イタ可哀想と言う意味です…)自分(^^;)
と思いながらも とても気分がいいお店です。 


ーーーーー 2013.01 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月も数回お伺いしております。
「かみこみ豚」を食べたいがために、数人で来店。
前回一度大きさを確認しております。ひとりではちょっと な量
(食べることはできますが、それだけでお腹いっぱいになる量ということです)
赤身の中にも脂肪が差し込んでいるという「かみこみ豚」。
なんだか、人ごととは思えない・・・しかし、いただく訳で ^^;
旨い! 食感は、弾力があり鶏もものよう! 豚なのに
きっと部位は肩ロースあたりかな ポークチャップ味、ウスター多めのケチャップ。合う!
本場十勝の豚丼のようにも食べたいが、鉄板でちゃちゃと塩味でも食べてみたいな
ハツのステーキ、ほぼたたき状態 コリコリしている 
卵焼き、モツ煮込みの出汁をいれて、鉄板で焼くんですよ 
こちらのお店、何食べても旨くて安い まだ食べたいメニューがあるので、きっとまた行く。
たまに ひとりじゃないのもいいな〜(^-^)


ーーーーー 2012.11 再訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度行ったら頼もうと思っていた「シマ腸」はなく、
「小腸」の塩ダレを注文。

aomayuさまの下のコメント欄に「リコーダー」みたいな…のくだりがありますが、
なぜ「リコーダー」なのかを説明します。
小腸(しま腸とかも)の外に脂肪がつくそうです。(鍋とかで、しろころホルモンとかありますよね)
それを裏返し、なかに押し込めるそうです。
そう、  脂ソーセージ 
おいしい脂を閉じ込めている訳です。(^^;)
最初にそれを見た時、正直、病的な牛さん達なのかな? 
腸の中に脂肪がつくなんて、消化できないのでは・・・? 
なんて思ってしまった、お馬鹿な私です・・・。 

それがあまりにもまっすぐに見え、更に当方目が悪く 遠目だったもので リコーダーのように・・・
今回は、ちょっと◯◯のように・・・これ以上は私の口からはとても言えません 食べるのですがね はは(^^;)


焼き肉屋さんであるような、柔らかなかんじではなく、弾力ぶりぶりです! 野性的でワイルド!
そんな中にも、ふんわり柔らかいところもあり  やはり魅力的  
旨い! 塩ダレ合う! あ、ニオイは全くありませんです

牛タンのコールドなんとか  コレはコンビーフのよう! 美味しいです。
あと、定番に決定なのが、砂肝の醤油漬け 390円 これ、もう超お気に入り!
柔らかいながらも、こりこりした食感あり ビックリなのが、中まで味が染みている! 砂肝ですよ!
オイルのコンフィーはよくありますが、油けがなく、わさびで食します。

こちらのお店、あっさりさっぱりのもの、脂を味わうもの 両方味わえ、いいですね〜
お酒は からり芋のごぶごぶ割、その他幻系いただきました。


調理方法、お酒等 いろいろ勉強になります。
今回は店主さまともお話しさせていただき、常連さまともお話させていただき、ありがとうございました。
これ以上書くと、きっとばれますので、この辺で。 (もし、わかっても、知らんぷりしてくださいね)

…って、またおじゃましますけどね。(^^;)


ーーーーー 2012.11 初訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近くの洋食屋さんが、満席のため入店できず、偶然こちらのお店発見!
私のツボなこちらのお店。もう、大好きです!

こちらも大好き『新洋食kazu』さん側の階段をのぼり、外に出て左を振り返ると、そのお店はあります。
節電を叫ばれている今日この頃、無駄に明るいこちらのお店。
もう帰ろうかな〜としょんぼりしているところに、この明るさ!
虫の様に惹かれて入ってしまったわけです。
あ、晩酌セット900円?だったかな?も張ってあったので ですね ^^;
 ※晩酌セット・・・飲み物2杯とおすすめモツ焼き

長いカウンターの奥に、火柱が見えます。 うわ〜! もちろん火の方へ。 まだまだ私、虫のままの様です。
シャイで繊細そうなお兄さんが手際よく、しかも豪快に焼いています。すごいへらさばきです。
もう、見ているだけで楽しい〜! 目は少年の様に輝き、きっと口は半開きだったと思います 

晩酌セットを注文し、飲み放題メニューより2杯選ぶ訳ですが、飲み物メニュー、種類が豊富すぎ!
電気ぶらんハイボールをとりあえず いただきます

通常のモツ焼きは、部位を自分で選べるそうです。
今回おすすめモツ焼きは豚の『ちれ』で味付けは『やまりだれ』。 秘蔵いや、脾臓だそうです。
初めての食す部位です。 味は火を通したレバー、食感はぷるぷる。 ん、ぷるぷる?
マシュマロみたいでしょ? そうですね、 ん、ええぇーっ? 
初めての食感にビックリ!  お兄さん、大爆笑! 
きっと、初めてこのお店に来る人にお出しているのでしょうね (^-^)
焼き肉のタレみたいなやまりだれがとても合い、美味しい!

