ingridbさんの日記一覧

ingridbのレストランガイド

メッセージを送る

ingridb (男性・愛知県) 認証済

日記一覧

並び替え

120件を表示 67

表示件数:
表示形式:
とあるお店による舞妓さんとそうめん流しを愉しむ会という
イベントを見つけて参加してみることに。
この日の舞妓さんは千賀遥さん。
おしゃべりを愉しみ、バシバシ写真を撮らせてもらい、
千賀遥さんも庭へ出られてそうめん流しに参加
(召し上がられませんでしたが)。
舞いも鑑賞できて十二分な内容。
舞いも美しかったのですがこれはすごいなと思ったのは
千賀遥さんの話芸。
頭の回転がとても速く...
先日伺った京都のパン/焼き菓子のお店。
レモンヨーグルトのマフィン、カフェオレとナッツのスコーン、
レモンのクリームスコーン、シフォンが美味かったです。

東京のお店。
日本で一番好みの正統派ストロングスタイルのイタリア料理かも。
ラディッキオのサラダ、グリッシャ、牛テールの赤ワイン煮こみ等々
どれも美味しゅうございました(写真はナシ)。
柏井壽さんの著書「グルメぎらい」を読みましたが
なかなか面白い内容でした。
あーこれ自分だ、とかこれ、あのレビュアーさんだとかいった
あるあるも。
有名なグルタクさんもこの書評をブログでアップされていますが
それが◎。
まずそれを読まれてから本書を読まれると柏井さんの言わんとされることが
すんなり入ってきそうです。
今回の東京遠征の目的の一つがこのビュールレコレクション。
桜見物も含めて国立新美術館へ。
最大の目玉はルノワールのイレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢。
学生の時に見たことがあるのですが可愛いですね。
それ以外に個人的に気に入ったのはロートレックのコンフェッティと
この展示会で撮影可能なモネの睡蓮。

夏に名古屋でも開催される予定ですが桜見物も兼ねての
鑑賞。
ゲージツの春となりました。
ブリーダーさんから今度名古屋のキャットショーに
エントリーしますとの事で見学。
大阪のショーに比べてコンパクトでしたが
間近に見ることが出来て楽しかったです。
ブリーダーさんの猫はちょっとお疲れ気味だったかな。
帰りにいつも寄っているコンビニに居つく猫と遭遇。
野良も可愛いです。
先月のキャットショーに続いて今月も
キャットショーを見学。
個人的に注目しているブリーダーさんと
いろいろ話す機会ができ、また今回エントリーされる猫にも
会わせていただく事が出来ました。
1歳と4ヶ月の子でしたがどちらも可愛かったですよ。
世界中から愛されるウサギのピーターラビットの生みの親、
ビアトリクス・ポターの生誕150周年にちなんで
只今名古屋市博物館でピーターラビット展が開催されています。
今回の目玉は日本初公開となる
「ピーターラビットのおはなし」(私家版)の全原画44枚。
原画に沿って物語が記されていて誰にでも分かる構成。
リアルな動物描写に繊細なタッチが素晴らしいです
イギリス好きなら湖水地方は一度は訪...
新幹線にて京都駅に到着。
ホームから階段を降りて改札へ向かおうとしたところ、
次元が違う、妙なざわつき。
ゲーノージンかなと思ったら警備のメンツがちょっと違う…。
しばらくすると主役が登場!
来ておられたんですね。
(奈良で行われた重要な行事に参加されていた)。
初めて至近距離で拝見。それも京都で。
奇跡の一枚を撮る事が出来ましたとさ。
見本市の会場として知られるなごやポートメッセ。
その1ホール借りきってのペット博がこの連休中に
行われます。
ワンコ、ニャンコを始め、たくさんのペットが
一度に終結。
今回のツボは鳥。
白色オウムの中では一番おおきいオオバタンが
人懐っこくて頭を掻いて、と顔を寄せてきます。
ミミズク、鷹といった猛禽類を間近に見ると
かっこいい~。

動物好きにはたまらないイベントであります。
JSCC(ジャパン・シンガプーラ・キャット・クラブ)主催の
キャットショーが大阪・梅田で開催されるということで
ちょっと覗いてみました。
エントリーされていた猫はさまざま。
フロアは結構広いのですが猫達の控室のケージと物品販売で
殆ど埋め尽くされていました。
オーナーさん、ブリーダーさんは審査に向けて気合マンマン。
至る所で猫愛が溢れていましたよ。
動物写真家、岩合光昭氏が1年以上をかけて撮った
京都の猫の写真を季節ごとにまとめた写真展が
ジェイアール京都伊勢丹7階に隣接する
美術館「えき」KYOTOで開催されています。
「プロフェッショナル」でも撮影の一部が出ましたが
猫の表情をとらえるのがバツグンに上手いです。
それから猫と花街は妙に合うんですよね。

京都では6/4まで。
この後8月に札幌三越、そごう横浜店で
写真展...
先日美山錦の無濾過生原酒を試した
花陽浴。
今回はそれの直汲みを入手。
無濾過に比べてパイナップル香は抑えめ。
さらに上品な味わいとなって飲み易く
甘露な日本酒となっていました。
花陽浴の新作とも言える越後五百万石使用の
精米歩合48%、純米大吟醸無濾過生原酒。
口開けは純大の美山錦的な感じだけど
こちらの五百万石の方がややスッキリめで好み。
美味いです。
2日目どう変化するかですね。
十四代 中取り純米吟醸生詰(播州山田錦 精米歩合50% 高木酒造 山形)

射美 BLACK(揖斐の誉れAMS18 100% 精米歩合80% 杉原酒造 岐阜)

美味しゅうございました。
今回の東京遠征の目玉としていた一つは
チェコスロバキアの芸術家、アルフォンス・ミュシャの展覧会。
アールヌーボーの作品で有名でミュシャですが
晩年の大作、チェコ以外の国では世界初となる
スラブ叙事詩全20作を一度に展示。
中にはアムステルダム国立美術館で展示されている
レンブラントの「夜警」の2倍の大きさの作品もあり、
見応え十分。
アールヌーボー時の作品とは全く違う、クールなタッ...
春らしいラベルの花陽浴の純米吟醸・雄町。
瓶囲無濾過生原酒で精米歩合55%。
口開けは木桶のような香り。暫くすると
例のパイナップルの様な爽やかな香り。
柔らかなコク。程良い酸味もあり口あたりヨシ。
以前飲んだ純米大吟醸美山錦よりこっちの方が
好きかも?
念願の新政のNo.6のフラッグシップモデルである
X-typeを入手。
フッとヨーグルト?の香り。
生酛ならではの酸が感じられるけど雑味を完全に取り除いたかの様な
気品あふれる味わい。
精米歩合は麹米30%、掛米30%で
まさに磨きこまれた清らかな酒。
これは本当にすごいです。
木桶仕込みによって醸した新政のカラーズの一つ、
天鷲絨(ヴィリジアン)。
生酛ならではの爽快さ。
飲み口が甘めながらモッタリっせず引きはヨシ。
すいすい飲めるのでキケンです。
言わずと知れた秋田の大人気日本酒メーカー、
新政酒造。
生酛純米造りによって6号酵母(新政酵母)にて醸した、
その名もNo.6。
酒屋さんのブログで限定2本電撃販売するという告知を読んで
ソッコー購入。
これも瞬殺完売。
S-typeは以前お店で飲んだことがあったのですが
今回は口開けで。
生酛らしい爽やかな酸が感じられ、引きもヨシ。
美味いなー。
食前、食中どちらでもいけま...
ページの先頭へ