lll222iiiさんが投稿したキュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ(東京/都庁前)の口コミ詳細

lll222iiiのレストランガイド

メッセージを送る

この口コミは、lll222iiiさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ都庁前、西新宿、西新宿五丁目/フレンチ、モダンフレンチ

1

  • 昼の点数:4.2

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス3.4
    • | 雰囲気5.0
    • | CP4.2
    • | 酒・ドリンク3.4
  • 使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999
1回目

2010/11訪問

  • lunch:4.2

    • [ 料理・味3.8
    • | サービス3.4
    • | 雰囲気5.0
    • | CP4.2
    • | 酒・ドリンク3.4
    使った金額(1人)
    ¥6,000~¥7,999

眼も喜ぶお皿の数々、食材の組み合わせが新鮮

3カ月後に、またランチで再訪問しました!
個人的にこういうのはとっても珍しく、余程気に入ったってことです。

ちょっと行ってから時間が経ってしまったので、忘れてしまったんですが…

パンプキンスープ
上にのせたオレンジピールの香りがふわ~り。 さすが!ただのカボチャスープとは違う…

セップ茸のリゾットオレンジとアーモンドのクリーム

サーモンのパヴェ エストラゴン風味 牡蠣のジュ

ウフ・ア・ラ・ネージュ
洋ナシのロティ ショコラとキャラメルのビロード、オレンジソルベ

他にも3皿ほど。
トロワグロはメニュ意外にサプライズがあれこれあるので、けっこう、お腹いっぱいになります。

今回もとても手が込んでいて、独特のアイデアがピリッと効いていてとても美味しかったです。 

ただ、最初のサモサが同じだったのと、途中の豆腐でできた一皿、
そして最後の小菓子がほとんど同じだったのが 残念でした。
ちょっと手抜き感。
 
2つ星なら、夏と秋はメニュを総入替えしてほしいところです。


====== 2010年 8月 =====

このホテルに泊まっていた友人に誘われ、ランチする機会に恵まれました。

8月の昼間、西新宿の超高層ビルの谷間は照り返しが激しく
立ちくらみしそうなほどの猛暑です。
しかしこのレストランに一歩入ると、白を基調としたスッキリ爽やかな内装。
外の灼熱地獄がまるでウソのようです。

さて、まずはグラス・シャンパン、Louis Roederer  フランス語の発音が難しいです。
懐かしい思い出のあるこの品種に話が弾みました。
酸味が軽く、まろやかでクセのないお味です。

ランチのMenuをオーダー
総体的に、一皿ひと皿、出てくるたびに『うわ~』と声が出る、
絵画のようなカラフルな盛りつけが特徴でした。
さすが2つ星! って感じで、国を超えた食材の組み合わせの妙が新鮮で、
まさに、キュイジーヌモデルヌ って感じでした。

見た目もかわいい! 【アミューズブーシュ】 
スプーンに乗ってるのは、クランベリージュレと鯖、
グリンピースのピューレとエディブルフラワー
クリームチーズのサモサ

そして、想定外の 【アミューズ】 2種類の貝とリンゴのジュレ
リンゴの酸味が爽やかで夏らしい一品

【アントレ】 “パプリカをまとったヒイカのポワレ 蟹とキュウリのクロカン パセリツナ・ヨーグルトのソース”
とテーブルのメニューに書いてありました。
蟹とキュウリってよく和食でも酢の物で出てくるけれど、
ヨーグルトソースとパプリカという組み合わせもイイですね。このメニューいただき♪

ここで、また【想定外の一皿】 豆腐のラビオリ風なもの。
メニューにはないのですがといって、面白いものが出てきました。
白いのはギュ~っと濃厚な豆腐の中に、クリームチーズ。
そしてその上に刻んだトリュフが入ったコーヒーソースというビックリな組み合わせです。
豆腐とコーヒーなんてありえない!?と思うけれど、食べてみると合わなくはない。
トリュフの風味は薄すぎてあまり感じなかったけど…

【肉料理】 “プラチナポークのクルスティアン カルダモン風味のジュ チェリーと芽キャベツ”
私が選んだ皿
皮がカリカリと香ばしく、北京ダック風。最初からあったチェリーソースとはちょっと合わない。
クセのある肉ならマッチしそうだけど、白金豚にはチェリーの酸味が強すぎました。
好みでカルダモンソースを、と別に添えられていて、それをかけたらとても美味しくなりました。

【魚料理】 “いさきのポワレ フレッシュな桃とルッコラ サフランが香るまろやかなジュ”
ソースのことジュ(Jus)=ジュースっていうんですね。
どれもソースや付け合わせにフルーツを使ってるのが印象的です。
よく知らないけど、これがトロワグロの特徴なのでしょうか?
それとも、真夏だから?

またまた想定外の 【プレデセール】 ココナッツアイスクリームとスパイス風味のソルベ
スパイス風味のアイスやソルベって最近のフレンチデセールの流行りなんでしょうか?
結構最近、フレンチに行くと出てくるんですよね。

【デセール】 “ショコラ・バジルのビロード 赤い果実のソルベ”
バジルのゼリーは他店で食べたことがあるけれど、ムースの方が美味しいですね。
トロワグロだからかも…
飲み物はショコラということで、カフェにしました。
サービスが良いことに、おかわりまで出てきましたよ。これも想定外。

そして、カワイすぎる 【小菓子】 最後の想定外。
コーヒームース、揚げ菓子、レモンのギモーブ、パプリカ入りクリームチーズ
一つ一つとても繊細で、時間かけてますよこれ。
なるほど、客層に女性客ばかりが多いのがうなづけます。

一つだけ、難点。
水を勧められたのでミネラルウォーターをお願いしました。
レシートをみて、エビアン1Lが1400円以上もします。
手の込んだランチメニュはめちゃくちゃリーズナブルだけど、水がこの値段というのは
ある意味すごいですね。 なるほど、飲み物で元をとってるのかも?

しかし全体的には、想定外のサービス皿がたくさんあって、しかも
最上級のプロの腕前を堪能できて、とても満足のいく幸せなひと時でした。
ちなみに今回は友人のおかげで、特別にお得なサービスを受けることができたので、
今回に限るとCPはもっと高いけれど、割引が無かった場合としてレーティングしています。

優待が無かったとしても、また行きたいと思える内容でしたよ!

  • セップ茸のリゾット

  • プラチナポークのクルスティアン

  • シャンパンとアミューズ

  • アミューズ1つめ

  • アミューズ/貝とリンゴのジュレ

  • パン2種

  • ヒイカのポワレ 蟹とキュウリのクロカン

  • 豆腐のラビオリ カフ&トリュフ、クリームチーズ入り

  • プラチナポークのクルスティアン

  • イサキのポワレ サフランソース

  • ココナツアイスクリームとスパイス風味のソルベ

  • ショコラ・バジルのビロード レッドベリーソルベ

  • 小菓子いろいろ

  • 2回目秋のランチメニュ

  • パンプキンスープ

  • サーモンのパヴェ エストラゴン風味

  • ウフアラネージュ

2011/02/07 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