次の飲み物は焼酎のゴーゴー割りで! おっとこれは飲みホメニューではないとのこと 涙
最近行ったお店でいただいた、芋の前割がとても美味しいかったんですよね 
よし!今度は晩酌セットにしないで、コレをいただこう! 北の勝もあるし。
最近、いろいろお酒をいただくようになり、今更ながらなんだか、とても楽しいです。 

やはり煮込みを。
こちらのお店の煮込み、おでんのようです。まったく油が浮いていません。
醤油、味噌系が多い中、びっくりです。
これもまた美味しいです。
よく洗って。湯がいては洗って、をかなり繰り返すそう。
そして3〜4時間以上は煮込むのだそうです。これがランチで食べホなんて! 
企業努力も魅力的。素敵です。

そして、『か みこみ 豚』取扱店なんですね、しかし、本日は入ってないとのこと 涙
やはり、こちらのお店はまた行かないと です!


雰囲気もよく、美味しい! お店の中も3人ながらよくまわしてる感あり いいお店とかんじます
お値段も、もう一品いただいておりますが、それでも2000円でおつりがきます。
グループでももちろんお一人でも! 火柱が見たい方、おすすめはカウンター奥です! 

  •  炙り鶏の親子丼 もつ煮はおかわりできる
  •  ダイナミックな肉片! 笑
  • コブクロ刺し(湯引き) 味噌味で♪
  • 結構やるなー! なスパイシーカレー

    10

もっと見る

6位

SOLAE (円山公園、西28丁目、西18丁目 / カフェ、ワインバー)

1回

  • 夜の点数: -

    • [ 料理・味 -
    • | サービス -
    • | 雰囲気 -
    • | CP -
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: -

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥2,000~¥2,999

2012/07訪問 2012/07/21

円山、隠れ家カフェ&ワインバー。

濃いめ珈琲
浅め珈琲
*各550円


自分なんかが入っていいものだろか…
普段なら入るのをためらうだろうお店。
しかし、今日は雨。
なので勢いで入れました^^;
階段をあがると、そこはバーでした。

珈琲をいただきました。
濃いめといっても苦い訳でなく、カラメルな甘み。明るい感じのちょっとの酸味。
のどにつっかかることもなく、とてもクリア。一瞬の甘みと酸味、変に舌に残らない。美味しい。

浅めもいただきました。
濃いめより、いろいろな味があるな、しかし、こちらもすっきりしている。雑味がないんだー…。これも美味しい。
札幌の多くの珈琲店はもうちょっとこの先も火を入れるのだろう。しかし、
オーナーさまは自分の好みでやってみようと思って、と言っていました。
札幌では酸味の珈琲はあまり人気がないと思われます。それをわかっていてのあえての決断。
私はそれを聞きファンになりました。
自分に厳しく、真面目でストイック、しかもお客様のことを一番に考えられている。
しかし、自分の信念をつら抜きブレがない。…なんて素敵。
いろいろお話させていただきましたが、つくづくかっこいいです。自分が在ります。
若い方ですが、経験は長くしっかりしています。


「今日は(お客さまが)入らないですねー」
「雨ですしね…(そうそう、誰も来るなよ〜オーナーさま独り占め!)」
次のお客さまが来るまで、とても心地よくふわっとして楽しい時間を過ごせました。

本業はソムリエさんで、夜はワインバーです。
夜、必ず行こうと思いました。

最後に一つだけ。
「男性のお客さまより、女性のお客さまが多いんですよね」。
そりゃそうだ、オーナーさま、カッコヨスギ…

*オーナーさまとのやりとりの中で、なんとなく、評価は控えようと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再訪。

