みつお★さんが投稿したアリズ ハラール キッチン(兵庫/三ノ宮)の口コミ詳細

みつお★のエスニック料理探訪記

メッセージを送る

みつお★ (男性・兵庫県) 認証済

この口コミは、みつお★さんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。 問題のある口コミを報告する

アリズ ハラール キッチン三ノ宮(JR)、三宮(神戸市営)、三宮(神戸新交通)/パキスタン料理、インド料理、インドカレー

1

  • 昼の点数:3.8

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.8
    • | CP3.6
    • | 酒・ドリンク3.6
  • 使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999
1回目

2016/08 訪問

  • lunch:3.8

    • [ 料理・味4.3
    • | サービス3.6
    • | 雰囲気3.8
    • | CP3.6
    • | 酒・ドリンク3.6
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

ついにあの男が帰ってきた!元ナーン・インのシェフが新店をオープン。

ついにというか、やっとというか、神戸モスク近くの神戸を代表するパキスタン料理店、ナーン・インの元シェフであるアリさんが新店「アリーズ・ハラール・キッチン」(某自称「日本一のビリヤニ」の店とは全く関係ないのでヨロシク)をオープンした。店の場所は、なんとモスクやナーン・インのある中山手通りをずっと東に行った、一宮神社の近くである。

1年半位前であったか、アリさんがナーン・インを辞めたあと、しばらく行方が分からなかったのだけれど、ナーン・インでの活躍を知る一部のマニアの間では「パキスタンに帰国して、もう日本に戻ってこないのでは?」「どこかの店に引き抜かれた?」「いづれ自分で店をやるんじゃないのか?」など様々な噂が流れた。そして約1年前、在大阪神戸インド総領事館などが開催について協力しているインドの祭り「インディア・メーラー」会場で、偶然遭遇して一緒にいたH氏(ウルトラセブン)とAかいAニキ氏がバックヤードにて某出店店舗の手伝いをするアリさんを発見!捕まえて(笑)いろいろ聞いてみたところ、なんと神戸市内の某飲食店(パキスタンとかインドとかの料理と関係ない)に勤めているとのことであった。彼の腕を知る者からすると、とても勿体ないように思えたが、いろいろ事情があるらしく致し方ないのかという印象であった。

そしてそれから数か月後の祭日の金曜日、久しぶりにナーン・インのランチバイキングに行ったところ、これまた偶然にH氏(ウルトラセブン)とAかいAニキ氏に遭遇。シェフが変わって味も変わった(特にマトンマサラ、チキンマサラ。なお野菜系のカレーは美味しかった。新しい2人のシェフがベンガル地方出身のインド人なので、ベンガルっぽいスパイス使いが逆に新鮮であった)ナーン・インを嘆き、店を出たところ、またも偶然にモスクに向かうアリさんを発見。再度捕まえて話を聞いてみる(笑)と「自分で店をやるために店舗物件を探している」と物件が見つかれば、すぐにでも店をオープンするみたいな言い方であったが、期待していいのかいまひとつ半信半疑であった。その後、そんな話はすっかり忘れていたところ、H氏(ウルトラセブン)からついに当店オープンの情報が寄せられたという流れである。

店は元スペイン料理店の居抜きのようで、それなりにオシャレな感じ。訪問した日はオープニング記念の特別メニュー1種類のみであった。内容はマトンマサラ、チャナマサラ、ビリヤニ、サモサ、サラダ、ナーンという、ナーン・イン時代の金曜バイキングの料理とほぼ同じものであったので、少し嬉しくなった。特に特徴的なシンディビリヤニ(チキン)が素晴らしかった。ナーンは最初涙型が供されたが、「アリさんのナーンは丸形だろう?」と意見したところ、丸形も供された。やっぱり丸形の方が美味しく感じたのが不思議。アリさんの作るナーンは冷めても美味しい。そしてデザートにザルダ。

まあ少しブランクもあるし腕慣らしということもあるのか、以前のような「いい意味で尖ったような味」(特にマトンマサラ)ではなく、少しマイルドな感じであったが、何れは感覚を取り戻すであろう。メニューなど、まだ固まってない部分があるそうだけれど、近いうちに整備されるであろう。店は立地的に賑やかな通りにある訳では無く、観光客が歩くルートから少し外れているのだけれど、神戸モスクに通うムスリムの間で当店のオープンは噂になっているらしい。先日大阪ハラールレストランで再会した、ギルギット出身の元パキスタン料理店々主も金曜日の礼拝後のランチは当店に行っているとのことであった。

上記のことは、かつてナーン・インでのアリさんの活躍を知らない一般的な日本人にとってはどうでもいいことなのかもしれないが、当店は阪神間に異常増殖する印ネパ店とは根本的に料理の質および顧客ターゲットが異なる訳で、特に「マッタリした甘い味付けのインド料理らしきもの」にウンザリしている阪神間在住のインド料理好きの方には是非訪問していただきたいお店である。オープンして間が無く知名度も低い当店であるが「神戸におけるパキスタン料理の名店」となりうる店であることに違いない。

※先日当店を訪問されたAかいAニキ氏によると、週末はハリームやニハリ、パヤなども供する予定とのことであったので、今後非常に楽しみです。

2017/11/15 更新

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