今日はなんか飲みたい気分でしたので、
またお伺いしました。

アルゼンチン産の白ワインを開けていただきました。
なんだかとっても美味しいくて、おかわりしてしまいました。

今日はちょっと蒸し暑く、気温高め。
スキッとしたフレッシュな感じ。酸はあまり感じません。とっても美味しい!!
あまり熟成されていないほうが今の気候のあっているとのこと。
気温と湿度で更に美味しく感じるらしいです。
同じものでも、秋に飲むとではまた今日と同じ感想にはならないとのこと。
私は知識がないので、とても勉強になります。

私が行く時は平日の変な時間帯なので、他にお客様はおりませんでした。
というか、「誰も来るなよ!」オーラを発しているのか?だとしたらスミマセン…
いろいろなお話を聞き、脈絡のない私の話にお付き合いをいただき、とても感謝しています。
今度こそ夜に行きたいと思っています。
夜は「白2赤2泡1」を用意していて、なくなったら開けていくようです。
そして、忙しい時の働きを拝見できたらと思います。


本日いただきましたものは、ワイン3杯、珈琲1杯です。
(ワインの金額は開けるものにより変動するとのことです。)
あまり高くないワインを開けていてくれたようです。ありがとうございます!
金額で考えると、カフェでケーキセット(800円ぐらい)3回ぐらい行けますが、とっても満足感があります!
夜街に出るよりはうんと格安。
昼間にお酒(ワイン)を飲むという贅沢感、充実感。
ちょっと一人でいたくない気分、でも夕食は作らなきゃ、な皆様。
たまに、こんなのどうですかね^^;   by 不良主婦


*以前訪問時、来てくれた方が友人・知人を連れて(ほんとの口コミで)
 また来てくれたら嬉しいなとお話しされていましたので、載せようか迷っていましたが、
 とても美味しく、くつろげるのでレビューのみさせていただきます。

もっと見る

7位

lien (西18丁目、円山公園、西15丁目 / フレンチ)

1回

  • 昼の点数: 4.5

    • [ 料理・味 4.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 5.0
    • | 酒・ドリンク 4.0 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2012/07訪問 2012/07/31

医師会近く、隠れ家フレンチ。

ランチ 1800円
 *前菜+スープ+メイン+デザート+コーヒー+パン

とても美味しいです!
ほんとびっくりしました。味、量、接客、…
とても充実感があり満足です。

では、その全貌をーーー


前菜から、パテ。やはり^^;

他のものも気になり、なかなか決まりませんでした。
あればどのお店でもパテドカンバーニュを頼んじゃいますが、
旬もの、季節限定等にも弱く、優柔不断な性格ゆえ。
お店の方から、「シェアできるようにお皿をお持ちしますよ」と、提案してくれとても感謝です。
イタリアンなら言えるけど、フレンチでは自分からは言えないですもん。
パテ。目のそろった美しい断面、ほんのちょっとの肉々しさ。
塩分ちょっと弱め?な感じ。しかし、上には胡椒と塩がかかっており、横には甘みのない粒マスタード。
全体での味付け。基本はしっかりしているので、ちょっとずつの塩分の上乗せ。旨いし、巧い! 
なんか野性的なのに繊細な部分を持ち合わせてるような。
ピクルスはあまり酸っぱくなく、お上品な感じ。ホテルのような。


スープから、ガスパチョ。

ー青っぽい野菜と酸っぱさ。濃厚で舌に残るざらざら感。これぞガスパチョ。ー
モントルグイユさんのガスパチョも大好きですが、これは全く別のおいしさ。

こ、これ、美味しい〜!!!
ここのガスパチョ、「ガスパチョ」という名前の冷製トマトスープ。
涼しげなガラスのグラスで出てきます。 きれいな透明感があるきれいな赤。 涼を感じます。
浮き実にキュウリの賽の目切りとドライトマトのスライス。アイコトマトを使っているそう。
おっきい唐辛子かと思っちゃった。はは
最近はやりのトマトゼリー系に近い味。
甘いトマトと炒めたわけではない玉ネギの甘さ。 オリーブオイルで旨味深みを。
もう2杯はいけるな。


メインから、中札内鶏のコンフィ。

他のメニューも気になり、なかなか決まらなかった^^;
同行者も気持ちは同じで、みんなそれぞれ迷ってしまい。
しかし、私はコンフィに決定!
みんなメインは違いますが、ほぼ同時にお皿が運ばれました。
でかっ!! これ、デカ過ぎでしょう!!
それぞれ大きかったのです、もうみんな笑ってしまいました!
「お腹いっぱいになってほしい」という、お店の方針に脱帽&感心しました。
確かにフレンチでお腹いっぱいになることはあまりない(トルテュさん除く。)
皮はパリッパリ! 
中まで味のしみた(薄味)お肉はブランド肉なので、ジューシーとかではなくどちらかというとしっかりとした噛みごたえ。
下にラタトゥイユが敷かれ、そのパプリカなんかと一緒に口に入れると、もうもう、ん旨〜!!!
このパプリカ、クセがなくこれは本当にジューシー!
そう、この野菜たちがソースになるのだ!お肉もよりいっそうまろやかに〜!(←すみません、あくまでも私の食べ方です)
野菜はウメ◯ラさんと言っていたような、間違えていました申し訳ございません。
前菜でも感じましたが、野菜とても美味しいです!


デザートより自家製ラムレーズンアイスのせフレンチトースト。

蒸し暑い日でしたので、ひんやり系と一瞬迷いましたが、やはりここはフレンチトースト。
お店でしか食べることが出来ないものにひかれます^^;
しっとりやさしいフレンチトーストのうえで、溶けてくるアイス。ひやあつ。
もう、感無量です。
アイスWでほしかった…


ここのパンはココペライさんのバゲット。美味しいです!
フレンチトーストもきっと同じでしょう。
皮が薄く、パリっと焼かれているのは超好みです。トーストしたときに旨さ・食感・口溶けの良さがよくわかります。
卵液で水分含ませるとパンは柔らかくなりますが、ここで裏目にでるのかなんだかわかりませんが、
皮が(薄すぎて?)水分吸わない分、皮が硬くなってしまっていて?ナイフでなかなかきれません^^;
メインはラギヨールのナイフなので、ここでも使いましょう!って、あまり変わらないかな。

小菓子も凝っていて、ほんのり温かいマドレーヌとチョコ羊羹なるものがでました。
羊羹みたいな寒天系かたさはなく、どっちかというと、ゼラチンミックス系?
ゼラチンだけならでも夏は溶けちゃいそうだから羊羹なのかな?
昔のマッチ箱ぐらいの大きさ。1㎝ぐらいの厚さで立っているので、左右にゆれてかわいらしい。
味はチョコ濃厚。チョコのキメ細かく、小豆あん的な感じはしないし冷えている訳でもありません。
羊羹であれば、柔らかさを同じにするのかなと思いきや、ところどころ小豆がぷちぷちと。
ああ、これは栗の硬さ?面白いし、小豆の味がわかる。うん、それならいいや〜。自分でも訳が分かりません。
なぐらい、美味しい〜!
ねっとりしているのに、さーっと舌からなくなるこの感じ。冷えてると味がわかる前になくなっちゃうか。

アイスコーヒーをいただきましたが、落としたコーヒーを冷している感じ。苦くなく、そのままいただけます。
美味しいです。


よく行き届いた接客、タイミング、お味、コスパ、お二人の手際の良さ、お店のコンセプト。
素敵です!感心します!
その日に入ったもので、メニューを決めるそうです。
基本のものと旬のもの。いつでも行きたくなります。
夜のメニューも気になります。


  • 前菜
  • スープ 
  • メイン お肉料理
  • デザート

もっと見る

8位

松の實 (西8丁目、資生館小学校前、中央区役所前 / そば、割烹・小料理)

1回

  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 4.0
    • | CP 4.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥1,000~¥1,999

2012/11訪問 2012/12/31

大通り、ちょっと奥まった蕎麦屋。

鴨せいろ 1200円

美味しいです。
そばは「おせいろ」  細く白め。
表面ちょいザラ、喉越しよし。
辛口の汁 脂強め かえし強め
超好みです!


おしながきはどう見ても、「みせいろ」^^;
蕎麦を選べるという説明も、「白っぽいのと、黒っぽいの」ではなく、
「白くて細いのと、黒くて太いの」と説明がほしいところ。
分からないまま「おせいろ」。
結果的には好みのタイプが登場。良かった〜!

鴨、脂強く 柚ちょっと。本当にふっ と香るくらい。
辛汁にはほんのちょっと、それも最初だけでいい派、です。
(甘汁にはわかるくらいの柚香あってもいいかな)
薬味はねぎ、わさび、大根おろし。辛み大根ではなく。さっぱりをねらってかしら
出汁は、節系はこないですが、その分鴨でガツンとくるかも? すみません 汗
とても美味しいく、自分的に違和感がないため、あっと言う間に美味しくありがたく完食。


美味しい!美味しいんだけど…  ん…?  の時はだいたい蕎麦が好みでない場合が多いです。
細好きすすり派としては、行き着くところは麺の形状と食感。
品種、汁ではなく、最終的には蕎麦自体だったんです、私。
「細め、表面がざらっとしていて、噛んでぷつと切れるもの」が好みです。  あ、パスタも同じだ
角が立っていること、喉つまりしないもの  ← なぜか喉つまりをすることが多い ^^;
きれぎれの蕎麦が入っているのはちょっとねーです
表面ちょいザラ細タイプは水切りがすぎると、蕎麦がくっつくことがありますので、
好みのタイプ程、素早く食べないと。 ゆっくり楽しめないですわ (涙) 
と言っても、量少なめのお店が多いし、だいたい食べるのが早いため、くっつく前に完食。はは
蕎麦も、牡丹とかキタワセとか食べても、同時に(交互に)食べないと、
正直違いがあまりよく分からないかもです ^^;
勉強不足です はい 汗
あ、お汁は濃いめ辛汁が好きですが、蕎麦に合っていればだいたいOKです。
節系の華やかなタイプというか、一水庵さんのお汁も大好きです。(こっちのタイプのほうが好みです。)
このお店の 鴨どーん! も好きです ^^
ご近所の志のやさんは蕎麦を噛んだときの食感がちょっと好みではないです。

もっと見る

9位

サイアム (琴似(JR)、琴似(札幌市営) / タイ料理、タイカレー、タイスキ)

1回

  • 夜の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 昼の点数: 4.0

    • [ 料理・味 4.0
    • | サービス 3.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク - ]
  • 使った金額(1人)
    ¥3,000~¥3,999 ~¥999

2012/05訪問 2012/08/05

琴似、お気軽タイ料理。

再訪2012.05
あら〜久しぶりだね、と軽くご挨拶いただき、ランチで来店^^確かにお久しぶりでした。
グリーンカレーを注文しましたが、辛さが選べるようになっていました。
ここのグリーンカレー結構辛めなんですが、ちょっといつもより1ランク辛くないものを注文してみました。

あー、ちょっとこれは甘いです^^;
甘甘辛。
とろみも付いているので、違うかもしれませんが、辛味はそのままで、ココナッツパウダーを足しているのでは?
なんて思ってしまいました。
市販のものに似てしまうので、やはりここは規定値のものをハーハー(汗)しながら食べるのが私は好きかもです。

最近、久しぶりに岡本ラーメンをいただきました。
昔、近くにボラボラさんがありました。そこのサラッとしたグリーンカレー、めっちゃ好きでした。
千太さん営業終了してしまったのも今日知りました(遅っ ーー;)
なんか、しみじみしてきました。


再訪2011.3
ランチでおじゃましました。
今回はジューシープラー。
白身魚のピリ辛炒めのような。
他のお客さまが「たら」かい?と聞いていたが、違うらしい。
むつ系?の、もうちょっと締まっていて、旨みがあるお魚?でした。
こちらも、最初はからっ!て思うんだけど、魚をくずしながらタレに絡めて食べると、
この上なく幸せ、なくらいおいしいです。


2010.8
琴似高田屋さんのお隣りのビルの2F奥にあるタイ料理のお店です。
わたしとしてはちょっとお高い・・・のでしょっちゅういけないのですが、お気に入りのお店です。
ついついまた食べたくて行ってしまいます。

今回はパッタイ(タイ風焼きそば)です。800円です。辛くありません。
トムヤムガイ、サラダ、飲み物またはタピオカココナッツがつきます。
当然タピオカを選択です。

トムヤムガイはトムヤムクン(エビ)の鶏肉バージョンで、辛旨です。
酸っぱいといわれますが、”酢”ではなくレモンみたいなすっぱさ。さわやか。
他店ではココナッツが入っていることもありますが、ここは入ってないです。

ビーフンを幅広にしたというか、フォーの幅を3mmぐらいにしたもので、
粗ピーナツがうえにはエビや野菜、卵が入っていて、上には粗ピーナツがかかってます。
味は甘じょっぱく、うまく表現できません。でも、この味大好き!!この味はチャーハンも同じかな?
卓上調味料として、ナンプラー・フレーク状唐辛子・砂糖・粗ピーナツもやってきます。

ナンプラーも市販されているものよりクセがやわらかく、(←ここ大事)
ピーナツ増量、唐辛子をちょっと振って食べる。旨~!!

あと、私オリジナルの食べ方なんですが、このお店のサラダが一番辛いのかも!なんですが、
このサラダをパッタイに投入!!
これで、甘味がおさえられ、辛味が加わり、これがまた旨~!!

ここはグリーンカレーやレッドカレーもすごくおいしく、
グリーンカレーは数件でしか食べたことはないのですが、
ここのお店の味は洗練されていると思います。

夜みんなでお邪魔したとき、まだお客さんがきておらず、
大丈夫なのかな~?このお店、なんておもっていましたが、心配することなかれ。
平日でしたがものの数分で満席に。しかも100%女性でした(笑)。
夜メニューのプッパンポンカリーも最高においしいです。

以前、ナンプラーがいいですねーと話を聞いたら
シェフがいろいろ使ってみて一番美味しいと思っているもの使っているんです、と聞きました。
私はこの一言で感動!
おいしいと思って使う。これって私はすごいことだと思います。

  • (説明なし)
  • (説明なし)
  • パッタイ
  • パッタイ拡大

    11

もっと見る

10位

Wine Dining 左岸 (狸小路、西4丁目、すすきの(市営) / ダイニングバー、ワインバー)

1回

  • 昼の点数: 3.5

    • [ 料理・味 3.5
    • | サービス 4.5
    • | 雰囲気 3.5
    • | CP 3.5
    • | 酒・ドリンク 4.5 ]
  • 使った金額(1人)
    - ¥3,000~¥3,999

2012/02訪問 2012/05/07

大通、隠れ家ワインバー

1500円のランチコースです。
グラスワイン赤と白もいただきました。@800円ぐらいだったかな?


スープ 長芋と豆のポタージュ

十勝のお豆と長芋でトロみをだしたポタージュ。
長芋は苦手ですが、甘みがあり、なんだかおいしかったです。
これから食事に入る前には、ちょっと甘すぎるかな。


パスタ 牛肉ラグーのパスタ

脂身が少ない牛かたまりを挽いてるな、と思いました。
挽きが細かい、脂身が少ないことから、そう思いました。
なんて、数日前に自分が牛かたまり肉をフードプロセッサにかけて作ったミートソース等が同じかんじだったので。

スーパー等では挽き肉も「解凍」ですもんね。解凍日は印字されているが、いつから挽き肉になっているんだろう???
かたまりを使っていていると勝手に思い、勝手に感動。違うかもしれないのにね。
ステーキ屋で働いていたとき、A5の和牛はもも肉までさしが入っていたー!ハンバーグに使っていました。もったいない・・・。

麺はソースなじみ良い好きなタイプのリングイネのアルデンテ。
ラグーの絡み具合も最高!
味はなぜか和風?を感じます。おいしいですが、ちょっと甘めでイタリアンな感じがしないです。油少な目。


肉料理 鶏もも肉の照焼風オレンジ添え

鶏や鴨とかと、オレンジの組合せ、大好きです。
味はあっさり照り焼きで、カットされたお肉の間にオレンジがいい具合にサンドイッチされています。
ジューシーで美味です。


白ゴマのブラマンジェ紅茶ソース

もう、名前の通りで、おいしー!!
想像通りのお味で、3個はイケますね。


グラスワイン

普段はあまり飲まないのだが、との情報だけで、
こんなドンピシャ!(こんな言い方、今はしないのでしょうか・・・)なワインが来るなんて!
びっくりした~!赤も白もとってもおいしいんだもー!
たまたま、本日のワインが両方ともスペイン産だったようです。
白―スペイン産、名前は失念。ふわっとマスカットっぽい香り、すきっとした甘み。
赤―スペイン産、あ、渋みがくる、きっとくる、と思ったら、え、こない(笑)。軽いわけではなく、本当にブドウの味がしました。
両毛とも酸が少なく、カーっとこない感じでした。

私は「通」ではないので、自分の好みもよくわかっておりません。
わかることは、今まで飲んだワインで一番好みってことです。
いつもおなじものではないと思いますが、グラスワインでいままで一番と思っていたトリアノンさんより好きかも!
きっと、私のような「お酒は付合いでは飲むが、自分からすすんで飲むほうではない」方、
好みが似ているのでは?
日本酒なら、十四代、北の勝、等。やはりクセのないものでした。はは。

それをおすすめしてくださったソムリエ様、すごいです!!
また、行きたいです!!

もっと見る

ページの先頭へ